FC2ブログ

TOKIOコミュ一部抜けてた分最新話に追加しております。申し訳ない

【試作品】やる夫達は、大切なモノを守る為に勇者となるようです その3

6246 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2015/06/08(月) 20:21:21.99 ID:OL+ZyOWs


                    l ̄ ̄l゙i゙i㎜㎜㎜
                   lテ ̄ ̄ ̄テユ ゙i、 Ei
               / ̄  ̄ ̄/ ̄ ̄i 〉 \
              / ∧    / ___  ,'/ Ο\
             /_∨__/ ∠_/i  ,'/j_--''´コ
          ┌/////\--________/ ヘ   |㎞゙i    再開します
        ┌‐/_ /―┐ ̄`|/-'i´.E| | |   |㎜ソ
       ┌////―┐  / i ゙i  E| lⅢl_--、|
       「 |n|n| ゙i____/´゙┐┐ || E|   / /三三 ゙゙i
       |‐‐‐‐‐ i  i  i ┐ | |┌┐E|mm| i三三三 .|
       || | | | | |┃┃|   i |. | ‐'''NNNN' | i三三三、/
       ヽ────────‐'NN NN// ̄ l┐
        NNNNNNNNNNNN  N //゙i゙i   ┐ ̄\
             NN/     N //ヘベi゙i  / /   |
            N       NN//|ヽ ヘヘ  / /
            NNNNNNNN/ /| | ヽ ヘヘ/ /
           /'''''‐------/,/三| | 匚冂//
          /  / ̄ ̄ ̄´´   三| | /  /




6248 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2015/06/08(月) 20:21:36.16 ID:OL+ZyOWs


   .|:::::/:::::::::::::::::::lゝム:::::::::::l:::ト、:::::ヽ::::::::::::ヽ:::::::ヽ、
   .|:::/::::::::::::::::l::/  l::i::::::::|::|ヾ\:::::i:::::::::::ハ:::::i、::ヘ
   l:::i::::::::::::―ァメ__、__l:::!i::::::|::| _ 斗∀トl:::::::!:|::ト:lヘ::ハ
   l:::|::::::::::::≪ ̄_o>ヾトヘ:::N≠o_ ̄≫!::::::l:|::l l:l ハ::!   簡単に言うと、だ
  . l::::l::l:::::::l/イ       |ヘ{      |:!::::/リ:::} リ リ
  /:::::ヘ|!:::::i!:::!       |i       リ::/;イ:::ハ       大別される5つの属性の特徴として、
 ./:::::::::::::ヘ::ヘト{         '      /://::|:/:::l、      富は武器、地位は強化、名声は干渉、血縁は装備と
./イ::::::::::::::::::\ゝ. r、__ ___,ァ /ィ/:::/':::::::トヽ     いったように類別が可能な訳だ
{/l::::::::::::::::::::::::::::\          /::::'::::::::::::::i!:! ヾ
 .l:ハ::::::::::::::::::::::::::::iヽ       .,イ:::::::::::::::::::::::| ll       ただ、友愛に関しては未だにこれといった共通性を
  ' l:::/!:::::::::::::::::::::l \     / !::::::::::::::::::::i::| |'      見つけるには至っていない
   .レ' l::::::::::::::::::::::ハ  ` ー ´  .ハ::::::::::::::::i::N
    .l:::::::::::::::::::/  \     / V:::::::::::::i!:!




       /::.::/::.::/::.::.::.::./::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:\::.::.::.::.::.::.::.|
      ./::.::/::.::/::.::. |\| ::.::.: |::.::.::. |::.::.::.::.::.\::.::.::.::.::.|
      /::.::/::.::/::.:/::.:| ̄| ::.::.: |::.::.::. |::.::|::.::.::.::.:|::.::.::.::.: |     また能力の強弱に関しては、個人差が大きい
       |::.: l::.::/:: /::.::.:|  | .::.::. |\ .: |::.::|::.::.::.::.:|::.::.| .::. |
       |::./|::. |::.::|::.:: /‐-.\::.: |-‐\l\|::.::.::.::.:|::.::.| ::.: |     基本的に抱えたモノの価値が大きければ大きいほど強い傾向があるが、
       V |::. |::.::|::.:/仡テk. \| ィ仡テラ|::.::.::.::/::.:: |::.::.::\    あくまで傾向であって絶対ではない
 .      |::. |::.::|::.{.    /        .|::.: /|::.::.::|::.::.::.::.::\
        \l\|:∧.  ./         //|::. |::.::.::|::.::.::.::.::.::.:ヽ  同レベル、同属性の勇者同士でも、能力には差が生まれる
 .           /::.∧ 〈       / ./::./::.:: /::.::.::.::.::.::.::.:|
           /::./::.∧  、________,     /::./::.:: /::.::.|::.::.::|::.::.::|  これは覚えておいてくれ
          ./::./::./::./\ `¨¨¨´  //::./::.:: /::.::.:∧::.:∧:: /
    .-─‐ /::./::./::./::.:::/\_____/ /::./::.:: /::.::.:/ .レ'  ∨
  /       |::/|::.:|::.:|::.::/|. /`ーr一'´|::.:|::.::.::|::.::./ ̄`ー-、__
. /         V .|::.:|::.:|::/ .l. /| ̄ l.   |::.:|::.::.::|::./         `ー-、__
/             |::.:|::.:l/ .レ |_∧. /|::.:|::.::.::|/           `ー-、
           |::.:|::/  / ./  | ∨ .|::.:|::.::./                \



         ___
       /      \
      /  ─   ─ \
    /    (●) (●) \
    .|      (__人__)   |    __
     \     ` ⌒/ ̄ ̄⌒/⌒   /
    (⌒      /     /     /
    i\  \ ,(つ     /   ⊂)
    |  \   y(つ__./,__⊆)
    |   ヽ_ノ    |


  勇者として登録されたからといって、国から免罪符を貰ったわけではない

  勇者とは、儀式によって力を与えられた、言わば特別な軍人なのだ

  勇者である以上、国家の方針によって運用され、組織の中で生きる

  その仕組を理解せず、お伽噺のように好き勝手に振る舞おうものなら、その時は勇者の力を剥奪され罰せられる

  勇者の力は国が個人に与えるもの……勇者であると同時に、国家に首輪を付けられた存在なのだ


.
6250 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2015/06/08(月) 20:23:43.46 ID:9cyZh0Hk
あ、剥奪できるんだ

6251 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2015/06/08(月) 20:23:51.91 ID:zomPlj5y
クッ・・・勇者の伝統タンスあさりは無理か。

6256 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2015/06/08(月) 20:30:10.00 ID:O3V3Btf3
好き勝手されたらいかんしねー
あくまで、国の統制下にある暴力装置でなければ



6257 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2015/06/08(月) 20:32:18.42 ID:OL+ZyOWs


      /:: レへ,、::/`ヽ::::;|M:::::::::::::::::';::::::::::_,,,,k /l';:::::::',
       /::::;ィ ,.、/! x ァ一;"!ヘlヽニ二二二,, --‐ー、/i ';:::::::i
     ./::::;'::ル':;':::::l/:;∨::::;:':/  ';:::l::::ヘ:::::l、::i:::::::l::l::::::::::::l:::::::l
      .i::::/i::::::;':::::::{::::;:::::;:'::/   ヽj:::::::';:::|ヾil::::::|::iヘ::i::::::l:::::::l     まずは自分の能力とよくよく対話し給え
     .∨ |::::;i::::::::ヘ:::l::;:':ノ二ニ≧弋、:::',:|;斗lチ」二 リ::::: l:::::::l
         |/ |:::i::::::ヾlメ:ヘ ヽ__廴)_ゝ ヾ;:::'i弋て乃_ノ l:::::ソ:::::::',     自分を知らなければ、その力に滅ぼされる
        ` l::l\::::::::::トヽ      i 卞   ̄  ,ノ!:::;'.::::::::::',
           ヾ  X:::lヾi        .|       ム:;'.::::::';::::::',    身の振り方は、それから決めても遅くはないだろう
           /::::ヾ.::ハ         ::l       /:j;'.:::::::::';::::::ヘ
          ,;';:::::::/ハ:::::ヽ        ,   ,イ::::::::::∧:::i、:::iベ、
         〃!:::::/、 ヘ::::::::`i 、  ` ̄ ̄  /i:::::::::::::/ ,、;::| ヾl `
        ,′|::;/::::ヘ/:::::::::ソ、 \    / ,ム::::::ヽ /::::';:;| `
           .lノ::::::::::::::::::::/ ヽ ` ー ´ / l:::::::::::::::::::::i!:|
           l::j!:::::::::::::/ |   `'>:-i-<´   l|::::::::::::::::::::||::!
         _,、|/|:::::i:::::/  |   / r‐一ハ   | ヽ:::::::::::::::|゙リ-、
     _,、-‐''´/l!ハ::::|:::::!  |  / |!  |!ハ  j゙  }:::;:::::::::ハヽ `''ー-,、
 _,、-‐''´   / / ヾ:iヘ::|   l、/  |L,,,,,」! ヽ/l  ノ::ハ:::::/ ヘ ヽ    `''‐-,、



               ____
             /      \
           / ─    ─ \
          /   (●)  (●)  \
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \


  だが、存在自体が規格外そのものの勇者である

  軍人だからといって、軍人そのままの使い道ができるとは限らないし、それでは非効率な場合も多々ある

  だからこそ、派速出王国軍では、勇者は独立した権限として正規軍と勇者軍を切り分け、互助運用を行っていた

  勇者の優れた力をなるべく損なわせること無く、軍という組織の檻に閉じ込めるのである

  だが、その枠組にも入りきらない例外はやはり存在した

  連携行動が致命的な者、組織というものに馴染めない者、能力的に団体行動がとれない者……

  特に後者の能力的な弊害を考慮して、嘱託勇者制度が存在する

  非常に厳重な監視と大きな制限・義務を負う代わりに、組織から独立して行動する事を認められた勇者

  今のやる夫が狙っているのは、その嘱託勇者であった



6261 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2015/06/08(月) 20:41:50.90 ID:OL+ZyOWs


                              ..‐-
                            /  /
                          /  /
                   , -‐──  、  /
                  /        ヽ
                 / ‐-、   ─    、
                / (●)   (● )   ヽ
                |   (__人__ )     |
           __/ ゝ、  `⌒´     _/
           ヽ ̄ヽ  /   ー‐      `ヽ、
           メ、ヽ7ヽ'     `´        ヽ
          ト´_>メ'ヽ~i               i
         //ゝ‐"| |ヽ  __,、     ノ`    i
        ゝ' |    |/|             l    i
          i   /  |             |    |
          ゝ‐'"    |            |    |


  やる夫の能力は、周囲を弱体化させて自身を強化する能力

  どう考えても軍という組織とは相性が悪い

  ならば勇者軍とは、と考えるがこれもまた致命的である

  勇者=戦闘員という図式は必ずしも成り立たないが、それでも戦闘員としての勇者は大勢いるし、
 一般的な勇者とは戦闘員を指している

  必然的に、他よりも優れた力を有する勇者に求められる事は、戦場で如何に武勲を積むかである

  軍という組織の中にありながら、個人の武勇で評価される

  勇者軍に属する勇者たちは、戦友同士であると同時に商売敵であるとも言えるのだ

  ただそうは言っても、個人プレーだけで優れた結果など残せようはずがない

  だからこそ、皆ライバルである立場を超えて手を取り合おうとするのだ

  だが、他者との共存が難しい者はどうなる? 他人を食い物にして、自分一人が勝ち残るような者は?

  生き残れるはずがない

  敵に殺されるよりも先に、身内に始末されるだろう



6262 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2015/06/08(月) 20:42:56.85 ID:6eXSsH/l
そりゃそうだよな……

6263 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2015/06/08(月) 20:45:47.56 ID:Xyp4cUlM
ぼっちェ…



6267 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2015/06/08(月) 20:48:19.82 ID:OL+ZyOWs


   |i      i |   }}   }:i:i:i{             | l,'|i:i:|   rf_            |  l,'|i:i|
   |i      i |   }}   }:i:i:i{             | l,'|i:i:|   VⅣ;          .|  l,'|i:i|
   |i      i |   }}   }:i:i:i{             | l,'|i:i:|  〉北〈           |  l,'|i:i|
   |i      i |   }}   }:i:i:i{             | l,'|i:i:|  _」王l;!_           |  l,'|i:i|
   |i      i |   }}   }:i:i:i{             | l,'|i:i:|. fif云云メ}-{          |  l,'|i:i|
   |i      i |   }}   }:i:i:i{             | l,'|i:i:|...| |   }.}-{        .|  l,'|i:i|
   |i      i |   }}   }:i:i:i{             | l,'|i:i:|...| |   }.}-{           |  l,'|i:i|
   |i      i |   }}   }:i:i:i{             | l,'|i:i:|...| |   }.}-{           |  l,'|i:i|
   |i      i |   }}   }:i:i:i{             | l,'|i:i:|...| |   }.}-{           |  l,'|i:i|
   |i      i |   }}   }:i:i:i{             | r====| |  _,,}.}-{_          |  l,'|i:i|
   |i    {〔二二二二二二}>}ニ{               | {{.i:i |...| | / /~「 「         |  l,'|i:i|
   |i    乂______} {__} {_____ノ ノノ            | {{.i:i |..」.fⅥ {. }.}-{~""''' ‐-  .., 」 」 !:i:!
   |i      ∨///////////∨         ____..| {{≫==弌..{.ノ仔ー八         ~""''' ‐-  ..,,__ ,,..二二二...,,
._,,....\    //\////////,/     __,,.. 」__「「辷辷辷 〉〈辷辷」=={            rf二..._ -―=…=ー- ..,,_ニー≠、
「 ̄三二ニ iニ二三≫竺竺≪-‐ '''""~   ー----} {i{~""''' 「 「ソ..,,__ } }~""''' ‐- ..,,__   ∨ {=ニ三_ー====一   =ニ彡ァ才
        | r '"´~""''' ‐-  ..,,__            .} {i{    }:::{i{    { {{ ''  ..,,__    ~""'..∨{  } { }i{三二三三7 7 77 7 ア
三二ニ=ー┴}             ~""''' ‐-  ..,,__`ヾ    刈リ    `       ~""''' ‐-≫\___} { }i{___  __,7 7 77/〃
        ~""''' ‐- ..,,__               ~""''' ‐-  ..,,__            ≫ ´,..≪ \三三二二ニニ7/-77 /
~""''' ‐-  ..,,__         ~""''' ‐-  ..,,__               ~""''' ‐-  .≫ ´ ,,.≪     ≫r竺竺竺竺竺 r≪
          ~""''' ‐-  ..,,__          ~""''' ‐-  ..,,__          ..|ー-   ~""''' ‐- ..,,__
                    ~""''' ‐-  ..,,__          ~""''' ‐-  ..,,__|      ~""''' ‐- ..,,__ ~""''' ‐-  ..,,__
                              ~""''' ‐-  ..,,__                         ~""''' ‐


  更に言えば、である

  軍とは国家に属する組織であり、国家とは権威と権力の中枢

  そこには当然「地位の高い」者達が犇めいている

  そして、勇者として地位を守ろうとする者達の特徴は「自他を強化する」事にある

  やる夫の能力は、そうした者達との相性が致命的に悪いわけだ


.
6271 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2015/06/08(月) 20:56:14.52 ID:OL+ZyOWs


       ____
     /_ノ   ヽ_\
    /( ●) ( ●)\
  / ::::::⌒(__人__)⌒::::\
  |        ̄      |
  \               /


  考えれば考えるほど、嘱託勇者以外に選ぶ道がない

  元々誰かに守られながら温々と生きた経験のない身である

  そうなるべくしてなったというべきか

  いずれにせよ、既にやる夫の腹は決まっていた




                 _ . -…: : : : ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
              /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
             /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
               /: :/: : : : / : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
              //: :/: : : : : /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
           /: :/ : : : : : : : : : : : : ::/ : : : : : : : : : : : : : ::i: : i
           /: :,′:: : : /:: : : : : : : /.: : : : : : : :i: : : : :!: : i!: : l    随分熱心に聞いているな
         /{: ,': : : : : /: : : : : : : :/: : : : : : : : :i!: : : : |: : i!: ハ
           |!;: : : : : ///f/:/:/ :/ :∧: : : : : : i|: : : :ト|: : :}: : ::l    お前、嘱託希望なのか?
           |l |: : : : {{,、_::{/:/: ://  \ : : ::;′: :j!リ: : :|: ;ヘ}
           {: j: : : :;{杙ハ|/// ム斗=≠≧/: : : /ヽ: : : :|/
           ノ: : : :∧`¨゙|/  ´ ‐弋ーツノ/ : : / ノ: : : :ト、
            ∠_: :乂: :八  ノ    `¨ ̄´/ : : //: : : : }i|
             イ ,-\ヽ       /:_:/  j!: : : : 八_,
              /三三\丶._     /   ノト、:У
             ハ /三三三ニ\__. イ. :    ム」ヾ
           //iニニニニ∧ニニ三|\─===ニニ∧
         /r二|ニニニ/∧∨ニ/,|ニ}.}二二二ニニ∧
        /ニニニニニ=//0∧∨//二}.} ,r=〈〉=.、二二∧
       /ニニニニニニ//ニニ∧/ニ//((⌒ⅲ⌒))二ニニ∧
      /ニニニニニニ=//二二ニニニ//ニ .、_∨__,ニニニニニl!
.   /二二二二二ニニ//二二二ニニ/./二ニニ 〈〉ニニニニニニl!
 /二二r‐‐'~ ´ ̄ ̄//二二ニニニ∧∨//二二二二二二二l!


  そういえば、隣にこの男が座っていたのだった

  起きている振りはしていたが、やる夫の耳には規則的な寝息がしっかり聞こえていた

  それがいつの間に起きたのか、不敵な笑みを浮かべながらこちらを見ている



6272 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2015/06/08(月) 20:57:10.91 ID:F4EGfLk3
居眠りしてんじゃねーよw

6273 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2015/06/08(月) 20:59:03.34 ID:6eXSsH/l
こいつもこいつでマイペースだなw

6275 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2015/06/08(月) 21:00:02.32 ID:fJK1q2pG
余裕があるのか、がけっぷちなのか。



6276 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2015/06/08(月) 21:03:29.44 ID:OL+ZyOWs


                   _,,..-―‐-..,,_
             ,,-''"       `ヽ、
           /              \
             /                   ヽ
             ,'         l  l           ヽ
          l ____ノ  ヽ_____,  ',‐-、    ……ああ
       ,-''"|      `′       `′   .〃 .lヽ .'.,
       | l'´.',  ≡≡/       ヽ≡≡彡 ,'  ヽヽ_
       / |  .'.,    (    .,、   )     /  ./  ヽ、
       / \  ヽ、   ` ̄ ´ `  ̄´   / /  _,,..-'
        {   `''-‐"ヽ-..,,__      __./ ̄ ̄´ .,,..イ ∨
      /.T ‐-..__    _.ヽ ̄ ̄ ̄/,..-――‐'" /  ∨
    r┘ ',.    ̄ ̄  〈 ̄\ ./イ´       / /  ∨
    | ヽ-、',       /      .ヽ      //   ∨
   ./  ヽヽ .',      ロ       `ロ ヽ、 /      .∨
   /   、__ ', _/                \|    L__ ∨




             .....-―=ニニニニニ=ミ、
.          ,..:.:.:´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
         /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\
.         /.:::::::::::::{::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}:::::::::::::::.:.:.ヽ
        /;イ::}::::::::::|、::::::::::::::::::}:::}::::::::::}::::i:::::::::::::::::::}
.       〃/:/.::::::::::| ヽ:::::::::::::/.:/.::::::::/.::::}:::::::::::::::::::!   そうか
     / /イ:::;:::::::::|| 二、:::::/.:/.:::::::/:|:::/.:::::::::::::::::::|
      〃 |::,'.::::::/||'´ij:} `V.:/.:::::::/ヽ}/.::::::::::::::::::::::|   ならば同業だな
.     /  |'::_::ノ l! .ゞ'´ //.::::://i } }:::::::::::::::::::::::ト:|
.          !ヽ        〃.:::::// y /.::::::::::::::::::::i:| ヽ、  よろしく頼むよ
           {ハ __, ////' ,r‐イ:::::;:::::::::::::ハ::l:|
            ヽ{ヽ -   / / / .||::::;'.::::::::;イ! .l:ト|
           { }     . イ  ||:::;::i:::::::l || || ヽ
            ー  ´l . -‐ '´ |!::l!::|::::::| || リ
               ,.-‐ ´       |/|:::|::::::! |!
                 }       . -,ノ=ヽl::::::|t、
            /   . -=ニ     {\{  \
             ノ -              `    \
      , -‐ ´                         \
.      /   ヽ                      ヽ
     l     \    }   i         i


  冗談だろう、と心のなかで呟く

  こんな弱そうな男が、一人で戦う気か?

  ……いや、彼は自分と同じかそれ以上に早く儀式を終えたのだった

  もしかすると、相当強力な能力に目覚めたのかもしれない

  最早勇者である以上、外見はあくまで情報の一つにすぎないのだ

  この骨と皮で出来たような肉体の内側に、どんな力が眠っているのか、想像すらつかない

  ある意味、勇者の最も恐ろしい部分はそこだろう



6278 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2015/06/08(月) 21:12:04.45 ID:OL+ZyOWs


       /:.:.:.l .:.:.:.:.:.:.:.ヽ :.:.: .:l|:.: .:. :.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}
       /:.:. :l| :.:.:./||ヽ:.:.:.:`、: .|:.: .: .:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:. :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: .:|
      l:.:.: /l| :.:.:/ l|  ヾ_\\|:.:. : . .:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:l:.:. :.:.:.:.:.:.:. :. :.:|
      {:. /:.:l :.:/、 リ  ∠\ 丶}:.:. :. .:.:.|'^ヽ、:..:.|.. : .:.:.:.:.:.:.: .:.:.:.l   嘱託を希望するなら、役所にコネを作っておいた方がいい
      |: l|:.:.| :.l:.:.:', /r彡戈ヽ |:.:. :.:.:.:.:ノ  )}:.:.:|:.: .: :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l
      |l l|:.:.| :.|:.:.:.}  ,イレ}/ |:.:.:.:.:.:.:/ゝノ丿:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:|   軍にはいった連中とは違って、必要な手続きは全て自分で
      |! |!:.:l:.:.||:.:.:.} ノ }/  ,':.:.:.:.// __ノ|:.:.:::.l:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ll:.|   行う必要があるからな
        |:.:|l:.{ヽ:./   ´   //:.:.//  l  |:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.l|:.|
        ヾヽ/      ///    } |:.:.:.l:.{:.:.:.:.:.:./:.:.|:.l|ソ   国から派遣された監視員がやってくれるかもしれないが、
           \      /       |:.:.l|:.:|:.:.:.:./|:.||:.l:.l     はっきり言って赤の他人に預けるような事ではない
            |ヽrー--      _,   |:.l| l|:.|:.:.:./ l:.| |:|i|
            |/|ノ r      /    }ノ__l|_|:.:./‐‐リニソ     自分のことは自分で片付けるべきだ
            l '  ヘ    <   _-ニニ─‐|/ ̄ ̄: : {
                `´  ,∨ニ‐´: : : : : : :': : : : : : : :l      心から信頼できる相手でなければ、自分の足元を預けるな
      _--‐-、_       <∠: _: : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
     /  ___、_ ノ、      ∨((: : : : / : : : : : : : : : : : : : \
   /  / /))─ー'       ∨乢-‐' : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
  {  ヘ /  / ̄`l  _-ー一ニ ̄ ̄: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
   l   l/  / ヽ | ̄: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \



  忠告だろうか

  素直に頷いておくやる夫だが、悲しいかな

  役所にコネなど全くない

  ただ、優男の言うことは至極正論であり、実践すべきだろう

  暫くは地道に自立する事から始めなければならない



6279 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2015/06/08(月) 21:14:05.96 ID:6cvdSn14
ありがたいお言葉だ

6281 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2015/06/08(月) 21:14:59.47 ID:zomPlj5y
居眠りこいていた男の台詞じゃねぇw

6283 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2015/06/08(月) 21:16:53.55 ID:i9I81O2s
ルルは事前に色々情報収集してたクチか



6284 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2015/06/08(月) 21:21:47.87 ID:OL+ZyOWs


  ::::::::::::::::::::::::: | :|:::|;;;;;;| :.''; ::,,、,..: ||    .......::::::::||::', ;:.:::;.., ,,:...;:;. ||    .......::::::::||...;'゙゙;; :
  _____| :|:::|;;;;;;|  “,:;";:..  [ニニニニニニ];:,、 .;r;'".,;:ゾ; [ニニニニニニ];:,、:;:.''
  ::; ::..::;.::; :, ";,:;;|:::|;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;..,;':;::::::::`';:'',;::;..,、、..,:;:.'';::,,、,..:::',;:.:::;..,,_:: _,:...;:;...,,:;;:. . . :: :: ;:...
  .:;;'゙゙゚” _,,::;""  |:::|;;;;;;|__、,.:;_._,:'.:;_;;:._'..:__,.;._';:..;:_ _ ,.,._、,;.._::_i'.._._;;:._'..:__,.;._';:..;
  ;;;;;..,;':;:;;;;:,:;;;;' .,.;|:::|/| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
  _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
  _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
  ==================================================================
     ....     ''""'' ""'' ....       .......         ...
              ...     .....        ''""  ...       ....     "'' ...
   ....                 .....
            .....    ....               ...        .....
 ....   ...                 ""'' """''  .....                  ....

                         ____
                       /      \
                    /─    ─  \
                  / (●) (●)    \   (ありゃ、単に寝ていたんじゃない)
                   |    (__人__)       |
                    \.   `⌒ ´      /   (全て知っていたから寝てたんだな……)
                / !::::         ヘ
                    ゝ_|::::       ヘ  ハ
                    |::::          \/
                     |::::        |
                      ヘ::::: /       i
            キュム キュム  \: |     /
                     ヘ\_/|
                         \_/


  講義を終えた後、やる夫は早速嘱託を希望する旨の書類を提出した

  審査の後、正式な決定が下るまでに暫く時間がある

  勇者としての知識を教えられる教育期間は一月程度

  嘱託勇者となれば、それ以降は全て自分で生活せねばならない

  やらねばならないことは沢山あるが、まずは生活の拠点がなければ

  その為にも、やる夫は役所へ向かうのだった


  【安価】
   ラッキー判定
   1D10で、ラッキー値:4以下なら成功!
   安価↓3



6285 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2015/06/08(月) 21:22:07.43 ID:Iw/miUzz
【1D10:4】

6286 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2015/06/08(月) 21:22:12.22 ID:VPJPNlzL
【1D10:2】

6287 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2015/06/08(月) 21:22:16.57 ID:+VPGYBZ/
【1D10:8】




6294 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2015/06/08(月) 21:29:25.98 ID:OL+ZyOWs



                            __
       ,. -‐                 ‐-|::!
    , '",. -─=‐             ヽ   |:jヽ
   /´/ /   /    /    ヽ     ヽ  ||  ',
    /´7   / i     /!  i  :.:`、:.   ヾx||   !    あ、あの……ご用件は……?
     / イ  ,' !  l  / l  l  _ :.:.:',:.:.ヽ.  l Ⅶヽ.:|
     / / |  l  l  _| 斗!'´!   !ヽ ~::T!ー::l-: l. : :|Ⅳ}:
     |,'  l  ! .:| ト|,ィ==ミ  ! ケ=ォ、ヽ! / : : l-〃    _ .-┐
     i  l l  .:l ヾ {;;゙ー_ソ \|  !.;;゙ン '~ レ    |:/:/{. : ´: : : : : : !
       ヽ|  .:|  | ´            ` u |   l/_/: : : : : : : : /
          ト、 :l   l      `        l   |: :!:_:_:_: : : : : : /
          ヽ!  人     -       ノ! :. l_:_:_:_:_: : :-─!
           | !  :.>、        ィ j  :i. l .-.-.一: :´ ̄ll
           jハ  :.:.| `ヽ、_,.、-:'´::  l  .:i i`ヽ_ : : : : : : :l
           :.:.:\ :.:.|  / /ハ:::::  ノ .:/リ:::ノ  `''ー::、  _!



          ______
        /         \
       /            \
     /      ,   、,,.-='、'、 \
    /  `┬;;;:::┬′   ゙.゙、;;;;::',ノ  \
  /    ⌒゙''''''´"    `''''''"  u   \
  |    U                  |
  |                       |
  \                     /
    \                  /



  これは困った……明らかにやる夫の事を知らない相手だ

  しかもやる夫を見てあからさまにビビっている

  これは要件を伝えるだけでも苦労しそうだ


 【安価】
   スピーチ判定
   1D10で、スピーチ値:2+2以下なら成功! ※相手がやる夫の知らないので大人気剣闘士の効果半減
   安価↓3



6295 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2015/06/08(月) 21:29:51.69 ID:INvqq4et
【1D10:7】

6296 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2015/06/08(月) 21:29:55.63 ID:6cvdSn14
【1D10:7】

6297 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2015/06/08(月) 21:30:14.78 ID:6YCteIVh
【1D10:6】



6302 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2015/06/08(月) 21:30:45.95 ID:i9I81O2s
駄目かあw

6304 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2015/06/08(月) 21:31:24.19 ID:2riscxgI
どうしようもないなw



6309 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2015/06/08(月) 21:36:17.70 ID:OL+ZyOWs


          / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
        /                 \
       /        _ __ __ノ ,l :l ヽ、ヽ
      /        fr‐t―‐ァ j  {rァ-ァ \
     / .        `≧--┴'´  '┴≦´ i    あ、あの……
     |           /          ヽ l
     ..|.           {      ム    } |    えっと……い、家を……
     |.          `======'⌒====ク l
   .  \.                     /
       \                  /
       /ヽ                イ\
      /          ``ー- -‐'"´    \
                                  \




    ;   ,. '´⌒ゝ'"   ̄  ̄`   、
      /  , '⌒ヾ} ´ ̄  `ヽ.    {ミ}  :
  :  〃 /           \  {ミ!、   :
   ;  {  /    /    }、    ヽ || '  ;    ひぃっ
  ,     ′    /」∧   T寸i=‐+   ハ|| !  ;
      {1   ‐i爪{  、   ;x-刈、}   !:jjヽ       い、い家ですね! 少々お待ちください!!
   ; 从N   以 、 ,. / , -‐ヽ! |ヲノ ,′;
    ;   八 个,_\ ∨∠-― っ  レ' ∠-‐. :7
         ヽ ゞ゚ ̄`,  u !l|li |l   レ'_:::::::::::/ '
       :   | }、u r--っ u リ  ′.、ヽ/ ;
        ;  |   |i≧ァ- = ≦イ /iK:::::::Y  ;




          ____
       / ノ  \\
      / (●)  (●)\
    / ∪  (__人__)  \         あっ
    |      ` ⌒´    |
     \ /⌒)⌒)⌒)   //⌒)⌒)⌒)   まだ要件の途中……
    ノ  | / / /   (⌒) ./ / /
  /´    | :::::::::::(⌒)  ゝ  ::::::::::/
 |    l  |     ノ  /  )  /
 ヽ    ヽ_ヽ    /'   /    /
  ヽ __     /   /   /


  こんなやり取りが何度も繰り返される羽目になった

  じれったいやり取りに、だんだん苛立ちが募ってくるやる夫は―――


  【安価】
   ソーシャル判定
   1D10で、ソーシャル値:3+4以下なら成功!
   安価↓3



6310 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2015/06/08(月) 21:36:39.47 ID:i9I81O2s
【1D10:1】

6311 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2015/06/08(月) 21:36:42.91 ID:O3V3Btf3
【1D10:5】

6312 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2015/06/08(月) 21:36:45.02 ID:6cvdSn14
【1D10:3】




6314 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2015/06/08(月) 21:39:44.26 ID:OL+ZyOWs


        ___
      /      \
     / ::\::::::/::: u\     (落ち着け、ここで怒っても何の解決にもならないお)
   /  (⌒):::::::(⌒)  ヽ
    |     (__人__)  u  |    (何か解決策を見つけるんだお)
   \    `‐'´     /
    /⌒ヽ   ー‐   ィヽ




        ____
      /     \
     / _ノ  ヽ__  \
   / (● ) (● )  \   (しかしどうやって―――お?)
   |   (__人__)  u   |
   \   ` ⌒´     /
    /  (__`ヽ、   u \
    \|  `\ \___ノ  |
     |    \___/ |
     |           {







                                   i
                / ⌒ 丶              i
               /        丶           l、
              /            丶         l;
             .|               ヽ.      ノl l
      ;;;;:::-:::-----|                  ヽv-‐    i .l‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐--------:-::-:::-:::;;
      |||      |                       |      '! |               ノ ! . |||   (そうだ、この紙を使って……)
      |||      |                       i   .  ノ .|             /  /. |||
      |||      |   / ⌒ 丶         .l    /   |            /  ./  |||
      |||      | /       丶       .!   /   l           /     /   .|||
      |||      |/           丶     !  ./  /          .  ヽ   /..   .|||
      |||                     ヽ   ! / /                 ) /    |||
      ||l            _________,,ヽ |ノ/ _____       ノ∠     l||
      |l========三三三=================ミミ;;|彡==========三三三===============l|
       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ー-‐' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



6315 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2015/06/08(月) 21:46:34.94 ID:OL+ZyOWs


                   ____
                 , ´        `
               /            \
          __  '     _ _ ‐-    }
         〈 : : : : \|   /  ,    ヽ   \ |>――ァ
          \: : : : :|  /   /    }   ト、! : : : : /
           \: : :レ'    /    ∧    ;::}:_:_:_/      す、すみません
        〈 ̄ ̄ ̄: :/    /孑   `/ー}   !::|: : : :ー―‐ァ
         \: : : : :/   /ミ行} / /ミ行'i  ∧八: : : : : :/    あの、不動産屋に取次を……
            ̄ 厶イ ∧ ゚/´!/    i} | .// !`  ̄ ̄
            /  | / 八   ' ′ , 八∧{、  \
           {    /! /∧> 、 =  . </}   〈}     }
      ー=ニ二i    L| !〉,∧    ̄   //|∧  ヽ   ;二ニ=-'
           ∧   | !//,∧ 、 ,  ///|'} 、  }   /\
         /  .    !∧〉、/∧ Y  ///,イ , } /   .   \
        /    |    | |//\∧ | ////} /'ュ}「:!/ \    、
      / / /ハ    |///∧、; !/イ///;   L:」::/|\ \  \
     / イ  /||=====ヽ///∧Y /////=====..{| ヽ }\   \
   / / |  {  ! !:::::::::::::::::|////,{_フ////, |::::::::::::::|/   } !  \   \
  / /  |   \} !:::::::::::::::::!` ̄ 7 ハ  ̄´ }:::::::::::: ト、  / ,     ヽ   ヽ
/ /     、   / }::::::::::::::::|ミニ〈   〉ニ彡'|::::::::::::::|、 \/     }     }





         / ̄ ̄ ̄\
         /        \
      /   ─   ─  ヽ
       |   (●)  (●)  |
      \   (__人__) __,/
      /   ` ⌒´   \
    _/((┃))______i | キュッキュッ
 .. / /ヽ,,⌒)  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄(,,ノ \
 /  /_________ヽ..  \
 . ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄




           / ̄ ̄ ̄\
         / ─    ─ \
       /  (●)  (●) ヽ        「家を借りるのに必要な書類や手続を教えて下さい」
        |    (__人__)    |
        \   ` ⌒´  __,/        「あと、王都で暮らすのに必要な事務手続きについても聞きたいです」
        /            \
       | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  トン
    _(,,)           (,,)_
    /  |            |  \
  /    |__________」   \



6319 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2015/06/08(月) 21:49:41.84 ID:OL+ZyOWs


                     /
                    ((   _
                       .-┘゙ー ´    ̄  ‐- 、
                  イ //   \         ヽrュ
                   / / / /     ト、        ヒ}
                / ,.イ j / i|      ||     ` ‐-  _||丶
             / / i |   ! 斗     ー-| __ |   | | || |‐-   えっ? あ、ああ! そ、そうだったんですね!
                l / | |   |ム八     」⊥ _i「゛  丨 丨i」| |!
            jハ. | |   |化ソ ヽ  l´ヒィ_ト   | 仗ミi、|l     少々お待ちください!
              ヽ| } ハ| ´ ィ  \{    |    |  ハ_ィiリ/ !
                    ト 、 |         | ハ  | ハ彡 / ,ノ     今書類を持ってきますので!
              | )ハ  マ冖ヽ   / 乂j }._ ∠イ
                    | ,イ ト、 \  _ ノ     ,. / イ ___/      あ、その前にご職業や現住所などを教えていただけますか?
                    |l l l Y {冫、 __ ...  ´  / ,ハ ―┤
               l| ∥ !|\/   }    〃! 卜.ー┘._
               |!  {. . |丨' ´|   \  /  |  | `丶. ` 、
                j /  l |  |    ,ハ    ト、|   `ヽ /
              , i   l |  |   / {   } r 、     レ′
              j  l    j/  j,.イ\   〉   Ⅵ |\,/  |
              !  ゙l       j ノ\ \j   || ハ  r|
             {  ハ       Y'´  \ \__/ 丿  '.  k|
               / ,ハ===ハ      \広厶イ」   マエ|




         / ̄ ̄ ̄\
         /        \
      /   ─   ─  ヽ
       |   (●)  (●)  |
      \   (__人__) __,/
      /   ` ⌒´   \
    _/((┃))______i | キュッキュッ
 .. / /ヽ,,⌒)  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄(,,ノ \
 /  /_________ヽ..  \
 . ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



           / ̄ ̄ ̄\
         / ─    ─ \
       /  (●)  (●) ヽ      「ただいま勇者見習いをやってます」
        |    (__人__)    |
        \   ` ⌒´  __,/       「嘱託希望なので、希望が通れば一人暮らしです」
        /            \
       | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  トン   「現在は、王国の国営住居に住んでいます」
    _(,,)           (,,)_
    /  |            |  \
  /    |__________」   \



6320 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2015/06/08(月) 21:50:51.23 ID:Xyp4cUlM
しかし教養あるだけにコミュ障が悲しいw

6321 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2015/06/08(月) 21:57:15.50 ID:dvWoooaJ
雇えるなら、代理人というか通訳が欲しいレベルだな…ww



6322 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2015/06/08(月) 21:59:16.91 ID:OL+ZyOWs


                           ,.  -‐…‐-ミ
                           /  ´ ̄ ̄``  ヽ
                       ( (   ____ _     jノ
                         -‐ `ー´       `丶、
                   ,  ´    /⌒         \
                   /     〃   :.     `ヽ 、  [=]
                  ,_  -‐… 7{ニ二ニ }ヽニ==‐- ', ぃ [=] 、    なるほど、かしこまりました!
                  〃-‐    / |    j  ',     i H [_]
                  ,イ     /\ |i     ;         | H  |:|  i     少々お待ちください
              !/     /x=ミ、|  、_,厶-‐十    | H  !:l  |
               |  |i   / 《ヒソ |  ラ丐ミ |     ; H , ,′!    事務手続きの方法やマニュアルなどがございます
               ¦ !i  i.:.:. ー'八 / ヒソ》:|i    / j/://   ,’    ので、そちらも持って参りますから!
             ; 八 ;   ´  V   `.:.:.:.:.|   / /r7/  /
               乂  ヽ{           |  , ' /=し'}  /=ニ二ニニァ
                    八   、_        j/ ,==7 , ゙=ニニニニア
                /  ,ヽ   `        _!  j-‐ '/  `ヽア
               '  /   、__  、 -‐   /   厶-┐、   /
                   i  ;  /: : : : :ヽ   /  / : : : |こ\_/
                   |  |ア´: : : : / }  ′ /: : : : :|`マニ`ー- 、
         -‐㍉      f| ∠-┐ : : / ヽ  _/   厶-┐: :l   ` <ニニ\
    f´, -―‐くう    ||  j斗': : :/    '´〃  /:| |: : ;     `マニニ\
    |    -‐' 、    ||/ : |: : /     /′ ;: : :|  | :/      }`マア´
    |    -‐く   /: : : : | :/ / /: : i   ⅰ : l  レ′      ;_,/
    |       f_ノ  ′: : : : i|/〃/,  -┤   | : : ; }         ハ
    |     ノ   i : : : : : {厂 7´: : : : :| ,ハ{ : : ∨         /: ',
   〃{     圦    | : : : : {   /: : : : : : :| { : : : : /、   DTM / ! i



  此方の要求が伝わった後の行動は早かった

  王都に出てきたばかりのやる夫に、受付嬢は懇切丁寧に説明し、分かりやすいマニュアルも持たせてくれた

  最初はオドオドして印象は良くなかったが、少なくともその一生懸命さは好感が持てる

  次に役所へ来る時もこの子の所へ行こう、そう思うやる夫であった



               ____
             /      \
           / ─    ─ \
          /   (●)  (●)  \   (……今度から筆談で会話しようかな)
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \




  【 やる夫のソーシャル経験値+1 】



6324 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2015/06/08(月) 22:00:12.58 ID:6cvdSn14
筆談すごいw

6325 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2015/06/08(月) 22:00:28.16 ID:7WY3TEu8
闘技場でも咆哮しかしてなかったしな。今後も言葉を喋る必要はなかろう

6326 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2015/06/08(月) 22:01:28.63 ID:XyOzrNFz
なんかかなりドライで苛烈な性格かと思えば、何というかコミカルに腰が低かった

6327 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2015/06/08(月) 22:01:35.88 ID:dvWoooaJ
喋れない体を装って、筆談でゴリ押しかなw

6328 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2015/06/08(月) 22:02:23.55 ID:i9I81O2s
一般人からすると勇者見習いとかってどういう扱いなんだろうね。



6330 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2015/06/08(月) 22:03:19.96 ID:OL+ZyOWs


                    ___
                   /      \
                   /\,  ,/  ::::\
 ,                 / (●)  (●) ::::::::\
 |\            |   (__人__)    ::::::::::|
 \ \         \  ` ⌒´    ::::::::::/
   \ \           `、_      :::::::z≠" ̄¨`<
    \ \         /{ 下彡 //{{    : :: : }
      \ \        { `r ‐=  / : 从  : :: :_ノ{
       \ \      人 {`¨¨´  : : {{`==彡"ヘ
         \ \    /7トx、_   : :: : `}      j}
           \ \  ,〃/ リⅩ又kァzx、_,「}/∨∨`「
            \/`テ /人 ̄`7云==彳|     h__,
            人_,{彡゙  `¬{ {  : :: :ト{__..彡仁イ
                 L.__    八‘、 : :: :{    j仁イ
                r{ \    \\: :人_  j仁イ
                {¨{iミ=今x、   ` r'    ̄j「 ̄::::::::::::::::::::::::::::::::::
             _ノ≧>‐=ヒ} `=‐ト-弌__,.__ノ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
            _.ィヘニミ/\(O)}:::::::::|      |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
          /  7¨´ /三, ノ:::::::::|`=‐-‐=|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
          人ミ┴==彡''¨´     |`=‐=彡h:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
            `¨¨´       {`ト、_..ィレ}::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                      j》ニ=ニY以:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                      片云云イハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                       タ三三:/ j}:::::::::::::::::::::::::::::::
                     / /`¨~ } 》′

 [入速出やる夫]

 【職業】
  勇者見習い

 【勇者属性】
  富Lv.1 地位Lv.1 名声Lv.5 家族Lv.1 友愛Lv.1
  [唯一人の勝者]……周囲を弱体化させ、自身を強化する

 【人物特性】
   タフネス:10    パワー:8
   インテリ:8    メンタル:6+2
   ソーシャル:3   スピーチ:2
   ラッキー:4

   カルマ:3     ルマー:8

 【タイトル】
  大人気剣闘士(剣闘士としての活躍を知る人間相手のソーシャル、スピーチ判定にルマーの半分を加算)
  一意専心(メンタル+2)

 【経験値】
  ソーシャル:1



6332 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2015/06/08(月) 22:10:27.50 ID:OL+ZyOWs


              ____
             /        \   人
            /           \   て
            / \     _/      \
            |  (●)   (●)      |
.           \  (__人__)  u.   /
           /  `⌒ ´       \
      彡三三ミY彡三三ミ\--、    |
       \    \\    \E |    ノ


  それから暫く、やる夫は王国の法律や社会の仕組みなどを勉強し始める

  勇者としての知識と並行しての詰め込み勉強であったが、その結果は……


  【安価】
   インテリ判定
   1D10で、インテリ値:8以下なら成功!
   安価↓3



6333 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2015/06/08(月) 22:10:53.36 ID:6cvdSn14
【1D10:2】

6334 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2015/06/08(月) 22:11:20.16 ID:U0J2q5xw
【1D10:10】

6335 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2015/06/08(月) 22:11:20.83 ID:PhVgMo/0
【1D10:1】




6343 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2015/06/08(月) 22:16:40.20 ID:OL+ZyOWs



       ____
    //   \\
   /( ●)  (●) \
 /::::::⌒  、_!  ⌒::::: \
 |     'ー三-'     |
 \              /


  余裕であった

  何度も言うようだが、この男社交性や言語能力が致命的なだけで頭は良いのだ

  不思議なことに、頭は良いのだ






  ::::::::::::::::::::::::: | :|:::|;;;;;;| :.''; ::,,、,..: ||    .......::::::::||::', ;:.:::;.., ,,:...;:;. ||    .......::::::::||...;'゙゙;; :
  _____| :|:::|;;;;;;|  “,:;";:..  [ニニニニニニ];:,、 .;r;'".,;:ゾ; [ニニニニニニ];:,、:;:.''
  ::; ::..::;.::; :, ";,:;;|:::|;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;..,;':;::::::::`';:'',;::;..,、、..,:;:.'';::,,、,..:::',;:.:::;..,,_:: _,:...;:;...,,:;;:. . . :: :: ;:...
  .:;;'゙゙゚” _,,::;""  |:::|;;;;;;|__、,.:;_._,:'.:;_;;:._'..:__,.;._';:..;:_ _ ,.,._、,;.._::_i'.._._;;:._'..:__,.;._';:..;
  ;;;;;..,;':;:;;;;:,:;;;;' .,.;|:::|/| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
  _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
  _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
  ==================================================================
     ....     ''""'' ""'' ....       .......         ...
              ...     .....        ''""  ...       ....     "'' ...
   ....                 .....
            .....    ....               ...        .....
 ....   ...                 ""'' """''  .....                  ....

                         ____
                       /      \
                    /─    ─  \
                  / (●) (●)    \
                   |    (__人__)       |
                    \.   `⌒ ´      /
                / !::::         ヘ
                    ゝ_|::::       ヘ  ハ
                    |::::          \/
                     |::::        |
                      ヘ::::: /       i
            キュム キュム  \: |     /
                     ヘ\_/|
                         \_/


   という訳で、息抜きを兼ねて街へやって来たのである


.
6346 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2015/06/08(月) 22:20:34.85 ID:OL+ZyOWs


  【 やる夫のインテリ経験値+2 】



               ____
             /      \
           / ─    ─ \
          /   (●)  (●)  \
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \



  さて、どこへ行こうか……

  【安価】
   1.王城
   2.役所
   3.市場
   4.裏通り
   安価↓3 1D4



6347 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2015/06/08(月) 22:21:16.83 ID:O3V3Btf3
【1D4:4】

6348 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2015/06/08(月) 22:21:19.76 ID:HsGNydvD
【1D4:3】

6349 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2015/06/08(月) 22:21:21.05 ID:CtV294S7
【1D4:4】



6351 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2015/06/08(月) 22:21:40.99 ID:7WY3TEu8
ま、当然裏通りだわな

6354 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2015/06/08(月) 22:24:12.82 ID:dvWoooaJ
なんとまぁイメージ通りな選択にwww



6355 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2015/06/08(月) 22:26:42.57 ID:OL+ZyOWs


;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::|        /     /;;;;;;::::::::::::;;;;;;;;;;;;:;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;::::::::::::::: ::: :: |          |   /;;;;;;::::::::::::: ::::::::;;;;;;;;;;;;:;;;;;;;;;
;;;;;;;::::::::::::::: :::: :: |          |  /;;;;;;:::::::::::::::::: ::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;::::::::::::: :::::: :: |          |/;;;;;;::::::::::::::::::::::::: :: :::: ::::::;;;;;;;;;;;;
;;;:::::::::::::::::::  :::: |            |;;;:::::::::::::::::::::::::::: :::::  :::::::;;;;;;;;;;
::::::::::::::::::  :::::::::: |            |    ::: :::::::::::::::::::::::::: ::::::::::;;;;;;;
::::::::::::   ::: ::: : |            |     ::::: :::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;
:::::::::::: ::::::: :::: :|            |    ::: :::::::::::::::::::::::::: :::::::::::::
::::::::::::   ::: ::: : |         ___|     ::::: :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::: :::::  ::   |_i    _|::::|     ::: :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::   ::: ::: : |;: :;|-i    |::::|:;::|     ::::: :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::  :::::::::: | ::::|-l    |::::|::;:|     :::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::  :::: | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|   ::::: ::: : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::: :::::::::::::::  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|   ::: : :: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::: :::::::::::::  |            |  :::: :::::::::__:: : :::::::::::::::::::;;;;
;;;:;;:::::::::: :::: ::: /:::::::::         \:::::::::::::/\:::::::\:::::::::::::::::;;;;;;
;;;;;:;;;;:::::::::::::;/;;;;;::::::::::::::::::::::.      \::::::|\ ::::\:::::::\::::::::;;;;;;;;;
;;;;;;;::::::::::;/;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::      \|::::::\ ::::\:::::::\;;;;;;;;;;;
;;;;;;::::::/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::  |::::::::::::\/: ̄ ̄|;;;;;;;;;;
;;;:::/;;;;;;;::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::;;;;;;;;;;;;::::::::::: ::: | ::::::::::::;;;| .; ;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;



       ____
     /⌒  ⌒\
    /( ●)  (●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\   (こういう雰囲気、落ち着くなぁ)
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /


  表の賑やかさとは対照的に、薄暗い裏通り

  光ある所に影がある

  コロシアムの英雄たるやる夫にだって、光り輝くステージの上が表の顔だとすれば、
 一方の舞台裏で身と心を休める裏の顔がある

  こうしたアングラ的雰囲気の漂う裏通りは、コロシアムの舞台裏にも似た雰囲気があり、
 束の間の里帰り気分をやる夫に味あわせてくれた

.

6356 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2015/06/08(月) 22:36:25.45 ID:OL+ZyOWs


              州/川////
             _^衫=ミv//厶
            _彡ク/⌒ヾー彡イ、
              r彡//   _ V/Ⅵ
           Ⅵ{^f=に三ニ=-ニ_リ      お、あんた……見るからに只者じゃねえな
 __xzzx_x=zzx_/彡ヘ_}   fi´j^ =ニ}}
//⌒-┴===ニ三彡ソ }}  r-ニ,  /′      腕の立つ奴が必要なんだ、少し手伝ってくれねぇか?
=ニ二_ ̄:::::::\ \`ヽ, \ 廴ン んx __
三ン―=ミx::::::::丶._\ \__:〉‐=彡} V::::::三ニ=- _   なに、悪い話じゃねぇ
/⌒ー―≧x:::::::::( 米 V⌒^ ‐=彡 爪__:::::::::::::::\\
r==―- ::=彡ヘニニニノ ̄   T  1f廴米 ):::::::::::::) ) __
廴三r¬= ′.:.:.:.:.:.:}} il|    }   |トミ辷-__ =彡' /⌒ヾ
i:i:i:i:i:i}        Ⅵ} ::il|     :}  :||  丁⌒> ´ {{ {{ 彡リ}
i:i:i:i:i:{          V} :o|    リ   || o :杉'   ヾ._ ー/ノ
i:i:i:i:八        }} :o|     八   Ⅵ У {       ̄_7
i:i:i:i:i:i:i:}    x-=ニ=‐ニ_ ̄   ー V/   \    /
i:i:i:i:i:i:∧   //     \\       j′ rァ=≧=彡{




             ____
           /   ― \
           /   (● )  ヘ\
        |   (⌒   (● ) |
         ヘ     ̄`、__)  |
           ヽ           |
         , へ、      _/
            |          ^ヽ
            |      1   |



  と、見るからに怪しい奴が声をかけてきた

  話を聞くか、無視してしまうか……


  【安価】
   1.話を聞く
   2.無視する
  安価↓5まで多数決



6357 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2015/06/08(月) 22:37:10.10 ID:Xyp4cUlM
1

6358 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2015/06/08(月) 22:37:15.79 ID:O3V3Btf3
2

6359 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2015/06/08(月) 22:37:24.40 ID:i9I81O2s

地雷は踏みに行くスタイル

6360 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2015/06/08(月) 22:37:47.35 ID:6eXSsH/l
1

6361 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2015/06/08(月) 22:38:01.33 ID:+VPGYBZ/
1
話だけなら




6366 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2015/06/08(月) 22:46:42.78 ID:OL+ZyOWs


              州/川////
             _^衫=ミv//厶
            _彡ク/⌒ヾー彡イ、
              r彡//   _ V/Ⅵ
           Ⅵ{^f=に三ニ=-ニ_リ      最近王国は亜人達と同盟を組みやがったんだが、アングラな連中まで
 __xzzx_x=zzx_/彡ヘ_}   fi´j^ =ニ}}      王国に入り込むようになったんだよ
//⌒-┴===ニ三彡ソ }}  r-ニ,  /′
=ニ二_ ̄:::::::\ \`ヽ, \ 廴ン んx __         娑婆じゃ静かなもんだが、裏じゃ既に組織だった闘争が始まってる
三ン―=ミx::::::::丶._\ \__:〉‐=彡} V::::::三ニ=- _
/⌒ー―≧x:::::::::( 米 V⌒^ ‐=彡 爪__:::::::::::::::\\    あんた、堅気ってわけじゃねぇんだろ? 報酬は弾む!
r==―- ::=彡ヘニニニノ ̄   T  1f廴米 ):::::::::::::) ) __
廴三r¬= ′.:.:.:.:.:.:}} il|    }   |トミ辷-__ =彡' /⌒ヾ  だから暫くの間夜の用心棒をやってくれないか?!
i:i:i:i:i:i}        Ⅵ} ::il|     :}  :||  丁⌒> ´ {{ {{ 彡リ}
i:i:i:i:i:{          V} :o|    リ   || o :杉'   ヾ._ ー/ノ
i:i:i:i:八        }} :o|     八   Ⅵ У {       ̄_7
i:i:i:i:i:i:i:}    x-=ニ=‐ニ_ ̄   ー V/   \    /
i:i:i:i:i:i:∧   //     \\       j′ rァ=≧=彡{



        ____
      /     \
    /    ;   _ノ′
   /     ∪ :::(●
   |         "`(__) ・・・・・・
   \、          /´ヽ
     )       ィ ("_ノ
      / /⌒ヽ    ヽ ) |
      i l   |     |  |
      | |   |      |-‐'
      |.|   |       |
      i〆  /       |
     ヾン´       l
      |     ィ  |
      l    |   /
        〉    ノ 丿
      /   //
      く、.,、,.,,(,≒,.,.,、 ,, ,. ,,, 、,,,., ,



  さて、どうしようか

  拘束されるのが夜の間だけだというならば、勇者見習いにさして影響はない

  それに用心棒ということならば、積極的にカチコミに参加するのではなく、振りかかる火の粉を払う程度でいい筈だ

  できるかできないかで言えば、できる程度の話だろう



6377 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2015/06/08(月) 22:57:09.95 ID:OL+ZyOWs


                       |il|il|il|il|il|:::|i Ⅳ
                       |il|il|il|il|il|:::|i /
               ー=ミY|il|il|il|il|il|:::|il|
                 ミ1三≧ il|:::|ilト.
                彡/ `ヾ::::ゞ=彡∧
                  彡ソ    \:::::/ |      こんな成で信じてもらえるとは思えねぇが、俺達はこう見えても
               彡::}__,,r:::::::::::ェ::::::::::y、     王国から活動を非正規な形で認可されてるヤクザだ
               彡::「t ̄`ー='7⌒ー=''〈}
               彡::人_, l  ノニニ  /ノ      表は表、裏は裏って使い分けをしてるわけだ
       __ .. -=彡.:::::::/ | | {-─-{{ |
  /´        `ー=彡''  \` 弋三ヨj ∧ー── - - ..      俺達の手伝いをしたからって、お天道さんの下を
 〃       ̄ ̄ ̄\    \   \___/ ∧\         `ヽ   歩けなくなるような訳じゃねえ
//  ____        `ーr  -=ミー- __彡'' }::.. }´ ̄`ヽ.   ノ ノ
{{ //     `ヾ ___人__/∧ー一 ”  弋从     }__彡"ヽ   むしろ俺達の上とコネを作れば、表でだって
 `ー{         _才  |:::::::::::::||    .   Ⅵ:::`ー=彡     }   力になれる筈だ
   |      _才"      | |::::::::::::||      :  Ⅵ:::::::::∧_____ 人
   人___才"         | |::::::::::::||     i   Ⅵ:::::::::::i      |



               ____
             /      \
           / ─    ─ \
          /   (●)  (●)  \   ……
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \



  そういえば、王国が国家運営に協力的な非合法組織を使っているという噂はあった

  法律を学んだやる夫の目から見ても、その部分はグレーゾーンとなっていて、解釈次第でいくらでもなりそうな
 都合の良い文句が並べられていた事を思い出す

  案外この男の言うことは、真実なのかもしれないが、さて……


  【安価】
   用心棒の仕事を引き受ける?
   1.引き受ける
   2.断る
   安価↓5まで多数決



6378 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2015/06/08(月) 22:57:40.63 ID:HsGNydvD
1

6379 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2015/06/08(月) 22:57:44.10 ID:1XHF9D0o
1

6380 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2015/06/08(月) 22:57:53.21 ID:O3V3Btf3
2

6381 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2015/06/08(月) 22:57:53.95 ID:TzMGd9Jo


6382 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2015/06/08(月) 22:57:58.60 ID:PbF36Y2z




6388 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2015/06/08(月) 23:02:46.38 ID:OL+ZyOWs


         ____
       /      \
      / ─    ─ \
    /   (●)  (●)  \   ……分かった
    |      (__人__)     |
     \    ` ⌒´    ,/
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |




.:.:.;/.:.      _  `ヾ=ニニニ/^7
.:,/.:.    、 __/⌒^    .:.:.:.:.:.V^/
/ _ -=ニ二\ 〈=‐- _ \}x -=v     恩に着るぜ!!
三三三三三j/三三三ニ=-' _  }
 ̄ ̄^⌒ -=ニ三三ニ=‐ミ三三ニ=、    さっそく用心棒をしてもらう店へ案内するよ!!
.:.:.:.:.:..       .:丁´    V三三リ
 .:.:.:'   .:.:.:ン /x‐-:._  }:ー=く
.:.:.:.'  .:/´    `ー=ニ三ソ′ /



  男は強引にやる夫と握手し、やる夫の前を歩き出す

  男が進んでいく先には、寂れた町並みから表通りとは違った華やかさのある一角が現れる

  俗に言う、風俗街というやつだ


.
6391 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2015/06/08(月) 23:08:54.71 ID:OL+ZyOWs


          、ヾ 从从从ノ,,
          ミ:::::::::::::::::::::::::::彡
            ヾ::::::::::::::::::/"
             Ⅵ:::::::/ /`ヾ
           ∧Ⅵ〃 /   ハ     姐さん、用心棒をしてくれる先生を見つけてきたぜ!
           | ゞ=彡''  .メ iミ
          〈__, 、___〉____ |ミ
           }:::::::=::::::::::ノl ̄7フ{
   ______   ゝ. /i 、  / /i ミ
 /ニ二三三≧x八 r==ァ  /.::| ミ-=ニ二三三≧x
/ニ二三三三才"  l |/ノ / /ニ二三三三三三彡
ニ二三三才"⌒ヾ   ー=彡  /=ミニ二三三才く ̄
 ̄\ニ二三{   }} `ヾ.  /{{ 十 }}ニ二三才".:::::ハ
   \二三ー=彡   Y´  ゞ=彡 { ̄ ̄`ヾ:::::::::::}}
     `ー=ニ才"     |    /:::::::|     ー=彡
    人           |     l:::::::::|       |




                 __    ´ :::/:::::> ─ ┐
         ∠ヌ´.::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::ト、
       厂::/.::::::::::::::: __:::__:__::::::::::::::::::::::::::::::::::∨\
      /::/.::::::::::/「.:::::::::::::::::::`:: ト、.::::::::::::::::::::::∨: i
.   /:::::/.::::::::::/::::::| .::::::::::::::::::::::: |ハ::/ハ.::::::::::::::::Ⅵ|
.  / .::::::::i .:::::::: l.::::::::::| .::::::::::::::::::::::: |}::ハ!::/l!::::::::::::::::::\
  l.::::::::::::|:!:::::::: |.::::::: リ .::::::::::::::::::::::: |´~~¨`l|::i::::::ヽ:::::::::::ヽ    あらあら~
  |::::::::::::从.::::::::|.::::::/.:::::::::/::/:::::/:::::|    N:::::i::::i .:::::::::: .
  |::::::::::::: ハ:::::リ::::/.:::::::: /::/:::::/ __:::〉     Y´ハ: | :::::::::::::i    随分と逞しい人を連れてきてくれたのねぇ
.  从 .::::::::::::∧/:::/:::::::::::::l::/:/「 :::::/     ノ.ムハ !:::::::i!:::リ
   人 .::::::::':::/:::/::/:::::::::::l/!k.::::j/::八     v'⌒ |ノ::::::ル'
    ヽ.::::: /:::/::/:{ ::::::: 从. Nノ _こ         "" !:::/〈
     }::::/:::/::/::∧:::i::〈∨ヽx'´  `        i::{\:∧
     /::/:::〈: 〈:::入 \:::\ ""       '   /:ノ  〉:::〉
.    〈::〈:: :: ハ::::ヽ.:::\ \ _乂ト、   __ ,   . イハ 〈:::〈
     ):::)/Y:::}::(:: |::i::::ハ´\ ∧ハ      /: リ{::::!  }ノ
    (/ .jノ⌒)ノ:リ:〈::ノ!   ` i ∨ヽ、_ _(::::( ノ:::(
       /´ ̄ \へ ノ    .| / / / jァ': ノ ⌒
      /        \\ ー - ∨ ! i  ∨
    / /´ ̄\    \\  ∧       ∨7「::::::「⌒ヽ
    /'       ヽ    }:::∧ / ∧      }//!::::: |   \


  東鳩亭と看板の掲げられた一際大きな店の裏口へ、男は入っていく

  やる夫も続くと、彼等を出迎えたのは妙齢の女性であった

  若く見えるが、小娘に出せるような色気ではない



6393 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2015/06/08(月) 23:12:35.97 ID:OL+ZyOWs


              __,.-r-- 、―-‐,.--、
             ,..:-:「/:,:/:::::::::::::::`´:::::::: ̄|-、
          /:::::/://:::::::::::::::r、:r::::::::::::::V:}
          .':::::::':::::::::/:::::::::::::: ,:|-' |:::|:|::::::::V
          |:::::::|::::/:::::/::/__/::}  |:::|:|::::::::::\
          {:::;::::V:,:::::::/イ/}::{:/   }:T:lヽ::V:ヽ:l   ……って、あらぁ?
           V:::/:/:{::: |ィチ斧ミ   ィ斧、}:::::}:::}リ
          /:/{:::{从:::{ Vzリ    ヒソ /:::/:/
         {:::::,:::乂::、_\ u      '   彡イ:/
         乂:{:::::ノ:/:::VI 、   r::っ  人(:{
          }ヽ:{∧:イ:::| `  .    ィ   \
            ` }'_ ノ     `「 }/
        , - く/∧ __....\  乂_
         /     ∨∧\----- 、´__> 、
        , ⌒\  ∨∧ ` ー---,__|//|ヽ
        /    、   \/\  \o}}  }//} l
      ,     ヽ   }//}____/'   V∧
       |       、 | 「\」     ` ー}//} 、
       |         V |  ____`V   ーく  ヽ
      ,:        ,: |  |        ―- , ヽ |
      /  \    / ,:  |             |  } |
     ,     \  , /  /      /    ,: 人{
      |          {'   /   / /    / ,   \
     、       ヽ 〈    イ     /イ      }



               ____
             /      \
           / ─    ─ \
          /   (●)  (●)  \   ……?
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \



                      ,. -‐=::::::::::::::‐-ミ
               />.:::::``丶、::::::::::::>-‐=ミ
                 ,∠/.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ
           ,..イ::::/.:::::::::::::::::::::::::::ト、::ヘ::::::::::::::::::::::::: ト、
              {::::{:::/./,::::::::::::::::::::::::::|∨/}::::::::::::::::::::::::::l::|
              ∧::∨//.:::::::::;::::::::::::::::「`゙7.::::::::|:::::::|::::::::|::|
.            ;::::∨//.:::::::::/.:}::::::::::ノl  '、:i:::: |:::::::|::::::::|::|     まぁ、どうしましょう!
           {:::::::/.'::/.:::::/7フ.::厂{:::'  {:::T|¬ト、::::l::::::人|
          い::i:{:::{::::::/ ,斗=ミ八{  }:;斗ミlハ:::|:::::::::::::.、    あなた、入速出やる夫じゃない?!
            }::{八八{::{〃ir'.::::{  ヽ ノ'ir'.:::リ Y川ハハハ:ハ
           ノ人::::.ヽ 八 ゞ-┘     ゞ-シ /.::リ::::ノ:}::}ヽ:}
           (   ):::::::ーヘ /////_'_/////ー=彡イノ ノノ ノ
            ((:::::(\込、  (⌒)    .イ::::::::::(
             ) ヽ:;ゝ):::::|       .イ::::ノ八::::::.ヽ
                  ( (人:j   ` ≦|:人(   r‐=彡'
               _゙斗 '′      、 _)__ ヽ
              ,r‐=7.:::/        `¬:::.ヽ、
            /  .::::/  ‐- 、_ ノ -‐ |:::::::| `丶、



  どうやらこの女性、やる夫を知っているようだ

  良かった

  これなら少しはやりやすくなるだろう



6397 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2015/06/08(月) 23:13:57.35 ID:+VPGYBZ/
まさか剣闘ファン?



6399 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2015/06/08(月) 23:15:43.57 ID:OL+ZyOWs


                . ∠´ .::: ::: :: : ̄: `  、
              /.:::::::::/⌒> 、 .::::::: :: ´≦ ≠─┐
              //⌒/.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、
            r「 .::/.:::::::/ .::::: ::::::::::: ト、.:::.ィ! :::::::::::::::::::::: |::ト、
            i:| :: |.::::: / .:::::::::::::::::::: |ハ://}.::::::::::::::::::::::: |::|∧
           ノ:l :: |.::::/.::::::::::/ .::::::::: |´`¨´リ .::::::::::::::::::::: l::|::::i
          /.:: |.:::リ::/.::::::::: /:/::/ :::: l   / l::::::::::i :::::::::: l::l::::|
           {::::l:|::/:/.: :::::::::/:/::/i__:::!:|  |::::|::::::::::l :::::::::::从::::}    つ       ねぇ皆!!
            从lリ/:/:// !:::/7´/::ノ! `lノ  l:::「:::::`メ、:::::::(::ハハ
          人::/:/!:!:::|/ .ィ升芹ト.: |   l|::ムテKノハ.::::::}::::::i: ∧       つ    やる夫さんがいらっしゃるわよ!!
           ))::l:i从:人 入 .__i::| 从  ノj|r'__i:j「 Yハ:::::|:::::j:/:∧    っ
         //::ハへ } ヽ `ー'      ゞ--' /:!::l:::::l::::リ:::/:::}
         (:::/⌒}::i:\从{ /j/j/j/   , /j/j/j/イノ!:リ::::リ:/ル'}::ノ
         )'  ノ:ノ::}::li:::::\          /!:::ノ/:::/::(
           (:: ( ノ:ム\:::::\  (   フ . イ::::Y:〈:::〈::::::)
           ヽ.:) ⌒}::ノ:):::::|._> ._ . ィ ::: 人:: |  )::::)´
                }イ彡':::|      j⌒}j  )ノ (⌒´
              ,ィ升レ' ´        \ _
            /|:::::::|             「 \
             /  l|:::::::|  ̄ ` \  .. - ─   |::::::::「\




          ., '´ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ.
        /            \
       /  --      ‐‐   .:::\
     /                .:::::ヽ
     !  ....((;;;;)) ::::: ((;;;;)).... .::::::::::!
     !      (___人___)      .::::::::!
      ヽ              ..:::::::/
      \            ..::::/
       /    ....::::::::::.....  ::::::::\



   ん? みんな?



6401 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2015/06/08(月) 23:18:45.47 ID:OL+ZyOWs


  /.:::::::::::::::::::::::::::::::、::::、::、.´//´ ヾミ、_: : : : : : : :`:ヽ
/....../.........,............,'......ヽ...ヽ:.゙、,".:´ /l!i:., ,ィ |: : : : : : : : : i:}
/....../..........,'.........,イ...........ヾ.....、.∨,/_、'´゙"}:.:.:! l:__,厶二二ニー、-―-、-、
::::::/:::::::::::;:::::::::/:::::::::::::i::::}:::::i'ヽ!/ /7=,-゙,:l lゞ:.,'ハト「_`イ;ィ:i:i二>三ミィト、>、
:::::;:::::::::::i:;::、i:://i:'|:;、::::j::::i::、:l/{i' ̄´_ 〉y′i.|`r'´/ニ┐゙'〉r'ハニ=-ミ゙,.-、_、j,ソ;    本当だ! やる夫様よ!!
::::{::::::::::::l::...i:`≧ミ斗::ィ〉::ノ::ハ:! l!'/=y,/:.:.:.;リハ, `/〈/ハ==,!,'",ニメ  >。ァ'{f
::i::ヽ::::::i::Vj:〃 (),``ソ<ソ:::/、j' /`l!/イ:.:.ノリヽ! ' "'/ノ_// ゙、,{ヘミヽ ゙´ <, ソ      やる夫様だわ!!
:::、:::ト、:::、::\ ー"  '´イ::{/i>ミ彡ヘイ'´|、 .! |   ,イ`ー ′ノイ`iヘ 、/{=テフ}
ヽ:::人゙)``゙‐ ` /==ィ ノヽノ} \ } j;;;;;ヽヽノ- _ノ;;`i´ ̄`ヽ^ ー、゙_`三'ノ
/ソ、::}゙ヘ   / ヾ;//イ¨〉ヘ  ヽ!、ノ;;;;;;/  イノ;;;;;}    `ー`-―-'、>―‐--    キャー!! やる夫様~!!
{   ヾ、 `> ゞニ彡'`ヽ:.:i;;;;| <i_ `/   /;;;;;;;;;;;;;i   /ヽ  /´
l     \  /´ヽ.  ゙.:|;;;| 「....」'´    /;/7┐;}_,ゝ、    ´      ,. -
>イ^ヽ.__ ヽイ  /ヽ. ノヘ;;|  /)     /rヘi´/ 7、'´ ̄`llーr―r┬rt‐‐ ´
":. ' ./ "L/`|) 〈__⌒` 〃`ヽ },ハ.  /;;;;〈`ー`ゝ'ノノ;';';'Y;';||;';'j:.:.:.|;';ヾiく;';';\
  ." /´_ ) 7' /  /´  `ヽ.〉/;;;;;;;/`7、_/;';';';';';'};'||/;{:.:.:ノ;';';';i|;'};';'イ
   ´ /ー' r'/   /     ∠`ヽ_ / . ' /;';';';'/ |;';'||;';'f=゙i;';';'||;'}′|_
    ノ   |'  /、     /  ヽ/    /ヘ;';';/  };';'||;';'|:.:.:.:|;';';||;'} ´

    ※ AAはイメージです。実際は可愛い女の子たちです




               ____
             /      \
           / ─    ─ \
          /   (●)  (●)  \
            |      (__人__) U   |
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \


  訂正、もしかするととんでもない場所に来てしまったかもしれない



6407 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2015/06/08(月) 23:22:18.86 ID:OL+ZyOWs


             ___,,,,,___
       __,--‐'''' ̄´ 、  `''''ヘ― 、
    - '' ニ            冫 .. ゙'、
,,」冖 ぃ  !  ̄ t ``゙゙'ゝ、,,_ " ..丿 `¦ヘ、
彳 .. ││ ! ! ‐ ニ、   `~~゙ T゙'、  ,,......∟        さて、今日はここまで
|∟ J┴‐」∟ 二 │      ヘ-′,, 丨〈ゝ 、
゙ゞrぇj」」i !|}l!|にl|什廾lサ n ,,_ ヽニ 〈 ''イ」l ___   オフ中に思いがけず熱烈なファン達に囲まれて
 NNNNNMMMMMMMMMノニ(⌒) /"| ゙  /    しまったやる夫の運命や如何に!!
       匚i 、_、    ..i〃 九 コl厂|||! |//
         M .. _ _....、、 、 'M} '|)|||||/'' /   /    後半へ続く
         .M   ゙ ニi∩こM/  /| |  |   /
         'M   ./ ./llj!M丿  ! | | |、  |      お疲れ様でした
         M _ ィ}xニ,'〈M¦ ./___|   |
         ゙M { ゙'ニ !l!M っ j'     |   |
         'M 二 ; ./Mゞ 」┤     |  /
         NNNNNNェ ' _ィゝ│ | ̄ ̄\/


.



Back  その2へ


目次へ





関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カウンター
検索フォーム
カテゴリ