FC2ブログ

指摘感謝。ちょくちょくミスります(´・ω・`)

【あんこ】人類は明日への咆哮を上げるようです After the singularity その4

615 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2017/08/14(月) 08:16:35.09 ID:yeeHUJ3Z


        _,,....、
   _ _./  --゙i゙i ̄ヽ、     ..r―- 、
  广く   / l゙    `''''i   ....rゝ、.. xト     _..、
  「ゝ ‐‐'´ o | \ l゙i  ヽ、,' ヘjェr'に ] 、  .ー- 、
  ゝ㎜㎜i'、iiiii     |  | |/ ヽユヽ' / ユ   |′
       (O)  ヘヘ  |  |    '、.. `'l''  ヾ、|      小ネタ再開します
      ソ iiiiiノ  `'、 '!' ̄ - / /  ヽ'‐.._ _..jF''ソ
     ソ  lr-r卜 \\  ’ 'へ--、\  \‐|  .ー-
     ヘ  !/丶/゙i  \ /´ ̄ヽ ヽ.; \\  .\\广'
    _ _``  ゙i / /=`(≡0)0)`|..\\丶 \\
   //| /:ヽ) ̄/ヘ / ̄ /`(≡0) :〕|\\\ \/
   |/ヽ)) )`_了7: \/r'r //)(≡0)li]l]il\\ \
    ∧ノノノ_ _\/r'r //''l!| /〔(@)〕二二\\
    ヽ-‐´ //| /:ヽ))ニ)  ii / |?ココi|l||コと\\
        |/ヽ)) )`(≡0)/ii  | 儿ll,'li]l]illl
         ∧ノノノ   \/ \ノll,'li]l]illl
         ヽ-‐´      \/\


.

616 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2017/08/14(月) 08:20:58.78 ID:yeeHUJ3Z


                               、_、
                        `"ーニー- 、,_ ゛`=、
                        _,,,,-‐=二`:::::::`::‐、ミヽ
                    _,、-‐"´ ̄.::::::::_,::::::::::=、:::::::::::ヽ
                  ,/´,:-ー ..::::::::::  ̄::::::::::::::::::ミ:::::::,:: !、_
                 ,,=‐':´::::::::,:::::,::::::::::,:::∠´:: ..:::::::::::::ハ:::::::::`=、
               -"´/::/:/::::´::〃..:::: ..::::::::::::::ノ:::!::i:ヾ::::::::i,`、    あ、いい所に戻ってきましたね
                ,i':::彡:::,::::::/:::/.::: .,::::::::::::://:::::::::::::::i:::::リ::',
              ン:::::::::/::::::/:::::: ..:::::::::::::::::::::::::ン'"/::::::::::: /:::::: :::i,     予定を変更して、これから帝国軍参謀本部
            __,.='''゙´,/::::::::::l/::::::::::::./::::::::/-//'/:::::ノ:: ∧:::::: l::i     へ移動するそうです
               /' /::::::: .::::::: .ィ::::::::::ン''! (;;;)i,丶:::./;ノ./、'i::::::l:::|
              / ,/:::: /:::::::/::::::/:/ `'‐-=  /,.:シi.(;)i|:::::ノ::i     車が迎えに来ますので表で待っていて下さい
               ,/::/i::/:::::::〃::::::!:::∧|        '::: ヽ =ノl::::l:h::l
             /'´,!/::::://:::::::::i::::,'リ       :::: ' ノ  i:::::!! l:|
             '  /::::/:::/:::::::::::::l::l             ,i::::|  !
                    / /::::::ハ::::h::::::::i゙l,      ‐=二7   /、::l' ´
              '",::::サ:::::::::::::リ,l:::ii::l ! ヽ、    '‐-   ,イ' '/
                 ,/: /::::/" 'i:l'l:::::!  :::::'i:、,     /!::i  !
          _,、=ー ,、''"´    !i ヾ:!   :::::::`'::、、,,,/  i!  '
       _,、=ニ、    ヽ\     ヾ丶    ::/!::/     '
      ,ノ    ヽ    \丶、         / !!i   ,-、    ,-‐-、
    /     、 `i    丶  `ヽ,、__   /ヽ、 ' !  ノ i_,,、〆´ , ‐、 ` ,
    /      \ ヽ    ヽ    ヽ`丶、_`  ヽ`ヽ、,=‐´ ̄   '''''ヽ `、 i
   /        \ヽ     \    `'-、_    i、/      ー 、 `‐、`′
   |         ヽ'i,    丶      `/′ \        `'-、 )
   /  、         )|     `、   /′    ヽ、   ''´⌒丶、 ヽ,
  ,|   l,        i/ ,   l   \  ヽ,       \   _,-ー-、、_`ヽl
  l   ヽ       /l ./  ,i::.   `  /     ..   \イ     i |
  /、 、   'l       '´ /    |:::.     i     ::::::..   ヽ!       'ー'




           ト VVVVVVV_ノ\
            \           \
            ハ            \      予定変更?
         ⌒≧ /  /^^\〆 、 \
            彡  〆     \ \ ヽ
          〃 ハ   _ノ   ―\ l  |
         ル从§ (●) (●) ヾ  |
             乂§   (__人__)   从イ
            \   `ー´   /
            /           \




                  / __/   |            [ニニニ!ニニ=',
              / __/ 、   _」             [ニニニ!ニニ=‐',
                / __/ __\、_| ___     [ニニニ!ニニニ=‐,
.               / __//__≫''“:::::::/⌒:::::::::::=‐- .」「 ̄ 「` 、ニ=',
              / __//ア::::::::::::: /::::::::::::::::::::::::::::::::::|廴  |   \=‐',
.             / __//ア:::::::::::::::::/::::::::::::::::,:::::::::::::::::「 ̄  ‐- _ |ニニ',
            /___/〈/:::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::,:::::::::::::::{__|__    ‐=ニ',
           \__V::::::::::::::::::〃:::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::「 「s。      ',   参謀本部!
              〃:::::::::::::::::::i{::::::::::::::::::::::::: l::::::::::::::::::::::::: {  {  {≧s。 _」
               {:::::::::::::::::::: /', :::::::::::::::::::: |:::::/::::::::::::::::{  {  {      |    なんかもうそれっぽい雰囲気
               {:::::::::::::::::\  ,:::::::::::::::::::::|x::::::::::::::::::::::::{  {  {      |    全開だな!!
               {::::::::::::::::::' \ ',::::::::::::::::::l/^ 、 ::::::::}:::::::\ \ \__/
               {:::::::::::::::::{x===ミ 、:::::::::::::〃冖 \::::}::::::::::/\_、_/
               {:::::::::::::::狄 灯ハ  、::::::::/ ≫====V::::::::::':::::::::::/ ̄
             ,::::::::::::∧ 弋rり  \/≪____/::::::::/::::::::::/
              ',::::::::::::∧     `       /::::::::/::::::::::/
             ∧:::::::::::::∧             /:::::/ :::::::::/
              /::∧::::::::::、:::〉  ヽ ___  '  .厶イ::::::::::::::/\
.             /:::::::::〉、::::::父s。    ー    イ/::::::::::: / :::::::\
            /::::::/  、::::{ ノ::〕ト   __  ‐  〃:::::::::/}:::::::::::::::::..、
.           厶イ     \, ̄ ̄^',  -‐ 〃::::::/ /≧s。 ̄ ̄
                 /^\   /}  {', 厶 イ  /ニニニニ=‐
              /'   ∧ ,     ノ ,       /ニニニニニニ=‐
                / 厶 イ   / / ̄_ - ̄ ,    /ニニニニニニニニニ=‐
.               /ニニ//⌒ヽ〃/_ -ixixix/ ,   'ニニニニニニニニニニニ=‐
         _ -=ニニ=//ixixixi}イixixixix/ /,/ニニニニニニニニニニニニニ=‐
       _ -ニニニニニニ=//{ ̄ ̄\____/ /ニニニニニニニニニニニニニニニニニニ=‐
    _-ニニニニニニニ=‐///\ixix/ ,/ /ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ=‐
   _-ニニニニニニニニニ///xixix7  ,/ /ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ=‐



618 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2017/08/14(月) 08:32:00.33 ID:yeeHUJ3Z


          ト VVVVVVVVノ\
           \            \
             ヽ             \
           ⌒≧x   /^^\/ \ \    もしかして、あまり気持ちのよい話じゃないとか……
            彡  〆     )   丶 ∨
             〃 ハ     _ノ   ― Y:i|
             イ 从§  ( ●) (●) |从
            乂イ§     (__人__)  |
               / ゚ o     ` ー´ /
            /      ∽    ∽
             |  ヽ ヽ   ∞∞ ヽ




   /::i :::::::::;イ:::ヽ、::::::::::::::::`、:ヽ、 ::::::`:、`、:、、:::::`:::ー::- /
  //:::::゙ ::::::/:::゙、::ヽ:`:::::、::::::::::':;::::`'::::、:::::ヽ:゙、`、`::':ー‐-/
/  !/:::::'、 ;':::::::::ヽ::::`:、:::::`::::、:::i:::::::::::::::`::、:',::';::ヽ;:::::::::/     他人の身の上話に気持ち良いも悪いもありません
   ノ::/:ヽ ::::::::N゙ヽ::::`:::、:::::::::r!、::::、::_:::::::ヽl::ト:;:::::::::::;'
  ,:';:.イ::::::::l`、 :::| ,'T \:、::::`ヾ、\;f'i  i\:::|:l:::゙、:::::::l       事実をどう受け止めるかは君達次第
 ノ'" |::::::::|;::、ヽ! l ヽ-' ` `' 、:::、`ヽ、`'' ' 丿.l:':::::::';:__」
  , -+!::{'|!、::ヽ、`` -‐'    ` ヽ、  ''' ´ .ノ、::::::::l::`i        君達に英雄の総てを知る覚悟があれば、またここで会うでしょう
f'´/  | |:;'  ヽ::::ヽ             / ||:;::::::、:::l   
 /     |    ゙;::f、`   、             | }:::;!`i、!  
/      ヽ.   ';::ハ、.  、 ` `     ,     レ'.|:ハ .|/l
        ',  |: ヽ、  ー----‐ '"    // リ   '、
         ',   ',. i\          / / l    .::〉、
ヽ   ',     _',   ', l、 l\      ,. '´  」.._   .//\
 \, > '"´ 、ヽ、   !、'、|::、` - '"´  / ,.. ``' ‐<    \
' ´    ヽ  ヽ `' 、ヽ\:!     / /      ` ' ー- 、




          ト VVVVVVVVノ\
          \            \
            ヽ             \
         ⌒≧x  〆/^^\/ \ \
          〃 ハ   u   )  丶Y:i|
          イ 从§   ノ   ―  |从
         乂イ§   ( ●) (●) |
            / ゚ o    (__人__)/
         /      ∽    ∽
          |  ヽ ヽ   ∞∞ ヽ



  その言葉に、ギャル夫と天龍は沈黙する他なかった。

  英雄と呼ばれた祖父の、阿修羅の如き戦いぶりもそうだが、祖父が生きてきた環境そのものが、想像を絶するもの。

  加えて、軽々しく「知りたい」とは思えない何かを、感じさせるだけの重さがその言葉にはあった。

  戦争。

  彼等の中では自分達が生まれる前に終わった出来事。

  だが、戦争によって遺されたものは、あるいは当時のそれ以上に深みを増して残り続けている。

  血の繋がらない親族に見送られ、二人は黒塗りの車に無言のまま乗り込むのだった。


.
619 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2017/08/14(月) 08:42:08.60 ID:yeeHUJ3Z


       | |{  //::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::|  |',
       | |{//:::::::::::::::::: /:::::::::::::::::::::::::: |  | 〉,
       | |{/ :::::::::::::::: / :::::::::::::::::::::::::::::: |  |  ∧
       | 〃:::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|  l /{ ',
       V :::::::::::::::::::: /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |  |, /',
          {:::::::::::::::::::: / ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: | ̄| /  Ⅵ    ギャル夫
          {:::::::::::::::::::::{ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |_|i{
          {:::::::::::::::::::::{ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |  |i{  ′    この前公表されたやる夫じーちゃんの戦績ってさ……
          }:::::::::::::::::::::{ :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V ∧V/
       /::::::::::::::::::::::{::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: V__ 〉{       もしかして、ほんの一部に過ぎないんじゃないか?
      く::::::::::::::::::::::::::::{::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::|/
     __ア::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::|
     \::::::::::::::::::::::::::',:::::::::::::::|:::::::::::::|:::::::::::::/::::/
         ̄<::::::::::/i::::i{ ::::::: | ::::::: /l::::::::: /::::/
          /i:{  ̄^  !ノi{:::::: /|:::::: /^|:::::: /::::/
.         /i:i:i:\    i{:_/^|:_/  !::: ∧:/
       ./i:i:i:i:i:i:i:\ ________ /i|/i:i`. 、
      ./i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:\
    ./i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i\
    {i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i\
    {i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i\




  NVVVVVVV\
  \        \
  <         `ヽ、
  </ /"" \ .ノヽ. \
   //, '〆     )  \ ヽ   ……どうだろう
  〃 {_{   ノ    ─  .│i|
  レ!小§ (●)  (●)  | イ   きっと、参謀本部に行けば分かると思う
   レ §  (__人__)   .|ノ
     \    `ー'´   ノ     それが、公表しなかったのか、それとも公表できないのかも含めて
    /⌒ヽ゜。     。゜ィヽ
   /      ,⊆ニ_ヽ、  |
  /    / r─--⊃、  |
  | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |




                       _                 , - 、    _
                      \\    _      __ イ , i .!  //
                       \\  /, ヽ , <  , , ´ ´`丶} }//
                       \ヽ{ { /ヽ  //  , イ | ト<
                           `i ト` 、ヾ //, イ  ´  .! ! ヽ
                         , ‐ 、´ ` ー x― 、 _, -‐- 、|/  }
                      {  /\_/  /   i´ ̄',, -‐ト 、
                          >/ !  l!  {   l` ー ヽ  lゝ_/,人_
                      ゝ,′.!   !ゝ \ l ,斗‐‐ヽ  l  l  '――ァ
                       {  l!   !,斗、ト、\ヽィ rテマ l', .!  '> ´
                           ゝ l|   | んハ \ 乂辷ノ',l ! !ヽ.ハ
                       / 入ゝ l 乂ソ ,       / V | }   ',
                   ,  ´ -‐/   \ '、    _ , , ' / .} /   ゚。
                , ≠ ´  /   /   >  __/     ィ' l  ゚。 ゝ
              , - ´      /   /     ノ /    / !  '   。 ゝ
         ,* ´       /   /     / /_,,‐<::::::::ヽ}   ,   ゚。  \
       /         イ     /   ,  ´ /イ    ヽ:::::::::l  ,   '    \
      /          イ      ,'  ,. ´,......:::イ          }::::::::'   ,   ゚。     \
     〃    ,. - ´  /      { ./  f::::イ             /::::::,' .!      ',     ヽ
    /  ,.  ´      /       レ   i´              /:::::::,' /!   l     ',     ',
     / /     /  /      |  ノ,\         /:::::::://::,    l',     ,   .}
    / /     /  /          !/´  \\       ./:::::::://::/ }   l 。     ,   l!  '
  / / / / /  イ        /      \\     /:::::::://::/ ′  .! ,   }  .!l  .!
   ,′ // /   //           イ         \>――::::::/イ::/   |  l     |  l l  |
  {{  〃 , / //       イ           ヽ|二二|イ:::::,′ ′ ,   } l    |  l l  }
  ||  {{  { {! //        /               },::イ:::::::::::::::{  ,′ ,  ,  l    !  .! }   '
  ゞ  ', ゝ |レ/       イ            , /':|二二|:::::::::| ,  /   ,   l   ,  ' ,  /
   \  ゝ ヾ /    イ                // ':::::::::::::::::::::::::ゝ′/  ,′ l  , .! '/  '
           /  イ               //  /:/ ヽ:::::::::::::::/ ./  /   .!  ' } //
        / /               //   〃    ',:::::::::::/ /′ /     ! / 〃


  車の向かいの席に座る八雲紫は、二人のやり取りを微笑みながら見守っている。

  今までどこかのほほんとした幼馴染を引っ張る印象であった天龍は、内務省で見たものと別れ際の英流の言葉に
 かつての勢いを失っており、しかしギャル夫の方は見た目には相変わらずのほほんとしている。

  なるほど。

  たしかに彼は、入速出ギャル夫はよく似ている。


.
620 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2017/08/14(月) 08:46:19.99 ID:yeeHUJ3Z


\\ .!/_,..  -―――  ´_,. < ̄¨  ‐- ..,_
 ムrY}-‐   ¨ ̄ ̄ ̄ ̄`  .,   \
/ ァ/¨´               ヽ    \          \
.//  i ゚.              \   ゚.        ` ー一 ´/
'/    '. ’.           `  、 ’.  ゚.     、 、  \ ¨¨¨´
.    ゚.  ヽ          ,. ´   ヽ ゚.   '.-、    ヽ \  ヽ
     \   `ー―一 /     __ ’. i.   YヽY   ’.  \  ゚.     ねぇ、二人は付き合っているの?
       `¨  ̄ ̄   /  ,z示沁  ヘ  }ヒj i、     ゚.   ヽ i
.   !   、      \` i. /仡//爿   i. /∨j ヽ   '    ヘ!
.   i.    ヽ ,.       \  匁z歹   j / ゚. Y   ゚.   i
    ゚.    / ー-  _ >      /´ }. i !. ,. -‐ ¨¨ ‐- ..,_
    ゚.  /  X⌒__                }.│ './           Y
     ’.    ィf匁心           ,. i  !             ’.
     \ ヽ.,_` `¨′  、    /   /  j  }     、
`ヽ \   ヽ _二ニ=一    __ /   /,. ≦ ,     ’.
_/ ヽ.,_> ..,_ \   \           イ///  ハ__,.     '.
      /`ヽ iー   >―--―‐≪ /// ,. ≪//i      i、
___ /    ゚j.  j!      / ///,イ///!l//{     ヽ
             }.  ハ       > ´ ///≪//i//i       ’.
.     __    人_  _,..  ´    /i//////!/∧         ゚.
r―≦=Yニコrf´ ニ=-――‐ァ―‐  T/////////∧/∧      }
 / ,.≪Yf⌒≧xく.    }/   ,.イ////////////,ヾ//ヽ     }
. {. /ノ {/i     Y f′  _,.ィ/////////>-=ニニニヾ//ヽ   ,  ,.z
ヽ {.  ∧l  _,. <.  ,. ≦ //////////ニニニニニニニニヾ//ヽ /{_///
ーァ===‐≦、     //////////>≦ニニニニニニニニニニニニヾ//} Y /
.ノ -―  Y j.  ,.イ////////, ≪ニニニニニニニニニニニニニニ=<}//{ if
.        j/ /j'/////>≦ニニ=-ニニニニニニニニニニニニニニニY/,} ゚.
   _,.   ´ /  ハ// /ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ「]/}二7ー



            /VVVVVVVⅥ
           /        /
         r'´         >
       / /ヽ/ ゛゛\  \>
      / /  (     ゝ'   ,ミ
      |i│ ─。   ─   }_}  ヾ     【1D5:1】
  ((  ト |. (●)  (●)  §小!、ゝ
      (,|   (__人__)    § 、ゝ  | |
      /     ∩ノ ⊃ 。/l    ノノ
     (  \ / _ノ  |. |
     .\ “∞∞/__ノ  |
       \。/____ノ


 1.いや、そんなんじゃないっス
 2.ただの幼馴染っス
 3.まだ違うっス
 4.あ、わかります?
 5.実はもうすぐ籍を入れようと……

.

621 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2017/08/14(月) 08:52:37.84 ID:yeeHUJ3Z


     NVVVVVVV\
     \        \
     <         `ヽ、
     </ /"" \ .ノヽ. \
      //, '〆     )  \ ヽ   俺っち達はそんなんじゃないっスよ
     〃 {_{   ノ    ─  .│i|
     レ!小§ (●)  (●)  | イ
      レ §  (__人__)   .|ノ
        \    `ー'´   ノ
 r、     r、/゜。     。゜ヘ
 ヽヾ 三 |:l1   o   o    ヽ
  \>ヽ/ |` }    ∞    | |
   ヘ lノ `'ソ           | |
    /´  /           |. |
    \. ィ              |  |
        |              |  |



                              _,,...  -――-  ..,_
                            ,.  '"´            `  、
                       ,.. '´                       ` 、
                     , ´                   ヽ.  ヽ、
                     /                         ヘ    ヽ
                     /         i     !               ヘ     ∨
                   , ' ,.イ         !      |    |          ヘ    ',      あらそう
              , ' ,〃     ,.     l!     l   l              ヘ     '.
             ,.' , '/      .,'   ./!     .!   .li.       ',       ',   '.     随分仲良く見えたけど
                /,..' /  ,   i. i     .! i     '..   !',      '.     ',    '.
             // ,'  /!  .!. l    i '.  __,,.   '. --!.ヽ...,,,_    .!      ',.   ,
              ,'/  ,  ,' .!  .! ',  ,..ィ''゙~,´     i、  '.. ヽ、`゙' 、!        '.   !
          i'   .!. i! .l   l  ヽ'´ .!   '.     i.ヘ.  ',    ヽ、 !`゙'       !.  i
             i. ,'l ',.  '..  ヽz===ュ、  '.  ! z====ュ、 ¨!        l   !
             l ,. '. ',.  '..  i《. r:':::::::! 、. ',、! ´ r:'::::::::::l. 》 ,'  .,'   ., ! l   l
                 ! .! ' . '.'、  ',.  !.!.匁zツ   ヽ.ヾ、 匁z_ ツ  ,'  /   ,  !.!   l
               ',.l  ヽ、ヽ、',  i.!i `¨´     `   `¨¨´   / ,..'    .,' .,'l!   .!
                 ヾ    ` .!`ヽ./八       ,         ,.',〃    ,' /.i!    l
                    i   ,'  .!ヽ.              /´/     / ,ィ ,!    .!
                        ,'  ,'   ! ` ..,_  `¨こ¨´   ,. イ'    / // ./     .!
                       ,'  .i    !  !  .!≧r-     ´_〃    , ', ' /,.イ     l
                      ,' __.!_r-!  ,'  /::::::i`! r=::''::¨::/   ./ィ=‐'/ィ′     '.
                  / /   .l::;' .,' , イ:::::::::!;;!.i;;i:::::::::/    ´,. -=≦>t、    !
                     / .     l;' ./ './::、:::::::l;;;l!;;l:::::::/   , ':::::::::::// ̄`~ヽ   .i
                  /  .      ! , ' ,. '::::::::`¨/;;i!;/::::/   /::::::::::::/;;/       l   '.
               /  .,'    /  ,.:'::::::::::::::::;';;;;; '::::::;'    /::::::::::::/;;/         !   '.



                   /i|        /!
                      /ニニ|      ,//|
                  /=ニニ|     //=|
                    /=ニ_ 」二 _   //ニ=!
                />''´::::::::::::::::`ソ/ニニニ|
                 /:::::::::::::::::::::::::::/ ̄¨7ヽ |
              /;::/:::/::::::: |l:l::::::/__,/   \
               //::|メi|::::::::::|lハ:::|:\「ヽ\  /
                /イl:::l心∨::::/llk|/:/:;:乂__>‐Y    【1D5:2】
             /イ:::| / ヾ/巡リ:/:/:::/:::::::::/
               {' |:从 _  ノイ:/:::/}:::::/
                lハ::ハ V__> ,ノイ/´://
                 { 从{ ー‐、=≦ 从:::ト(
                    ,ハ   jI斗=气
                   _r<  K´   。s≦ニヽ
                /_/ノ丿 イ ,! //ニニ二二
                 /ノl ̄/く/:〉´ニ, ニ二二/_ト、
             > 彡ァl∠,,,/:/ニニ{ニニニlニl=\
           =/ノ-<-‐=彡イ=-ニニV=|ニ|_|二lニ∧
         /=//ヽ:ノア゚/-=ニ=-ニニヽ|ニ|_|二ニ/ニ`
.       /=-//:::/ //-=ニニ=-ニニゞ、|=ニニ|ニニ
.    /ニ=-〃:::::/ //-=ニニニ=-/ニニニ〉、ニ|ニニ
.     {ニ=-∥:::::〆/-=ニニニニ=-/ニニニ/  ゞ┐ニニ
.     八=- ヾ〆/-=ニニニニ=-/ニニニ/    У/ニ
.       \=-| l′-=ニ二ニ=-/ニニニ/      Y/ニ
.       Г「lヽ ..,,__,,.. イニニニ/     / ̄  ̄`
        |= 〉〉ニニニニニニニニ〉     八ア~ ̄`ヽ
       l_∧∨ニニニニニ二二>     /
.        !ニ//ニニニニニ二_ニ乂   /      _
       /=//ニニニニ><´:::::::~"''≪匕      _ <
        V∧∨ニニニ7 rラ::::::::::::::::|_||   _ <
        ノニ/ /ニニニ/ノ/ 汀:::::::::::::::::|x<
     〈`ニ〉 〉二二二二|/:/:/ ̄  ̄ニニ〈



 1.俺とギャル夫は、なんつうか、男と女よりもダチって感じなんだよな
 2.まぁ、お互い生まれてからずっと一緒にいるしな
 3.幼馴染って、そういうもんだろ?
 4.そ、そう、ただの幼馴染、だよ……
 5.……



622 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2017/08/14(月) 08:57:07.80 ID:yeeHUJ3Z


                          /∠⌒Y/          /    ′
                    __/ jI斗≠=-  _    ′    /
                    x.ア⌒:::::::::::::::::::::::::::::` 、/    /
                  ,..:::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/⌒Y
                     /:::::′::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/^\ノ   ′
                   ':::::::{::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: //^\\/
                   〃:::::∧:::::::::::::::::::::::::::::::::::::: { {VAVA/
                    i{::::::/ヽ',::::::::::::::::::::::::::::::::::::≧===.彳    お互い同じ病院で生まれて、物心ついた頃から
                  八::::{rf笊,::::::::::::∧::::::::::::::::::::::::::::::: l    ず~っと一緒に遊んでたからな
               /::\、Vソ\:::::::/⌒vl:::::::::::::::::::::::::::,
                l::::::::l   、  \{ixixi/::::::::::::::/:::::::::/      周りから見りゃ、そう見えるかもな
                |:::::圦         ̄/::::::::::::::/l::::::::/
                l::::::::/\V  ア  , :::::::::::: /_ノ::::: {
               vl/ ノ 、__  /::::::::::/::::::::::::::{
                  ⌒W厂}⌒}/}/‐┐/V⌒ヽ
                   /⌒7グ /}   _j/、
                    jI厶ィi:i/く,/ー}/⌒i:i:i:i:i:i⌒\
             ,. ´i:i:i:i:i:i:i/ア__  イ:i:i:i:i:i:/i:i:i:i:i:i:i:i:i:i}
               /i:i:i:i:i:i:i:i/⌒ ̄i:i:i:i:i:i:i:i:i/i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:,'
             , {i:i:i:i:i:i/i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/
            /八i:i:i:i/i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/
         r┴ァ冖\i{i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/
         } _{    ⌒ <i:i:i:i:i:i:i:i:/^ 、i:i:i:i:i:i:i/{
         Y⌒ ‐ _     ⌒ く     \i:i:i:/i:i{
          、     ‐ _       、    v/i:i:ノ
           ⌒ T==―^ 、     ',    /i:i:i{
                 |i:i:i:i:i:i:i:i:i:i\    }    'i:i:i:i,
                 }i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i≧=‐^ 、/i:i:i:i:/



                  ト ,-、
                  |:::|.\\         __
                  |:::|  \\,,....,,,_ , '´'´ |::::::||
                __ ,|:::ト、'´ .!:::|   //ヽ、 /:::::;'
              <´::_ノ´ ̄`ァ‐-、|:/-イ/   ,:':::::/
             r‐/´>'"´ ̄\ ヽ─-、___,/::/ヽ
            く./´ /     `ー' ̄ヽノ‐-、-イ   ハ      じゃあ、お互いのことはよく分かるのね
             !    ! メ、/!     └-、 /`ヽー-、 ||
             '、  .|/ ト、,、!   /、  __ \  ト、::::\     なんだか羨ましい
              \ ,ハ  |,ハ!  /-‐\ |  ト-ヘ、\r-ヽ..
                / !,..`'ー'|/ -‐テ‐‐rァ! ./`\ `Y       理解者がいるというのは、孤独を和らげる最大の薬だもの
               / 人    .    j__,ソ//!   ∨ \/
             /  / ! ,>、 、 _   ゙/´|,イ    八  ` 、.,___
               ,'  / |/::::::::ヽ.,_,,.. イ / >‐-.、  \       `ヽ.
                | ,''  /|::::::::::::/ |,ハ_/| ./´:.:.:.:.:.:.:.ヽ  \      ',
           r‐ァこ7/   _,r'ソr/    ,':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.\   !   /|  |
               レ'|`/)/「7‐|7  .  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::\   '、 ! /
              / /,.-'‐‐'ァくム!  ,'  /!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.〉  〉 .レ'
            |/   ,.-‐<.   | /  //:.:.:.:.:.:_ァ'"´  ̄.`Y |  ァ'/|
             /   -─イ     !/! ./〈:.:.:.:.:.:./ /´ ̄`∨ レ レ'
           ,!   _,..イ´      レ'   !>‐〈 ∧    ',
           /    /ヽ|         |:.:.:.:./-'ァヘ     ∨
         <7   .ム /!        .イ |:.:.:〈 ,' ∧    ヽ.



623 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2017/08/14(月) 09:01:21.40 ID:yeeHUJ3Z



                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘


                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘


                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘


                               ┌┐
                               └┘


                                   □

                               ・


.
624 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2017/08/14(月) 09:09:47.88 ID:yeeHUJ3Z


            _ -=ニニニニ-  ._   ∧
           /ニニニニニニニニニ\ / ∧
         /ニニニ=-- ¨  ̄ ¨ -ニニ/∨ .〉__
         .ニニア´   -=- _   寸|_厶<   |
         {ニア / / /     `\ ^`、    \,/
         ⌒/ /  / .′  '   、  V /∧    :,    はじめまして
     / / ィf∨  ,′i|   '   \`、 ∨ iト、  : ′
      |   | i|| i|   ',   '    /∧ ∨小ハ | i|    入速出ギャル夫さん
      |   | i|| i|   ‘,  '  | 、 i| ∨| | | j| 八
     ∧  V∧i   | .ト、-‐   |i´厂\i| ||リ Ⅳ./|     そして本多天龍さん
     i ∧  V∧  ∨厂\\ |i/.ィt示ァ  |/{ / f_ノ
     | i ∧ |V∧ 弌¨t苡⌒` ^¨¨´i| ,小j./ |i乂___    鹿島、と申します
     | L__j / V | ト、\   、    ノ.イ(/ / .八 、  〉
      厂 / i }人 V圦`  、  ノ イ(小∨ /  .) 、′  内務省では、入速出やる夫中佐の任官1年目
    乂f{   | 从 j〉 \ > . _/(  `寸./ /  )   の戦歴をご覧になったと聞きました
     .八  ∨ 乂_ノ ハ厂¨| r一 ⌒) .人,/  ィf´
      ゞ==ミ ∨厂{ i{/i_∧L_j∧ ,/'⌒弌  (__j廴__ノ
     // 乂_,)ノ |/¨ア¨´  i{ ア⌒ V__j圦___ノz<
    └{_/_/_{_{,/∠_  -く_〈__   `寸、¨ 厂[i[i[i[i[i[j
     `7 ア´  /\   `<__> 、 |´ i{ | | | | | | {
      :  ′  / (__)   ‐===- \i ヾ  Ⅵi| | | | | i}
      | {     |{         (__)}!     |寸^¨^¨「
      | 八   ’, __   _       リ     ; ‘,  :|
      /  j{ニr=ニi{ ̄  ‐== ニ- ∠    _人 }|   i|
    r‐┘/  j   i{        j厂¨¨¨7  | }i   i|




  NVVVVVVV\
  \        \
  <         `ヽ、
  </ /"" \ .ノヽ. \    あの、一つ聞いてもいいっスか?
   //, '〆     )  \ ヽ
  〃 {_{   ノ    ─  .│i|    なんで、じっちゃんの情報が内務省や帝国軍でそれぞれ別々に管理されてるんスか?
  レ!小§ (●)  (●)  | イ
   レ §  (__人__)   .|ノ
     \    `ー'´   ノ
    /⌒ヽ゜。     。゜ィヽ
   /      ,⊆ニ_ヽ、  |
  /    / r─--⊃、  |
  | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |


.
626 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2017/08/14(月) 09:21:34.82 ID:yeeHUJ3Z


                 __    「\
             _ -=ニニニニニニ=-|   \/⌒|
         _-ニニニニニニニニニニ|   /    |
        ,-ニニニ- ¨ ̄     ̄¨寸 ム==ミ |
         /ニニア´              ∨    ヽ!
       i{ニニ/            ∧     |      `、      それは、公式記録を後から闇に葬ったものと、
.         マ7        ',   /∧    i|       `、     最初から闇に葬るつもりだったものの違いですね
          ;′ |        |、  /∧  小        ∨
      / |   |     斗--=二.|  |V∧        |     やはり、当時の国内防諜機関として、内務省を超える
      W   |   | 、_     |   _____|  |V∧      ,小   組織が存在しなかったこともあり、内閣は内務省を使って
      i|   i|   | ̄\  |∨xf t以斥 | ∨|       ∧jノ   入速出中佐の足跡を徹底的に隠蔽しました
     八 /八   r=tミ\|   `¨´ |  | ‘i!  /  /,/
      \ \  、ゞ゚ ,         |   ;   | ∨  | | ′     内務省の下には、公安がいますからね
        -→―――‐┐     ,  |/|/   jl∨   乂{
     /  ⌒`弌¨¨弋´  -    /′ / 八|    \___    それだけ本気だったということでしょう
   /       \ソ  (丶、  _/ ′  / ∨Yi|      W^Y
rzr"      ∠)r 〉    \  ̄]___j{ 、 |  寸、_     _ノ  ノ   入速出中佐に関してはこれだけでなく、国防省や情報省、
 厂⌒_>く^ーrく个s。.、 _∨/∧.乂_j     }____)  入 ∠_   外務省にまで根をはっています
く⌒厂>''"| ///厂ア ア´  ̄[__「 ̄`Y   ,ノ_∠ /√弌¨´
=-  ´   く /// イ{ ./  _/ 圦   ∨-=个厂i/厂厂弋_)    ふふふ、一時期は、政威大将軍殿下以上に機密レベルが
     , ' 了⌒ア^弌ー<_乂 ⌒丶、_,〉 / / j{ ./ i{ { {/     高かったことも在るんですよ?
    , ′ア´ ./ 〇   -===ミ←=====/ / ,/ /  j{ { {′
    /  /  /          (__) >"  └个-L廴__ノ__}_}
  ,イ /{  i{             /      |\       ′
  厂,x圦 l{           ∥      八 ヽ   ′
  iⅣ  个 乂   ___ \     i|       /  ∥   ,′
   |    厂 i「 ̄  `       i|       イ  ∥   ,′
      イ   i|        ≧s。.iL__  イ ,’  ∥    {
    / i|.  i| 〇        ∥    ′  i{    {



             .//〉          /ヽ
              .///          //ハ
            /// -‐==冖==‐ ///,'∧
          .///::::::::::::::::::::::::::::::::::: {////∧
         /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::{/////,'}
         ./::::::::/{:::::::::::::::::::::::::::: ∨: {/////,'}
        /::::::::/,_{ ::::::::::::: } :::::::::::: }:: {/////,'}   ……殿下の上って、それもう皇帝陛下しかいないじゃんか
        .′:: /≧x :::::::::::: }:::∧:::::::}:: 乂///ノ|
        {::::::/ {:::}∨:::::::::::}/ ‘,::::,′:::::::::::::::|
        j/ .{:  ゞ' ∨:::::, \ ‘,/ /::::::::::: /
        .}{     \/ \\/}:::::::::::::::/
       八            \` }::::::::::::, ′
          .个   r ,  u _,/:::::: / \
          .|::/≧o。 __ -=≦ /::: /{///ハ
         j/ ./i:/   }  //::/  |////∧
          /∠_   :}/ / _//////∧
           {/{//}       ////////// }
           //∧__/__/////////////}
           .//////////////////////// }



627 名前:名無しさん管理スレその6の>>1-6をご覧ください[sage] 投稿日:2017/08/14(月) 09:23:05.97 ID:iB/KmR23
文字通り存在自体が最高機密だったからねぇ…wwww

629 名前:名無しさん管理スレその6の>>1-6をご覧ください[sage] 投稿日:2017/08/14(月) 09:23:55.40 ID:IaM9u56K
まあ、仕方ない
世界の誰もが探した日本政府の信頼信仰する最終秘密戦略兵器だからな



630 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2017/08/14(月) 09:30:41.16 ID:yeeHUJ3Z


            _ -=ニニニニ-  ._   ∧
           /ニニニニニニニニニ\ / ∧
         /ニニニ=-- ¨  ̄ ¨ -ニニ/∨ .〉__
         .ニニア´   -=- _   寸|_厶<   |
         {ニア / / /     `\ ^`、    \,/
         ⌒/ /  / .′  '   、  V /∧    :,    さて、脅かすのはこれくらいにして、
     / / ィf∨  ,′i|   '   \`、 ∨ iト、  : ′   入速出中佐は中国での戦い
      |   | i|| i|   ',   '    /∧ ∨小ハ | i|
      |   | i|| i|   ‘,  '  | 、 i| ∨| | | j| 八   正確には、重慶攻防戦における夏攻勢において、戦術機小隊指揮官
     ∧  V∧i   | .ト、-‐   |i´厂\i| ||リ Ⅳ./|    として類稀なる活躍をされました
     i ∧  V∧  ∨厂\\ |i/.ィt示ァ  |/{ / f_ノ
     | i ∧ |V∧ 弌¨t苡⌒` ^¨¨´i| ,小j./ |i乂___    それに関しては、既に内務省でお聞きになったということですが、
     | L__j / V | ト、\   、    ノ.イ(/ / .八 、  〉   彼はその後、その実績を買われてとある部隊に転属になります
      厂 / i }人 V圦`  、  ノ イ(小∨ /  .) 、′
    乂f{   | 从 j〉 \ > . _/(  `寸./ /  )    その部隊の名前は、第105独立部隊
     .八  ∨ 乂_ノ ハ厂¨| r一 ⌒) .人,/  ィf´
      ゞ==ミ ∨厂{ i{/i_∧L_j∧ ,/'⌒弌  (__j廴__ノ   105(ヒトマルゴ)部隊と通称される、前線諜報部隊です
     // 乂_,)ノ |/¨ア¨´  i{ ア⌒ V__j圦___ノz<
    └{_/_/_{_{,/∠_  -く_〈__   `寸、¨ 厂[i[i[i[i[i[j
     `7 ア´  /\   `<__> 、 |´ i{ | | | | | | {
      :  ′  / (__)   ‐===- \i ヾ  Ⅵi| | | | | i}
      | {     |{         (__)}!     |寸^¨^¨「
      | 八   ’, __   _       リ     ; ‘,  :|
      /  j{ニr=ニi{ ̄  ‐== ニ- ∠    _人 }|   i|
    r‐┘/  j   i{        j厂¨¨¨7  | }i   i|



             /  // /       /\
               /  //_  .-――=ミ,/|    ヽ/
           ∧ __//{:::::::::::::::::::::::::::: \|   /
             ∧ v /{/,::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ/
.           / ∧ V∧/',:::::::::::\:::::::::::::::::',
          {にi厶_/::::::\、::::::::::::::::',::::::::::::::',
           夊ziり/:::::::::{:::/\:::::::::::::',:::::::::::: l     諜報部隊?
         /   ∧::::::: {::{⌒  、::::::::::Ⅵ::::::::: |
         /⌒\ /  V::::::'代茫ア^\::::ノ_}::::/::::|     衛士がスパイの真似事してたのか?
       x冖ミ、 > _j:\::::::>     _{ ̄i}:/|:::::八
      /_ア=く l/ ⌒},/\::\ __  ノ〃リ/ヽ
    /ニ┬= 、_}\_ -=ニニ|  {\ノ-  __/\ニニ=/
     {ニ┬- 、_}//ノニニニ= |   、 〈∧/\ノニ=/
    V厂≧=' /ニニニ=‐ |  /}`    、ニ=ミ=7
    〃   / イ|二ニニニ= |/Ⅵ{__   }〉ニ=‐Y
  〈^',  /   !ニニニニニニニⅥ \\ { [|ニニ= }
.   ∨〉,〃  ∧ニニニ/ニニニ Ⅵ  、\/ハニニ/',
     v/   ,-=ニニ7=‐|ニニニⅥ  \/ixi}ニ7=‐/!
  fア    {ニニニ=/ニ 圦ニニ= \\  Vi/ /=‐〈|
  / {     从ニニ/{ニニニ=\ニニ= \\j/ィニニ=‐\_
 {  、_ ,/  V,/ Vニニニニ≧=====彳く⌒ー  ̄ /
 {  厂{      {′ }ニニニニニニニニニ= {{ニ}      /
 {/ー ^ 、      ノニニニニニニニニニニ{{= \_ ィ
        \__/ /lニニニニニニニニニニ= {{ニニノ    |



632 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2017/08/14(月) 09:34:19.70 ID:yeeHUJ3Z


            _ -=ニニニニ-  ._   ∧
           /ニニニニニニニニニ\ / ∧
         /ニニニ=-- ¨  ̄ ¨ -ニニ/∨ .〉__
         .ニニア´   -=- _   寸|_厶<   |
         {ニア / / /     `\ ^`、    \,/
         ⌒/ /  / .′  '   、  V /∧    :,     ええ
     / / ィf∨  ,′i|   '   \`、 ∨ iト、  : ′
      |   | i|| i|   ',   '    /∧ ∨小ハ | i|     入速出中佐は、間違いなく人類で史上最も優れた
      |   | i|| i|   ‘,  '  | 、 i| ∨| | | j| 八   工作員であったと言えるでしょう
     ∧  V∧i   | .ト、-‐   |i´厂\i| ||リ Ⅳ./|
     i ∧  V∧  ∨厂\\ |i/.ィt示ァ  |/{ / f_ノ     ただし、相手は人間ではなくBETAでしたが
     | i ∧ |V∧ 弌¨t苡⌒` ^¨¨´i| ,小j./ |i乂___
     | L__j / V | ト、\   、    ノ.イ(/ / .八 、  〉
      厂 / i }人 V圦`  、  ノ イ(小∨ /  .) 、′
    乂f{   | 从 j〉 \ > . _/(  `寸./ /  )
     .八  ∨ 乂_ノ ハ厂¨| r一 ⌒) .人,/  ィf´
      ゞ==ミ ∨厂{ i{/i_∧L_j∧ ,/'⌒弌  (__j廴__ノ
     // 乂_,)ノ |/¨ア¨´  i{ ア⌒ V__j圦___ノz<
    └{_/_/_{_{,/∠_  -く_〈__   `寸、¨ 厂[i[i[i[i[i[j
     `7 ア´  /\   `<__> 、 |´ i{ | | | | | | {
      :  ′  / (__)   ‐===- \i ヾ  Ⅵi| | | | | i}
      | {     |{         (__)}!     |寸^¨^¨「
      | 八   ’, __   _       リ     ; ‘,  :|
      /  j{ニr=ニi{ ̄  ‐== ニ- ∠    _人 }|   i|
    r‐┘/  j   i{        j厂¨¨¨7  | }i   i|



 ト VVVVVVVノ\
  \          \
    ヽ           \
 ⌒≧x /^^\ .ノ \ \    BETA相手の、工作員……?
   〃 ハ   ノ  ) ー Y:i|
  イ 从§( ●)  (●)|从    一体何をしてたのか想像もできないっス
  乂イ§   (__人__) |从
   乂イ U   `⌒´   |
    \ _      ,/
    /      ⌒丶



637 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2017/08/14(月) 09:40:28.86 ID:yeeHUJ3Z


                 __    「\
             _ -=ニニニニニニ=-|   \/⌒|
         _-ニニニニニニニニニニ|   /    |
        ,-ニニニ- ¨ ̄     ̄¨寸 ム==ミ |
         /ニニア´              ∨    ヽ!
       i{ニニ/            ∧     |      `、
.         マ7        ',   /∧    i|       `、     ギャル夫さん
          ;′ |        |、  /∧  小        ∨
      / |   |     斗--=二.|  |V∧        |     工作員の活動として、どんなものを想像します?
      W   |   | 、_     |   _____|  |V∧      ,小
      i|   i|   | ̄\  |∨xf t以斥 | ∨|       ∧jノ    映画や物語などを参考にしても構いません
     八 /八   r=tミ\|   `¨´ |  | ‘i!  /  /,/
      \ \  、ゞ゚ ,         |   ;   | ∨  | | ′
        -→―――‐┐     ,  |/|/   jl∨   乂{
     /  ⌒`弌¨¨弋´  -    /′ / 八|    \___
   /       \ソ  (丶、  _/ ′  / ∨Yi|      W^Y
rzr"      ∠)r 〉    \  ̄]___j{ 、 |  寸、_     _ノ  ノ
 厂⌒_>く^ーrく个s。.、 _∨/∧.乂_j     }____)  入 ∠_
く⌒厂>''"| ///厂ア ア´  ̄[__「 ̄`Y   ,ノ_∠ /√弌¨´
=-  ´   く /// イ{ ./  _/ 圦   ∨-=个厂i/厂厂弋_)
     , ' 了⌒ア^弌ー<_乂 ⌒丶、_,〉 / / j{ ./ i{ { {/
    , ′ア´ ./ 〇   -===ミ←=====/ / ,/ /  j{ { {′
    /  /  /          (__) >"  └个-L廴__ノ__}_}
  ,イ /{  i{             /      |\       ′
  厂,x圦 l{           ∥      八 ヽ   ′
  iⅣ  个 乂   ___ \     i|       /  ∥   ,′
   |    厂 i「 ̄  `       i|       イ  ∥   ,′
      イ   i|        ≧s。.iL__  イ ,’  ∥    {
    / i|.  i| 〇        ∥    ′  i{    {




          ト VVVVVVVVノ\
           \            \
             ヽ             \      えっと、誰にもバレずに敵の本拠地に忍び込んで、
           ⌒≧x   /^^\/ \ \    情報を集めたり、味方が攻めてくるのに合わせて
            彡  〆     )   丶 ∨   破壊工作をしたり……
             〃 ハ     ―   ― Y:i|
             イ 从§  ( ●) (●) |从
            乂イ§     (__人__)  |
              / ゚ o   ∩_ つ /
                /     / _ イ |
             \  `´ /___! |
              \__/____/



                ′ |            ′,
            / /l    __     {   ,
             { 「ア“”::::::::::::::::::::: ”“''.{   ',
             {/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::{ ̄ \,
            /:::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::{ ̄{ ヽ|
              /:::::::::/ ',:::::::::::::::::::::::::::::::::丁「≧!    あとは暗殺とかな!
          |::::::::/ \',:::::::{:::::::::::::::::}::::}{ ヒ刈
          |:::::: {ア芹ハ 、:::|\{\:::::}::::}乂Vノ     激闘の末に敵の親玉を倒して、クールに去っていくんだ
          |:::::: { 弋_り, \!\///V/}^Y:::::|
              V:::::{     _  _ ̄ .}::::::}_ノ::::::|     ノーアラート縛りとか、ゲームでよくやったぜ
             i{\:    |    |  }::::::l::::::::: {
             i{::::圦   、   ノ  }::::::}:::::{:::::\
           ',::::| `    __  イ.i}::::人::::\:::ノ
              ,::|    / {  / レ'≦⌒ <
               V′ _ /\ ./  /ニニニニニニ=` 、
                 _/= {/{廴,  ,′ニニニニニニニ= \
   nn       /ニニ= ノ{i:i:i:i:i} ',/ニニニニニニニニニニニ=\
   l l 「|〉, /厂ニニニ= /{/i:i:i厂/ニニニニニニ\ニニニ/⌒\ 、
  _「ニニ=‐i{ {ニニニ= /ニ=V/イニニニニニニニ/r ̄{\{/^ 、  ヾ,
とニニニ厂  ', マニニニiニニニニニニニニニニニニニ(V /⌒ニ=',  〉< ′
   ̄  ̄ ̄ ー‐ ⌒i!ニニニニニニニニニニニニニニニV⌒ニニi /__/
              圦ニニニニニニニニニニニニニニニ{⌒ヽ=_ノ⌒ ̄
                ヽニニニニニニニニニニニニニ={


.
640 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2017/08/14(月) 09:42:54.64 ID:yeeHUJ3Z


            _ -=ニニニニ-  ._   ∧
           /ニニニニニニニニニ\ / ∧
         /ニニニ=-- ¨  ̄ ¨ -ニニ/∨ .〉__
         .ニニア´   -=- _   寸|_厶<   |
         {ニア / / /     `\ ^`、    \,/
         ⌒/ /  / .′  '   、  V /∧    :,
     / / ィf∨  ,′i|   '   \`、 ∨ iト、  : ′
      |   | i|| i|   ',   '    /∧ ∨小ハ | i|
      |   | i|| i|   ‘,  '  | 、 i| ∨| | | j| 八    (ニッコリ)
     ∧  V∧i   | .ト、-‐   |i´厂\i| ||リ Ⅳ./|
     i ∧  V∧  ∨厂\\ |i/.ィt示ァ  |/{ / f_ノ
     | i ∧ |V∧ 弌¨t苡⌒` ^¨¨´i| ,小j./ |i乂___
     | L__j / V | ト、\   、    ノ.イ(/ / .八 、  〉
      厂 / i }人 V圦`  、  ノ イ(小∨ /  .) 、′
    乂f{   | 从 j〉 \ > . _/(  `寸./ /  )
     .八  ∨ 乂_ノ ハ厂¨| r一 ⌒) .人,/  ィf´
      ゞ==ミ ∨厂{ i{/i_∧L_j∧ ,/'⌒弌  (__j廴__ノ
     // 乂_,)ノ |/¨ア¨´  i{ ア⌒ V__j圦___ノz<
    └{_/_/_{_{,/∠_  -く_〈__   `寸、¨ 厂[i[i[i[i[i[j
     `7 ア´  /\   `<__> 、 |´ i{ | | | | | | {
      :  ′  / (__)   ‐===- \i ヾ  Ⅵi| | | | | i}
      | {     |{         (__)}!     |寸^¨^¨「
      | 八   ’, __   _       リ     ; ‘,  :|
      /  j{ニr=ニi{ ̄  ‐== ニ- ∠    _人 }|   i|
    r‐┘/  j   i{        j厂¨¨¨7  | }i   i|





             .//〉          /ヽ
              .///          //ハ
            /// -‐==冖==‐ ///,'∧
          .///::::::::::::::::::::::::::::::::::: {////∧
         /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::{/////,'}
         ./::::::::/{:::::::::::::::::::::::::::: ∨: {/////,'}
        /::::::::/,_{ ::::::::::::: } :::::::::::: }:: {/////,'}
        .′:: /≧x :::::::::::: }:::∧:::::::}:: 乂///ノ|    ……いや、流石に冗談だけど
        {::::::/ {:::}∨:::::::::::}/ ‘,::::,′:::::::::::::::|
        j/ .{:  ゞ' ∨:::::, \ ‘,/ /::::::::::: /     ゲームとかだとそうだよなって話で
        .}{     \/ \\/}:::::::::::::::/
       八            \` }::::::::::::, ′
          .个   r ,  u _,/:::::: / \
          .|::/≧o。 __ -=≦ /::: /{///ハ
         j/ ./i:/   }  //::/  |////∧
          /∠_   :}/ / _//////∧
           {/{//}       ////////// }
           //∧__/__/////////////}
           .//////////////////////// }



646 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2017/08/14(月) 09:52:00.53 ID:yeeHUJ3Z



                    ....-── ─‐─‐-....._
                /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ,、
                (::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ \    _
.              `>-‐  ̄ ̄ ̄  ` 丶::::::::ト、 /:| .//|
              /                  \j:::Χ:::l////j
            /                   \/´ ̄`ヽ
.        /⌒/   /         丶       ∨⌒丶. i
       /   :/    ′:l     :|    \     ∨    |     こちらをご覧ください
.      /   :′  .|  |     :l |      ヽ   l  |    |
.       /    :|   |,' 八      :| l ヽ 丶  :|   |  |    |     これから流すのは、1992年に日本から国連に提出された、
      |    :|   |: /  \   :| |⌒\j ヽ:|   |  |    |     甲13号目標……ボパールハイヴ内部の映像記録です
      |    :|   |/. ´⌒ \ .:|ノィfえ斥ぅ |   |  |    |
      |    ∧.   ifヤ芹心   \| 弋ぅツ .l  /   :l   .:八     これは、日本帝国軍に所属する諜報部隊が、単独でハイヴ
      |  :i  |\ 圦 弋ツ      ´、、、、/ ,′ :八  .:,'   )    内部に侵入し、そして映像を持ち帰ったと説明され、当時国連
      |  :|  |  ヽ ハ ´、、、 ′     //  .:/   .:/  (     加盟国の間でその真偽が大きく議論された映像です
      人  :|  |    \ヘ       ,  ´ /  .:/   .:/ / :人
       ヽ/   :|:  j   个.、  `     ィ/  .:/   .:/ ,'     \
      /   八  ( (  :l i ≧_z <  j  .:/   .:〃    :八 ヽ
     /    /  )  )  :|斗./入ノ  _ 八 .:(    ..:乂  ..:/   )  )
    〃    / / /   八 {/ ∧__ノ\_  \.:)  (   ).:/、__ / /
    {   /  (  .( ./斗‐=>(:::::::)<__  彡' }   ) 彡く__ ___)ヽ
   八 (     ) 人(  /:::::::::/´`i::ヽ:::\  人 ( 7ニi〉_〉_〉_)_)_ノ
     \`ヽ /彡'八   /:::::::::::ノ   .}:::::::::::::::\   .>' l l l l .l l |
       )ノ    >'  ヽ_´ ̄ ̄ \z≦` ̄>─'´~   八 l l l .l l |
            /  /   ̄`ー- `ヽ ̄/       Y `し'ししレレ
.        /  /o         ̄`7        l丶      }
        /.    ′             o /            }  ヽ   /
      ′: . /      =‐--      ′         . :/  :}   {
       {: : : .i    ==‐‐ ‐-   i      . : : :/   ,'    ′
       八: : : .    . : : : : : . .   :    . : : : : イ  .:/   /
        \: :丶: .          i. . . . . . : :/ }  .:/   /
         ≧ー--─ ─‐- 、. . : : : : : : : :ィ    / .:/   /
         ∨ ヽ        ≧ー‐=壬     /l :,'   ./
.          }  il           il      イ { /   /



  ギャル夫達が見せられたのは、殆ど戦闘らしい戦闘も起こらず、ただハイヴの中を戦術機達が飛び回り、
 そして別の出口から外へ飛び出していく、それだけの映像だった。

  内務省では、思わず泣き出してしまうような壮絶な戦いが繰り広げられていただけに、天龍も拍子抜けして
 あくびを噛み殺すような状態である。


.
647 名前:名無しさん管理スレその6の>>1-6をご覧ください[sage] 投稿日:2017/08/14(月) 09:52:31.67 ID:ZuhA+0Uc
入って出て来れる。しかもほぼ無傷とか当時の常識では考えられない奇跡なんだよねぇ

648 名前:名無しさん管理スレその6の>>1-6をご覧ください[sage] 投稿日:2017/08/14(月) 09:53:41.10 ID:iB/KmR23
これがどれだけ奇跡的なことか、わからんやろなぁ…ww

650 名前:名無しさん管理スレその6の>>1-6をご覧ください[sage] 投稿日:2017/08/14(月) 09:58:09.17 ID:dUQiQuCu
連隊で突入して全滅するまでやったソ連さんでもあげられない成果やぞw



651 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2017/08/14(月) 09:58:26.47 ID:yeeHUJ3Z


                /',              ∧
.               / /]    ___      .∧_,
              / /__}]=‐ ア::::::::::::“''...、  ′__!
           /  /:::::{/:::::::::::::::::::::::::::::/^ 、|
             { У:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i{_ 、 、
.           /7::::::::::::::{:::::::::::::::::::::::::::::::::i{ {\!     なぁ、この映像って何が問題なんだ?
          | |::::::::::::::/,::::::::::|:::::::::::::::::::::i{ { f |
          | |:::::|:::::/ ',:::: !:::::::',::::::::::廴Lり      俺にはさっぱりだぜ
          L|:::::|:メ、  ,:::トミ::::', ::::: }::::::::::}
             |:::::|廴 _ヽ \{⌒\}V:::::::}Y:::::/
             |:::::|^ ̄⌒   \__/}::::::/ }:::::{
             '/圦   _'  ⌒ヽ 厶ィ:}ノ:::\>
            '/:{ \ |     }  |::::/\::::::::>
              V{ __  ー┬‐=≦ }:/_  ̄
           /i:i:i:i:/ _ ノ __/ /i:i:i:i:i:i:\
          /i:i:i:i:/{ /   i\ /i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:\
         /i:i:i:i:/i:〈{Y_ /⌒ vi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i\
        /i:i:i:i:/i:i:i:〈/} ̄}_ //:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i\
      /i:i:i:i:i:i:{i:i:i:i:i〈〈⌒ア /i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:\
    (i:i:i:i:i:i:i:i:i:{i:i:i:i:i:i\< ./i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i厂 ̄ アi:i:i:i:i:i:i:i:i)
.     \i:i:i:i:i:圦i:i:i:i:i:i:i:i{H{i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/   /i:i:i:i:i:i:i:i/




                 __    「\
             _ -=ニニニニニニ=-|   \/⌒|
         _-ニニニニニニニニニニ|   /    |
        ,-ニニニ- ¨ ̄     ̄¨寸 ム==ミ |
         /ニニア´              ∨    ヽ!
       i{ニニ/            ∧     |      `、
.         マ7        ',   /∧    i|       `、
          ;′ |        |、  /∧  小        ∨    チキンダイバーズ、という映画をご存知ですか?
      / |   |     斗--=二.|  |V∧        |
      W   |   | 、_     |   _____|  |V∧      ,小    甲21号作戦においてハイヴを制圧した、国連軍軌道降下兵団
      i|   i|   | ̄\  |∨xf t以斥 | ∨|       ∧jノ   を題材にしたハリウッド映画です
     八 /八   r=tミ\|   `¨´ |  | ‘i!  /  /,/
      \ \  、ゞ゚ ,         |   ;   | ∨  | | ′      その映画の中で、ハイヴ内はどのような状態だったか、
        -→―――‐┐     ,  |/|/   jl∨   乂{       わかりますか?
     /  ⌒`弌¨¨弋´  -    /′ / 八|    \___
   /       \ソ  (丶、  _/ ′  / ∨Yi|      W^Y
rzr"      ∠)r 〉    \  ̄]___j{ 、 |  寸、_     _ノ  ノ
 厂⌒_>く^ーrく个s。.、 _∨/∧.乂_j     }____)  入 ∠_
く⌒厂>''"| ///厂ア ア´  ̄[__「 ̄`Y   ,ノ_∠ /√弌¨´
=-  ´   く /// イ{ ./  _/ 圦   ∨-=个厂i/厂厂弋_)
     , ' 了⌒ア^弌ー<_乂 ⌒丶、_,〉 / / j{ ./ i{ { {/
    , ′ア´ ./ 〇   -===ミ←=====/ / ,/ /  j{ { {′
    /  /  /          (__) >"  └个-L廴__ノ__}_}
  ,イ /{  i{             /      |\       ′
  厂,x圦 l{           ∥      八 ヽ   ′
  iⅣ  个 乂   ___ \     i|       /  ∥   ,′
   |    厂 i「 ̄  `       i|       イ  ∥   ,′
      イ   i|        ≧s。.iL__  イ ,’  ∥    {
    / i|.  i| 〇        ∥    ′  i{    {


.
653 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2017/08/14(月) 10:00:31.02 ID:yeeHUJ3Z


                ′ |            ′,
            / /l    __     {   ,
             { 「ア“”::::::::::::::::::::: ”“''.{   ',
             {/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::{ ̄ \,
            /:::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::{ ̄{ ヽ|
              /:::::::::/ ',:::::::::::::::::::::::::::::::::丁「≧!    あ、その映画なら見たぜ!
          |::::::::/ \',:::::::{:::::::::::::::::}::::}{ ヒ刈
          |:::::: {ア芹ハ 、:::|\{\:::::}::::}乂Vノ     ハイヴの中、気持ち悪いBETAで溢れてて気持ち悪かったなぁ
          |:::::: { 弋_り, \!\///V/}^Y:::::|
              V:::::{     _  _ ̄ .}::::::}_ノ::::::|
             i{\:    |    |  }::::::l::::::::: {
             i{::::圦   、   ノ  }::::::}:::::{:::::\
           ',::::| `    __  イ.i}::::人::::\:::ノ
              ,::|    / {  / レ'≦⌒ <
               V′ _ /\ ./  /ニニニニニニ=` 、
                 _/= {/{廴,  ,′ニニニニニニニ= \
   nn       /ニニ= ノ{i:i:i:i:i} ',/ニニニニニニニニニニニ=\
   l l 「|〉, /厂ニニニ= /{/i:i:i厂/ニニニニニニ\ニニニ/⌒\ 、
  _「ニニ=‐i{ {ニニニ= /ニ=V/イニニニニニニニ/r ̄{\{/^ 、  ヾ,
とニニニ厂  ', マニニニiニニニニニニニニニニニニニ(V /⌒ニ=',  〉< ′
   ̄  ̄ ̄ ー‐ ⌒i!ニニニニニニニニニニニニニニニV⌒ニニi /__/
              圦ニニニニニニニニニニニニニニニ{⌒ヽ=_ノ⌒ ̄
                ヽニニニニニニニニニニニニニ={




             .//〉          /ヽ
              .///          //ハ
            /// -‐==冖==‐ ///,'∧
          .///::::::::::::::::::::::::::::::::::: {////∧
         /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::{/////,'}
         ./::::::::/{:::::::::::::::::::::::::::: ∨: {/////,'}
        /::::::::/,_{ ::::::::::::: } :::::::::::: }:: {/////,'}     ……あれ?
        .′:: /≧x :::::::::::: }:::∧:::::::}:: 乂///ノ|
        {::::::/ {:::}∨:::::::::::}/ ‘,::::,′:::::::::::::::|      そういやこのハイヴ、BETAいなくね?
        j/ .{:  ゞ' ∨:::::, \ ‘,/ /::::::::::: /
        .}{     \/ \\/}:::::::::::::::/
       八            \` }::::::::::::, ′
          .个   r ,  u _,/:::::: / \
          .|::/≧o。 __ -=≦ /::: /{///ハ
         j/ ./i:/   }  //::/  |////∧
          /∠_   :}/ / _//////∧
           {/{//}       ////////// }
           //∧__/__/////////////}
           .//////////////////////// }



657 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2017/08/14(月) 10:07:53.92 ID:yeeHUJ3Z


            _ -=ニニニニ-  ._   ∧
           /ニニニニニニニニニ\ / ∧
         /ニニニ=-- ¨  ̄ ¨ -ニニ/∨ .〉__
         .ニニア´   -=- _   寸|_厶<   |
         {ニア / / /     `\ ^`、    \,/     だから、信じてもらえなかったんです
         ⌒/ /  / .′  '   、  V /∧    :,
     / / ィf∨  ,′i|   '   \`、 ∨ iト、  : ′     ハイヴの中にはBETAが犇めいている
      |   | i|| i|   ',   '    /∧ ∨小ハ | i|
      |   | i|| i|   ‘,  '  | 、 i| ∨| | | j| 八     それに、同じく日本政府が提出した部隊の侵入ルート
     ∧  V∧i   | .ト、-‐   |i´厂\i| ||リ Ⅳ./|     は、沿岸部からではなく、BETAの勢力圏である内陸部
     i ∧  V∧  ∨厂\\ |i/.ィt示ァ  |/{ / f_ノ     を突っ切って、オリジナルハイヴ側のゲートから沿岸部の
     | i ∧ |V∧ 弌¨t苡⌒` ^¨¨´i| ,小j./ |i乂___    ゲートへ抜けていく非現実的なもの
     | L__j / V | ト、\   、    ノ.イ(/ / .八 、  〉
      厂 / i }人 V圦`  、  ノ イ(小∨ /  .) 、′   そんな、荒唐無稽な内容だったものですから、質の悪い
    乂f{   | 从 j〉 \ > . _/(  `寸./ /  )    合成映像だと思われてしまったんですね
     .八  ∨ 乂_ノ ハ厂¨| r一 ⌒) .人,/  ィf´
      ゞ==ミ ∨厂{ i{/i_∧L_j∧ ,/'⌒弌  (__j廴__ノ   こんなに簡単にハイヴに入ってでてこれるなら、人類はとっくに
     // 乂_,)ノ |/¨ア¨´  i{ ア⌒ V__j圦___ノz<    BETAを地球から叩き出せている
    └{_/_/_{_{,/∠_  -く_〈__   `寸、¨ 厂[i[i[i[i[i[j
     `7 ア´  /\   `<__> 、 |´ i{ | | | | | | {    だからこそ、ハイヴ攻略作戦に参加した経験のある国ほど、
      :  ′  / (__)   ‐===- \i ヾ  Ⅵi| | | | | i}    この映像を作りものだと信じて疑わなかった
      | {     |{         (__)}!     |寸^¨^¨「
      | 八   ’, __   _       リ     ; ‘,  :|     ボパールハイヴ攻略作戦において、この映像と実際のハイヴの
      /  j{ニr=ニi{ ̄  ‐== ニ- ∠    _人 }|   i|     地下茎構造が全く同じであったという事実が明らかになるまでは
    r‐┘/  j   i{        j厂¨¨¨7  | }i   i|

.

658 名前:名無しさん管理スレその6の>>1-6をご覧ください[sage] 投稿日:2017/08/14(月) 10:09:48.23 ID:ZuhA+0Uc
事実知ったら発狂するからなこれw

659 名前:名無しさん管理スレその6の>>1-6をご覧ください[sage] 投稿日:2017/08/14(月) 10:11:42.53 ID:dUQiQuCu
やる夫は何人発狂の渦に叩き込んだんやろw

660 名前:名無しさん管理スレその6の>>1-6をご覧ください[sage] 投稿日:2017/08/14(月) 10:13:27.35 ID:sKDDSRxQ
内閣をはじめとして色々なお偉方を大混乱に叩き込んだんだからもうねw

661 名前:名無しさん管理スレその6の>>1-6をご覧ください[sage] 投稿日:2017/08/14(月) 10:13:30.76 ID:iB/KmR23
日本の上層部だって正直初報で信じた奴皆無だろうしwwww



665 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2017/08/14(月) 10:23:31.27 ID:yeeHUJ3Z


                 __    「\
             _ -=ニニニニニニ=-|   \/⌒|
         _-ニニニニニニニニニニ|   /    |
        ,-ニニニ- ¨ ̄     ̄¨寸 ム==ミ |
         /ニニア´              ∨    ヽ!      そして、この映像を撮影し、その後世界中がその存在を
       i{ニニ/            ∧     |      `、     血眼になって探すことになる特殊部隊こそが、先程名前
.         マ7        ',   /∧    i|       `、    の出た「105部隊」
          ;′ |        |、  /∧  小        ∨
      / |   |     斗--=二.|  |V∧        |     そして……この映像を見て下さい
      W   |   | 、_     |   _____|  |V∧      ,小
      i|   i|   | ̄\  |∨xf t以斥 | ∨|       ∧jノ    常に部隊の先頭を進む機体があるでしょう?
     八 /八   r=tミ\|   `¨´ |  | ‘i!  /  /,/
      \ \  、ゞ゚ ,         |   ;   | ∨  | | ′     この機体に乗っていたのが、当時の入速出やる夫中佐です
        -→―――‐┐     ,  |/|/   jl∨   乂{
     /  ⌒`弌¨¨弋´  -    /′ / 八|    \___    夏攻勢の映像を見て、入速出やる夫中佐が英雄だと思われましたか?
   /       \ソ  (丶、  _/ ′  / ∨Yi|      W^Y
rzr"      ∠)r 〉    \  ̄]___j{ 、 |  寸、_     _ノ  ノ   BETAを殺す
 厂⌒_>く^ーrく个s。.、 _∨/∧.乂_j     }____)  入 ∠_
く⌒厂>''"| ///厂ア ア´  ̄[__「 ̄`Y   ,ノ_∠ /√弌¨´    それだけの存在だと思われましたか?
=-  ´   く /// イ{ ./  _/ 圦   ∨-=个厂i/厂厂弋_)
     , ' 了⌒ア^弌ー<_乂 ⌒丶、_,〉 / / j{ ./ i{ { {/
    , ′ア´ ./ 〇   -===ミ←=====/ / ,/ /  j{ { {′
    /  /  /          (__) >"  └个-L廴__ノ__}_}
  ,イ /{  i{             /      |\       ′
  厂,x圦 l{           ∥      八 ヽ   ′
  iⅣ  个 乂   ___ \     i|       /  ∥   ,′
   |    厂 i「 ̄  `       i|       イ  ∥   ,′
      イ   i|        ≧s。.iL__  イ ,’  ∥    {
    / i|.  i| 〇        ∥    ′  i{    {




            _ -=ニニニニ-  ._   ∧
           /ニニニニニニニニニ\ / ∧
         /ニニニ=-- ¨  ̄ ¨ -ニニ/∨ .〉__
         .ニニア´   -=- _   寸|_厶<   |
         {ニア / / /     `\ ^`、    \,/    入速出やる夫が英雄として公表された理由の一つ
         ⌒/ /  / .′  '   、  V /∧    :,
     / / ィf∨  ,′i|   '   \`、 ∨ iト、  : ′    それは、英雄ということにしておかなければ、常人には理解が
      |   | i|| i|   ',   '    /∧ ∨小ハ | i|    及ばない存在だからです
      |   | i|| i|   ‘,  '  | 、 i| ∨| | | j| 八
     ∧  V∧i   | .ト、-‐   |i´厂\i| ||リ Ⅳ./|     ありのままを大衆に公表すれば、それぞれに違う受け止め方で
     i ∧  V∧  ∨厂\\ |i/.ィt示ァ  |/{ / f_ノ     彼そのものが歪められてしまう
     | i ∧ |V∧ 弌¨t苡⌒` ^¨¨´i| ,小j./ |i乂___
     | L__j / V | ト、\   、    ノ.イ(/ / .八 、  〉   そうなっても仕方がないくらい、彼が歩む道は超常的です
      厂 / i }人 V圦`  、  ノ イ(小∨ /  .) 、′
    乂f{   | 从 j〉 \ > . _/(  `寸./ /  )     理屈や数字で説明できない出来事というのは、世の中には
     .八  ∨ 乂_ノ ハ厂¨| r一 ⌒) .人,/  ィf´     ありふれているという方もいるでしょう
      ゞ==ミ ∨厂{ i{/i_∧L_j∧ ,/'⌒弌  (__j廴__ノ
     // 乂_,)ノ |/¨ア¨´  i{ ア⌒ V__j圦___ノz<     ですが彼を知ってしまった後では、そんなものは気になりません
    └{_/_/_{_{,/∠_  -く_〈__   `寸、¨ 厂[i[i[i[i[i[j
     `7 ア´  /\   `<__> 、 |´ i{ | | | | | | {    生前彼は、自分の人生を「間が良かった」と振り返ったと聞きます
      :  ′  / (__)   ‐===- \i ヾ  Ⅵi| | | | | i}
      | {     |{         (__)}!     |寸^¨^¨「     科学技術至上のこの時代に、科学で説明できない存在
      | 八   ’, __   _       リ     ; ‘,  :|
      /  j{ニr=ニi{ ̄  ‐== ニ- ∠    _人 }|   i|     だから彼は、死後英雄になったのです
    r‐┘/  j   i{        j厂¨¨¨7  | }i   i|


.
675 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2017/08/14(月) 10:31:21.72 ID:yeeHUJ3Z


             .//〉          /ヽ
              .///          //ハ
            /// -‐==冖==‐ ///,'∧
          .///::::::::::::::::::::::::::::::::::: {////∧
         /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::{/////,'}    も、もしかしてじーちゃんってエスパーだったのか?!
         ./::::::::/{:::::::::::::::::::::::::::: ∨: {/////,'}
        /::::::::/,_{ ::::::::::::: } :::::::::::: }:: {/////,'}    それとも、宝くじで必ず1等当てる超豪運人間とか
        .′:: /≧x :::::::::::: }:::∧:::::::}:: 乂///ノ|
        {::::::/ {:::}∨:::::::::::}/ ‘,::::,′:::::::::::::::|
        j/ .{:  ゞ' ∨:::::, \ ‘,/ /::::::::::: /
        .}{     \/ \\/}:::::::::::::::/
       八            \` }::::::::::::, ′
          .个   r ,  u _,/:::::: / \
          .|::/≧o。 __ -=≦ /::: /{///ハ
         j/ ./i:/   }  //::/  |////∧
          /∠_   :}/ / _//////∧
           {/{//}       ////////// }
           //∧__/__/////////////}
           .//////////////////////// }




            /VVVVVVVⅥ
           /        /
         r'´         >
       / /ヽ/ ゛゛\  \>      でもじーちゃん、宝くじ当たったことなかったっスよ?
      / /  (     ゝ'   ,ミ
      |i│ ─。   ─   }_}  ヾ     強化外骨格レースとか大好きだったけど、賭け事になると
  ((  ト |. (●)  (●)  §小!、ゝ     てんで読みを外してたし
      (,|   (__人__)    § 、ゝ  | |
      /     ∩ノ ⊃ 。/l    ノノ   まぁ、あれは少し趣味をこじらせてた感はあるけど
     (  \ / _ノ  |. |
     .\ “∞∞/__ノ  |
       \。/____ノ



676 名前:名無しさん管理スレその6の>>1-6をご覧ください[sage] 投稿日:2017/08/14(月) 10:32:43.72 ID:iB/KmR23
レースより機体に夢中だったんだろうなぁwww戦術機マニア的に考えてwwww

677 名前:名無しさん管理スレその6の>>1-6をご覧ください[sage] 投稿日:2017/08/14(月) 10:34:19.97 ID:jryGrM9P
ムキになると我を忘れる所はあったな
本来の目的を忘れて扉相手に格闘したり…

679 名前:名無しさん管理スレその6の>>1-6をご覧ください[sage] 投稿日:2017/08/14(月) 10:35:21.44 ID:ObUKXnHR
この時は接敵回避系のスキルまだ持ってないよね確か
そんでことごとく回避し続けてトドメに最終アプローチでクリティカルって…ねえ

683 名前:名無しさん管理スレその6の>>1-6をご覧ください[sage] 投稿日:2017/08/14(月) 10:38:27.48 ID:iB/KmR23
まぁ強ち間違いでもないんだよなww>エスパー
先生が私の理論の証明者と言うほどにはwww



684 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2017/08/14(月) 10:41:19.06 ID:yeeHUJ3Z


                    ....-── ─‐─‐-....._
                /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ,、
                (::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ \    _
.              `>-‐  ̄ ̄ ̄  ` 丶::::::::ト、 /:| .//|
              /                  \j:::Χ:::l////j
            /                   \/´ ̄`ヽ    (エスパーであったら、まだ説明もできたんでしょうけどね)
.        /⌒/   /         丶       ∨⌒丶. i
       /   :/    ′:l     :|    \     ∨    |    (彼に関しては、香月博士提唱の因果律量子論でさえも
.      /   :′  .|  |     :l |      ヽ   l  |    |    説明できないという話ですから)
.       /    :|   |,' 八      :| l ヽ 丶  :|   |  |    |
      |    :|   |: /  \   :| |⌒\j ヽ:|   |  |    |
      |    :|   |/. ´⌒ \ .:|ノィfえ斥ぅ |   |  |    |     そんなわけで、105部隊とその要であった入速出やる夫
      |    ∧.   ifヤ芹心   \| 弋ぅツ .l  /   :l   .:八    中佐に関しては、国家ぐるみでその存在を隠蔽しにかかった
      |  :i  |\ 圦 弋ツ      ´、、、、/ ,′ :八  .:,'   )    というわけです
      |  :|  |  ヽ ハ ´、、、 ′     //  .:/   .:/  (
      人  :|  |    \ヘ       ,  ´ /  .:/   .:/ / :人      本来、105部隊にとって戦術機部隊は、本来人間相手
       ヽ/   :|:  j   个.、  `     ィ/  .:/   .:/ ,'     \    の諜報活動に必要な実力部隊という位置付けでしかなかった
      /   八  ( (  :l i ≧_z <  j  .:/   .:〃    :八 ヽ   はずのものが、いつの間にか105部隊そのものが、下部組織
     /    /  )  )  :|斗./入ノ  _ 八 .:(    ..:乂  ..:/   )  )   である戦術機中隊を隠すための部隊になってしまった
    〃    / / /   八 {/ ∧__ノ\_  \.:)  (   ).:/、__ / /
    {   /  (  .( ./斗‐=>(:::::::)<__  彡' }   ) 彡く__ ___)ヽ    そんな嘘のような本当の話もあります
   八 (     ) 人(  /:::::::::/´`i::ヽ:::\  人 ( 7ニi〉_〉_〉_)_)_ノ
     \`ヽ /彡'八   /:::::::::::ノ   .}:::::::::::::::\   .>' l l l l .l l |
       )ノ    >'  ヽ_´ ̄ ̄ \z≦` ̄>─'´~   八 l l l .l l |
            /  /   ̄`ー- `ヽ ̄/       Y `し'ししレレ
.        /  /o         ̄`7        l丶      }
        /.    ′             o /            }  ヽ   /
      ′: . /      =‐--      ′         . :/  :}   {
       {: : : .i    ==‐‐ ‐-   i      . : : :/   ,'    ′
       八: : : .    . : : : : : . .   :    . : : : : イ  .:/   /
        \: :丶: .          i. . . . . . : :/ }  .:/   /
         ≧ー--─ ─‐- 、. . : : : : : : : :ィ    / .:/   /
         ∨ ヽ        ≧ー‐=壬     /l :,'   ./
.          }  il           il      イ { /   /



690 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2017/08/14(月) 10:55:31.07 ID:yeeHUJ3Z


                          _______
                   ,ィ:´::::::::::::::::::::::::::`::::ー--.....__/\
                    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:\ /\
                 /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:.:.:.:.Χ:.:斗─‐‐┐
                  j>' ´  ̄ ̄ `丶 ̄  ̄` ー‐-./:.:.:.:.//////////}
                 /           \    `ヽ }:.:.≫─-<//////}    そうした中、105部隊は世界中の諜報機関の
                  / /            \ `丶.∨.      \////    目から逃れるために、暫くは国内事情のみに
               / / ,'   :|          ヽ  ヽ} ヽ.  `ヽ  \/     専念することになります
            / / /     | :ト、    \   ∨ .ミ|   :    ',   ヽ
.            / /  :l     | :|__\ \  ヽ    i.-‐'}  i    :   '.    1993年の九-六作戦での友軍救出や、その後の
            ′ i   :| i   | :|⌒ \ ヽ l   | ノ|   i     .:     |    各戦線での遊撃任務
           |  i   :l,斗  八ノ     ヽ i :|    !  八  :    i    |
           |  i   :| l .l ./    斗ャ斧ヵトi    | .ノ⌒ヽ.   i  l    |    そうして、ようやくほとぼりが覚めてきた1996年
           | 八 .:| 八j/       Vr'::シ |   :|/´`) .}| :,'  :l    |
          八  ヽ.jォ芹ぅ        ´¨、、、、}.  ,' | v' .ノl :/  ..:,′ ,' |    遂に日中韓連合軍が戦線を支えきれなくなり、
            \  .八弋ツ          ,′/ | ヽr´' , i/  ..:/  .:/  |    BETA群が朝鮮半島へ侵入
             i\j :ハ´、、ヽ          /.イ   |  i/ /.,′ ..:/  .:/  . |
             }∧  ハ            |   :|  lノ /  ..:/  .:/   .:/     事態を重く見た日本政府は、105部隊にこれまで
             | ヘ  込   `  ´     ィ }  :|__..ャ:/  .::/  .:/   .:人     とは全く異質な命令を下します
             |  \j   >    イ__  / ,' :|: : : :}  ..:,'   .:{  .:( :.\
             |       ..:i  i ´  fヘ ∨ / ..:|: : : :|  ..:|   ..:|  :...\ :.\     侵攻するBETAの阻止
             |  .:| i  .:|  i   /∧/  / .:八.斗|  ..:l    ',ヽ   :..ヽ  :.ヽ
                八  ..:| i  .:八 ノ _ノ斗/  / ..イ   .人 ..乂  ∨\  :..∨ ) )   本来正規部隊に下されるべき命令ですが、
                ヽ .:l 乂 (斗≦ニ7= {   i ( ニ7     `ヽ  Y  }  丶  }( (    当時現場は混乱の極みにあり、日本政府の
             、__ノ 人  .:Yニニニニノ^人  乂__`フ_/ f7.7) 人 ( __ノ) .) ノ \ヽ__   意志で迅速かつ確実な行動を行う部隊は、
             `ー<  .) .:ノ ニニ/   ).ノ .斗'´    }∠イ  >ー'´ ´ .}   `⌒)  最早105部隊の他にない
               f77,斗`ー'´\≦   ,ィ      ー-、 } } } } } } } } } }
                }/ニニニニニヽ、_ z'´,ィ´    `\  } } } } } } } } } }       そうした状況であったとのことです
          >'´O         O//       `丶   } } } } } } } } } }
         . '´/    , ´    /, ´             ヽ  し'し'ししし'しししし'        そこで105部隊は、僅か一個中隊の戦術機部隊
        /, ´     /    / /               . :∨ヽ丶      ∨        で以て、朝鮮半島東海岸を南下する旅団規模の
      //     /     / ,'              . : :|  \ヽ       }         BETA群を捕捉
     / /      ′      ' ′           . : :八_j   〉〉 ...:/  |
    ′.'      . :i: : : . .   i :        . . . : : : :./  l: . i i      }         日没から数時間の戦闘で、それを殲滅しました
    i i    . : : -‐i‐‐=: : . . .i i       . . . : : : : : :イ -‐ }: ./j i .:/    l
    { : . . . : : : : : -:‐=: : : . . . : i    . . . : : : : : : /  -‐ |:  j i/   ,′l         これにより、朝鮮戦線の全面崩壊は免れ、後の
    八 ', : : : : : : : : : :',: : : : : : :i i: : : : : : : : : : : ィ       . : |   : i   ..:/ l        東風作戦へとつながっていきます
     \\ : : : : : : : : :ヽ: : : : : i i: : : : : : : : :ィ      . : :/}:  i i .:/    ,′
       >rー-- ─‐‐=' >ー‐t r‐─=' 壬   -‐ . : :/ ,′ .i i/     j
       /}iO丶  -   -‐' Oi i        -‐'. : : :/  j   : i     〈
       ノ、.| i: : . . ー-‐   ‐‐  i i         丶: : :∨  /   /,' =ー-  j


.
692 名前:名無しさん管理スレその6の>>1-6をご覧ください[sage] 投稿日:2017/08/14(月) 10:56:52.43 ID:iB/KmR23
新兵器投下扱いのあれかwww

693 名前:名無しさん管理スレその6の>>1-6をご覧ください[sage] 投稿日:2017/08/14(月) 10:57:16.97 ID:nA89PlRH
意味がわからないよ(殲滅

694 名前:名無しさん管理スレその6の>>1-6をご覧ください[sage] 投稿日:2017/08/14(月) 10:57:36.21 ID:aonRZi5U
新型の戦略兵器を使用したことになったあれかw

695 名前:名無しさん管理スレその6の>>1-6をご覧ください[sage] 投稿日:2017/08/14(月) 10:57:37.00 ID:x3D7tTPB
どうかんがえても、あたまおかしいのに達成しちゃったからなぁw



696 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2017/08/14(月) 10:59:50.35 ID:yeeHUJ3Z


             .//〉          /ヽ
              .///          //ハ
            /// -‐==冖==‐ ///,'∧
          .///::::::::::::::::::::::::::::::::::: {////∧     なんかもう、何でもありって感じだな
         /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::{/////,'}
         ./::::::::/{:::::::::::::::::::::::::::: ∨: {/////,'}     で、流石にその活躍は他にバレたのか?
        /::::::::/,_{ ::::::::::::: } :::::::::::: }:: {/////,'}
        .′:: /≧x :::::::::::: }:::∧:::::::}:: 乂///ノ|
        {::::::/ {:::}∨:::::::::::}/ ‘,::::,′:::::::::::::::|
        j/ .{:  ゞ' ∨:::::, \ ‘,/ /::::::::::: /
        .}{     \/ \\/}:::::::::::::::/
       八            \` }::::::::::::, ′
          .个   r ,  u _,/:::::: / \
          .|::/≧o。 __ -=≦ /::: /{///ハ
         j/ ./i:/   }  //::/  |////∧
          /∠_   :}/ / _//////∧
           {/{//}       ////////// }
           //∧__/__/////////////}
           .//////////////////////// }




            _ -=ニニニニ-  ._   ∧
           /ニニニニニニニニニ\ / ∧
         /ニニニ=-- ¨  ̄ ¨ -ニニ/∨ .〉__
         .ニニア´   -=- _   寸|_厶<   |
         {ニア / / /     `\ ^`、    \,/
         ⌒/ /  / .′  '   、  V /∧    :,    まさか戦術機中隊で旅団規模のBETA群を数時間で殲滅した、
     / / ィf∨  ,′i|   '   \`、 ∨ iト、  : ′   なんて誰も思いませんから
      |   | i|| i|   ',   '    /∧ ∨小ハ | i|
      |   | i|| i|   ‘,  '  | 、 i| ∨| | | j| 八   日本政府の公式発表は、『戦略兵器の使用によるBETA殲滅』
     ∧  V∧i   | .ト、-‐   |i´厂\i| ||リ Ⅳ./|    となっています
     i ∧  V∧  ∨厂\\ |i/.ィt示ァ  |/{ / f_ノ
     | i ∧ |V∧ 弌¨t苡⌒` ^¨¨´i| ,小j./ |i乂___    今のところ、それを疑問に思う人間は余程陰謀論が好きな
     | L__j / V | ト、\   、    ノ.イ(/ / .八 、  〉   奇特な方以外にいないということですが
      厂 / i }人 V圦`  、  ノ イ(小∨ /  .) 、′
    乂f{   | 从 j〉 \ > . _/(  `寸./ /  )
     .八  ∨ 乂_ノ ハ厂¨| r一 ⌒) .人,/  ィf´
      ゞ==ミ ∨厂{ i{/i_∧L_j∧ ,/'⌒弌  (__j廴__ノ
     // 乂_,)ノ |/¨ア¨´  i{ ア⌒ V__j圦___ノz<
    └{_/_/_{_{,/∠_  -く_〈__   `寸、¨ 厂[i[i[i[i[i[j
     `7 ア´  /\   `<__> 、 |´ i{ | | | | | | {
      :  ′  / (__)   ‐===- \i ヾ  Ⅵi| | | | | i}
      | {     |{         (__)}!     |寸^¨^¨「
      | 八   ’, __   _       リ     ; ‘,  :|
      /  j{ニr=ニi{ ̄  ‐== ニ- ∠    _人 }|   i|
    r‐┘/  j   i{        j厂¨¨¨7  | }i   i|


.
704 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2017/08/14(月) 11:09:10.18 ID:yeeHUJ3Z


                            /⌒ー'⌒ ̄>≦三三//
                      >──<     /´ィ´     //ヽ
                    r彡イ´厂 ̄ ̄>三≧=┬───イ/   \
                     ヽ ∨  >'⌒冫 厂 ̄ヽ~'⌒ヽ 〉.〉_  .i
                      」斗≦ノ⌒´乂ノ   }ト    ∨ r─≧}       この時期になってようやく、日本政府……
                         {   / / ∧     }i斗、 ヽ  ∨<   }       いえ、内閣は105部隊と入速出中佐への
                       ゝ/ / /,厶ヘ.   /}  }从}ハ. Y  \丿⌒>    認識を通常の感性では測れないものと
                      // /  厂/  人 /./ 示云ミ } ' }  ト ∨´彡′   改めたと言われているわ
                        {_|  {  {  r云 { /ノ   ゞツ // .|  |  |レ′
                       乂八 八ィヒリ 从{      / .|  |  }      抜けば最後、自分自身すら切り裂きかねない、
                     <  \ 从    `   ` ̄´/   |  | 乂      触れるもの皆叩き切る妖刀
                         _>个{.i ∧  > 三≧.  / /   .} }i
                     、__/乂> ´三三三三ユ.ノ| ./    厶イj       常人であれば、それを恐れて蔵の中にしまい
                      ≧==≦∨三三三三三三}__」/    /{ /       こんでしまうかもしれない
                    >───一 ∨三三三三三ユ_/ / ./
                    > ´  ニ二二二フ.}三三三三三カイ / ./         けれどこの時、日本を預かる事実上の統治者は、
               r ´     ──--≧/ニニニニニニニニリ// ./⌒>─┐    それを選択しなかった
               i       二二>/三三三三 / / /ニ/ /⌒ヽ
               | ー┬<´⌒ヽ∨/三三三三/ /  / / /     ∨   むしろ彼は、妖刀を誰よりも上手く、世界のため
               /   {厂   /∧∨三三三 / //  ./ / /       }   に使いこなしていたと言ってもいい
               _/    .|彡  /{.ニ∧∨三三./  ./ニ/   / / /       |
         / ̄ ̄ ̄ /     }///|ニニ∧∨三.人 /ニ/   / / /          |    だからこそ、105部隊は正しく人類の刃足り得た
       / ./ ̄ ̄_/     /\  │ニニニゞ≦ニ .| {ニ.{    { {イ´        {    のかもしれないわね
     { // ̄//      /\ \ !ニニニニニニニニ{ |ニ.|   |i八          }
      刈{    {i   ト、/   ヽ Уニニニニニニニニ乂{ニ.|    |トヽ         ノ
       \≧=-‐八  ゝ ` <  {ニニニニニニニニニニニニニ乂  | 冫ニニニミ   /
         /───┴   \ニニニニニニニニニニニニニニニ\八/     \/
         `⌒マ二二       ` ̄/⌒>-、ニニニニニニニニ.\\     斤}
            ト、三_____ { /    ` ̄ ̄ ̄ ̄´{ \≧=-‐/ |i
            j }   丿 /ニニ∨/八              \    .{  ||




  NVVVVVVV\
  \        \
  <         `ヽ
  </ /"" \ .ノヽ \
   //, '〆     )  \ ヽ
  〃 {_{   \   /  | i|    事実上の統治者
  レ!小§: (●)  (●) | イ
   レ §   (__人__)  |,ノ     それってもしかして……!
    /⌒゜。  ` ⌒´  。゜ヽ
   / rー'ゝ∞   ∞ 〆ヽ
   /,ノヾ ,> ∞∞  ヾ_ノ,|
   | ヽ〆        |∞|



709 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2017/08/14(月) 11:15:55.43 ID:yeeHUJ3Z


                            ,.... -‐…-、
                          -‐…‐- /__     /
                    /     /      ̄¨¨/、
               〈 ̄``~、/      /     ___ / \
             \   /_``~、、/ ,...--<_ / 〈     \     内閣総理大臣、榊是親
              \  〉⌒ヽ、_ ̄(_/ ̄\_)  ̄ \____〉__
                / Υ-/ / /   ̄      廴_   _/ /   当時105部隊の最高責任者にして、至上屈指の名宰相
              __-‐… / / /   ト、 _|  \ \ ̄\  /_   として有名な、あの御方よ
              \⌒ ー-′ /_i   l ´\ | 、   ';  ;   Υ"⌒>
              \__ _| | |l从  | ィ笊笏;   |   |    |__/    彼は今後、あらゆる形で105部隊を活用していく
                  (_| | 玳〉\|  ¨¨´ l   ⅰ ::   |
                    ⅰ | i|〈       _ノ   ⅱ ||   |\     当人達にとってどうだったかはともかく、彼は間違いなく
                    ⅱ | i|;{         ⌒ヽ 八人|\ | \   人類を勝利に導く駒として105部隊を使いこなした
                   /八人八ヘ _、       /´   ′ \|   \
.               / ./  i /  //>   //  ./:\    \    \      政治家としても国内情勢をほぼ完全に掌握し、
            /  ,    / /// ー< ./ /:/ー-... _   \    \    史上最も成功したハイヴ攻略作戦と呼ばれる
            /  / ,..-ァ,つ/// /ィi(/ / ///.-‐┐l_    \    \   甲21号作戦を成功させた人物
.         ,./  / /´/.// //'´/// / //   乂  \    \    )
       ∥ / / -< //   -‐||/// / / /´         ヽ  |\   \_/     名実ともに、日本の今を作った偉大な政治家ね
        / {/ '"  \\)  / ./》//:/ / /            |  \   \
.       / /    イ>_ノ.イ r ' //// / / /___          /\   \   \
      //{   -彳〃| >''"/ ̄/// / / /:/         /|   :    |     ヽ
    〃 ∧   { {{:∥/ィi〔///// / / |/           〈 :|  ⅰ  ::     j}
    |{ /  ,   ∨///////// /  /            | :l  ⅱ  |      ハ
    |{:/   ∧  f////// //// /  /     _,,,..... --   | ;:  八  |    /
   /  / | /:{//////:{/// / :〈 r‐=ニ二 __  ‐-.._    |/  |\}  |    /
.   /   / ) |.〈 ∨/////{// /  / Υ      _>-、/ `ヽ、 \ |::::::\;: _/__  |
  /   / /  | ∨ '//////;′/  / /  _,,.、丶´    〉   ___>|::::::::::{::}:::::::::::::/ |
. /   / /  γ⌒}  \///_|__; __ /_,,.、丶´        /-‐'"´/   /::::::::::/l::::::::::::/  .|
.   / {    {   {   //>|::::::::()::/            /| |.   /   >‐‐/ .|\_::/_   |
  / /⌒ 丿 ,ノ   〉// >彳/     /     //  /  <f⌒):/  |:::/⌒)フ /



714 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2017/08/14(月) 11:30:18.33 ID:yeeHUJ3Z


            _ -=ニニニニ-  ._   ∧
           /ニニニニニニニニニ\ / ∧
         /ニニニ=-- ¨  ̄ ¨ -ニニ/∨ .〉__
         .ニニア´   -=- _   寸|_厶<   |   それができたのも、お互いの信頼関係が
         {ニア / / /     `\ ^`、    \,/   あったが故でしょうね
         ⌒/ /  / .′  '   、  V /∧    :,
     / / ィf∨  ,′i|   '   \`、 ∨ iト、  : ′   105部隊は文字通り、どんな命令にも
      |   | i|| i|   ',   '    /∧ ∨小ハ | i|    絶対服従し、望む以上の成果を上げた
      |   | i|| i|   ‘,  '  | 、 i| ∨| | | j| 八
     ∧  V∧i   | .ト、-‐   |i´厂\i| ||リ Ⅳ./|     そして軍部や内閣は、彼等がその気になれば
     i ∧  V∧  ∨厂\\ |i/.ィt示ァ  |/{ / f_ノ    国家転覆さえ容易に行える存在であることを認識
     | i ∧ |V∧ 弌¨t苡⌒` ^¨¨´i| ,小j./ |i乂___   しながら、彼等を決して脅威として扱わなかった
     | L__j / V | ト、\   、    ノ.イ(/ / .八 、  〉
      厂 / i }人 V圦`  、  ノ イ(小∨ /  .) 、′   信頼関係、という他に言葉が見つからない
    乂f{   | 从 j〉 \ > . _/(  `寸./ /  )
     .八  ∨ 乂_ノ ハ厂¨| r一 ⌒) .人,/  ィf´     組織の指揮命令系統や原理原則だけでは動けない
      ゞ==ミ ∨厂{ i{/i_∧L_j∧ ,/'⌒弌  (__j廴__ノ    人間が、ただしくその法則に従い動くには、互いに
     // 乂_,)ノ |/¨ア¨´  i{ ア⌒ V__j圦___ノz<     同じ認識で動くという信頼が必要です
    └{_/_/_{_{,/∠_  -く_〈__   `寸、¨ 厂[i[i[i[i[i[j
     `7 ア´  /\   `<__> 、 |´ i{ | | | | | | {    信頼の上に、原則が立つ
      :  ′  / (__)   ‐===- \i ヾ  Ⅵi| | | | | i}
      | {     |{         (__)}!     |寸^¨^¨「     きっと理想的な軍と政治の関係があったのでしょう
      | 八   ’, __   _       リ     ; ‘,  :|
      /  j{ニr=ニi{ ̄  ‐== ニ- ∠    _人 }|   i|
    r‐┘/  j   i{        j厂¨¨¨7  | }i   i|




                __ ,,。。、
            >''~,,.。*'" ''~~7}。。,,_
         __/  / ''´    .//  ~''<
         /ノ_/イ ,、、ィ _,,。イ/-==ヾ) _}i
       / /-=ニニ=-、、≦、 ̄ ̄ ノ-=-}i-==ミi
   __,,,。。 ===∨-=ニニ=-〕i  ヽィ-=ニニ=-丿/-=リ     そしてそれは、最後まで崩れなかった
  (/´  (  ノ〉ヽ ∥\'''ヾ、  `~))彡、{_ノノ,,,ゝ-)
     ,,。イ/  (リ、  .', ', `''''爪<  Ⅵ} i} ∧     すくなくとも榊首相が、その政治家生命を終えるまで
    /_ i {'~~~´ i}、∨ミ', ', ', .iヾ,、i}''<州 リ /}',
   乂-===〉i {i i .i!/ }ノヽ, ', '  i うヾ≧)ゞノノノ}ノ     日本は間違いなく大戦期における黄金期にいたのだから
     `~~)、ヽi ∨代リ \i i ', i i ノ弋=彡イ´´
      ((__从ミⅥ  ´   i/! ',i .i   ゞ'//:.:.ヽ)}h、
       リ弋}、)ih    i i  .i !   .//:.:.:.:./:.:.:.:.ア≫=ニニ=-、
         i} }、リ__  ,ィ .i.i', i iィ''<,//:.:.:.:./:.:.:/イ/~~´´   \
            ト、~''<¬、 i.i ., i .i/ <、'<:.:./:.:.:.i/i/ ,        ∨/
              \  `ヽ.i.i、,i,' i!-=ニ//ヽ]__:.:.:.:i/i' ノ'´      ヽ∨/
           /{ )h、  i.i:::}リ ノ!-=ニ}iノ≠≠:.:.i/i {        ∧∨/
           ノ)i/   从i!, 从i-=ニ}i//:.:.:.:.:.:.:i/i、} /          ヽ!
          /'´ 〕  , '-Ⅵ'∥i i} -=}/''´:.:.:.:.:.:.i/i i /         ∨
         /   ´~}, '-=ニ`{.{リノ'.-=/_ >''~}:.:リ∥i,'    /       、 ヽ,
        /'    .∥-=ニニ.ヾ从.-=/__/>''~:.:,'∥,'    /      ヽ  ∨
       / /     〕-=ニニニ//从,、':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.{/! ,    ./     ', ', }  }i
    /,' イ      〕-==/ // i!Ⅵヾ、:.:.:.:.:.:.:.:.∧∨,   i{   _ノ} ',/,ィア´
   /          〕-==} .{_{iノiノⅥ_}_}:.:.:.:.:.:.:.:.:∧∨ヾ≧、ィ二ニニノ-=}/
  ,'    、      〕-=/  リ,',' iⅦ!´、、,,,__:.:.:\ 、ノニ〔 ̄ ̄ ̄≧=〉
.  ,   ‐--ヽ、    〕-/   i,' i i }i } \__ヽ_ヽ==-ヾ-ア爪>ニ=-ヽi}
  乂三ニニ=‐彡ヽ,   〕/   .i {i从}iリ   ヾ{_Ⅵ__〕''~´_}-.',,。イ ´´ ,'-i!
         ~"''~、,,〕!    i{Ⅶiリi!     } ̄:.:.ヽ,:.:i]ir==<__/ ,'}=i
             `´    ヾ!ヾ}リ     ノ〉〉}~}、:.:.,ィ==ニ、__\ ,' i-i!


.
719 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2017/08/14(月) 11:38:22.84 ID:yeeHUJ3Z


            /',
           / /Ⅵ   __         / 〉,
         /  /  i}_,.  7: : : : : : : : :“''ミ、〃 ′ ',
           /  / __ア :{ 〃: : : : : : : : : : : : : i{ l   {
.          /  /_ア: : : :l/ : : : : : : : : : : : : : : i{ l   {
         /  /ア : : : /{: : : : : : : : : : : : : : : :i{ l   {    でもよ
       [可〃: : : :/  {: : : : : : : : : : : : : : : :i{ l   {
       [ j{: : : : /   {: : : : : : : : i{: : : : : : :i{ r| /     そんな化物みたいな部隊がいて、何で日本は
        \!: : : :\   .{: : : : : : : :/{: :/: : : i{=彳 /}     BETAにいいようにやられたんだ?
           |: : : :{x=ミ、l: : : : : : :/_ ィ: : : / : :V‐ く=ノ
           |: : :狄 冰ぉ、: : : : ///∧: :/: : :/: ` ‐彳     島根どころか、西日本は殆どBETAに占領されて
           |: : : :{ 弋zり \/V/// V : : /: : : /:/      更地にされちまったんだろ?
          ',: : {  ¨¨¨     、//,厶.ィ: : : :/l: {
         ',:八     `     ̄ /: : : : /_ノv      じーちゃんやその仲間の105部隊は常識はずれ
            ',: :\    「  ̄ ヽ  ./: : : : /        の化物だったんだよな?
              \ : }`   V⌒_ノ ィ: : : : : ′
               ヽ} }/ T冖    }: /∨
               / iノ}    〃 \_
           __ -= ∧ {     /   /ニ≧s。
       _ -=ニニニニ/ ハ{ j  xく    /ニニニニニニ≧s。
      /ニニニニニニニi{ {H} V/ x([\  ′ニニニニニニニニニ',
       {ニニニニニニニ={ {H厂x([/  /ニニニニニニニニニニニニ}



         /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :`ヽ ___
         (: : : : : : : : : : : : :__:_:_:_: : : : : : : : : : : :/./::l
        >⌒ヽ> ´ ̄    ___    ー 、 : : /::∨::::| __
      /    ノ     ´          `ヽ::::::∧::///}
      / /  /  /     /   /   ヽ   ∨ ~⌒ヽ/ i
    /   /   ./ ./   /  /  ,'  /     | ヽ   V     ∨
.   ′ ,' ./ /  ,′  / ./   i  ,′    i  :i   ',⌒ヽ :.',     いいえ、彼等は間違いなく彼等の役目を
   |   .:i ./ ヾ|   .:i  .:|  ./| |     /  |    |  i  .:i     あの地獄の中で果たして見せました
   |   .:i/ ', .|  .:| 斗-/‐| |     ./ / ,′   :l  l  .:|
   |   .:| ', ヽ }   .:| /i /  lノ|   /,' /ーハ   , |  i  .:|     それは確かです
   |   :.| ヽ 八 ..:|ヤぅ斥芍' |  // / / } /  i   :  .:|
.  八   :.V γ´ハ :.', Vz.ソ  j/   ャぅ芹7 ./ / !    :,′
.    ヽ   :.\ { ( 八: ヽ, , , , ,      弋ツ ,' /  ' / ′ .:/
     \   :.ヽヽ,'  \__ゝ      ′, , ,.イ  / j (   :.(
       \  :.∨  从            八iイ 人    :.\
.        )   .:|i  ( .:(ヽ     ⌒   .ィ } i :..(.  \    :.ヽ
     ___   | :i .:|ハ  ヽ:.\≧     イ  人 ヽ \.  )  }  :.}
   ( (´` ノ  i .:| \  '. }   .fー、__..斗ャ=`ヽ '. .:Y / :/ .:/
   乂 彡'  ノ . .:ノ __jハ i |   ノ: : : }   ∨ ) i .:|  .:/ .:/
    >-─‐=<≦∧. ノ ,' ∧_. f',: : : : j    》/ /.:人 :( .:(
   ((_____....斗‐} / /   /: :/}_}∧: : /_____ / .:/}_}_) ソヽ `ヽ
   〈_〈_〈_〈_〈 〈 ノ ( ( .:/>ー=v‐=ー..<  'ー‐<7- 、}_}´}_}ヽ) ノ
    ノ_ノ_ノ_ノ_ノ_ノj丶 \(/:::/::::::i}i:::::`ヽ::::\    /   `ヽ  ∧
.   /_/_/_/_/_/_,' / ./:::::::/:::::::::八::::::::::::::::::::\_ ノ、     V ,' ヽ
  /_/_/_/_/_/_//  ./:::::::::::::::/ー-≧‐‐=二⌒~ .ーァヽ    ∨ノ {
  ししi_人.しし'/ヽ∠斗--‐'´            ' O ヽ    . i   ∨
.    |     ′ ,'  ` ー--- 、 ____  -‐'´       . . . :}    \
.    {    i   ! O          . : : : : . .      }. : :人     \
.    ∨    {: . . i          . : 八: : : : : : : : : : : : ,'. .ィ  丶:    ヽ
     ∨.  八: : : ',     .. . . . : : :/  > 、: : : : : : :_:/イ \  `ー、   :.
     ∨.   \: :.ヽ: : : : : : : : : : :ィ        ̄  i::i {   ヽノ ,'
        ∨     >、:.丶: : : :斗<               l::l |.    Y   》
       ∨    ∨.  ̄ i::i                   i::i {      〉  .:
          ∨    ∨   l::l               l::l |    / .:/  /


  鹿島がチラリと視線を紫に向ける。

  これ以上話してもよいのか。

  確認をとるかのように。

  それに対し、紫はコクリと首肯した。



728 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2017/08/14(月) 11:53:50.66 ID:yeeHUJ3Z


            _ -=ニニニニ-  ._   ∧
           /ニニニニニニニニニ\ / ∧
         /ニニニ=-- ¨  ̄ ¨ -ニニ/∨ .〉__
         .ニニア´   -=- _   寸|_厶<   |   1998年のBETA侵攻
         {ニア / / /     `\ ^`、    \,/
         ⌒/ /  / .′  '   、  V /∧    :,    これを説明するには、長い時間を要します
     / / ィf∨  ,′i|   '   \`、 ∨ iト、  : ′
      |   | i|| i|   ',   '    /∧ ∨小ハ | i|    もう良い時間ですし、これ以上は明日にしましょう
      |   | i|| i|   ‘,  '  | 、 i| ∨| | | j| 八
     ∧  V∧i   | .ト、-‐   |i´厂\i| ||リ Ⅳ./|    今からではきっと、夜が明けてしまいますから
     i ∧  V∧  ∨厂\\ |i/.ィt示ァ  |/{ / f_ノ
     | i ∧ |V∧ 弌¨t苡⌒` ^¨¨´i| ,小j./ |i乂___
     | L__j / V | ト、\   、    ノ.イ(/ / .八 、  〉
      厂 / i }人 V圦`  、  ノ イ(小∨ /  .) 、′
    乂f{   | 从 j〉 \ > . _/(  `寸./ /  )
     .八  ∨ 乂_ノ ハ厂¨| r一 ⌒) .人,/  ィf´
      ゞ==ミ ∨厂{ i{/i_∧L_j∧ ,/'⌒弌  (__j廴__ノ
     // 乂_,)ノ |/¨ア¨´  i{ ア⌒ V__j圦___ノz<
    └{_/_/_{_{,/∠_  -く_〈__   `寸、¨ 厂[i[i[i[i[i[j
     `7 ア´  /\   `<__> 、 |´ i{ | | | | | | {
      :  ′  / (__)   ‐===- \i ヾ  Ⅵi| | | | | i}
      | {     |{         (__)}!     |寸^¨^¨「
      | 八   ’, __   _       リ     ; ‘,  :|
      /  j{ニr=ニi{ ̄  ‐== ニ- ∠    _人 }|   i|
    r‐┘/  j   i{        j厂¨¨¨7  | }i   i|




          ト VVVVVVVVノ\
           \            \
             ヽ             \
           ⌒≧x   /^^\/ \ \
            彡  〆     )   丶 ∨
             〃 ハ     ―   ― Y:i|
             イ 从§  ( ●) (●) |从
            乂イ§     (__人__)  |
              / ゚ o   ∩_ つ /
                /     / _ イ |
             \  `´ /___! |
              \__/____/



  この時、ギャル夫は思い当たるフシがあった。

  旧松江城跡には、現在慰霊碑が立てられている。

  かつて山陰地方を防衛した部隊の総司令部があったとされ、最後までBETAと戦った英霊達が祀られ、
 山陰地方が奪還された日に併せて式典が行われるのだ。

  彼の祖父である入速出やる夫は、毎年の式典だけでなく、事ある毎にその記念碑のある城跡へ足を運んでいた。

  山陰が彼の故郷である、というのは分かる。

  そこを守った英霊に並々ならぬ思い入れがあるのも分かる。

  だが、ギャル夫は以前やる夫に付き添って訪れた場所で信じられないものをみたのだ。

  やる夫は、チープな昼ドラでさえ一喜一憂して涙を流すような男である。

  彼等の悲劇を思い、さめざめと涙を流す。

  そう信じていた。

  しかしやる夫は、笑っていたのだ。

  手を合わせるでもなく、祈りを捧げるわけでもなく、しかし懐かしい誰かを見るような遠い目をしていた。



731 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2017/08/14(月) 11:59:19.47 ID:yeeHUJ3Z


                -‐‐-
               /       \
            / .:.:.::::::::::::::::.:.:.  ゙
           ; .:.:.:::::::::::::::::::::.:.:.
             { :.:.:::::::::::::::::::::::.:.:  }
            \ :.:::::::::::::::::::::.  /
                > :::::::::::::::::: <
               / .:.::::::::::::::::::::.: ヽ
            /  .:.::::::::::::::::::::::.:  '
          ./  .:.:.::::::::::::::::::::::::.:.  、
         / :; :.:.:::::::::::::::::::::::::.:.  l \
          :.:l :.:.::::::::::::::::::::::::.:.:.  、  \
           :.:| :.:.:::::::::::::::::::::::::::.:. |\   }
         { .::|  :.::::::::::::::::::::::::::::.:.  |    ̄
          ヽ _ク  :.::::::::::::::::::::::::::::.: |
            |   :.:.::::::::::::::::::::::::.:.: |
           '.  :.:.:.:.::::::::::::::.:.:.:  ,
              、  :.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:  /
            {   ┬---┬  ,′
               ',  |    |  ,
                |    |
                 }   |   | {
                ノ  |   |  ヽ
             ` ー┘   └一 '



  ギャル夫は長年の違和感がフッと消えていくのが分かった。

  きっと祖父は、あの場で、彼等と一緒にいたのだ。

  何故、彼等は英霊となり、祖父は生きてそれを見守っていたのかは、分からない。

  だが、確信に近い感覚があった。

  祖父はあの場に、文字通り会いに行っていたのだ。

  この地で星となった、きっと、とても大切な人達に。


.
734 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2017/08/14(月) 12:05:23.17 ID:yeeHUJ3Z


                  ..,,-‐''''ヽ、     / /アt卅lヘ
                /へ \ /\   / / /ⅨⅧ| |
              _ 「/    \ _ヽ〈 //lll]ll廴 'サ|ヘ、\
              / ,,,--‐''''"lー    `゙l│ヘ|l゙l亡ソ'~~`゙゙ .._ 、
              /-‐' /   l \0   ゙i   ̄〈〈    |
            / ____/    ∥       ォ ..  ゝ、ォ‐'´/      一旦ここまで
            .| ̄       「 // ̄    _-- /、\
            |レ   ∠ニナ/   | {l三( 0) _ |  ./ ̄ヽ     山陰防衛から明星作戦の流れは、
            ∟_..-―゙゙’     | ヘ       |  /       私があんこ作者としての未熟さと、
          ┌/⌒/_    \ /\____/\\  |  | ,-‐-、     あんこスレの恐ろしさを同時に味わった
         ┌/⌒/\\\   ,-‐i‐|    /\ \\ |  |  \     思い出深いシーンでもあります
        ┌,'⌒/\ ヘ ヘ | /  ゙i   /\ \\ |  |
        ///   \\ヘヘ\|  | l  l ヽ\    |′ソ‐‐‐、     あれから一気に、やる夫を取り巻く
        ( ( (_/ ヘ /ソ   /  /\\ \  | 丿 _/      環境が変わってしまったと言っても
        \\\\/\ヘ    l /  /‐‐‐、 \i/i  /       過言ではなく、そしてやる夫という
          ヘヘヘヘヘヘ| |vvvvvv‐'厂 /\ヘ_/〈∠/ |  l /      キャラが私の中で完全に固まった
           `´`´,,-‐''''`'‐------'´ |__ヽ ヽ/ / ヘ | |`\    瞬間でもありました
.             ヘ   (-   ヘ/ヘ  ̄ ̄´|/ / ヘ |  /
             /\\l'''''''''''''i i┘/二__iニニニ レ´ニニlヽ‐--/     それではお疲れ様でした
            〈  ゙i\|ヘ) )\\\  \皿皿皿皿゙il'‐、__
              \ \-‐'´ノ  ''''‐-\  \皿皿皿\ |
               ヘ ゝ´´    / \―\ |\\\ |
                       /  /     \___


.
736 名前:名無しさん管理スレその6の>>1-6をご覧ください[sage] 投稿日:2017/08/14(月) 12:06:24.79 ID:zyS4O9U6
おつー、感慨深いな、振り返ってみると。

737 名前:名無しさん管理スレその6の>>1-6をご覧ください[sage] 投稿日:2017/08/14(月) 12:06:37.16 ID:iB/KmR23
一旦乙

738 名前:名無しさん管理スレその6の>>1-6をご覧ください[sage] 投稿日:2017/08/14(月) 12:06:50.35 ID:ZuhA+0Uc

あんこ系にはプロットは在って無いようなものですからねぇ







Next  その5へ


Back  その3へ


目次へ




関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カウンター
検索フォーム
カテゴリ