FC2ブログ

TOKIOコミュ一部抜けてた分最新話に追加しております。申し訳ない

【試作品】やる夫達は、大切なモノを守る為に勇者となるようです その2

6100 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2015/06/07(日) 21:07:17.31 ID:UPaxwDkj


              /i ̄ ̄ ̄/ ̄ ̄(  ) ̄ヘ
              |//i ̄ヘi``''‐‐‐---l-/ヘ
               / /‐‐''''゙i―i------/エテヘ   ヘ
               `´,,,,,/___|/l\i、\‐-| j """/l |
              /  `゙゙゙゙゙゙''''゙iハ ノ \-‐'''''´/   |
            /i        // ゙iヘ   〉  ゙i   //       1時間くらい投下~
            /レ'    ∠ニナ'/   |   |゙i / ゙i/ /
         __,,,/```'''‐-,,,,,,,,,/,---‐‐‐| /ヘ ゙i   〉 /     ,/
        ,' くく  /┐\゙i l |  __| | ゙i ゙i ゙i__/    /
        |┴┴/ ̄ヘヘヘベi | | /    ヘ/    \\/  /
        ゙i ̄l |  | | | | |┤∟_l三( 0)/ ,----、  |ヘ-‐''ヘヘ
         ゙iMMMNNNNNNN//  ̄/ ̄\    ゙i  | \ ゙i ゙i/
          MMMMNNNN// ̄// ̄\\\  |  |  ゙i   /
           \  l   ,--‐‐''''/ / /\____/三( 0)゙i  ヘ/|
            `''''''''''´´i´ヘ,,,,,,,〔 ヘ三( 0)   /\ /  ゙i
              _-‐‐‐‐‐-、/ ゙̄i゙i゙i    /ll,'li]三( 0)   \
  ∧∧ /i ̄‐‐v‐'''''l /∩\三( 0)   /|ll,'li]l]illl   / /
  | | └´──┐/|        | |\__// |  / /
  | |  |     | ┌'''' ̄ ̄ ̄ ̄| | |//\ |/ /
  \i`''''''‐‐‐‐三( 0)____|_|//  \\/
     ̄ ̄ ̄ ̄-─────''''''''''''''''´




6101 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2015/06/07(日) 21:09:39.99 ID:UPaxwDkj


                           。
                      。  。     |.    。  。
                      |.  |     |:|     |.  |
                   ||  ||    |.:.|    ||  ||
                     |:|. |:|   l∧l   |:|. |:|
              。     |.:.|. |.:.|   ,.傘.,   |.:.|. |.:.|.       。
               |       .|∧||∧| ,傘傘傘, |∧||∧|       |
     。  。       ||.     (VVVV).傘傘傘.(VVVV)       ||      。  。
     |.  |      |:|      {∽}{∽}}}傘傘傘{{{∽}{∽}      |:|      |.  |
    . ||  ||     |:.:|    ,傘|l~~|l~~|}}个个个{{|l~~|l~~|傘,    |:.:|     ||  ||
    |:|. |:|    lvvl .,.,傘傘|∩||∩|}::::/⌒ヽ :{|∩||∩|傘傘,.,. lvvl    |:|. |:|
    .|.:.|. |.:.|.     |∩|傘傘傘|| l|| l|}:::|:   |:::{|| l|| l|傘傘傘|∩|     .|.:.|. |.:.|
   |∧||∧| ,.,.,傘||"||傘傘傘|| l|| l|}:::|:   |:::{|| l|| l|傘傘傘||"||傘,.,., |∧||∧|
   (vVVVV)傘傘{∽}个个个{∽}{∽}}:|三ニ三|:{{∽}{∽}个个个{∽}傘傘 (VVVVv)        |
   山i!山i山傘傘|三|!|/⌒ヽ!|l~~|l~~|}:/个\ {|l~~|l~~|!/⌒ヽ|!|三|傘傘山i!山i山          ∧
   ||^^||^^|个l个{∽}!||:.  ||{∽}{∽}}:{ニi二iニ}:{{∽}{∽}||:.  ||!{∽}个l个||^^||^^|       /;;;;;ヽ
   || l|| l|::::::::::::|三|!|iニニニi||l~~|l~~|}::::/\::::{|l~~|l~~||iニニニi|!|三|::::::::::::|| l|| l|        | ∩ |
   || l|| l|/l\||: ||!|/l\||| l|| l|}:::|:   |:::{|| l|| l||/l\|!||: ||/l\|| l|| l|  /\  |ニニ|
   || l|| l|::l⌒l: ||: ||!|:Ii==iI:||| l|| l|}:::|ニニニ|:::{|| l|| l||:Ii==iI:|!||: ||::l⌒l: || l|| l|三三三三三三三三
   |∬||∬|::|___l: |§|!|:|l  l|:||∬||∬|}:::, '三`、::{|∬||∬||:|l  l|:|!|§|::|___l: |∬||∬|:=:=:|:|=:=:|:|=:=:|:|=:=:
   {})({i})({}iニニニi{({})}!!.!|,,, l|:!{})({|})({}}::|皿l皿|::{{})({|})({}!:!|,,, l|:!!{({})}iニニニi{})({i})({}:::[]::|:|::[]::|:|::[]::|:|::[]::
   || l|| l|鬥l鬥||: ||!|鬥l鬥||| l|| l|}|鬥轟鬥|{|| l|| l||鬥l鬥|!||: ||鬥l鬥|| l|| l|:=:=:|:|=:=:|:|=:=:|:|=:=:
   || l|| l|/⌒ヽ||: ||!|/⌒ヽ||| l|| l|}|iiiiiiiiiiiiiiii|{|| l|| l||/⌒ヽ|!||: ||/⌒ヽ|| l|| l|:::[]::|:|::[]::|:|::[]::|:|::[]::
   |∬||∬||:.  ||§|!||:.  |||∬|∬||}|iiiiiiiiiiiiiiii|{||∬|∬|||:.  ||!|§||:.  ||∬||∬|:=:=:|:|=:=:|:|=:=:|:|=:=:
   |凶||凶|iニニニi|凶|!|iニニニi||凶||凶|}|二二二|{|凶||凶||iニニニi|!|凶|iニニニi|凶||凶|:::[]::|:|::[]::|:|::[]::|:|::[]::
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


  王城・派速出

  ここには今、全国から集められた勇者候補達が集っていた



6105 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2015/06/07(日) 21:13:55.02 ID:UPaxwDkj


                   _,,..-―‐-..,,_
             ,,-''"       `ヽ、
           /              \
             /                   ヽ
             ,'         l  l           ヽ
          l ____ノ  ヽ_____,  ',‐-、
       ,-''"|      `′       `′   .〃 .lヽ .'.,
       | l'´.',  ≡≡/       ヽ≡≡彡 ,'  ヽヽ_
       / |  .'.,    (    .,、   )     /  ./  ヽ、
       / \  ヽ、   ` ̄ ´ `  ̄´   / /  _,,..-'
        {   `''-‐"ヽ-..,,__      __./ ̄ ̄´ .,,..イ ∨
      /.T ‐-..__    _.ヽ ̄ ̄ ̄/,..-――‐'" /  ∨
    r┘ ',.    ̄ ̄  〈 ̄\ ./イ´       / /  ∨
    | ヽ-、',       /      .ヽ      //   ∨
   ./  ヽヽ .',      ロ       `ロ ヽ、 /      .∨
   /   、__ ', _/                \|    L__ ∨


  自分の命よりも大切なモノがある

  そんな勇者の素質を持った者達が集う場所

  言いようのない熱気が立ち込めるその場に、この男もいた

  入速出やる夫

  コロシアム最強の剣闘士であり、その界隈では知らぬ者のない名声を手にした男

  だが今は、そのようなヒーローらしいオーラは影を潜め、物陰で一人腰を下ろしている



6109 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2015/06/07(日) 21:20:48.30 ID:UPaxwDkj


          / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
        /                 \
       /        _ __ __ノ ,l :l ヽ、ヽ
      /        fr‐t―‐ァ j  {rァ-ァ \
     / .        `≧--┴'´  '┴≦´ i
     |           /          ヽ l
     ..|.           {      ム    } |
     |.          `======'⌒====ク l
   .  \.                     /
       \                  /
       /ヽ                イ\
      /          ``ー- -‐'"´    \
                                  \


  この男、元来社交性に乏しい性格であり、口下手さはそれに輪をかけて酷かった

  今までも、コロシアムの外から、彼の才能を見出した者達が様々な儲け話や職業を紹介しにやって来た

  が、彼がそれを断り続けた理由の一つが、その社交性の乏しさと口下手さにある

  人とコミュニケーションが取れなくとも生きられる場所

  他人が思い描く勝手なキャラクターでも、それを演じていればコロシアムでは何不自由なく暮らせるのだ

  だからこそ、やる夫にとってコロシアムという場所は故郷であり、親の胸の中よりも大切な場所と言える

  尤も、そのコロシアムを守るために、こうして外の世界に出なかればならなくなるとは、洒落の効いた皮肉でしかないのだが……



6110 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2015/06/07(日) 21:21:59.80 ID:6XysXwA9
コミュ障ボッチだったのか

6111 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2015/06/07(日) 21:22:33.38 ID:eMDjwSqD
一本気な人はこうやって事情知った上で見てると天晴に見えるけど
そうじゃない場合理解されないし感じ悪く見えるだろうな

6112 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2015/06/07(日) 21:23:26.22 ID:cjYyoBkS
って、言ってもソーシャルとスピーチにルマーの半分入るから、数字の上ではそれなりに人付き合いできるんだよなぁ。

6113 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2015/06/07(日) 21:26:16.01 ID:chh9oupg
名声があると相手が勝手に立派な人だとか良い言葉だとか都合よく解釈してくれたりするからね

6115 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2015/06/07(日) 21:30:55.13 ID:OR/7rgxT
無言でも期待に応えてくれる人は好意的に取られるからねぇ



6116 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2015/06/07(日) 21:31:07.95 ID:UPaxwDkj


               ____
            ,. -'"´      `¨ー 、
           /             \
         /                 ',
        ./                     ',
        l     \          /    l
        l      \_i ,, i_/      l
        .',    `ー―'    `ー―'   ./
          \      l   人   l    /
           入    `ー´_`ー'   く_
        / ヽ| ヽ=∧>       }=}:/;:;:;:ヽ             /`丶、
       /;:;:;:;:;:;:;:;: \=ハ、|>-一彡7///;:;:;:;:ハヽ             /;;;;;;;;;;;/
.      〈;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;: }ヽハ三三三三彡/;;:;:;:;:;:;:;:;::/:;:;ヽ      /;;;;;;;;;;;/
   , ィ⌒丶 : ;:;:;:;: ;:;:;: jニ∨三三三三7ハ:;:;:;:;:;:: /-‐' ´> 、丶 /;;;;;;;;;;;/
  / ;:;:;:;:;:;:;:;: \:;:/i: 人三三三三三リ}/ヽ: :/ ;:;:;:;:;:;:;:;:;:_,∠.- ァ;;;;;;;;;/
/ : ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:: Y: : |:/三三三三三三Ⅳo:У;:;:;:;::;:;:;_∠ -‐ '"´ ノ/


  とはいえ、人一倍“見られる”事に慣れ親しんでいる男である

  出で立ちや雰囲気、そして仕草など、他者に「只者ではない」と適度な威圧感を与えることで、
 自分の周囲に見えない結界を張っていた

  注目を浴びながら、他人を寄せ付けず、かと言ってそれをマイナスのイメージから遠ざける

  言葉ではないやり取りしか出来なかった男にとって、こうした心理戦にも似た印象操作はお手のものであった


  しかし、そんなやる夫に声をかける者も、中にはいた



 【安価】
  やる夫に声をかけてきたのは誰?
  そのキャラの勇者属性を1D5で判定し、それぞれに対応したキャラが登場します
  安価↓3



6117 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2015/06/07(日) 21:31:56.02 ID:E4BYfuFz
【1D5:2】

6120 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2015/06/07(日) 21:32:07.17 ID:gpIp7sFx
【1D5:4】

6121 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2015/06/07(日) 21:32:21.25 ID:cjYyoBkS
【1D5:4】




6130 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2015/06/07(日) 21:37:42.16 ID:UPaxwDkj


              l. :.:.:.:./:.:.:./: :.// :/:.:. :.:.:./:.///l:.:.:.:.| :.:.: .:.:.:.l
              ': .:.:.:/:.:.:./ .:.// :/|:.:. :.:./:.////|:.:.:.:.| :.: .|:.:.:.|
              ノ:l:.l:./ :.:.:/: // :/| l:. :.:./:.//// |i:.:.:.| : .:.|:.:|:l
             //|.|:.| :.:.l:./A|:./l:| |: .:/:.////_..-|l:.:.:l :.:.:.l:.:.|:|    すまない、隣空いてるか?
.            ノ´ l:|:.| :.:.:.|r=rz|l、リ、| ./:.////_,r==ミ} .:.:.ノ:.:.|:|
               |l|:.lri.:.:.',仆-´ィ ミ.l:,':///_,イシ-イ フ:.:./.l:..:.:lヽ    どこも座れそうな場所はとられていて、
               i!|:.|',|.:.:.ヽ`¬ '´ リ i}/´  ` =‐7:.:.//:|:.:.l|    ここくらいしか場所が空いていないんだ
               ヽl|{ヽヽヽ     i!      //l´|:.lヽl
                 ヽ l:.l\    _`_   /イ:|:.l:l|:.l `
                   }/|:.:.|\  ─- ` ,イ:.|:./l:.||l `ー
                  / l /_| `丶、 , '  |/|l| |:{ `
                   /´ {ニニrニニニニ}ニニ} `ー
                     |∧: :| |: : : : | |: ∧:|
                   __ノ))(,-.| |: : : : | |,-)( |
           _ -─= ̄. : : 孑劜.| |: : : : | |(卅)\
      _-─´: : : : : : : : : : : : : : :卞: : :| |: : : : | |: 干: : :  ̄: :`:丶 、



  声をかけてきたのは、随分と線の細い優男だ

  その出で立ちから、貴族のボンボンか、それとも商人の若旦那か……

  どの道、やる夫の業界に深く関わりのある人物とは思えない

  やる夫は無言のまま、自分の左隣りをポンポンと叩く



6133 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2015/06/07(日) 21:43:58.70 ID:UPaxwDkj


             .....-―=ニニニニニ=ミ、
.          ,..:.:.:´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
         /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\
.         /.:::::::::::::{::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}:::::::::::::::.:.:.ヽ
        /;イ::}::::::::::|、::::::::::::::::::}:::}::::::::::}::::i:::::::::::::::::::}    感謝する
.       〃/:/.::::::::::| ヽ:::::::::::::/.:/.::::::::/.::::}:::::::::::::::::::!
     / /イ:::;:::::::::|| 二、:::::/.:/.:::::::/:|:::/.:::::::::::::::::::|     しかし、これだけ人間がいる中で、
      〃 |::,'.::::::/||'´ij:} `V.:/.:::::::/ヽ}/.::::::::::::::::::::::|    お前の周りには誰も寄ってこないなんてな
.     /  |'::_::ノ l! .ゞ'´ //.::::://i } }:::::::::::::::::::::::ト:|
.          !ヽ        〃.:::::// y /.::::::::::::::::::::i:| ヽ、   もしかして有名人なのか?
           {ハ __, ////' ,r‐イ:::::;:::::::::::::ハ::l:|
            ヽ{ヽ -   / / / .||::::;'.::::::::;イ! .l:ト|
           { }     . イ  ||:::;::i:::::::l || || ヽ
            ー  ´l . -‐ '´ |!::l!::|::::::| || リ
               ,.-‐ ´       |/|:::|::::::! |!
                 }       . -,ノ=ヽl::::::|t、
            /   . -=ニ     {\{  \
             ノ -              `    \
      , -‐ ´                         \
.      /   ヽ                      ヽ
     l     \    }   i         i



       ____
     /      \
   / ─    ─ \
  / -=・=-   -=・=- \
  |      (__人__)  U  |
  \     ` ⌒´     /



   やはりな……やる夫は内心溜息を付く

   やる夫を遠巻きに眺めている者の中には、やる夫のことを知っている者も多くいた

   だからこそ、周りの人間もやる夫に声をかけてくる者もいなかったのだ

   やる夫はコロシアムで、雄叫び以外の言葉を発した事がない

   歓声に応えるのも、腕や武器を天にを突き上げるか、咆哮で以て応える他にはない

   だから皆知っているのだ

   やる夫はそういう人物なのだ、と

   しかし、やる夫を知らないこの男にとって、やる夫は強そうな人間としか映っていないのだ



6135 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2015/06/07(日) 21:48:47.53 ID:UPaxwDkj


         ____
       /      \
     /   _ノ  ヽへ\
    /   ( ―) (―) ヽ   ……それなりに
   .l  .u   ⌒(__人__)⌒ |
    \     ` ⌒r'.二ヽ<
    /        i^Y゙ r─ ゝ、
  /   ,     ヽ._H゙ f゙ニ、|
  {   {         \`7ー┘!



               /: : : : /: : /: : / : : : /l: : : : : : : : :ヽ
.             /: l : : /: : /: : /: /:/:/∧:l: : : : : : : :ハ
            /: : ! : /: : /: :/: ://l // l:|\: :!|: : : : l
           ,':/: :l : l : ://:/l: イ//,l/=キi≦V | : : : ハ
            /イ: | | : |: :l/!/=l'、l'/´/,.ィ彷r) 7:/: ム l:ト|   ……そうか
           ,': ,l l: : ∨r忘外 }   ̄ ̄ //: /) }从
            l:/ |:l: 、: ヽ ` ̄ 〈      //: /.ン:l
            l′lハ : \ \    __,./イィ/彳|l l
             ′!: | |:ヽ‐ヽ  ´-‐一   /ヘ: N州
                |/l/|:l、_、:> 、     /,. -ヘl 、
               ' ' l/| ヽl: | ` ‐ '´  〉 __l  ヽ
                 |.:.:.|:.:.:.|∧     /彡,:.|  |
                  /.:.:_j.:.:‐¬l    , ゝ/.:.|  l-、
              /.:.:.へ :.V^ゝ  / / /.:.:.:l  /⌒'ー
           , -―//   ヽ ヽ‐.  r‐/ /.:.:.:.:.! /:.:.:.:.:.:.:.


  それだけ言うと、男は押し黙る

  どうやらやる夫の表情から、触れられたくない事だと判断したらしい

  正確には若干違うのだが、ここで口を噤んでくれたのはやる夫にとって僥倖だった

  こういう言葉以外の言葉を読み取れる相手は気が楽だ

  やれやれ、これで場所を変えずに済んだと、やる夫は肩の力を抜いた



6136 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2015/06/07(日) 21:54:48.92 ID:UPaxwDkj


        |三| |三| |三=─≦彡⌒T≧t、    /:/: :.:7ヽ、   ,'⌒ヽ|    i" ̄l ̄`ヽ、     ヽ
          ヽr:ニlヽ三三三三,(  /: : :./:ヽ-彡//: : :/: : : `TT´: : :.:└、_ノ:.|: : ゙.   ヽ      ゙、
          |三| |三三≧/ `У: : :/: : : : : //:  /     !,'      : : :|: : : |: : : ヽ  _ノ≧、      }           ,.-
ヽ         {三、ヽ:ニ-'/_,r─チ:./:./    ,',.'  /!,'    ハ         |   :|    |Y´  | ̄\.  /         ,.-:チ"
\\       ヽニ/  { |: : / /: :./      l  /! ||   ,' |  |     :|   :|    |:ヽ__,r'⌒ヽ/        /:/
  \\.         f─、  ∨: :/ /: : ,'     ̄ ̄/!ト、|   /  !  !     ,!   :!    !: : : : :|:.∧   λ      /ニ7
   \\     |  ヽ、_ノ:, '., ':_ : ,':,'   !  |l  /、!! ヽ. ,'  |  /   /|  λ  | : : :|: : :|   _ノ    /ニ7
___ゝ \    ヽ__  ,': :./ /: :|、Y: !:   |r≦三≧|lニミ |   ! '   -/‐!‐:7ヽ、 |   :|: : :|ヽ(_  ,r≦三ニ∠_
三三三三三≧:、  /ヽ': :/ /:.:,':| {! !:   |l' ||:Y::::::うミゝ   ,' /  //-/-/ |   l     |:ヽ ∨ ノ/三三三三三三三ニ   待たせたわね
   ̄)三≧r<≧、 ( ̄/ ./ /: : |:ハ | |  .l|  !:c::リ::ノ::/ ’   /イ /チテ7三≧|   '     |: : ヽ ! ´ ̄ ̄`ヽ三三:ヽ、
  /三ニ7   ヾ}  Y ,' /: : : !: :.Y    ヽ ゝ:二:∠     /'´  |l:::リ:::う’ミ>   /    j !: |∧ |      ヽ三|、三\     これより、儀式を始めるわ
/三7ニ7        | | ,': : : :.!: :.:| |   l  |            、lc:し:ノ //  /    / '|: ,' ! !       }三! `ヽニ:\
ニ/ {:ニ!        | | |'|: : : |:!: ハ ヽ  ゙、 ヽ        !     `ー´'   イ .イ    ,' / !/  | |       |三|   \ニヽ
.´   に|           ! ハ!|: : : |:!: :∧ |!  ヽ ゙、\              ,イ,ィ´,'   / /:.:/   .| |       |三|    ヽ
   |ニ|        ヽ{  ヽ: : :ヽ、: : ヽl:.、  | ト、   ` - '       イ//// |   /  !   !/         .|三|
   |ニ|         ヽ  \、_ヽ\: :\、  !ハ! ヽ            _.ィ:///ハi|  /    l|  _ノ         |三|
   {ニ{          `      ` l: : :イヽ |l ヽ>:..    _,r!.. -ァチク: :/'  У: :| ハ    |!\           /ニ/
   ヾ:ヽ                丶::/j/从\    `ー'",イ {ヽ_∠,r┤ ∠ニニヽ|ヽ   !|          ,.'ニ/
    ヽ::\                }' _ノ   `ーァ、 ,r< |. ∨   !::!-'リハ   \  ヾ、 {          /ニ/
     ヽ:ニヽ、            「 ̄ヾ:ヽ    ,.:':, 'rY-、ヾ ゙.  |::|  八  、 ヽ  ヽ:ゝ        /:ニ〃
      \三≧-、  ,r' ̄ ̄ ̄ニTヽ,r─ヽ:ヽ.  /::/イ:::::C:}ヽ:.、 \,'::ハ  ̄| ゙.  l     ゙、      /三:〃
        \三ニ≧7     \,'  ∨  へ::ヽ/::/‐:ゝ‐''"´二二 ̄` ー'- 、|_  |     ハ__/三彡’
        /三r≦7       l   ヽ/  `ー-|`_二ア'フ´ ̄ ゙̄        \      }三三三三ヽ
          /::/   ,'         |    `ー{_f‐、!:ヽーァ" _ノニー-、_         ヽ       ヽ三彡" \::\
       /, '    l         !         ハ:|::'ー<.....,r─┬r=、__   r┴ァ  j   \      \:ヽ..     / ̄
        ,'/     |          |          ∧::::!:::::::::::|:::::|:::::::::!:ハ  ヽ|ー"`" ̄|'   '    ヽ      ヽ:|   /
⌒ヽ   |'     ,'        |           ハ::::::| :::::::: |:::::|:::::::::|:::ハ  |  ̄ ̄ ̄]  /     ハ      |' /


  果たしていつの間に現れたのか

  候補者達が集められた広場の正面に、一人の少女が立っていた

  只の人間ではない

  吸血鬼……人間とは違う亜人と呼ばれる種の一つにして、夜の種族の王者

  今は、共に魔族や機械種と戦う同盟関係にあるが、その登場に一同は息を呑む



6137 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2015/06/07(日) 21:56:08.88 ID:6XysXwA9
キャー、レミリア様ー

6138 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2015/06/07(日) 21:56:21.73 ID:chh9oupg
吸血鬼は魔族とはまた別枠なのか



6139 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2015/06/07(日) 21:58:48.35 ID:UPaxwDkj


                ,................__      _
             ,  ´         `ヽ、 /:ll:{_,..- 、
           ,  ´      ____   `ヽ、:./:.:.:.:.:.ll:.:}
          {   __  ,__-―-- r―-、7ュ、 _ \:.:.:., -/
          _冫´ {   /ヽ   人_,.イ`ヽ /  \':.:.:.:.ll:{---、
         { /l___>'´: : /: ー': :´: :l: : V \{ ̄ ̄}:.:.:ll:/:./´   勇者の卵たちよ
        /V/: : : :/: : :,イ: : /: : : : : :}: : :ト、__)ヽ_/ll/:.:ll:l
        ヽ,': :l: : :{: : /:- l、/: イ: : : :/: :./: : |: : : }l >'-- '´     足元をよくご覧なさい
         /: :/: : :l: : :{ォュx、`リl: : :./-―/: /: : : リ/―‐ '
       /: :/: : : }l、: :弋z)ソ l: /,ィ=-ァ/:イ:/: :/_,..-、
      /: イ:/: : :イ: :lヽ: : }   ´, 弋)ソ/イ:´: ´: : : -- 、}
      {/ l:/: ´: :.|: : :/: :/  ー    /:、: : `ヽ: : :-、
        リ レル /: : : /:{`! -┬ ''"´x_l:/:}: : }  リ ,l`ヽ、
      __  l从/lリ/ ̄!//lァ、 /ニ{   `ヽ: /   /::::::::::::\
    /:::::::イ   _ミ/  ゙、 /ォV人フ、:.   \__/:::::::::::::::::::\
   /::::::::/::::|   /  }-! ,ィフ、V:.:.:.{-_/  ヽ    \_::::::::::::::_:::::::::::
 /:::::::::::/::::::::ー/  ,{ニ!/フ' l{//}      }     /-、::::/  `ヽ、:::
,/::::::::::::::/、:::, /  /ヾ/-' {:.:.:::.:.l,      !   _/-  V      \
:::::_:::::::::,'  /    { /..:.:.:/:./:.:.:l:.,    /-,-'''V:.:.:.}、
/ l:::::::l    、    , {:.:.:.:/===_:.:/:.l     /-‐ヽ:.:/-=-'
   !::::l    {:.:-:.ォ-.、 ̄/:.:.:.:.:.:>:.:. |   イ/l   l
   l::::l   /_フィァ-冫 -=_:.:==―´    ∧゙、   ゙、



  吸血鬼の一言に、候補者達は一斉に足元に視線を落とす

  何の事はない、ただの地面だ

  だが、少女が右手を前へ突き出すように掲げると、その地面が淡い光を放ち始める

.

6140 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2015/06/07(日) 22:00:19.42 ID:UPaxwDkj


                      _,,,......................,,,,,__,
                 ,, ‐'''"´    ______、   .´゙''''ー .._
                 ,..-''´  ._.. -‐'''"゙´/、 i  、 ̄ ̄''''ー ,,、 `''-、、
              ,/゛ .,, ‐'"      .i,゙,,〉 ! .l .ir .i;;;;     `''-..、 .`'-、
          /   /  .,,      __,,,,...................._ ″.ゝ ,,    `'-、  \
        ./  / /'- `ー .,.. -''"´,,,..  -----........,,_´゙''ー ,,_'"  .,,..'l''' \  \
      ./ ./ 〈'' / ., / ,.. ‐'"゛. -L..    .ッ'iy.,了ー ,,.`'‐、. ―.l,,-.i \ \
     ./   /      / ,,/゛.xt!''゙二-ー'''"゙゙゙゙゙゙゙゙゙"'''ー-..,゙ !.... !-、 \ .-rクi  \ \
    ./∠..(、............ / .∠.......... / .,....r=ニニミ厂゙二ニニッ 、..`'‐..iニ....ニx. ゙'、、...............゙lv....ム
    /  l,.く 'i . / ./   / ...-'゙゛     i! l'i .l     `\、゙'-、 .\ ヽ  ,  ,i'./ .ヽ
   ./  / ヽヽ.` / / yi" ./ / .,巛┘._.. /.i;;;;.l...l ,,、...テ''i  .\ \  .\ ヽ .ノ"/./ .l  .l
  .i′./  ヾV゛./ _lミ'゙,/ .,i". ヽ.゙,.,シ彡'"゙/ /  l .l゙゙'''ミ-.".- .,, \ ヽしミ,ヽ ヽ.,/,i′ !、 l
  !  /    7 l゙ .゛./ /  `´'!シソ゛ 〈) ./ l ".゙ ゙L.l ,i .`' !./ ″  ヽ ゙.l  . l. l/    .l  .!
 │ .!  .r‐ ! l\ / i冖'''''''''''!''¬''''''''.'" 冖''''''''''".`'''''''''''''"冖''''''''.''). l  ./、.l  .,〟 l  .l
 .l  .| .゙ご'゙ l / ヽ.l/ l`'‐、'-//  、 .,! /..‐二ミヽ.l .l. ._,,  l.l..‐'.,/.! l.ノ,i'.! | iー'.l" .!  l
 .! │.!ゞ‐ | .!  ゙V ,!   `ッi,゙'-,,..″ / /./ . iiii.`、.l l ".,/ /   | 〔/ .| .! .´_|   | │
 .! |   .| .!   | l、 ,l . !.! `'-,゙'-/ /| | .,ii, iii !.,!i ゙='"..‐゙〕.! ,iく,,、! l゙,,..L.! | !、.  |  .!
 .! │    ! ,!   ! |ヽゝ ! .!.! .,.`i ._ゝ).\,,,,,,,/iシ'" l´,r>/,!.ヾ .,i'| ,!`'.,││ ′`T.| │
  ! │ .ー"│ .l 、.;; .l |'、'./ ,八.l ` / / `‐、゙'くニツ“ / .l, .l //i'ッ‐ノ,/ l .〈、/ l     l  .!
  .!  .!  lュ l .l .!;;' ゙l, lヽヽ . ヽ> l .〉 〟 ,ゝ _ .く、 ty .l ゙t/゙.l/゙ノ,i'ゞ / iニ'7 l     ! │
  l  .l  .、> ! . l '´、 ヽ ヽ'、ヽ" .゙' ! !  ,/./゙、`'-..\,,.. l、 l. .,i'ノ/ ./ ,」 ./ / /-゙ワ .l゙  l
  ..l  .l,   .,..l  l゙'゙,゙. ヽ. ヽ)_ヽ / i∨゙__r'_,_,,゙,,,,.. ;;>.,゙'' ! l,i'〃 / . " / / . -、 i ./  /
   . l. ..l. ..、゙".、ヽ .\.'゙゙,, \ ゙ヽ li′...‐゙、 .゙,゙,゙'''''''^'二..、  \ ,ノ"../、/゙ / /  ‘'" ´./  /
    ヽ .ヽゝ-'冫.\ `、゙‐'  ゙'-、`'<、 ゞ " ゙Ψ  '! = .,, / ゛,/ ゙レ./ / . ,_   ./  /
     ヽ .ヽ ゛,,-. .\ `-、   .`'ッ ,,_`"―-----―'''"゙_,,,イ″  ._/ ./. ' ,ヽ 、./  ./
      ヽ. \゙'.iッ'"  .\. `-、、 ヽヽ´゙'''''――ーー'''"´,i'./  , / .,/....-/' ,,´ .r'" /
       .ヽ, .\  .〃 'i \ ,..`''ー コ,レ       __i⊃ー'" _..-'" .!< .>./ ./
        \,  \   ゞ‐゙l 、゙"'ー ..,,,_ ` ゙̄^^゙゙゙゙゙´ ._,,.. -‐"゛ 、´゙ゝ  ./  /
          \. `'-、,  ._゙フ ‐フ'i  ヽ! ̄"^ ̄/./      .!-、 _..-"  /
               `'-,,. `''ー.こ  ′  .ヽ'i, .lil゙/./      _,, -'" ._ /
               ゙''ー..,,、 .`゙''―- ....,,゙liヽ,/i彡.... -ー'''"゛ _,..-'"゛
                     `゙''ー ..,,___, ヽ/゛__,,,,,, -ー'"゛
                             ̄ ̄゛


   魔法陣だ

   それも、とびきり大きな

   唐突な仕掛けに困惑する候補者を前に、少女は淡々と告げた



6141 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2015/06/07(日) 22:05:47.59 ID:UPaxwDkj


          ____  ,...ィ
          |::}ヽ:\/:/∧
          |:::| |:::::::\:::::>-――-- ...._
         r、__}:::| |:::::,  ´              `丶、
        |::{ {\_l/                  \
        }:::} }:::::{  ___                  ヽ
        /ィ- 、―-{ ̄ヽ`ヽ / ̄ヽ ̄`ヽ          ',
         \⌒ヽ  /{   }/⌒〉 ,.ィミ,イ´ ̄`ヽ   }     この儀式は、あなた達の心を見定めるもの
         〉 イ:` 7: :/:\_/:/: : :{/__{、   /-―'-、
           /  |: :/: /-|:-ミ{、:|: : : /: ム斗:l:|:\,/   /⌒ヽ   自分の命よりも大切なモノがあるものでしか、勇者とはなれない
          ̄|: :|: :{: :{て≧、{: :./ }/__}/,:|: : :||:\_」 、_ノ
             八: {:八: {弋iツ 乂{ ´てi:ル'アl : /:|: |: :|  〉     それを試す為のものよ
      _,.ィ    \}: l\〉   '    `¨´}': }イ : |: |: :|¨´
    /´ イ_.   /:∧ |: :込、 ` ‐    ィ:| : : |: : !: !: :!       もし、自分の命が惜しい物があれば、この場を去りなさい
      / r-r ´  {:/ }:{: : : |: :>,.-=≦ ':.| : : |: :ノ: |: 八
   / '/⌒ー;ァ / r'-从: :{´  ヽ     { ,: :./}ィ}: :}/       この魔方陣が起動すれば、様々な迷いや誘惑があなた達を惑わす
   /   r⌒ヽ、   / 匸乂、    \- / 、{:イ ||匸}ヽ
   {   /イ `´  ,{   匸乂、   /}ィハ} \ ,||匸} ヽ、      それを退けられなければ……この場で死ぬわ
   {  イ   _/     匸乂、/ /::Y::、 ∨!乂     `ヽ、
.       {  {          / {_イ /::::/::::::\ Y_ノ       }
   :  ∨´:ヽ      {:.   /::::{⌒ヽ::::_〉|{       /_,.ィ7
.    l   ∨::::{=ミ 、   ,」ヽ.  {_/      }L_   _,...イ乂ィ::」
    {    ∨_/  }ヾ イ_ ∨      /   :∧/:::::::7 }  \_ノ:::7
    ,    ヽ ー'}__〉::::::::::∨   /  '    / ヽ:::::/__|_ノ__ T
     、    } /、_ノ:::::::::::::{ /   __   、 }:::〉  /´  ,'
     \  ,.:'  〈::::::___Y  __>-- 、__Y ̄`ヽ'ヾl  /
       `¨     /:::{  \ ̄/⌒ヽ}    ̄_\ \   /}イハ'
           /:::ノ}/ }_,//´ /  / {/ 、/⌒}':イ{_ノ´
             {::::∨       {_イ   ー r' ∨__/
             T/                      ∨{rflィ
            /   |           /   } ー'.ノ
              /     :.             /     |¨´



  少女の言葉に、騒然とした広間は静まり返った

  対して声を張るでもなしに、耳に直接届いているような声に驚いた訳ではない

  命を懸ける覚悟なければ、この場で死ぬと言うのだ

  自分の心に迷いがあれば、ここで逃げるのが賢明であると、少女は諭したのである



6142 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2015/06/07(日) 22:09:43.08 ID:UPaxwDkj


              _,.  ─   ̄ ̄ ̄     、
       {\  / ̄                ヽ_
       ヽ:::\'                    }/ ̄\
    --、/∨::::\            ,. - 三三'´ ̄\--- 、
   / ,:|_  |:ll:::::::::\___,.-- 三三/ ̄ ̄ \    \ /
   l /l|  \|:ll::::::::::::::::::/_,.---、  ̄\  \     \__/
   ∨_,{   |:ll::::__ / /    \__\/\_/: 、
     \_{:l/_/ ̄/ \__/:∨: ヽ: : :ヽ: : : :ヽ: ::.   3分待つわ
      〈: : /: /: : /:|: |: : | : : |: : : : :|:|: : :!:.! : |: : :、: :{: : }
         、:.{ : |: :.:.|: |:∧>、: :{: : : :/}ム斗'|: /: ': : }:.:|:∨   その間に心を決めなさい
        |:\{、 : |: l/不≧、}∧: :/ ,ィ≦下}/:/:/: : :.:|: |
        |: : :|: :、:}:ム 弋zソ  ∨ 弋zソ ,|:/}':|: : : :|: |    尤も、この言葉を聞いて揺らぐような心の持ち主では、
        |: : :,: :/リ: ム      、      ,:}': |: ,: : :∧:|    この儀式を通り抜けられるとは思えないけれどね
        /: :イ{:/: : /: /: .、   ー ‐ '   ィ:.|: :{:/: : :{ リ
        {:/: |/: : :,: :/: :.|: |:`: l - l: ´: |:.:.|: :/: : : :|
       / /从: {:/-、_从!イ/    ∨、j!:/}:/ }从:/
          / 匸/{    {/ \/  ̄! !乂、 '
            /   匸{ |∴___\ /_∴| |_ノ ヽ
           ,    匸!_,イ:::::::::><:::::::>、/_〉    、
        /       ∨  ̄ { {:.:.:} } ̄ /       }
         {       ∨  ,乂ニノ   ,'        ∧
        〈       :. } /::::;::::::::\ { ,.--、__    }
          \__\_}/ /::::/::::: |:::::::}、/⌒ーァ'___/
             }三三三{、`¨ ー ::::::::::::| 〉'二`ァ三 {
        //_,.-、_/ヽ、      ̄ ` ー⌒´l_}、\
         {,/T /      `ヽ、        ヽ   }ー '



  少女が笑う

  その笑顔に慄いたのか、広間の外へ走り出す者、数名

  そしてそれを皮切りに、みるみるうちに広間の候補者は半数に減り、更にその半数も消えた

  後に残っているのは、僅か10数名である



6143 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2015/06/07(日) 22:13:25.38 ID:UPaxwDkj


          ____
        /      \
       / ─   ─   \
      /( ●)  ( ●)    \
      |  (__人__)       |
       \ ` ⌒´       /
        /  ー‐      ヽ
       /            `




    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
   /::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::l
   //::/:l:::::::/::::::;/:::/::::;ヘ::::::::|::::::::::::::::}
 //:::|:::l:::::;ヘ/, '/:::/:::/  |::::::l:::::::::::::::;'
  /|:::l:::l/:/≠、///ニ ̄リ:::/::::::::::::::l
  { |:ハ::|:::l ゞ‐'' / '"てノン/:::::::/`i;':|
   l' |l::::!  !     ゙"/;::::::; '_..'´ハ{
     |::リヽ _    //://::l::/
     l;'  |:;ヽ `  _,. /'´ _/::::l:l
        !' `ーニ-‐_''"´/イ:l!'
          _,|l ̄|| _,=_: : :| `
   ,.. -‐'''''""´ !l: : |l "}{`: : :\
   /:: : : : : : : : 〃: 〃: : : : : : : : :`- _
  /:: : : : : : : :〃: 〃: : : : : : : : : : : : ::`''
  |: : : : : : : :〃:: 〃: : : : : : : : : : : : : : ,: :
  l: : i'p=、_〃: 〃: : : : : : : : : : : : : : ´: : :
  l: :l::|l: : : : : : : ''==、、_: : : : : , ' : : : : : :
  ヽ!::|l:: : : : : : : : : : :0||: : : : / : : : : : : :
    |::|l: : : : : : : : : : : : ||: : : : : : : : : : : : :
   .|::|l: : : : : : : : : : : : ||: : : : : :ヽ: : : : : :
   |::|l: : : : : : : : : : : : ||: : : : : : : :\: : : :
   l::ll: : : : : : : : : : : : ||: : : : : : : : : ::ヽ、:


  やる夫が隣を見ると、優男は涼しい顔で座っていた

  どうやらこの男、見た目に似合わず肝は座っているらしい

  先程の言葉に身じろぎ一つせず、呼吸も全く乱れなかった

  むしろ、どうでもいいから早く始めろと言わんばかりの表情である

  まったくもって同意見だ、とやる夫は内心頷く

.

6145 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2015/06/07(日) 22:20:25.65 ID:UPaxwDkj


             _
           /,イ         ____
            ,.イ://::{     ,.   ´      、
         /:/{//:::::| _,.. - ´           `ヽ、
          /://:\:::::|'                   \
.         /://:::::::::\{        ____         \     残ったのはこれだけか
       /://:::::::::\:::ヽ、{ ̄\ ̄∨ ̄\::/ ⌒\_,       ヽ
       /://::__,_ ´ ̄\\_/:、: :\__/ ̄`ヽ、/=ミ__   〉   ま、前に比べれば随分残った方ね
     /´   〈 `ヽ、_/: ,|-/ ', : |、:,ム斗:l : : : |\__〈 ̄` <
           /ヽ  /: /:/:l|: l  |:|:|,ィt≠ォァ : : : |:、: : : :\   〉   けれど、残ったからといって終わるものではなくてよ?
          \ ∨: :{: |: :lィ=ミ、}从 弋ヒソ/}: : : ,'^∨:、: : :{\/ヽ
            }/:/: 从、: ムVj        /: : :/、_ノ:}: :\:∨_>'   儀式はまだ始まってすらいないのだからね
               /:イ: /: /}/叭 '  _    ,': : :/|:ー': :|: : :|:ヽ} 、
           {:/: /: /:/:从ム、 ` `  /: : / l| : : / : : |:/ニニ\
             {: /イ}/   }/ ≧=-く{: :./-;/ : イ/}: :/}二∧二\
              /:イ       /rミ≧「∧∧:{ //勹ー:/イニ// ∨ニニ\
                 ,.ィ^}_/:/}::::/ヽリ ///_乂⌒}/////マニ二 ム
                    / ,'イ//::「 }/} ∨イ_乂     ∨////}二二 }
              _/   / /::::/:::::|/ イ }/       \// |二二/
                「´   {∧::/:::::/}    |          \/ニ二/
                }    | { `\:':::|    |           〉二/
              /_\、  / _ー=\|   /             /二/
              /{イ/\,' <o_,>   〈   、   _/ / ,'ニ/
               / 〈イ_〈 <o_,>    >=介==== < / イ



  少女の言葉に、魔法陣が一際強い光を放つ

  遂に儀式が始まろうとしているのだ

  やる夫はゆっくりと瞳を閉じ、その時を迎える

  その時、瞼の裏に写った光景は――――


  【安価】
   やる夫の過去(というか動機?)を決定します。
   次の選択肢の中から一つ選び、↓5までで多数決をとります
   1.薄汚れた小さな剣
   2.まばゆい光
   3.大きく温かい掌



6146 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2015/06/07(日) 22:20:55.19 ID:+coPEQph


6147 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2015/06/07(日) 22:21:03.36 ID:v9jo6L+y
1

6148 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2015/06/07(日) 22:21:04.47 ID:chh9oupg
2

6149 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2015/06/07(日) 22:21:20.87 ID:sUBl3fnd


6150 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2015/06/07(日) 22:21:43.62 ID:J6gqSNS0




6156 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2015/06/07(日) 22:32:56.44 ID:UPaxwDkj


     :::;;;;;;,-''''''''-;;;,;;;;;;
    ;;;;;;;;;;i´    `i;;;;;::::
   ;;;;;;;;┌'      'ヘ;;:
   ;;;;;;;;;)ュ,      ,r(;;;       おう、ボウズ
    :;;;;;;;;;>、   ,ノヾ;;;;;;;
   ;;;:,チ''゛  :`::::::':':   ゙゙Y;;;;::::     アレを見てみろよ
 ::;;;;y'´   ,        `{;;;;;:::::
 ::;;;.(,   ″        '(;;;::     あれが俺達の頂点……コロシアムに生きる者のテッペンだ
  ;;;;;:`,ll'-〟      ll  |:::
   ::::|   ゙;,_ ,:     ゙  i;;;;,,,,,,,,,
   :::::i   ::::          .'-、;;;;;;;;;;;:::::
  ;;;;;;;;ハ  i:::::    ....::::''   `'<;;;;;::::
   ::;;;;;.ハ  '(i|||||lllllllliiii=''′  .,};;;;''''
 _,,,,,lllllllシ  ,,illllllllll″ ,__,,,,,,,,,iiillllllllllllll)
.(lllllllllllll、,,,ィ'illlllllllllllli, ゙lllllllllllllllll!゙゙゙゙゙゙
  `”゙゙゙゙゙゙llllllllllllllllllllllュ,,j'lllll゙




                         :::::/                \::::::::::
                      :::::::/                   ∨::::::
                  :::::::/                      ∨::::::
                     .::::::::′                        i::::::::
                 ..::::::::i                       |::::::::::   あそこに立てば、ここでは英雄だ
                ::::::::::_|                        |:::::::::::
                :::::::::/                          γ^ ,:::::::   力さえあれば這い上がれる
               ::::::::::{                           |:::::::
                :::::::∧                            リ::::::::  このクソみたいな世界で、たった一つ
                    :::::::∧                      , ':::::::::  力で全てを変えられる世界さ
                 ::::::::ハ  {`ー---------------=彳  _/:::::::::::
                 :::::::::::::i  ∨─┼---   --┼─リ   !::::::::::::::::
               ::::::::::::::::::八   ` 、__        _彡'   人:::::::::::::::
            :::::::;: ⌒ ー─ '´        ̄ ̄ ̄ ̄    /::::::::::::::::::::::::
              :::::::/          :::...          ,..::'  ` <::::::::::::::::::::::
             ::::::/           ::::::>=-----=<:::::::      ` <:::::::::::::::::




.           ..:::::/                       V:::::::::
            :::::::′                           ',:::::::::
          .::::::i                             i:::::::::::
          .::::::|                            |::::::::::::
           ::::::::!                             |::_::::::::::.     ああ、こんな陽の光の当たらねぇ場所で終わりたくはねぇ
         ::::::::::l                         '’ ヽ::::::::
         :::::::::::l                      ,..イ     V:::::    いつかあそこで、金持ち共を見下ろしながら、悦に浸りてぇ
        ::::::γ⌒            __   ----==≦冖::i    |::::::
        :::::::′    iト- ┬=T  ̄ ̄          ___/_/::|    リ::::::::    考えるだけでもゾクゾクするだろう?
        ::::::{     i::{  i  _i、___,:---::^ー:::::⌒´:::::::::::::: i    ,.:':::::::::::.....
         :::::人     ゚,:ゝ'´::::::;: -──--=彡: . : . : ヽ:::__:,'  .:::` <___::::::::::::::::::...     そうだ、それが夢だ
         :::::::::\     ∨::::::/: . : . : . : . : . : . : . : . : . /-7  ;::         ` <:::::::...
        ..:::::::::::::; '’.:::.  V⌒y: . : . : . : . : . : . : . : . :r‐ , '             ∨:::::   このクソッタレな世界を、希望で満たしてくれる、
     ::::::::::::::>'´      \ 冖,.-- v-- 、 -v'⌒ ,/               i::::::   甘くて美味しい猛毒だよ
    ::::::::>'´        、  ` <{__      _,.  '                 |:::::
   :::::::::/            ::::iト、      ̄ ̄       /:::                  |:::::
    :::::::/            :::::::> .,        _,. ィ::::::::::                l:::::




6157 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2015/06/07(日) 22:37:40.31 ID:UPaxwDkj


                     /    |   .|    |
                 |     |   .|    |
                   |ー |   l ー-  l
           /⌒ヽ   |    |   l     l
           l   l    |    |  |    |
            |   l   | ー-  |   l   - l
             |  -‐|    |    |  |      |    /⌒ヽ
           |    l    |    |  |      l   |    ヽ
             l    _!   |    !__,! ‐  一 |   l     ヽ、
         /⌒ヽl  ‐ \  |,    . .      l    〉-‐  l
         l〉   )ヽ、   ヽノ           ヽ、 |     |
        /  人 ヽ、                 ヽノ     |
          l     ヽ、\,          . / ノ/      l
        ヽ  ノ \,/     /             ヽ  l
         \    /        /            |
          ヽ、       /  /   l              |
           ヽ、  /   /     |           l
            ヽ、          l          /
             ヽ、            |          /
              ヽ          l        /



   猛毒か……そうかもしれない

   だが、その毒に随分といい思いをさせてもらった

   勝利の美酒、称賛の声、多いなる栄光

   どうやらもう、陽の光の当たらない場所へは、帰れそうもない

   この体は、この心は、既にその猛毒に侵され抜いているのだろう



6159 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2015/06/07(日) 22:43:59.75 ID:UPaxwDkj


             ´ ̄ ̄ ̄ `ヽ
         /            ヽ   _
        /                ヾソ jハ           悪いな
       ,':                ,,イ ///ヾ,、
      /j::; ,  i:    __      ,,イ ,,ィ//////\        やる夫はもう、彼処へは戻れねぇお
     ,イ/::i;::L::jr-==´‐,ィ  ┌イ  ,,ィ///////////≧ュ、
     |l/ハ!ゞ≧ヾ‐ ゚ ィj/::;'  | rイ/////////j////////ヽ.    彼処へ帰るくらいなら―――
    /{∨/j:'   `ヾ~;     ヽ ∨///////////////////ヽ
   ///ハ Vイ ::;_   ノ     /', ∨///,/イ//////////////ハ
  j////ハ V`ー'-≧´-‐' _,,イ  ∧ 〉/////////////////////}
  l///// 〉/ヽ   ̄ ̄   ,,イ 〈 ヽ/////////////////////
  リ`ー‐' / 〉、 `ー ---イ   ,ィ lヽ ヾ-― ヘ////////////
   ソ ト, / イ//≧、___,,ィ≦//! '-ゝ  rィヘ ∨///////
  /  / !//////////////////77i  l\  ̄ ̄  ∨///



  ―――死んだ方がマシだ

  それを言葉にする前に、やる夫を包んでいた光が掻き消える

  果たしてこれが儀式だったのか?

  そうだとするなら、やる夫の前に現れたのは、記憶の片隅で風化した、誰とも知らぬ狂人だったという事か

  なんだ、要は最初から、迷いなどなかったというわけだ

  こみ上げてくる笑いを抑えながら、やる夫はゆっくり目を開けた



6160 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2015/06/07(日) 22:44:00.10 ID:ur8lwXwa
戦いが肉と骨で栄光が体を巡ってるんやで

6161 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2015/06/07(日) 22:45:23.81 ID:cjYyoBkS
体は闘争でできている

6162 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2015/06/07(日) 22:45:52.87 ID:U3FTIX8V
うーん、戦いに狂ってると心配したが、戦いに育てられたんじゃないか。
何も心配することはないな。これが勇者化(震え声)

6163 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2015/06/07(日) 22:47:16.56 ID:chh9oupg
流石ぶれねぇな

6164 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2015/06/07(日) 22:48:47.80 ID:ThxBurFm
勇者ってこのやる夫並みのぶれない連中の集まりなのか
何それ怖い



6165 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2015/06/07(日) 22:49:21.68 ID:UPaxwDkj


__
::〈::: ̄\
:::::\:::::::`ヽ、        _,.. -    ̄ ̄ ̄ `  、
:::::::::::\::::::::::\  ,  ´             \
::::::::::::::::`ヽ、:::::::∨                    :.
:::::::::::::::::::::::::\_:::ヽ___, -、,.-- 、____,      ヽ
::::::::::::::::::::::::::://_/ /   |  ̄/⌒\       }
:::::::::::::::::::::/< 「_ヽ  ∨⌒}/  \,.< ̄>、_/
\::::::::::/::/:`7: : :/:\_/: : /:\___/: : :∨    ≧=、
::::::ヽイ::/ ::::: /: : /: /': /: :/}:-≠、// : /: |:\_/_/ヽ   あらあら
:::::::::::/::::::::/: :': |: /:|:/:イ斥く、l/,: :/--}/: ': |: |__, '´
:::::::::::::::::::::/: : /: : {/: :}': 从ヒ:i:ソ /イ ,ィ=ミ/:/: ,: : |       今回はなかなか優秀じゃない
、::::::::::::::::::{: : イ: : :' : 八: ∧        {i:ノ/:イ: /}: :,'
マム:::::::::::八: {从: : : :{: :|: : ハ  、_`   ,ムイ: |: |:/        こんなに早く帰ってこれる奴がこんなにいるなんて
、マム::::::/  、|  ∨-Y´j: : : }≧ r -=≦_:_/: : :!: }'
 \}::/       /「/  {: : :/  /  /ィ^ヽヽ}: :/:イ         数だけではなく、質でも期待できそうね
   V    ,:'匸/  从/l /  /ム` ` 八ヽ
       / 匸'   ,ィ=ミ\ / 〈_,.-、イ    \
     _/  匸{L / {:i:i:i:}} 、∨ /∧==ム  r::.、ヽ
    }:::、  L_イ  /乂i:i人 \{フム-= ヽ 、::::∨}
    |::__}、___,{ ,:'::::::::`:::::|     乂人_∧ ヽ::/ ̄}
  _,/l} / | / /:/ ::::::::::: |     / :.  ∨_Y_/}/
  '::、::`\_」 '/::::/:::::::::::::::::|    ,  _,   ヽ }--、
、_|:::: \_::}  {::::::∧::::::::::::::::ム    {/::::::.   } |:::::::}
::::{::::::::::::: |   \j⌒\\__}   /ヽ_::::、   ;::::::;
::::、::::::::::::, __{   〈i }〉\二j!    /-、_}::::\__/:::::/
 ̄\_/ { \ 〈i |〉         / /-'\:::::::::::::::/、
    '  / ̄_`¨¨\`-==-<__/}/   ':`ヽ イ::::\
   「/⌒7>´  \__/}__/ ∨/        :.  `ヽ、::: \
 / ̄ ´             `           }    \:/
´                           |      \


  目を開けると、吸血鬼が満足そうに此方を見ている

  ふと隣を見ると、優男も目を覚ましていた

  それだけでなく、何人か既に目を覚ましているらしい



6167 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2015/06/07(日) 22:55:16.06 ID:UPaxwDkj


  /::/ /::i|  |.          |冖¬=- _    |   |        /   {
 ′{__/:::::i|  |.            |:::::::::::::::::::::::\  i|  __j         /   /:\
/ :::::::::::::::::i|  |           |-‐==ミ:::::::::::: i i| /::::{       . \xく   i
:::::::::::::::::::::i|  |             |    jL:::::::::::| i| }::::{{        | /::::::::i  ⅱ
:::::::::::::::::::::i|  |          j-=ニ二   〕宀L 」L:<^>.       | |i::::::::|  ⅱ
:::::::::::::::::::::i|  |          }三=‐: : : 「: : i: : : : :i「:ヽ{       | |i:::::::::|  ⅱ
:::::::::::::::::::::i|  |         7: : :/: : : ⊥: /L: : /リ}: : :      | |i ::::::::|}}}       儀式を終えられた方はこちらへ
:::::::::::::::::::::i|  |         i:.: : {. :. : 抃弐ハ:. /}たV: :.      | |i::::::::::|}}} ⅱ
:::::::::::::::::::::i|  |          ;.:. .i. :. : : :{辷} }:/ 沁 }:ハ|.       | |i:::::::::::|}}} ⅱ     勇者の力を明らかにし、勇者としての登録手続きを行います
:::::::::::::::::::::i|  |          ;.:.从:.: : :{   ′ ' ,.j'}/}     | |i ::::::::::|}}} ⅱ
:::::::::::::::::::::i|  |     -‐.     }/:..:ハ: : :{ヽ    ^ 厶ィ:/{     | |i::::::::::::| }}}} ⅱ
::::::::::::::::::::: |  | /   〉 〉::::::..、 ヘ}:.:Ⅵ:{^   、/:./:./丿     | |i :::::::::::| }}}} ⅱ
::::::::::::::::::::::i|  |   ,/./:::::::::::::V}丁X}\rfア⌒`く,j/_____  i| |i:::::::::::::| }}}}} ⅱ
::::::::::::::::::::::i|  |   \ \::::::::::::::} }八::::匸人:{〔 } 〕::八{::::::::::\\、i:::::::::::::| }}}}} ⅱ
:::::::::::::::::::::: |  |.      \ )::::::::::}/⌒}}::厂- ミ Ⅵ{jレ:{  合::::::::::::〉 ,〉`;:::::::::::≪≪ ⅱ
::::::::::::::::::::::::|  |      } {:i\:::{  i }//   、    Ⅵi |i:::::::ィ rf  }:::::::::::::::::} } }II
:::::::::::::::::::::::i|  |  _ -==人:i:i:V  {/(      Y  `丶<:i:i:i:} }i{  ;:::::::::::::::::} } }II
::::::::::::::::::::::: |  | -==ニ::::::::::::\}__/7` ミzー __ jL.. ___)r‐:/{_ ,/::::::::::::::::::} } }II
:::::::::::::::::::::::::|  | {\-‐ ミ::::::::/{,/ {     ̄ ̄  } ̄ ̄  ;::::::::、y::::::::::::::::::::::} } }II



  見知った顔がいる

  コロシアムでやる夫と戦った女だ

  どれだけ切りつけようが、殴りかかろうが、全く通用しなかった勇者

  その脇をすり抜ける際、一瞬目が合う



6171 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2015/06/07(日) 23:03:50.40 ID:UPaxwDkj


                  |ー┴‐'、  l  ┃ l  //___イ
                  |ミ===z ヽ==l  ┃ l=.ノz= 彡}
                 /ミ=----‐'ー'ー┸‐'ー'ー---ヘ
                  /:〃: :,:.l: : :./:{: : :.:.ノ|   }|: :|: : : :ハ
                     ′l|: : l: l--ハ-l-: :/ }|--八-l l: : :}: ,    ようこそ、歓迎します
                {|: |l: : l: 斥テ气: :/ .j 斥テ尓:|: : l|:|}
                 {{:.:|l: : l:Ⅳ廷rタV  / 廷rタⅥl:.:.l|::}}
                Ⅵト、: ⅣN      ,    j:Ⅵ:./:Ⅳ
                Ⅵ、\::::::}、     _   .イ:::://:Ⅳ
      _ -=≧ 、       Ⅵ\丶:ト:ミ.、  ___ .ィ:::i::://::Ⅳ        ,≦=r--
    /   /  }二ニニミ 、 \__ヽ:::{'⌒Y/===ヽ'⌒}//__;/ rニニニニ二\ \    \
   /   /  /ニニニニニ V三゙}ニニ}人___||r' ┃`}___ノ/ニニV三マ,ニニニニニニ\ \    ヽ
 /   /  /ニニニニニニニ |  |ニニ|≫=《八 ┃ ノ》=≪}ニニ|  |ニニニニニニニニヽ  ヽ    、
/      \  \,ニニニニニニニ|__jニニj/  `’┸‘´  ゙ーミ、|__jニニニニニニニニ /   /
         \  \ニニニニニ{|===>'      ヽ..,       `ヽ==|}ニニニニニニ/ /      '.
         ゙r┐ }ニニニニ {| {ィ(         :l:.          }ト|},ニニニニ/ r/        }
         】l〔 〔::::\ニニ{|/ ヾ、        .::|::.       ,ノ Vニニ /:::〕 〔l【        ,
          八 }:::::::::、ニ{{   `ー======' ^Y^ ======‐"   }ニ/:::::{  八         /
ヽ       ,ク' ノ\::::::::.从         . : |:: .        从::::::::::人 `ム      ,
 \      / /ニニニ\::::l込          .. :: j::: ...        ノ | l:::::::/  `≧ミメ、__/



          ____
        /     \
       /  ─     \
        ' (●)       \   ) )
      (l、__)          |
        ⌒´         /
       `l          \      スタスタ
        l           \


  誾の言葉にやる夫は応えない

  応える必要がない

  敗者に語る言葉はないのだ

  尤も、たとえ勝者の立場であったとしても、やる夫は語らなかっただろうが



6173 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2015/06/07(日) 23:12:00.96 ID:UPaxwDkj


                                 i' l´l^i
                                ∩! .i .l .|`!
                                | `    l
                                 、     ノ
                                   `   i´
                               r、 亅   |
                   _ -―  -  _    l ゙ l    |ヽ     は~い、解析結果が出ましたよ~
                 r '^         `ヽ  !  ` _.i、 ヽ
                 〃            Y7       ̄  l   やる夫さんの属性はズバリ、名声です!
                 Z   /  . 、  `i  ミil             l
                l∧/∨   ヽト\ナ  |ミll          |   名声属性はですね、他者に干渉する類の力なんです
.                 / |. ┃   ┃ !  !rt.|           l
                   l  ┃    ┃ |  l′!              |   まぁ名声自体が他人に依存するからですかね?
                ' / l 〃 r-一. 〃|  |_/|               |
               ′ l ヽ  ヽ__ノ   ィ  |て!       〉       ただ一人ぼっちだとあまり意味が無い能力も多くて、
              〈∧__l l ` ー┬-‐" l.  | )!      ∧   /   その点は重々注意して下さいね~
                 )∨r卜ヘ 〃  l ヽ ' )l       /  ヽ__/
               / ) /  l  l!  /  l | ) l    /         それから、あとは~
          _,. -‐'^"  ) i  .|   |/  ./ | lノ   ´
  l´ヽ_  - ' "        )′ |  〉  /   |ヽ  /
 ノ  l             /  ̄ ̄ ̄ ̄    l   _
(__!            ヽ          ヽ ム
    ぃ            〃         /  Z
    ヽ           ∧          ゝ  }
     ’、         、 l          l7_/
                ∥          |7 `ヽ
         ヽ          |!             |7、   >
         ヽ  __  /|          |7 ヽ/
           ̄     .|            |゙



               ____
             /      \
           / ─    ─ \
          /   (●)  (●)  \
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \


  長い

  この手の説明は冗長で疲れる

  簡潔に、自分にはどんな能力があるのか説明して欲しい



6175 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2015/06/07(日) 23:14:43.16 ID:o4woVFYp
プロモーターを確保しないと・・・!

6176 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2015/06/07(日) 23:15:49.75 ID:U3FTIX8V
え?最前線で戦う男の背中を見せてるだけじゃダメなのか?

6177 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2015/06/07(日) 23:16:31.45 ID:chh9oupg
観客を引き連れて戦いに行こう(提案

6178 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2015/06/07(日) 23:16:42.89 ID:7kgdTgpf
剣闘士とかほぼタイマン特化だよね……

6179 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2015/06/07(日) 23:19:27.92 ID:Lb2cX/Iv
ボッチな名声属性が必死に馴れ合いを覚えていく話かー
だが本人に取りつく島が無いのは致命的だな相性が悪過ぎる



6180 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2015/06/07(日) 23:20:57.27 ID:UPaxwDkj


         ____
       /      \
     /   _ノ  ヽへ\     ……で?
    /   ( ―) (―) ヽ
   .l  .u   ⌒(__人__)⌒ |    結局やる夫には、どんな力があるんだお?
    \     ` ⌒r'.二ヽ<
    /        i^Y゙ r─ ゝ、
  /   ,     ヽ._H゙ f゙ニ、|
  {   {         \`7ー┘!



                        ___  -─━ァ━…‐-   . . 、
            __-=ニニ二三三ア. :    /        : .\_
           ∠ニ二二三三三/. :    /. : :           ⌒\
              ∨二二二三三/ : :   /. : :  /             : : .、
.              ∨二二二三/ : :   /   /  /           : : .、
.             ∨=ニ二三/   \_/ . : |l/  /    /   /   : : i
                ∨ニニ三/   \_/   i |l  /   /    / / /   | |   ああそれはですね……
                  \二ニ     V    l |l  / / / // / / / /  | |
                  /三ニ   j斗    l |レ代ハ //|/|/|/|/イ^ 八|   周りの人間の力を吸い取って自身を強化する
                /三三ニ    {(_|     |ト弍ーノ     ^⌒ 人/     力が備わっています
              /三三二ニ  l 乂|: .    |  ヽヽ       ≠ミ 八|
           /三三/ニニ  l: .  | : .   |         ヽヽ/  |       敵味方関係無く弱らせて、自分は強化された
            \三∠二二ニ  l: :  |: : : .  |  F=-  、 `   ′. :|      能力で無双状態!!
               ̄\二二ニ  |: | | | : : : . |  ∨  ノ  / . :|│
                   ̄二ニ  |: | | |: |: |. |个o。       イ   :l l│       うまく事が運べばそんな使い方ができる能力
               /i:i:i:i:i| l |: | | |: |: |. |:.|  / T¨ :i :|  | . :l :| l│      でしょうねぇ
                  {i:i:i:i:i:i:i:レレレlレレレlレlレlレj / :l  :| :| . :| . :l :| l/
                  {i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i: \  :l  :| :| . :| . :| /|/          '^}   ロンリネス ウィナー
                  {/⌒{/⌒{/⌒{:i:i:i:i:i:i\l/l/|/|/|/l/           / /   唯一人の勝者……とでも呼びましょうか
.              /⌒}   }    } /⌒{:i:i:i:i:∧               / /
.              } /⌒⌒^⌒⌒^⌒\   V:i:i:i:i:∧                / /
          {⌒\/i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:V⌒Vi:i:i:i:∧            , ^V" '^ヽ、
         >--{i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:V⌒Vi:i:i:i:∧        / ノ/
.         {   {i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:V⌒Vi:i:i:i:∧       , 、(__/`  }
         >--{i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:∧  Vi:i:i:i:∧         {  (___r'  /
.         {   ∨i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i ∧  \i:i:i:∧        \      /
            `¬'^∨i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i∧    ̄ ∧         }     ,
.          ////∨i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i∧      }      /     /
.           //////{ i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:.     ∧      /     /
         ///////{i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i.   /i:i:\__  /     /
          ////////{:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i.   /i:i:i:i:i:i:i:i\/     /



6182 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2015/06/07(日) 23:21:37.10 ID:HIGEp9Z8
・・・これ嫌われないか?

6185 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2015/06/07(日) 23:23:03.14 ID:Vb8DRWPx
味方弱らせたら駄目だろwww

6186 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2015/06/07(日) 23:23:16.05 ID:ThxBurFm
最前線に一人で放り込まれるフラグじゃないですかヤダ―



6191 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2015/06/07(日) 23:25:23.11 ID:UPaxwDkj


               ____
             /       \
           /  ⌒   ⌒  \
          /  (●) (●)  \    へぇ……
            l    ⌒(__人__)⌒    l
          \     `⌒´     /
          /              \


      ・ ・ ・
  随分とらしい能力じゃないか

  やる夫は思わず顔をほころばせる

  自分勝手で傲慢で、誰にも自分と同じ場所には立たせたくない

  そんな自分にぴったりな力だ

  そして何より、その名前が気に入った



6195 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2015/06/07(日) 23:31:34.44 ID:UPaxwDkj


                     ̄ ゜   ミ
         /           ヽ.
        /               ' ,
          /                    ',
       i             , く`   i
        l            、,ィ´{l i 〉   ト、
         l    ___,ヾ, ヽイ "`  ̄   ,'  丶
       !    ゝ、_!ソイ        )   /    ヽ
              {     )ーャ'   /      ハ
        ヽ.      `ー '´二´ィ′ ィ′      ',
         ハミ≧ー ___ ,, ≦          l
       /                        j


  こうしてやる夫は勇者となった

  やる夫の第二の人生ともいうべき物語は、ここからはじまるのである


.
6197 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2015/06/07(日) 23:33:50.72 ID:UPaxwDkj


                  ..,,-‐''''ヽ、     / /アt卅lヘ
                /へ \ /\   / / /ⅨⅧ| |
              _ 「/    \ _ヽ〈 //lll]ll廴 'サ|ヘ、\
              / ,,,--‐''''"lー    `゙l│ヘ|l゙l亡ソ'~~`゙゙ .._ 、
              /-‐' /   l \0   ゙i   ̄〈〈    |
            / ____/    ∥       ォ ..  ゝ、ォ‐'´/      今日はここまで
            .| ̄       「 // ̄    _-- /、\
            |レ   ∠ニナ/   | {l三( 0) _ |  ./ ̄ヽ     なんか今まで描いたことのないタイプの
            ∟_..-―゙゙’     | ヘ       |  /       主人公になったな
          ┌/⌒/_    \ /\____/\\  |  | ,-‐-、
         ┌/⌒/\\\   ,-‐i‐|    /\ \\ |  |  \      ではお疲れ様でした
        ┌,'⌒/\ ヘ ヘ | /  ゙i   /\ \\ |  |
        ///   \\ヘヘ\|  | l  l ヽ\    |′ソ‐‐‐、
        ( ( (_/ ヘ /ソ   /  /\\ \  | 丿 _/
        \\\\/\ヘ    l /  /‐‐‐、 \i/i  /
          ヘヘヘヘヘヘ| |vvvvvv‐'厂 /\ヘ_/〈∠/ |  l /
           `´`´,,-‐''''`'‐------'´ |__ヽ ヽ/ / ヘ | |`\
.             ヘ   (-   ヘ/ヘ  ̄ ̄´|/ / ヘ |  /
             /\\l'''''''''''''i i┘/二__iニニニ レ´ニニlヽ‐--/
            〈  ゙i\|ヘ) )\\\  \皿皿皿皿゙il'‐、__
              \ \-‐'´ノ  ''''‐-\  \皿皿皿\ |
               ヘ ゝ´´    / \―\ |\\\ |
                       /  /     \___


.



Next  その3へ


Back  その1へ


目次へ





関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カウンター
検索フォーム
カテゴリ