FC2ブログ

指摘感謝。ちょくちょくミスります(´・ω・`)

【あんこ】人類は明日への咆哮を上げるようです その61

2578 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2016/09/18(日) 14:22:55.25 ID:xhLglMMU


             ___,,,,,___
       __,--‐'''' ̄´ 、  `''''ヘ― 、
    - '' ニ            冫 .. ゙'、
,,」冖 ぃ  !  ̄ t ``゙゙'ゝ、,,_ " ..丿 `¦ヘ、
彳 .. ││ ! ! ‐ ニ、   `~~゙ T゙'、  ,,......∟
|∟ J┴‐」∟ 二 │      ヘ-′,, 丨〈ゝ 、
゙ゞrぇj」」i !|}l!|にl|什廾lサ n ,,_ ヽニ 〈 ''イ」l ___   再開します
 NNNNNMMMMMMMMMノニ(⌒) /"| ゙  /
       匚i 、_、    ..i〃 九 コl厂|||! |//
         M .. _ _....、、 、 'M} '|)|||||/'' /   /
         .M   ゙ ニi∩こM/  /| |  |   /
         'M   ./ ./llj!M丿  ! | | |、  |
         M _ ィ}xニ,'〈M¦ ./___|   |
         ゙M { ゙'ニ !l!M っ j'     |   |
         'M 二 ; ./Mゞ 」┤     |  /
         NNNNNNェ ' _ィゝ│ | ̄ ̄\/


.

2579 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2016/09/18(日) 14:23:12.18 ID:xhLglMMU


                       _,,,,--‐゙゙l               /             _,,,-'"
                  ,,ー'゙´   ,/             /         r'"゛
                  |     ,./              /             ,!
                 !    l゙^"              ,..―'"゛           ..l
                 ゙l.   `、        ,..-‐¨                   !
                  |  .,,,/     .,へ"゙゙.l          , ---、    .,./゙゙ーゞ
                  ! ./ . ヽ,,   />   \l .,,--、 ,, --′  .l   ,ノ
                 ,./   !   `^^´ ヽへ/l´   `゛      l,,..-'"
                ,r′  !           /         ,r'"
               /    ━━┓          /            /
                /    /  ┃, -'''''-----(゛            ゝ 、_
              ,イ    /  /┃゛         /               |
             /  \   /l         |               /
         /     .`'''''ー-./           !               !
        l゙             |            ,ノ             ヽ
        ヽ          l        ,/         ..-^'---- ミ__
         _.ヽ       _.. ノ       .'!、、           /           ヽ
        / `'′_,ノ ゙̄'''"           ヽ           {             \
  __,  -'"   ,ノ .!、               l,       ,,|           /
  .l.    / ゙'"    l               l         / |      ┏━┓,.. ヾ
    ´""′       .l     ., 、      \   |     . /  l    ┏┛  ┃、
              ( _,_   /   `''、, \  \┃   _/゛   ゙''、.  .┗┓  ┃│
              " .`'./       ̄゛\  ┃"゙7゛       `'''゙ . ┗━┛ |
                     ゙‐'l゙      ━━┛  |         /   ,ノ    !
                   /           /   /ヽへ  /   .l゙     .,!
                  |./.l....,,....、   .,,./     >   / ,/    .!    ,ノ
                   ヽノ ___ ノ   ゙l'''t     ヽ/  ,!     .ゝ   /
                        く.... ―‐'"  ´  ̄`''ー''''‐....ノ       ゝ‐'゛


  京都陥落後、BETA群は北陸と東海の二手に分かれて進行を再開。

  山陽地方に封じ込められ、突破力が一点に集中した京都防衛線とは対照的に、
 分散し力が削がれたBETA相手に、関東近郊を預かる東部方面軍は獅子奮迅の抵抗を見せる。

  特に東海地方を守る東部方面混成団は、京都から撤退してきた部隊を吸収しながら
 富士川にて帝都第一防衛線を構築。

  日米国連の太平洋艦隊の援護を受けながら、およそ一ヶ月近く敵の侵攻を停滞させた。

  また、北陸を進むBETA群と対峙した第12師団は、東北分断による関東の孤立、
 そして南下による挟撃を阻止すべく縦深防御を展開。

  海岸線と飛騨山脈、越後山地等の山岳を壁として沿岸部を進む敵を誘い込み、
 日本海に展開する帝国聯合艦隊と、山岳部に陣を構える砲兵部隊が、側面からBETAを削り取っていったのである。


.
2580 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2016/09/18(日) 14:23:38.06 ID:xhLglMMU


                          ゙マ丶
                             \ \
                             \ \
                ,斗─-、  n        \ \
               /丶_,斗‐ >、. Ⅵ       ,イ\ \
                 〈  , '´__{_f´∴\Ⅵ     //  \ \
              /¨\/  込    \廴f⌒Y//__,、 \ \
                /  〉   /  \     〉‐ァ'/:ム___∴ヽ \ \
            |  .{  ,イ_ノ丶/_゙ヽ、 ___/、^f´::::::ム─'___.゚, 寸ム
            |  /_/   /{__〕 〈_/  ゙´ \:::} 八::::ム_〉  寸ム
            | 0/ ,'`Y^>ノニj≧s。_ノ‐┐゙¨¨ー‐〉 ̄{   ̄   f^'   \
              { ./ ,' /ノ、{ニニ{ニニ≧x_fj 〈 ̄∧  Y¨¨゙ー─廴_   r、 ヽ
           /レ' /  / {_,イ}__,斗‐┴ミ ̄〉_7  乂_ノコ     {<_⊃ト、Ⅵム
          ,イ ,イ  f´   ,イニ{/、 ,へ  ゙ヽr─、⌒ヽ廴_>'” ̄⌒寸彡 Ⅵ_〉
            {  { __/─ァ'’ニニ}_,ィ⌒ヽ、   Ⅵ{_j}、  ゙Y        ∪
          ゙ア”´ ムニ/ニニニ,イ∨    ト‐-=ニ  }::\/
         ⊂〈  fヽ∨ニニ//_/    ∧:::::ノ:',ム ゚,:  \____
           ゙ー∪、込/\/ /, '⌒i ,' 〉_∧::ム }    \_ニ/
          r‐、_/〔__ ,斗'”〕〕/\,' _/    乂_ノ\    〈 〈〉/
          /  込__)ゝ 斗込 / /       {ニニニ\  _ノム__r‐、
         廴        o ゙ー┴=ニ二_     Ⅶニニニ゙寸'::::::/:/::::::゙ヽ
           ¨/ーォ----=ニ_ o  o  ¨ニ=- ._Ⅶニニ/ ̄¨¨寸:::::::::ノ
           /ニ_//      ノ¨ニ=...__o       ̄¨ニ=──--=ニ壬_____
             /ニ//´   ,斗'”          ̄¨ニ=- ._____            /
         /ニ/ノ   /                Ⅶニ∨ ̄ ̄{ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´
            L/   /                   Ⅶ_∨   ム _
        /   ./                       〈 ̄込、__// 〉
       イ__    /                     { <___  _j゙ー=ニ、
     _/:::::}  ノ、                         ゙ー┘└┴───‐'
     f´、 寸>'¨¨ア }
   ,イ込)__   /廴>'’
 ,ィ(__,斗゙辷>'”
.(___>'”


   しかし、奮戦むなしく済州島という中継地点を得て無尽蔵のごとく湧き上がるBETAの物量に、
  8月下旬には新潟県佐渡ヶ島にBETAが上陸。

   後に甲21号目標とされる佐渡ヶ島ハイヴの建設が確認される。

   国内にハイヴが建設され、今まさに東京へと移った首都圏にもBETAが進行しつつあるという
  国家存亡の危機に対し、政府は改正兵役法を即日施行。

   16歳以上の女子にまで徴兵対象を拡大させ、国家総動員体勢による総力戦へ移行する。


.
2581 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2016/09/18(日) 14:23:56.62 ID:xhLglMMU


                                         _,.-‐'">、 _
                                      _r'ヾィー,."-_,.ニ゙‐、゙、
   ,.:_ー--::.、.._              _,....._        _,.〟ー'´ /j'r'"r'"´  " ヾl
 r-_'::.、..`_゙_'''"、ヾ,:-、_::..、....__    .,.:'´;   ,`'ー:.、   ,:''´   ゙ヽ '_,´-ー''′      |
.//``゙゙゙''''''ー、゙ゞ-:、...,ノ'    `,l  '、ヽ',.、 ,ト' ,、 ゙'l,  l゙ヽ、__,.-ー´          ヽ.l'
l'′      `゙゙゙''''''''ーー--┬'";'′  ゙l o,`",.ィ'o,-、 ノ _,゙-゙'l ゙l         _,.:-ー''´
'l               .l l,.:-'"´´ ゙t.,'.´,'´/lヾ''" ゙l´゙ヽ  L.゙l,.:-''"ヽ _,.:-=';´
.゙-''"、.__        ,r‐-:、l,.-' \ /r' ,ィ'´ヾ-''  l .0 ゙l   r',.-,‐ヾ゙ ,´‐'" ",l
     `゙゙゙jニ'==--_' l",´‐ 、゙l   \ ゙´' ゙、:、  / l  ,l l  ゙、彡",ノ_,l    l、
       ',.l,゙   `l l≡=,ノ',.l  / ゙,r‐:、 '、,..."´、l l、 l'-'" ゙''l"´´  _,.-'"ヾ'、
   ,..、.,ィ''‐、;,、,.   ゙ー`ニ"l/゙t-、 / / ヽ.ヽ'''"´ l l ゙、j    ゙ー''"゙ 、 ゙'ゝ,.ヾ.
--、/、- '/゙''‐"-/`'-ッ._  ゙l j'   \゙' '、   ゙ヾ_''_'"..、゙lノ'         ゙-、"-'"゙ヽ,-ー::.、
 / `゙ '`/-:.、/,/.、 '-, `´´      ゙ヽ, `ヽ  l´.゙=='..,))'           ゙lヽ_,.ィ゙ ,.´^ヾ、
,/`゙'''''l /-',.r:;`:;゙''‐' '--:..、._       ゙''、_ ィ゙';´‐゙r'"゙ー'ヾ''''''''''ーー、    r' "r'"r' ,:'",:'ヾ、
 ゙  / / -"、'_  ,  `゙ ´ ゙ `l-ー''''"ヾ"´゙ヾ,.、 l  l ゙,、   l     ゙l,    ゙:、 ゙-''゙、,:' ,/ /,/
  `゙゙'/r'`゙'''''ー-,l  ,;-:、 / ,l'      ゙l" ´,.:-ーl  ''l`ーl .l     ゙l     ゙:、__,.:'゙''゙゙‐'-'


  だがそんな日本に追い打ちをかけるような事態が発生する。

  米国から通達された日米安全保障条約の破棄と、在日米軍の即時撤退。

  佐渡ヶ島ハイヴ建設に伴うBETAの侵攻停滞の隙を突くかのような、いっそ鮮やかとも言える
 この梯子外しによって帝都防衛線は大混乱に陥る。

  これにより、帝国軍は防衛線の再構築と今までBETAを堰き止めていた富士川の第一防衛線
 を放棄せざるを得なくなった。

  米軍の撤退がなければ、横浜ハイヴ建設はなかったとさえ言われるほど、東海地方の防衛線は
 完璧に機能していただけに、日本人の対米感情はどん底まで落下。

  同盟国軍として友に血を流してきた戦友から一変、危急の事態に尻尾を巻いて逃げ出した裏切り者
 として、米国および米軍は日本人から蛇蝎の如く憎まれる事となる。


.
2583 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2016/09/18(日) 14:24:45.01 ID:O1oYbVOq
ついにきたか佐渡ヶ島ハイヴ



2582 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2016/09/18(日) 14:24:34.48 ID:xhLglMMU


                                       ,斗' ̄ ̄丶
                                       r'”{__r‐{  ̄ ̄\        .,=ミ
                                    込zzz≦廴 ∴  \  n  .,イ○)
                                         \::::\  _,斗ヽ|.|/イ0)'
                              _,斗、_        >'’:アー'\_,イ”::゙ー/
                              〈::::〉   “”≧s。  / ̄フ_〕  l/:込:ア'”
                              ∨::',__  Θ  〉' ""/ ̄アニ⊃:,イ八___,イ_
                              /゙ ̄\ \斗'”   /\_fミヽ、/,イ_)_)_〕゙lー、__)
                                /:::::::::::::::\ {     _〉‐'(_7ヽ)'ー'’\ ̄}ベ述、_
                                \___,斗‐='”\__ノ∠二二二二二フ──≧‐ァ'__
                            __,斗─'“”ニニニニニニニ/〈_〔__l__〔__(____〔_(_(_(二二0'
                      _,斗'”/ ̄ ̄≧s。、___,斗イ、  ,ィf| /ー‐、 ゙Y__〔   /_〉 ∴ ∨
                     ,斗─≦ニニニ/:::::::::::::::::::>'”ー─へ_::゙iイ-┴'、_j─‐'  }__〉 Ⅵ、/ ̄  _/
            ______/ニニニニニニニニ゙ ̄>'” ̄     ___,斗匕   寸ヽ.  |_>_/<: :゙7、_/´//     ,イ:\
         _r≦__,斗匕ニニ,斗‐‐ァ'” ̄ ̄ ̄ ゙̄ヽ、zzr≦_ __________ ○‐  ,寸丶 .|{ { l}:.:゙Y〈    ̄´    /:ii::ii:/
    __,斗─r≦、 {::::〈 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ __,斗─ァ─ァ(_ノ \__:└‐┐ ̄__>    }::::\_>'.ⅥU}l: : }ト、──‐-、 ,イ\‐込____
.._,ィ´,斗匕 ̄|{ /}  V:::)       <___ <:f´: : f´     〈 |::::r‐┘≦___ノ、:::::ノ   ゙´}:::}: : l 〔|⊂⊃  〉/::ii::ii:゙>::::::|__(}
(_ (____、,. -‐'` ̄´゙⌒゙´`"'ー-、-、゙ー゙ー┴‐ァ─‐'” ̄ ̄ ̄アニニニニニニ〉  ', f´:/}: / ノ‐┐  〈”≧ー込__ :::|二ニニニ!
 ゙ー─ ,.-‐'"         . : ; : ゙;`ー、` ̄ ̄ ̄´       ,イニニニニニニニ/∧_,.:'⌒}:/:廴レ'’::::::廴__/:::::::::::::::f:f ̄ ̄)
    r'′     :.  :. . : : : : ;゙: ; ゙:::`i           /ニニニニニニニ,イ  ∧_ノ〈゙ー'”\厂¨〕{ ̄_) ,r‐、::::::||=ニ二__
   、ノ   、iヘ(`ーjノ⌒jノー=、 : : : ; : ;゙: ;゙.:l               〉ニニ>'”f ̄{:{   ,:',イ/       〔:::゙ー'__::゙ー‐'::::::|:r‐┴─'
    )  r'      ___ `‐、:::;:.:.:;::;:;::{           〈ニニ/__r=廴丿{   ,:' (__(       `¨´ 廴_ノLlノ
    ゝ._ L..,,_  ,.-‐',ニ二.`  ノイ:::r‐、::;:〉          __ ゙ー'’} ̄ ̄ ̄{::゙ー'^V〔
      `「 ィ''ij    ー┴’ :  j::::「`i l;::{        _/f⌒}}__ノ     〉___>'ム
       |. `r′   ` ̄""'':  レ'r_.ノ;/      { | |/”::f´        {乂j}  ム
       l  ヽゝ      .' ./ イ:;:;f^        ゙コ {:::::r'’  ,斗'⌒ー'廴:.ノ   /
       ',  `‐ ̄`    /  Lr'       〔  ト-廴_/        ゙ー─'
       ヽ.       ,∠=r:::::┴‐┐      { }__r=='
       r‐ ` ー‐ '' "´   |:::::::::;; -┴ッ''"´ ̄ ̄ ̄スヽ.
     _|           |:; イ///// ""    /::::ヽヽ
   / ̄/.ィl       _,,,... ィ'/////// "     /ヘ√~\f


   そんな中、撤退する第一防衛線部隊を逃しきり、殿の理想形として教科書にまで記載されることとなる
  「富士川の奇跡」は、日本人を大きく鼓舞し勇気づける。

   それを成し遂げた帝国軍屈指の精鋭が集う富士教導隊は、世界に冠たる精鋭部隊としてその名を轟かせる
  事となるが、その事が後に大きな事態を招く副作用をもたらしてしまう。

   国内の英雄的存在を柱として、国内世論は米国だけに留まらず外国による干渉を嫌う排外主義、
  そして統一民族国家としての日本を至上とするナショナリズムが爆発的に蔓延。

   その矛先は、朝鮮半島に駐留する大陸派遣軍の帰還を妨害する国連軍にも向けられていく。

   皮肉にも、英雄を産まないための部隊から解き放たれた英雄達によって、日本は自らの可能性を直視すると
  同時に、それに酔いしれ暴走していく事となる。



2584 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2016/09/18(日) 14:32:15.16 ID:xhLglMMU


                             _ _   _
                             \  /\:::::`ヽ
                           __ヽ.i::::::::\:::::::\
                         ....‘:::::::::::´: ̄:ァ:、ヽ::::::::\
                      ,.:'_::::::―::<::::::::∠::::!::}_::::\:::::ヽ      「現代の神話、富士川の奇跡」
                    /:::::::、:::::::::::::::: ̄::::::::::::`:.::フ::::\:::‘.
                   /::/::i:i!::::ヽ::::::::::::::::\-―一'::::::::::::::\:‘.    「それを成し遂げた教導隊に迫る」、か
                  /::ィ::::!:::i!i!\::\:::__:::::::\:ァ´:i::::::::::::::::::::`ヽ、
                  ,:::/:i::::|:::| ! ヽ\/ヽ' ヽ:/::!::_:::!:::::::::::::::::::::::‘.   最近新聞はこんなものばかりだな
                  i:イ:::|::::\ヽ-     ,ィ芯、i::::::::|' .Y\:::::::::::::::::::::‘.
                  |:i|::::i::::∧芹、   '  r':::}〉::::::i_ノ  \::::::::::::::::::‘.   連日同じ話題で飽きないのかね
                 !{ \{`ヽ:ハ r'}     ゝ' !::::::::!、_ ,   \::_::::::‘.
                         /::∧ `  _    '|::::::,' _ ,. -―'´\:::_`>::‘.
                     /::::/≧ 、_ ィ  }::::/´  ヽ.ー-'  ̄\:::::::::‘.
                       /::,ィ -―‐ -- 、}  i:::,'      、     丶:::::::‘.
                   /:,:'  ̄二ニ,=-'´ ,.!::i        ヽー―- 、ヽ:::::::‘.
                     /:/  / r':/   r':! !::| , - 、    ‘.  _ \::::::::‘.
                  ,.':/   i /7´_,- 'ヾ、|::i   〉.    ∨´  \ \:::::ヽ__
                   /:.'   / ̄ `  /   i::{  / ヽ   ‘.    ヽ‘ ̄:::\   `ヽ
                ,.':/   /  -=  /      !::{ \'   ヽ.   ‘.    \::::::::::\   \
                 /.'    {      i _   / ヽ\'     ヽ   ‘.      \:::::::::ヽ   ` ー ― 、
               i:;'    ヽ _-―二ニ=-'、  >、ヽ.     ヽ,   ‘.     !::\:::::‘.
               !i    /´   ̄    7´=-/´ ヽ:\   /    ,.'     |::::::::\::‘.



         /::::::::::::::::::::::::::::::_>
       /::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
    「 ̄`ヽ;::::::::::::,.::--‐─ァヘヽ.
__,. -く7  =-」ゝ-く-=ニ  /-、::::::ヽ、       無理もないって
:::::_,.へ、____r、_____,.へ___  !、 `ヽ、_::ヽ.
>r、____rヽ、____,.ヘ____ヽ`ヽ_!__ヽ、___<::ヽ、     実際に見ていた私らでも魔法を見てるようだったんだ
ハ/   !__,!ィハ ! ハ `ヽハ、___ヽ___:::::::::::::>
ヽ.レ、  i rt、/ レ' 、,!_ハ   ヽ. `ヽ_二フ      明るい話題に飢えてる人間からすりゃ、
  ノ) ハ ヒ_!   ,r'-=!、! ハ  ハ!   i      例え嘘でも縋りたいような内容だろ?
  ヽハY!" ,    ヒ__rハ (ソ)/  i / 〉
  ノ .人    _    "(ノン    ハ  (      特集を組めば飛ぶように売れる
  〈へr V>、.,____  ,.ィ(Yノヘ  / ! ハ〉
       ,.イ/ヽ/ヽ}><{ /V  レ'        新聞記者だって、売れる新聞を書いて儲けなきゃ食えないからな
      /7::! ! /-イ::ム ヽ.
     r〈/::::'ー':::::::::!   _r〉
     7/:::::::::::::::::::::ヘr'"´ ヘ


.
2586 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2016/09/18(日) 14:33:26.38 ID:0Od+Yrfq
英雄になってしまったか

2587 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2016/09/18(日) 14:33:27.67 ID:QGTXzfKq
英雄に夢を見るのがしかたないほどギリギリになってるんだよなぁ
すがりたい気持ちもわかる

2588 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2016/09/18(日) 14:33:46.67 ID:9g+DUr4V
ナショナリズムは怖いけど末期国家なら強引にでも統制上げなきゃいけないってのも分かるしなあ…

2589 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2016/09/18(日) 14:34:03.92 ID:K1U+lSRr
アメリカはホントに畜生ムーヴだよなここ

2590 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2016/09/18(日) 14:35:14.09 ID:cGZTYUvC
なんたる皮肉

2591 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2016/09/18(日) 14:36:02.51 ID:A7KvR0v9
一番恐れていた事が現実に…



2594 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2016/09/18(日) 14:43:26.62 ID:xhLglMMU


           〉::::::「 ̄`ヽ、_::::::::::::/     L_
            |::::::/   _\>「 ̄ヽ//   フ
         __,,,!..-::::___rヽ、__,.ヘ「 ̄ ̄ヽへ__ー-'、____
       -´::::::::::__rへ  i   /    // `ヽr、:::::ヽ、    けど、だからって影響されんなよ?
       |::::::___/   >┴─' ̄ ̄ ̄`ヽ-、__,.、/7__::::::::〉
       〈:::」\  >'´        ヽ,    `ヽ、_」:::::/    英雄なんてろくなもんじゃない
       /  、>' イ    i  |    i  ヽ, 、   i ̄L_
       |_____.,'  /  ノ  /\_!, !   ハ !_,.ィ 〈   〈イ /    いい英雄は死んだ英雄だけだ
.        ' /⌒ヽl イ  .!ィ'=ー'ォ、)ノ !.ィーrト, ノ   /(」/
      , -‐f   い.」レ7 l !、 _r!     ヒ_rハ!  ハノ//     生きたまま英雄になった奴に、ろくな最期を
      〈   |     t_, ト'._ _´ ̄     ,    "!Yヘ人(       迎えられた奴はいない
    ,-、ノ,.-‐ !     ,゙-、`ゝ、 ,!          ハ )>-`‐´─-,
   /   f:::::::, ヘ  /  ヽ:::::l. 〉‐' ̄ヽ ̄   ,.イ´Y( ,. -‐─‐ - L
  ./   /::/l  ヽ |     ヽ::ヽ‐t    ゙r< -/´ ̄`ヽ‐- 、   j.
  L. _/::::{  l     t\    ヽ::|/ヒ.ヽ _レ'-く.      |こ _ ‐- L
  `) {::::::ハ  ヽ、   ヽ     l::l ノ  ‐l ‐-o、| ̄`  /-_─_ - .ノ
  ゝヽ:::t ヽ. __ヽ. r j、___ /:::リ   ,.ゝ∠ イ‐ / ̄ヽ.‐- 、_/´
    \ヽ\   rヽ二.ィ :::::::::_/     / l.| l.  /;!  '´  ト、::ヽ
     ヽ >::`‐::‐':::::::::::::;.イ´ ,ゝ,-‐ァ′ハ `ーl:{ `i     l. l:::::}
       ゞニ7ーr─'ス`ヽ く ∠、 /`iTヽ !:::Yゝ._ ノ ノ:::r’
             `T´‐| _jー、`ー'メ ′ ハ‐ヽ::`` ー‐ '´:::ノ
             〉 , ´ 」/] lヽ/ ヽ. /  V{::`、 ̄ ̄



.: : : :.′: : : : : : : : :.ー-==ニ.: : : : : : : : : : : : : : :./;イ.:.::}::.ヽ.:.:ハ:.:.:.:.
: : : : |i: : : : : : : : : : : : :|: :`ー=ニ: : : : : : : : : ://.:.'.}.:.:./}.:.:.!.:..:.ハ:.:.:.:.
: : : : |i: : : : : : : : : : : : :|.: : : :. :. :.-=ニ.: : : : //⌒ x.:./. i.:.:,': : : ハ.:.:.:.:.
: : : : |i: : : : : : : : : : : : :|./⌒丶.: : : :.\ ,ア/.:.:.//__∧ /:.,':: : : :.ハ : : ::   英雄を決めるのは群衆だ
: : : :∧ : : : : : : : : : : : :|{.{.''㍉ハ. : : : : : : |ー≠'.    } /:.//.: : : :./.:..:./
.:. .:. ∧.: : : : : : : :. :. :. ハ.  〈|.: : : :. :.| ix. ....:::}Ⅵ//}:: : : :/≠、/    どれほど望まざる結果だとしても、
: : :.l.:.:.∧.: : : : : : :. :. :. :.ハ.ヽ.マ|.: : : :. :.| `ヾト-=ヘ, ,イ´''"⌒       目をつけられれば最後だよ
: : :.|: :l: : \.: : : : : : : :. :. :.ゝ、__,|i : : : : : : |     ‘⌒'´ {
: : :.|: :l.: : : : \: : : : : : : : : : : 〃i : : : : : : |        :.           これから教導隊は解体されるだろう
: : :.|: :l: : : : : : :.\: : : : : : : :/ 八.: : : : : :.l        \
: : :.|: :l.: : : : : : : :./\: : : : /    ;: : : : : :l          /         教導隊の目的は布教ではなく、教導だ
: : :.; /..: : : : : :. :.,'   `: : /.    l: : : : : :|  `⌒丶, ′
: : :./.: : : : : : : :.:′  }''"      |: : : : : :|     /       忌み嫌われるほどに現実を叩き込み、未熟者を
/′.: : : :. :. :./     ,'      ',  |: : : : : :ト _ イ /        矯正するのが役割だというのに、その教導隊が
: : ;.: : : : : :. :./.   ./       ', |: : : : : :|i: : : :l;′        現実離れした信仰の対象になってしまった
: :′.: : : :. :./.   /;三三ニ≧s。、ハ: : : : :.|i: : : :|i
/.: : : :. :. :./   /    `ヾ三ニ爪.: : : :.|i: : : :|!



2598 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2016/09/18(日) 14:55:20.47 ID:xhLglMMU


                     ,. --- v ‐、
                      /:.:.:.>:.ヘ /
                     /:.:.:./:.:.:_,.-∨ー-....,_       もうあの部隊は、本来の役割をこなせない
                 /:.:/ム_r_ヽ_,. > ― -、ヽ
                   //:.:.\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\    あれは見ればトラウマになる
               ,イ´:.:.:.:.:.:.:..i\:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:./!i:.:.:.:.ヽ、
              //:.:.:.:.:.:.:.:.:.イ,、:.\>vく_:.ノノji:.:i:.:.:.:ハヽ  あんなことをやってみたい
              / /:.:.:.:.:.:.:.:/ !f |:.:.:kf:::ぅ、  _ナ7:.リ:.ハ:i }
              /   /:.:.:..:.:.:/  ゝィ:.:.! `'    ムノkィレ' リノ  奇跡と呼ばれてみたい
            /    /:.:.:.< ̄`ー-、  j:.:.!、  _  `/:.:ヽ '
         /   /:.:.:.:./  ̄ `7 ̄ ヽ:ハ r-  ´ ヽ:.:ハ      教導隊というだけで、人は富士川の奇跡を連想する
.        /   /:.:.:.:./    ,イ     i:.}, ゝ=ニニ>、:ヘ
          ,'    /:.:.:.:./   //   , へ!:.ハ'、 ゝぅ ヽ ':.',     呪いだよ
         ,   /:.:.:.:./ ,ィ'´ 7  人   j:.レ' ̄`ー'=='、  ';.',
.      -f―‐'7:. ̄7´/  /  / ∨7:.ノ   ヽ _   ヽ ';.',    あんなもの、誰であっても出来るようなことじゃない
       i  /:.:.:.://  . /  /   ∨∧: : : :_ i : : : : : }  ';,
       ', /:.:.,才    /  、'    /:∧: ィ:ニ > = = {   '}   それを履き違えた未熟者が、我先にBETAに突っ込み死んでいくだろう
         ∨´:.:.:f    ヽ   ヽ  //'  ヽ: : : :      `,   リ
       //:.:.:.:.:.:!     ` 、  v'/    ∨:ヽ: ._ ,.   ハ  j   本来それをさせないために基本を叩き込む教導隊が、
.        /:.:.:.:.:.:.:i        ゝ  `ゝv、_,.j-へ 二 ー- ィヽノ   自らそれを実践してしまったのだから
       /:.:.:.:.:.:.:.:.!         ハ!`f//::::::::二ニミ、 ― ‐'ハ
      f:.:.:.:.:.:.:.:.:!|         Ⅵ `^>ー-`:., `^´ ー ' i ハ     何も知らない人間は、それこそが奥義であると信じるだろう
     !:.:.:.:.:.:.:.:.i!|            '! /     `       !  i\
      |:.:.:.:.i|:.:.:.!i|            jr'             }  |, ヽ




             \ > ´  ̄ ̄ ̄ `丶:.\
                ,  ´ : : : : : : : : : : : : : : \ ト、
          /: : : : : : : :  ̄二ニ====ヘ、 \
          /: : :./: ': : : ハ \: : : : ̄二ニ==──ァ、     英雄は衆目に晒された
.         /: ,: : :/: :!: :|: :| ',: :ヽ: .:\: : : : ̄二ニァ′\
       / / : : ': : :!: :|: :|  \: :\>` <: : : :/ \      そして大衆がそれを模倣することで英雄像は穢され、
       ,' / |: : l : : l _」__|   `/ > 、: : `>ヘ: : : : :.\     英雄の剣はそれを扱えないものにとっての邪剣となる
        l/ .|: : l: :'¨l⌒ヽ|`    ,ィf斥ハア | }: : : : : : :ヽ
.          |: : ト、: :l: lT7ハ      マ_Jイ: : :|ノ : : : : : : : ∧     きっと彼等は、これから先多くの衛士を殺す
         \l : ヽ: ト、マ_J}  ,       | : : |: : : : : : : : : : ∧
              \;ハ r'^ `r‐-- 、    | : : ト、 : : : : : : : : : ∧     自らがやってみせた諸刃の剣でな
                 | \ヽ`寸ヽ \ . ィ| : : | \_:_:_:_:_:_:_:_:_∧__
                 | : : l\丶  丶^'rz!| : : |≪二二二二二二二フ   本当に、皮肉な話だよ
               _|: :に二 _   ,ノ,ノ}>、__|_  \: : : : : : : :∧
             ∠二| : : |三ヲ7l ̄` <_,ノ \ `丶 \: : : : : : :∧   もしもこれが衆目にさらされること無く、闇に秘められた
               /レ'⌒7:7く ノ r一} }\    ` ー-` 、\: : : : : ∧   ままであったなら、誰も苦しまずに済んだろうに
           -─ァ′/  r'zイ `  ′ 以 |: :\      \ \ : : : :∧
      /  /  / ,k〃厶_,厶-‐ァヘfイ| : : r \      }  ヽ : : : ∧
  __ ∠  イ   ,レ'´ `´       ,ハ| : : |ノ / \______,ノ    : : : :∧
    /        /           l} | : : | ./          i: : : : : |
  ̄        {: . . : : ⌒: : . . . . . : : リ,八: : ∨           ト、 : : : |
           人: : : : : : : : : : : : : : ://: :∧: : }              l \ : |
           /  Y´ ̄ ̄`ー--: :ミ//: : : : 〉:.リ              |   ヽ|
            /  /´ ̄ ̄ ̄` ー─v'/ヽ: :// :(              |   |



2607 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2016/09/18(日) 15:05:20.16 ID:xhLglMMU


          /  ./      /  // ./   } .i       ヽ
          |  /     /l  / / /    l ト、  l     l|
          |  |     /l  /  | /     l | ヽ l    リヽ
          ト, ,|    / | / _, イ/  ヽ--、|,!__ヽ l    }レ'-、 /ヽ     そんな……
      ノ`ヽ、  V{ヾ  l ,. l-イ/´  !     __|_ `ヾi  , ' /り//  ヽ
    /   \-、Vl  ゙、 |  Vニ_       ,.=r--、V / /チ'´    , )    彼等は最善を尽くしたのよ?
    <      ヽ‐|ヽ .ヽ |,イ,ノ;;;;;;i        r';;;;;;.iヽl / ,/レ'    ,. '´ /
   ,. -ゝ、ヽヽ   ヽ,l ゝ ヾ 弋_-り       ‐'―'-,レ / /ー‐,/,/ _ ̄ ヽ   それにあれが並の腕では
   {   `ヽ\   ヽ> ヽ !  ヽヽヽ   ,   ヽヽ /',.ヒノ--<,. ノ,.  '´  ,_.-|   出来ないことだということは
  ヽ    ヽヽ   /  `ヽ`ヽ      , - 、      人_.   Y´  ,. イ´,/    一目見れば誰でも……
    \\  ヽヽ /  ヽ「`ゝ 、     ー‐'    , イ   } /  ヽr'´ /ム===-、
   ,. ---ヽi  ノ'´    ヾ    `ヽ 、  _ , イ´     |/     \ ,. ___、  |
  /     ' /, -―- 、 |      `゙  | | 、_       {  ,. -―-ヾ   | /
  レ'´ ̄ ̄ |´       !、      / /Ti`r 、ー     |'´     ノ    '´
       ヽ       ∧     /イ|| | iヽ、__    }     /
         ヽ ,    / {_ ,.. イ/ L-―‐_| .|ニノ`ー' ヽ   >'´
          ,}    |     ー|  i ̄  ̄ | |      |   ヽ
         /     {      |  |     |  |     /    ヽ




                      ___
                    __/ ≦__ ̄ ̄`
                  イ __   -‐‐-  \
                //      -‐=ニ  >-=
               / /,  /     __    \   \ __      見届けたものであれば、な
               i! i:i:i / / /   \  \         ̄
               i! i i:ii i/ /     /∨  \__    r--‐    だが、これから先彼等の戦術を
             ノ i!i!:i:! i!/ ヽ .|!,/   i i!ヽ       \    真似ようとする輩は、誰ひとりとして
      -‐ ─  ニ  i |´| | Ftッ、/i/ニニi i! \‐-=ニ_____     それを見たものはいないだろう
    / /  ̄ ̄ /  | |、| i!   /´} {ヽ ̄/=i! !ニヽ、\
   ./ /     / ,/  i i! .} | /  、__)ニニニ,∧{ニニi !\ \       見たものにしか伝わらんよ、あれは
  / /   .r、 { 〃{ヽi .,.} i∧ ト、   __]ニニニ/ニニヽニニヽニ\
  i  {   |  ー‐‐' }/ー '.i´i! i:i:iへ ´.‐!ニニ/ニニニ=≧=ニ{ {__≧      伝聞では伝わらない、まるで何かが
   ヽ ニ=- 7     |\:i:i ヽ ヽ :.:.:>-< ̄ヽ//////∧ /       乗り移ったかのような戦だった
    / ̄ ー'>‐=ニニミ< ヽ、 \ \‐= __ i/  ∨//////} {
    ¨} /. : :{__      `ヽ \    ∨//,\   i!/////,/ \       私では無理だ
    〈/__: : : : : : ̄{    . ∨/∧   ∨///\  i!////:.}   \
    /  i! `´⌒\:.:\ . : : :∨/\  \////\i!//´i! /`ヽ (⌒     真似などできん
   ./へ i   .:i  ⌒ヽ}: : : : :i! {  ミ、  ヽ ̄ ̄ヽ{/  /    \7
   {: : : :\:__ .:.i  /   \: : : }  〉   }  }ニ=‐--\_/     }      だが現実にやってのけたのだから、
   i!⌒ヽ: : r :.:.i  },. : : : : : : / ./    i  /   ヽニ{__ 〉__,ニ=-‐ヘ__   出来るはずだと考える者がいるのは道理
   .i! //}: : :7:.:.i  : : : : : : イ/     //     }ニ{ i: :  : : : : : : : :
   |// >- 二ヽ___ ィ-‐ 、r∠           /ニヽ \ヽ__: : : : : :   きっとあれを見ていなければ、私もそう思った
   i: :`ヽ__   }: : : : : : : : : i!///>        /ニ=-ニ\ \{、 ̄⌒    可能性は高い
   !へ: : : : .、/.:   : : : : : }/∠_         /ニニニ\ `ヽ
   i!    ̄ミ  、  . : : : : ///\         ∠ニニニニニニニ7
   i!      \: : 、: : : : ///\ ̄           }ニニニニ/={
           ̄


2613 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2016/09/18(日) 15:09:54.60 ID:xhLglMMU


                    l l l // /,へ  ,へ ヽヽヽヽ ヽ
                   , ' ,' '// //-‐`´‐-l l ヽヽヽ ヽ
                      / /,' // ノl l 、    , ヽヽ ヽヽl  ヽ
                       /  /r,=,ノノ、 ヽ / /ヽヽ__ ̄ヽ ', ヽ       だが、それを心配するのは今の危機を乗り越えてからだ
                 ,  /  l l //弋_・_、/\ィ_・フ ヽヽヽ l ヽ ヽ
                   / / / ,ー,'/、  /ノl l',    /_≧z、ヽ  ',ヽ ヽ     外野がとやかく言うべきことではないし、彼等もその覚悟が
                    / / / /∧∧ / ,'ヽl__l/   〃l l ll l  ', ヽ ヽ   あってこそ前に出てきたのだろう
             ,rー' ノ_,ノ ,ノ//∧∧l/  ___    /...l l ,ノ ノ、ヽ ', l  l
           /l//´/´/´ _ノ_ノ_ノ l  l\ ´    `/ /l`/ ∧ ヽ≧、ヽ__l_            我々は知っている
        lヽ__/. |/ィ≦三≧z、 ̄  ∧l  l  \___/ / / l ヽヽ>、≧ニニz、ヽ  /',  ,ィ/
   、__lー‐'__ `ヽ/l三三三z、   ll  l   l   / l  l  ヽヽ'三三三/ー' _ ̄  {_   それでいい
    ヽ,イ二二二二 z 、 l三三三ニz、 ノ l  lヽ  l   /  l  ヽ, '三ヽヽ三r-',.-<   `ヽ r'´
   /----z、   ヽ ー,三三三ニz、ノ ノーヽ   /, -――, '三三 l l,ノ/    ヽ     ヽ   もとより一兵卒、語るべきは結果のみだ
  /, -―''l´ ̄ ̄   __ヽl三三三三/ /、   ヽ__//   , '三三三,' ,' /        l       l
. /l     l_,..-'''" /__ヽl三三三 / /三z、  l l   , '三三三 ノ ノ'´_,..-―― 、 l       l
 l ヽ_/      /__` ヽ三三ニl  l 三三z、ノ ハノ<~`ヽ三/{ { l/        ヽ     l
 l /  l       /__ `ヽlノ ヾニ l  l_≧-'''<~ヽ ̄ヽ ヽ  ヽー 、ヽV ヽV/       ヽ  ,l
  〉'⌒ヽ       /__,,.. .-‐ r'""~l   ヽ   ヽ ヽ  ヽ lヽ  ヽ ヽ'、  l l         lノ〈
  l   ヽ__,..-'''"/ /  /    l    l    l   l ヽ ヽ  ll l  l   ヽ、          /  l
  l   //   / /  /l     l   l    l   l  V l   ll_ノ_,ノ< ̄ヽ ̄ ̄ ヽ   /    l




               r=ミ 、  -―-ミ
               ||  >'./.::/.:: .:: \
               ||  {.:::人/.:/.:: .:: :\
                >-‐…・・・…‐-.::ミ .:: 、        ……そうだな
              /.:: ノ―‐--.:: .:: .:: .:: .: \::\
             / ̄.:/.:: .:: .:: .:: .:: :``丶、.: .:ハ.:: \     先のことより今のことだ
           /.:: .:: .::'.:: .:: : \.:: \.:: .:: .:: .:: -―――‐ァ
          /.:: .:: .:: .{.: .: .: .: .:.\.:: \.:: .:: .:: .:: .:: .:: /    今や相模川の防衛線も瓦解寸前
         /.:: .:: .:: .:: .:: :、.:: .:: .:: .:: \.:: \.: .:: \: /:::. :. :.
        ,.:: / .::.:|.: :| .: .:_ | \:: ̄ ̄.:::.:`丶、\_:彡':::::::::::::. :. :.   絶対防衛線への到達は時間の問題だからな
.      /.::/ .: .: |.:: | : / .:|  \__:彡イ>┬‐: |y }.::::::::::::::. ::::::.
..     /.::/.:: .::.::.|.:: |.:/.::从      ィチ"⌒ア|.:: : | 八.::::/.:::::::. :::::::.
     ,.:: , |.::::::|.:::|.::::i.:ヽィ=ミ      Vゞ 'ノ | .: イ.:::::∨jI斗七さ二二二二ヽ
      :::,: |.::::::|.:::i⌒|.: 沁 乂〉     ¨´  |/.: :|<∧:. ==‐------‐= /
      {:'  |:::::::l∨  | : : 込  `         , |.: .: | V,¨\、――― ミ-‐ ´
          ̄     |.: .: :|i个 ..,_ ^  / :|.: .: |  V,   \、     \
                |.: .: :|ト‐==ア   ̄ /〈 :|.: .: |  V, _/ \、___ 、
                |.: .: 八 |八   /7  |.: .: |/ ̄ V:,    `¨¨¨¨¨¨´\
                 ,.:: :/   !.: {\∨'^))  |.: .: |   (⌒))             \
             /.::./   八.::し ∨/{'  |.: .: |    Y〈     ̄ へ       \
               /.:::/      7 ///,:=‐-|.: .: |__,| ∧    ∨   \     \
           ,.:: ,      / /:'¨´    .: .: :|   ヽ/ \ }   八\     \



2617 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2016/09/18(日) 15:15:23.08 ID:xhLglMMU


                    __
        r―‐- .._    , ,,,;;;;;´;;;;;;;;;;;`丶、
        〉     ` <;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ;;\
        〈     r―- ヽr―-、;;;_... --―‐'―‐┐
   , ,-―┴――‐┴――┴- ..j-――ォ       〈
  /;;;;;;;;;;;;;;;;, イ二⌒Y⌒ T ⌒ヽr‐-、¨;;‐,,,.._       }.
 ヽ ;;;;;;;;;;;;ノヽ-'   ̄ヽ--ヘ _ノ-、 ヽ⌒ヽ ;;;‐,,,_  j
   \;;;;;{上/ /    {      ヽ  ~-‐、j__ゝ-、;;<_
    ヽ ;;/,  / /  / ,ハ  l | l l  \  人;;;;;;;;ヽ    それこそ頼りの教導隊はどうなんだよ?
.      // /  /lィ7ナメ|  | lハL_| | |    }  ,;;;;;;;;;;;;\
.      l /|l Nイ,ィ≠zハ |  \l 「`ト    |  |;;;;;;;;;;;;;;;;;)
.        |/ |l |〃{::::i|  V  ィ仡心、|l  / |  |_ ... ‐
         ハ|  {i:::j|     {i::::::ji|》リ ノ /  l!
       /  |!  `ー′    辷zり ノ  /i}.  |
        |   | """ r── 、 """/  / ノ   |
       >、 l> 、  ゝ   ノ ∠_/イ//   |
      /  と__/> ..__ .. セ升/  ///  ハ
.      { /.:,// / /l     l/  /// l /  |




.: : : :.′: : : : : : : : :.ー-==ニ.: : : : : : : : : : : : : : :./;イ.:.::}::.ヽ.:.:ハ:.:.:.:.
: : : : |i: : : : : : : : : : : : :|: :`ー=ニ: : : : : : : : : ://.:.'.}.:.:./}.:.:.!.:..:.ハ:.:.:.:.
: : : : |i: : : : : : : : : : : : :|.: : : :. :. :.-=ニ.: : : : //⌒ x.:./. i.:.:,': : : ハ.:.:.:.:.
: : : : |i: : : : : : : : : : : : :|./⌒丶.: : : :.\ ,ア/.:.:.//__∧ /:.,':: : : :.ハ : : ::
: : : :∧ : : : : : : : : : : : :|{.{.''㍉ハ. : : : : : : |ー≠'.    } /:.//.: : : :./.:..:./   使えるわけがないだろう
.:. .:. ∧.: : : : : : : :. :. :. ハ.  〈|.: : : :. :.| ix. ....:::}Ⅵ//}:: : : :/≠、/
: : :.l.:.:.∧.: : : : : : :. :. :. :.ハ.ヽ.マ|.: : : :. :.| `ヾト-=ヘ, ,イ´''"⌒        もしものことがあったら、全体に与える影響が
: : :.|: :l: : \.: : : : : : : :. :. :.ゝ、__,|i : : : : : : |     ‘⌒'´ {           今となっては大きすぎる
: : :.|: :l.: : : : \: : : : : : : : : : : 〃i : : : : : : |        :.
: : :.|: :l: : : : : : :.\: : : : : : : :/ 八.: : : : : :.l        \       教導隊の前線投入は禁じ手……そして現在は更に
: : :.|: :l.: : : : : : : :./\: : : : /    ;: : : : : :l          /       それが強く意識されている筈だ
: : :.; /..: : : : : :. :.,'   `: : /.    l: : : : : :|  `⌒丶, ′
: : :./.: : : : : : : :.:′  }''"      |: : : : : :|     /           今後は最後の最後まで出てこないだろう
/′.: : : :. :. :./     ,'      ',  |: : : : : :ト _ イ /
: : ;.: : : : : :. :./.   ./       ', |: : : : : :|i: : : :l;′       英雄が自由に動けるのは、誰にも認知されていない時代だけだ
: :′.: : : :. :./.   /;三三ニ≧s。、ハ: : : : :.|i: : : :|i
/.: : : :. :. :./   /    `ヾ三ニ爪.: : : :.|i: : : :|!


.
2619 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2016/09/18(日) 15:18:19.49 ID:MiKLINrP
実際知らされてない影の英雄は今現在進行形で自由に動いてるしなww山陰地方限定だけどwww

2620 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2016/09/18(日) 15:19:01.18 ID:Zb38xdAj
教導隊は戦術の確立に尽力してくれ

2621 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2016/09/18(日) 15:19:59.94 ID://5MyuvW
なるほど、だから半ば死んだと思われてる山陰なら好き勝手に暴れまわれるのか

2624 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2016/09/18(日) 15:23:48.37 ID:KaH/S3Jq
通常の戦い方で十分な戦力が確保できてれば、そもそも必要なかったことだし
それが出来てないのに、自分たちの無能を棚に上げて英雄に文句言うとか



2625 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2016/09/18(日) 15:24:22.31 ID:xhLglMMU



                  ,..-‐==≡ニ≡==‐- 。.,
               ,x≪f圭圭圭圭圭广卞寸圭圭≧x.、
            ,ィ升f>"´ ̄ ̄ ̄ ̄/    `守圭圭ミ)
          ,イf圭//      /,.イ    \  ` マ少<
        〈f圭ア/ / /  / /八   ヽ  ヽ  ヽ ヾヽ
     ,γ⌒ヽ Y´ // / 〃//  ヽ   |  |     \ノノ   でも、東京を守る部隊にはとても強い
    /―=ミ、 \〃 ′ i / /___ i   !   |   ;. ヾ,   指揮官がいるわ
     { r=ミx、`   \/  jフ厂  __  `|  j    ;.    ;
     `'≪巛\  ヽ  |ム==ミ、 `  |  ハ  ,i! ;.   | i|    だから安心しても大丈夫よ
  厂ヾ\ `ヾミxヽ   \j ん、_℃ Y   ! /  「 刈    l リ
  \  \ヽ、 `ヾ、    ¦ ゝ― '    j/ ぇ、!/ ハi ;
    ヽ、 ヾ廴_い   !   """     ん゚ }' / リ 〕 ′
  ___ハ   }\_ノ }__人   、      ゝ'  / / /| /
〃, -―-ゾ  リヾ辷彡イ \      一   "" /イ / ノ゙
〈(     ー '_,.斗=ミF=ミ\          イ ≠ニ7
 ヾ       /     ヾ、   》介、 ――=ァ彡≪___)
ヽ }__/      } }ヽ《/〈 ≫ヽ  〈r≪⌒ ̄ ̄
 У ヘ        | | ,ヾr≪ヽ  }   ゝ__>'⌒)
  ||   ヽ     } / /,/ 尺ァ<`゙'< ̄㌃ /⌒′





':/:.:.:.:.:.:.:.:/:.'.:.:.:.:.:.l ∨:.:.:.:.:.∨:.:.::∨ヽ:.:.:.:.ヽ
'.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:..'.:.:.:.:.:.:ll! Ⅵ:,:.:.:.:.∨:.:.:.:∨:ヾ:.:.ヽ:ヽ
.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.'.:.:.:.:.:.:.|l| ∨:',:.:.:.:.∨:.:.:.:.∨:ヾ::.:.ヽ:゙、
.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:!.:.:.:.:.:.:.:!|l  Ⅵ:',:.:.:.:.∨:.',:.:.:∨:ヾ::.:.゙、:.
.;.:.:.:.:.::':i.:.:.ll:.:.:.:.:.:.:.| !!  ',!!:i',:.:.:.:.',',:.:∨:.:Ⅵ:.';::.:.:j::
.:.:.:.:.:.:!:|.:.:.l !:.:.:.:.:.:.:l ';!   !',::!',:._:>Ⅵ〉;ー^:イ<!´゙、:    知り合いか?
、:.:.:.:::!」_{└‐-=ニ{! '!  ,トニ-‐''´   |:.:.:.:.:| ,゙.
|!>'ヾl:::::::| ̄`''''ニ''^      /_>≠!'ヾ:.:.:.:.|7 !
! ! .',:.:.:.::::lキ==rz、     ''ヘc!:::i } .!;.:.:.:.:!'/
 ∨Ⅵ:.::::l V'c:::!'!       乂少 ''|:.:.:.:.|'
.  ヽ',:.:.:.::';ヽニエシ           |:.:.:.::!
.    Ⅵ:.::::.          、      |:.:.:.:;
.     Ⅵ:.:::!、       `     /!:.:.::′
.    ',:.:.:::! ` ..,           /  |:.:.::′
.     Ⅵ:::! .!::.:>: .. ⌒ .イ |   .!:.:.′
.       Ⅵ::! |:.:.:.:.:.|    ̄   !   !:.::′


.
2634 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2016/09/18(日) 15:41:12.62 ID:xhLglMMU


          / : : : : : : : : : /: : : : : :` : : : : : ヽ:\
       // : : : : : : : : : /\ : : \: : : : : : : : v:ハ、
        : : : : : : : /: : /  丶: : : : : : : : : : : ハ|V{ハ      知り合いというか、武家の間では割と有名人というか……
       ii : : : : : : : : : /      }: : : : : : : : : : i:i:|ivi:リ
       |i : : : i : : i : :, ー=-‐':|`ヽ:i: : : : : : じじハ      ほら、武家と一口に言っても県民性みたいなものがあるのよね
       |i : : : | : :ハ:i|      j|  jハ : : : : |: |i i|ハ, . ヘ、
        ハ : : :iiハi:{ 八     '"芹示 |: : : : ハ: じj/: : : : : ヽ    京都の武家には政治家肌の人間が多いように、関東の武家
        V :ハ从,茫ミ、     v:ツ | : : ,/,ハ: V: : : : : : : :/}     には武人気質の人間が多いの
          i爪: :\ vリ       ....::::::: ノ : :/r' У: : : : : ,ィ彡'  ,. ヘ、
         ` ミ;ゝ.:: ,        `ー彡|_/: : : : : :/ _/ : : : : :ヽ   まぁ、京都武家は元々公家だった家が公武合体の折に
            丶    、      /  |Ⅵ: : : : : :/_,ィ勿' : : : : : ,ィ刋   武家を吸収して名乗ったものが起こりだからってのも
        ι  ,. :'" > . _ . r: ´   / 丶: : : : i三彡': : : : : :ムィ'"    あるんでしょうけど……
             / : : : : : :_:_:_:_,≪r‐一 ´   / ̄ ̄ ̄`'く: : : : : :/
             ヽ : r<´ ̄ ̄i i| ,ィー…<   /       \: : /   /




                         __
                     ´         、
                 ´               `  .
                 /                     \      それでその、関東の武家と京都の武家は、
                                          基本的にあまり仲がよろしくないの
               /                   /           ',
                     /  /                 維新の際、将軍を京都に召し上げられ、
          ,′         /   / ',                |    長年将軍家に尽くしてきたにも関わらず、
.             |      // /   |             |   |    京都武家の下に置かれた怨恨もあってね
          l   .:|   ,.斗/ //      !   }:       | ┐ / }
          |  .:|   /  /   \   |  ′/     ハ∨/ /{   で、関東武家には京都派が多い斯衛軍に
.             |{、 :l /x=ミ      ` ート./ /      /{ r‐⌒┐}}   入るのを嫌って、武家のアイデンティティを
.             \ ∨ {::ハ`      x==ミj/|/|    / ノ(_   r'ノ    捨ててでも帝国軍に入る人も多いの
.              ヽ|  Vソ      |:::しト、   |/   /} |/ //⌒}}
               厂|             辷ソ   ,/ // |/> ´ ̄}    今の将軍は、かつての将軍家ではなく、
             /  丶   ′        厶イノ_ .ノ/    `ヽ   京都武家筆頭の五摂家が担う政威大将軍
            {       \   、            /  /      /   という名の政治制度となっているし、元来の
             \     \    ̄       イ   ,/      /     将軍家に忠誠を誓う生粋の武家としては、
         /\    \        ー┬─   ´   |`ヽ /       ,/   ─ 、   現在の制度に決められた将軍に対して
.        /   \ー─\   _ |\ __,. -‐= ̄ ̄}    /─/   ⌒ヽ  忠誠を誓う理由もないし
             ヘ── ´/::} \ | | |      /、   /  /    / ̄ノ
       \  / /   /::/   :| | |   =‐ ´ />─ 、 /     /  ̄
.    ___ヽ/ /  / ̄ ̄ ̄`ヽ/⌒/ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ    ̄\  {  __
.   /       / /  {        ─{ ,/──       }      ヽ  ̄ ̄   `ヽ
   ′      / /   }       / ̄{        /        }───`ヽ  }


.
2635 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2016/09/18(日) 15:42:55.32 ID:MiKLINrP
あぁそういう理由での帝国軍入りだったのか>茶々丸、雷蝶様



2642 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2016/09/18(日) 15:57:27.53 ID:xhLglMMU


:::::>〃`ー, / ...:::/ ..::/    V:::v _ゝ:::::.... 、:::::::::::::::::::::::::::`> 、 _
ゝ );;/  (_ ..::/´|  l~ ̄)   ,..」 ( ヾ/::::... /ゝ /` ー、-、::::::::::::::
)> '´.::////  /` ー′ 人_ ノ´ '- ‐'  ゝ、_ / ヽv _,/´:::/ ,>、::::::
   / / /  , / i | _从 _从     从ヽ  人 ヽ   ) ヾ:::::/ |\ / >    そ、そんな世界があったのか……
`// / /  // l| | / __ ゝ、 / ヽ __ ヽ |   |ヽ ):::`ー' ゝ(_l/
_/:::::/ /  i |  | i / , -、`  ` '    ´, -、 ヽ |i   | / /ヽ:::::::::::::::::::::::    武家ってのも大変だな
::::::::::::|/    l |  | ハ Vり       Vり /,从   / 人 i | ヽ、::::::::::::
`ー-、_ i.   | l  | 从 ー '          ー‐´ / / | /  |/  ヽ:::::::::::
     |   |. |   | ,人 、、、     '   、、、u 人/ | / //  ',   `V  ̄
.      人、/ | ヽ V´|, _>、  c=っ  , < /   ' //   ' ,   ヽ
    / / i /´ /| :|::::::::l  ` ‐ - ‐ ´ノ:::/, '    / 人   ' , ',  ヾ\
   / _/  ./   l | :|:::::::::| `ー、 ,-/二`-、|    //> \_  ', ',  |
_,/ // /     l l :|::::::::::|  / / ―  |l  //_/    〉 ',  ',  |
   // 〈     ' l/:::::::::::|   ー'  ̄   .l|`_´:::::::::: l     /`ー、 ' , ' |
  /./  /L_     V::::::::::::`ー/ `ー 、  ヽ、',::::::::::::〉    ` /  ,' i |
// l V       |:::::::::::::::::|   ,、ヽ_   ヽ、::::/   / ̄〉   / l/
 |   |l  `ー-、_ _ _〉::::::::: ノ   _ノー´i ヽ、   ヽ_ ̄`'   / / /
 l  |l 人__   ノ_> ´  /:::::::::::::|   ヽ、   `ヽヒ´ V´::::ヽ
   /::::::|  > ´      /::::::::::::::::::::|i   ノ ヽ     `  |:::::::::::ヽ、



.             , ':/           ;      ヽ
            /:::'              ∧        :.
              ':/:    ::'::::/    '  :/  ', :ト、       '
            |;'::::.   ...:::!:::|:;イ :::/! /    , ! ヽ::ヽ:.  i
            ,.、!::::::::.  ' ::/!斗‐ト/ ,::/    ‐‐トミ、V   |     そうでもないわよ
         {l`!l;:::::::::. '::/´ ,/__j/ j/     __j!  ` V: r.¬
        ,...ミj !;::::::::.レ' ,斗==x      x==-ェ、.i:. ∥7,'     下に行けば行くほどそんなことは気にしないし
          {{ `,,(:}}l、 ::::!"イi;;;r圷         仡j;;;rハ`}:. jj/ムゞ
.       r-`-"jj∥{\ト、 _v,...;リ        v;...;リ_, ,'/}〈  }}    実際、皆もそれほど気にしてなかったでしょ?
      j::::::::::::`ヽ:入_,ミヽ ,,,,      ,      ,,,, /'_;ノ∧_∥ _
       {;_:_:`ヽ::..\ 人              人::ム斗≦  }  お互い好んで仲良くしようとはしないけど、
.      `ー-`ヽ ::::::..   >    `   ´  _ < <´::  _ ィ=='   だからって潰し合いをしているわけでもない
.   { ̄`::ー-..、ノ`ヽ:::::. 〉   -=「≧ - 壬=-    ヽ::ィ< _,.. ー ¬
    j;_三_::ミ::::::::ヽ_:j::/    _}`::: ̄ Y  ̄ ´{_     ー{:::    {    ただ、旧将軍家派の筆頭格ともなれば、
.    `ー ‐‐`ヽ:::::::ヽ _ . rr/  、   lj   ,  ヘrr . _  v-;ー―'    いやでも名前は入ってくるのよね
          y  ̄  r - ー― ヽ_r¬_ィ ー -- 、   ̄ ゞ:ト、
       _ ノj::::::::::. .. ヽ    >::::|_!::<      /     i \ミ__
  _,..ィフ ̄` ーィ:::::::::::: :: . |:〉  :://j lj | \   〈:|     ハ   ー 、ヽ
 (::::.. /     /:::::::::j    |:\/ / ! i j | \ /:j   i::.  \   j:: )


.
2648 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2016/09/18(日) 16:09:53.57 ID:xhLglMMU


        /  / ⌒/  Y   \ \   ヽ
      /   // /   }ヽ    ヽ       、
    /       /   ∧      Y     i
     j    /  / l  /  \     } }    L        曰く、個人戦技でも非常に優秀
    /   / __/ l  / -―-ヽ   j ト __ 〃 ))
   ノ/   l'"//j / _   ∨   ハ(( `i{ ノ⌒))      でもそれ以上に、軍団戦において無類の強さを発揮する
    !    i_∠_ ノ/ フ芍示ミi   /^Y ー ※≪
    { {   {'"冽       弋(炒 ノ} ./   }((__人__))、      守りは堅く、攻めては苛烈
    乂ト、 ヘ ソ        ̄彡/ノ  ノ癶_\>" ̄
      `''ー\_  、      /  イ/    //       自分で多くの軍を指揮する為に、最年少で佐官にまで駆け上った
       _人     rー ァ   / __l┐ //  _,,.. -‐   人だそうよ
     -‐  ̄-―` ー-  _... ィ__,,.x彡⌒{ 〈 / >'"斗三
   〈 / -‐ __ \  <气 < ̄   /ヘ{/>'"  _
   ヽ>''" ̄斗‐/ ̄ ̄ハ_)}} >'" 〃  У '" ̄ _
    r'"  -―/ ィ''"~:::〈:::/\   jj  / 斗< ̄}
    {'"  __/<::::::::::::::::::/:::::::::::::\〃 └'"~⌒ソ \
    辷γ   ノノ\::::/ノ{:::::::::::::::::::::>    ー=彡 / }
   /  { /〃  弋:{:::/代:::::::::厂/  _ / /
  / λ( / └==/ /===l:::ヽ//       ー=彡イ
 /人{   '     /::/    i:::::〉/    __    ヽ
 {(     {::...    ̄...:::...  ∨ {:::>''"::::::::::::::::::::....   }
      V::::::::::::::::::::::::::::::.......j:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ
       \:::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/




   |::::::::::::::::≧x     {  `ヽ/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧
.  八:::::::::::::::::::::::::::::`ー,.ィ  Y⌒Vxく´ ̄ ̄`ヽ:::::::::::::::::::::∧
   {::::::::::::::::::::::::::::::::::\  λ γ ―一'   /:::::::::::::::::::::::∧
   ∨^\ゝ⌒Y´ ̄ヒ升≧=-=ミ    /::::::::::::::::::::::::::::∧
  ,. ┴ r‐`ー=乂`ト、 し'⌒メ、\::::::`ヽ f `ヽ::::::::::::/\ :::::∧
  \     / 〃  /   く,. -‐==ヽ\.  \ ::,′ ヽ ::::ハ     へぇ
   冫 ,-‐/  /   {    ハ ソ'⌒メ、\  ∨    ∨:::}
   く    {.       ',     } )   }`ヽ\ }      ヽ:}     そいつは凄ぇな
    `ヽ  ! /  {   ∧ 丶  ! 人 }  `ー―‐\     ∫
      乂ノ'{  八 乂⌒Y ∧ 八匕_ 从 ヽ }冫::\          ま、頼りになるなら何でもいいや
       入 ヽ j八 弌:iノ'  )イ 弌::} メ レ  .} ノ、\:::::::\
      〃 \ ハ、 乂リ    弋ソ ノル' 从 ,ハト ∨:::::∧        贅沢はいってられねぇもんな
   ー=彡 {  } ゝ`ヾ     '     / jハハ  \}::::::::∧
     {八'   ノ 人  ト   ー 一'  イ У}   `ー一' ::::::::::::\
    {  ! ノル'`_γ::/ > - .< / ' イヽ ハ  j丿:::::::::::::::::::\
     ∨ヽイ´ ̄ /:::::i! \  / ゞ、__丿 ̄下)イ `ー ――‐一'
       /  ヽ }:::::::| ヽ / ヽ ノ{ ゝヽ)' フ. ∧
.      /     ヾ::::::{  {i!i!i}  .レ一'ヽ/  ' ',
      く / i  ,ハ:::::',_{i!i!i}_{  , } }     八
      冫 {    リ:::::::ゞ {!i!i!}::::::7/jハ彡    メ ノ



2654 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2016/09/18(日) 16:15:50.63 ID:xhLglMMU


       〃 丶        x≦三::::::::`ヽ
       {     \   /´ ̄:::::::::::::::::::,.ィ升ヽ_
       |      ヽ,斗:::::::::::,. -‐=≦   f⌒Y:::::≧=、
.      八    ,   ∨::::::/         |   i!:::::::::::::::`ー 、
    __圦.   冫γ´孑一'         λ |`ー―‐- 、:::i       まぁなんにせよ、ここで暗い顔してても
x≦三::::::::::::::::三三モニナ弋         ノi.  ヽ       ヾ       始まらないんだよな
:::::::::::::::::::::{´ ̄ ヽ \::::::::::::`ー- 、     ζ‐∧  ',      ∫
:::::::::::::::::::::入,.  /ヽノ `ヽ:::::::::::::::::≧=一'ハ乂∧   ヘ            私達だって、京都を戦い抜いてここにいるんだ
::::::::::::rf千―一'   乂-一' 厂了=、::::::::::::::::::::::::::}   ‘,_
::::::::::::`ー―仆,′ 〃    从 } \  ̄ハー‐-7|    ∨ ヘ≧=-、_   BETAがどれだけこようが怖くねぇ!
ヽ::::::::::::::: 孑/   ,∧    リル'/`ヽ   ヾ  ,∧   r'´   ` ー 、:::::ノ
  \:::::::::::イ/ {. 仆‐ゝ   ノィ/斗≠从、 } ハ  }   |    /    , ⌒ 、
   `ー‐-'八 ハ,从x=ミ、 j丿 弋ソ -‐===‐―′` ┤   .{    /   .}
       ヽj\ i八 弋ソ    ー `ー‐- 、.     .八   ノ   ノ   ノ
           ノ' 个  ̄  '     }八{ `ヽ      `ー'丶_/  /}
     、__ノ ノ i ヘ   、_ ノ イ∨  リl \        `ー ´ .ノ
        /   ,从  >.   イ/ ヽ , 从._\        /\
      /    ノ  !   爪 / } } /乂ソ メ  〆 丕下ス        i
     〃/   /!   !ヒ升'/ /::::〃´-‐入孑'ゞ  ハ  ∧        ,|=ミ、
     / /  〃 | //::::/  ./:::::::{     圦彡'   \  `ー――匕リ
.    { ∧  {,//::::::ゝ 一':::::::::::1    ,イ〃  `ヽ´ ̄> _ < 入
.     八{ ヽ {/〃:::::::::::::::::::::::::::::::八   / {ハ丶  ハゞミ、  ヘ    `ヽ
     `  .)イ {::::::::::::::::::::::::::::Ο:::::: \ ./  l 冫    从  ト、 ヽ`ー‐―一




             `ミ、V/: :    __     \
       _  -‐=≠´ ̄ /7 ァ-<: : : : : :\   \
     /⌒>: :´: : ´  ̄ ` <ノノ 丶: : : . \
.     ((_/: : : ´         ` 、  ヽ : .   \
      /: : :   ハ       、  ミヽ、ハ __       まったく、お前のその自身は何処から湧いてくるんだ?
.   /: : : :/:  ′! ∨、 、\   `  .   <⌒
  /: : : : :/: : |  |  Vヘ ,>‐\‐- 、     >─一
. /{: /|:|: :|: :  |-‐ト  Vヘ、_、_> 、_> ´|ハ
 { 、{ |:|: :|: :  |_{   ヽ ィZ77ヾ | l|   , }
   从|_;ハ:_:_:,ハTfTハ     {い、ノソ | リ   / /
  ヽ  V : : : /:.从ヒソ     ¨ ´   l/ , /く
   ` /: : : :/ :ハ  ヽ        ,:/ / / }}  ≠
    /: : : :/ ´ ∧   、 ,  // /}/《}}  /
  /: : :/  /  > . _x≦==彡=《=}}≠===
 ´: : :/   ´       /´      `≪ハ===
  :/ ´        /            \\



2666 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2016/09/18(日) 16:30:22.05 ID:xhLglMMU


              ,, - ― ‐‐ -  、
           ., ' "´
          /     ./            ' ,
         /    ./   |    ハ _/ イ i     ヽ
         ,'     .|、 |∧  / レ'-‐  |  /   !
        |      レ>‐、∨    _ ,iイ  |  .!    へっ、そいつぁ教えられないなぁ
        .八 、  |〈 l´ハ    '  ` !  /!
         .)ノ \,ハ. ゝ'゚ .     ".|/ .|    \  ま、今度も生きて帰ろうぜ?
           / ,|"    -‐ '    /   |     ノ
          /  / ゝ、,        , イ  / /    | (   な?
         〈   ,ハ  / |`ミ7ァr '" ハ|  .レ'  __ハノ
          ) イ  レ' `ヽrく__∧_ 「\rート'´|   `゙く
             , - '"´|/   ハ |_/ゝrヽ」.     ヽ
           /   {7  ./| |   |ノ::|/        \
          r'  /)' i::| /,_|__||  /|::::|         ' ,
          |>、/  'ー‐''つ::::::::::::|_/ ̄:::::::'、    __  ___ 〉
         //    ‐ァ'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、 ,イ´ _」__/
       ./ /   _ノ!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/` ーく´   `\




.  /''´// . ::i:::::::::ヽ .:ヽ、\::/∨ . ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`、 . .:::::::::::\
..〃 ,.'/:::/ :::::::|',:::::::::::',/, ‐'"~  ∨ . ::::::::: ___:::::::::::::::::::::::::::::::',::::::::::::::::::::::`:.、
/.  //::::,' .:::::::i| ゙,;;/ /,-'' i孑´. ∨..... /,-‐\ :::::::::::::::::::::::::ト、 .::::::::::::::::::::::`:..、
.  /.,' .:::{i::::::::::i}.   /,イ"::| /    ∨:::::::{ /ヘヽ、 } : :::::::::::::::::::::| \:::::::::::::::::::::::::::`': 、
  i { ::::|.|::::/,i.   /イ |iじi       ',:::: : l',ヽ `ヽ | :::::::::::::::::::::::|.   \::::::::::::::::::::::::::::::
. | | .:::| `´ i.      ヘ_ノ         }:::::::::|>, ノ / :::::::::::::::::::::::|     \ ::::::::::::::::::::    ああ、勿論だ
  i {∠_ヽ、ヘ}                 |:::::::::|., ', /:::::::::::::::::::::::::/         丶, :: ::::::::::
   ~""   ノ                 |:::::::::l ー '| : ::::::::::::::::::::::/         丶,::.:::::
.        <´                 i:::::::::i  ', : :::::::::::::::::::/                丶,:
          ヽ    _.           i:::::::::i   ',:::::::::::::::::::/              `
           !  ,.             i:::::::::i   '., ::::::::/
            \             i:::::::::i    '.,:::/
             \.            !::::::::{.     ゝ、       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
                `、         ,.-、 !::::::::|         \     / / ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
                `、___,..‐'"i.   \!::::::::',         \ ._∠__,,./.-‐ '''"~~ ̄¨\
                    |::::::::::}.     ∨:::::ヘ         ∨//∧             \
                    |::::::::::|     ∨:::::ヘ          ∨//∧
                    |::::::::::|..     ∨:::::ヘ.           ∨//∧
                    |::::::::::|    /:/∨:::::ヘ.     /  ∨//∧
                    |::::::::::|   ////. \::::::\  /,.   ∨//∧
                    |::::::::::|.../ . ///.    \::::::\.        ∨//∧
                    |::::::::::l/.  //∧.      ヽ:::::::::ヽ     「 ̄ ̄ ̄|



  その翌月、BETAは西関東へ侵攻。

  多摩川を絶対防衛線とする帝国軍の目の前で謎の転身を見せた後、攻勢を停滞させる。

  そして、横浜にハイヴ建設が確認された時、これまでにない異例の速さで進むハイヴ建設に
 最早為す術はなく、帝国軍は再度の大攻勢を防ぐべく、24時間体制の間引きを敢行。

  1998年10月。

  日本にとって、長い長い1年が始まろうとしていた。


.
2670 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2016/09/18(日) 16:32:03.41 ID:hN1MjPYo
とうとう明星作戦か・・・



2678 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2016/09/18(日) 16:41:34.06 ID:xhLglMMU


             ___,,,,,___
       __,--‐'''' ̄´ 、  `''''ヘ― 、
    - '' ニ            冫 .. ゙'、         このあとでかけますので本日はここまで
,,」冖 ぃ  !  ̄ t ``゙゙'ゝ、,,_ " ..丿 `¦ヘ、
彳 .. ││ ! ! ‐ ニ、   `~~゙ T゙'、  ,,......∟        ようやくここまで来たか
|∟ J┴‐」∟ 二 │      ヘ-′,, 丨〈ゝ 、
゙ゞrぇj」」i !|}l!|にl|什廾lサ n ,,_ ヽニ 〈 ''イ」l ___   ここまでくれば第4部まであと少しです
 NNNNNMMMMMMMMMノニ(⌒) /"| ゙  /
       匚i 、_、    ..i〃 九 コl厂|||! |//      あとは第3部主人公がどれだけの積立を
         M .. _ _....、、 、 'M} '|)|||||/'' /   /    第4部に持っていくか、そしてそれを抱え落ち
         .M   ゙ ニi∩こM/  /| |  |   /     せず持ち越せるかが変化のポイントになります
         'M   ./ ./llj!M丿  ! | | |、  |
         M _ ィ}xニ,'〈M¦ ./___|   |      それではお疲れ様でした
         ゙M { ゙'ニ !l!M っ j'     |   |
         'M 二 ; ./Mゞ 」┤     |  /
         NNNNNNェ ' _ィゝ│ | ̄ ̄\/


.



Next  その62へ


Back  その60へ


目次へ




関連記事
えげつない梯子外し
京都無事だったら撤退なかったかなあ
[ 2018/11/29 02:26 ] [ 編集 ]
ただこの横浜ハイヴが出来ないとTDAエンドに急激に傾くというジレンマ
あそこ接収出来んと夕呼先生のBETA研究進まんからな…
[ 2019/10/19 16:06 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カウンター
検索フォーム
カテゴリ