FC2ブログ

ちと体調崩し気味。うーん寒くなってきたからかねぇ…

【あんこ】Civ系開拓モノ その21

9244 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2017/12/04(月) 20:39:23.63 ID:nMw9aJK8


             ___,,,,,___
       __,--‐'''' ̄´ 、  `''''ヘ― 、
    - '' ニ            冫 .. ゙'、
,,」冖 ぃ  !  ̄ t ``゙゙'ゝ、,,_ " ..丿 `¦ヘ、
彳 .. ││ ! ! ‐ ニ、   `~~゙ T゙'、  ,,......∟        再開します
|∟ J┴‐」∟ 二 │      ヘ-′,, 丨〈ゝ 、
゙ゞrぇj」」i !|}l!|にl|什廾lサ n ,,_ ヽニ 〈 ''イ」l ___
 NNNNNMMMMMMMMMノニ(⌒) /"| ゙  /
       匚i 、_、    ..i〃 九 コl厂|||! |//
         M .. _ _....、、 、 'M} '|)|||||/'' /   /
         .M   ゙ ニi∩こM/  /| |  |   /
         'M   ./ ./llj!M丿  ! | | |、  |
         M _ ィ}xニ,'〈M¦ ./___|   |
         ゙M { ゙'ニ !l!M っ j'     |   |
         'M 二 ; ./Mゞ 」┤     |  /
         NNNNNNェ ' _ィゝ│ | ̄ ̄\/


.

9245 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2017/12/04(月) 20:39:40.62 ID:nMw9aJK8


      ___
    /       \
   /          \    さて、どうするか……
 /   ノ  ヽ、_    \
 |   ( ●) (● ).     |
 \ l^l^ln__人__)     /
  /ヽ   L⌒ ´
      ゝ  ノ




  家康は悩んでいた。

  その種こそ、彼が先日倒した異なる指導者の置き土産。

  大量の捕虜達である。


 【 捕虜の数 】
  ・船一隻あたりの船員数:(【1D6:6】+4)×10
  ・船団一つあたりの構成船舶数:【1D15:2】+5
  合計:上記船員数×船舶数×37

.

9246 名前:名無しさん管理スレその6の>>1-6をご覧ください[sage] 投稿日:2017/12/04(月) 20:43:57.92 ID:ndr6Vjh6
船員数多いな!



9247 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2017/12/04(月) 20:44:20.51 ID:nMw9aJK8


       ____
     /      \
   / ─    ─ \     しかしまぁドでかい船をこしらえたもんだ
  / -=・=-   -=・=- \
  |      (__人__)  U  |   収容可能な上陸部隊だけで100人以上とはたまげたお
  \     ` ⌒´     /



         ./ニニニ=-_    __  __
        {ニニニニニ>. :>.´ : :>ヘ}´ニニニ}
        {ニニニ,/. : :/. : : :/ニニ=-_、_`ヽ
           Vニニ′: : /. :ィ/´ ̄-=ニニヽ}: :|
           ヽj! : : : ,//:/ : /.: : : :}!: :}、!
            j{ : : !∥/ : /}/Ⅵ } : : }: /;ハ!    ただの蛮族とは思えない技術力ですね
          j{: : : :i|i :|: : {r≠ミ V. : /}/: :i||
           j{: : : :i乂ト- ゝ   }/__ }!: :リ     これも、純精霊種の知恵によるものなのでしょうか
            j{ : : : ! |: : : : !     {⌒ムイ
         j{ : : : :! |: : : : i       ′ !| |
          j{ : : : / |: : : : i   _‐'  ,.:!| |
            j{.:i,  ⌒\ : : ト    イ : | |
         j{!/     .∨:ハ ー<|:!:|: : | |
         ,.:′       .Ⅶ: .、{: :!|:!:|: : | |
        ./.:l :.      Ⅷ: :\-__、_:_| |
       / . :        {ニヽ.: :}ニニ=-ヽ` 、
        /. : {        Ⅷノイニニニニニゝ  ,
      /. : :∧ ヽ!       Ⅷニニニニニニニ<=-__
    / . : : /: : .  ‘.       Ⅷニニニ____ヽニニ=-_
  / . : : : /i: ;/: .、 ‘,     Ⅷ/  ____.Vニニ=-`__、
_/ . : : : /: :V : ∧ ̄‘,     .Ⅶ/         :}/  ̄ ̄ .ヽ
. : : : : /. : : ! |: / :∧ニ‘,     Ⅷ         ,/  ̄ ̄ ̄ `
/.: :/: : : : : : :|: : : : : ヽニ‘,    .!、         /          }
!/ : : : : : : : : |: : : : : : ハ=-,     `ヽ     イ         /


.
9254 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2017/12/04(月) 20:48:42.74 ID:nMw9aJK8


       ____
     /_ノ   ヽ_\       おまけに、全ての船があの暴風雨の中健在だった
    /( ●) ( ●)\
  / ::::::⌒(__人__)⌒::::\     とんでもなく頑丈な船だお
  |        ̄      |
  \               /




                          >―  ー=ミ 、
..       ̄"'' 、           _彡 ―=ミ ー ミ`¨ ヽ
 /       Λ        \ ̄  Y⌒V  \   \  丶
. {    乂(__  Λ    { _ >―八 f^廴 __「\  \  }
. ∨ /   ,,ノノ  Λ ⌒乂_ < ̄ ̄  彡′ _\ }/ / Λ
  ∨ / 乂(__    Λ¨¨\    >‐…彡く   >┘`^'く-イノ        家康様!
.   ∨ / ((__ノノ   /\ <"´ ̄    __ア    へ   「`┐ ノ
.   /∨       /  /   />―____彡⌒ア  /   `'ーくノく.,__        捕虜の中にあの船に詳しい造船工がいるのであれば、
  /  ∨__彡゛  /  / >―--  / 〃     /^( ノ⌒       直ちに彼の者を召し抱えましょう!
 {   ___     //\ --==<   {{ ⌒ ーv√⌒<_ ,. -- 、
>―――――==ニニ,,,彡く----\三三=- \乂ノ},,__,,」\_厂/ 彡  }    接収するだけでは足りません
ニニ./二二(二\\\\\__彡''"´_ ´"''~ミ `こ^7 <-< _うノ /
二/二/二二\二\\\V/\ ー‐ `''<ニ=-___ 二二)ih、 >   .,__/     必ず、その製法を学び取らねば!!
/=―/=――=ニ\二\\ノ \\ 二二‐ `''<ニ=-ア= ミx、ニニ=-く
=―‐/―――=ニニ\‐ァ''"\\\`¨¨¨¨¨¨¨¨¨>ニ{:i:i:i:i:i:i:i:i:iヽ_\ニニ}
=―‐{――――― /-}ニ\ニニ\\`¨¨¨¨¨¨¨¨¨{ニ八:i:i:i:i:i:i:i:i:i:}ア"\,}
二=-{―――― /--ニニ\ニニ\`^^^^^^¨,.ィi{ニニニ/\:i:i:i:i:i:iノ\\ ノ
二==-―――/---ノ二二二\ニニ`¨¨¨ ,.ィi{ニ>''-{ニニニ=-ャ气\\}
二)二-――彡―/ニニ\ ノ⌒ー― ,.ィi{>''´ ニ| ⌒ヽ=-くニ}  \}
/二二´"''<ー<ニ\二二\二=‐  ''"´ ニニニ}:::::::::: ノ:::::::: ∨} \ノ
二二二二二ニ\\ニニ\ニノ⌒'く ¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨}⌒\::::::::::/ニ}ノ /
二>'^~  ̄ ~^'<\ニニ{⌒\二二\二二二二 」:::::::::::/^\ニニ/
//:::: ̄ ̄"''~、 }ニニ∨ニニ\ニニ`''ー―‐‐{;;;;;;:::: /::::::/ニ∨
/::::::::::::::::::::::::::::::::::::}ニノ}h、ニニニ\ニニニニニ}:::::::ヽ:::::/ニ7
::::::::::::::::::>'"´ ̄:::::⌒\ニ}h、ニニニ}二ニニニ/:::::::::/ ∨ニ'゙:::ヽ
::::::::::::/:::::/:::::::::::::::::::::::\ニニ>''^`''ー‐--= /__:::: /::/ニ7:::::::::::`、
::::::/::::::::/::::::::::::::::レ''"⌒\:>__ニニニニニニニニ/:::::`ア:::Yニ7:::::::/:::::\__
:::/:::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::)/::::::|--くニニニニ/::::::/:::::j/::::/:::::::::::::://…::…::、
:/::::::::::::::|::::::::/:::::::::::::::::/ー:::、:|:::::::::'ニニ「::::⌒Y::::/:::::::// :::::::::: //:::::::::::/:::::::::ノ
゙ :::::::::::::::|:::::ノ:::乂::::::::/:::::::::::::::ノ::::::::::}ニニ{:::::::::::{::::{::::::::{{:::::::::::://:::::::::::::::{::r‐:く::::\
::::::::::::::::::|:::/:::::::::::ア:::::::::::::::::/:::::::::::/:::}ニ{:::::::::::|::::{;;;;::::::::::::::::::://::::::::::;;{⌒\::::\:_ノ
::::::::::::::::::|::::::::::::::/:::::⌒ヽ::/:::::::::::/::::/二{:::::::::::|::::∨ニ''~::::::{ {:::::::::{:::::\:::::\::ノ_
::::::::::::::::::乂:::::::/:::::::::::::/:⌒Y::/::::::::/ニニj:::/⌒\:寸ニ\:::::::::\\:::\::::::::::::ノ::::::::::::
\::::::::::::::::::::::乂::::::::::::::::::::::::/:⌒)/ニニ/イ――― \ニニ`¨¨¨¨¨´ \::::::>彡--ミ:::::::
.、::::::::::::::::::::::::::::::::⌒ー―<:::::__/ニニ/――――― \|;;;;;;;;;;;彡''"  `¨     `¨¨



9265 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2017/12/04(月) 21:03:53.58 ID:nMw9aJK8


      ___
    /       \
   /          \    何れにせよ、彼等から聞かねばならないことは多い
 /   ノ  ヽ、_    \
 |   ( ●) (● ).     |   処分を決めるのはその後になるだろうう
 \ l^l^ln__人__)     /
  /ヽ   L⌒ ´
      ゝ  ノ




      ____
    /      \
   /         \    ただ、捕虜の数だけでうちの国の人口といい勝負なんだよなぁ
 /            \
 |   _,   /        |   多いというのはそれだけで脅威になる上に、ただ飯ぐらいにしておくだけの余裕はない
 \(ー⊂ヽ、∩  u    ノ
   |  | ゝ_ \ /  )   流石に巨竜ほどの大食いではないはずだが、それでも水と食料と住居くらいは必要だろう
   |  |__\  ” /.
   \ ___ \ /



 【 多すぎる捕虜をどう扱う? 】 【1D3:2】
  1.多少の無理は目を瞑り、労働力として召し抱える。
  2.戦利品として奴隷にし、兵士や国民への報奨とする。
  3.有益な者とそうでない者を間引く必要がある。


.
9266 名前:名無しさん管理スレその6の>>1-6をご覧ください[sage] 投稿日:2017/12/04(月) 21:04:28.11 ID:0G8X9E1m
奴隷か

9267 名前:名無しさん管理スレその6の>>1-6をご覧ください[sage] 投稿日:2017/12/04(月) 21:04:42.96 ID:GLfcbp2c
無難っぽい?

9269 名前:名無しさん管理スレその6の>>1-6をご覧ください[sage] 投稿日:2017/12/04(月) 21:05:01.38 ID:BEwMimR5
まあ格差は付けないとな。

9270 名前:名無しさん管理スレその6の>>1-6をご覧ください[sage] 投稿日:2017/12/04(月) 21:05:29.90 ID:2UgQrGaD
人口をハンマーに!



9284 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2017/12/04(月) 21:14:01.36 ID:nMw9aJK8


                  . -=  ¨ミ、_ ,. -─‐‐-  .,
              / ィ ¨¨ `  ^         ` .
               '//                     丶
              /'  '  ′ /            ^ヽ  、 ',
                / /  /   ′ ,ヘ,ィ   丶   丶  :.   V :.     全ての者を国が抱える余裕はありません
                 /  '       r''゙゙''{  : 、 \    ー=i   i∧
               ' ィ  i :  :  i  {  i \ \   }   }/∧    そこで提案ですが、彼等を戦利品として兵士や国民に
             i |  l i   i  {  {  l丶 \ `ニ=-}   }//∧   配分しては如何でしょう?
                Ⅵ  | l  丁 T ‐-ト、 {  \,. -─  T  ////_〉
               }ハ | |  {笊示沁x\  x竓示笊,  / T//{     我々が欲しているのは、将校や技術者などの重要人物
                〈/∧N |   Ⅳ込zツ  丶 込zツ /  '  }/i/{    であり、ただの兵士に魅力はありません
                  }//〉从  从           /. ハ{  {/{/」
                T¨. . }. ヽ{圦      '    ノィ i. . . /. . .i     なにより彼等は、侵略者です
                  }. . . i. . . i. l. :.、    -_-    .イ |. |. . .′. . l
             , . . . .l. . . |. l . . 〕>     イ. . . |. |. . {. . . ..{     宣戦布告もなく、突如として攻撃を開始した卑怯者
             / . . . ノ. . . |. l . . i .} >< { . . . |. |. . .V. . . ',
             ' . . . , . . . . .|. |_,.斗'       `>., {. {. . . }. . . . .\     その点も判断材料の一つとして無視できないでしょう
             /. . . ,厶-=ミ斗ハ           V.vs。ム-=ミ、. . . 、
             '. . . ./     ヾ} . ',  ‐-    -‐   v }イ/    ∨.',.\
         /. . . ./    .:i  }. . .}>s。. ______ .。o<}. }/       V.ハ. . .ヽ
           , . . . r'     V   }. . .}   ̄  ¨¨   ̄  }. }  }/    ∨}. . . .}
        { . . /.V_    厶-=.}. . .}二≧s。 ___ 。o≦二}. }=-V   __,r'/. . . ∧
         V. {. . } 〕iト '-=ニノ. .ノニニニニ=--=ニニニノ. jニ=-vィi〔 ̄{/. . . '. . .',
           } . . /i    {-=ニ乂(ニニニニニ=-=ニニニ(. .(ニニ=-}    i. . . .{ . . . }




                        ,..ィi〔 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 〕iト..,
                     /  /‐=ニ二二ニ=‐ヽ    ,
                      /  /‐=ニニ二二ニニ=‐\  ハ
                       /  /‐=ニニニ二ニニニ=‐ヽ  ,
                        i  ,‐=>⌒ヽニニ> ⌒ <二ハ∧
                        { /‐=〈    マ/  _  }ニ=‐ ,
                        {‐=ニ二〉 ⌒ヽ Y/__ マ二ニニ=‐
                   {‐=ニニ/  /〕iト{ /  } `寸二ニ=‐     奴隷?
                     从‐=ニ/   {_⌒^ ⌒ ^_}  マニ=‐从
                   ∧ニ/ {  i|廴 r, ,ノ=ハ   Ⅵニ,/      妲己ちゃん、奴隷って大好き~☆
                        / ∧{ | ¬-ミ.,^ 斗ャ允  }ニ=‐
                       / {{  | ,x笊ミt、  ,ィf笊ミ,  }ニ=‐      はいはい、私賛成~
                         八 〈 v少 ,  v少 〉 八,/
                    / {\{   ┌__ ァ   (/ )K
                     / 从 八  / /:.:}   八 /}  、
                       \ rL f \_ノ_,ィ  / /   \
                 /   /     { ィi〔____ノ , ,′    \
                 /    /    ∧   (┐\ / ,       `~、
                   >―‐< ∧   r}}`~ア/ >―‐ミ      `~、
            /    / {     /^'∧  Ⅵ__ノ~〈     }\         `~、
           /      / 八     /_  }  Ⅵ   _',       、         `~、
         /        ,   ∧  ア二二,)   }  fニニ∧    }   )K             \
.          /       {≧=‐ミt、ア>―ア,   /   冖宀ゝ、   } /二ハ            \
      /      / ア     `~、 /=∧  {         ヽ } 乂二∧ ``~、、
     /      / ,          {二二ヽ,          }ノ    ⌒  ,    \
   /      / ィi〔        _/\二ニ}  、          从       ∨ /    、
  /      /ィi〔      _/       \=}/ 〕iト      ノ  ヽ      ∨ /   \
/     _。r≦      _。r≦      /    ア     ≧=‐=≦}    \     ∨     \



9299 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2017/12/04(月) 21:29:52.13 ID:nMw9aJK8


      / ::::∥:::::::::::::::::::::::ヘ:::::::::::::::::::::\:::ヽ::::::j'^!:::: : : : : : : : : : .
.      ′::::″:::::::::::::::: :::::::::∨::::::::::::::::::∧:::::::∨,〈:::::: : : : : : : : : : : :
.     ′:::::|l:: ::::::::::::::∧::::::::::∨::::::::::::::::::∧:::〃/∧:ヘ: : : : : : : : : : :
     l ::::::: |l八::::>-セ'^ー-<∨::::::::::::::::::::l:::/ 〈:::/ ,/: : : : : : : : : : :
     | :::::N 'ー‐'´ ≧≠=ミ、ー-:::::::::::ト::〈_///:::::|: : : : : : : : : :
     | :::::{-ヽ、  /ん/.(_  ,〉  }::ヘ:::::|ハ:::::<r ⌒ヽ::j: : : : : : : : : :    でも、あまり酷い仕打ちは……
     |ヘ::::∨n    {///.ソ /   ` \|' ∨    ∨: : : : : : : : : :
     ` ∨:j!{;リ    r ' う´               } : : : : : : : : : ′   少なくとも彼等を人として扱うよう、
       Y ,ノ    ` ´               ,/ : : : : : : : : :/    最低限の決め事はしないと
         l                       /: : : : : : : : : :/
         {`                  ,/::::: : : : : : : : : :/
        l  ___              /`  |:::: :: : : : : : : :/
       ∧   ,r `ヽ             j:: : : : : : : : : /
          ∧ V    ノ            /: : : : : : : : /
         ∧  ー '                /: : : : : : ::/
            ヘ                 /: : : :/ ´
           ー─ ´:::::∧       /: /´_|─‐‐,
               ′::::∧     //<´  ,斗 ' ´⌒ヽ、
               /> '二、    <´   /        \
             /´    | /´    /           ヽ




               ____
             /      \
           / ─    ─ \   その辺りの整理は後程行おう
          /   (●)  (●)  \
            |      (__人__)     |  大まかな方針として、精霊種の奴隷化に異議があるものはないようだな
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \




                      Ⅵ、i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:∧
                     Ⅵ、‐<i:i:i:i:i:i:i:i:∧
                  /Ⅵ ̄`\i:i:i:i:i:i:i:i|         /
                     / ⌒| ̄`ヽ ∨:i:i:i:i:i|      _/
                 |:::::::::|.    Y Ⅵi:i:i:i|     //´         はい
                 |:::::::::|  、 _ | |i:i:i:i:i:|-=ミ /i:i/
ー=ニ二 ̄\     /\.   |::ト 、_,/X゙ | /i:i:i:i:i:|i:i:i:i/i:i:i:i{           まぁ巨竜の家は基本子供で溢れかえっておりますので
 `¨⌒`'<i:i\ /i:i:i:i:i∧_,∧`Y^i`Y({ .|'{\i:i:i:i|i:i:i/i:i:i:i:i:}
       `マi:i\i:i:i:i:i:i∧i:i∧:l∧ .|={ ./::∨i:\i'/_ -=≠==- 、__     食わせられる限度までであれば、基本人手は喜ばれるでしょう
        マi:i:i:`'<i:i:∧i:i∧ニVニ{/::::::::,>''"i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:_ -=ニ ̄i:i:i:ヽ
     ___,`≧ー-i:i:i`'<ノ∧ニニニ>''"i:i:i:i:i:i:i:i:_  -=ニ ̄i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i|
 / ̄-==≠==―-_i:i:iく/ >''"_  -=ニ ̄:.   \i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:|
/i:/i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/ ̄⌒}i:} ̄ノ´//¨⌒::.  :::....   ::.. ,.::Ⅵi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i: /
∨i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/::...::... . 人 、_// ̄⌒^¨`..:::::..)i::...:::..Y´:.:::::Ⅷi:i:i:i:i:i:i:i:/
 \i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i{::イ::::....._ r::マ ¨´、__  -=ニ⌒\≧ー=ミヘ Vi}i:i:i:i:i:i://
.   \i:i:i:i:i:i:i:{;.:_}/) ゞ ' ( ̄ \,...つ人ー\ \:y'⌒ _.:::、i:i:i://
      \i:i:/.::.:{/::.....{..:::..  ̄\ \   `⌒::ヽ:r(ー//⌒ハ::Ⅵ'、   /
     ノi:/⌒ヽ圦/  ̄\:::. .:)ゥ \ \:...:/:::::::::∧::..}/    Ⅵ}  /
    〈i:i:i,′⌒i:}..::)/⌒\ 、)'⌒ ..:::\ )/:::::::/i:i: 、::.:::::/,i:}人ヽ/
    _Vi}::::.:::::{(,ノ{  }(   )}_,>''"人:.....}/::::/i:i:i:i:i:i:i\r':/ ̄ ̄ \ ./
  / /⌒ヽ::::.':../{::...{:::::.../イ}::::::// :::::::/i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/       / ∨
_/\     ∨:::{_,ノ/`ー':.〈:}//.::::::::/i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:{ \/ ̄ |  |
    、    .|/}:::::{:.......::::::{:|/....:/.:Yi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/  {\   | _,ノ
     }   人i.'}:::::{:::::::::::イ\:::::::::: |i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/ .::\乂 〉'>''" / く
 >''"~/ ̄´i:i:/´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄う|i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/ .::::::::/`¨}/ //  ィ


 【 精霊種奴隷化の影響 】
  社会的な圧力:【1D10:5】  数字が高いほど、奴隷に対する圧力が強い
  社会不安の増大:【1D10:4】  5で平常、数値が高いほど不安が増大し、数値が低いと逆に安定する
  両種族親和性:【1D10:1】  数字が高いほどズッ友。数字が低いほど険悪。
  宗教的親和性:【1D10:10】  数字が高いほど巨竜の宗教に順応。低いほど独自の宗教に固執。
  社会順応性:【1D10:1】  数字が高いほど巨竜社会に順応。低いほど独自の社会に固執。

.

9300 名前:名無しさん管理スレその6の>>1-6をご覧ください[sage] 投稿日:2017/12/04(月) 21:30:44.37 ID:M5D922LK
この宗教国家めwwww

9301 名前:名無しさん管理スレその6の>>1-6をご覧ください[sage] 投稿日:2017/12/04(月) 21:31:10.66 ID:0G8X9E1m
極端なことにwww

9302 名前:名無しさん管理スレその6の>>1-6をご覧ください[sage] 投稿日:2017/12/04(月) 21:31:16.39 ID:80X643w9
順応性と親和性がクソすぎるwwww
なのに宗教は順応するのかwwww

9308 名前:名無しさん管理スレその6の>>1-6をご覧ください[sage] 投稿日:2017/12/04(月) 21:31:56.79 ID:3sKL36Ad
宗教親和性だけ異様に高いなww訳わからんぞww



9317 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2017/12/04(月) 21:36:41.84 ID:nMw9aJK8


                  . -=  ¨ミ、_ ,. -─‐‐-  .,
              / ィ ¨¨ `  ^         ` .
               '//                     丶
              /'  '  ′ /            ^ヽ  、 ',
                / /  /   ′ ,ヘ,ィ   丶   丶  :.   V :.
                 /  '       r''゙゙''{  : 、 \    ー=i   i∧
               ' ィ  i :  :  i  {  i \ \   }   }/∧     家康様
             i |  l i   i  {  {  l丶 \ `ニ=-}   }//∧
                Ⅵ  | l  丁 T ‐-ト、 {  \,. -─  T  ////_〉    精霊種の将軍を連行しました
               }ハ | |  {笊示沁x\  x竓示笊,  / T//{
                〈/∧N |   Ⅳ込zツ  丶 込zツ /  '  }/i/{
                  }//〉从  从           /. ハ{  {/{/」
                T¨. . }. ヽ{圦      '    ノィ i. . . /. . .i
                  }. . . i. . . i. l. :.、    -_-    .イ |. |. . .′. . l
             , . . . .l. . . |. l . . 〕>     イ. . . |. |. . {. . . ..{
             / . . . ノ. . . |. l . . i .} >< { . . . |. |. . .V. . . ',
             ' . . . , . . . . .|. |_,.斗'       `>., {. {. . . }. . . . .\
             /. . . ,厶-=ミ斗ハ           V.vs。ム-=ミ、. . . 、
             '. . . ./     ヾ} . ',  ‐-    -‐   v }イ/    ∨.',.\
         /. . . ./    .:i  }. . .}>s。. ______ .。o<}. }/       V.ハ. . .ヽ
           , . . . r'     V   }. . .}   ̄  ¨¨   ̄  }. }  }/    ∨}. . . .}
        { . . /.V_    厶-=.}. . .}二≧s。 ___ 。o≦二}. }=-V   __,r'/. . . ∧
         V. {. . } 〕iト '-=ニノ. .ノニニニニ=--=ニニニノ. jニ=-vィi〔 ̄{/. . . '. . .',
           } . . /i    {-=ニ乂(ニニニニニ=-=ニニニ(. .(ニニ=-}    i. . . .{ . . . }




      /: : :/: : : : :/: : :/: :/: /    u  ヽ:-l‐ |: : : :',: : :ヽ: : : :ヽ
     /: イ.:‘,: ://: : /: :/!:./      /  |: ハ: |: : : : ',: ',: : ヽ: : :|
   _/  /.: :/‘x: : /.: :/l: :/ |/      /=ミ、j/`Y:|: : : : :| : ',: ',:.ヽ:.:|
 ̄´    /.: ://:‘,': :/ :/ 」 { 、__/イ  〉::ハ   |:ハ: !: : :!: : :,: :V: :\
     /.: :/: :/-‐十/≧|'   |    /{ーo':r 、}  ノ |:.:|: : :|: : ::l',: :V:.:l \_    痛っ!
      /.: :/: :/: : /:l//  ハ`       乂 )::::∨/  ! :|: : :|ハ : ! ',: :∨    ̄
    ,: : /: :/: : /:〃{ーo'::::}        `冖’   |:|: : :| ': | }:.、:',       そんな強く握らんでも歩けるわ!
     |: /: : ;: :.:/: 八弋:::(V jノ      /// / U /:/.: : :| l: | /// \
     |:;' |: ::|: :;: : ハ  `冖’        _       /:/.: : :.:|ノl: |'//   \
     |' |: ::|: :|: ::| :u/l/ '      /,、, -\     /イ: : : : /_,.j:/
     |   : :|: :|: ::| i     __/ , -――'   / |: : : :/∠/___
     |  ',: :!: :!: ::! :、    └'´ -      / u|: : :/イ!:/: : : : : :- 、`ヽ
     l  ',:.',: ',: :|  \                  ,|: :/l/ />-―――- 、 \
    ',  ヽ:',: ', |    丶               //:///         ヽ
     ヽ  ヾ ',:.|       `  .      / //   /           }\
         ヽ :!           `¬≦´ //'                  /




                           -----
                          ´         `  _  -- __
                    ___ / /   ,ィ      、   -<⌒\
                   「i:i:i:V . '    /''{  、    ',     \
                 _/⌒7i:V     /  {  \ \}   i  }  ',
                     //  |i:V{  ーォ┼ 八  、 __、_ }   }    }
                 〈i;   {i:{八  Ⅳ八   \{ \ \}      '
                    }  . . ' 「个.>、{`ー==   ィぅ示ァ,  , /./}/       ……彼女達の肉体は脆弱です
                  ,  . ./. 乂| . {⌒, ,    , 乂ツ/ /}/}/ _>、
                    . . . /. . . . |. 圦    _   , , ノィ. 乂__>、/⌒^\     慎重に扱うように
                    . . . ,. . . . . .|. |. }:..、   `   ィ. ./乂. . / \    、
                  /. . /. . . . . . |. |. }  > __  < {. .i { ⌒   }:.、    \
                   '. . /. . . . . .__j. Ⅳ     {_j_i_ _j. .| ┴へ__  _j_ ハ
              . . . '/  ̄^乂}. |'__     ' __  }|. |  ^ー{       ゙       }
                 . . . /      ⌒}. |_ ⌒¨`  ´  ,ノ |. |  __j             - '
              . . . /{         |. |^>-----<   {.ハ __ > ‐‐ ァ 7 ¨
           /. . ./.ハ__j: . ./  ハ∧ ___、 ,. __ 八∧∧   /. . '
          . . . ., ./. ..f<ニ〕iト/...V∧ニニ=--=ニニニニ',V.', ' . /
         /. ./. . . . ,   ⌒7/ニV∧ニニ=--=ニニニニV',.V . . {
       /. ./. . . . . /     /ニニ{ニ}. .}ニニニ=}-=ニニニニ}∧∧ . 八
      /. ./. .    /     ∧ニ圦j. ./ニニ=-イ 、-=ニニ'. . .V∧. . . \
     /. ./{. .     /     '. ..Vニ/ />-=≦ニ≧=-イ. . . . .V∧. .  \
   , . . .'  八. .   '    / . . . ∨{. .{ニニニニニニニニ}. . . . . . V∧. .    .
    {. . .{  ⌒\. . /     ' . . . . . .}圦.乂ニニニニニニ〈. . . . . . . }. . }. .     }


.
9330 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2017/12/04(月) 21:46:28.45 ID:nMw9aJK8


                 _,,. -――‐- ..,,_
        /⌒   ,  ´. : : : : : : ̄丶: -: : `丶
        (     / : : : : : : /:.:/,、:,、: : : : : : : ヽ
          丶---/: : : : :/: : :/:.://⌒^ヽ : |: : : : :',
             /: : : : :/: : 〃:/ /::::::::::::::::::',: |: :|: : :.:',     (なぁ~にが脆弱な肉体や)
            ,': :ヽ/:|: :/ l:/|:/::::::::ー---|/|: :|: : :.:l:',
            /: |:/:ヽ/|:/__」'_」'     _,二ニL」: ;!: : : |`\   (頭の中まで筋肉詰まった連中に言われとうないわ)
            ./イ: |: :|:/フ_f:;;;)  ..............  f:;;;) _j/: : : !:!
          ./ l: :|: :|i  三 ̄   '   ̄三  |: : : :|:|
          |:l:|: :|                 |: : :l N
          |从:.:|:.,              //: :ハ|
           ハ:!:::ヽ.   ⊂====⊃   , /: :/
       ,-、     )::::ノ> .       . </l: /
       Vハ , -‐r⊂⊃}/ i≧=‐=≦i \{::|/⊃ 7⌒ヽ
       Vハ.   ! ̄ ̄| | /ヘ __ /ヘ. | |  ̄ ̄ /   ヽ
        //⌒\|   |./ミニ{:::::_:::::}彡ヘ.|   /     ',
     /厂` \ ヽ       <  >       /      ',




     ____
   /      \
  /         \
/           \    ※両者が完全に水と油である事を理解し、頭を抱える神君の図
|     \   ,_   |
/  u  ∩ノ ⊃―)/
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /


  【 精霊種的価値観から見た神君の第一印象 】 【1D10:7】
   数字が大きいほど、好き!

.

9331 名前:名無しさん管理スレその6の>>1-6をご覧ください[sage] 投稿日:2017/12/04(月) 21:46:50.08 ID:GLfcbp2c
わりと好み!

9332 名前:名無しさん管理スレその6の>>1-6をご覧ください[sage] 投稿日:2017/12/04(月) 21:47:54.90 ID:5/sUjfTj
健全な数字の範囲

9333 名前:名無しさん管理スレその6の>>1-6をご覧ください[sage] 投稿日:2017/12/04(月) 21:48:29.15 ID:aRG7e/L1
まともそうな人が一人だけいたー
しかも指導者だったー



9338 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2017/12/04(月) 21:51:59.07 ID:nMw9aJK8


               ____
             /      \
           / ─    ─ \    部下が失礼した
          /   (●)  (●)  \
            |      (__人__)     |   こちらは貴女を決して粗末に扱うつもりはない
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \




           /   : : : : : : : : : : : : : : : : :⌒丶\へ: :ヽ
.          /      : : : : : : : : : : : : : : : : : : :/: rヘ: : :ヾ',
        /     : : : : : : : : : : : : : : :/: : : /.:/   ,: : : :ヽ
          {      . : : : : : : : : : : : : : :/: : :〃:/   :l: : : :', ',
         {     : :}: : : : : : : : : / : :〃: :/ !:/    :l|: : : :|:.:i    いえ、我々は敗者です
           ',  : : : ' :| : : : : : /:/ : :/l: : / |'  、_l||: : : :|',:|
.          } .: : ::/: :|r、: : /):l/ : :/ :.://:!   _ ノi|: : : :| i|    その末路は、何より私達自身がよく知っています
         ノil: : : /: :l:|:ヽ∨/.:| : :/-‐l/´     ィ劣个 : : | ||
         ハ: :/: : :l:|: /∧ヽj:.:厶≧尖     ヒソ |: : : :| リ
          八: ::/⌒:!:{/: : ヽ)´{r匕゚;;;ノ    {:   |: l: : |
             ヽ:{ ⌒j: : : : : ::| ‘冖"´        八l: :/     (この人が、この文明の指導者……)
               ヽ 八: : : : :.:|             /  l:/
.               /\‘,: : : : ',      r-_ ' /  〃       (なんか、穏やかさと怜悧さが同居したような、アッティラ様とは
             /: : : :∧ : : : ', _        /( __./_        違うタイプの指導者やな)
.           r '´ ̄`/ ̄∧ヽ: : :',   ̄ ̄ ̄  / /  ,>―- 、
            ∧   /  ' 丶\: ',     /     / , -―=、\
.          / '∨ /   | ー―-、ヾ , ―/    / /      ヽヽ
         /   'Ⅵ    |           /    //        l.ノ


.
9344 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2017/12/04(月) 21:57:57.86 ID:nMw9aJK8


                  ------        __
              ´            ` <⌒\
           /     ,               \
          '      ,ィハ         ヽ      \
           /  /    /''゙゙{     、    ',       \
         '   '  :   /   {    \  \}      i⌒}
           { /  i /{、  八  、  i 丶  }       | ノ    (我々には反抗的なのに、指導者を前にすると
        __Ⅵ   Ⅳ八 \  \{\{ / \}       }      急にしおらしくなって)
        {///{   { ィ不笊刃  ヽ芹示刀 }     , '
.        V//{  八 乂_rツ..:::::::::..乂rツ /    /}/       (相手によって主張を変えるなんて、信用できない人達ですね)
       ∧/八    \_, ,    ,   , ,ノ   , ィ//〉
       ,. . .V. . 〕iト <⌒         ⌒7 ィ / . {//
        /. . /. . . {  込、    - -    ィ/}/. . .{^
      '. . .' -r _{  {. . .〕iト   _  ィi〔{  { . . . { /
.      {/ {i:i:iハ V ∧_ノ    {._./)、{  {. . . . V
     / ._ノ/´} - V ∧       ` ヽ__{  {Yヽ. .∧ /
.  /. . . .V   乂__ V ∧ ` ー 、.., ´  } V iノ V. . V
. /. . . . . . {     ⌒) V ∧、       ,  v ハ  }. . . . 、
. . . . . . . . .ハ     乂 V ∧\    /  V∧ j. . . . . \
. . . . . . . /. ∧    :. }>V ∧ \__/  ノハ. .V. . . . . . . .丶
. . . . . . /. /. ∧    V   v ∧r‐ 介 - ヘ  } . }. . . . . . . . . .}




               ____
             /      \     君には聞かせてもらいたいことがある
           / ─    ─ \
          /   (●)  (●)  \   まずは……
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \



 【 遂に明かされる大陸情勢 】
  文明強度:【1D10:1】  数字が小さいほど群雄割拠。数字が大きいほど少数大国化。
  肥沃度:【1D10:8】
  争乱度:【1D10:8】+4 アッティラ補正

.

9345 名前:名無しさん管理スレその6の>>1-6をご覧ください[sage] 投稿日:2017/12/04(月) 21:58:27.65 ID:GLfcbp2c
争乱すごいですね

9346 名前:名無しさん管理スレその6の>>1-6をご覧ください[sage] 投稿日:2017/12/04(月) 21:58:52.32 ID:3sKL36Ad
うーんこの地獄めいた群雄割拠

9347 名前:名無しさん管理スレその6の>>1-6をご覧ください[sage] 投稿日:2017/12/04(月) 21:58:52.97 ID:80X643w9
肥沃な土地で群雄割拠の大戦争ですかww

9349 名前:名無しさん管理スレその6の>>1-6をご覧ください[sage] 投稿日:2017/12/04(月) 21:59:34.60 ID:7EQ9YYku
いやー乱世乱世

9351 名前:名無しさん管理スレその6の>>1-6をご覧ください[sage] 投稿日:2017/12/04(月) 21:59:45.66 ID:0G8X9E1m
大戦国時代かな?(白目)www



9366 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2017/12/04(月) 22:08:25.03 ID:nMw9aJK8


          /    /. : : : : : : : : __ 、: : : : : \
            {   /. : : : : : : : : : : : : : : :ヽ - 、: : : ヽ
          `¬'´/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ: : :ハ
            /イ: : : : : : :/:/: : /: :/ヘ,、: : : : :l: : :人
             / /:/: l|: : : /: :/:/: ://   ヽ: : |: : : : :ヽ\    大陸では、多くの国々と文明が、血で血を洗う
             /://==/// // /     !|: :|: : |: : :!:.',    争いを続けています
              /イ.:;: :!: l|:/'´メ、/'  /   , -jハ: !: :ll: : :|ヘ|
            / |/|: |: : ;レ=ミメ、    /ィ≦ミレ}l: :|、: :|      我々精霊種は、その争乱によって住処を追われ、
               |' |: |: : |{ {しハ`    /{:しハ`Y: : |ハ: |     定住できない放浪生活を続ける中、彼の指導者を
               |八:j: :.:|  ゞソ        乂_ソ ! /l|〃:!     仰ぎ国を作りました
              l 从 : |     ノ       /:/ j人ヘ
                  ハ:卜、   r r― 、     /:/イ(         ですが、我等は決して特別大きな国でもありません
               乂:',〕>、 V   )  /;/ |:.l: :ヽ
          _  -‐=:≧| | > `ニ ´ イ/ /l`ミIヘ: :}       アッティラ様……我々の指導者も、他国との戦を
        /⌒ヽ三ニ=- '"j| ヽ、   /  ヽ | |ノ       優位に進めるため、他国にない後背地を得んがために、
          /      ',     | '、  , ヘ    }//| ||        ここへ来たのです
       /  /    !     、\/、 |_   //ヘ | ||
        / /      |     \/ヽ\ |_,∠/  )' / l|
     ./      |            ヽ〈;;;、/    |ヘ.|
    /          /               / ヽ   / ヽ
   /         /              ヽ. ノ  〃   〉
 /       / |            /;;;;;;| /l    ヽ




               ____
             /      \
           / ─    ─ \    なるほど
          /   (●)  (●)  \
            |      (__人__)     |   では君の文明は、その最中に指導者を失い、また大船団と2万以上の兵員を失った訳だ
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \




           ____
         /      \
        /  ─    ─\    それは、非常に大きな損失だろう
      /    (●)  (●) \
      |     (__人__)   |   君の文明は今、どうなっていると思う?
       \     ` ⌒´   ,/
      ノ      ー‐   \



9376 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2017/12/04(月) 22:17:20.61 ID:nMw9aJK8



    //: : :|:トヘ、: ::',: : : : :\:\: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :l:|
   /イ:.:|: ::|:|   ヽ: :}: : : : ヽ: \:丶-: : : : : : : 、: : : : : : :/.:l:|
     :|: :|: ::|:|   _.V : : : : : :V ヽ\ヽ: : :\: : : :ヽ: : : :/:/jノ
     :l: :|: ::N! /´ _」_ ',: : : : : ', / \.',: : : : :、: : : :': : : :/       私達は戦こそ苦手ですが、豊かな国を作る力は
      ',: !: ::!'く ィf‘, j} ',: : : : : ',`ヽ   |: : : : : :\: :l: : :/       他より秀でている自負があります
      ',jヘ| ヘ: 、Vハ  ',: : : : : l /   /: : : : : : : : r/⌒丶
         V} ゞ)  | ', : : : ! _/ヽ: : : : : : : :人: : : : \      半年は、恐らく保つでしょう
          /      ,: : : | ヽ   `丶 : : :/{ \: : : : :\
            〈        ',: : :|        ` ',   \:\: : ヽ    ですがそれ以上は、分かりません
          `¬_ , -   ', : | /         ヽ     ヽ:i\: :',
            ヽ\_   ',: ! /- 、         \   )'  ヽ:.}      私達が他の国々と対等に戦えたのは、
             \::.、_ ):j'   \         丶- 、―-)'、_      アッティラ様がいたからこそです
                    \{  j/     )           \  \`>、
                     , -―く             \  \ \
                   /_    \          -  ´ヽ   ヽ ',
                  /⌒丶\   \  _  -         ',  ', l




               ____
             /      \
           / ─    ─ \    元は流浪の民か
          /   (●)  (●)  \
            |      (__人__)     |   各地の地理や情勢に詳しい者、そして特定の分野に長けた技術者達を
          \     `⌒´    ,/   近日中に纏めて欲しい
          /     ー‐    \


.
9378 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2017/12/04(月) 22:18:54.21 ID:nMw9aJK8


                ,   -―――- ..,,_
           /. : : : : : : : : : : : : : : : `丶
         〃: : : : : : : : {: : : : : : : : : : : : : \
         /: : : : : : : : : : ',: : : : :ヽ: : : : : : : : : ヽ
         ,: : ::/: /^ヘ: : : : : ',: : : : : :ヽ: : : : : : : : : ゝ
      /イ: ::|:.;'   ゚。:!: : : ',: : : : : : :\: : : : : :',: ',     分かりました
       /|: : |:レ-   |:.|: : : : ',: : : : :\: :\: : : : ',: ',
         |:.|》《Nl/ ,__ |:ハ: :.!: :',',: : : : : : 丶: 丶: : :.ll:.|     すぐに手配します
         l/!: : { j./n`Yl' !:.:|: : |:\⌒',: : : : : : : : :.:|N
         ||:.:ハ  |j   |: ハ:.:.| /\.}: : : : : : : : N
          !: :.:ノ     j/ |: | ⌒ /: : : : : : : :/
          !: :{        |: | ーイ: : : : : :∠>、
          ∨:\、―     |:/   ' : : :/^ヽ: :ヽ
            V: |:.\       |'      Y    l:|:.:}
          V|\:ハ._  ヘ   , -―┴ヘ.   |ハノ
             '(  / 」/       _〉――- 、
                _/∧/ヘ      /――‐-、/ \
            ∠:::| r┴くハ.    /       /   ヽ
            /´   L|::::::::/ ヽ_/        /      ヽ
            l |  /ヽノ          l./       |
            | /  ヽ/l           /         |
             l/  /:::::::::|              |         |




               ____
             /      \
           / ─    ─ \
          /   (●)  (●)  \   そしてもう一つ、教えて欲しいことがある
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \



9381 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2017/12/04(月) 22:20:23.73 ID:nMw9aJK8


               ,   -――-  ..,,_
            , '´. : : : : ; -―: : : : :`丶. )
            /: : : : : : :/; -―――-、:/、
          /: : : : : : :/: : : : : : : : : : : : : : -、l
         〃:/:/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
       /イ:/:!:!: : :/:/: : : /: : :/レヘl: |: : : : ハ
      / /:/:.:|:|>く: : /: ://: :/     |: !: :|: : l |
        /: : : : |: : ::V/ /://       !/!: :!: :.ハ|    な、何でしょう?
       ,'/:.: : :_j: : :/ /≧∠∠ ノ  Lィ=弌j: /: / |
        |从: :/_j: : 'y'´了__ハ`     /__ハ }イ: /
           )'{ 八: |ハ 弋_ソ     ヒ ン/ l: /
           >ハ:|    ' ' '     〈 ' ' l l:/
        /: : ァ∧〕>、   ,、_,、_  / /'
          /∠∠ _/ \ >  __,. イ_/
      ∠、::::::::oVハ  ∧_  ∧ ハo::::::/:l\
     /  \ ̄ ̄Vハ./\ l/_, - 、/ ̄ ̄ |  ヽ
.    /     ヽ.  ∨ \∠/^\.|     | / |
   〈         !       V ̄`  `〉    l/ /
     、     ||    厂 ̄  /   /' /
      }/     }/       しT´ /   /  '{
     /      〈     /:::〈  ヽ   l  / 〉




               ____
             /       \
           /  ⌒   ⌒  \    君の名前だ
          /  (●) (●)  \
            l    ⌒(__人__)⌒    l   きっとこれから、長い付き合いになるだろうから
          \     `⌒´     /
          /              \



9386 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2017/12/04(月) 22:24:43.47 ID:nMw9aJK8


          ,   "´  ̄ ̄ `丶- 、
        /       ヽ _   \
     ー=彡      /  /ヘ,、     ヽ
      / ,「l/ / /!/   |||    ハ      えっ?
     / /|」 / Xl/  |   ,|∧|ヘ  |  ハ
      //|   //_/\  // _j |   !  ヽ     それって……
     /' !  //⌒ヽ     /⌒\ | | |乂 | \
        |  //   0      0  }| | |:lV Y:|
        レ イ{ =≡ j〉   ≡=  j/ 从 )ハ|
       |/ | '''' ____ '''' u | / l/
       八jゝ (_   __)  ィl/イ
          丶       イ/ /⊇ニ=ァ-、
          rrニ≧=≦ /  /  ̄`フ  ヽ
          / |ー ヘ /〈_ 」ヘ  /  /    |
           | !   ∨_|l_/∨  / /     !
           | ',    V^V    l/     ;
          ヽ ヽ   人人   /'      /
           l  \ |::::::::|    |      /




           ____
         /      \     これは独り言だが、恐らく精霊種は近いうちに奴隷の身分から解放される
        /  ─    ─\
      /    (●)  (●) \   ここの民と、君達とはまさに水と油だ
      |     (__人__)   |
       \     ` ⌒´   ,/   同じ社会に押し込んでは、逆に互いのためにならない
      ノ      ー‐   \




           ____
         /       \     暫く様子は見るが、きっと思った通りになるだろう
        /   ─   ― ヽ
      /    ( ●)  ( ●)'    しかし、行き場を失った者を海に離すわけにも行くまい
      |        (__人__)   |
      \       ` ⌒´  ,/   帰す場所は、どの道必要だろう
      /      ー‐   ヽ


.
9387 名前:名無しさん管理スレその6の>>1-6をご覧ください[sage] 投稿日:2017/12/04(月) 22:27:16.47 ID:1vUFtqWG
苛烈な支配者だったら皆殺しにしてたで

9388 名前:名無しさん管理スレその6の>>1-6をご覧ください[sage] 投稿日:2017/12/04(月) 22:27:41.92 ID:7kEe+6rk
どう考えても反乱不可避な相性だからなぁ

9389 名前:名無しさん管理スレその6の>>1-6をご覧ください[sage] 投稿日:2017/12/04(月) 22:28:43.47 ID:zZW1afVf
指導者が不死で本当によかった



9390 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2017/12/04(月) 22:31:36.57 ID:nMw9aJK8


      /                /  / /:. .:    ∧
        '  :          /    / :〃 :/⌒^ヽ   ∧
     /  . :   /        .:/ / / / / / , ―-',: .   :ヽ
     / : : : : :|、     | -‐ ≠¬/‐/ l /      |:.:  |l :. ヽ、
   /イ: . : : : . ! \ /! .:/'   | /   !'   , ≦、|:/ ハ !  \
  /  |: |: : |: : :|  ヘ、|: :/,≦二 」′  |  〃 ハ Y: :/ | |
      |: |: : |: : :|/    |:/´ )::;;ハ         |ー';;l:| |.:/:  ! !    ああ、なんと……!
     ', |',: :!: :/!      !ハー';;;;}::l|         Vソリ j/:   | |
      ':: ∨:/ l|: :     | Ⅵ__ノソ         `ー'  |:  ハ :!
       ‘, ヽ{ |:|: :!   |  `冖’        ヽ   |:  / )'
         ヽ.|ハ: !   |          __,   /: /
          >‘:|  |      く´    `}   /: /
         /. :从:.:、 | ト.      丶--‐'  / |: /
       〃 . : : /ハヽ V  > .      /l/ l/
       / : : :/:/   Xヘ:.      ≧ァr-‐'  /  /
        / . : :/:/   /  \       l\
      ' : : /:/   /      丶.      |  \
     l| : :/:/  /\      `>、 |   /ヽ
     l| : :/l/_/ヘ.\\       /´| {\ | |




               ____
             /      \
           / ─    ─ \    希望となるかどうかは君次第だお
          /   (●)  (●)  \
            |      (__人__)     |   儂は、望まない相手を無理矢理立たせる事はしない
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \


.
9391 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2017/12/04(月) 22:40:01.36 ID:nMw9aJK8


         /: /: : : : : : : /: : : ヘ: :\
          〃: /: : : /. : : : :/: ∧,、: : : : ハ
          /: : /: : : /:/: /: /l: /   ',: : : :.∧
        .// : ∧ :  /:/: /: :/  l: /    ',: l: : :| \
     /イ: : /ーヘ ̄:' /|:/ |://´|/ \   |: /: : :|     お許しくだされば、すぐにでも国へ帰り、皆を説得しましょう!
   ./  |: :/|: : ∨j/‐|'- |'´  j   丶-j:/:! |: :||
         !:/: !: : !k≠f冖テミ    ィf冖弌y|:.|: :||     ですのでどうか……!!
        ,'イ.:.:|: : |il {弌_ノ:}     {ヘ_ノ:} :':/ : 八
      ' | /|: : | 、弋__゚ノ      弋_゚ノ /イ : :/l \
     /  jハ !: : ! ^' ー '    〈!  ー /' |: ://
    /  八∧: :N|  ' ' '        ' ' ' /!://.
       , - ヘ |:フヽ、   /⌒ ^)   /へ
      /: : :/‘j r‐、丶.  `ー='´. イ (_∠⌒ヽ
     /イ: :/   /⌒>、_)|  >--イ    /^ヽ ヽ !
      |:/, -‐/ / /^>、     |   /^ヽ |  | |
      l'/ \ {   ´_/ィ 〉    {`T| |  l     /
       /   ヽ\    ∨      j V     ∧
       |      rヽ   ヽ ̄` ´ ̄l/      / |
       |  \  |ヽ}    }、 ___,ノ{    ∧ !
       |    丶| \  (\    /)    (/| |




         /  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
        /             \
      /                  \
    /                       \     許そう
   /.      ―― 、   , 、――     \
  |                          l    我々を宗主と仰ぎ従う用意をするが良い
  ..|.      ( ● ) ノヽ  ( ● )       |
  |.        ´"''",       "''"´         l    自ら臣に下るものを、儂は決して無碍には扱わない
.  \.         (    j    )       /
    \      `ー-‐'´`ー-‐'′     /
    /ヽ               イ\
   /       ``ー- -‐'"´        \
                               \



9395 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2017/12/04(月) 22:43:41.69 ID:nMw9aJK8


                '   ,       ,ィW              \
              /  /  /    /''"゙{       \      \
            /   '  /    i /   {        ',      \
          '             { i     {   丶   、      ',⌒\
                 i       {┼‐ --{  、  \  \}
          ,{   {   :   i八{   八  i\  \  }     }
            /.i   {   i   {,ィチ示笊ミ\ {  \-‐\}     }     よろしいのですか?
        ィ介:、 -=八  {   {、 {::://(_,   \  ィぅミ }
       rくi:i:ハi:i:i\⌒Yヽト、   {  乂/rツ     んイ Ⅵ
      \/i个Vi:i:i:} ..{{  | \ 乂            ヒツ /   '  /
       }:i:i|. .}i:「 . .乂_|   i ¨⌒        ,  _ノ   ィ /}/
        Li:」/Li」 . . }. .|   |         __   ⌒7//}/i:i>
       /. ./. } }  . . '. . |   |:.      <.:.:.:.:y    '  /i:i/
.      ,. . ///  . ./ . . |   | }丶       ¨   イ  /i:i{
.       /. ./. イ  . ./. . ./|   |ノ  : :::...     ィ.. .i  '}i:i:{
      //././  . /. . ./...{   {       >r<}. i. . | { ⌒
    /. . .{. . {  . .{. . /. .八 ∧       /. . ., . }. . } {
   ,{  . .八. .>--r=r‐´⌒V ∧      {. /. ./. .  八
.  /∧ . . ´     V∧    v  ∧     \. /. . /   . .\
  // . } . /        V∧   }    }        y. . /    . . .\
,ノ. . . /. .,          V∧   }   .  ー-   /. . .{     . . . 丶




               ____
             /      \     ここが彼等の国にとっての後背地……つまり、すでに大陸との通用門が
           / ─    ─ \    あるというならば、介入しないわけにもいかないお
          /   (●)  (●)  \
            |      (__人__)     |   彼等を滅ぼした文明が、更に厄介な相手でないとは限らない
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \   少なくとも、彼女達は話が通じる


.
9398 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2017/12/04(月) 22:47:02.25 ID:nMw9aJK8


             /                            \
              '      ,                        \
         /      /             \           ',⌒ヽ
            '      /     i   /
              ,ィ        ト、W7         ',    i  }
        {    / i        {''"゙゙{     丶    }     }  }    しかし、宗主ということは併合はなさらないのですか?
        ,:个:.、 -= { :     {  八    \  \ }      ,
      /i:i:}i:i:i:\  { i   : 斗 ---\  丶 \-‐Ⅵ           まぁ、彼等を組み込むのは本末転倒と言うのは分かります
      <i:i:i:i:i介i:i:i:i:i:i:>{ |    i /}     \  i\ィぅ }     ' /
      ^7i:/⌒Vi:i∧{{八|    |ィチ示芋笊ミ 丶{  ん' }    /}/     ですが、あまりに相手に譲歩が過ぎれば……
      /i:/. . . .ハi:i:i:i〉  {    |、 {:::://(_,      ヒツ /   ' /
.    〈i:/ . . . / }:i:i/ 乂八  { 乂/_rツ        _ノ  /
      7. . . ./. .⌒. . .' .个\ 乂_          , ⌒7/}
     /. . . ./. . . i. . /. . |  |、⌒             ' . ./
     '. . . . '. . . . .|. /. . . |  |: ::...     ,__y  イ/. .イ
    /. . . .イ. . . . . }/. . . . {  {   ::::....  _ イ . /. /八
  , . . . /_八 __/__,.: :´八 ∧    ハ ー 八/. .'- 、. \
/. . /´     /// : :⌒V ∧     { }    { . {: : ∨. . 、
.. . .イ       {/∧   : :V ∧   :./   八. {: :  ',. . \
. ./ {       V/∧    : :V ∧\ /   / ⌒)ハ: .   } . . . . .\




      / ̄ ̄ ̄\
    / _, 、_ \     過ぎたるは及ばざるが如し、だお
   /  (●)  (●)  \
   |    (__人__)    |    我々は戦に勝ったが、依然大陸へ積極的な介入が出来る状態ではない
   \    ` ⌒´    /



9403 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2017/12/04(月) 22:59:18.82 ID:nMw9aJK8


               ____
             /      \      支配するだけが国ではない
           / ─    ─ \
          /   (●)  (●)  \   総てを支配し統治するには絶大な力が必要だが、君臨するのに力はいらない
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/    無理なら頼り、任せることも肝要だお
          /     ー‐    \



  この時、家康の中では、二つの国の将来像は、同じ指導者を仰ぐ宗主国と属国という立場を想像していた。

  しかし、彼が失敗に終わると判断した精霊種の奴隷化が原因となり、彼自身も予想し得なかった劇的な化学変化が
 二つの国の間で起こることになる。



9404 名前:名無しさん管理スレその6の>>1-6をご覧ください[sage] 投稿日:2017/12/04(月) 23:00:39.63 ID:ae1MrDnG
化学変化?

9405 名前:名無しさん管理スレその6の>>1-6をご覧ください[sage] 投稿日:2017/12/04(月) 23:07:00.00 ID:WPVmJEKo
アイエ?
9407 名前:名無しさん管理スレその6の>>1-6をご覧ください[sage] 投稿日:2017/12/04(月) 23:14:11.31 ID:BhiLZULG
んん?

9408 名前:名無しさん管理スレその6の>>1-6をご覧ください[sage] 投稿日:2017/12/04(月) 23:14:34.41 ID:aRG7e/L1
おや? 二つの国の間で何かが……?



9409 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2017/12/04(月) 23:16:25.71 ID:nMw9aJK8


                  ..,,-‐''''ヽ、     / /アt卅lヘ
                /へ \ /\   / / /ⅨⅧ| |
              _ 「/    \ _ヽ〈 //lll]ll廴 'サ|ヘ、\
              / ,,,--‐''''"lー    `゙l│ヘ|l゙l亡ソ'~~`゙゙ .._ 、
              /-‐' /   l \0   ゙i   ̄〈〈    |
            / ____/    ∥       ォ ..  ゝ、ォ‐'´/
            .| ̄       「 // ̄    _-- /、\
            |レ   ∠ニナ/   | {l三( 0) _ |  ./ ̄ヽ   本日はここまで
            ∟_..-―゙゙’     | ヘ       |  /
          ┌/⌒/_    \ /\____/\\  |  | ,-‐-、    互いに何から何まで噛み合わないくせに、
         ┌/⌒/\\\   ,-‐i‐|    /\ \\ |  |  \    独特な宗教観だけは完璧にシンクロしてる
        ┌,'⌒/\ ヘ ヘ | /  ゙i   /\ \\ |  |        巨竜種と精霊種
        ///   \\ヘヘ\|  | l  l ヽ\    |′ソ‐‐‐、
        ( ( (_/ ヘ /ソ   /  /\\ \  | 丿 _/      アッティラさんは大変なものを持ってきてくれました
        \\\\/\ヘ    l /  /‐‐‐、 \i/i  /
          ヘヘヘヘヘヘ| |vvvvvv‐'厂 /\ヘ_/〈∠/ |  l /     いや、ピンチ=飛躍の前座なんてのはこのスレでは
           `´`´,,-‐''''`'‐------'´ |__ヽ ヽ/ / ヘ | |`\    最早お約束なわけですが
.             ヘ   (-   ヘ/ヘ  ̄ ̄´|/ / ヘ |  /
             /\\l'''''''''''''i i┘/二__iニニニ レ´ニニlヽ‐--/     それではお疲れ様でした
            〈  ゙i\|ヘ) )\\\  \皿皿皿皿゙il'‐、__
              \ \-‐'´ノ  ''''‐-\  \皿皿皿\ |
               ヘ ゝ´´    / \―\ |\\\ |
                       /  /     \___


.



Next  その22へ


Back  その20へ


目次へ





関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カウンター
検索フォーム
カテゴリ