FC2ブログ

すまぬ。夏バテかなんかであらゆるやる気を失っている・・

【あんこ】人類は明日への咆哮を上げるようです 小ネタ【105部隊史】

6923 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2016/11/02(水) 14:31:08.79 ID:4d0JHNcu [5/74]


             ___,,,,,___
       __,--‐'''' ̄´ 、  `''''ヘ― 、
    - '' ニ            冫 .. ゙'、
,,」冖 ぃ  !  ̄ t ``゙゙'ゝ、,,_ " ..丿 `¦ヘ、
彳 .. ││ ! ! ‐ ニ、   `~~゙ T゙'、  ,,......∟          ちょっとだけ再開します
|∟ J┴‐」∟ 二 │      ヘ-′,, 丨〈ゝ 、
゙ゞrぇj」」i !|}l!|にl|什廾lサ n ,,_ ヽニ 〈 ''イ」l ___     今回は105部隊の部隊史をお送りします
 NNNNNMMMMMMMMMノニ(⌒) /"| ゙  /
       匚i 、_、    ..i〃 九 コl厂|||! |//
         M .. _ _....、、 、 'M} '|)|||||/'' /   /
         .M   ゙ ニi∩こM/  /| |  |   /
         'M   ./ ./llj!M丿  ! | | |、  |
         M _ ィ}xニ,'〈M¦ ./___|   |
         ゙M { ゙'ニ !l!M っ j'     |   |
         'M 二 ; ./Mゞ 」┤     |  /
         NNNNNNェ ' _ィゝ│ | ̄ ̄\/


.

6924 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2016/11/02(水) 14:31:21.68 ID:4d0JHNcu [6/74]


                            _,...-──‐-、
                           .イ´    .,丶  \
                         /:.     _,...-─‐-、`',
                         rt==¨ ̄ ゙̄  。.,  ':\_
                         j:!彡'__,,...─二二\.イ〕
                        //ー‐ァ=、¨r‐、,r´:'¨`Y二<ヽ.
                        |ニ〕(、.::...ノj_rt ゝ、:::.ノr‐‐、..,斤 ̄ ̄ ゙゙̄`ヽ
        / ̄,'¨ ̄`ヽ.         | _r、ミ=彡'::r‐、.:\彡'//´¨ヽxxXメx×メxメ|
      /´ ̄ ̄ ゙̄` ヽ. \       t/、 \/ /´__ ゝ、ィ´イ/   ノ‐──--......ノ
      〈_r=-'' ̄ヽ---ヽ-'        ゝ_)   |l/r‐‐、リ ,/: : /´       ゙`\
      〉、_ノ^ゝ='ソt´ヽ ̄¨'|         ラ≧'ゝ'::: ::レ'´ /:/´  __,イ ゙̄`ヽ.    ∧
      匕/^ヽy‐‐K´`'、\j         |´  /::: :/´=-K'  /´       \    ∧
      ∨|:^::y'コ<ス  ∨ム=、      ノ、___./::: ://O/| /          ∨   ∧
       ヲ、::ゝ`ー'´ 〕 ∨´ヽj    _,.ヘヽヽ'::// /\Kノ          ∨   ∧
 ___...──' ̄≧──--'彡'__∨_ノ`ー‐y'   7// /: : :\\ノ         ノ ∨  :}
=≠ ̄ス_.イ´¨\\.-' ̄`\ ̄¨    ヽ〉  メ /__./:.///ヽ'´      `ヾ  !  |   |
ヘ=/´リ´ /  /ヽ_/´ミ}  ノ      /∧//\.:////´          ',. | ノ   イ
__ノ斤≧'  |  〈__/ミ彡ゝ'ー'イ彡'    /  (/\\////イ           / ノ/   /l'
_.ノ八/\ ゝ、__彡`ヾ ̄ー‐,_r‐、 / /o\ /\ //            /イ   '__j
      `!  tf≡=| `ー、__//\゙.// /''' \彡∨´             ノ´___,,..--´i!i!
   ヽ.   i  ゝ三彡、 ///:: :: // ////´ く             /イi! i! i! i! i! i!|
´`ヽ. /__ノ  \ミ=.///:: :: // / ̄ ̄/ミ三三ミ、          /i! i! i! i! i! i! i! i!イ
`ヽ ∧`ー――/`' ヽ''ヾ.,__// /    .〈/彡'三三三\      ∠__j!i! i! i! _,.-‐¨ ̄/
  / ∨、i!i!i////ヾ´`' 7'__/  _,.'ヘ/三ミ、三三三三ニ=ー---''メxxxxr} ̄ ̄    /
/   ∨//V///  /´¨ヽ} / くヾイ彡三\ミ三三三/xxxxxxxxx广/       ,'
.    //  .//)/\::::::::/7 ,..=='三三三三ミ、三彡'xxxxxxxxxxxx/メ   ___|
   // |xX/// /゙ヘ ヽ_イ___〉'三三三三三三r‐''/xメxネxメxネメxネ./メ/fi! ̄fi! fi!fi!fi!f|
 //  i//)` //  ノ\_/川リ彡'三三三ン'夕xメxメxネxメ\xメxネ///i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!|



  第105独立部隊。

  通称、105(ヒトマルゴ)部隊。

  その起こりは、自軍前線部隊への諜報活動の必要性を、軍部が認識したことである。

  大日本帝国軍時代において、大陸での戦線が現場の独断専行を中央司令部が追認するという形でなし崩し的に勃発した
 歴史を鑑み、元来より現場の統制に心を砕いていた帝国軍であった。

  だが、戦術機の導入という大きな転換点を迎えるにあたって、その対策は急務となっていく。

  既存兵科とは異次元の汎用性とスタンドアローン性を持つ戦術機は、衛士個人が多くの情報を取捨選択する必要があり、
 その判断が尊重される一方で、衛士個人の思想・感情が戦局に大きな影響を及ぼしかねない危険性も含まれていた。

  先の大戦における政治体制や組織構造をそのまま引き継いでいた日本帝国では、未だに武士道などの美学を重んじる
 風潮が根強く残っており、場合によってはそれらが合理的判断よりも優先される可能性すらある。

  皮肉にも、戦争責任から皇帝以下貴族集団を護るべくその責任を一身に浴びせられた当時の内閣や大本営・軍上層部は
 その構造が一新されており、そうした感情を理解しつつも合理性に基づいて判断を下せる存在であった。

  特に軍上層部に関しては、東西冷戦構造に組み込まれる過程で連合国側から相当なテコ入れを受けており、 国民感情や
 世論が大きく影響を及ぼす政治家とは違い、感情とは切り離された合理性によって国家の安全を守る存在として作り変え
 られていたのだ。

  だが、頭が変わったからといって末端がそれに応じて変わるわけではなく、むしろ諸悪の根源として戦争責任を被せられた
 軍上層部への不信感は当時国民や軍人の間でも根強く、そうした足元からの反発というトラウマがあった。

  このような歴史を経て、末端の独断専行や権威を盾とした軍閥化の阻止に心を砕いていた軍上層部にとって、戦術機の導入
 は、同時に末端の兵士が簡単に命令違反を行える力を持つという側面も直視せざるを得なかった。

  そしてこれは、欧州等の大陸での戦闘を通じて、戦場における個々の能力が低く、周囲や他の兵科との連携が緊密に取れ
 なければ、貢献はおろか生き残ることすら出来ない従来兵科に比べ、個人が大きな力を有し広い視野で物事が判断できると
 錯覚しやすい衛士の命令違反・独断専行の割合は、比較にならないほど高いというデータによって裏付けられる。

.

6925 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2016/11/02(水) 14:31:53.73 ID:4d0JHNcu [7/74]


                                                          -―
                                                           /::::::::::::::::::`ヽ
                                                             i:::::::::::::::::::::::::::::/ >-
                                                        |::::_::::::::::::::::::/γ´    `゙ー、
                                        /:::::::::::`ヽ               弋;;)::::::::::::ノ_____  /
                                    i::::::::::::::::::::::ゝ ___           廴γ´ `\     i i`ヽ
                                   弋_,、:::::斗 ´__    ゙i          /         .\    i i ∧ ∨
                                     ヌ/´__ 斗ー‐i ̄rx二三≧≡≡≡彡 `ヽ      |   i i .∧ ∨
         γ⌒ヽ                        ゙jー――====i!rfγ´    ≧、rf≦`ヽ/       ./  ∨ ノ < 斗<
         廴:::::::::〉´≧ー、          ,、__,;_____/´`ヽ      ー-!                   厂三__斗<  斗<  `ヾ
         弋::::ノー=、―斥   fjzzzzニニニ{ ゝ /≧=ー 、/`ヽ ノ /´ ̄三二=`ヽ、           /`ヽ     ./
fi==≡〉ヽー=≡三/   j  i!.∨     ̄ ̄` ! 斗           / /´/       .i!\      斗< ー-  ∧  / |
   >-、   ヾ´`ヽ |ゝ= /゙∨           `> 、      ノ /  /        i!ヽ  ー-       ∧  ∧/  |
     < ゝ-   斗  /|   i!           .<  / ー 、/ 弋/  /       i! .|            ∧ 匕|   .∧
          ̄ ヾ / _|____i!ー、          `¨        r ヽ_/___    / .i              ノ ̄...i!≦ ̄ ̄ ̄ ̄
              |Hi!-|‐‐―ヽ |  .γ⌒ヽ           | ノt-    ≧ー- ノユ                { γ´i!-―――――
             /   !    i´   〈:::::::::::弋ー--、      ノ` /    ̄≧=ー-r ´ `i             廴__j! |
             / ̄ヽ/__ノ}    レつ::/____ヽ   /  /         |  ∧            /     .|
               .//,;、ー-、  ,..、__廴__  ゙Y     ヽ`ヽ ヽ、 /           弋 ノ               ./      |
             ././ ー==≡二ノ   ゝ、゙i/.、     i! ノ/ー-、> 、___      }             / ̄>、 ..|
            |  `ヽ/∨ .`゙>-<     ヽjー=≦//    `ヽ    |≧=ー--〈               / __    ー-   ___
            |   `ヾ  .i  ∧ノ  > _ イ  〉 / ./ `ヽ、   ./   ノ       .∨             /  /  >
            |    /  ヽ .i´ X    `ヽ、弋゙i /  /  \/  /∨      |          /  /      >
           `゙i´  ∨   `i   ゙i!       `゙ .|./  /    / /  .∨     /           /  /         /    /


  そんな中で、日本政府が決定した大陸への派兵。

  軍上層部の中には、先の大戦がフラッシュバックしたというものもいただろう。

  中央の目が届かない場所で、現場が何をしでかすか分かったものではない。

  105部隊設立は、要はこうした現場と上層部の相互不信が根本的な原因であった。

  こうした背景はおよそ10年近く後、とある政治家の台頭によって根本から改善されていくのだが、それはまた後の話である。



6926 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2016/11/02(水) 14:32:19.84 ID:4d0JHNcu [8/74]


. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .,ィ´ ̄`ヽ. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
. . . . . . . . . . . . . ..rュ__,_lュ、 ̄`ヽ,j___.   ,ri. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
. . . . . . . . . . . . . ..|__| !  了_,「jー'フー- 、  `T´ ,i|. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
. . . . . . . . . . . . . ..``ゝ- <´ ̄T'´,イ─-、;.;.;ヽ,/ ̄`ー'. . . . . .,、-─ 、. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:``> ヽ、二r‐-、 )).;.;.;i、..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!, -─‐゙i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:
..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./    j `ヽ /.;.;.;.;.;j ゝ、..:.:.:.:.:, -(_((__,、_,)-、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:レ'´`ー'´ `ヽ,j´;.;.;.;.;.;.;ノ>ニ>`ヽ:.Λ;.;ヾト, ,ム /;.;.;/ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:dト'"´=-``ry´ィ'´ ̄ ̄ `ヽ kj// `ゝ;.;`ー‐'ヽ;./  |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:rrェ、____r‐ュゝjr _、」」//   ,人    j,ノ/  / ,!;.;.;.;}.;.|.;」、  j.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.
.:.:.:.:.:・====| ∵∵∴T二ゝ-ゝ ノ!イゝ-‐'´ ``ー'´`、ヽ  `ゝ,r「三三ニii|=====・.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.Q二二)‐-、|,j,j,j``ヽ:::,!'´  _ _ ,,、---、 ゙iゝ-、、j `カ  `ーY」´ ̄.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ゝ_ ヾ、|!;.;.;/::,!  ,イ´-='´; ゙''‐ ゝ-',-‐r-、 r、|__」ゝ、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,ク_ノ`ヽ'´::,〉''´〈i、  シニニ」 ,!/.:.:.:.:/  /i l、 , ィ ´  ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ    /`ヽ.:,ゝ-‐「 ̄`ゝニニニニ,rイイl ゝr-r-r-o ゙i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\/ `ヽ、:l二二=__」ィ^i^i、ゝゝゝ」ゞ=r‐'‐'‐'‐'゙  |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/       |.:.:.:rゝ-、.:| ゝヽ `ー'^V´:.:.:l:::::::ヽ     !::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/  _  _,ノr'´ `ゝ'┼|`>,ー=='ヽ:.j:::::::::::::i    !:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::j,.'´    `、  `ニ)lili|i,i|ィ´.:ヽ     \:::::::::|    j:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|        ,ゝ-‐',ililil|i,i|ヽ.:.:.:.:ト     `ヽ,.:|   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!        /l.:.:.:i.:.:.:ヾilゞゝ`i.:.:.:ゝ        j 二k::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::``ー--‐''´  |.:.:.:|.:.:.:.:`i.:.:.:.:.:`i.:.:.:.:\    /Λ  ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|.:.:.:|.:.:.:.:.:.:`i.:.:.:.:`i.:.:.:.:.:.``ー‐イ::::::::``ー':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ.:.:ヽ.:.:.:.:.:.:ゝ.:.:.`ゝ--‐'"´..:,イ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


  以上の経緯によって生まれた、前線における内部監視組織。

  それこそが105部隊である。

  当初は部隊編成として戦術機を保有していなかったのだが、前線任務における自己防衛能力や
 他部隊との連携による任務遂行の円滑化を理由に、最低限の戦力として戦術機一個中隊が後から
 盛り込まれ、現地での活動中に人材を確保する強行日程で編成された。

  前線で敵味方問わず情報を収集し、歩兵部隊と戦術機中隊による実力行動も可能な、完全に中央の意志のみで
 動かせる独立部隊。

  本土防衛軍が軍全体を掌握する前の参謀本部にとっては、念願の子飼い部隊第一号であり、日本政府
 にとっても腰の重い軍の中にあって一際フットワークが軽い便利屋集団として認識され、文民である国防省
 がその指揮命令系統に直接関与できない特異な存在でありながら、その設立は比較的スムーズに進んだ。

  その特異性から、日本政府は勿論国防省の職員を出向させて首輪にしたり、情報省の諜報員が常に出入りする
 ような凄まじい有様となっていたが、その程度の事が可愛く見えてしまうようになっていくとは、この時はまだ誰一人
 想像もしてはいなかっただろう。

.

6927 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2016/11/02(水) 14:33:12.61 ID:4d0JHNcu [9/74]


                          f^Y
                               }:::} ___
                        __    {:::{ | l |
                    /:://   {ミ} ! ! |
          _____       fx:\>‐、 ._j jノ ,' ノ
          _/___//  ̄≧s。   (ヽ_>i,ィ:i::}_j/7 /./
      __/:r‐|oo| | ̄ー-=ニ二〔{θ\X⌒i<_,:'./──、
       //:/:::::|oo|_|       |込 ヘ_/::i):'⌒> ′ ̄ ̄ヽ
      {_|:/::::込_,ィ'マ≧、    j |__トォ〈:::/ー<´}.l}: : : :r‐r'´
.      ム j:::::r─、::i |ノ ゙ーァ=≦l_廴l〈/∧ヽo)}.|___∧j
     / ,j':::::::|  |::i_{_r─ァ' {/_ノ込二∧o)7 |'⌒{   ____
    f^if{::::::::|∩ ト〈 }〕__ノ  マz_,ヘj─iァ'〔 ¨ {. l、: : ト、/:.:./
    l }::}l::::::::|∪/,' `才辷─ミ、〉zzノ:.:〈_辷ァ' .!{廴ノノ>/
    |'^´|n:::::|_/ ,'  ./ //:⊂⊃ァ─ミ、込≧ ,'_>'^寸/
    | ノl |::/___,'_./二´:_,斗孑'    }.|::Ⅶ,' ,>{    \
    |i/::l |〈_i_∠ /:/       ,'_ト、:V 'r'´〉    ゙Y
    |{__j∩ム、ー、_):¨´,ィミz、_    ∧ニニ/ /ニⅦム、    〈㎞、
    ト、ム__|ト、⊃'´ j,ィ'´㍉、//    ,' Ⅶ/ /=ニⅦ_ム、  Ⅶ/\
    { 込三ム/ ̄/777'/)   /  .V /ニニ〈 \>'守、  ゙、ヽヽ>
.     Ⅶ: : :∧{|/ (⌒)>イ:|   /    〈/{ニニニム    マム   ゙*'´
.     Ⅶ‐ァ‐'< /`¨´: :}:::!  /       `Ⅶ=ニニム   `^ヽ  \__
      ̄   Y : :(ヽ)/::/ /         Ⅶニニニ}     \  Ⅶ≧s、‐-、
            |`rz_彡イ ! ∧        辷ニニリ        | \ Ⅶ三=\_〉
          rf壬 ̄     // Ⅹ        \‐‐ム.      八.  寸}──‐〉
        __| l      //    \      ,ヘ{___ム、     `ー‐゙寸´ ̄
     _r'f{_≧z。__//___/7    /\ヽ|  } /Y
   r匕込/ ¨ヽrf¨゙Y}{c'ij____ij/     `ー'^´廴_j^ー'
   `ー‐/¨7、: :〉',: :Ⅶ
      ゙ー┴'`ー┴‐'


  105部隊が本来の任務である諜報活動を進める一方、追加された戦術機部隊の整備は当初難航していた。

  後付の部隊ということで必要な資機材の搬入も後手に回り、何より深刻だったのが人材の確保である。

  前述の通り、衛士は他の兵科に比べ、特性的のみならず構造的に独断専行の判断を下しやすい。

  参謀本部としてはそうした心配のない人間的に信頼のおける人物、更に贅沢を言えば中央寄りの人間で固めたい
 思惑があったが、状況は既に現地部隊からの人員確保もやむなしという状態であった。

  そこで、戦術機部隊を預かる事が決まっていた草薙素子中佐(当時は少佐)の元、優秀かつ人格的に信頼できる
 衛士の確保に乗り出す。

  しかし現場は一人でも優秀な衛士を欲しており、特に信頼される熟練を無理矢理引き抜くことは、今後の連携に
 致命的な齟齬が発生する恐れから実行に移せなかった。

  通常部隊から指揮命令系統が根っこから切り離されているが故の融通の効かなさが、思わぬ形で噴出した事態であった。


  だがこの事がきっかけとなり、草薙素子はとある新米衛士と運命的な出会いを果たすことになる。

  そしてその出会いこそが、後に105部隊を大きく変貌させていくのである。

.

6928 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2016/11/02(水) 14:33:57.51 ID:4d0JHNcu [10/74]


                -‐‐-
               /       \
            / .:.:.::::::::::::::::.:.:.  ゙
           ; .:.:.:::::::::::::::::::::.:.:.
             { :.:.:::::::::::::::::::::::.:.:  }
            \ :.:::::::::::::::::::::.  /
                > :::::::::::::::::: <
               / .:.::::::::::::::::::::.: ヽ
            /  .:.::::::::::::::::::::::.:  '
          ./  .:.:.::::::::::::::::::::::::.:.  、
         / :; :.:.:::::::::::::::::::::::::.:.  l \
          :.:l :.:.::::::::::::::::::::::::.:.:.  、  \
           :.:| :.:.:::::::::::::::::::::::::::.:. |\   }
         { .::|  :.::::::::::::::::::::::::::::.:.  |    ̄
          ヽ _ク  :.::::::::::::::::::::::::::::.: |
            |   :.:.::::::::::::::::::::::::.:.: |
           '.  :.:.:.:.::::::::::::::.:.:.:  ,
              、  :.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:  /
            {   ┬---┬  ,′
               ',  |    |  ,
                |    |
                 }   |   | {
                ノ  |   |  ヽ
             ` ー┘   └一 '


  その新米衛士の名は、入速出やる夫少尉。

  重慶の激戦を経験し戦果を上げながら、新米故に大陸派遣軍司令部からは認知されておらず、一方で原隊から
 快く送り出されてきた、「非常に都合の良い」優秀な人材。

  彼こそが105部隊所属の戦術機部隊における最初の衛士であり、後に正式に発足する105戦術機中隊の柱となって、
 そして105部隊の在り方そのものすら変えてしまうことになる。


  ただし、それはあくまで未来の話であり、当時からすればなし崩し的にルーキーを配置してお茶を濁しただけに過ぎず、
 本命は本土から抽出される人材達であった。

  実際、戦術機部隊が小隊程度の規模であった頃の任務は、あくまで正規部隊の補助程度のものであり、精鋭と呼べる人材は
 揃ってはいたもののそれを使って戦況を変えるなど、この当時は誰一人想像だにしていないことである。

  少数の精鋭によって戦局を変える。

  そんな夢物語を現実にしてしまったのは、皮肉にもそうした英雄崇拝思想から最もかけ離れた場所にいるはずの、
 彼等本人であった。

.

6929 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2016/11/02(水) 14:35:44.57 ID:4d0JHNcu [11/74]


        、,. -‐'` ̄´゙⌒゙´`"'ー-、
     ,.-‐'"         . : ; : ゙;`ー、
    r'′     :.  :. . : : : : ;゙: ; ゙:::`i
   、ノ   、iヘ(`ーjノ⌒jノー=、 : : : ; : ;゙: ;゙.:l
    )  r'      ___ `‐、:::;:.:.:;::;:;::{
    ゝ._ L..,,_  ,.-‐',ニ二.`  ノイ:::r‐、::;:〉
       `「 ィ''ij    ー┴’ :  j::::「`i l;::{
         |. `r′   ` ̄""'':  レ'r_.ノ;/
        l  ヽゝ      .' ./ イ:;:;f^
       ',  `‐ ̄`    /  Lr'
        ヽ.       ,∠=r:::::┴‐┐
       r‐ ` ー‐ '' "´   |:::::::::;; -┴ッ''"´ ̄ ̄ ̄スヽ.
      _|           |:; イ///// ""    /::::ヽヽ
   / ̄/.ィl       _,,,... ィ'/////// "     /ヘ√~\f


  ボパールハイヴ強行偵察以来、総精鋭部隊としての105戦術機中隊の評価は僅か数年で完全に固まり、
 その背景には激戦地への度重なる投入と、創設以来損耗0という前人未到の消耗率。

  そして、教導隊上がりの衛士達による、独自の部隊内教育カリキュラムの確立が大きく影響している。

  105戦術機中隊はその損耗率の低さ故に、人間の出入りが他の部隊に比べて非常に遅い。

  それはつまり、新たな人材がやってきた時、周りは皆ベテランばかりであり、部隊が総掛かりで貴重な新人を
 余裕を持って教育できるということでもある。

  そしてその間に育て上げられた新人は、彼等を育てたベテランの代わりに入ってくる新人を、他のベテランと一緒に
 なって育てていくのだ。

  仮にどこかのタイミングで部隊が拡充され、人間が増えていたならこのような循環はできなかっただろう。

  特に教導官謹製の教育プログラムは部隊のスキルアップに大きく寄与しており、余談だが、105部隊で培われたこれらの
 経験が後に教導隊へ返り咲いた人材によって広く普及していくことになる。


.
6930 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2016/11/02(水) 14:36:06.79 ID:4d0JHNcu [12/74]


                  Ⅵ                //
                       Ⅵ                 //
                      Ⅵ                   //
,斗=ミ                Ⅵ                //                   ___
斗=ミ ゙ー=ニ二_               Ⅵ    , ━ミ.    //                _/ __>、
 (_) ゙ー=ニ二_ ≧s。__r───┐ Ⅵ n__f´ fifi ゙Y_n__//              _,斗'”_>'” (_) >、
_) (_)      ≧s。_/ ̄ ̄ ̄ }   Ⅵh}_{ fi{U}fi }.{hレ/    ,斗─‐=ミー'´ ̄_,斗'”   (_) (_) 〉、
:......                 } .r─Ⅶ  ト、___,イ ̄/n .,斗'”_,斗─=ミー'´ ̄         ........./ ム
=ニ二::::::::...........     , -ァ──‐frf| i: :| \込 `^´ノ _/: l | |: :.Ⅵ              ...:::::::::::::__ノ、:\ ム
    ̄二ニ、__>─‐〈/    {─=ミ/ ̄}::゙寸`^" ∧ ゙̄Y´厂∨、______   ......::::::::::_,斗'” ̄   寸_>'
         ∨〔__  Ⅶ_____j::::::::::}   |:::::::゙寸 /::::}  | /:::::::∨>'’ ̄` 〉〉─‐ォ─'”
        ∨{___,       /'” ̄`寸'`Ⅶ─V─‐、'´   ̄`YⅦ    // ⌒/
.           ∨ア、_ノ{ }、   /⌒゙ー-、___\____/  __ノ }::Ⅶ>'’ ̄ 、_〕/
    ____    {゙ーr───‐'寸   込__)、_____r'__ノ /:::::Ⅶ__ノ{  }ー'_/
   |:::::::::::゙Y   {::::{     / {:゙寸、      r──‐ミ   ,イ}>'廴_,斗匕7  r──.、
   |:::::r─'|  乂j r─、. /   |: :.゙寸、    /l     }   ///   ∨  r‐、{   {:::::::::::::ム
   | ̄   .|   | /  i/   .|: : :.| ゙寸-‐'Ⅵ l     ∧_ム'ノ     Ⅶ {  ム   | ̄`ー‐ム
   |     .|   ノ r─、 }    .|: : :j_  \  〉、l___ム/        Ⅶ  _ }  |       }
   Ⅷ   ム  { /:::::::::}}    。s≦=}    寸 〉::::::::::::(,イ  ./≧s。   Ⅶ /:::::ハ ノ      /
    マ    〉^Y:::::::::::ノ{。s≦ニニニニ|_   /\j:::::::::::::::{/__/ニニニニ≧s。Ⅶ{:::::::::}'’ム    {
     {   /  廴___/ Yニニニ二>' }─'’ヽ/::∧:::::::::込__゙Y二二二__,イ⌒ヽ:::j i }   l
    l   l      ノ≦ ̄     l___>'’V  Ⅷ ̄i}゙寸=-、    ( ゙̄Y  ゙´ l | Θ |
.     l Θ }    r'”::ノ         Ⅵ__n__∨ Ⅶ ,リ }__n_}     ゙ーミ  ヽj  ',   |
    八  .l    { ̄´        {  U   ∨ ゙Ⅵ' / U }        |     ',.  ノ
   。s≦V }    ∨____         |、     ∨ ~ /   /    r'´ ̄∧     Ⅵj
s≦ニニニニ∨     ∨´ ̄`      |込     ゙寸ノ   /     :    }_ム      Y≧s。
ニニニニニニ/      }∨           l:::::`ー、      r'”|     廴___/|_ニ}      }ニニニ≧s。


  こうして作り上げられた不死身の部隊は、一般にはその存在を秘匿されながら様々な形で暗躍し、
 そして本土防衛線から明星作戦にかけて、その実力は絶対的なものであると証明する。

  この頃には時の首相・榊是親によって軍民問わず国内体制は盤石なものに作り変えられ、105部隊の本来の存在意義であった
 前線での諜報活動など意味を持たなくなりつつあった。

  そうした状況の変化を受け、105部隊は本来の諜報任務主体の組織構造から、戦術機部隊の運用を主体とする組織構造
 へと転換。高い隠蔽性を持ちつつ戦略機動性を確保し、国内外問わず迅速に展開可能な少数精鋭による特殊任務部隊
 「インビジブル・フォース」の特性を獲得する。

  そして2001年現在、105部隊は人類が反撃の狼煙を上げるその瞬間を、静かに息を潜めながら待ち続けている。

.

6931 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2016/11/02(水) 14:37:50.27 ID:4d0JHNcu [13/74]


                  ..,,-‐''''ヽ、     / /アt卅lヘ
                /へ \ /\   / / /ⅨⅧ| |
              _ 「/    \ _ヽ〈 //lll]ll廴 'サ|ヘ、\
              / ,,,--‐''''"lー    `゙l│ヘ|l゙l亡ソ'~~`゙゙ .._ 、
              /-‐' /   l \0   ゙i   ̄〈〈    |
            / ____/    ∥       ォ ..  ゝ、ォ‐'´/
            .| ̄       「 // ̄    _-- /、\
            |レ   ∠ニナ/   | {l三( 0) _ |  ./ ̄ヽ    以上です
            ∟_..-―゙゙’     | ヘ       |  /
          ┌/⌒/_    \ /\____/\\  |  | ,-‐-、
         ┌/⌒/\\\   ,-‐i‐|    /\ \\ |  |  \     今回は文字が多くなってしまいましたね
        ┌,'⌒/\ ヘ ヘ | /  ゙i   /\ \\ |  |
        ///   \\ヘヘ\|  | l  l ヽ\    |′ソ‐‐‐、     見辛かったら申し訳ありません
        ( ( (_/ ヘ /ソ   /  /\\ \  | 丿 _/
        \\\\/\ヘ    l /  /‐‐‐、 \i/i  /       本編は夕方か夜に再開予定です
          ヘヘヘヘヘヘ| |vvvvvv‐'厂 /\ヘ_/〈∠/ |  l /
           `´`´,,-‐''''`'‐------'´ |__ヽ ヽ/ / ヘ | |`\
.             ヘ   (-   ヘ/ヘ  ̄ ̄´|/ / ヘ |  /
             /\\l'''''''''''''i i┘/二__iニニニ レ´ニニlヽ‐--/
            〈  ゙i\|ヘ) )\\\  \皿皿皿皿゙il'‐、__
              \ \-‐'´ノ  ''''‐-\  \皿皿皿\ |
               ヘ ゝ´´    / \―\ |\\\ |
                       /  /     \___


.
6932 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2016/11/02(水) 14:37:50.89 ID:dS4cPvSf [1/8]
本来の本命はやる夫でなく
初期メンバー見る限りやっぱアムロがいて
それを中核に育てた新人がが本命だったのかね

6934 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2016/11/02(水) 14:42:43.20 ID:t9Vdr101 [4/8]
一旦乙です
この世界だと富士教導団は12.5事件で戦死してたはずのベテランが生き残ってる+105・A-01からの人材の流入によって凄いことになりそうだ



6936 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2016/11/02(水) 14:58:01.89 ID:4d0JHNcu [14/74]


              /i ̄ ̄ ̄/ ̄ ̄(  ) ̄ヘ
              |//i ̄ヘi``''‐‐‐---l-/ヘ
               / /‐‐''''゙i―i------/エテヘ   ヘ
               `´,,,,,/___|/l\i、\‐-| j """/l |
              /  `゙゙゙゙゙゙''''゙iハ ノ \-‐'''''´/   |       >>6932
            /i        // ゙iヘ   〉  ゙i   //        そのとおりです
            /レ'    ∠ニナ'/   |   |゙i / ゙i/ /
         __,,,/```'''‐-,,,,,,,,,/,---‐‐‐| /ヘ ゙i   〉 /     ,/   事実、やる夫のように前線部隊から引き抜かれて
        ,' くく  /┐\゙i l |  __| | ゙i ゙i ゙i__/    /     105部隊に入った即戦力の衛士は他にいません
        |┴┴/ ̄ヘヘヘベi | | /    ヘ/    \\/  /
        ゙i ̄l |  | | | | |┤∟_l三( 0)/ ,----、  |ヘ-‐''ヘヘ     伊奈帆も元は第一師団所属ですが当時まだ若手であり、
         ゙iMMMNNNNNNN//  ̄/ ̄\    ゙i  | \ ゙i ゙i/  本土が後方であったこともあって実戦経験はなく、
          MMMMNNNN// ̄// ̄\\\  |  |  ゙i   /  進やみほに至っては任官からずっと105部隊にいます
           \  l   ,--‐‐''''/ / /\____/三( 0)゙i  ヘ/|
            `''''''''''´´i´ヘ,,,,,,,〔 ヘ三( 0)   /\ /  ゙i     105部隊は下手に即戦力を入れるよりも、部隊内で育てる
              _-‐‐‐‐‐-、/ ゙̄i゙i゙i    /ll,'li]三( 0)   \   方がいいと考え、事実その方針に従って多くのエースを
  ∧∧ /i ̄‐‐v‐'''''l /∩\三( 0)   /|ll,'li]l]illl   / /     排出しています
  | | └´──┐/|        | |\__// |  / /
  | |  |     | ┌'''' ̄ ̄ ̄ ̄| | |//\ |/ /       そして初期メンバーがほぼ本土から来た中央派揃いであった事を
  \i`''''''‐‐‐‐三( 0)____|_|//  \\/         考えると、通常の前線部隊出身者はやる夫だけです
     ̄ ̄ ̄ ̄-─────''''''''''''''''´




             ___,,,,,___
       __,--‐'''' ̄´ 、  `''''ヘ― 、
    - '' ニ            冫 .. ゙'、
,,」冖 ぃ  !  ̄ t ``゙゙'ゝ、,,_ " ..丿 `¦ヘ、        なので105部隊の現状は、衛士業界のキャリア組エリート集団を率いる、ノンキャリ
彳 .. ││ ! ! ‐ ニ、   `~~゙ T゙'、  ,,......∟       経験者の叩き上げ隊長・入速出やる夫ということになるでしょう。
|∟ J┴‐」∟ 二 │      ヘ-′,, 丨〈ゝ 、
゙ゞrぇj」」i !|}l!|にl|什廾lサ n ,,_ ヽニ 〈 ''イ」l ___  元は彼も陸士卒のエリートなのですが、適性的に前線指揮官が適当であった
 NNNNNMMMMMMMMMノニ(⌒) /"| ゙  /   為に出世街道から外れ、ノンキャリ組として生きていく筈だったのが、何故か
       匚i 、_、    ..i〃 九 コl厂|||! |//      今ではキャリア組を率いる立場になってしまっているような状況です。
         M .. _ _....、、 、 'M} '|)|||||/'' /   /
         .M   ゙ ニi∩こM/  /| |  |   /    エリート揃いの105部隊がある意味前線部隊よりも豪快でざっくばらんとしている
         'M   ./ ./llj!M丿  ! | | |、  |     理由は、前線育ちの叩き上げが頭にいるからだとかそうでなかったりとか
         M _ ィ}xニ,'〈M¦ ./___|   |
         ゙M { ゙'ニ !l!M っ j'     |   |
         'M 二 ; ./Mゞ 」┤     |  /
         NNNNNNェ ' _ィゝ│ | ̄ ̄\/


.
6937 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2016/11/02(水) 15:19:23.82 ID:t9Vdr101 [5/8]
面白い編成になってるんだなあ、いろんな意味で

6938 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2016/11/02(水) 15:24:32.50 ID:tYZKaE9n [1/2]
やる夫が帝国軍として公式にBETAと戦った日本人第一号だからなぁ
やる夫より実戦経験が豊富な人間は、帝国が自由にできないか帰化人なんかの訳ありだからね

6939 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2016/11/02(水) 16:28:38.21 ID:t9Vdr101 [6/8]
「アメリカン・スナイパー」とか「イミテーション・ゲーム」みたいに後世機密解除されたら映画化間違いなしやろなあ

6940 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2016/11/02(水) 16:35:27.38 ID:Ne/95mFK [3/4]
一旦乙。
インビジブル・フォースか・・・・・後年になってこの情報が公開されたら世間はどんな反応をするんだろ?
それに斑鳩は斯衛軍なのに105の存在を知ってるようだし、これからどう絡んでくるんだろう?

6941 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2016/11/02(水) 16:38:15.06 ID:MKKSRDsh [1/3]
ファンタジー以上にありえない現実
盛りすぎやろこれ!とか言われても証拠がどっぷり出てくるからなぁw







Next  その116へ


Back  その115へ


目次へ




関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カウンター
検索フォーム
カテゴリ