FC2ブログ

たまに作品追加依頼いただきますが、ちょっと後ろ詰まってるのでしばらく停止しますのん。 希望されてるのはだいたいまとめ予定入れてますので気長にまっていただければ

【あんこ】人類は明日への咆哮を上げるようです 小ネタ【没シナリオとキャラクターについて】

2924 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2016/11/27(日) 22:32:51.01 ID:1Ic5UQX+


                  ..,,-‐''''ヽ、     / /アt卅lヘ
                /へ \ /\   / / /ⅨⅧ| |
              _ 「/    \ _ヽ〈 //lll]ll廴 'サ|ヘ、\
              / ,,,--‐''''"lー    `゙l│ヘ|l゙l亡ソ'~~`゙゙ .._ 、
              /-‐' /   l \0   ゙i   ̄〈〈    |
            / ____/    ∥       ォ ..  ゝ、ォ‐'´/     没シナリオ公開第一弾
            .| ̄       「 // ̄    _-- /、\
            |レ   ∠ニナ/   | {l三( 0) _ |  ./ ̄ヽ    重慶冬攻勢ルートの詳細です
            ∟_..-―゙゙’     | ヘ       |  /
          ┌/⌒/_    \ /\____/\\  |  | ,-‐-、     やる夫にとっては最初の分岐点
         ┌/⌒/\\\   ,-‐i‐|    /\ \\ |  |  \
        ┌,'⌒/\ ヘ ヘ | /  ゙i   /\ \\ |  |        まぁ分岐点というよりも隠しルートであった
        ///   \\ヘヘ\|  | l  l ヽ\    |′ソ‐‐‐、    はずの105部隊ルートが選ばれてしまったような扱い
        ( ( (_/ ヘ /ソ   /  /\\ \  | 丿 _/     ですが、実は割りとガチな鬱ルートでもあったのです
        \\\\/\ヘ    l /  /‐‐‐、 \i/i  /
          ヘヘヘヘヘヘ| |vvvvvv‐'厂 /\ヘ_/〈∠/ |  l /     多分これやってたらスレも大荒れしてたんだろうなと
           `´`´,,-‐''''`'‐------'´ |__ヽ ヽ/ / ヘ | |`\    今となってぞっとするような内容でもありました
.             ヘ   (-   ヘ/ヘ  ̄ ̄´|/ / ヘ |  /
             /\\l'''''''''''''i i┘/二__iニニニ レ´ニニlヽ‐--/
            〈  ゙i\|ヘ) )\\\  \皿皿皿皿゙il'‐、__
              \ \-‐'´ノ  ''''‐-\  \皿皿皿\ |
               ヘ ゝ´´    / \―\ |\\\ |
                       /  /     \___


.

2926 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2016/11/27(日) 22:34:18.71 ID:1Ic5UQX+



、≧s。.      Ⅶ:\                 __   _ 。<       _ 。<\  _ 。>込、__
ム   ≧s、   Ⅶ.: :\   ________    _/.://。<________ 。<   _ 。>'” _ ,。<>'” ',
_ム       ゙Y ._Ⅶ__: : Y_ム/ ',    lr≦/.://     _ ,。<¨\ _ 。>'” _ ,。<>'“”      ',
  ¨ー-ニ _ .|  Ⅵ、 Ⅶ| ∨.   ',   l___/.:// ̄\f     >'”  _ ,。<>'“”             ',
      ℡r‐、Ⅵ>、. ij‐‐‐Y    ',  l |.:/ノ: :   \ /二二 ,。<>'“”    _ ,。-ァ≦ヽ、__, 。イ
=ミ__    |\_>、/ i r‐┐|ト、.  〉─|. レ' 〉.: : :   ||   | r'“”   _ ,。.r'”   /::/ r‐'”
  |:::i::|    | 込∠ムj |  | 込 \/__jー-/: : : : : .   ||   | |    /   |::|__,。< _>'”    /
/ヽj::|    |'´ ̄ ̄`卞¨j | |_) \_ノ/7/ /、: : : : : :  ||   | !__ ,イ_,。< >'“”        /
_/^ー─ァ'⌒>'”二 ̄”≧、`V⌒〈//,' /  >、__: :   l| ̄ ̄`Y r‐'” ヽ_>'“”         /
       ゙Y./、 / r─rr‐、ム_,イ⌒i ̄´     i  \ニ|    | i                    /
       ,イ   i i |   l|:::::i ム\_〉:\    i /\_\l     | i                 >'
        / l   i i Ⅵ>'\:\゙ー──‐┴─‐、 Ⅵ//:/|    } j           。>'”
     /___|   、゙、 \  `¨ヽ ヽ        `¨<:/=|.     / /       __ 。>'”
    , ': : :/   \\ ゙<\  \゙  _____゙寸Ⅶ  / /        ./
   /゙ー:、/:     ヽ ゙  \>   / 、 ヽ _____寸廴_廴_____/
__/: : : /.:  (  )   )  \  , '    )   ______寸三三三ニニニ|
≧=ニ壬.: : :   `´ ,斗匕:.__   ゙Y 、  /  ./、      `Ⅵ三三三三ニ|
: : :/: : : : :__,斗匕: : : :./: : : :. ,'   ¨  /  ',ム      Ⅶ三三三ニニム
Ⅶ{─‐‐'“: :__: :-‐: : : :./: : : l: : :.:  Y (Θ)ノノ      /三三三二二ニ\
..Ⅶ二二 ̄: : : : : : : : /: : :∩:.|: : : i  |   `¨´         /三三三二二/ノ三ノ

 【 人類咆哮スレ没シナリオ1 重慶冬攻勢ルート 】
  1991年の年末、BETAの大規模攻勢の予兆を掴んだ帝国大陸派遣軍は、重慶からの戦略的撤退を企図。
  しかし、現場の司令官は「最後まで戦い市民の盾となるべし」との主張を崩さず、撤退は遅延を繰り返していた。
  そんな中、ついにBETA群の冬季攻勢、通称冬攻勢が開始され、人類側の奮戦虚しくBETA群は嘉陵江を超えて重慶市街へ侵入した。
  やる夫達はそこで、市民と入り乱れて迫りくるBETAを目の当たりにし、良識と善意によって生み出された地獄を見るのだった。

  市民への攻撃。容赦ない難易度。際限なく現れる増援と、第一部の山場として設定された高難易度ルート。
  市民を攻撃する度にSANチェックが入る仕様上、スキルで部隊全員分SANチェックを行うやる夫は、どう足掻いてもこの場で市民の大量
 殺戮に手を染める他に味方を精神的に守れない。夢はないけど夢を見る人を否定したくはないと言っていたやる夫が、その理想という夢を
 見る人間によって消せない十字架を背負わされる展開となっており、西日本シナリオにおける圭一の立ち位置は、まさしく冬攻勢シナリオ
 におけるやる夫を踏襲したものとなっている。
  またSANチェックに成功し続けていると、市民殺しをやっておいてケロッとしている異常者として、周囲から忌避される鬱展開もある。
  今振り返ると、この時期は本気でやる夫をただの前座として磨り潰す気満々だったことが伺える、非常に殺意と鬱度の高いシナリオ。



2927 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2016/11/27(日) 22:34:42.76 ID:TytyNYac
アカン(蒼白)

2928 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2016/11/27(日) 22:34:48.86 ID:/hqrfqbJ
ひえーカルマルートですわ

2929 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2016/11/27(日) 22:35:26.65 ID:LFR3BxR0
殺意高すぎぃ



2930 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2016/11/27(日) 22:35:30.69 ID:1Ic5UQX+


                              _,,,,,,,,,,,,,__
                         ,..-‐'''''"⌒      `゙゙''ー、、
                       _.. -;;メ'"                 ゙''-、
                  / ./            、            ゙'-,
                 /  ./  、   i      ヽ    .、           ヽ
                /   ./   .!   │ 、 、   ヽ   .\        .",
                  │   .!   !、. | | lヽ_ヽ-ヽ ,,,,,,__ '、   .ヽ        i
                .|    ! 、 .! l |.l !´ ,ィャョョェ、ヽ`  ゙ハ、 `、       i
                       ヽ.`l ゙i l `!  ∥゚;;} 〃  ゙、゙、 .!  、  ,l      i
.          ..             `'''iト!    iV',. '´    `'f、ヌ/ヽ. l |       i
.                   广              ゙'"i',゙''、゙'イ !       i
                        |                  ,i彡´゛ .! !.      i
                       ヽ    ,          ,_ _ ,  ゙.i  i         i
.                       ヽ  ̄           _ /::,  / !.  l      i
                      ヽ       _.. '"::::./  / . l   ヽ      i
                           .ヽ.._ ,, _;;;;,,,,:::::::::::;/  / l .|   .゙i.     i
                       .,,........--―/′  ゙`-゛  r'.i .l l  ヽ  ヽ     i
                     .,.. ........,,/i    .ノ.iヒ_ /   .,,イ !._,,,|、"  ヽ ヽ     i
              , ゛.-―ーッ、r'"゙ ̄ ̄`'' l''、 .,..彡;;li、.l、  . \   .ヽ.      i
              ,//  ./ ,..イ,, -- ..,,,,,,/./.,-“゛ /  ` `、   ヽ   ゛      i
              _....ノ.il―‐'',゙彡'"´'{、_________〃,!  /          |         i
.   _,,,,.. -―--  ..,,..!..-'´       ,ノ...‐i   l  /             }         i
  .:i:i:i:i:il       /   _,,.. ---ーー'/  !  .! ./.          /          i
.:i:i:i:i:i:i:i:i!      ./   ,/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/   !  .〉/             /          i
:i:i:i:i:i:i:i:i:!      l /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i    |   /             /           i


  冬攻勢ルートにおけるキーマンは徹頭徹尾ハンナであり、自分達の代わりに血にまみれていくやる夫を最後の最後まで
 面倒を見るのは彼女の役割でもあった。
  やる夫の精神が壊れていく場合も、壊れることも出来ないまま戦い続ける場合も、彼女だけはやる夫サイドであり、
 カレンですらやる夫から離れていくルートがあったにも関わらず、彼女にはそのルートが存在しなかった。
  ただ一方で戦死のリスクも非常に高く、彼女が味方として残ってくれた場合にも、逆に彼女を守りきれない可能性も
 十分考えられ、より一層このシナリオの救いようのなさが際立っている。
  このシナリオを考えている時期は、柴犬の小説版を読み返していた時期だった事もあり、入ってしまった時点で地獄が
 約束されたある意味「一番マブラヴらしい」シナリオだと感じている。

  やる夫が105部隊へ転属した際、ハンナがやる夫に対して言った「頑張りすぎるな」「お前はお前のペースでやれ」という
 セリフは冬攻勢シナリオにおける彼女の遺言であり、誰よりどんなに頑張っても自分だけでは救いきれない現実をやる夫に
 叩きつけるものであった。結果的に105部隊ルートでも遺言となってしまったが、この台詞に対するやる夫の印象は恐らく
 正反対なものとなっただろう。

  尚このルートを生還したやる夫は、大抵の場合105部隊シナリオにおいてやる夫自身が忌避していた英雄そのものになっており、
 周囲から一身に期待と畏怖を向けられる存在となる。後に特異点にまで昇華するやる夫の豪運と勝負強さは、重慶戦における夏攻勢
 に於いて自らに課せられた殻を食い破るという形で、早くも発露していたのだ。



2931 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2016/11/27(日) 22:40:25.89 ID:0TI99Ohc
オモォイ!

2932 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2016/11/27(日) 22:43:18.77 ID:dmB5HnLx
重いなあ…ただ、個人的には割と好きな感じのストーリーだ

2934 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2016/11/27(日) 22:45:21.17 ID:RZWjXpGl
重すぎて胃もたれしそう、見てみたくはあるけど
一気に見たいタイプのシナリオだな

2935 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2016/11/27(日) 22:45:54.69 ID:h9sTZVlq
逸れてよかった(ガクガク)

2936 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2016/11/27(日) 22:48:23.32 ID:lpisCLGJ
まさにマブラヴって感じで凄い面白そう
ただリアルタイムで見てる間は結果一つごとにのたうち回るだろうなあ



2937 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2016/11/27(日) 22:49:07.24 ID:1Ic5UQX+


______                    |\{ |!::::::|:::::::!
:::::::::::::::::::::::::::\                   ト ∧!:!:::::{:::::::|
ー---:::::::::::::::::::` 、              { \| |::::::::::::::|
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\   _ -───- ,r-ヽ {V!::::::::::::::!
>=-─-<,, -───ァ´-、          \ヘ ヽ|::::::::::::::|
二二>‐/─<:::::/   `\        ヽ \}::\::::::::!
  <_〃-─イ/             、ー\ |:::::::::::::リ
..     /     / /                 ヽート}:::::::::::/
          / /  /  / /        \ト::::::::/
       / /  /  /  /      }  ヽ  V::::/
.      / /  /  /  イ      / | ハ  !::∧
.        | /  / >j‐/、!     /|! } | /. |  |/ ヽ
.        |/ { /! /イ芹ミ |   ∠ -ナjナ;  !  |!  ∧
      j! j/| |/小 弋ソ | / ,ィ芹弐テ| /.|  |!   ‘,
        /rV |.l     j/     弋ン^ j/ ! 八 ∧ ‘,
.       / .! |  ,’人   、          厶' | ト ハ ∧  ヽ
      / 〈 |  l ー \  、  ,    イ} {  | |`\} ∧  ハ
.     / /{ リ  | /ハ>、__ ... </ リ |  |∧  ヽ ∧
..    / /. |/  //⌒\ノヽ     rく  /. |  |´ \〇)〉 ∧  }
ヘ{´\/ ∧| /∧   ヽ `  -‐! У   !  !   >= }. ∧ |
>、ゝ/ /{ `! 〃{ { \   }  /⌒ヽ   /|  | /´ ̄ |  ∧ !
  ヽ{ {ヘ, /|/  Vゝ }:} リ /  /}ハ. ∧!  !/      }   ハ!
 ̄ヽ、V | / / {  /\>j_j{三{   // イV. |  |    /ハ   }
<___V!/ /. 八 {!  ` ̄ ̄ヾ_{{/リ  | \!  ! ─イ / }   |
ー-   ゞ/イ.  ゝ!    /    /   !  ヽ !     / |  |
ー-ァイ// {/ ̄´ ヽ   {    /    |   }|  /   |  |
 //  { { 人      ーゝ  /       }   ! |.  /    .|  |
.//,   | |   \       ` く     ノ  __ノ !  {   /   /
{_{乙} V!.   \.         ` ー─'─<  jノ /   /  /


  余談となるが、やる夫が世界を敵に回しても絶対に守り抜きたいと決意し、命令違反をしてでも命がけで守る行動を選択する
 事が確定する相手は、重慶冬攻勢ルートにおけるハンナかカレンの二人だけである。
  逆を言えば、やる夫にとっても冬攻勢を戦い抜くことへの精神的負担は重く、精神お化けであったやる夫が誰かに縋らねば戦え
 ないような戦場も冬攻勢だけであったとも言える。これ以降やる夫の精神は成熟していくため、戦争というものに慣れていない未熟
 なやる夫だからこそ、大局的な視点ではなく自己の感情を優先した選択を取ることが出来た訳だ。

  もしかすると、このシナリオを経験したやる夫であれば、正史におけるやる夫のように女性に対して淡白な枯れたやる夫にはなって
 いなかったかもしれない。



2941 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2016/11/27(日) 23:04:28.96 ID:1Ic5UQX+


                    l ̄ ̄l゙i゙i㎜㎜㎜
                   lテ ̄ ̄ ̄テユ ゙i、 Ei
               / ̄  ̄ ̄/ ̄ ̄i 〉 \
              / ∧    / ___  ,'/ Ο\      こんな感じで時たま没シナリオを公開していきます
             /_∨__/ ∠_/i  ,'/j_--''´コ
          ┌/////\--________/ ヘ   |㎞゙i    今更こんなことを言っても説得力皆無ですが、私は別にマブラヴ
        ┌‐/_ /―┐ ̄`|/-'i´.E| | |   |㎜ソ    をハッピーエンドにしたくてシナリオを作ったわけでは無いのです
       ┌////―┐  / i ゙i  E| lⅢl_--、|
       「 |n|n| ゙i____/´゙┐┐ || E|   / /三三 ゙゙i   むしろマブラヴらしい絶望感溢れるシナリオだって沢山
       |‐‐‐‐‐ i  i  i ┐ | |┌┐E|mm| i三三三 .|   作っていたはずなのです
       || | | | | |┃┃|   i |. | ‐'''NNNN' | i三三三、/
       ヽ────────‐'NN NN// ̄ l┐      そいつ等が皆ダイスの女神にダメ出し食らっただけなのです
        NNNNNNNNNNNN  N //゙i゙i   ┐ ̄\
             NN/     N //ヘベi゙i  / /   |  と言ったところで本日はここまで
            N       NN//|ヽ ヘヘ  / /
            NNNNNNNN/ /| | ヽ ヘヘ/ /      お疲れ様でした
           /'''''‐------/,/三| | 匚冂//
          /  / ̄ ̄ ̄´´   三| | /  /






2967 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2016/12/03(土) 09:54:14.52 ID:jmGsC0/z


                  ..,,-‐''''ヽ、     / /アt卅lヘ
                /へ \ /\   / / /ⅨⅧ| |
              _ 「/    \ _ヽ〈 //lll]ll廴 'サ|ヘ、\
              / ,,,--‐''''"lー    `゙l│ヘ|l゙l亡ソ'~~`゙゙ .._ 、
              /-‐' /   l \0   ゙i   ̄〈〈    |
            / ____/    ∥       ォ ..  ゝ、ォ‐'´/     投稿できない日々が続いております
            .| ̄       「 // ̄    _-- /、\
            |レ   ∠ニナ/   | {l三( 0) _ |  ./ ̄ヽ    申し訳ありません
            ∟_..-―゙゙’     | ヘ       |  /
          ┌/⌒/_    \ /\____/\\  |  | ,-‐-、     さて、今回は没シナリオではなく登場人物の
         ┌/⌒/\\\   ,-‐i‐|    /\ \\ |  |  \    振り返りを少ししていこうと思います
        ┌,'⌒/\ ヘ ヘ | /  ゙i   /\ \\ |  |
        ///   \\ヘヘ\|  | l  l ヽ\    |′ソ‐‐‐、     栄えある第一回目の振り返り人物は界塚伊奈帆
        ( ( (_/ ヘ /ソ   /  /\\ \  | 丿 _/
        \\\\/\ヘ    l /  /‐‐‐、 \i/i  /      固定値こそが大正義と言われるあんこ式において
          ヘヘヘヘヘヘ| |vvvvvv‐'厂 /\ヘ_/〈∠/ |  l /     ダイス値を固定値化するという反則じみた技で
           `´`´,,-‐''''`'‐------'´ |__ヽ ヽ/ / ヘ | |`\    数々のBETAを殲滅してきた作中最強衛士候補の一人
.             ヘ   (-   ヘ/ヘ  ̄ ̄´|/ / ヘ |  /
             /\\l'''''''''''''i i┘/二__iニニニ レ´ニニlヽ‐--/     界塚伊奈帆です
            〈  ゙i\|ヘ) )\\\  \皿皿皿皿゙il'‐、__
              \ \-‐'´ノ  ''''‐-\  \皿皿皿\ |
               ヘ ゝ´´    / \―\ |\\\ |
                       /  /     \___


.
2968 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2016/12/03(土) 09:54:46.23 ID:jmGsC0/z


           〈 /  _ _
         __ゝr ' ´::::::::::::::::::`:::<
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
      /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、
    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、
   ノ::::::::::::::::|` '|:::|::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::'、
   ̄7::::::::::::::::j   |:::l::::::::ト、::::::::、::::::::::::::::::::ト-‐
   {:::::::::::::ル'__ヽ::::::::::l_\:::i、::::::::i::::::リ
    ヽ::::::::::{ ,ィ=ュ ヽ|\| ,ィ=ヘ:| Y:::::ハ:::/
      ハト、:::| 弋ソ      弋ソ  }::/ /ト、
      |ハヽゝ  ̄       ̄   レ'ノリ
       `'.     i       .ハ|
        ヽ          /l
         \  ` ̄`  /|ゝ
           ハ` 、 __ . '´ , ヘ
            ハ    /  / \
         . イ ハ  _/  ./   / ` .、
       / / ,4´ ̄:ゝ   /  /     ` 、..
    _,,ィ'´ / ./ .|.:.:.:/  \/  ,'         >、
   ,イ   / / /.:.::l   /    l        ,'   ヽ
  ./ |   / ,イ /.:.:.:|  ,イ    |         /      l
  .| |  \イ | /.:.:.:..| ./∧   /        /     |
  | |  / | .l/.:.:.:.:.:|/l/  `<==ュ  i   /        |
 / .Y |   |/,|.:.:.:.::/|| |     `7:::::||  | /       |
r'   l .|   |/ |.:.::/| || |     /:::::::||  ∨         |l


 【 人類咆哮スレキャラ振り返り No.1 界塚伊奈帆 】


  「本当の天才は、運には頼らない」
                                  界塚伊奈帆を知る衛士の言葉


   105部隊第二期メンバーにして作中最強衛士筆頭候補。あんこスレの仕様に真っ向から反逆するスキル「☆分析魔」を引っ提げ、
  システム上、リミットオーバー状態のスーパー武ちゃんですら封殺しかねない、やる夫とは違うベクトルのレジェンドクラス。
   やる夫にとっては進と並ぶ最初の部下であったが、物語上では彼ほど絡みはなかった。が、戦場では常に互いをフォローし合い、
  回数制限付きながら攻撃無力化スキルを有するやる夫と、ダイスの試行回数が増えるほど強くなる伊奈帆のスキル構成は、
  最早暴力的と呼ぶに相応しい。第一部の時点で常勝無敗の部隊構成を完成させてしまった全ての元凶。
   やる夫と伊奈帆が同じ部隊にいると、その時点で「奇跡」か「特異点」で戦闘する前に勝つ以外の確実な勝利方法が存在しなくなる。
   別名、BETA殲滅請負人。

   豪運と勢いでスレを導いたやる夫とは対照的に、その影に隠れつつもダイスの固定値化というオンリーワンな作業を淡々と
  こなし続けた縁の下の力持ち。
   やる夫に出来ないことは伊奈帆がやり、伊奈帆でも出来ないことはやる夫が無理矢理実現する。105部隊を突き詰めていくと
  このサイクルで完結しており、やる夫の勢いを更に加速するブースターに成長した進とは違い、環境や僚機を選ばず強力なスキルが
  揃っているため、良くも悪くも実力が運に左右されやすいやる夫や進と比べて抜群の安定感を誇る。
   105部隊3エースの中では、やる夫がいる状態での進と同格、個人では他二人よりも頭一つ飛び出ている程度の実力者。
   やる夫が105部隊を辞するという選択肢が生まれたのも、彼の後に同部隊を統率できる伊奈帆がいたからという理由が大きい。
   まるで魔法のような出来事でチェス盤をひっくり返した後の世界においては、やる夫よりも余程105部隊の隊長に相応しいだろう。

   あまりに強いので作中において活躍が描写できない枠の一人であり、進やなのは等の他エースと比べて実力が上手く反映
  できなかった一方で、それもまた彼らしさではないかとも思っている。

.

2969 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2016/12/03(土) 10:10:24.18 ID:J6PeryAW
進やなのは、そしてやる夫に隠れがちだけどやっぱイナホマンもチート過ぎるww
流石105内で抱かれたい男(男女問わず)ナンバー1www



2970 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2016/12/03(土) 10:29:19.76 ID:jmGsC0/z


                         / /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :丶
                       /   /: : : : : : : : : : : : : : : 从i: : : : : : : : : : : : `\
                   ! ,ノ: : : : ; : : : : : : : : : : : '  ll: :i: : :.i: : : : : :、: :ハ ヽ
                  ー彡: ;: : :/: : : : : : : : : : : /   .ll: :l: : :l : : :l: : : ヽ:.ヽ !
                       /: :/: : j: : l: : : : : : : : :/ __ !l: l: : :.!: : : l: :、: : :ミ=一
                   !:.; !:; : :|: : :l: :i!: : : : / ´_  ``': 、: : l 、: : l_: ヽ: 、:.ヽ
                      ヘハ/; : : :__: !: lマ: : : ! イ示芥  ヽ、!\/ \!ヾ: ハ:jヘ }
                     ノ-!: : /- ヽ: l \: :!   V_ソ   ヽ .i/示ミ、メ: : !l)/
                      ! l:l!:ハ ( 〈 ヾ、 \          l沙 ,: /!:lゝ
                    ゝヽマ:、``      `         ノ  !'´ シ
                         Y::ゝ-.、              '  .j
                          }; : :! ヘ                  /
                        f;'>xソ   \      '  ̄ `   /
                    /;'>x;;_;';';'>,.、 >         イ
                        /;';';';';';';';';';';';'>x;';';';>、` 、   /l;j_
                    /;';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';'>x_;';>、 T;';';<;';';ト、
                      /;';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';'ヽ;'H;';x<;';';';'ハ
                 /;';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';'i;';';i;';';';';';';';';ム
                  i;';'>-、;';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';' |;' |';';';';';';';';';';',
                  r≦ニニニニニニム;';';';';';';';';';';';';_;';';';';';';';';';'|;';'!';';';';';';';';';';ム
                x< .\ニニニニニニニヽ;';';';';';';';';'|;'|;';';';';';';';';' |;';|;';';';';';';';';';';/
           /      ゝ-= r 二二ヽ;';';';';';';';|;'|;';';';';';';';';';'|;';|;';';';';';';';';'/:ヽ、
           /          ヘ ゞ==_」;';';';';';';|;'|;';';';';';';';';';';|;';|;';';';';';';';/:::::::::::::ヽ__
        /        <:::::::::ゝTニム:マ;';';';' |;'|;';';';';';';';';';' |;';|;';';';';';'/::::fニfニ≧H、
        ,      <:::::::::::::::::::::::::マニニム:\;';';|';|;';';';';';';';';';';'|';'|;';';';'メ::::::|ニ|ニニニニ|:ハ
          i    <:::::::::::::::::::::::::::::::::::::マニニム:::::`ヽ;|;';';';';';';';';';'; |;'|;';/::::::::::lニlニニニニl::::::,
.        ├::´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::マニニム::::::::::::`::ー--..一:+ :::::::::::::: lニlニニニニ!::::: i
          !::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::f.マニニムヽ:::::::::::::::::::::__r-v -+::::::::::|ニ|ニニニマ::::::::l
        ,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: | ゞ"´ fニニニニニ二二二l | fニニ==ヾヾニニシ:::::::::l
        V:::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::x≦二ム  jニニニニニニニニニニl l lニニニニニム /ニニニム´l


   なお、105部隊が明星作戦に参加しなかった場合、山陰防衛戦を舞台とした振り返りシナリオが存在し、105部隊がおよそ1年間
  どのように山陰を防衛していたかを公開する予定であった。結果は既にご存知の通りだが、中でも彼は九州から本州へ上陸し、
  その勢いのまま日本海沿岸を北上するBETA群の侵攻阻止という苛烈な任務を務めている。
   中国山地という天然の要衝も、警戒線を構築する歩兵部隊の援護もない、ほぼ孤立無援の状態でひたすら九州から押し寄せる
  BETA群を半年以上一個小隊で殲滅し続けるという、言葉にするとまるで訳のわからないことをやっていた。ちなみにこれも、彼の
  長期戦に強いスキル構成においては不可能でもなんでもなく、補給が続く限り無傷のままBETAを殲滅し続けられる。

   なお、この長期戦に強い特性はハイヴ攻略戦においても有効なのだが、オリジナルハイヴクラスともなると最効率でBETAと戦っても
  補給の問題をクリアできない為、最終的にはどこかでBETAから逃げ回る必要が出てくる。その意味では、彼にとって対BETA戦における
  初陣となったボパールハイヴ強行偵察任務において、やる夫が見せた対BETA非戦闘浸透は、ほぼ唯一に等しい少数通常部隊での
  ハイヴ攻略を可能にする戦法であったとも言える。進の初陣という印象が大きいこの戦闘だが、狭義の意味では伊奈帆にとっても初陣
  であり、この後に進の「☆覚醒」に並び、「☆エース」や「☆下克上」といった強スキルを獲得したのは偶然と言うには少し出来すぎている
  感がある。

   ちなみに、彼はやる夫を「隊長」と呼ぶが、それ以外の人物に対して同一の呼称を使うことはない。
   やる夫の方も、前述の山陰防衛戦に置ける江の川防衛線を伊奈帆に任せたのも彼に全幅の信頼を置くが故であり、軍人あるいは
  衛士としてならば、もしかすると進よりも信頼されているかもしれない。






目次へ




関連記事
サンキューダイスの女神
[ 2018/12/08 13:56 ] [ 編集 ]
すり潰す気満々にはワロタw
まぁ原作で派遣されてた人が自分一人残して死亡とかある場所ですもんね……
[ 2018/12/08 19:08 ] [ 編集 ]
隊長と呼ぶのはただひとりだけ
こういう関係いいよね
[ 2018/12/09 01:03 ] [ 編集 ]
おお!まとめに没シナリオとアフターが追加されてた(嬉しい悲鳴)
[ 2018/12/22 18:19 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カウンター
検索フォーム
カテゴリ