FC2ブログ

ちと体調崩し気味。うーん寒くなってきたからかねぇ…

【あんこ】やる夫は新天地にて新たな一日を迎えるようです【モンハン】 その14

7284 名前:ゴジュラス@◆ZX2DX6eltM ★[] 投稿日:2019/04/08(月) 20:08:04.57 ID:ZFLl8NQk [1/28]


                    l ̄ ̄l゙i゙i㎜㎜㎜
                   lテ ̄ ̄ ̄テユ ゙i、 Ei
               / ̄  ̄ ̄/ ̄ ̄i 〉 \
              / ∧    / ___  ,'/ Ο\
             /_∨__/ ∠_/i  ,'/j_--''´コ
          ┌/////\--________/ ヘ   |㎞゙i     今日も早めに切り上げるかもしれませんが
        ┌‐/_ /―┐ ̄`|/-'i´.E| | |   |㎜ソ     再開します
       ┌////―┐  / i ゙i  E| lⅢl_--、|
       「 |n|n| ゙i____/´゙┐┐ || E|   / /三三 ゙゙i
       |‐‐‐‐‐ i  i  i ┐ | |┌┐E|mm| i三三三 .|
       || | | | | |┃┃|   i |. | ‐'''NNNN' | i三三三、/
       ヽ────────‐'NN NN// ̄ l┐
        NNNNNNNNNNNN  N //゙i゙i   ┐ ̄\
             NN/     N //ヘベi゙i  / /   |
            N       NN//|ヽ ヘヘ  / /
            NNNNNNNN/ /| | ヽ ヘヘ/ /
           /'''''‐------/,/三| | 匚冂//
          /  / ̄ ̄ ̄´´   三| | /  /



 【 雫と結ばれた後も、やる夫がハンターを続ける動機 】 【1D3:2】
  1:桜の言う「立派なハンター」に、もしかするとなれるかもしれないと思ったから
  2:自分がハンターを目指したきっかけを思い出したから
  3:あっさりと引いたネルギガンテの行動には、真意があるように感じたから


.

7285 名前:ゴジュラス@◆ZX2DX6eltM ★[] 投稿日:2019/04/08(月) 20:14:49.85 ID:ZFLl8NQk [2/28]



                  ..,,-‐''''ヽ、     / /アt卅lヘ
                /へ \ /\   / / /ⅨⅧ| |
              _ 「/    \ _ヽ〈 //lll]ll廴 'サ|ヘ、\
              / ,,,--‐''''"lー    `゙l│ヘ|l゙l亡ソ'~~`゙゙ .._ 、
              /-‐' /   l \0   ゙i   ̄〈〈    |
            / ____/    ∥       ォ ..  ゝ、ォ‐'´/
            .| ̄       「 // ̄    _-- /、\
            |レ   ∠ニナ/   | {l三( 0) _ |  ./ ̄ヽ    ちなみに誰主観で見る?
            ∟_..-―゙゙’     | ヘ       |  /
          ┌/⌒/_    \ /\____/\\  |  | ,-‐-、
         ┌/⌒/\\\   ,-‐i‐|    /\ \\ |  |  \
        ┌,'⌒/\ ヘ ヘ | /  ゙i   /\ \\ |  |
        ///   \\ヘヘ\|  | l  l ヽ\    |′ソ‐‐‐、
        ( ( (_/ ヘ /ソ   /  /\\ \  | 丿 _/
        \\\\/\ヘ    l /  /‐‐‐、 \i/i  /
          ヘヘヘヘヘヘ| |vvvvvv‐'厂 /\ヘ_/〈∠/ |  l /
           `´`´,,-‐''''`'‐------'´ |__ヽ ヽ/ / ヘ | |`\
.             ヘ   (-   ヘ/ヘ  ̄ ̄´|/ / ヘ |  /
             /\\l'''''''''''''i i┘/二__iニニニ レ´ニニlヽ‐--/
            〈  ゙i\|ヘ) )\\\  \皿皿皿皿゙il'‐、__
              \ \-‐'´ノ  ''''‐-\  \皿皿皿\ |
               ヘ ゝ´´    / \―\ |\\\ |
                       /  /     \___



 【 やる夫がハンターを目指したきっかけを語るのは? 】 【1D3:1】
  1:やる夫本人
  2:やる夫の元先輩オトモのアイルー
  3:やる夫に「お前は伝説になれる」と言ったハンター



7286 名前:名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください[sage] 投稿日:2019/04/08(月) 20:17:50.88 ID:gE0c7VfA [2/16]
やる夫、ついに語る



7287 名前:ゴジュラス@◆ZX2DX6eltM ★[] 投稿日:2019/04/08(月) 20:21:20.82 ID:ZFLl8NQk [3/28]




              / ̄ ̄\/ ̄\
                / ̄ ̄ ̄`.  \    \
             /           、    、
           /           i     l
        _/ 、  ,イ            /
       (     )_/______ノ__ノ
       ̄ ̄



  雫と結ばれ、彼女の豊満で柔和な肢体に包まれるように眠ったその日、昔の夢を見た。

  どうして、今更になってそんな夢を見たのか、理由は分からないけれど。

  けれど、今まで何処か靄がかかって風化しかけていたような昔の情景が、まるで蘇ってきたかのように鮮明な夢だった。

.

7288 名前:ゴジュラス@◆ZX2DX6eltM ★[] 投稿日:2019/04/08(月) 20:25:11.13 ID:ZFLl8NQk [4/28]



  【 約7年前 【1D5:2】都市 】



縱縱縱慫慫狄狄爻爻爻⌒爻狄い乂爻爻爻淡淡Ξニ‐;';';';'ヾ;:ミ:ヾ;:ミ:ミ;狄絲愀豼貅貅貅貅戀鑾鑾鑾
縱縱縱慫慫狄狄爻爻x:;. : .  ソい乂い乂爻爻淡淡‐ ;';';';';'ヾ;:ミ:ヾ;:ミ:ミ;ミ;狄絲愀豼貅貅戀鑾i鑾鑾i鑾
i縱i縱慫慫ン狄狄乂:;.爻爻x、 . .ソい乂い乂爻爻淡:;.:,;';';';';';'ヾ:ミ:ヾ゙;ミ:ミ;ミ;ミ;狄絲愀豼貅貅戀鑾鑾鑾鑾
縱縱縱慫ン絲狄狄爻;';'爻ン   ..ン乂ン乂い乂爻父:;.:,;';';';';';';';'ヾ;:ミ:ヾ;:ミ:ミ;ミ;狄絲愀豼貅戀i鑾i鑾i鑾鑾
i縱i縱慫ン絲絲狄狄爻;';'爻ン  ´'小乂い乂い乂爻ニ-- イ ;';';';';ヾ;:ミ:ヾ;ミ:ミ狄絲愀豼貅貅戀鑾鑾鑾鑾
縱縱慫ン絲絲狄狄狄ンン, ソ  . . : ´'小いンい乂爻 /.:.:|三ニ-ミ;ミ;ミ;ミ;ミ;必絲愀豼i貅i貅戀鑾i鑾鑾鑾
縱縱縱絲絲絲狄狄爻X     . .  .:いン爻乂爻尖-r'´|二 ‐ ミ;ミ;ミ;ミ泌絲愀豼貅貅豼戀鑾i鑾鑾i鑾
縱縱縱縱絲絲絲狄狄父x    . : : :;.:いンい爻淡愀i|::: |-‐  ミ;ミ;ミ;狄絲愀豼貅貅豼戀鑾鑾鑾鑾鑾
縱縱縱i絲絲i狄杉'⌒: .      :;.:,:;い乂淡淡淡愀i:i:|::: |- :;.:ヾ;:ミ:狄絲愀豼貅貅貅戀鑾鑾i鑾鑾鑾
刈愀縱縱絲絲夭㎜㎜‐   ‐  ‐㎜い爻爻淡淡愀ii|::: | ,:ヾ;:ミ:必i絲i愀豼貅貅貅戀i鑾i鑾i鑾i鑾鑾
渊渊統統縱絲區]゚;゚;゚;゚;: : . .      . :゙:゙乂爻爻淡淡愀l|::: | : :: :ミ狄絲愀豼貅貅貅戀鑾鑾鑾i鑾鑾i鑾
渊ilんi:i|^'爻狄狄──…‥    ‥─爻爻淡淡淡i:i:|::: | : :ミ;ミ;ミ狄絲愀豼貅貅豼戀鑾鑾鑾鑾鑾鑾
渊小i:i:i|;:;:;: 沐狄狄: : .        ::  :¦爻淡淡淡i:l___| : :ヾ;:ミ:ミ;:狄絲愀豼貅貅豼戀鑾鑾鑾鑾鑾
渊{i:i:i:i:i|;:;:;:;:;:|:::::狄ン |: .         :  i¦爻迯迯迯二二 .:.:.:ヾi:ミ:ミiミ狄絲愀豼貅貅豼戀鑾鑾鑾鑾
渊|i:i:i:i:i|;:;:;:;:;:|::: | 「| | : ̄  :   .:. :::| |::::爻「\‐──┴┐: :.:.:i:i:ミ;ミ;ミ;ミ;狄絲i愀i豼i貅貅豼戀鑾鑾
渊|i:i:i:i:i|;:;:;:;:;:|::: | |:| .:|  i   ¦ ,小,:::| |:;:;:;:;::|: : :\─ー‐┴┐: : :.:.:.:.:.:i:i:ミ;ミ;ミ;狄絲愀豼i貅貅i豼i戀
渊|i:i:i:i:i|;:;:;:;:;:|::: | |:|: :.:|: : |   ¦.:^ヌ99c。;vfk|: : : : :\ー─‐┴┐: : :.:.:.:.:.::::::::i:i:ミ;ミ;狄絲愀豼貅貅貅
渊|i:i:i:i:i:)h、;:;:|v小小vi|: : |   .:::|:::jルS彩ミミc}|}うp: : : : : \ーー‐┴┐  _ja.:.:.::::i:i:i:i:i:i:i:狄狄絲絲絲絲
渊|i:i:i:i:i:i:i:i:|赫絲狄狄狄viviv::::::|;:ッ㌫彩比ミ价ぅ)小、: : : : : |──ー‐弌Yア'"⌒ i!:::::i:i:i:刈fそi:i:ifれ狄
渊|i:i:i:i:i:i:i:i:|絲狄狄狄絲絲辿乢|_亥彩比ン{{frう从:\: : :├─< ノ⌒Ⅵ㌍ミ‐ミル'⌒ヽ Ⅵノ-ミvリa
渊|i:i:i:i:i:i:i:i:jニニニつ'"^^⌒ ̄`'くΞ -筏㌍㌍㌍㌍ΞΞ‐ viviviviviviv}K   >}T⌒  ノY(  ,ノ}}ろ
渊|つ^^ ̄  _ _〈::::::::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:〉…  ー二ΞΞ二……ミ;ミ;ミ;ミ;ミ;ミく⌒'弌{i㌃ __j乢ノ⌒ヽ人㍊㏄}㎞ノj{
渊乂_     ‐ΞΞ二二ΞΞニ…   ‐ ‐ -…二ΞΞ`'ミ爻ミ爻T派{爻淡=‐ ⌒ 7爪㍊㌍cd斥ァ'´
ニ=‐≦二… ‐        ‐… ‐         ‐ ‐-- ……災淡爻<√ ̄ ̄´'爻{{ひひxノ( )」L」_
ΞΞ二……‥‥─ ‐‐  ‐   ‐            ‐ ‐二二二…‥─ ‐    ーー-ミ ァ'´
Ξ二……─ ‐  ‐        ‐ ‐ ‐                 _ ‐ ‐          ´'弌㌃⌒




 【 都市の位置 】
  1:東方 2:西方  3:南方  4:北方  5:中央

.

7289 名前:ゴジュラス@◆ZX2DX6eltM ★[] 投稿日:2019/04/08(月) 20:30:31.17 ID:ZFLl8NQk [5/28]


ノl!\:::::>.、                       ィ全ェ全ェz.、 `ヽ
下`ゞ!三!三\                      !////r==xト!ト!トi!                     j|
.リ  ∨!三!三ゞ!ヾ               ̄∨/弍_ノト!ト/                         j|
 ̄! `戈n!三 シ  ` : .            /` ̄ ̄ ̄                         j|
―――ノく ――――――――――――――――――――――――――――――――― .l| ――――――
     ゞイ    ;'`:,゙;:,, ,;'  , ,;';'`:,゙;:, ,゙;:,;'`:, ,;' ;'`:,゙;:,, ,;'  , ,;';'`:,゙;:, ,゙;:,;'`:, ,;'               _l|_ ;'`:,゙;:,, ,;'  , ,;';
ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ.r=ァ ニニニニニニニニニニニニニニニニ ∨ ニニニニニニ
 r  、       ` : .、    /l!>、 l ニニiニニニニ∨j!≡≡!ニ/ニ/            r_,.ィ|ト、,,,, ;!
 |   l lr= - 、  l!――――‐.i木i ―――――――. 木 ―――――――――――― l! _  .ノl ! |   |!
 i  i |!三三i l l! r=r= - 、!ヾ__________l::!__________,,  _´_j!  l |__.! |   li
 i  ; |!    i | ! .! :| i≧! :! |  |       |: : : : : : : : : : : :|― :|r==i  r==i |_   l ::l!  |r=====!:!   !
 i  l |!    | ! .j! |..:| i   | j .:|  l三三l  |: : : : : : : : : : : :|   :|l三:l  |_:!..:|::!  |  j  .||---r=:|:|   l!
 | ||=l!==l!======l!=l!=   ! l ::l  l三三l  |:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:|   :|l三:|   |  :!..:|::!  | .:l  :||=u=| =|:|   l!
 | || :l!  li  .| ! .j! |..:| .|   .!=:l==|==l ̄ ̄l  | ―――――.:| ―:|l三:|― |―:!.::|::!:―:| 、::!  jj==j :|:|_ _j! __
 | || :l!/l! ̄:!;| ̄! ̄!_!,,=―――――――――――――――――――――― - 、 ::!  ||: : : |: ::|:|
 | ||/l!  l! ..ノ大,,≦     ____                               ≧: .、: :.::|: ::|:|
 | ||ノ;[;, ,≦.       ,,≦: : :.::.,,<||    l´`l                  ______.  ≧弍__!;!
 |, ,≦           || ̄ ̄ ̄||   ||  r=r==!               r=x... ̄ ̄||: : : : : : :|.      ≧: .、
´                 ||      ||.     l! l! l j  : : : : : .   . :     ヾ::::!     ||: : : : : : :|          ≧: .、
                  ll.               , ,;';'`:,゙;:,      7:`ヽ,゙_||:_:_:_:_:_:_:|            ll ≧:
                   |   |!  /  , ,;';'`:,゙;:,;'`:, ,;',゙;:,,゙;:,, ,;';'`:..     l: :\/                 |   |!  /
                   ト=.イく_/       ;'`:,゙;:,, ,;'               `/\       マ  .マ       ト=.イく_/
                  ヒニ!/.    ,゙;:,, ,;';'`:                       マ  l!  マ.    ヒニ!/
                                                    マ ノ===:ヾ
                                                    ∨: : ::/__\
                                                     ̄ \: : : :ヽ
                                                         `ー=イ



     ____
    /―  ―\     今日は昨日より温かいな
  /  ●   ● \
  | ⊂⊃ (_,、_,) ⊂|   これなら無理にいい寝床を探さなくても済みそうだお
  ヽ          ィ’



 【 当時のやる夫 】 【1D10:10】
  1:ストリートチルドレンのリーダー
  2~5:大規模ストチルチームの構成員
  6~9:時折チームに入るが基本は個人行動な流れ者
  10:天涯孤独


.
7290 名前:名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください[sage] 投稿日:2019/04/08(月) 20:30:59.68 ID:Em6itvUz
oh…

7293 名前:名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください[sage] 投稿日:2019/04/08(月) 20:32:09.21 ID:5jR2WOJC [1/7]
とことん底辺だなー

7294 名前:名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください[sage] 投稿日:2019/04/08(月) 20:32:59.53 ID:9Fv9jPIT [1/7]
生まれながらの一匹狼

7295 名前:名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください[sage] 投稿日:2019/04/08(月) 20:33:36.06 ID:gE0c7VfA [3/16]
何でも自分で出来なきゃ生きていけなかった身の上

7296 名前:名無しさん”管理”スレその7の>>1-6をご覧ください:[sage] 投稿日:2019/04/08(月) 20:34:42.07 ID:wA/hk3x6 [3/7]
完全無欠に何も無し、持たざる者じゃったか



7297 名前:ゴジュラス@◆ZX2DX6eltM ★[] 投稿日:2019/04/08(月) 20:38:03.47 ID:ZFLl8NQk [6/28]



     ___
    /―  ―\
  /  ●   ● \
  | ⊂⊃ (_,、_,) ⊂|
  ヽ         /
   /⌒_,―、 ,ー、
   ヽ   ,/⌒ヽ⌒ヽ
   | ̄ ̄/ i   |   |
   ヽ   r   ヽ  ヽ
      ̄  ー‐‐'ー‐'



  当時から、やる夫という少年は……いや、自分にも名前がある筈だと認識するずっと以前から、この少年は孤独な存在だった。

  誰がここへ連れてきたのかも分からない。

  誰も知らないし、教えてなどくれなかったし、無論ながら少年自身知る由もない。

  ただ、気がついたらそこにいた。

  それ以上知ろうとも思わなかったし、それ以上に大切なことが目の前にあった。

  生きる。

  少年の人生の大半は、たったそれだけのための戦いであった。



7300 名前:ゴジュラス@◆ZX2DX6eltM ★[] 投稿日:2019/04/08(月) 20:49:31.44 ID:ZFLl8NQk [8/28]



圭圭圭圭王王王三三三三三/\三三三三三三三三三三。s≦////////////////ニ‐;:;:;:;:;:;:;|:::: |;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
三三三三三三三三三三三三\/三三三三xヘ三三。s≦////////////////ニ- :::|;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|:::: |;:;:.:.:.:.:.:.:.:.:
三三\   \三三三ニ| |三三三|  |三三\/三三\//////////////ニ‐゙:;:;:;:|:::|;:;:;:;:.:.:.:.:.:.:.|:::: |.:.:.: : : :
三三三\__\三三三L」三三三L_|三三三三三三三三三三三三‐i丁.:.:.:.:.:.:.:.|:::|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:::: | : : : : :
|::|_______||________,|| ||___,||______| |______||_____,|| .:.:.|:|. :. . |::|.:.:.:.:.: : : |:::|:.::.: : : : : : |:::: | : : :
|::|¨¨¨¨|¨¨¨¨||¨¨¨¨|¨¨¨ || ||¨¨ |¨~¨:||¨¨ |¨¨¨:| |¨¨ |¨¨||¨¨|¨¨:||.:.:. |:|: :^ :|::|: : : : : : :|:::|: : : :   .|:::: |
|::|¨¨¨¨|¨¨¨¨||¨¨¨¨|¨¨¨ || ||¨¨ |¨~¨:||¨¨ |¨¨¨:| |¨¨ |¨¨||¨¨|¨¨:|| {_|:|   |::|  r .:.:|:::|    ___,,,、|:::: |===¬
|::|__|__||__|___,|| ||__|___||__|__..| |__|_||_|_,|| .::|:|   |::| _  -‐ T''T¨¨ ̄:|:::: |
|::||¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨~¨¨¨¨~:|| ||¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨~¨¨| |¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨||j_ |:|_,┌  ̄:::::::::::::: :: ::|::::| : : : : |:::: |ァァ7フフ
|::|| ̄ ̄ ̄ ̄ |¨¨¨¨||¨¨¨|| ||~~¨゙||¨¨ || ̄ ̄ ̄| |¨¨ ||¨¨i|| ̄ ̄||j∟|:|'"i|:::::::::::::::::: ::::: ::::::|::::|:.::.: : |:::: |/////
|::||         |──||─‐|| ||─ー||─ ||      | |─ ||─i||    ||弖||:| i|::::::::::::::::::::::::: ::: :|::::|     |:::: |/////
|::||         |__||__,|| ||___||__||      | |__||_,||    ||≡||:| ∟;;;;;;;;____|::::|     |:::: |/////
|::||         |__||__,|| ||___||__||      | |__||_,||    || ゙̄|:|¬=i|丁─‐ ̄ |:::|二___    |:::: |/////
|::||_____|        || ||       |___|_|___||__|l Г|:|i:i:i:i:i|::|i:i:i:i:i:i:i:i:i|:::|i:i:i:i:i:i:「丁i|:::: |ニ冖¬
二二二二二二二二二二二二二二二二二二>''`'' <二二二| L_|:|i:i:i:i:i|::|i:i:i:i:i:i:i:i:i|:::|i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i|:::: |i:i:i:i:i:i:i:
______==/ ̄ ̄/|:|_________,|刈二=- _ _>ii三|ー‐= _|::|- ─  ⊥」_i:i:i:i:i:i:i:i:i:i|:::: |i:i:i:i:i:i:i:
___/lニニニ|/|:|        / /||:||=|ト||_> =_||_|| | \ ̄ ̄ ̄\``'rr─弌i:i:i:i:i:i:i:i:|:::: |i:i:i:i:i:i:i:
|| ̄ ̄| ̄||| ̄/||/ ┘       |ニニ|/L||=|ト||=||  レ< ||\||\___\|| ̄||〕iト i:i:i:i:i:|:::: |i:i:i:i:i:i:i:
||__|_|||/  ||/   <>〈〉 : : : :  _ _ _ _ rnzzzzr|i:i|<≧s。.,\、|i:i|: ̄ ̄|i:|二二二二ー┴ ⊥‐‐ _
 ̄ ̄ ̄ ̄||====|| 二二二二<\ .: .: :      i|_|ニニi:|i:i|<`'|i:i|ニアl |i:i|ニニ |i:|;:;:;:;:丶.:.:.:.:.:.:`'<二=─
 ...:;:;:;:; : : : : :;:;:;:     / ̄ ̄ /ニ7: : : .. .    └─┘ ;|i:i|<`'|i:i|'¨|il |i:i| \.::|i:| :; :; :; :; ``~、、 \-二二
  ;:;:;:;:   -_-_-_-_   ̄ ̄ ̄  < ` .,       ´∟|`ヾ、|i:i|ノ|i|:|i:i|──i|i:|:; :; :; :; ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:`Y´//
_  ‐=ニニ7__  ,.:.:  `    ⌒〕iト ><` .,  ´ : : :, : ∟| └:|i:i| ̄ ゙̄|i:|\ :; :; :; ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:乂//
i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/||/////7   ;    〈〉  ∨////≧s。_>  . : : :; \>/|i:i|;:;:;:;:;:;:|i:|\\:; :; :; :; ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:



     ____
    /⌒  ⌒\
  /  ●   ● \    仲間に入れてくれないかお?
  | ⊂⊃ (_,、_,) ⊂|
  ヽ    (_.ノ   ィ’



                       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
                     /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                     ,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
                      i::::::::::__::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!
                    ,.-:{::::::::::\ `丶、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}
                    ,'::::::;:::::::::::::::::`:.. o...\:::::::::::::::::::__:::::::::::′
                 i::::::::{:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::くo  ヽ:::::;′   だったら食い物を毎日上納しな
                 {::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ:::::::::::` ー:::`/ヽ
                 ∨:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::-イ::::}::::::::::::::::::::::/:::::}    役立たずを置いておく余裕はねぇんだよチビ助
                  .ヽ:::::::::::::ヽ 、::::::::::::::`ー:::´::::::::::::::::::::/:::::/
                   ヽ:::::::::::::\ヽ`` ‐- ::、:::::::::::::::::::::/::::ノ
                   ,'::';:::::::::::::::::`:‐-:....._  `ヽ、::::::::::イ/
                    ,':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ̄::´::::::/´
                      i:::::::::::::、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/′
                  i:::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::/:::::!
                    {:::::::!:::::::::::`:::ー-----:::´:::::::::!
               ,......<!::::::i::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::!
          ,.......<:::::::::::::::::{::::::{:::::::::::::::`丶::::::::/:::::::::::::::i
     ,.......<´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽヽ.、
,...<::::::::::::::::::::::::―-:::、::::::::::::::::::::´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::>.、




  少年は、同世代と思しき子供の中でも一際小さく、見た目に弱々しかった。

  少年が育ったスラム街において、腕力とは権力や法律などより余程ありがたがられるものであり、実際少年はスラム社会
 における弱者であった。

  それも、ただの弱者ではない。

  群れる事もできず、仲間と呼べる存在も居らず、ただ一人朽ち果てる他に道がない、無価値な存在。

  強者が弱者から搾取し、弱者が強者の威を狩りて身を守るという、スラム社会の生態系から爪弾きにされた、異分子だったのである。



7302 名前:名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください[sage] 投稿日:2019/04/08(月) 20:52:16.28 ID:5jR2WOJC [2/7]
本気でカロリーが足らないと、身体能力って劇的に落ちるからなー

7303 名前:名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください[sage] 投稿日:2019/04/08(月) 20:53:13.93 ID:fO7S8+eJ [1/2]
そりゃハンターになれて衣食住が満たされた時点で満足するよなって

7304 名前:名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください[sage] 投稿日:2019/04/08(月) 20:55:39.76 ID:5VVQpRC9
これ体格が小さいのは栄養不足が原因っぽいな



7306 名前:ゴジュラス@◆ZX2DX6eltM ★[] 投稿日:2019/04/08(月) 20:57:44.30 ID:ZFLl8NQk [9/28]



        ____
       / ─  ─\
      /   ●  ● \
      | ⊂⊃ (_,、_,) ⊂|
     \           /
        /          i\
      (__丿      ├‐'
        .|   、  / テフ
         \__〉 / テフ
            Lノ´



  そして、異分子とは淘汰されるのが自然の摂理。

  しかし、少年はそうはならなかった。

  生きるために、学び始めたのである。

  食べ物を手に入れるためにはどうすればよいか。

  飲み水を確保するにはどうすればいいか。

  安全な場所を得て、十分な休息を得るにはどうすればいいか。

  少年にとって、自分以外の人間は言葉こそ通じる可能性があるものの、基本的には敵対的で自分の利益になるような行動はしない、
 外敵に限りなく近い野生動物のような存在である。

  外敵の目を盗んで行動し、環境に融け込む術を磨きながらフィールドを駆け回り、時に群れの行動を監視しながら生きるための糧を確保する。

  今現在、入速出やる夫という名前を得ている少年が得意とするフィールドワークの基本は、彼が育った環境によって培われたものであった。



7312 名前:ゴジュラス@◆ZX2DX6eltM ★[] 投稿日:2019/04/08(月) 21:08:37.91 ID:ZFLl8NQk [10/28]


       ___
.     / ⌒  ⌒\
.   /   ●    ●\
   |  ⊂⊃ (_,、_,) ⊂|
  , へ        /
 (  ,        ト 、
  `' ヽ      /χ )
    λ\   ノ
    し\乂   ヽ
        廴_ つ



  やがて、スラム街で孤独に生きていく術を完全に確立させた少年。

  その頃には最早子供だけでなく、大人達が相手でも少年の息の根を止める事はできなかった。

  既にスラム街という環境、フィールドそのものが、少年にとっては庭同然だったのである。



 【 当時の少年が行なった生きるための行為 】 【1D5:1】
  1:完全な自給自足で生きてきた
  2:時折必要に応じて盗みも働いた
  3:必要なら強盗も辞さなかった
  4:安全な寝床というのはいつも限られ、暴力がなくてはこれを得られない
  5:殺さず生きられるような贅沢が、こんな場所にあるはずがないのだ



7313 名前:名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください[sage] 投稿日:2019/04/08(月) 21:09:16.54 ID:n9AmZbUN [1/3]
つよい

7314 名前:名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください[sage] 投稿日:2019/04/08(月) 21:09:29.49 ID:7SIf28Qs [1/6]
すでに、今の生活の下地が当時から出来上がっていたものを感じる

7315 名前:名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください[sage] 投稿日:2019/04/08(月) 21:09:53.77 ID:PHHXJqzu [2/2]
そら何でもできるようになるはずですわ.....

7317 名前:名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください[sage] 投稿日:2019/04/08(月) 21:11:08.46 ID:9YMlfWnb [1/2]
生き延びられるだけの実力が最初からあった

7320 名前:名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください[sage] 投稿日:2019/04/08(月) 21:13:05.12 ID:5tPdiz1S
独立独歩か



7324 名前:ゴジュラス@◆ZX2DX6eltM ★[] 投稿日:2019/04/08(月) 21:22:00.24 ID:ZFLl8NQk [11/28]



          _____/メ_
       , <´, <´::::::/ ヽ`>、
    , <  /::::::::::::/     V//\
   /   /::::::::::::::/       |////∧、
    ̄ \_/_::::::::/ __    |/////', ヽ
          ̄`´__//__ `ヽ、|//////| i
          /⌒  ⌒\   ̄ `ヽ/ |
        / ●   ●  \     \|
        |⊃ (_,、_,) ⊂⊃ |
         ヽ    ___ ィ’
         //>o<_γ⌒ヽゝ
        ,r‐| ̄| ̄ ̄  /_/
        rt__|_|___/|
     r , {__シ' | |o     ∧
     ゞゝク ノ |o      ∧
       ̄  ヽ/\___/
          /二、 y T i.― 、
        i ⌒ヽ  /-ノ_ノ  l|
        ヽヽ   /  .(_ノ
         ゝ.,!_ノ



  スラムに暮らす大半の人間と少年とを分ける大きな要素、それは「必要なものを隣から奪う」か、「必要なものを自ら創るか」であった。

  これは群れではなく個人で生きてきた少年独自の強みでもあるのだが、群れで生きると力を得るのは簡単でも、個人の優越や不公平感
 をどうしても抑制させなくてはならず、今以上の質を個人が追求しにくい。

  一方少年は何をするにも基本一人である。

  必要だと思ったものは自ら作ってそれを大事に使い続けられるのだ、

  雨に濡れるのが嫌なら雨具を。

  定期的な食料確保が必要と思えば、小さなプランターや小動物用の罠を。

  一箇所に留まると発見されるリスクが高まることを学んでからは、定期的に動できるよう仮説住居としてのテントを。

  これら全て、自ら作って活用していたのである。



7333 名前:ゴジュラス@◆ZX2DX6eltM ★[] 投稿日:2019/04/08(月) 21:35:39.92 ID:ZFLl8NQk [12/28]


        ___
     /―  ―\
   / ●   ● \
    |⊂⊃ (_,、_,) ⊂⊃|
   \        /
    (  ~⌒γ⌒ )
     λ `ー'^ー'i
     〈      ノ
      j   厂 {
     (_ 人_ヽ



  このように、スラム街で最も弱く、しかし誰よりも強く生きていた少年。

  彼がスラム街の外に出るきっかけとなったのが、【1D5:1】である。



 【 やる夫がハンターを目指すようになったきっかけ 】
  1:ふと小耳に挟んだオトモ募集の世間話
  2:オトモアイルーからの誘い
  3:ここ以外の世界を見たいという衝動
  4:偶然目にした英雄的ハンター
  5:空高く飛翔する、見たこともない存在



7337 名前:ゴジュラス@◆ZX2DX6eltM ★[] 投稿日:2019/04/08(月) 21:48:31.44 ID:ZFLl8NQk [13/28]


     _________
    ||____||______.||
    ||____||______.||
    ||____||______.||
    ||____||______.||
    ||____||_ -‐ヽ||
    ゝ_ / ―   ヽ ´ ノ
     /  ●   /  /
     (_,、_,) ⊂⊃/  /
     丶       /
      .}      Y
      |      |
      人     ノ
  ,- /  /|   --' ̄ヽ
  {    ./  ゝ___  ヽ
  ヽ_ノ         `ー '



  少年は、生きるために必要なことを一人で何でもできた。

  だからこそ生き残ることができたのだが、逆にここにいる限り永遠に一人きりなのではないかと常日頃感じていた。

  日々の暮らしに慣れ、ふとしたゆとりの時間が持てるようになってくると、どうしても感じてしまうのだ。

  生きるために必要な道具を幾ら作っても、どれほど暮らしが安定し豊かになろうとも。

  自分の心の奥底に巣食う、拭いきれない寂しさからは逃れられないのだということに。

  人間とは、孤独なまま生きるようにはできていない動物だ。

  たとえ一人で生きる術を持っていても、それでも心までは一人では生きられないのだ。


  そんな少年の耳に、とある世間話が入ってくる。

  スラムの子供達の中には、ハンターズギルドにスカウトされ、ハンターをサポートするオトモとして下積み生活を行い、将来ハンターに
 なるべく修行を行う者が入るのだと。

  その当時の少年には、オトモという仕事の意味も、ハンターという仕事もよく分かっていなかった。

  ただ、自分も子供達と同じ群れの中に入れるのではないか?

  そんな思いが、少年を決意させたのである。


.
7338 名前:名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください[sage] 投稿日:2019/04/08(月) 21:51:53.94 ID:9Fv9jPIT
どう見てもスラムの間引き・・・

7340 名前:名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください[sage] 投稿日:2019/04/08(月) 21:53:50.23 ID:7SIf28Qs
というか、アメリカにマジである制度で、ふらふらしてる若いのに、軍の人が直接スカウトする部署というかサービスみたいなものだろうな



7342 名前:ゴジュラス@◆ZX2DX6eltM ★[] 投稿日:2019/04/08(月) 21:58:05.68 ID:ZFLl8NQk


        ___
     /―  ―\
   / ●   ● \    オトモやります!
    |⊂⊃ (_,、_,) ⊂⊃|
   \        /
    (  ~⌒γ⌒ )
     λ `ー'^ー'i
     〈      ノ
      j   厂 {
     (_ 人_ヽ




                       /Yヽ
                     _,}ニ{ミh、
                     iィー-'-ヘ, ヽ、
                       (,} __, __, ,}ミ、 `
                     ,ム  ,} /. ゙,     (見るからに弱そうだが、大丈夫かな……?)
                  _   __ -‐<; \-/}- 、   _
.              __ヽ` <      \_}{_/  `>r /
.               >z´ `ヽzz_ ><_>, 、xzzハ     取り敢えず、試験だけでも受けてみなさい
.              /z  `ヽィ j{ j{ ー'ー'ー'ー' j{ j{ゝイヽ
            _ィく_`´ `ヽノ:.:/ /´ ー' ̄〉〈⌒ー、} トj 'ヽ、   文字は書けるかな?
.            ム_ノ⌒ヽ<!:.:/ ム ──'--'-- ィ:.:.:》-ァ'ー
.           /ー'i'⌒ヽ,zxィi{´    く__ン、_/___ >廴/
.          __,!ニミ ヽ:.:./ 〕三三>≧っ 丿≦ }ノ:.:.:.:〉-、
.         r'从ー'ミ{ミ{刈  r >‐‐-( ゝ'.丿 Y ヽ メ,\‐イ__ノゝ,
.   --─" -マシヽjヽ'⌒ /    乂__ン‐<>‐' いヽ,ハィ_ノくく仁
    `r'´`ヽ __}コ /  /ー'‐‐-- __∧o     o!マム .}从ゝ' 〉ヽ、
.     '/ 7じ < > l  /‐      ∨o    o!从}. ルハ ゞ_./-‐'
.     ムイ ハ { --‐'  /`^´゙''ー‐--∧o     o! .|    〉_」-';
.     し!jゝ'   ./マ-___    ./Vo       .o! ヽ_ イ じヽ }
.            /ヽ     ̄ ̄∨!___へ   ,、〉:.{.、  ノヽ、
.             ̄ ヽ __  ,/{:.:.:.j{:.丶  》:.:.:.:!丿<⌒
             Ν ヽ::::了:\}:.:ノ\:.:.\/:.:.:./_ ィ
                 | ヽ¬‐‐-、::j     `}:.:.:._ ィi{ ./
                 | {___ ̄ Y´    .にZz/ __ 〉
                 | 〈ゝ__ーァ      zZイ ‐- _〈
             く )ヽ___ ,ィ′     }/.ハ ー--ャ
              〈 ‐- __ .(フ      ∧ { ゙,_ -'
                 }   冫'          ∧ }  /
                 |  /             .}.| _{._ __
              _,!- 、{          〈ゝ/◯\/
.             <)  (>          {::::::\/:、
           《 ¬ミ{           `゙''ヽ:::::::::::\
              /::::::::::{              `ニニ='
.             ゝ--イ




        -―- .   i'´.ヽ
   /  '⌒    ヽ f.i ⌒|
  ./    ●  (_,、_)ノ  ノ    絵を書くのは得意です!
  .i.   ⊂⊃  { ソ  /
  ゝ       イ /
   > ィ=-、  Y
 r´  ̄   }   !
  ―一ー '    !



 【 スカウト時の試験結果:【1D100:32】 】
  数字が大きいほど将来有望判定

.

7343 名前:名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください[sage] 投稿日:2019/04/08(月) 21:59:55.27 ID:9YMlfWnb
字は習ってないもんな…

7344 名前:名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください[sage] 投稿日:2019/04/08(月) 22:00:36.93 ID:WZmYm7v2
微妙やな。まぁ、狩場に都市部はないからなw

7346 名前:名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください[sage] 投稿日:2019/04/08(月) 22:01:06.87 ID:bewQyW3/
ハンターは身体が資本だからやっぱり体格で難あり判定だったのかなこりゃ

7348 名前:名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください[sage] 投稿日:2019/04/08(月) 22:01:43.91 ID:5jR2WOJC
まあ、こんなもんやろ
無学なガキにしては頑張ったほうだと思うで

7351 名前:名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください[sage] 投稿日:2019/04/08(月) 22:02:03.03 ID:rYTj0oom
一山いくらレベル



7352 名前:ゴジュラス@◆ZX2DX6eltM ★[] 投稿日:2019/04/08(月) 22:02:28.17 ID:ZFLl8NQk


                       /Yヽ
                     _,}ニ{ミh、
                     iィー-'-ヘ, ヽ、
                       (,} __, __, ,}ミ、 `      う~ん、総じて悪くないんだがなぁ……
                     ,ム  ,} /. ゙,
                  _   __ -‐<; \-/}- 、   _
.              __ヽ` <      \_}{_/  `>r /
.               >z´ `ヽzz_ ><_>, 、xzzハ
.              /z  `ヽィ j{ j{ ー'ー'ー'ー' j{ j{ゝイヽ
            _ィく_`´ `ヽノ:.:/ /´ ー' ̄〉〈⌒ー、} トj 'ヽ、
.            ム_ノ⌒ヽ<!:.:/ ム ──'--'-- ィ:.:.:》-ァ'ー
.           /ー'i'⌒ヽ,zxィi{´    く__ン、_/___ >廴/
.          __,!ニミ ヽ:.:./ 〕三三>≧っ 丿≦ }ノ:.:.:.:〉-、
.         r'从ー'ミ{ミ{刈  r >‐‐-( ゝ'.丿 Y ヽ メ,\‐イ__ノゝ,
.   --─" -マシヽjヽ'⌒ /    乂__ン‐<>‐' いヽ,ハィ_ノくく仁
    `r'´`ヽ __}コ /  /ー'‐‐-- __∧o     o!マム .}从ゝ' 〉ヽ、
.     '/ 7じ < > l  /‐      ∨o    o!从}. ルハ ゞ_./-‐'
.     ムイ ハ { --‐'  /`^´゙''ー‐--∧o     o! .|    〉_」-';
.     し!jゝ'   ./マ-___    ./Vo       .o! ヽ_ イ じヽ }




          ,x*X*、          __,..ィ   ,,,,x**ゞx*x、,
          イlュ ^X        //  }x**゙゙´     ゙^*X*ィf
        /!゙゙`゙゙゙ー―弋ー・タ//   ゾ            ゙゙*Xx
      ノ ;.;.;!;.;.;.;.;.;.;.;.   ;.;.\xゝ ヾ ―弋、\              ヾr、
    /  ;.;.!;.;.;.;.;.;.    ;.;.;.;.;.;ヽxヽ〕=====ゝ \              ^Xァ
    i;.;.  ;.;.!;.;.;.;.     ;.;.;.;.;.;. /x^xヽ  /    ゙.              `t、
    i;.;. -、,,⌒ ∥ ⌒/ 、 /x^x^x^x^<⌒    ゙.               ゙X、
    /´ii  !!  ∥ /  /,\\^x^x^x^ 〉      ゙.               ゞ、     どうしたんです?
   / .!!  ii  ''    /  } 入}}゙ゝ<ナt-f       i               *゙x
   / ''   ,, ー―-,/,,-ー !、  r⌒ 、∧ !       !                ゙トム   今年の新顔のことでなにか?
   l   / ー-    ィメ笊拆,,   !f9 }Xl i        i                ゙*X
   i__ノf ィ斧拆   `弋ッノ     、。/X/ !        !
    l Λ ゞシ          l   !x,,/ i          i
    f  、           l  r―、 i__       i
    ハ   、   fヽ     イl  .!  オ;.;.;.;.;.;.`v⌒;.;.、 i
    f !   ゝ、      / l / /。;.;.;.;.;.;/;.;.;.;.;.;.;.;.;.;`;.,.、
    {  !    ∠>、 斤´   ,l/ ∧ ゚ 。;.;.;.;/   ;.;.;.;.;.;.;o  ィ ィ
    l  ゝ   l i  | l _>´  /x^x\__/     /;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;/
    l  \  /i__L_|_レ´   /x^xX,/\     ;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;./
    .}  _。ノ;.;.;.;.;.;。゚ ;.;.;.;. ;.;.;.\^/  /|    ;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.Λ
    l/;.;.;.;ヘ, ,/;.;.;.;.      /  /x^|_/⌒。 ̄ ̄ ̄;.;. \
    〉  ;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;      <ヾ、/x^x^x^x^xヽ;.;.;.;.;.。  , -ー-i
   ,/ /´〃`` ヾ 、  ;.;.;.;.;.;.;.;.;」x^x^x^x^x^x^x^ ,fゝ、;.;./   \
  ,  f   ,゙;.;.    \;.;.;.;.;.;.;.;/\x^x^x^x^x^x^x/ / ,>´\ , --ー
  { l;.;.  ,゙   ;.;.;.;.;.;.;.;.弋==イ\ \/'  ̄ ̄ ̄i__f__f^x^/; ;; ;; ;イ; ;; ;ィ\
   i l;.;.  ,   ;.;.;.;.;.;.;.;.;.;./x^x^x^x\/         \/; ;; ;; ;; ; イ; ;; ;ィ
   i;.;.    ;.;.;.;.;.;.;.;.;.;./x^x^x^x^x/           \; ;; ;; ;; ;; ;
   };.;. ;  ;.;.;.;.;.;.;.;.;.;/\_____/              \
   〉;.    ;.;.;.;.;.;.;.;.;〈\___{
  /;; 。  ,.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;〉x^x^x^x^\
  {;.;.   ;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;./x^x^x^x^x^/\



7356 名前:ゴジュラス@◆ZX2DX6eltM ★[] 投稿日:2019/04/08(月) 22:06:40.14 ID:ZFLl8NQk


                       /Yヽ
                     _,}ニ{ミh、
                     iィー-'-ヘ, ヽ、      ああ、彼についてだ
                       (,} __, __, ,}ミ、 `
                     ,ム  ,} /. ゙,      ほら、文字が書けないならともかく自分の名前もよく分からないと言ってた彼
                  _   __ -‐<; \-/}- 、   _
.              __ヽ` <      \_}{_/  `>r /   学がないのは当然だが、それを補って余りある発想力と創造力を持っていて、
.               >z´ `ヽzz_ ><_>, 、xzzハ    なおかつ動機の中でも生存スキルは頭一つ二つ抜きん出ている
.              /z  `ヽィ j{ j{ ー'ー'ー'ー' j{ j{ゝイヽ
            _ィく_`´ `ヽノ:.:/ /´ ー' ̄〉〈⌒ー、} トj 'ヽ、     正直オトモとしてなら即戦力級の大型新人なんだが……
.            ム_ノ⌒ヽ<!:.:/ ム ──'--'-- ィ:.:.:》-ァ'ー
.           /ー'i'⌒ヽ,zxィi{´    く__ン、_/___ >廴/
.          __,!ニミ ヽ:.:./ 〕三三>≧っ 丿≦ }ノ:.:.:.:〉-、
.         r'从ー'ミ{ミ{刈  r >‐‐-( ゝ'.丿 Y ヽ メ,\‐イ__ノゝ,
.   --─" -マシヽjヽ'⌒ /    乂__ン‐<>‐' いヽ,ハィ_ノくく仁
    `r'´`ヽ __}コ /  /ー'‐‐-- __∧o     o!マム .}从ゝ' 〉ヽ、
.     '/ 7じ < > l  /‐      ∨o    o!从}. ルハ ゞ_./-‐'
.     ムイ ハ { --‐'  /`^´゙''ー‐--∧o     o! .|    〉_」-';
.     し!jゝ'   ./マ-___    ./Vo       .o! ヽ_ イ じヽ }




          ,x*X*、          __,..ィ   ,,,,x**ゞx*x、,
          イlュ ^X        //  }x**゙゙´     ゙^*X*ィf
        /!゙゙`゙゙゙ー―弋ー・タ//   ゾ            ゙゙*Xx
      ノ ;.;.;!;.;.;.;.;.;.;.;.   ;.;.\xゝ ヾ ―弋、\              ヾr、
    /  ;.;.!;.;.;.;.;.;.    ;.;.;.;.;.;ヽxヽ〕=====ゝ \              ^Xァ
    i;.;.  ;.;.!;.;.;.;.     ;.;.;.;.;.;. /x^xヽ  /    ゙.              `t、
    i;.;. -、,,⌒ ∥ ⌒/ 、 /x^x^x^x^<⌒    ゙.               ゙X、     凄いじゃないですか
    /´ii  !!  ∥ /  /,\\^x^x^x^ 〉      ゙.               ゞ、
   / .!!  ii  ''    /  } 入}}゙ゝ<ナt-f       i               *゙x    でも、何かそれ以外に問題でも?
   / ''   ,, ー―-,/,,-ー !、  r⌒ 、∧ !       !                ゙トム
   l   / ー-    ィメ笊拆,,   !f9 }Xl i        i                ゙*X
   i__ノf ィ斧拆   `弋ッノ     、。/X/ !        !
    l Λ ゞシ          l   !x,,/ i          i
    f  、           l  r―、 i__       i
    ハ   、   fヽ     イl  .!  オ;.;.;.;.;.;.`v⌒;.;.、 i
    f !   ゝ、      / l / /。;.;.;.;.;.;/;.;.;.;.;.;.;.;.;.;`;.,.、
    {  !    ∠>、 斤´   ,l/ ∧ ゚ 。;.;.;.;/   ;.;.;.;.;.;.;o  ィ ィ
    l  ゝ   l i  | l _>´  /x^x\__/     /;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;/
    l  \  /i__L_|_レ´   /x^xX,/\     ;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;./
    .}  _。ノ;.;.;.;.;.;。゚ ;.;.;.;. ;.;.;.\^/  /|    ;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.Λ
    l/;.;.;.;ヘ, ,/;.;.;.;.      /  /x^|_/⌒。 ̄ ̄ ̄;.;. \
    〉  ;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;      <ヾ、/x^x^x^x^xヽ;.;.;.;.;.。  , -ー-i
   ,/ /´〃`` ヾ 、  ;.;.;.;.;.;.;.;.;」x^x^x^x^x^x^x^ ,fゝ、;.;./   \
  ,  f   ,゙;.;.    \;.;.;.;.;.;.;.;/\x^x^x^x^x^x^x/ / ,>´\ , --ー
  { l;.;.  ,゙   ;.;.;.;.;.;.;.;.弋==イ\ \/'  ̄ ̄ ̄i__f__f^x^/; ;; ;; ;イ; ;; ;ィ\
   i l;.;.  ,   ;.;.;.;.;.;.;.;.;.;./x^x^x^x\/         \/; ;; ;; ;; ; イ; ;; ;ィ
   i;.;.    ;.;.;.;.;.;.;.;.;.;./x^x^x^x^x/           \; ;; ;; ;; ;; ;
   };.;. ;  ;.;.;.;.;.;.;.;.;.;/\_____/              \
   〉;.    ;.;.;.;.;.;.;.;.;〈\___{
  /;; 。  ,.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;〉x^x^x^x^\
  {;.;.   ;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;./x^x^x^x^x^/\



7361 名前:ゴジュラス@◆ZX2DX6eltM ★[] 投稿日:2019/04/08(月) 22:14:36.61 ID:ZFLl8NQk


                       /Yヽ
                     _,}ニ{ミh、
                     iィー-'-ヘ, ヽ、
                       (,} __, __, ,}ミ、 `
                     ,ム  ,} /. ゙,       ああ、彼には生き汚さがなさすぎる
                  _   __ -‐<; \-/}- 、   _
.              __ヽ` <      \_}{_/  `>r /    他者を蹴落とし、踏み越えて、何が何でも頂点に立とうという、
.               >z´ `ヽzz_ ><_>, 、xzzハ     スラム育ちの子供達が街育ちの子供達と比べて特に優れている
.              /z  `ヽィ j{ j{ ー'ー'ー'ー' j{ j{ゝイヽ    ハングリー精神のようなものがない
            _ィく_`´ `ヽノ:.:/ /´ ー' ̄〉〈⌒ー、} トj 'ヽ、
.            ム_ノ⌒ヽ<!:.:/ ム ──'--'-- ィ:.:.:》-ァ'ー    それどころか、徒に命を奪うことを忌避するかのような、
.           /ー'i'⌒ヽ,zxィi{´    く__ン、_/___ >廴/      およそスラム育ちらしくない倫理観を備えているんだ
.          __,!ニミ ヽ:.:./ 〕三三>≧っ 丿≦ }ノ:.:.:.:〉-、
.         r'从ー'ミ{ミ{刈  r >‐‐-( ゝ'.丿 Y ヽ メ,\‐イ__ノゝ,      ハンターを目指して成り上がろうという熱意、
.   --─" -マシヽjヽ'⌒ /    乂__ン‐<>‐' いヽ,ハィ_ノくく仁    モンスターとの生存競争に打ち勝つ精神力、
    `r'´`ヽ __}コ /  /ー'‐‐-- __∧o     o!マム .}从ゝ' 〉ヽ、    そして生きることへの執着……それらが彼から感じられない
.     '/ 7じ < > l  /‐      ∨o    o!从}. ルハ ゞ_./-‐'
.     ムイ ハ { --‐'  /`^´゙''ー‐--∧o     o! .|    〉_」-';     将来ハンターとして大成するか、なんとも言えないところだな
.     し!jゝ'   ./マ-___    ./Vo       .o! ヽ_ イ じヽ }
.            /ヽ     ̄ ̄∨!___へ   ,、〉:.{.、  ノヽ、




          ,x*X*、          __,..ィ   ,,,,x**ゞx*x、,
          イlュ ^X        //  }x**゙゙´     ゙^*X*ィf
        /!゙゙`゙゙゙ー―弋ー・タ//   ゾ            ゙゙*Xx
      ノ ;.;.;!;.;.;.;.;.;.;.;.   ;.;.\xゝ ヾ ―弋、\              ヾr、
    /  ;.;.!;.;.;.;.;.;.    ;.;.;.;.;.;ヽxヽ〕=====ゝ \              ^Xァ
    i;.;.  ;.;.!;.;.;.;.     ;.;.;.;.;.;. /x^xヽ  /    ゙.              `t、
    i;.;. -、,,⌒ ∥ ⌒/ 、 /x^x^x^x^<⌒    ゙.               ゙X、
    /´ii  !!  ∥ /  /,\\^x^x^x^ 〉      ゙.               ゞ、     では、採用は見送りますか?
   / .!!  ii  ''    /  } 入}}゙ゝ<ナt-f       i               *゙x
   / ''   ,, ー―-,/,,-ー !、  r⌒ 、∧ !       !                ゙トム
   l   / ー-    ィメ笊拆,,   !f9 }Xl i        i                ゙*X
   i__ノf ィ斧拆   `弋ッノ     、。/X/ !        !
    l Λ ゞシ          l   !x,,/ i          i
    f  、           l  r―、 i__       i
    ハ   、   fヽ     イl  .!  オ;.;.;.;.;.;.`v⌒;.;.、 i
    f !   ゝ、      / l / /。;.;.;.;.;.;/;.;.;.;.;.;.;.;.;.;`;.,.、
    {  !    ∠>、 斤´   ,l/ ∧ ゚ 。;.;.;.;/   ;.;.;.;.;.;.;o  ィ ィ
    l  ゝ   l i  | l _>´  /x^x\__/     /;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;/
    l  \  /i__L_|_レ´   /x^xX,/\     ;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;./
    .}  _。ノ;.;.;.;.;.;。゚ ;.;.;.;. ;.;.;.\^/  /|    ;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.Λ
    l/;.;.;.;ヘ, ,/;.;.;.;.      /  /x^|_/⌒。 ̄ ̄ ̄;.;. \
    〉  ;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;      <ヾ、/x^x^x^x^xヽ;.;.;.;.;.。  , -ー-i
   ,/ /´〃`` ヾ 、  ;.;.;.;.;.;.;.;.;」x^x^x^x^x^x^x^ ,fゝ、;.;./   \
  ,  f   ,゙;.;.    \;.;.;.;.;.;.;.;/\x^x^x^x^x^x^x/ / ,>´\ , --ー
  { l;.;.  ,゙   ;.;.;.;.;.;.;.;.弋==イ\ \/'  ̄ ̄ ̄i__f__f^x^/; ;; ;; ;イ; ;; ;ィ\
   i l;.;.  ,   ;.;.;.;.;.;.;.;.;.;./x^x^x^x\/         \/; ;; ;; ;; ; イ; ;; ;ィ
   i;.;.    ;.;.;.;.;.;.;.;.;.;./x^x^x^x^x/           \; ;; ;; ;; ;; ;
   };.;. ;  ;.;.;.;.;.;.;.;.;.;/\_____/              \
   〉;.    ;.;.;.;.;.;.;.;.;〈\___{
  /;; 。  ,.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;〉x^x^x^x^\
  {;.;.   ;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;./x^x^x^x^x^/\



7364 名前:名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください[sage] 投稿日:2019/04/08(月) 22:17:32.79 ID:9Fv9jPIT
ハングリー精神なんて持ったら死ぬ環境だったしなあ・・・

7365 名前:名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください[sage] 投稿日:2019/04/08(月) 22:18:44.60 ID:5jR2WOJC
我慢しないと死ぬからね

7367 名前:名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください[sage] 投稿日:2019/04/08(月) 22:21:04.72 ID:gE0c7VfA
特殊ケースで判断付かんよな



7370 名前:ゴジュラス@◆ZX2DX6eltM ★[] 投稿日:2019/04/08(月) 22:23:38.57 ID:ZFLl8NQk


                       /Yヽ
                     _,}ニ{ミh、
                     iィー-'-ヘ, ヽ、
                       (,} __, __, ,}ミ、 `
                     ,ム  ,} /. ゙,       いいや
                  _   __ -‐<; \-/}- 、   _
.              __ヽ` <      \_}{_/  `>r /    逆を言えば彼に足りないのはそこだけだ
.               >z´ `ヽzz_ ><_>, 、xzzハ
.              /z  `ヽィ j{ j{ ー'ー'ー'ー' j{ j{ゝイヽ     オトモとしてなら今現在でも優秀な人材なのだし、今後をどうするかは
            _ィく_`´ `ヽノ:.:/ /´ ー' ̄〉〈⌒ー、} トj 'ヽ、   我々が決めることでもない
.            ム_ノ⌒ヽ<!:.:/ ム ──'--'-- ィ:.:.:》-ァ'ー
.           /ー'i'⌒ヽ,zxィi{´    く__ン、_/___ >廴/      ハンターは合わないと思えば、違う道を選ぶこともできるだろう
.          __,!ニミ ヽ:.:./ 〕三三>≧っ 丿≦ }ノ:.:.:.:〉-、
.         r'从ー'ミ{ミ{刈  r >‐‐-( ゝ'.丿 Y ヽ メ,\‐イ__ノゝ,     何かのきっかけで、考え方が変わる可能性もあるしな
.   --─" -マシヽjヽ'⌒ /    乂__ン‐<>‐' いヽ,ハィ_ノくく仁
    `r'´`ヽ __}コ /  /ー'‐‐-- __∧o     o!マム .}从ゝ' 〉ヽ、 
.     '/ 7じ < > l  /‐      ∨o    o!从}. ルハ ゞ_./-‐'
.     ムイ ハ { --‐'  /`^´゙''ー‐--∧o     o! .|    〉_」-';
.     し!jゝ'   ./マ-___    ./Vo       .o! ヽ_ イ じヽ }
.            /ヽ     ̄ ̄∨!___へ   ,、〉:.{.、  ノヽ、



          ,x*X*、          __,..ィ   ,,,,x**ゞx*x、,
          イlュ ^X        //  }x**゙゙´     ゙^*X*ィf
        /!゙゙`゙゙゙ー―弋ー・タ//   ゾ            ゙゙*Xx
      ノ ;.;.;!;.;.;.;.;.;.;.;.   ;.;.\xゝ ヾ ―弋、\              ヾr、
    /  ;.;.!;.;.;.;.;.;.    ;.;.;.;.;.;ヽxヽ〕=====ゝ \              ^Xァ
    i;.;.  ;.;.!;.;.;.;.     ;.;.;.;.;.;. /x^xヽ  /    ゙.              `t、
    i;.;. -、,,⌒ ∥ ⌒/ 、 /x^x^x^x^<⌒    ゙.               ゙X、
    /´ii  !!  ∥ /  /,\\^x^x^x^ 〉      ゙.               ゞ、      そうですね
   / .!!  ii  ''    /  } 入}}゙ゝ<ナt-f       i               *゙x
   / ''   ,, ー―-,/,,-ー !、  r⌒ 、∧ !       !                ゙トム    しかし、いつまでも名前がないのは不便です
   l   / ー-    ィメ笊拆,,   !f9 }Xl i        i                ゙*X
   i__ノf ィ斧拆   `弋ッノ     、。/X/ !        !                      私生活だけでなく、チーム行動に支障をきたしかねません
    l Λ ゞシ          l   !x,,/ i          i
    f  、           l  r―、 i__       i
    ハ   、   fヽ     イl  .!  オ;.;.;.;.;.;.`v⌒;.;.、 i
    f !   ゝ、      / l / /。;.;.;.;.;.;/;.;.;.;.;.;.;.;.;.;`;.,.、
    {  !    ∠>、 斤´   ,l/ ∧ ゚ 。;.;.;.;/   ;.;.;.;.;.;.;o  ィ ィ
    l  ゝ   l i  | l _>´  /x^x\__/     /;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;/
    l  \  /i__L_|_レ´   /x^xX,/\     ;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;./
    .}  _。ノ;.;.;.;.;.;。゚ ;.;.;.;. ;.;.;.\^/  /|    ;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.Λ
    l/;.;.;.;ヘ, ,/;.;.;.;.      /  /x^|_/⌒。 ̄ ̄ ̄;.;. \
    〉  ;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;      <ヾ、/x^x^x^x^xヽ;.;.;.;.;.。  , -ー-i
   ,/ /´〃`` ヾ 、  ;.;.;.;.;.;.;.;.;」x^x^x^x^x^x^x^ ,fゝ、;.;./   \
  ,  f   ,゙;.;.    \;.;.;.;.;.;.;.;/\x^x^x^x^x^x^x/ / ,>´\ , --ー
  { l;.;.  ,゙   ;.;.;.;.;.;.;.;.弋==イ\ \/'  ̄ ̄ ̄i__f__f^x^/; ;; ;; ;イ; ;; ;ィ\
   i l;.;.  ,   ;.;.;.;.;.;.;.;.;.;./x^x^x^x\/         \/; ;; ;; ;; ; イ; ;; ;ィ
   i;.;.    ;.;.;.;.;.;.;.;.;.;./x^x^x^x^x/           \; ;; ;; ;; ;; ;
   };.;. ;  ;.;.;.;.;.;.;.;.;.;/\_____/              \
   〉;.    ;.;.;.;.;.;.;.;.;〈\___{
  /;; 。  ,.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;〉x^x^x^x^\
  {;.;.   ;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;./x^x^x^x^x^/\




 【 やる夫の名付け親 】 【1D5:3】
  1:やる夫本人
  2:先輩オトモ
  3:教官
  4:養成所長
  5:伝説的なハンター



7372 名前:名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください[sage] 投稿日:2019/04/08(月) 22:25:33.82 ID:n9AmZbUN
一番関わりが深そうな人か

7373 名前:名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください[sage] 投稿日:2019/04/08(月) 22:26:14.52 ID:qdnvwKTv
天涯孤独から一人じゃなくなった瞬間



7377 名前:ゴジュラス@◆ZX2DX6eltM ★[] 投稿日:2019/04/08(月) 22:27:42.50 ID:ZFLl8NQk


                       /Yヽ
                     _,}ニ{ミh、
                     iィー-'-ヘ, ヽ、
                       (,} __, __, ,}ミ、 `
                     ,ム  ,} /. ゙,
                  _   __ -‐<; \-/}- 、   _     そうだな
.              __ヽ` <      \_}{_/  `>r /
.               >z´ `ヽzz_ ><_>, 、xzzハ      それでは仮に……やる夫、としておこうか
.              /z  `ヽィ j{ j{ ー'ー'ー'ー' j{ j{ゝイヽ
            _ィく_`´ `ヽノ:.:/ /´ ー' ̄〉〈⌒ー、} トj 'ヽ、    気に入らなければ後で自分の好きな名前にしてもらえばいい
.            ム_ノ⌒ヽ<!:.:/ ム ──'--'-- ィ:.:.:》-ァ'ー
.           /ー'i'⌒ヽ,zxィi{´    く__ン、_/___ >廴/
.          __,!ニミ ヽ:.:./ 〕三三>≧っ 丿≦ }ノ:.:.:.:〉-、
.         r'从ー'ミ{ミ{刈  r >‐‐-( ゝ'.丿 Y ヽ メ,\‐イ__ノゝ,
.   --─" -マシヽjヽ'⌒ /    乂__ン‐<>‐' いヽ,ハィ_ノくく仁
    `r'´`ヽ __}コ /  /ー'‐‐-- __∧o     o!マム .}从ゝ' 〉ヽ、
.     '/ 7じ < > l  /‐      ∨o    o!从}. ルハ ゞ_./-‐'
.     ムイ ハ { --‐'  /`^´゙''ー‐--∧o     o! .|    〉_」-';
.     し!jゝ'   ./マ-___    ./Vo       .o! ヽ_ イ じヽ }
.            /ヽ     ̄ ̄∨!___へ   ,、〉:.{.、  ノヽ、
.             ̄ ヽ __  ,/{:.:.:.j{:.丶  》:.:.:.:!丿<⌒
             Ν ヽ::::了:\}:.:ノ\:.:.\/:.:.:./_ ィ
                 | ヽ¬‐‐-、::j     `}:.:.:._ ィi{ ./
                 | {___ ̄ Y´    .にZz/ __ 〉
                 | 〈ゝ__ーァ      zZイ ‐- _〈
             く )ヽ___ ,ィ′     }/.ハ ー--ャ
              〈 ‐- __ .(フ      ∧ { ゙,_ -'
                 }   冫'          ∧ }  /
                 |  /             .}.| _{._ __
              _,!- 、{          〈ゝ/◯\/
.             <)  (>          {::::::\/:、
           《 ¬ミ{           `゙''ヽ:::::::::::\
              /::::::::::{              `ニニ='
.             ゝ--イ



  やる夫。

  ただの名もなき少年に、初めて名前がついた瞬間であった。



7379 名前:名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください[sage] 投稿日:2019/04/08(月) 22:30:07.89 ID:bewQyW3/
この人が教官だったんだ
口調は柔和だし悪い人じゃなさそうだ

7381 名前:名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください[sage] 投稿日:2019/04/08(月) 22:31:37.73 ID:JadXEAVg
もしかして、これが初めて他人から貰ったもの?



7390 名前:ゴジュラス@◆ZX2DX6eltM ★[] 投稿日:2019/04/08(月) 22:40:54.23 ID:ZFLl8NQk


         -―-
     /   ’●  ヽ
    ./   ⊂⊃  (_,、)
    i         /
     ゝ       イ
     >       ヽ



  以降、やる夫となった少年は持ち前の要領の良さと器用さで、同期の中でも真っ先にフィールドへ出て活動を開始。

  オトモとしての先輩であるアイルー達や養成所の教官達、そして時には現地のハンター達から時に優しく、時に理不尽に教育され、
 徐々に半人前という言葉が外れる程度のオトモへと成長していった。



 【 これまで、自ら積極的にハンターになる意志を見せてこなかったやる夫が変わったきっかけは? 】 【1D3:3】
  1:モンスターとの生死を懸けた生存競争
  2:ハンターに憧れる同僚の存在
  3:とあるハンターの元オトモとして世界を旅したという先輩オトモアイルー



7393 名前:名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください[sage] 投稿日:2019/04/08(月) 22:41:37.90 ID:qdnvwKTv
やる夫を変えるのはやはりオトモ

7394 名前:名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください[sage] 投稿日:2019/04/08(月) 22:43:23.94 ID:9Fv9jPIT
アイルーには仲間意識あるのか

7396 名前:名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください[sage] 投稿日:2019/04/08(月) 22:47:07.78 ID:bewQyW3/
これが見知らぬ世界への好奇心に繋がったのか

7397 名前:名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください[sage] 投稿日:2019/04/08(月) 22:47:34.44 ID:rYTj0oom
レポート書いてた原点かな

7398 名前:名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください[sage] 投稿日:2019/04/08(月) 22:48:01.45 ID:GE76prjp
世界を旅したアイルー先輩か



7400 名前:ゴジュラス@◆ZX2DX6eltM ★[] 投稿日:2019/04/08(月) 22:57:11.59 ID:ZFLl8NQk



       ,---....,,__
       l′  `_゙゙''ー 、_____._
       ゝ  〃'"""''ヾ、  _,.-- 、  `´"'l
       lー''''" i     i '",:'' ゙゙̄'ヾ   ノ
       ゙'ワ丶l ゝ.__.ィ, 、 .:、    i ''-,:'
       _/ /γ´ ヽ´  ` "'二彡┬′     おっす、やる夫
      / / ./____ヽ   ,:'''" ヽ ヽ":、
      /、_/-'、 ̄ ̄丿▽ 」=== .} ! i      今日もお疲れさん
   _..<^゙''‐l-  ゙'r一"、_人_,ゝ,,  丿-.|  i
  l! ,   L ~```'=ー--`-´,,,,___   - i - ゝ     聞いたニャ、この前拾ってきた素材が少ないって下位のハンターに文句言われたんだって?
   /`丶__. ´`''ー-_`丶、,_,..-ー''"\``''
  /  / `゙''‐‐-(,_ ,)'ーに_ 」|l冫 /         気にするニャ、気にするニャ
  ゝ /       〔_ l l``‐-=(,_ ,)、_
    ∀       [_ _二二二" ノ          お前ならすぐにそいつらより上へ行けるニャ
           ''「下---t-厂
           丿,'    「ヽ
           `'''′   `´




        ___
     /―  ―\
   / ●   ● \    大丈夫ですお、先輩
    |⊂⊃ (_,、_,) ⊂⊃|
   \        /    あの人達が自分の狩りでミスした八つ当たりをしただけだってのは分かってますから
    (  ~⌒γ⌒ )
     λ `ー'^ー'i




       ,---....,,__
       l′  `_゙゙''ー 、_____._
       ゝ  〃'"""''ヾ、  _,.-- 、  `´"'l
       lー''''" i     i '",:'' ゙゙̄'ヾ   ノ
       ゙'ワ丶l ゝ.__.ィ, 、 .:、    i ''-,:'
       _/ /γ´ ヽ´  ` "'二彡┬′    お、そっか
      / / ./____ヽ   ,:'''" ヽ ヽ":、
      /、_/-'、 ̄ ̄丿▽ 」=== .} ! i     ニャらいいニャ
   _..<^゙''‐l-  ゙'r一"、_人_,ゝ,,  丿-.|  i
  l! ,   L ~```'=ー--`-´,,,,___   - i - ゝ    どうニャ? 今日も一緒にまんま食べに行くかニャ?
   /`丶__. ´`''ー-_`丶、,_,..-ー''"\``''
  /  / `゙''‐‐-(,_ ,)'ーに_ 」|l冫 /
  ゝ /       〔_ l l``‐-=(,_ ,)、_
    ∀       [_ _二二二" ノ
           ''「下---t-厂
           丿,'    「ヽ
           `'''′   `´




       ____
      /―  ―\
    /  ●   ● \     わ~い
  /⌒ヽ⊂⊃ (_,、_,) ⊂|/⌒i
  ヽ  ll|l    (_ノ    ll|l /   ごちになりま~す
  从l||l           |l||l从
   ( ⌒ )        ( ⌒ )



  オトモ時代のやる夫について、他と一線を画した部分は本人の能力だけではない。

  彼を取り巻く人間関係も、他とは明らかに違うものであった。

  いずれハンターになることを見越してオトモになる少年少女にとって、彼等の教官や現場で知り合う先輩ハンター達は、
 将来ハンターとなった後の人脈として特に重視される傾向にあるが、それと反比例して先輩オトモというのはそれらに
 比べて軽んじられる傾向が強い。

  彼等にとってオトモ期間というのはハンターになるための知識と技術を得るための下積み生活でしかなく、オトモとして
 大成するための期間ではないからだ。

  将来は彼等を雇用する立場になる以上、オトモの立場について身を持って学べる時間が貴重であることに変わりはないが、
 限られた時間でコネや伝手を得ようと思えばその選択肢はどうしても限られる。

  よって、教官や先輩ハンターとあの手この手で関係を深めるのがオトモの常なのだが、やる夫はその真逆であった。

  人間との関係よりも、オトモとしての先輩であるアイルー達との関係を重視したのである。


.
7406 名前:ゴジュラス@◆ZX2DX6eltM ★[] 投稿日:2019/04/08(月) 23:10:01.70 ID:ZFLl8NQk


       ,---....,,__
       l′  `_゙゙''ー 、_____._
       ゝ  〃'"""''ヾ、  _,.-- 、  `´"'l
       lー''''" i     i '",:'' ゙゙̄'ヾ   ノ
       ゙'ワ丶l ゝ.__.ィ, 、 .:、    i ''-,:'
       _/ /γ´ ヽ´  ` "'二彡┬′
      / / ./____ヽ   ,:'''" ヽ ヽ":、
      /、_/-'、 ̄ ̄丿▽ 」=== .} ! i
   _..<^゙''‐l-  ゙'r一"、_人_,ゝ,,  丿-.|  i
  l! ,   L ~```'=ー--`-´,,,,___   - i - ゝ
   /`丶__. ´`''ー-_`丶、,_,..-ー''"\``''
  /  / `゙''‐‐-(,_ ,)'ーに_ 」|l冫 /
  ゝ /       〔_ l l``‐-=(,_ ,)、_
    ∀       [_ _二二二" ノ
           ''「下---t-厂
           丿,'    「ヽ
           `'''′   `´




     ____
    /⌒  ⌒\
  /  ●   ● \
  | ⊂⊃ (_,、_,) ⊂|
  ヽ    (_.ノ   ィ’




  歴戦のオトモであるアイルー達は、街での暮らししか知らないハンターよりも、遥かに豊富な知識と知恵を持っていた。

  モンスターから隠れ、逃げる方法。

  フィールドに存在する各素材の場所や、季節や時間などによる変化。

  罠や爆弾の調合。

  そしてなにより、やる夫がこれまで見たことも聞いたこともないような環境やモンスターの話。

  良くも悪くも、都会のハンターとして完成された先達からは聞くことのできない貴重な体験談を、やる夫は貪欲に吸収していった。

  それらを聞いて、初めてやる夫はこう強く願ったのだ。

  自分も、そんな未知の世界へ行ってみたい、と。



7409 名前:ゴジュラス@◆ZX2DX6eltM ★[] 投稿日:2019/04/08(月) 23:16:29.85 ID:ZFLl8NQk


      ____
    /―  ―\
  /  ●   ● \     先輩、やる夫も先輩みたいに世界中を旅してみたいお
  | ⊂⊃ (_,、_,) ⊂|
  \    n,っ  ィ’     どうすれば世界を旅できるんだお? 先輩みたいに優秀なオトモになればいいのかお?
   (  m/  ノi  )
   乂_  イ _ノ




       ,---....,,__
       l′  `_゙゙''ー 、_____._
       ゝ  〃'"""''ヾ、  _,.-- 、  `´"'l
       lー''''" i     i '",:'' ゙゙̄'ヾ   ノ
       ゙'ワ丶l ゝ.__.ィ, 、 .:、    i ''-,:'     な~にを言ってるニャ
       _/ /γ´ ヽ´  ` "'二彡┬′
      / / ./____ヽ   ,:'''" ヽ ヽ":、      お前達は子供だから、周りのハンターやオイラ達に守られながらオトモ
      /、_/-'、 ̄ ̄丿▽ 」=== .} ! i     ができるんだニャ
   _..<^゙''‐l-  ゙'r一"、_人_,ゝ,,  丿-.|  i
  l! ,   L ~```'=ー--`-´,,,,___   - i - ゝ    人間が大人になった後も続けられる仕事じゃないし、そもそも人間をオトモ
   /`丶__. ´`''ー-_`丶、,_,..-ー''"\``''       扱いしてハンターの下積みをさせるなんて、人間が沢山いる大都市でしか
  /  / `゙''‐‐-(,_ ,)'ーに_ 」|l冫 /         機能しない制度だニャ
  ゝ /       〔_ l l``‐-=(,_ ,)、_
    ∀       [_ _二二二" ノ          仮にお前が素晴らしいオトモになったって、逆に一生都市から離れられない
           ''「下---t-厂           し行き場がなくなるだけニャ
           丿,'    「ヽ
           `'''′   `´



7413 名前:ゴジュラス@◆ZX2DX6eltM ★[] 投稿日:2019/04/08(月) 23:27:30.70 ID:ZFLl8NQk



     ____
    / ノ  ヽ_\
  /  ○ }liil{ ○ \    え~そんな~!!
  | ⊂⊃ (_,、_,) ⊂|
  ヽ     |!i|!|   ィ’    じゃあやる夫は何になればいいんだお?!
       |ェェ|




       ,---....,,__
       l′  `_゙゙''ー 、_____._
       ゝ  〃'"""''ヾ、  _,.-- 、  `´"'l    オイラのご主人様のような、立派なハンターになればいいんだニャ
       lー''''" i     i '",:'' ゙゙̄'ヾ   ノ
       ゙'ワ丶l ゝ.__.ィ, 、 .:、    i ''-,:'     そこらの職業ハンターじゃニャいぞ?
       _/ /γ´ ヽ´  ` "'二彡┬′
      / / ./____ヽ   ,:'''" ヽ ヽ":、      生き方として立派なハンターだニャ
      /、_/-'、 ̄ ̄丿▽ 」=== .} ! i
   _..<^゙''‐l-  ゙'r一"、_人_,ゝ,,  丿-.|  i      無駄に狩らず、殺さず、自然を愛し、共生し、そして時に厳しく、時に優しく、
  l! ,   L ~```'=ー--`-´,,,,___   - i - ゝ    自分も他人も愛する……それこそが立派なハンターニャ
   /`丶__. ´`''ー-_`丶、,_,..-ー''"\``''
  /  / `゙''‐‐-(,_ ,)'ーに_ 」|l冫 /         いいか、やる夫
  ゝ /       〔_ l l``‐-=(,_ ,)、_
    ∀       [_ _二二二" ノ          オイラのご主人はこう言っていたニャ
           ''「下---t-厂
           丿,'    「ヽ
           `'''′   `´




       _,,_
     ./ .', ゙'、           ,r'リ \
    /  :′ ヽ      /  .!  ヽ     同じものを見て、感動できるのなら、それは同じ人間だって
    i′ .|    .ヽ......... ,_./   l   .',.
    !  ', ,./ ´      ''‐、 !   l    やる夫、お前はオイラとご主人の見てきたもの、感じてきたことに共感してくれた
    ! /"              `..',、  |
   .,''"                ヽ、 !    なら、お前はきっとオイラのご主人と同じ、立派なハンターになれる人間だニャ
   /                      ゙'/
  ./         ,.: ´ `:、        `,    今は、そんな自覚は全く無いかも知れニャいけれど
 .i゛  ,:、..,,_  ,:'      `:、   ,.. 、   `,
 .|  ,:' ,:',.'ヾヽ      `_.ィ´、::、`、   }    今こうして話していることも、何かのきっかけで忘れてしまうかもしれニャいけれど
 .',   ゝ {::`'''"::丶      〃::ゝ-゙:l i   i
  ヽ  `ゝ、_,,.ィ´ r-- 、. `丶、.__ノィ´  ノ    オイラはいつかお前が、オイラのご主人と同じかそれ以上に立派なハンターになれる
  .\ ,:'     、`.Y'´ ,     `:、  ., '    と信じているニャ
    `'-、,      `´ `´      _.ィ´
       `'''―-------―ー''''"゛

.

7414 名前:名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください[sage] 投稿日:2019/04/08(月) 23:31:13.58 ID:+bsKUrNA
この時点でハンターに憧れるなら、やる夫がハンター続ける理由にはなるが、後に寄生とも言われるようなこと始めることには繋がらんなぁ
何があったのやら

7415 名前:名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください[sage] 投稿日:2019/04/08(月) 23:32:13.29 ID:gE0c7VfA
いつしか忘れてしまったアイルー先輩の言葉
同じものを見て感動できる女性を得た時に思い出すとは実にドラマティック



7416 名前:ゴジュラス@◆ZX2DX6eltM ★[] 投稿日:2019/04/08(月) 23:35:53.48 ID:ZFLl8NQk




       ,---....,,__
       l′  `_゙゙''ー 、_____._
       ゝ  〃'"""''ヾ、  _,.-- 、  `´"'l    まぁ、オトモとしてそりゃもう沢山のハンターと付き合ってきたからニャ
       lー''''" i     i '",:'' ゙゙̄'ヾ   ノ
       ゙'ワ丶l ゝ.__.ィ, 、 .:、    i ''-,:'     言うほど簡単な道のりじゃニャいのは分かってるニャ
       _/ /γ´ ヽ´  ` "'二彡┬′
      / / ./____ヽ   ,:'''" ヽ ヽ":、      ただ、人間もアイルーも苦労せずに大成した奴は一人もいない
      /、_/-'、 ̄ ̄丿▽ 」=== .} ! i
   _..<^゙''‐l-  ゙'r一"、_人_,ゝ,,  丿-.|  i      ふとした瞬間に初心に立ち返って、そのついでにこんな事を言う変な
  l! ,   L ~```'=ー--`-´,,,,___   - i - ゝ    アイルーがいたニャ~って思い出してくれれば、それで十分
   /`丶__. ´`''ー-_`丶、,_,..-ー''"\``''
  /  / `゙''‐‐-(,_ ,)'ーに_ 」|l冫 /          特にお前は、人間社会で生きるには要領が良すぎて逆に辟易されそうだからニャ
  ゝ /       〔_ l l``‐-=(,_ ,)、_
    ∀       [_ _二二二" ノ          きっと苦労すると思うけど、まぁ頑張れ
           ''「下---t-厂
           丿,'    「ヽ            お前なら、きっかけさえあれば簡単に這い上がれるニャ
           `'''′   `´


.
7417 名前:ゴジュラス@◆ZX2DX6eltM ★[] 投稿日:2019/04/08(月) 23:37:31.57 ID:ZFLl8NQk


                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘


                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘


                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘


                               ┌┐
                               └┘


                                   □

                               ・


.
7418 名前:名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください[sage] 投稿日:2019/04/08(月) 23:37:39.15 ID:XzsS9vup
きっかけは都会から出ることだったか~

7419 名前:名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください[sage] 投稿日:2019/04/08(月) 23:40:22.99 ID:gE0c7VfA
色々苦労はあったけど無駄では無かった



7425 名前:ゴジュラス@◆ZX2DX6eltM ★[] 投稿日:2019/04/08(月) 23:47:01.67 ID:ZFLl8NQk



            ____
          /      \
         /─   ─   \
       / (●) (●)     \
       |   (__人__)      |
       \   ` ⌒´    _/
        / l        ヽ
.       / /l       丶 .l
       / / l        } l
     /ユ¨‐‐- 、_     l !
  _ /   ` ヽ__  `-   {し|
 /          `ヽ }/



  夢を見た。

  今まで半ば風化し、忘れかけていたことさえ忘れていたような昔の夢。

  それまでただ生きていただけの自分が、生き方を自ら決めた最初の一歩を、思い出した。



7432 名前:ゴジュラス@◆ZX2DX6eltM ★[] 投稿日:2019/04/08(月) 23:54:51.44 ID:ZFLl8NQk



        ____
       /    \
.    /          \     立派なハンター、か
.  /    ―   ー  \
  |    (●)  (●)  |    ずっと前から答えは貰っていたはずなのに……どうして忘れていたんだろうな
.  \    (__人__)  /
.   ノ    ` ⌒´   \
 /´             ヽ




               ____
              /    \       農場の主に収まるにもいいかな、なんて一瞬思ったけど
              /          \
            / ⌒    ー    \    でもそれだと、きっとあそこでの暮らしの再現だ
             |  (●)  (●)    |
            \  (__人__)    /    それにやる夫は、やっぱりもっといろんな世界を見て回りたい
              /   `⌒ ´   イ`ヽ、
         , '     ` ̄          \




..      ____
     / ―  -\
.  . /  (●)  (●)     もっと知りたいことが山程ある
  /     (__人__) \
  |       ` ⌒´   |   調べたいことが山程ある
.  \           /
.   ノ         \    見てみたいものが山程あるんだ
 /´            ヽ



7434 名前:ゴジュラス@◆ZX2DX6eltM ★[] 投稿日:2019/04/09(火) 00:01:01.98 ID:XVMm0E5J


                       __
                   _ 抖-‐/:.:.ヽ=ミ
               __,/:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨: \
              /:.:./:.:./:.:.:.:.:.:.,':.:.:.:.:.: ∨:.:.:.\
.          /:.:.:.:./:.:./:.:.:.:.:.:,イ:.:.:.:.:.:.:.:.:W:.:.:.:.:.\
         √:.:. /:.: ,′:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.',:.:.:.:.:.:.:'/
.          √:.:.:.:.:.:.:.:.:./ : |l:.:.:.:|:.:.:|:.:.:.|:.:.:Ⅳ:.:.:.:.: W
           |:.:.:.:.:| :.:.:.:.:.:.:. |:.|l:.:.:.:|:.:.:|:.:.人:.:| ∨:.:.:.:.|    なら、いつ帰ってきてもいいように部屋はいつも綺麗にしておかないとね
           |:.:.:.:.:|:.:.:.:|:.:.:.:.:|:.|l:.:.斗r七:|.}:.:. ⌒∨:.:.:.|
           |:.:.:.:.:|:.:.:.:|:.:.:.:.:|/}ハ:}  Ⅳ从:.リ _,,,}:.:.:.リ
        从:.:.人:.从:.:.:.∧   ,.ィ≠ミ }/ ⌒´)イ(
         人:.:.:.:{⌒',:.:.:.∧ ^´       、:.:.{ノ
           ヽ:人  \(⌒ :.:.:.:.:.:       ,
                }从)h、ィ       ー  ´ ,イ
        ,ィ=======}从:| )h。,_     ,ィ(===ミ___
       /: : 〃: : ,、-~´}       ぅT爪‐-ミ: : :}: : :ヽ_
.       {: : : : {: . : {            '/     |: : |: : : :ハ
.      ∧: : : ‘,:. : :'/ ~、,___    __,、~´ |: : | : : ,':. :.'/
       ,' ∧: : : ‘,: : :'/               }: : |: : ,' : : : W
.    W:.:.:.人: : : ‘,: : :'/               ,' : ,′/: \:.:.|
.       }:. :.:.,、\: : : :\'/      ,.     / : ' : /: : : : ヽ|
.      √: /: : : :\: : : :\ ,,_   .:}   //:. :/:. : : : : : ∨
.....   √ ,′:. : : : :``~、:.\`' ―┴ ''"´/;~´: : : : : : : : : : W
..    | : |:. :. :. : : : : : : : : : : :\    ./:. : : : : : : : : : : : : : : :}
....   √:.|:. :. :. :. :. :. : : : : : : : : :\ .,´:. : : : : : : : : : : : : : : : : ハ
.    ,′人:. :. :. :. :. : : : : : : : : : : : :Y:. : : : : : : : : : : : : : : : : :,‘: '/
..  γ´: : ~'ヽ:. :. :. :. : : : : : : : : : : : :|:. :. : : : : : : : : : : : : : :/:. : :'/
   {:. :. :. :._:_:)h、:. :. :. :. : : : : : : : : :|: : : : : : : : : : : : : _, ィ(__:_: :. :}
   |: : ァ'´: : : \≧‐-:. :. :.--‐≦ : |: ≧‐- : : --‐≦/:. : : : :ヽ;人
   人: {: :γ´ ̄ \:. :. :. :. :. : : : : : :|:. :. : : : : : : : : : /  ̄`ヽ_;イ




      / ̄ ̄ ̄\
    / /     \ \    雫さん、起きてたのかお
   /  (●)  (●)  \
   |    (__人__)    |
   \    ` ⌒´    /
   /              \



7435 名前:名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください[sage] 投稿日:2019/04/09(火) 00:02:05.62 ID:7S79gD29
開口一番これを言える強さ

7436 名前:名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください[sage] 投稿日:2019/04/09(火) 00:03:09.72 ID:r1msCfzu
やる夫を徹底的に援護して甘やかすという強い覚悟

7437 名前:名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください[sage] 投稿日:2019/04/09(火) 00:04:15.54 ID:CEw51BA+
行かないでって嫁としてもいえるのにな



7438 名前:ゴジュラス@◆ZX2DX6eltM ★[] 投稿日:2019/04/09(火) 00:11:36.59 ID:XVMm0E5J



           γ:{:.:.:.:.\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. \:.:.:.:.:.:.:.:\
          >|:.:|:.'/:.:.:.:.\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:.:.:.:\
          /:.:.:.|:.:|:.:.'/:.:.:.:.:.:.``~、、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.\
       /:.:.:.:.:. |:.:.v/\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:``~、、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:'/:.:.:.:.:.:.:.:.'/
.      /:.:.:.:.:.: 人:.:.v/:. \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.'/:.:.:.:.:.:.:. '/
.       √:.:.:.:.:.:.:.:.:.)、:.:..、:.:. \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.'/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.'/     起きたのはついさっきだけどね
.     √:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:)h、\:.:.:. ``~、、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.'/:.:.:.:.:.:'/:.:.:.:.:.W
      |:.:.:.:.:.:,':.:.:'/:.:.:.:.:.:.``~、: \:.:.:.:.:.:.:.∨:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. '/:.:.:.:.:.:'/:.:.:.: W     ハンターにはハンターの生き方があるって、
     √:.:.:.:,':.:.:.: '/:.:.:.:.:.:./,:.:'/、:.:.:.\:.:.:.:.:.:∨:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. W:.:.:.:.:.:'/:.:.:.|     前にこの町にいたハンターさんが言ってたの
     /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.'/:.:.:.:.:.:./,:.:≧=‐---:.:.:.:.:.∨ :.:.:.:.:.:.:.:. |⌒Y'/:.:.'/: :|
    /;イ|:.:|:.:.|:.:.:.:|:.:. '/:.:.:.:.:. 人:.\ )h、.:.\|:.:Ⅳ:.:.:.:.:.:.:.:. |.  |:.'/:.:.:.:.:.|     ハンターは、ある意味で自然界に最も近い場所に
      |:.:|:.:.|:.:.:.:ィ=ミ'/:.:.:.:.: ∧)h、\ `¨⌒: | '/:.:.:.:.:.:.|:.:|.  |:.:.'/:.:.:.:.|     いる人間で、自然界から切り離されては生きては
      |:.:|:.:.|:.:.:.:|:.:.| '/:.:.:.:.:.:∧   r‐‐   |:.:| '/:.:.:.:.:.|:.:|. リ:.:.:.'/: Ⅳ     いけないんだって
      八:|:.:.|:.:.:人:.',  \:.:.:.:.:∧ ,、ィ==≠=ミ  |:.:.:|:.:.:|:.:|,イ:.:.:.:.:.:.|:|
.        人:.|:.:.:.:.:.:',,ィ== `¨⌒   :/:/:/:/:/:/  |:.:.:|:.: Ⅳ}:.:.:.:.:.:. 八{      だから、凄腕のハンターだけは旦那にするなって言われてたの
.          人:.:.:.:.:.:', :/:/:/              |:.:.ハノ ,ノイ:.:.:.:.八{
            \:.:.:.:\   '               ノイ   ,イ ノイⅣ            そんな奴を旦那にすると、ひたすら帰りを待ち続けなきゃ
            \(⌒         ___      ィ(  ,ィニニh、===========ミ    ならなくなるからって
                  \     v‐: :´: ノ         ,ィニア゙  \__: : : ;、丶`: :ヽ
               父s。,   `¨¨¨´   ,ィ(__ -=ニア゙     ,、丶`:. :. :. :. : /`:、
                >‐‐)hs。,_    ,ィ( \ニニニア´  ,、丶`:. :. :. : : : : : :/: : :/
               /:. :.:|:. : : : : :う爪    ヽ~~´,  /:. :. : : : : : : : ,、丶`: : /: :\
            >-|: : : : :|: : : :/h、        ,ィ"/:. :. :. : : : :,、丶`: : ,、丶`:. : : : : :\
          γ: : : |: : : : :{: :/   `¨    ~~´/:. :. : : : :、丶`: : ,、丶`: : : : : : : : : : : : ヽ
           |:. :. .:.|: : : : :Ⅳ           /:. :. : :,、丶`: :,、丶`/ : : 斗-‐‐‐‐‐‐‐‐-ミ }




             ____
           /      \
         /           \
        /   _ノ ::::::: ゝ、  \    じゃあ、何でやる夫を……?
          |   (○)  (○)  u |
        \   (__人__)   ,/
        /    `⌒´    \

.

7439 名前:ゴジュラス@◆ZX2DX6eltM ★[] 投稿日:2019/04/09(火) 00:16:39.27 ID:XVMm0E5J


                       __
                   _ 抖-‐/:.:.ヽ=ミ
               __,/:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨: \
              /:.:./:.:./:.:.:.:.:.:.,':.:.:.:.:.: ∨:.:.:.\
.          /:.:.:.:./:.:./:.:.:.:.:.:,イ:.:.:.:.:.:.:.:.:W:.:.:.:.:.\
         √:.:. /:.: ,′:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.',:.:.:.:.:.:.:'/
.          √:.:.:.:.:.:.:.:.:./ : |l:.:.:.:|:.:.:|:.:.:.|:.:.:Ⅳ:.:.:.:.: W
           |:.:.:.:.:| :.:.:.:.:.:.:. |:.|l:.:.:.:|:.:.:|:.:.人:.:| ∨:.:.:.:.|
           |:.:.:.:.:|:.:.:.:|:.:.:.:.:|:.|l:.:.斗r七:|.}:.:. ⌒∨:.:.:.|    何でだろうね
           |:.:.:.:.:|:.:.:.:|:.:.:.:.:|/}ハ:}  Ⅳ从:.リ _,,,}:.:.:.リ
        从:.:.人:.从:.:.:.∧   ,.ィ≠ミ }/ ⌒´)イ(     やっぱり、好きになっちゃったからかな?
         人:.:.:.:{⌒',:.:.:.∧ ^´       、:.:.{ノ
           ヽ:人  \(⌒ :.:.:.:.:.:       ,       それに、やる夫君が帰ってくるのを待ってるのって、
                }从)h、ィ       ー  ´ ,イ       案外苦しくなさそうなの
        ,ィ=======}从:| )h。,_     ,ィ(===ミ___
       /: : 〃: : ,、-~´}       ぅT爪‐-ミ: : :}: : :ヽ_    だって、やる夫君なら何があっても絶対に帰ってきてくれる
.       {: : : : {: . : {            '/     |: : |: : : :ハ    でしょう?
.      ∧: : : ‘,:. : :'/ ~、,___    __,、~´ |: : | : : ,':. :.'/
       ,' ∧: : : ‘,: : :'/               }: : |: : ,' : : : W
.    W:.:.:.人: : : ‘,: : :'/               ,' : ,′/: \:.:.|
.       }:. :.:.,、\: : : :\'/      ,.     / : ' : /: : : : ヽ|
.      √: /: : : :\: : : :\ ,,_   .:}   //:. :/:. : : : : : ∨
.....   √ ,′:. : : : :``~、:.\`' ―┴ ''"´/;~´: : : : : : : : : : W
..    | : |:. :. :. : : : : : : : : : : :\    ./:. : : : : : : : : : : : : : : :}
....   √:.|:. :. :. :. :. :. : : : : : : : : :\ .,´:. : : : : : : : : : : : : : : : : ハ
.    ,′人:. :. :. :. :. : : : : : : : : : : : :Y:. : : : : : : : : : : : : : : : : :,‘: '/
..  γ´: : ~'ヽ:. :. :. :. : : : : : : : : : : : :|:. :. : : : : : : : : : : : : : :/:. : :'/
   {:. :. :. :._:_:)h、:. :. :. :. : : : : : : : : :|: : : : : : : : : : : : : _, ィ(__:_: :. :}
   |: : ァ'´: : : \≧‐-:. :. :.--‐≦ : |: ≧‐- : : --‐≦/:. : : : :ヽ;人
   人: {: :γ´ ̄ \:. :. :. :. :. : : : : : :|:. :. : : : : : : : : : /  ̄`ヽ_;イ




      / ̄ ̄ ̄\
    / /     \ \
   /  (●)  (●)  \   本当に、いいのかお?
   |    (__人__)    |
   \    ` ⌒´    /
   /              \


.
7441 名前:ゴジュラス@◆ZX2DX6eltM ★[] 投稿日:2019/04/09(火) 00:20:28.01 ID:XVMm0E5J



                 /:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:./:. |:.:.:.:.:.:\
              /:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:/ :.: |:.:.:.:.:.:.:.:.`ー<
               /:.:.:.:.:,:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:| :.:.:.:.:.:.: |:.:.:.:.:ヽ
                √:.:.:./:.:.:.:.:.:,、:.:`:.:.:.:|.:.:.:.:.,イ:.:.:.:.:.:| :.:.:.:.:.:.: |:.:.:.:.:.:.:∨
               |:.:.:.:/:.、丶`:.:.|:.:.:.:.:.:.|:.:/ .}:.:.:.ハ:リ:.:.:.:.:.|:.:.:|:.:.:.:|:.:.:.:∨
           /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.|:.:.:.:.:.:/ /://:.:.:.:.: ハ:.:.ト、:. |:.:.:.:. Ⅵ    うん
        ___/:.:.:.:. |:.:.:.:.:.:.:.|:.:.|:.:.:/ |/:‐-ミ '/:.:.:.:.: / :.:.| }:.:.|:.:.:.:.:.:.W
.          `⌒| :.:.:.: |:.:.:.:.:.: -‐‐≦ ∠:.:イ / :.:.:.:.:.:,イ  :.:リ-ミ:.:.:.:.:.:.:.:W    私はここでやる夫君を待ってるから
             |:.:.:>-|:.:.:.:.:.:.:.|Ⅳ _,ィ=≠=ミ /:.:.:./  ノイ |:.:リ :.:.:.:.:. |
             |ハ:{  ',:.:.:.:.:.: |   ^'´    /:,、イ   _,、、_ ノイ :.:.:.:.:.:.:.|     やる夫君はここが限界ってところまで
             |{ }{ .人:.:.:.:.∧  :/:/:/:/:/       ⌒ヽh、 :.:.:.:.:./:.:.:|     世界を見て、そして私に教えてよ
.            乂∧  \:.: ∧               ,   :/:/ /:.:.:.:./j:.:.人
               ゝ--ィ \:∧      ___        /:.:.:.:./,ノイ      やる夫君が感動した景色や出来事を、
                 |:.|:.小 `⌒   γ : : : : `ヽ    >:.:./⌒       私にも教えてね?
                 |ハ:.:.:.h、     {: : : : : : :}/     `⌒´
                 }从:.:|  ,    乂: : : :; イ     ,ィ(
         抖-‐-ミ,___ }ハ|   )h、   `¨´     ィ(
      >-γ:. :. :. : : : : : : : : :}    )h、    ,、ィ(_jI抖-‐ミ___
    _/: : 人:. : : : : : :{==-‐''´      うT爪:. :. :. :. : : : : :}:. :. :`Y~、、
   /人: : : : : : 、: : : :∧             `¨¨ `ヽ:. : : :| : : : : |: : : : :ヽ
. W: : : : :\: : : : :\: : : ∧  ,,_          _,,、、、  ∨:. :|: : : : :′:. :. :. :.W
  |: : : : : : : `~ 、: \:. :∧    ̄丶 、   /     |:. :ノ: : : :/: : : : : : : |




       ____
     /      \      うん、分かった
   /  _ノ  ヽ、_  \
  /  /⌒)   ⌒゚o  \   どんなに遠い所へ行くことになっても、絶対ここに帰ってくるお
  |  / /(__人__)      |
  \/ /   ` ⌒´     /


.
7442 名前:名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください[sage] 投稿日:2019/04/09(火) 00:20:59.79 ID:qakhCYmb
帰る家ができた

7443 名前:名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください[sage] 投稿日:2019/04/09(火) 00:22:10.04 ID:zWyMyF4t
家族が増えたね



7444 名前:ゴジュラス@◆ZX2DX6eltM ★[] 投稿日:2019/04/09(火) 00:22:33.89 ID:XVMm0E5J


                      >==ミ
             >:''"~´/:.:.:.:.:.:.:丶‐-<
              >-/ :.:.:.:.:.:.: |:.:.:.:.',:.:.:.:.:.:V/:.:.\
            /:.:.,':.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:l:.:.:.:.\:.:.:.:V/:.V/ヽ  /
.           /:.:.:,':.:.:.:.:.:.:.:.:.: |:.'/:.:.:.:.:.\:. V/:.V/:.∨ /
        ,′: {:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.人 '/:.:.:.:.:.:.:.`~、、:.:.:.:.∨      もう、泣かないで
          ,:.:.:.:.从:.,':.:.::.:.:.:.:.:.:`~、V:.:.:.:.:.: ∨:.:.:.:.:.:.乂_
         √:.:.:.:.:.:.′:.:|:.|:.:.:.:.:.:.:.:.|:Ⅳ:.:.:.:.:.:.∨:.:.:.:.:.:.:(⌒    よしよし
        _ノ:.:|:.:.:.:|:.:|:.jI斗匕 ! :.:.:. |:|  ̄`~、:.W:.:|:.:.:.:.W
      ⌒|:.:|:.:.:.:|:.:|:.| |:.| .|:|:.:.:.:.:从 r‐Ⅵ\:}:.:. |:.:.:}!:}      私は何処にもいかないからね~
        |:∧:.:.:|:人| 人| 从:.:.:.{    _,,,_  |:.:. |Y'Yノ
.       八γv∧,、z===  ヽ:|   ゛ ̄``ミ:.:.:.|:|. }
.         )、 v∧ :/:/:/   ,   :/:/:/:/ }:.:.:ハ}人
         人_ヘ(⌒             ノイ,ィ
              小     , -‐ ‐-.、    /从
              )h、   人: : : : : :,'    イ:{
              )h、  ` - ´  ,ィ(人{
           抖-‐-ミノイ )hs。,_ _,.。s (从抖--ミ‐-ミ
       ,、丶`:.|:. : |:.: :r==ノ        乂==ミ : : }:. :. }:`` <
.    /:. :. : : :|:. : {:.: :|             }:. :. |:. :. |: : : : : :ヽ
   ,': : : : : : : :|: : :∨ | ‐‐-ミ      , 、-‐|:. :. |:. :. |:. : : : : : :W
    |: : : : : : : ∧:. : :Ⅵ     `       ~    |:. :. | : : ': : : : : : : |
    '/:. :. : : : : :∧:. :. :|               .}: : ,': : /:. :. :. :. : :√
.    '/:. : : :}:. :. :.∧:.:八      ,        ': : : /: : : : {: : : √
..   '/ : : ,':. : : : :∧:. :‘,       |      /: :/:. :. : : : ‘,: : ,′




       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \    雫さん、雫さぁぁん……!!
  /  o゚⌒   ⌒゚o  \
  |     (__人__)    |
  \     ` ⌒´     /

.

7445 名前:ゴジュラス@◆ZX2DX6eltM ★[] 投稿日:2019/04/09(火) 00:24:27.18 ID:XVMm0E5J



                  ..,,-‐''''ヽ、     / /アt卅lヘ
                /へ \ /\   / / /ⅨⅧ| |
              _ 「/    \ _ヽ〈 //lll]ll廴 'サ|ヘ、\
              / ,,,--‐''''"lー    `゙l│ヘ|l゙l亡ソ'~~`゙゙ .._ 、
              /-‐' /   l \0   ゙i   ̄〈〈    |
            / ____/    ∥       ォ ..  ゝ、ォ‐'´/
            .| ̄       「 // ̄    _-- /、\
            |レ   ∠ニナ/   | {l三( 0) _ |  ./ ̄ヽ     今回はここまで
            ∟_..-―゙゙’     | ヘ       |  /
          ┌/⌒/_    \ /\____/\\  |  | ,-‐-、      お疲れ様でした
         ┌/⌒/\\\   ,-‐i‐|    /\ \\ |  |  \
        ┌,'⌒/\ ヘ ヘ | /  ゙i   /\ \\ |  |
        ///   \\ヘヘ\|  | l  l ヽ\    |′ソ‐‐‐、
        ( ( (_/ ヘ /ソ   /  /\\ \  | 丿 _/
        \\\\/\ヘ    l /  /‐‐‐、 \i/i  /
          ヘヘヘヘヘヘ| |vvvvvv‐'厂 /\ヘ_/〈∠/ |  l /
           `´`´,,-‐''''`'‐------'´ |__ヽ ヽ/ / ヘ | |`\
.             ヘ   (-   ヘ/ヘ  ̄ ̄´|/ / ヘ |  /
             /\\l'''''''''''''i i┘/二__iニニニ レ´ニニlヽ‐--/
            〈  ゙i\|ヘ) )\\\  \皿皿皿皿゙il'‐、__
              \ \-‐'´ノ  ''''‐-\  \皿皿皿\ |
               ヘ ゝ´´    / \―\ |\\\ |
                       /  /     \___



7450 名前:名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください[sage] 投稿日:2019/04/09(火) 00:31:00.89 ID:CEw51BA+
おつ
帰る場所なぞどこにもなかった孤児が、遂に安住の地を得たか

7452 名前:名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください[sage] 投稿日:2019/04/09(火) 00:31:21.83 ID:7kbllcCF
乙でした。
満ち欠けるものあり……

7453 名前:名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください[sage] 投稿日:2019/04/09(火) 00:32:01.88 ID:7S79gD29
乙でした

7454 名前:名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください[sage] 投稿日:2019/04/09(火) 00:37:13.94 ID:zWyMyF4t
乙です

7455 名前:名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください[sage] 投稿日:2019/04/09(火) 00:47:03.40 ID:r1msCfzu [2/2]
乙です
これまで漂流し続けてたやる夫は漸く母港を得たんやなぁ







Next  その15へ


Back  その13へ


目次へ






関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カウンター
検索フォーム
カテゴリ