fc2ブログ

新年あけましておめでとうございます。 実家から帰りましたのでまたまとめ再開いたします~ 本年もよろしくお願いします

【あんこ】白饅頭族、大地に立つ その1

1026 名前:ゴジュラス@◆ZX2DX6eltM ★[] 投稿日:2021/06/14(月) 20:19:17.19 ID:3gAc5A/p



           _――-、
        __/__∠ヽ/ヘm
      rr'mr-nnnTl-「l ̄`0\
     {/llllヘ_i i_l_}_}_} // Ll ,..-、|           お疲れさまです
     l7NNNNl7l7l7l7wヽiii/(≡0)  _
      NNNNMkkKK" ̄IIヽ=イj /l//i_        資格試験がひとまず落ち着きましたので帰ってまいりました
      ヽ-===--i¬-ーー‐<_r"))ヽli::i|
          | |=l ll=| |ヽf||H{=:{y}=}i:/
          | |=l ll=| | K|h「T|H}=}7 | ̄H ̄| _               r--r=-
         r=イnイh=/ iイ||¬|lr"´}}ヽ|:::::::::::::::|/i_            / ̄ ̄/Tヽ
  _ _   | l__i l__l | i../h/∠i _r⌒(≡0)-):::::::|i::i|           (ニ//:::iiii::(ニ(ニ=
 //| /:ヽ 「 ̄H ̄::l l/  |「=l |/´ ̄ヽ三L[llllllllll| i:/           //=ミ{::::::/
 |/ヽ|/=:::| {´ll「=「l :l |,..イ|l HH=`(≡0)0):::|::::::::|_            //=ミ:/ ̄
  ∧=l :l(ニ{ ̄ ̄{ニ:)ニ)三}ll / ̄ /`(≡0):::::|::::::::|/i_          //=(ニ0
  ヽ-‐イ、l(ニTl lT{ニ:)ニ)三}l/r'r //)(≡0)三:|::::]::|i::i|         //≡ミl
    ヽ=:::Eニl=ll=ll∃:::三Oニ)))ニ) ̄ii`ヽ、kE::|::::::::|i:/         //≡(ニ0




 【仮題】白饅頭族、大地に立つ


 初期立地  数字が大きいほど好条件だが、土地を巡るライバルも多い
  淡水:【1D10:8】  農地:【1D10:10】  狩猟:【1D10:4】
  採取:【1D10:4】  気候:【1D10:8】  災害:【1D10:4】


 民族特性:【1D6:4】
  1:からだがおおきくがんじょう
  2:ちからがつよい
  3:あしがはやい
  4:きよう
  5:よくかんがえる
  6:はんしょくだいすき

.

1027 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/06/14(月) 20:20:38.16 ID:kpV8fS+f
日本かな?

1028 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/06/14(月) 20:20:40.15 ID:uwNvEBUn
初期立地と民族特性が物凄く日本チックなんですが……

1029 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/06/14(月) 20:21:25.26 ID:jw8H684s
ヤベーぞ日本人だ!

1030 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/06/14(月) 20:24:04.35 ID:wB37iIiE
災害が低い日本とか神立地過ぎるやろ



1032 名前:ゴジュラス@◆ZX2DX6eltM ★[] 投稿日:2021/06/14(月) 20:26:02.27 ID:3gAc5A/p


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  ヽ   .____
 |   ( ⌒)(⌒)/⌒  ⌒\
. |     (__人__) .(●) ( ●)\
  |     ` ⌒ノ ⌒(__人__)⌒:::::\
.  ヽ       } .   |r┬-|    . |
   .ゝ_,.   ノ____`ー'´___./
 -(___.)-(__)___.)─(___)─



  むかしむかし。

  あるところに、白饅頭族という人々がいました。

  どこからやってきたのかは、本人達にもわかりません。

  しかし、彼らは気がつけばそこに暮らしておりました。



 【 初期立地2 】 【1D2:1】
  1:大陸の肥沃地域(例:メソポタミア) ・・・ 他民族との交流が盛んだが外敵も多い
  2:大陸にほど近い列島(例:日本、英国) ・・・ 他民族との交流は少ないが外敵も少ない



1039 名前:ゴジュラス@◆ZX2DX6eltM ★[] 投稿日:2021/06/14(月) 20:32:54.42 ID:3gAc5A/p



     / ̄ ̄\
   /  ー  ‐\
   |   ( ●) ( ●)___
   |     (__人__)´ ー  ー\
   |      `i  i´ノ( ●) ( ●)
   |   .   `⌒ }   (__人__) ヽ
   ヽ       .}    `i  i´  |
    ヽ     ノ、_    `⌒_/
    /⌒ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ⌒ `i
    /    r―――――――‐‐'
    l      ( ̄レワ   /  |
    |       \ \/ /  |
    |       | \_/   |



  その土地には大きな川がありました。

  とても肥沃で農耕に適した土地もありました。

  気候は温暖で安定しており、近くの野山からは山菜や果実が採取でき、また狩猟対象となる動物もいました。

  ここは楽園だ! 彼らはそう思い、ここに住み着いたのかもしれません。

  しかし、誰もが良い土地に住みたいと願うもので、ここに暮らそうと思ったのは白饅頭族だけではありませんでした。



 【 肥沃な土地に暮らす異民族 】 【1D3:3】
  1:白饅頭族が一番最初にいた
  2:白饅頭族が後から来た
  3:いつの間にか隣人がいることに気がついた



1040 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/06/14(月) 20:34:11.55 ID:kLiaK+KC
気づいたらいた()

1041 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/06/14(月) 20:34:54.63 ID:NROciu3r
えっ、何それ怖…

1044 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/06/14(月) 20:36:23.44 ID:xUJUXv7X
隣人、生える



1045 名前:ゴジュラス@◆ZX2DX6eltM ★[] 投稿日:2021/06/14(月) 20:39:55.36 ID:3gAc5A/p


                 __
                  /      \
                '  ノ ゝ、   '
              |(●  ● ) u レ-―- .
              |  (_,、_,)   ,イ u -    \
                   {       /    ● )
                 \     { (_,、__)   u   }
                /    ̄`¨ー---、   _,ノ
                  /    __,,. -  ¨´~    ',
              /    -(_          ',
                /      `¨^rr-.、      ',
            /           |.!           ',



  白饅頭族にとって、大河は地の果てまでも続き、肥沃な大地は何処までも途切れないものでした。

  その中で暮らす仲間は、白饅頭族だけでした。

  しかし、いつの頃からか……気がつくと知らない間に隣人が住み着いているではありませんか。



 【 唐突に現れた隣人とは? 】 【1D3:3】
  1:地の果てから動物に乗ってやってきた
  2:海の向こうから船に乗ってやってきた
  3:天から降ってきた



1046 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/06/14(月) 20:40:42.96 ID:+fzyhKg6
宇宙人だー!?

1047 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/06/14(月) 20:41:10.62 ID:3D8mSCXZ
宇宙人かぁw

1048 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/06/14(月) 20:42:21.51 ID:NROciu3r
そらいつの間にかだよwww



1052 名前:ゴジュラス@◆ZX2DX6eltM ★[] 投稿日:2021/06/14(月) 20:43:37.03 ID:3gAc5A/p



.     ./ ̄ ̄\
    _ノ  ヽ、  \
   (○)(○ )   |  .___
   (__人__)  u . |/ー  ー .\
     ヽ`⌒ ´    /(○ )) (○ ))\
     {      /  (__人__))    \
      ヽ    |     )r┬リ u. .  |
        ン   \   ` ⌒ ´     /
      i´    . ン          \
      |   . /             \



  白饅頭族は驚きました。

  その隣人はなんと、空から降ってきたのですから。




 【 天から降ってきた隣人のスタンス 】 【1D5:4】
  1:教化
  2:同化
  3:君臨
  4:支配
  5:搾取



1061 名前:ゴジュラス@◆ZX2DX6eltM ★[] 投稿日:2021/06/14(月) 20:48:39.02 ID:3gAc5A/p



        ' ヽ   i」    \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`':::::::::::::::::i/, -、|
,             |     . \_   -――――-- ..,,__::::::::::::::::::::::::::: '´ ::::::ノ
⌒ ヽ_          |―――ァ  .|_ -‐ァ―――--  ..,_  ` ‐- 、 _::::::::::::: /
 / ~          l::::::::,.-'" ./.|.   |  , -―-、     _~" r、 __ l, -'"
  ,-、          ,' "´ /  ..|.   |          ´  `ヽ|   `|  ヾ`ー- __
   `     ,' 、! , ' , -'"     |.   |           ,',r=ュ、  !   ト、  \:::::::::::~`ー- 、
        , _ノ /-'".       ,r'´|   |           '゙/)l! `i! !   | \  \::::::::::::::::::::::ヽ
-‐-、 ,'   /  /-、,_      l  |   |,r===ュ      |ノ | !|  |  ..|   ヽ、  ' 、::::::::::::::::::)
、_ ,   ,- 、 ,´‐-v'"l ´~"''ァ  ヽ .!   !'´            | ツ ./ァ./!   |      >  ´~"''‐-'     というか、世界征服☆
__,,..  ヘ / , -‐-ト,.| , -'"_.     l   !"""     ,     ゙´ '´ /_,|   |  、-‐ '´
      /  ' , -‐-!| ` ̄ |    l   l      ,___   """/  |   ,!__, -'`-――- 、
       l   '  ., -i!     |  へ....∧  ゙,       l  |    />、|  /> |---- 、   )
      ヽ   '  ∧    '´   V...ヽ  ゙、 ` t 、 .`ー' _ - " ̄/ |! /;;;;;;;;;;|, - ´ , -'"
     < ̄ ̄ ̄ ̄'  ヽ、    _,,..-|゙ヽ ゙,ァ、 ̄フ⌒ヾ/⌒ ,r‐‐ | 人, -'" _,,.-‐''"
      (``        ヽ,.-‐''"__,r''|::::::ヾ,::::::V ::::::::::::::::::: /_,,.-‐''" _,,.-‐''" l
       て          >'´ ̄ 、\ヽ_ __,,.. .-‐ '''""~_,..-'''"   | ;;;;;;;;;;;;l
        ゝ       /_::::! ̄`ヾ_ヽ   __,,.. .-‐ '''/         l ;;;;;;;;;;;;; l
      / , r―――/.i´  `', ´_  l  ̄       /      _ ./;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙、
      'ー'´ |ヽ/ヽ./_:::::!  //´  \     _,,..-‐/      / / ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ゙、
         ヽ、 .〈 l  ̄ / ./      \.,,,,_/, -''"/      / /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙、
           ~T \ ,' <       「`ヽ/:::::::/.       ∧ / ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙、
            |  `'、__>、      | \::::::/.       /::::∨ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ゙、
            | ,へ  ,、 .゙、 ゙、\「 ̄ ̄   '´     /::::::::/ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;:;:;:;;:;:;;;;;;;;;;;;゙、
              .l `'  `'.゙、 ゙、::::\         /:::::::::::/;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;;;;;゙、
              l     ゙、 ゙、:::::o:\      /::::::::::::::/ ;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;;:;;:;:;:;:;:;::;:;\
               l      ゙、 ゙、:::::::::::\   /::::::::::::::::/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:\
               ヽ     ノ゙、 ゙、::::::::::::ヽ/::::::::::::::::::/ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;:;:;:;;:::;::;::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;: \



  彼らの前にやってきたのは、それはもう恐ろしい恐怖の大王でした。

  言葉も文字も持たず、長閑で平和に暮らしていた白饅頭族は、あっという間に支配され、世界征服を企む大王の配下に組み込まれたのです。



 【 恐怖の大王による支配 】 【1D100:5】*10年程度



1063 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/06/14(月) 20:49:47.36 ID:4RCMk+L2
支配なのかそれは

1064 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/06/14(月) 20:50:28.62 ID:E614ATuI
飽きたのか絶滅したのか反乱したのか

1066 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/06/14(月) 20:50:47.21 ID:qtV5aSKy
50年というと2世代ぐらいの支配かしら

1067 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/06/14(月) 20:50:48.17 ID:f4zhctXz
文明を授けてどっか行ったのか



1071 名前:ゴジュラス@◆ZX2DX6eltM ★[] 投稿日:2021/06/14(月) 20:53:43.63 ID:3gAc5A/p



       / ̄ ̄\
     /   _ノ  \  \\    て・,‥¨
     |    ( ○)(○)   __   そ¨・://
    . |   o゚ (__人__)  ./   \  __  /  ̄ ̄ ̄\
      |  0   `ー'´ノ./      |/   /\:::/:::::   \
    .  |        }          }   。<ー>:::::<一>。    \
    .  ヽ       }         {    j゚~(__人__)~゚。:::.    |
       ヽ     ノ           /\  ゜\;,`⌒ ´ ゜    ,./
      /  ⌒゚ '"'"´(;     / Y Y   。 ゚;)`゛'゛'  ゚,r'⌒  \
     / ,_ \ \\ \     ・; ∵ .  / /\/ / _, ゙i
      と___)_ヽ_つ_ヾ_つ        .;.と_ッ_;_と_,r'_(___つ



  白饅頭族は自由を奪われ、世界征服の尖兵として使われることになりました。

  しかし、それらは決して白饅頭族に悪いことばかりではありませんでした。




                           _ , ' ´    丶、
                      , - ‐ ' ´ ヽ、        ` , 、
                    /' 、、     `` ー ― - -‐'´ `ヽ、
                    ,'   ll                  ヽ、
                    l   l l , = ==、、    , ===、、 //ヽ
                    ヽ、  lソ´     `ヽ、 ,'/    `ヽリ  l
                     >、 _        ヽv/        /
              , -‐ニニ-彡'´ l、ヽ 、             _r‐ '、´
              <ン- ' ´  / >、_``ー-------─ '' ´,l  '、丶 、 _         これじゃあ使い物になりません!
    /ヽ             , -/  /\ `` ー―---ー、‐'''"',´ \  \ ヽ、`_ゝ、
   へ  ヽ           <__/  /l _/´ゝ、_   __,,..-'´ ',   l、  \  `丶、  `,     というか、文明開化?
     l   l               ,'  /ヽlヲ、l l ′  '´|ノ| ヽ_ ',  lノ   `ー   `'ー '.
     |   |             l  /-i_',   ´      !_ノ  l‐  ',  l   -‐ '´
  ,、  l  l            l /--- ヽ、 丶__       /l │ _ヽ``ヽ、
  ll  ,'   l           , l l' ̄| ̄l、 丶、l  )_ __ , - ',´、/l  l、/     l`、ヽ
  ',`-'  r,'、            l !!  l /ゝv' ヽ',' - 、,r'´ヽ / l ,'      l ヽ ',
   ',   ヽ ',          ', ',  / ,  ヽ、 _ _ _, - '´   | /      l  ,' !
   ヽ ノ ヽ ヽ          ヽ、`、'、 l        /      l/      l//
       ヽヽ           `',、__`` 、 _, ,==/     /    _ , - '´/
        ヽ ヽ            l  l`ー- 、_``― ― - - -― ' ´_ , - ' ´l
        ヽ ヽ         │ !、     ` /` ー--,---‐ '  ´     l
          ヽ ヽ        ,'  ',`、    /      //          l
          ヽ ヽ       ,'    ', i  /     / /           l
          ヽ ヽ       ,,'    i   /     /   l           ヽ
           ヽ ヽ    /,'    ,' ', /     /   \           ヽ



  恐怖の大王の尖兵となるには、白饅頭族……というより、この星にいる知的生命の文明レベルが低すぎたのでした。

  なのでまず、恐怖の大王は意思疎通のために言葉と文字を白饅頭族に教えたのです。



1076 名前:ゴジュラス@◆ZX2DX6eltM ★[] 投稿日:2021/06/14(月) 20:56:55.66 ID:3gAc5A/p



           __                  γ⌒) ))
       γ⌒) ))\              / ⊃__
       / ⊃ _ノ  \ ∩⌒) ))   〃/ / ⌒  ⌒\           俺、やらない夫
    〃/ /  ( ●)(●) / ノ     γ⌒)( ⌒)  (⌒) \ ∩⌒)
     γ⌒)  (__人__)/ / ))  / _ノ :::⌒(__人__)⌒ 〃/ ノ
    / _ノ   .` ⌒´ノ( ⌒)   (  <|  |   |r┬(    / / ))       やる夫はやる夫だお!!
   (  <        }/ /.    ( \ ヽ \ _`ー‐'  /( ⌒)
  (( \ ヽ      . } /                    / /




        ' ヽ   i」    \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`':::::::::::::::::i/, -、|
,             |     . \_   -――――-- ..,,__::::::::::::::::::::::::::: '´ ::::::ノ
⌒ ヽ_          |―――ァ  .|_ -‐ァ―――--  ..,_  ` ‐- 、 _::::::::::::: /
 / ~          l::::::::,.-'" ./.|.   |  , -―-、     _~" r、 __ l, -'"
  ,-、          ,' "´ /  ..|.   |          ´  `ヽ|   `|  ヾ`ー- __
   `     ,' 、! , ' , -'"     |.   |           ,',r=ュ、  !   ト、  \:::::::::::~`ー- 、
        , _ノ /-'".       ,r'´|   |           '゙/)l! `i! !   | \  \::::::::::::::::::::::ヽ
-‐-、 ,'   /  /-、,_      l  |   |,r===ュ      |ノ | !|  |  ..|   ヽ、  ' 、::::::::::::::::::)
、_ ,   ,- 、 ,´‐-v'"l ´~"''ァ  ヽ .!   !'´            | ツ ./ァ./!   |      >  ´~"''‐-'
__,,..  ヘ / , -‐-ト,.| , -'"_.     l   !"""     ,     ゙´ '´ /_,|   |  、-‐ '´            教育完了☆
      /  ' , -‐-!| ` ̄ |    l   l      ,___   """/  |   ,!__, -'`-――- 、
       l   '  ., -i!     |  へ....∧  ゙,       l  |    />、|  /> |---- 、   )
      ヽ   '  ∧    '´   V...ヽ  ゙、 ` t 、 .`ー' _ - " ̄/ |! /;;;;;;;;;;|, - ´ , -'"
     < ̄ ̄ ̄ ̄'  ヽ、    _,,..-|゙ヽ ゙,ァ、 ̄フ⌒ヾ/⌒ ,r‐‐ | 人, -'" _,,.-‐''"
      (``        ヽ,.-‐''"__,r''|::::::ヾ,::::::V ::::::::::::::::::: /_,,.-‐''" _,,.-‐''" l
       て          >'´ ̄ 、\ヽ_ __,,.. .-‐ '''""~_,..-'''"   | ;;;;;;;;;;;;l
        ゝ       /_::::! ̄`ヾ_ヽ   __,,.. .-‐ '''/         l ;;;;;;;;;;;;; l
      / , r―――/.i´  `', ´_  l  ̄       /      _ ./;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙、
      'ー'´ |ヽ/ヽ./_:::::!  //´  \     _,,..-‐/      / / ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ゙、
         ヽ、 .〈 l  ̄ / ./      \.,,,,_/, -''"/      / /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙、
           ~T \ ,' <       「`ヽ/:::::::/.       ∧ / ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙、
            |  `'、__>、      | \::::::/.       /::::∨ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ゙、
            | ,へ  ,、 .゙、 ゙、\「 ̄ ̄   '´     /::::::::/ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;:;:;:;;:;:;;;;;;;;;;;;゙、
              .l `'  `'.゙、 ゙、::::\         /:::::::::::/;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;;;;;゙、
              l     ゙、 ゙、:::::o:\      /::::::::::::::/ ;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;;:;;:;:;:;:;:;::;:;\
               l      ゙、 ゙、:::::::::::\   /::::::::::::::::/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:\
               ヽ     ノ゙、 ゙、::::::::::::ヽ/::::::::::::::::::/ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;:;:;:;;:::;::;::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;: \



  こうして、白饅頭族は「筆記」の文化を手にしたのでした。


 【 習得までの時間:【1D50:11】年 】



1077 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/06/14(月) 20:57:39.15 ID:+fzyhKg6
10年近くで文字の概念を……

1078 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/06/14(月) 20:58:41.25 ID:qtV5aSKy
文字どころ言葉すら無いという畑どころか土から始めてたったの11年!?

1079 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/06/14(月) 20:59:12.71 ID:3D8mSCXZ
11年で習得って普通に凄い



1082 名前:ゴジュラス@◆ZX2DX6eltM ★[] 投稿日:2021/06/14(月) 21:00:39.14 ID:3gAc5A/p



              / ヽ     , へ.         丶、   / /
             /: : : : ',   /: : : : 丶        __ヽ.:' ,'
          /人: : : : ヽ !: : : : : : : ',    /: : :ヽ \!
    ,r― ': /  丶: : : :`゙: : : : : : : : :i ./: : : : : : : !  ヽ
     ゝ _:/       ] ̄´ ` 丶 、: : : :": : : : : : : : :/ /:ノ 、
                /ー-- t _  ` 丶 、: : : : ´: /   ` ー--‐
           /   _l   | -ー-''''‐- ...._`i'''"´ l:ヽ、
          /    f ´|   !        ⌒ヽ/i     ヽ: :ヽ`トt--ー'
         ー‐ ァ   丶| ㍉=='      /ハ      ゝ:_: ) !       私も優秀ですけど、この原住民もなかなか飲み込みが早いですね!
            / __   | |       =彳/ 丶        l|
         _ __ L,. ヘ  l  r-ァ'   ノ/ r- ゝ      l|        さてさて次は……
     ゝ´-==i: : : , -ー-.ヘ. l= ニ´ ィ i´l /、|          l|
         ̄ t- ニ _--- ..ヘ|ハハハ/‐、ヲ/、 丶、     l|
          i: :|    ̄´'''' - ニニ_ ------`ー ヽ    l|
        i: : : i     l  /´`f| | 「l下 ̄ ̄ ̄´    l|
          i: : : : i     l/:r-ゎ| !   |            l|
         i: : : : : :i     i: :ヽ __ l    l           l|
        i: : : : : : ; i   l: : ハ. -!._.人          l|
        i: : : : : : ; ; i     l: {vi ̄,ィー‐イ          l|
       i: : : : : ; ; ; ; ;i    ∨`ー‐-- イl       l|
     i: : : : : ; ; ; ; ; ;li   /-┐   /: :ト、r- 、 rz‐r0 !
      i: : : : ; ; ; ; ; ; ; li ,.'   'ヘ,ィイ: : :| r┘  l z: ,イ {三ヽ
      !: : : ; ; ; ; ; ; ; ; !:',   /l: : :,、: :!く    lく: l } {ー ,/
     l: : : ; ; ; ; ; ; ; ;/: ::ー'´: : :l__/: :',_l;Z___lく: :l lオ`トイ
      l: : ; ; ; ; ; ; ; ;/: : : : : : : : : : : : : : :i; ; i └-ゝイ !
      l: ; ; ; ; ; ; ; ;/- 、: : : : : : : : : : : : : ',; ; i     l|
      ! ; ; ; ; ; ; ;/     丶、: : : : : : : : : :ノ',; ;i     l|
    l; ; ; ; ; ; ;/          ` ー-- ´   ',; ;i   l|



 【 大王が次に教えるのは? 】 【1D3:1】
  1:大王に忠誠を誓わせる為の「教育」普及
  2:軍団として武装化を施す「鉄器」製造
  3:兵糧確保の為の「農耕」教育



1087 名前:ゴジュラス@◆ZX2DX6eltM ★[] 投稿日:2021/06/14(月) 21:03:50.63 ID:3gAc5A/p



        ' ヽ   i」    \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`':::::::::::::::::i/, -、|
,             |     . \_   -――――-- ..,,__::::::::::::::::::::::::::: '´ ::::::ノ
⌒ ヽ_          |―――ァ  .|_ -‐ァ―――--  ..,_  ` ‐- 、 _::::::::::::: /
 / ~          l::::::::,.-'" ./.|.   |  , -―-、     _~" r、 __ l, -'"
  ,-、          ,' "´ /  ..|.   |          ´  `ヽ|   `|  ヾ`ー- __
   `     ,' 、! , ' , -'"     |.   |           ,',r=ュ、  !   ト、  \:::::::::::~`ー- 、
        , _ノ /-'".       ,r'´|   |           '゙/)l! `i! !   | \  \::::::::::::::::::::::ヽ
-‐-、 ,'   /  /-、,_      l  |   |,r===ュ      |ノ | !|  |  ..|   ヽ、  ' 、::::::::::::::::::)
、_ ,   ,- 、 ,´‐-v'"l ´~"''ァ  ヽ .!   !'´            | ツ ./ァ./!   |      >  ´~"''‐-'     あなた達は、モアの忠実な兵士!
__,,..  ヘ / , -‐-ト,.| , -'"_.     l   !"""     ,     ゙´ '´ /_,|   |  、-‐ '´
      /  ' , -‐-!| ` ̄ |    l   l      ,___   """/  |   ,!__, -'`-――- 、          これから言うことをしっかり守って、これを
       l   '  ., -i!     |  へ....∧  ゙,       l  |    />、|  /> |---- 、   )         子供達に伝え残していくのですよ!
      ヽ   '  ∧    '´   V...ヽ  ゙、 ` t 、 .`ー' _ - " ̄/ |! /;;;;;;;;;;|, - ´ , -'"
     < ̄ ̄ ̄ ̄'  ヽ、    _,,..-|゙ヽ ゙,ァ、 ̄フ⌒ヾ/⌒ ,r‐‐ | 人, -'" _,,.-‐''"
      (``        ヽ,.-‐''"__,r''|::::::ヾ,::::::V ::::::::::::::::::: /_,,.-‐''" _,,.-‐''" l
       て          >'´ ̄ 、\ヽ_ __,,.. .-‐ '''""~_,..-'''"   | ;;;;;;;;;;;;l
        ゝ       /_::::! ̄`ヾ_ヽ   __,,.. .-‐ '''/         l ;;;;;;;;;;;;; l
      / , r―――/.i´  `', ´_  l  ̄       /      _ ./;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙、
      'ー'´ |ヽ/ヽ./_:::::!  //´  \     _,,..-‐/      / / ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ゙、
         ヽ、 .〈 l  ̄ / ./      \.,,,,_/, -''"/      / /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙、
           ~T \ ,' <       「`ヽ/:::::::/.       ∧ / ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙、
            |  `'、__>、      | \::::::/.       /::::∨ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ゙、
            | ,へ  ,、 .゙、 ゙、\「 ̄ ̄   '´     /::::::::/ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;:;:;:;;:;:;;;;;;;;;;;;゙、
              .l `'  `'.゙、 ゙、::::\         /:::::::::::/;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;;;;;゙、
              l     ゙、 ゙、:::::o:\      /::::::::::::::/ ;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;;:;;:;:;:;:;:;::;:;\
               l      ゙、 ゙、:::::::::::\   /::::::::::::::::/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:\
               ヽ     ノ゙、 ゙、::::::::::::ヽ/::::::::::::::::::/ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;:;:;:;;:::;::;::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;: \




            / ̄ ̄\
          / ─  ─\
          |   (●)(●)|
     ____. .|   (__人__) |
   /      \   ` ⌒´  ノ     おかのした
  /  ─    ─\       .}
/    (●)  (●) \     }
|       (__人__)    |    ノ.ヽ
/     ∩ノ ⊃  /∩ノ ⊃|  |
(  \ / _ノ |  |/ _ノ |  |
.\ “  /__|  | /__|  |
  \ /___ //___ /



  こうして、白饅頭族は「教育」の文化を手にしたのでした。


 【 習得までの時間:【1D39:25】年 】



1094 名前:ゴジュラス@◆ZX2DX6eltM ★[] 投稿日:2021/06/14(月) 21:08:46.26 ID:3gAc5A/p



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  ヽ   .____       大王様に文字を教えられた時は何のためのものか分からなかったけど、
 |   ( ⌒)(⌒)/⌒  ⌒\      人に物を伝えたり教える上でこれほど便利なものはないな
. |     (__人__) .(●) ( ●)\
  |     ` ⌒ノ ⌒(__人__)⌒:::::\
.  ヽ       } .   |r┬-|    . |      文字を残してまとめる道具や蔵もこれからは必要になってくるお!
   .ゝ_,.   ノ____`ー'´___./
 -(___.)-(__)___.)─(___)─




                                λ
                   ヘ          ,, '':. :. :\
                   |:::\      ,, '':. :. :. :. :.:. :. :\
                    \ノ   ,, ヘ:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :.:.ゝ、
                    ○ ∠、   `>ー─-─―彡´ ' ,,
                     /::::::::》               '',,
                     |::::::::::||   _     ≫⌒≪   i
                     ∧::::::::::》 /⌒\  ≫::::::::::::::》〆ノ∧   _,,,,
                      \:::::ヾ《::::::::::::::::ゞ/:::::::::::::::: /  ∨....;;´:::::::_)
    /⌒\              //ヽミ三=─--=========入__  ̄ ̄ ̄
    へ   ヽ           ∠/  イ ⌒   ⌒   / .../   /
     ヾ::   |           /  /:::rl ,z=ミ′ ,=`ミ、 / ./ヽ  _\
      l::   |          / ./ ⌒.λ′ 、_    , ' ../,ノ:  :/\        というか、有能教師?
   |、   |:::  |         ///,イ::::::::\  Y ノ  / ../ ヘ/\/::::::ハヽ
   |ヽ  /::.  |         |´ /./  |:::::::〆 >ー  //  ヽ::::::::::( 丿ノ
    l `-´:: へ/          | .|   |::::::|  /ヾ∧v/  /  丿:::::::::::/.ハ
    |:::   ヽ/\         ヽヽ |:::::::|. ト 、   ,へ/   /::::::::::://,':::::)
     \_ノ  \\         \\:::::|. |:.:.:.`v:.´:.:./   /i:::::., '/:::::::(
           \\         >ミニニニ二二二二二ニ.<:::::::::::::::::ヽ
            \\       |:::::::|  λ:.:.:.:.:./  /.:.:.:.i:::::::::::::::::::::::::::::::::|
              \\     /:::::::|  |::\:./  /:.:.:.:.:.:ヽ::::::::::::::::::::::::::::λ
               \\   /::::::::lV\へ/V、 /、:.:.:.:.:.:.:.:\::::::::::::::::::::::::|: :\
                 \\/:::::::::::|   | `´`/:.:.:.:.:.:.:.::.:./ ヾ、:::::::::::::::|: : : :\_
                    へ\:::::::「へヘ/「⌒vへ/〉ー― ´     \:::::::::::|: : : : : : : :\
                   |::::\\└へ:.:.└へ:.:.:.:/            ):::::::::\: : : : : : : :|
                  l::::::::/   /  ヾ......  y:       :::/ \:::::/\: : : : : :|
                  |::ζ/´⌒/,〈⌒\ ∨__,(,.  .. _,. ..,;;;/    ̄    〉: : : :/
.                  l::::::::::::::::::´\\::::::ゞ': : :: : 7~: ~: : :~/         /:::::::. . |
                   ヽ:::::::::::::::::::::::\.\::i   : /     /        /::::::::::::/
                    ヽ:::::::::::::::::::::::::\.\  ,'     /        /::::::::::::::/
                     \::::::::::::::::::::::::\ \'    /      /:::::::::::::::/
                       ゝ::::::::::::::::::::::: l\...\  入___/::::::::::::::::/
                        \:::::::::::::::::::|/\. \':::::::::::::::::::::::::::::::::::/
                          >::::::::::/  \. >⌒>- ...、::::,<
             .                ̄./    // (:::)    (:::: \
.                             /   /Y⌒ :  :  :  :へ
                            /⌒\〈   ノ    /⌒\   〉
                            /   /|    :   〉_/   |
.                           /    /  〉、ヽ::::.......................:::::::( /
                     /::⌒\.ノ    /   へ::::::::::::::::(⌒):::::::::::∠
                     l⌒丶     /     \::::::::::::::::::::::::::/
                      \::::::\  |       > ;;ーへ/
                       \:::::::\ノ      (⌒\_/


 【 大王が次に教えるのは? 】 【1D3:1】
  1:自分を神とする「神話」創造
  2:軍団として武装化を施す「鉄器」製造
  3:兵糧確保の為の「農耕」教育


.
1095 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/06/14(月) 21:10:36.78 ID:kpV8fS+f
アンゴルモア神爆誕

1096 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/06/14(月) 21:10:43.36 ID:Mxjht6eH
徹底的に奉仕種族を作ってる感



1097 名前:ゴジュラス@◆ZX2DX6eltM ★[] 投稿日:2021/06/14(月) 21:11:03.54 ID:3gAc5A/p



        ' ヽ   i」    \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`':::::::::::::::::i/, -、|
,             |     . \_   -――――-- ..,,__::::::::::::::::::::::::::: '´ ::::::ノ
⌒ ヽ_          |―――ァ  .|_ -‐ァ―――--  ..,_  ` ‐- 、 _::::::::::::: /
 / ~          l::::::::,.-'" ./.|.   |  , -―-、     _~" r、 __ l, -'"
  ,-、          ,' "´ /  ..|.   |          ´  `ヽ|   `|  ヾ`ー- __
   `     ,' 、! , ' , -'"     |.   |           ,',r=ュ、  !   ト、  \:::::::::::~`ー- 、
        , _ノ /-'".       ,r'´|   |           '゙/)l! `i! !   | \  \::::::::::::::::::::::ヽ
-‐-、 ,'   /  /-、,_      l  |   |,r===ュ      |ノ | !|  |  ..|   ヽ、  ' 、::::::::::::::::::)    というか、教化完了?
、_ ,   ,- 、 ,´‐-v'"l ´~"''ァ  ヽ .!   !'´            | ツ ./ァ./!   |      >  ´~"''‐-'
__,,..  ヘ / , -‐-ト,.| , -'"_.     l   !"""     ,     ゙´ '´ /_,|   |  、-‐ '´
      /  ' , -‐-!| ` ̄ |    l   l      ,___   """/  |   ,!__, -'`-――- 、
       l   '  ., -i!     |  へ....∧  ゙,       l  |    />、|  /> |---- 、   )
      ヽ   '  ∧    '´   V...ヽ  ゙、 ` t 、 .`ー' _ - " ̄/ |! /;;;;;;;;;;|, - ´ , -'"
     < ̄ ̄ ̄ ̄'  ヽ、    _,,..-|゙ヽ ゙,ァ、 ̄フ⌒ヾ/⌒ ,r‐‐ | 人, -'" _,,.-‐''"
      (``        ヽ,.-‐''"__,r''|::::::ヾ,::::::V ::::::::::::::::::: /_,,.-‐''" _,,.-‐''" l
       て          >'´ ̄ 、\ヽ_ __,,.. .-‐ '''""~_,..-'''"   | ;;;;;;;;;;;;l
        ゝ       /_::::! ̄`ヾ_ヽ   __,,.. .-‐ '''/         l ;;;;;;;;;;;;; l
      / , r―――/.i´  `', ´_  l  ̄       /      _ ./;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙、
      'ー'´ |ヽ/ヽ./_:::::!  //´  \     _,,..-‐/      / / ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ゙、
         ヽ、 .〈 l  ̄ / ./      \.,,,,_/, -''"/      / /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙、
           ~T \ ,' <       「`ヽ/:::::::/.       ∧ / ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙、
            |  `'、__>、      | \::::::/.       /::::∨ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ゙、
            | ,へ  ,、 .゙、 ゙、\「 ̄ ̄   '´     /::::::::/ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;:;:;:;;:;:;;;;;;;;;;;;゙、
              .l `'  `'.゙、 ゙、::::\         /:::::::::::/;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;;;;;゙、
              l     ゙、 ゙、:::::o:\      /::::::::::::::/ ;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;;:;;:;:;:;:;:;::;:;\
               l      ゙、 ゙、:::::::::::\   /::::::::::::::::/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:\
               ヽ     ノ゙、 ゙、::::::::::::ヽ/::::::::::::::::::/ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;:;:;:;;:::;::;::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;: \


 【 習得までの時間:【1D30:22】年 】   ※支配終了まであと14年



1100 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/06/14(月) 21:11:31.72 ID:3D8mSCXZ
支配中には完成せず、か

1101 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/06/14(月) 21:12:04.90 ID:dwuuhlHm
この間に何かあった

1102 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/06/14(月) 21:13:12.62 ID:kpV8fS+f
作ってる間に天に帰ってしまわれたか?



1104 名前:ゴジュラス@◆ZX2DX6eltM ★[] 投稿日:2021/06/14(月) 21:15:04.32 ID:3gAc5A/p


                           _ , ' ´    丶、
                      , - ‐ ' ´ ヽ、        ` , 、
                    /' 、、     `` ー ― - -‐'´ `ヽ、
                    ,'   ll                  ヽ、
                    l   l l , = ==、、    , ===、、 //ヽ
                    ヽ、  lソ´     `ヽ、 ,'/    `ヽリ  l
                     >、 _        ヽv/        /
              , -‐ニニ-彡'´ l、ヽ 、             _r‐ '、´
              <ン- ' ´  / >、_``ー-------─ '' ´,l  '、丶 、 _
    /ヽ             , -/  /\ `` ー―---ー、‐'''"',´ \  \ ヽ、`_ゝ、     な、何事~?
   へ  ヽ           <__/  /l _/´ゝ、_   __,,..-'´ ',   l、  \  `丶、  `,
     l   l               ,'  /ヽlヲ、l l ′  '´|ノ| ヽ_ ',  lノ   `ー   `'ー '.
     |   |             l  /-i_',   ´      !_ノ  l‐  ',  l   -‐ '´
  ,、  l  l            l /--- ヽ、 丶__       /l │ _ヽ``ヽ、
  ll  ,'   l           , l l' ̄| ̄l、 丶、l  )_ __ , - ',´、/l  l、/     l`、ヽ
  ',`-'  r,'、            l !!  l /ゝv' ヽ',' - 、,r'´ヽ / l ,'      l ヽ ',
   ',   ヽ ',          ', ',  / ,  ヽ、 _ _ _, - '´   | /      l  ,' !
   ヽ ノ ヽ ヽ          ヽ、`、'、 l        /      l/      l//
       ヽヽ           `',、__`` 、 _, ,==/     /    _ , - '´/
        ヽ ヽ            l  l`ー- 、_``― ― - - -― ' ´_ , - ' ´l
        ヽ ヽ         │ !、     ` /` ー--,---‐ '  ´     l
          ヽ ヽ        ,'  ',`、    /      //          l
          ヽ ヽ       ,'    ', i  /     / /           l
          ヽ ヽ       ,,'    i   /     /   l           ヽ
           ヽ ヽ    /,'    ,' ', /     /   \           ヽ



 【 恐怖の大王の支配が終わってしまった理由 】 【1D3:2】
  1:愛着が湧いて同化してしまった(宗教は同化後完成)
  2:原住民への干渉を他の神(?)に咎められて連行された
  3:世界征服前にぽっくり逝ってしまった



1107 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/06/14(月) 21:15:32.72 ID:3D8mSCXZ
ドーモ、憲兵です。モアさん、ご同行願います

1108 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/06/14(月) 21:15:40.24 ID:QAoVuEuk
他にもいるのか(困惑)

1109 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/06/14(月) 21:15:56.17 ID:dwuuhlHm
ルール違反だった



1113 名前:ゴジュラス@◆ZX2DX6eltM ★[] 投稿日:2021/06/14(月) 21:20:57.26 ID:3gAc5A/p



                  z≦´-‐ニニニニニ=‐-`≧zx、
                z≦´>'´: : : : : : : : }{: : : :  ̄`` <ミヽ≧z、
              />´: : : : : : : : : : : : : }{: : : : : : : : : :: : : `<ヽ \
              }イ: : : : : : : : : : : : : : : _.}{_: : : : : : : : : : : : : : `ヾ }
             〈 0: : : : : : : >≦ニニニハニニ≧<: : : : : : : : : O:ソ
              V: : :>≦ニニニニヽ¨大.アニニニニ≧<: : : : :./
              }: :/ニニニニニニニ/ へ.Vニニニニニニヽ: :/}
               ヽ{ニニr=γ圭圭圭圭圭圭圭=‐r=、ニニ}/
                }≦={>≦=======≧=.{圭}≧z、{
               fム>ニヾ圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭><圭!、        ド
               `}ニニ/::::<圭圭圭圭圭圭>:::::::::Vニヾ}イ         .l
                }ニニ'::::::::γ¨ヽ::::::::::::::::γ¨ヽ::::::::::::Vニニ}     憲   .モ
               /ニニ/:::::::::乂 ノ:::::::::::::::::乂 .ノ:::::::::::::Vニ∧    .兵
               Vニニ〈、ニ\:::::z≦ニ}ニ≧、::::::::/ニイ/ニニ/     で
                Vニ∧\ニ/ニ>=}{=<ニヽニ/::/ニニ/     す
                Vニ∧ニ≧≦ニニ}{ニニ≧=≦ニ//ニ/
                 Vニ∧ニニニニニ}ニニニニニ//ニ/
                 Vニ∧ニ 兵 ニニ}{ニニ 憲 ニニ'/ニ/
                  Vニ∧ニニニニ}{ニニニニ/ニ/、
                 {´ヾニニ\ニニィヽニニ>イニ/: :}
                  {: : : \ニニ`γ.Y ヾ≦ニ>': : : : }__
             。s≦: : :} : : : : :\ニニiγ!‐、}>': : : : : : : :/: :Y:ヽ
       __。s≦: : : : : : ヽ: : : : : :ヾУ/ }  Vニア: : : : : /: //: :/≧==、
      ィニニY: : : : : : : : : : : : \: : : ゝ// _{_  マK: : : :/: /ィ: : /: : : : : : : ヽ‐ 、
.    /: : Vニニ、: : : : : : : : : : : : : :\<{' / } .Y } }У/:.<ィ: : : /: : : : : : : : :/ニニ>、
   /: : : : : Vニニ、: : : : : : : : : : : : : : :/.{ ./  {  }ハ Y :< ィ: : : : /: : : : : : : : /ニニ/ ハ_
.  /: : : :ヽ: : V>': : : : : : : : : : : : : :__ノ、' {  }  } } V: : : : : /: : : : : : : : : :{ニニ/: :/: : :ヽ
  /: : : : : :ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : :.{ 、ヾ `  !  .} / }: :./: : : : : : : : : : : : ``ー: :./: : : :イ




              / ヽ     , へ.         丶、   / /
             /: : : : ',   /: : : : 丶        __ヽ.:' ,'
          /人: : : : ヽ !: : : : : : : ',    /: : :ヽ \!
    ,r― ': /  丶: : : :`゙: : : : : : : : :i ./: : : : : : : !  ヽ
     ゝ _:/       ] ̄´ ` 丶 、: : : :": : : : : : : : :/ /:ノ 、
                /ー-- t _  ` 丶 、: : : : ´: /   ` ー--‐
           /   _l   | -ー-''''‐- ...._`i'''"´ l:ヽ、
          /    f ´|   !        ⌒ヽ/i     ヽ: :ヽ`トt--ー'
         ー‐ ァ   丶| ㍉=='      /ハ      ゝ:_: ) !
            / __   | |       =彳/ 丶        l|
         _ __ L,. ヘ  l  r-ァ'   ノ/ r- ゝ      l|
     ゝ´-==i: : : , -ー-.ヘ. l= ニ´ ィ i´l /、|          l|      というか、残念無念?
         ̄ t- ニ _--- ..ヘ|ハハハ/‐、ヲ/、 丶、     l|
          i: :|    ̄´'''' - ニニ_ ------`ー ヽ    l|
        i: : : i     l  /´`f| | 「l下 ̄ ̄ ̄´    l|
          i: : : : i     l/:r-ゎ| !   |            l|
         i: : : : : :i     i: :ヽ __ l    l           l|
        i: : : : : : ; i   l: : ハ. -!._.人          l|
        i: : : : : : ; ; i     l: {vi ̄,ィー‐イ          l|
       i: : : : : ; ; ; ; ;i    ∨`ー‐-- イl       l|
     i: : : : : ; ; ; ; ; ;li   /-┐   /: :ト、r- 、 rz‐r0 !
      i: : : : ; ; ; ; ; ; ; li ,.'   'ヘ,ィイ: : :| r┘  l z: ,イ {三ヽ
      !: : : ; ; ; ; ; ; ; ; !:',   /l: : :,、: :!く    lく: l } {ー ,/
     l: : : ; ; ; ; ; ; ; ;/: ::ー'´: : :l__/: :',_l;Z___lく: :l lオ`トイ
      l: : ; ; ; ; ; ; ; ;/: : : : : : : : : : : : : : :i; ; i └-ゝイ !
      l: ; ; ; ; ; ; ; ;/- 、: : : : : : : : : : : : : ',; ; i     l|
      ! ; ; ; ; ; ; ;/     丶、: : : : : : : : : :ノ',; ;i     l|
    l; ; ; ; ; ; ;/          ` ー-- ´   ',; ;i   l|



  しかし、恐怖の大王の支配は唐突に終わりを告げたのでした。

  白饅頭族が文字を使い、子供達に己の技や歴史を教えていく中、唐突に大王は姿を消したのでした。



 【 大王がいなくなってしまった白饅頭族の反応 】 【1D3:3】
  1:なんやかんや言っても、きっとあの人は神様やったんやろなぁ(神話化継続)
  2:あ、そうなの? じゃあまた自由にやらせてもらうわ
  3:世界征服か、何か凄そう!!(独自神話化)



1119 名前:ゴジュラス@◆ZX2DX6eltM ★[] 投稿日:2021/06/14(月) 21:26:44.35 ID:3gAc5A/p



       / ̄ ̄\
     /   ヽ_   \
     (●)(● )   |         ____       大王様、いなくなっちゃったな
      (__人__)     |         /      \
     l` ⌒´    |      ./─    ─  \
.     {         |      / (●)  (●)   \      やる夫達、これからどうしよう……
      {       /      |    (__人__)     |
      ヽ     ノ      \    ` ⌒´     ,/
     /       ^ヽ       /             \
      |          |      |              |




         / ̄ ̄\
        /   _ノ  \
         |   ( ●)(●)               ____           そういや、大王様って何をするために来たんだっけ?
       |    (__人__)            /\   /\
          |     ` ⌒´ノ           / (─) (─) \
        |         }、__      /::::::⌒(__人__)⌒::::: \      そりゃお前、世界征服だお! この星で一番になるって言ってたお
    ,.-─‐ヽ       }   ` ̄ヽ    |     |r┬-|     |
   /     |\__   ノ       |    \    `ー'´     /
. /      ヽ    ノ          |   /            \




                                 ,ィ  ̄ ̄`ヽ
             ___            / ー、_     \
              /     \         l, (● )       |     じゃあ、俺達が変わりにやるか、世界征服!
            /  ⌒   ⌒\          i,!、_)       .|
          /   ( ●) ( <)ヽ         1⌒       l
    , ―-、 l     ⌒(__人__)⌒ |          l          /       おお、それは名案だお!
    | -⊂)\    ` ⌒´   /         ヽ      /
     |  |_ /           、 \         .ノ    .く
     ヽ  ` ,.|        |  |           |      |
       `- ´ |        .|   |           |       |
.          |         (t  )          |       |




 【 白饅頭族独自宗教の教義 】 【1D3:3】
  1:神様から教わった教えを全人類に広めるぞ
  2:神様が俺達は世界の支配者だって認めてくれたぞ
  3:世界は白饅頭族の血で満たされるべきだぞ



1128 名前:ゴジュラス@◆ZX2DX6eltM ★[] 投稿日:2021/06/14(月) 21:30:39.65 ID:3gAc5A/p



            / ̄ ̄\
          /   ⌒  \
          |   ( ●) ( ●)         ____         世界征服の具体的なビジョンを考えてみた
          |    (_人__)      /       \
          |     ヽ__/ノ     /  ─     \       とりあえず世界中が白饅頭族になればいいんじゃね?
       _..  |           }     ' (●)        \
      ( |.   ヽ        }    (l、__)             |
   (二   ヽ─‐ヽ       ノ       ⌒´         /       確かに!!
     | ) ___       \    `l          \
       ̄     |       |  \     |               \




  /    、__,,..-''..-、ヽ    ./          /:::::`ヽヽ       ヽ、
. /   ,   /.{::::::::::} .l    /_,,-''´    l l::::::::::::ノ .'        '.,
. l _,,.-' -.、  ヽヽ-‐'     ,'    ‐.、  ヽ._`¨¨´              i      つまり、いまからおせっせに励んで子供沢山つくらなきゃだお!
. l. /:::::ヽ .l      `ヽ   l /:::::::ヽ l       `ヽ           |
 l ヽ::::ノ          }   / ヽ._::::ノ '       l          /
 ヽ._ /   、    ノ  ヽ._   /     、   /           /        そういうことだろ、世界征服的に考えて!
  i  l     l-―‐''´    ',.    l    ノ ¨¨´     .,..-''"´ヽ`"''-..,,
  .', ヽ..,,__ノ        /',   ヽ-‐''"        ./   /     `ヽ
   .ヽ  ,.--..,,_     /  ',      ,.-''" ̄ ヽ  ./   /
     \`ヽ   ヽ__/   / ヽ.    `ヽ    `ー'    {
      \ ヽ       ヽ   `     ヽ         ヽ




 【 原始宗教「モア教」が誕生しました 】



1129 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/06/14(月) 21:31:13.74 ID:dwuuhlHm
良くある考え

1130 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/06/14(月) 21:31:40.14 ID:gVLIi2zh
産めよ、増えよ、地に満ちよ

1131 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/06/14(月) 21:31:43.13 ID:+fzyhKg6
さらにもっとを追求したモア教、最初に降り立った神様の名前もモアである



1136 名前:ゴジュラス@◆ZX2DX6eltM ★[] 投稿日:2021/06/14(月) 21:38:53.45 ID:3gAc5A/p



                      / ̄ ̄\
                    / _ノ  ヽ、_ \
       ____         |   ⌒  ⌒   |
     /_ノ ' ヽ_\          |// (__人__) // |
   /(≡)   (≡)\       |   `⌒ ´   |
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \     |           |
  |     |r┬-|     |       ヽ        !
  \      `ー'´     /      ヽ._   __.ノ
  /              \     /  ヽ,.ノ  \



  こうして白饅頭族から産まれたモア教は、彼らの中で爆発的に広まっていきました。

  他にも信仰と呼べる存在は同時期に数多く存在していたでしょう。

  しかし、それらとモア教には全く異なる部分がありました。

  「聖書」の存在です。

  画一的な言語による文字化によって、白饅頭族は同一民族内で等しく同様な信仰を得たのです。

  またその内容も、子供を増やして大地を満たすという単純明快にして非常に受け入れやすいもの。

  ここに、白饅頭族は他の民族とは異なるアイデンティティを確立したのでした。



1141 名前:ゴジュラス@◆ZX2DX6eltM ★[] 投稿日:2021/06/14(月) 21:43:45.05 ID:3gAc5A/p



                       / ̄ ̄\
                     /  ヽ、_  \
        ____          (●)(● )   |
       /      \        (__人__)     |     ただ、増えるにしても広がっていくには暮らしが良くなっていかないと
     /::          \     (`⌒ ´     |     世界征服は出来ないぞ?
    /::::::::::           \     {           |
   |::::::::::::::::::          |    {        ノ
    \::::::::::::::::       /     ヽ     ノ       それに、他の民族と戦になっても、正直勝てるかどうかは分からんしお
   /::::::::::::::::::::::      |       ノ     ヽ
   |:::: |:::::::::::::::::::::::   |:: |      /      |
   |:::: |:::::::::::::::::::::::   |:: |



 【 白饅頭族の原始期 】 【1D3:1】
  1:安定と繁栄の時代
  2:周辺民族との戦いの時代
  3:内乱の時代



1149 名前:ゴジュラス@◆ZX2DX6eltM ★[] 投稿日:2021/06/14(月) 21:53:29.72 ID:3gAc5A/p



  /    、__,,..-''..-、ヽ    ./          /:::::`ヽヽ       ヽ、
. /   ,   /.{::::::::::} .l    /_,,-''´    l l::::::::::::ノ .'        '.,
. l _,,.-' -.、  ヽヽ-‐'     ,'    ‐.、  ヽ._`¨¨´              i     よし、とりあえず食料確保だな
. l. /:::::ヽ .l      `ヽ   l /:::::::ヽ l       `ヽ           |
 l ヽ::::ノ          }   / ヽ._::::ノ '       l          /
 ヽ._ /   、    ノ  ヽ._   /     、   /           /         嫁や子供を飢えさせるわけにはいかないお
  i  l     l-―‐''´    ',.    l    ノ ¨¨´     .,..-''"´ヽ`"''-..,,
  .', ヽ..,,__ノ        /',   ヽ-‐''"        ./   /     `ヽ
   .ヽ  ,.--..,,_     /  ',      ,.-''" ̄ ヽ  ./   /
     \`ヽ   ヽ__/   / ヽ.    `ヽ    `ー'    {
      \ ヽ       ヽ   `     ヽ         ヽ



  さて、大王が去り、独自の言語と宗教を確立させた白饅頭族でしたが、その後は教義に従いひたすら拡大を続けます。

  というのも、彼らが暮らす土地は気候も安定し水源も農耕に適した肥沃な土も豊富。

  それだけでなく、原始的な集落を形成するならば、狩猟や採集だけでも十分生活できる環境だったのです。



 【 文化獲得 】
  農耕:【1D100:77】年
  陶器:【1D100:47】 - 【1D30:3】:きよう補正 年
  天文学:【1D100:34】年
  文学:【1D100:1】年
  芸術:【1D100:92】 - 【1D30:30】:きよう補正 年
  鉄器:(【1D100:52】 - 【1D30:2】:きよう補正) *10年
  薬学:【1D100:67】 * 10年



1150 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/06/14(月) 21:54:14.41 ID:3D8mSCXZ
文化速すぎて草

1151 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/06/14(月) 21:54:18.74 ID:+fzyhKg6
文学ー!?

1152 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/06/14(月) 21:54:45.24 ID:dwuuhlHm
文学早すぎチート

1153 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/06/14(月) 21:54:47.39 ID:f4zhctXz
なんだこのインテリ部族

1155 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/06/14(月) 21:55:00.58 ID:jw8H684s
こいつら地頭いいぞ!



1160 名前:ゴジュラス@◆ZX2DX6eltM ★[] 投稿日:2021/06/14(月) 22:00:04.19 ID:3gAc5A/p



            / ̄ ̄\
          /   ⌒  \
          |   ( ●) ( ●)         ____
          |    (_人__)      /       \
          |     ヽ__/ノ     /  ─     \
       _..  |           }     ' (●)        \
      ( |.   ヽ        }    (l、__)             |
   (二   ヽ─‐ヽ       ノ       ⌒´         /
     | ) ___       \    `l          \
       ̄     |       |  \     |               \



  ただ、彼らは生活に特に困ってはいませんでした。

  どれほど子供が増えようと、彼らを食わせていけるだけの食料ならありました。

  一日中仕事をせずとも、半日も働けば食料は余るほど収穫できたのです。

  そこで彼らは、その余暇で子作りに励みながら、様々なことを考えるようになりました。

  豊かになって世界を覆い尽くすという目標があっても、その世界がどれほど広いかを彼らは知りません。

  なので、彼らなりに考え、想像し、そして世界とは何かを話し合いました。

  その想像を、白饅頭族は自らが持ち得る文字として残し、そして互いに披露し合ったのです。



1162 名前:ゴジュラス@◆ZX2DX6eltM ★[] 投稿日:2021/06/14(月) 22:06:55.71 ID:3gAc5A/p



   / ̄ ̄\
 /     _ノ \
 |      ( ●))
 |       (__ノ_)                   ____
. |       `⌒ノ              /      \
  |        }             ⌒  ⌒     .\
  ヽ          }             (●) (●)     \
   ヽ       ノ                |(__人_)       |
    >    <     ∩/)     \ヽ_ノ         /
    /.      ヽ    /  く      / ー‐       ヽ
    |   ヽ  \/  _ ノ      /            `
    |      ヽ     /



  これらはやがて、思想という形で多くの人の心を揺さぶるだけでなく、娯楽として人々を楽しませるようにもなりました。

  より説得力があり、かつ奇抜で斬新な物語を創造し、それを周囲から称賛される。

  狩猟によって多くの食料を得るものではなく、豊富な知識と想像力で世界の有り様を語るものが、人々の尊敬を集めるようになっていきました。

  白饅頭族。

  彼らは農耕という食料確保の技術を得るよりも、武器によって他の部族を優越する力を得るよりも、更に早くから文学という独自の文化を開拓したのです。



1164 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/06/14(月) 22:07:30.15 ID:dwuuhlHm
文化侵略しなきゃ

1165 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/06/14(月) 22:09:04.02 ID:jw8H684s
初手文化侵略

1166 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/06/14(月) 22:09:22.91 ID:gVLIi2zh
食料が豊だと踊ったり歌ったりにリソース費やしちゃうのは鳥獣も同じだからね、仕方ないね

1167 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/06/14(月) 22:13:58.64 ID:EVJKh3+i
他の部族が出て来た時、こんな風に頭良くないだろうから、交渉なしで暴力侵攻された時困るね



1168 名前:ゴジュラス@◆ZX2DX6eltM ★[] 投稿日:2021/06/14(月) 22:14:56.91 ID:3gAc5A/p



     / ̄ ̄ ̄\
   /      _ノ ヽ
    |      ( ○) |       ____
   |   U   (__人).   /       \      ところでさ
   |       |r┬|.   /   ─   ─\
   ヽ       `ー'}. /    (●)  (●)\   神様って天から降ってきたわけじゃん?
_   >         }  |        (__人__)  |
   ̄ ̄`    、__ノ   \      ` ⌒´  /    やる夫達も天の理がわかれば、神様と同じように世界のわからない仕組みが分かるんじゃね?
         ̄`'‐- 、   >     ー‐  <
                 ヽ /      / ̄彡ミヽ、
                  V    ヽ /  / ヽ  ヽ    確かに! そしたらもっと本が売れて女の子に持てるようになるだろ、常識的に考えて!!
                  ヽ     Y  /   |  |
          入     ヽ     ノ    ヽ ノ




  そんな折、ふと彼らは自らに文字を与えてくれた神がやってきたという天の世界に目を向けました。

  白饅頭族にとって、神とは全知全能に近い存在であり、彼らが知らない事をなんでも知っている存在でした。

  彼らはこう考えます。

  体育会系が支配していた時代は終わった、これからは理系に精通した文系がモテる! つまり、天の理をより深く知る事がステータスになる! と。

  実際にモテたかどうかはあえて触れませんが、しかしこれは一種のブームメントになりました。

  天の理を知る為に、彼らは天文学という新たな地平を切り開いていきます。

  この頃はまだ、彼ら以外の誰も文字もろくに使っていない時代です。



1176 名前:ゴジュラス@◆ZX2DX6eltM ★[] 投稿日:2021/06/14(月) 22:22:19.57 ID:3gAc5A/p



  /    、__,,..-''..-、ヽ    ./          /:::::`ヽヽ       ヽ、
. /   ,   /.{::::::::::} .l    /_,,-''´    l l::::::::::::ノ .'        '.,
. l _,,.-' -.、  ヽヽ-‐'     ,'    ‐.、  ヽ._`¨¨´              i      ん~、天界の事を調べるのはいいが、上手く言葉にできなくね?
. l. /:::::ヽ .l      `ヽ   l /:::::::ヽ l       `ヽ           |
 l ヽ::::ノ          }   / ヽ._::::ノ '       l          /      文字って偉大だけど、それだけだとやっぱ限界があるだろ
 ヽ._ /   、    ノ  ヽ._   /     、   /           /
  i  l     l-―‐''´    ',.    l    ノ ¨¨´     .,..-''"´ヽ`"''-..,,
  .', ヽ..,,__ノ        /',   ヽ-‐''"        ./   /     `ヽ    じゃあ絵に書いて残すか? それなら確実だお
   .ヽ  ,.--..,,_     /  ',      ,.-''" ̄ ヽ  ./   /
     \`ヽ   ヽ__/   / ヽ.    `ヽ    `ー'    {
      \ ヽ       ヽ   `     ヽ         ヽ             お前天才だな!!




  文字を娯楽として楽しむ文化を持つ彼らが、次に絵を娯楽として楽しみ始めるのに、そう時間はかかりませんでした。

  むしろ、おせっせ大好き宗教を信奉する彼らにとっては、房中術指南や裸婦画など副次的な価値が大いに好まれたと言います。



1181 名前:ゴジュラス@◆ZX2DX6eltM ★[] 投稿日:2021/06/14(月) 22:29:41.83 ID:3gAc5A/p




┌────────────────────────┐
│     /^ヽ                , _           .│
│    /:.:.:.:.:.',ヘ -‐ =‐‐--  、     /:.:.:.ヽ         │
│   /:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.` 、 /:.:.:.:.:.:.`       ......│
│.  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ/.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.x:.:.:.:.:.:.:.:. ゙,       ..│
│  〈:.:.:.:´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.',:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.∧ヘ<:.:.:.:.:.:.ヽ      .│
│  ∨:.:.:.:./:.:.:.:./| 7ハ:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.}ヘ:.:.:.:.:.:., :.:.:.:.:        .│
│   !:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.l j. |:.:.:l:.:.: :|:.:.:.:.イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.,:.:.:.:.:       ...│
│  !:.:.:.:.:.:.:.l:.:.l:.: :| l  l/│:.: :l.:.:./ | : :l:.:.:.:.:. }:.:.:.:.:.        │
│  /:.:.ll:.:.:.:.l:.:.|:.: :|  / |:.: /:.:./  |:.:.l:.:.:.:./:.|:.:.:.:.:.:       │
│. // l:.:.:.: |ハィ_斗‐-  /l_/_.斗`ヽリ:.:.〉:.:.l.:.:.]:.:.:.:.:.:.      .│
│/   〉:.:.:.l.ヽ「了豺      了忝リl ∧ | /:.:.:.:.:.:.:.      │
│.    /ヘ/:.:l  l ゞ-'      ゞ-' l / ノト} l:.:.:.:.:.:.:.:.〈      │
│   / ノ\{∧l////  '   ////イメ│レ.l.:.:.:.:.:.:.:.:.〉      .│
│    /:.:.:ノ} 八     _     ,∧||i ::::|:::::|_:.:.:.:.:.:.:.:.     ...│
│    /:.:.:/:.:.〈リ::\       ,イli´::::l:::::||「斤ヽ_:.:.:.:.     ....│    ※白饅頭族の美人裸婦画
│.   〈:.:.:く::::/:.〉:.:.lヘ:}i  ‐‐ ' ´ l/::::リ::::/:.:.:..:.::.:.:.|):.:.       │     が書かれた陶器
│    ヽ,)//,、/ハ,r ' !            ヽ::.:/〈:.:.:.     ....│
│      )::. /    ヽ  ,. ァ'/ /       ヽ ヽ:.:     ...│
│      __,.l       '´    !         ヘ      ......│
│    . {ゝ l    }       rl        , l       .│
│    /  \  /  ,.    7´` フ、─ 、....._ /  l        │
│    /,仆 >'   /    { /´,.ノ__   `ヽ、 }     ......│
│    / l /    i     r' / ノ    `ヽ、   ト、      │
│    ./ /     {    ,、/レ /ヽ、      `ヽ、 \   ....│
│      ,!:..     ',  / li レ' ノ‐- ニ=      \/   ...│
│    . ヽ   __ ,.ソ´   i! =ニ ヽ、    ヽ、     ヽ    │
│       ヽ/        ト、    ヽ      ヽ、r'   ....│
│    ヽソ/         !_}            _,. -l    ..│
│     /          シ       、_,..  ト、_,.┘   ....│
└────────────────────────┘





      _,,..-――-..,,_
     /      __ .`ヽ、
    /        /_   ヽ
   ./       ./,,旬丿   ',
  .,' ,.-―‐-   └''"´     l     ただの陶器よりも、えっちな絵が書いてある
.  l   ==  .、__ ) 人  .l     陶器のほうが売れ行きがいいんだお!
.  |    ゝ__ノ_,,-'' ,  Y  /
   ',       ー''"    /      これからはもっと扇情的で刺激的な絵を書き込んでやるお!
   ヽ _     -‐''"´  ヽ、
     __ ̄ ̄7        ヽ
 ,--、/./   /         ヽ
..|     .{   /   /        |
..|     `''‐‐--''"    /   .|
..ヽ_         ./       |
    `゙''-..,,_    /       |
        .| `''‐''´        |
      |             |



  なお、この頃に登場した陶器からは、男女問わず裸体や性行為中の男女が描かれた物が多く登場します。

  絵単独で楽しむというよりも、生活用品の中に絵や文字を書いて楽しむ文化が広まったようです。



1182 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/06/14(月) 22:30:27.28 ID:3D8mSCXZ
趣味に生きてるなぁw

1183 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/06/14(月) 22:30:53.35 ID:f4zhctXz
日常で使いにくい道具だ

1185 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/06/14(月) 22:34:19.22 ID:NROciu3r
やはり絵付けされてたw 文明開花とはこのことかw



1186 名前:ゴジュラス@◆ZX2DX6eltM ★[] 投稿日:2021/06/14(月) 22:39:26.27 ID:3gAc5A/p



          / ̄ ̄\
        .ノ  \,_.  .\
       (>)(< )    |
     / ̄(__人__)     |
   /  _ノ .ヾ⌒ ´     |
  /  o゚⌒  {      .  /
  |     (__人\    .カ
  \     ` ⌒´ン     .ノノ
   /  ̄   ./  . .. し}
     .(⌒二_⊿ニ⌒)  .i



  全力で趣味に生きているようにも見える白饅頭族。

  しかし、彼らにとって決して感化できない重大な問題がありました。

  出産時の母子死亡率です。

  モア教の教義は、子作りを推奨し白饅頭族が増えることを第一とします。

  しかし、増えるために必要な出産で数が減るのでは堪りません。

  白饅頭族は、農耕を発明するよりも先に母子が健康に出産を終えられるよう様々な手段を考えます。

  薬学……いえ、原始的な医学とも言うべきものが、彼らの中で生まれるのです。



1187 名前:ゴジュラス@◆ZX2DX6eltM ★[] 投稿日:2021/06/14(月) 22:44:58.85 ID:3gAc5A/p



     / ̄ ̄ ̄\
   /      _ノ ヽ
   |      ( ●) |      ____
   |   U   (__人).   /      \      出産のたびに人が死んでちゃ増えるもんも増えないぞ
   |         ⌒ノ.  /   ノ   \ \
   ヽ         }  /     (●)  (●)\
_   >        }   | u       (__人__)   |     無事に生まれてくれても、子供は体が弱くて少しの病でも命取り……なんとか出来ないかお
   ̄ ̄`    、__ノ   \       ` ⌒´  /
         ̄`'‐- 、   >     ー‐  <
                 ヽ /      / ̄彡ミヽ、
                  V    ヽ /  / ヽ  ヽ
                  ヽ     Y  /   |  |
          入     ヽ     ノ    ヽ ノ




 【 白饅頭族の原始医学スタンス 】 【1D3:3】
  1:人が下手に手を加えるよりも自然に任せるのが一番
  2:そうは言っても、とりあえずお祈りするしかないやん
  3:とにかく症例や経過の情報を集めとけばいつか役に立つんと違うか?

.

1188 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/06/14(月) 22:45:51.62 ID:dwuuhlHm
データ集めこそ基本

1190 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/06/14(月) 22:46:52.76 ID:kpV8fS+f
文字や教育って重要なんやなぁ…

1191 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/06/14(月) 22:47:38.52 ID:f4zhctXz
経験則と情報の蓄積とか科学してる

1192 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/06/14(月) 22:47:42.20 ID:NROciu3r
モア様マジ偉大な神様

1194 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/06/14(月) 22:49:39.20 ID:jw8H684s
文字に残せるってやっぱ大きい

1195 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/06/14(月) 22:49:40.09 ID:3D8mSCXZ
文字とか絵とかあるからこそできる方法よね



1199 名前:ゴジュラス@◆ZX2DX6eltM ★[] 投稿日:2021/06/14(月) 22:54:11.50 ID:3gAc5A/p




                         / ̄ ̄\
                        _ノ  ヽ、   \      そうは言っても、何をどうすりゃいいのか見当もつかんぞ
          ____            (●)(● )    l
.        /       \.          (__人_)     |
.       /   ―   ―\.        ヽ⌒ ´      l       まぁ、今のところは情報を集めて記録しておくしかないお
     /     (●)  (●) \      {         /
.    |       (__人__)   |         ヽ     /        数が揃えば、「何をしたらまずいか」くらいはぼんやり見えてくると思うお
    \.      ` ⌒´   /.        /      `ヽ
        >          <.         /. <⌒ <)))\ l
     /     /(((> ⌒> l          ヽ_ヽ、___ ,イ       そうだな、俺達には分からんことが孫やその孫の代なら分かるかもしれん
     l.    ___/_ノ.        , ─l.      |- 、
.      l.      ー‐⌒ヽ⌒ヽ      l  /⌒ ̄ ̄ ̄  l
      ヽ、.        |_ノ       `/   , ─―──´
         ̄ ̄ ̄`ー ′         `ー ′



  こうした現状に対して、白饅頭族が取った行動は実にシンプルでした。

  疾病そのものに対処するのではなく、その情報を記録し残すことにしたのです。

  彼らはどういうわけか、今の自分達では逆立ちしてもどうにもならない出来事があると、当然のように理解していたようです。

  その上で、それらがいつか解決されるだろうという希望的憶測で以て、いずれくる「いつか」の手助けになるべく情報という武器を後世に残すという
 形で疾病と戦い始めました。

  白饅頭族の文化の基本は「記録し継承する」ことです。

  このスタンスは、彼らの特徴を何より明確に表していると言えるでしょう。



1205 名前:ゴジュラス@◆ZX2DX6eltM ★[] 投稿日:2021/06/14(月) 23:04:28.57 ID:3gAc5A/p



                / ̄ ̄\
            ノ  ヽ、_  \
          (●)(● )   |
          (__人__)      |                 ____
          ヽ`⌒ ´     |                   /      \
          {         |                 /  ─    ─\
          ヽ        ノ             /    (●)  (●) \
_______    ,>ー―  `ヽ            |   U  (__人__)    | ______
          | |   /            ヽ          \     ∩ノ ⊃ / | |
          | | /              \___ .__(  ` .、 _/ _ノ   \ | |
          | |               、  ヽ  | | | |   \   “  / ___l  || |
          | |               ヽ  ヽ l | | |   | \   / ____/| |
_____|_|            nnnー ⌒ | | | | |   |    ̄             |_|______
__|_|_  二二l二二l ̄ ̄ ̄(二¨),__/  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ("二) ̄ ̄ ̄l二二l二二  _|_|_



  こうして、いつ誰がどのような症状でどのような経過を辿ったか。

  こうした地道な情報収集を長年行い、またそれらを白饅頭族共通の財産として共有し続けた結果。

  鉄器の製造よりも早い段階で、統計的に効果が確かに認められる医療が徐々に確立していくのです。

  一つの奇跡よりも数多くの現実を重視し、長い時間をかけて地道に病と向き合い続けた成果でした。



1211 名前:ゴジュラス@◆ZX2DX6eltM ★[] 投稿日:2021/06/14(月) 23:11:33.75 ID:3gAc5A/p




    / ̄ ̄\
   /   _ノ  \                ____
   |    ( ●)(●)             /     \
.   |     (__人__)              /─   ─  \      まぁなんだかんだあったけどさ
   |     ` ⌒´ノ          / (●)  (●)   \
.   |         }           |   (__人__)      |
    ヽ        }              \   ` ⌒´      /      総じて平和で安定した時代だった気がすんな
     ヽ     ノ                > ー‐     \
     /    く.[ニニニニニニニニニニニニ`.ニニ´ニニ]ゝ      ヽ
     |  ヽ、二/   〈〉        〈〉 ヽ__,ノ        l     町も増えたし、町同士の交易で賑わいもあるしな
.     |     /        〈〉        ヽ       |
     |     /   〈〉       〈〉    〈〉 ヽ       /
     ヽ、_ヾ-‐‐--‐‐--‐‐--‐‐--‐‐--‐‐--‐ゞ___/




 【 原始期の終わり 】 【1D5:3】
  1:寒冷期の到来
  2:異民族の襲来
  3:白饅頭族の分裂
  4:国家の形成
  5:他民族領域への侵攻



1215 名前:ゴジュラス@◆ZX2DX6eltM ★[] 投稿日:2021/06/14(月) 23:15:14.10 ID:3gAc5A/p



        / ̄ ̄\
      / ⌒  ⌒\      ____
      |::::::(●)(●) |   /      \
.      |:::::::::::(__人__)|  /  ⌒  ⌒  \      分裂……?
       |::::::::::::::` ⌒´ |/   (●) (●)   \
.       |::::::::::::::    } |      (__人__)    |
.       ヽ::::::::::::::    } \    ` ⌒´    _/
        ヽ::::::::::  ノ   |           \
        /ヽ三\´     | |          |  |
-―――――|:::::::::::::::: \-―┴┴―――――┴┴――




 【 分裂のきっかけ 】 【1D3:2】
  1:勢力拡大に伴う権力闘争
  2:宗教をめぐる対立
  3:新天地への移住



1218 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/06/14(月) 23:17:01.03 ID:Wh/6VNGn
解釈の違いとかかな

1221 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/06/14(月) 23:21:10.85 ID:gVLIi2zh
モア様は巨乳派と貧乳派による解釈不一致

1222 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/06/14(月) 23:21:13.24 ID:ZQcAnoNO
乳派と尻派に別れたかなw



1224 名前:ゴジュラス@◆ZX2DX6eltM ★[] 投稿日:2021/06/14(月) 23:22:51.02 ID:3gAc5A/p



      / ̄ ̄\
    /ノ(  ゝ 、_,ノヽ        r'´ ゙ヽ      /`ヽ          ____
    | ⌒(( ●)(●)        ヽ   ヽ从从/   /        \   /\
.    |     (__人__) /⌒l     \  \/  /て       (●)liil(●) ノ( \
     |     ` ⌒´ノ |`'''|    ∑ ヽ/  /  そ     / (__人__)  ⌒   \
    / ⌒ヽ     }  |  |      ,)/  / \ く     |   |!!il|!|!l|         |
   /  へ  \   }__/ /      /   /\  \      \i⌒ヽェェ|      /
 / / |      ノ   ノ    /   / YYY\   \     \ \  /⌒,/´
( _ ノ    |      \´    /   /       \   \     / \ \/  /l
       |       \_,/   /         \   \_/    \__ノ |\
       .|            /            \             |) )
       ヽ          /               \           ,r' /
         \      , '´                   `' ,        /ー'′
          \     (                     )     /
            \    \                  /    /



 【 宗教分裂のきっかけ 】 【1D3:2】
  1:聖地に留まりたい内政派と、世界征服に向けて遠征したい武断派
  2:異民族を認めない派と、種が同胞なら許容する派
  3:王と教皇を一体とする世俗派と、あくまで宗教権威は独立させたい神聖派


.
1226 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/06/14(月) 23:24:01.30 ID:ZQcAnoNO
純血派ってやつかな

1227 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/06/14(月) 23:26:19.55 ID:+fzyhKg6
混血派と純血派か



1231 名前:ゴジュラス@◆ZX2DX6eltM ★[] 投稿日:2021/06/14(月) 23:32:12.69 ID:3gAc5A/p



                    __
                        \
               /     _,.ノ  、
                   ′     `  n`ニ-ァ.     -――-  、
              /       ;´ ̄三三ミ/          \
                 /          ゝ_ ノ /三 ,ィ´ /         ヽ
           __/        /二ユ> 三三ニ-<         ',
    __    /<         {_ /´/..三     }            |
 ///////`<////\        `─┘.     ,___ノ            ′
.//////////////////\ ∧    ´ ̄ '/..lゝ-イ __ x‐\           /
.////////////////////` -\ ___,__ノ/..|   ∨/´ //       /
.////////////////////////////////,...ゝ   \ー/         \
////////////////////////////////////}                  ヽ



  安定と繁栄の原始期を送っていた白饅頭族。

  しかし、ある時から白饅頭族内で分裂が起こる。

  それは、白饅頭族の柱とも言うべき「モア教」の解釈に関する対立である。

  白饅頭族は世界を支配する神の民であり、世界を支配することを神に認められた民族である。

  そのため、白饅頭族によって世界は満たされるべきという教義を持つのだが……白饅頭族とは何処までが白饅頭族か、という部分で解釈が割れたのだ。

  最終的には、白饅頭族の両親から生まれた者以外は白饅頭族とは認めない純血派と、父親が白饅頭族ならば白饅頭族と認める寛容派が激しく対立することになる。



 【 分裂の結末 】 【1D3:2】
  1:両者は拮抗し大規模な宗教戦争へ
  2:少数派の【1D2:2】が僻地で独立   1:純血派  2:寛容派
  3:少数派の【1D2:1】が少数の信徒と共に国外脱出   1:純血派  2:寛容派



1232 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/06/14(月) 23:32:57.55 ID:+fzyhKg6
寛容派が独立か

1233 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/06/14(月) 23:34:40.60 ID:dwuuhlHm
やはり寛容派が少数

1236 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/06/14(月) 23:37:58.88 ID:jw8H684s
最初は純血派が強いわな



1238 名前:ゴジュラス@◆ZX2DX6eltM ★[] 投稿日:2021/06/14(月) 23:41:34.58 ID:3gAc5A/p



         , (⌒      ⌒)
       (⌒  (      )  ⌒)
      (             )  )
        (_ヽ_ハ从人_ノ_ノ
 ,r'ニニニヾヽ、.      | || | |      //ニニニヽ、     こんの分からず屋がああぁぁ!!
("´ ̄ ̄ヾ))   ノ L,l ,|| |、l、   ((/ ̄ ̄`゙`)
|   、ィ_ノと)'   /"\三/"\  (つ(_,,ア   |!     やる夫は出ていく!! 止めたって無駄だお!!
i|   ` イ_/  ./((○))三((○))\  _Y   |!
.ヽ、  ' (  /   `゙(__人__)'"   \ / `  /
  \  \l     i|    |!     l/  /
 l|l  \   \  、i|,/⌒ヾ、|!;,   /  / |l
     \  ヾ   `ー一'´  ィ    /   i
        ヾ、    ``"´      /
   ゚   |!  Y           ィ |!  。
   ,.  '  、/               ヾ ´ ’  `    【ヤール派】
 ゚, i! `| ゜、l!            i|!; ゚ ゜ 。




    __
   /  . \
 /._ノ三ニヽ、\
 |  (⑪)(⑪) .|
. |  (__人__).. |「rー__ヽヽ           ああ出ていけ!!
  |   ` ⌒    |  .\  \┌ーz__ ┐7
.  ヽ      , ィ==‐、/ / ̄ ̄乙/ /       後になって謝ったって許してなんかやるもんか!!
   ヽ    ノ⌒) ∨/  / ̄ ̄/|
   /   (_ ̄__/ ̄`く._ __∠ -┘」
   |     /〃 \   '"  \    -┘
    |    ./¨\    \,_ ``ヾ}
     . 人''" \  、__ ` 、_/ ノノ
      〈 " \ __.ヽ ヾ、._,)'´
    /,ハ.  ヽ.  、__`ン{ 〃     【ヤラナ派】
   く / ∧ !、_  `'_,/



  こうして、聖書……いや、民族の解釈を巡って対立した白饅頭族は、寛容派と称される「ヤール派」と、純血派の「ヤラナ派」に分裂。

  かつては一つの勢力であった民族は分裂し、それぞれに国を作り出す。

  皮肉にも、これまで外敵とはほぼ無縁であった白饅頭族に、初めて明確な敵対者が現れたのであった。



 【 以降、ヤール派が主観視点へ切り替わります 】


 【 ヤール派の新天地 】
  肥沃度:【1D10:1】
  要害度:【1D10:10】
  災害度:【1D10:6】
  異民族:【1D10:6】



1239 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/06/14(月) 23:42:20.47 ID:IgCFxXFc
ものすげー蛮地

1240 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/06/14(月) 23:42:42.41 ID:kpV8fS+f
超僻地!

1242 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/06/14(月) 23:44:19.67 ID:+fzyhKg6
とても人の住むような土地じゃねーなw

1243 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/06/14(月) 23:44:50.30 ID:jw8H684s
生存すらきつい

1244 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/06/14(月) 23:44:53.24 ID:uwNvEBUn
あぁ、これだと確かに他の民族を取り込んでいかないとやっていけないわ



1245 名前:ゴジュラス@◆ZX2DX6eltM ★[] 投稿日:2021/06/14(月) 23:45:37.85 ID:3gAc5A/p



         / ̄ ̄ ̄\.      ┌┐.┌i   ┌┐  __ ┌┐  | | [][]
         //   \ \.    |└[][]L.ロロ | [][] | | ロロ |.[][] l└─┐
      /((●)) ((●))゚o ヽ    |┌┤.r‐┘│┌┘ | └┐└─┐l ̄ ̄    うわ~ん、ヤラナ派のバカヤロ~!!
      |::o'゚~(_人__)~o° |;;;⌒):└┘..凵   └┘   ! l ̄__l ̄ ̄.┘
  ミ.,ィTl'ヽ\   `⌒´  ゚ /`ヽ⌒)/)) .,.  /,   └┘
   kヒヒど,           {⌒⊃ ,⌒⌒);;;;;)))⌒)
     `´ ̄ヽ      ハヽ / ))⌒));;;;)-⌒))
         ヽ   ` /  '}   ─=⌒⌒)ノ;;ノ;;;::)
          >   /ごノ   ─=≡⌒)丿;;丿ノ
       __,∠     /
      〈、    / 彡
       \、__ノ  彡



  半ば追い出されるような形で僻地へ向かうヤール派。

  しかし、彼らの道のりは決して平坦ではなかった。

  恵まれた土地で何不自由なく暮らしていた白饅頭族。

  同胞からの迫害から身を隠すため、神から与えられた楽園とも言うべき場所から離れざるを得なかった彼らに、僻地の洗礼が襲いかかったのである。



1249 名前:ゴジュラス@◆ZX2DX6eltM ★[] 投稿日:2021/06/14(月) 23:52:45.25 ID:3gAc5A/p [35/35]



            ____
          /      \_
         / /   \( ;:;:;)     水……食べ物……
       /( ;:;:;:;:;ノ   (=)  \
      (;:;:;:;;;:;  (__人__)    .:::::)
      / ||    ` ⌒|||   ,/
      / / |\/ /  /l |  ̄
      / /__|  \/ / | |
     ヽ、//////) /  | |
      /  ̄ ̄ /   | |
    __/  )--- ヽ   ヽ つ
  ⊂---― 'ー----'



  白饅頭族。

  彼らは優れた文化と学問を持ち、この時代において文明の最先端をひた走る存在であった。

  しかし、同時に彼らは戦争や飢餓をほとんど経験することなく大きくなった民族であり、異民族の襲来や過酷な環境の前に次々と倒れていく。

  最早ここまで。

  そう絶望にくれた生き残り達だが、しかし天は彼らを見捨ててはいなかった。



 【 ヤール派を助けてくれた異民族は? 】 【1D6:4】
  1:からだがおおきくがんじょう
  2:ちからがつよい
  3:あしがはやい
  4:きよう
  5:よくかんがえる
  6:はんしょくだいすき



1255 名前:ゴジュラス@◆ZX2DX6eltM ★[] 投稿日:2021/06/15(火) 00:06:15.29 ID:H5k1wdx6



                           ┌
                           |八
                      _、r─rヘ∨ \
                   /)>''~ ̄~"'' V/i:i:〕iト __
            __       /// ̄~゚"''. . . .V/i:i:i:i:i:i:\i:i:i\
           \i:i:ニ- _ /. . /. . . . . \. \ ̄-ニi:i:i:i:ノi:i:i:iハ
             \i:i:i:i:i:i′./∧. .丶 . . \┌⌒>-<i:i:i/:i:i}
              \i:i:i|......√ \ . \ . . \⌒V───┐′      ―――
                 Ⅵ|. . ./⌒ \ . \.. ..| . . V⌒_、<ノ
                 }人. . {ィf莎    _彡| . . .|<⌒i
                 Lノヘ乂  ` ,   :| . . .|ハ). .|〉
               /⌒∨: ⌒ `    ィ:| . . 八ハ) ./,
                      ̄ ̄|. . . .|/:ぅ=≦/√| . .√ ̄ \ /,
                   |. . .八 V// √ |.. ..|--   }_. \
               ヘニつ.:// ̄-=ニ:{. . |.. ..|∨/─∨). ..\\                         -ヘ、
            ノ[ ニつ\)/>''"゚~ ̄~"'' ',. . . | ‘i,   :|└<ノ⌒)>┐''"゚~ ̄~゚"''~          _、<     |
           / ''"~ ̄_ -ニ/^─┘   . :∧. .\. . ‘i,  :|\ .  ̄└<ノ⌒)>┐  \ \     _、<⌒\_. ノ
             /<((/ ̄ ̄ ̄]] ))>   . . . {i:{:\. .\. .‘i,__:|\``~、、... ̄└<ノ⌒)>┐. . )   _、<⌒◇\ニ- ̄
          /{: . //ニニ{ :{八: . . .  . . : :.Ⅵ .:\. .\ ∨]. . \. . . .``~、、. . ̄└<ノ⌒)_、<⌒◇\ニ- ̄
.          /叭: . √二八 V∧ : : . . . . . : : Ⅵノ:|ニ\. . .:∨\ . \.. . . . .\``~、、 . . _、<⌒◇\ニ- ̄
         /ニ∧ √ニニニ> V∧: : : . . . . _、<\|ニ} .\ . ∨. \ . \.. . . . .\. . . ._、<⌒◇\ニ- ̄
          √ニ/∧ {ニニ>''"~}: }二\``~、、 . . ∨|ニ/. . . ',. | . \\ . \ -=ニつ:⌒◇\ニ- ̄)
         √ニニ/∧{ . ∨ニニ}: }二二\\: .``~_〕 / . . . . } . |∧. . _、-=ニ>‐ ┘◇\ニ- ̄ (ハ)
       √^'''''^` ノ{ . 「V/ニ}: }二二二\\: .  ̄∨. . . . ノ....八ニ/ニニ「 つ◇\ニ- ̄}//.(ハ)
.       L  -=ニ/八 . 〉 ``~、、-=ニニニ\\__ {(⌒⌒⌒)'二ニ_、<⌒◇\ニ- ̄}. . ../ . (ハ):|
         / ./. /∧/ニ=- _//``~、、_/ ̄``~、/. .〈〈 ̄_、<⌒◇\ニ- ̄. . . .:} /「\ハ). ..|
          / ./. //. √ニニ} }ニ=- ̄\\\   :}{. . .:Ⅵ,∨ \ニ- ̄}. . |. . . ./ └ヘY⌒|. .|
.          . ./乂 .{ .√二ニ:} }/-_-_-): ):-=ニ\.八. . . Ⅵ,∨- ̄〉. . }. . |. ./ /..../┘ /|. .|
        i/|  )-√ニニニ/_-_-_、<⌒ニニニニ/∧. . .}Ⅵ,___/}... ..}. ../ /∨ / . . . / :|. .|
        |. | └:√ニ/ ̄\、<⌒ニニニニニニ/∧ . }ハ∨〈 .ノ⌒≧=-</ 八 {/. .../  ./
        |八/.:√:/\_/ ∨ニニニニニニニニニ〉:ノニ}∧‘i, . . / //. . / /. . /. ./  /
        !⌒7:../-_-/ニニ〉 ∨二二二ニニニニ/二ニ}/∧‘i, / //. . / /. . . ./  /
          ! //-_-/ニニニ/∧∨ ̄〉─┐二ニニニニニ八:/∧‘i,://. \──==ニ ̄
           !{(-_-/ニニ二二| ∧∨/ ⌒..:|ニニ==─ ─=ニ-_∧ \ ⌒>─ ̄
.            乂/ニニ二二二| |:∧',ノニ=- ̄ -‐…冖 7ニ- }/∧  ``~、、
          _ -√ニニ=-  ̄_:|√〉_ -  ̄        /__彡′\\.    ``~、、
.      _ -ニニ√  _ -=ニ ̄ . . i: . . .           ./\: : : : .  \\: .      ``~、、
    _ -ニニニ└─ 八: .   . . ..:|: . . .          /: : : \: : : : : : :\\: . . .       ``~、、
  _ -ニニニ- ̄     ヤニ「 「二八_、-=ニ=- _     /: : : : : : 丶: : : : : : :\\: . . .     \   ``~、、
_ -ニニニ- ̄         └‐ L L-=:√二ニニニニ- _ ∧: : : : : : : : : : : : : : : : :`、丶: . .      \: . .   \
ニニニ- ̄             ∧   :√ニニニニニニニ∨ ‘i,: : : : : : : : : : : : : : : : :`、 : : . . .      丶: : .   \
ニ- ̄            /∧   :{ニニニニニニニ/\ ‘i, : : : : : : : : : : : : : : : : `、: : : . . .               丶








       x=ニ三三三三三三三三三三三三三三三ニ=x
    ィ三三三三三三>ニ==≦x三三三三三三三三三三三三
  三三三三三三/´         .`゙<三三三三三三三三三三三
 三三三三三ニ゙/    #       >ニ==三三三三三三三三
 三三三三三ニ゙               /      `゙<三三三三三三三三
三三三三三三{             /′          ⌒ヾ三三三三三三
゙゙三三三三三∧            /                ゙マ三三三三三
三三三三三三∧          /                  ゙≦三三三三
'゙三三三三三三∧、       /             ⌒ヽ     `゙ゞ=三三
  三三三三三三z>ニ=圦                 Vx、       }三
   ゙三三三三三三三三三ゞx \              }三≧x     ノ三
          三三三三三三ニヾx \               {三三≧三三三三
            三三三三三ヾx_ ヽ          V三三三三三三
               三三三三三≧ノノ≧x=ニ三{    ー-=三三三三
                  三三三三三三三三>x      x}三三三
                    三三三三三三三三三三三三三三三



  最早虫の息のヤール派の生き残り。

  絶体絶命という所で彼を救ったのは、楽園より遥か西の山岳地帯に暮らす蛮族であった。



 【 ヤール派を助けた理由 】 【1D3:2】
  1:東から神がやってくるという言い伝えに従った
  2:蛮族は女ばかりなので、ここまでやってくる男は貴重
  3:部族を越えた純愛



1258 名前:ゴジュラス@◆ZX2DX6eltM ★[] 投稿日:2021/06/15(火) 00:09:39.39 ID:H5k1wdx6



               ____
             /      \
           / ─    ─ \
          /   (●)  (●)  \     ……あれ、生きてる?
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \




                    ┌
                   √/,     _、 -‐… r…‐- _               ⌒X
                  /i:i:i:i|   _、‐''~_、‐''~ .√ ̄~"''~\ 、      /〉   ┼
                /i:i:i:ノ| /... . . . . . . . .:i. . . . . . . \. \、   /i:八
              /i:i:i:i:i:i:i:ノ . ./. . ./. ../|. . .i. . . . . . .\. \   {i:i:/∧
             /:i:i:i:i:i:i:i/}> /. . ./. ../  |. . .|丶. . . .',. .',. ', }i:i:i/∧
               /i:i:i:i:i:i:i:i:i:// /. ./ . . /   |. . .|. . \. . .',. }. . .}<\i:i/∧
.              {i:i:i:i:i:i:i:/i:i:i′{ . ./ . . /''"~ ̄ ',. . . .\. . . . ( ̄( ̄):\:\i:/,
            〔 ̄i:i:i:i:i:i:i:i/{ . { . {. . { .{_,,、-‐…_\ \ . \. ...}\.:.:. ̄)i:\:\}
            \i:i:i:i:i:i:ノ八.... ...{. 八└''^゚~ ̄`  \ \ . \}. . . Ti:i:i:i:i:i:i:i:i:i:}
                ̄_、‐''~∧.\乂. .\〉""     ' 丶 \ . }. . . 八i:i:i:i:i:i:i:}ノ
              <⌒  . : \.\. .〈⌒    __    ̄T }. . √``~、、
               ``~、、:_i .´⌒Y⌒    〈⌒ソ    |. . . ..{ノ ⌒>ノ
                 /. . . ...|. . . . .|:\            ィ|/ . . {___、‐''~
                  /. . _/|/. . . .| . 个       < . //. . ..{〈\〉
                   /. . . ∨./. . . . .| ̄ ̄   ≧≦/ ̄〈/|. . . {〈 ̄\
               //. . .:∨. . . i .√~"'' \∨//    :|. . ..‘i,\. . 〉
                  /┌‐ /.... . ...|:/      〉〉/ ''"゚~ ̄|. . . ..‘i,〈 ̄\
.              /. .:〈 ./ / . . . |乂_-=ニ( ̄( ̄)へニ=-八|. . . . ‘i,\_〉
.             /. . . . / /. . . .//''"~ / ̄  ̄〈__〉─==ニ:.乂 \. . \〈 ̄\
         /. . . . / /. . . . ./   /       Ⅵ     ``~、、. . .\:._〉
        /. . . . / /. . . . .       /<(( 「 「ニニニニニ] ] ))> `丶、 . \ ̄〉
       //. . . / //. . . . . /       ′  ̄      } }      ̄   ', ‘i,. . .∨\
     / ./. . . /. . .{. /. ./. . . ′    { <(( 「 「ニニニニニ] ] ))>     :i. . ..|__〉
   /. . /. . . /{... ..:{/. ./ . . . {       {    ̄      } }     ̄    :}   |. . ..| . \
.  . . //. . . /八. . .{. ./{. . . ...{: : . . . .  {       . . . : } }: : . . .      }   |. . ..|\_〉\
  // /. . . /. . . \. /. {. . ...八:..: : : : . ..{: :<(( 「 「ニニニニニ] ] ))>. :.′ . ′ . | ̄\. ..\
. /   . . . ./|. . .>''"~ ̄~''く__∧: : : : : :.′: :  ̄: : : : : : } }: : : : :  ̄: : : :./: : :./ . i. :|:.\__〉. . . : .
. {(    i. .../:.|. .└┐.:.:.:.:.:.:.:.:∨ \: : : /: : : : : : : : : //} }丶: : : : : : : : :{ : / /|. :|〈 ̄\. . . ./,
     |. ./...:|. . . ./⌒ ⌒ 〈┘   \<: : : : : :_、‐''~ /八. ∨ :≧=-:..:.-={ :(...⌒...:|. .| .\_〉. . . /,



  こうして、楽園を追いやられたヤール派であったが、全滅寸前の所を女だらけの異民族に救われたのであった。

  後にヤール派白饅頭族は、彼女達をドラフ族と名付けることになる。



1261 名前:ゴジュラス@◆ZX2DX6eltM ★[] 投稿日:2021/06/15(火) 00:11:49.81 ID:H5k1wdx6


                                           ┌
                                           |八
                                           |i:i:i\
                                     _、 -‐…‐-     |i:i:i:i:i:iニ- _
                               _、‐''~ ̄~"''. . . .`丶、\∨i:i:i:i:i:i:i:i:i:ニ- _
                       〈\    _、‐''~/. . . . . .\. .\ . . . . \.∨i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i\
                      }i:ハ  /. . .:/ i. . . . .丶. \. . . . . . . . ',\i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i\
                      }i:i:i:}/. . . . /:八. . . . . . .\‘i,. . . . . . . .∨/≧=-:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iム
                          八i:/ . . . . ./{. . . \. . . . . . . .‘i,. ./\ . ∨\i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:}
                       /i:i:i/. . . ./ /八 . . . . \ . . . . . /⌒.:.:.:.:.:.:⌒〉i:i:i\i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/
                        /i:i:i:i{/ . ./ //  \ . . 丶\. . . .乂_.:.:.:.:.:/ |>- ミi:iニ=- ̄
                         {i:i:i:i:{ . . . . /{/⌒ \ . . \\. . . |:. ..⌒^`. .:.|    ``~、、
                    乂i:八|. . {:..八 xf笊  丶 . . \\. |. i . . . . . . |''"゚~ ̄ ̄ ̄ /
                     └く:|\乂: 〃 vツ     ̄ ̄ ̄|. | . . . . . . |ノ ノ: . _、‐''~
                        乂 : ∨:.乂   `        !|. . . . .i. ..|⌒、‐''~. . .\
                          /〉. .⌒   -  ’    !. . . . .|. ..| ̄\. . .\_ ̄\
                        /  ∧ 公          !. . . . |. ..|. . . . \. . . \_ ̄\
     ''"~ ̄~゚"''~ ,,_          ⌒≧=-|. . .| i>     < : !. . .八 _| ̄~゚"''~. . . . .\_ ̄\
   ''"~ ̄~゚"''~ ,,_. . .`丶、            i|. . .| |. . . .う爪ノ. : : : :..! . . . .\''"~ ̄~"''〉. . . . . .\_ ̄\
/ ''"~ ̄~゚"''~ ,,_. .``~、、`丶、         ノ|. . .| | ̄ ̄~"'~┐ / ∧ . . . \\  ̄\{\. . . . . . . \_ ̄\
   _、‐''"゚~ ̄ ̄~゚"''~ ,,_``~、、、____/./. . . /\__    \∨ / ‘i,. . . . .\\ノ⌒>┐. . . . . . . .\_ ̄\
  /. . . . . . . ̄~゚"''~ ,,_. .~''~ ,,_──_、‐''~/. . . ./\       〉 /   ‘i, . . . . . . .``~、、\\. . . . . . . .~''< ̄\
/⌒\  ̄~゚"''~ ,,_. . . .``~、、 ._、‐''~. . / . . //辷辷=- ( ̄( ̄) ̄)-=辷\. . . . . . . . . . ``~、、. . . . . . . \ .~''< ̄\
.    ``~、、. . . . .``~、、._、‐''~. .._、‐''~. . ..// /_、-''~ ̄\/ ̄``~、、\``~、、. . . . .''"~ ̄~゚"''~ . . .\\. ~''< ̄\
 ̄~゚"''~ ,,_ ``~、、 . . . /. ._、‐''~. . . . . // ''"~ ̄      / /       \ ``~、、``~、、. . . . . . . . . .\. . \\  ~''<
~゚"''~ ,,_. . ``~、、. . . / ‐''~. . . . . . . // < ̄((/ /ニニニニニニ「 「)) ̄>',   \ニ=-. . ._____\. Y⌒\\
        ~''~ ,,_. . . .//. . . . . . _、‐''~/  /   ̄      / /      ̄    ',    ‘i,.. . . . . . . ``~、、. .:八.:.:.:.:.:〉. .\
     \   ~''~{/ . . . _、‐''~. .../   :′           {  {                ‘i,``~、、. . . . . ``/⌒\ /~゚"''~
    ノ\\: ┌へ.:{ . _、‐''~. . _、‐''~/   i < ̄((「 「ニニニニニニニ「 「)) ̄>  i      :}ニニニ==──く.:.:.:./ ̄``~、、
.   ⌒\...\..八.:.:Ⅵ/. ._、‐''~. . . /{     :|   ̄        {  {       ̄   .:|      :}ニニ//∧ . . . . .T⌒\. . . . . .
     _、‐''"゚~ ̄L ⌒\. . . . . . /八: .  :|:      . . . . : : :{  {: : : . . . .        |    . . :} ̄ -=ニ/∧ . . . 八. . . . \. . . .



 【 白饅頭族とドラフ族の関係 】 【1D10:1】 + 2:文化的優越補正
  数字が大きいほど白饅頭族優位、小さいほどドラフ族優位



1262 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/06/15(火) 00:12:16.37 ID:AhfCdxjz


1263 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/06/15(火) 00:12:48.10 ID:DEtkirA7
姉さん女房的な

1267 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/06/15(火) 00:13:25.02 ID:KdZVebxH
演出的にも救助された側だし現地人の方が優位になるのは妥当

1268 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/06/15(火) 00:13:36.27 ID:AfGzqjZK
僻地だからそりゃ文弱だとな…

1269 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/06/15(火) 00:13:39.39 ID:SdinhdCy
どうやら僻地では文化なんぞは飯の種にならんらしい



1272 名前:ゴジュラス@◆ZX2DX6eltM ★[] 投稿日:2021/06/15(火) 00:16:02.26 ID:H5k1wdx6



                                    }ニニニ:}
           _            _、 --ミ      √二ニニ}
.           Vハ      . ."~ ̄\-ヘ.\`丶、 √ニニニ〕
.            }i/∧  /. ./. . . { . . . \\. ..∨ニニニニ{
.           ノi:i:i:i:}. /. . ./.. ../^{. 丶 . . ', . .〈二二二ニ{
.          /i:i:i:i:i√\. ./. . ./⌒ . . .\. . ',. .rヘ二二ノ
          /i:i:i:i:i:i:i/i:i:i:i:i}/. . .{ x==ミ \. . \(⌒:l    ̄ } __
.         {i:i:i:i:i:iノi:i:i:i:i:i/. . .八""   _\_彡ヘl     √\_ノ<⌒ヽ
.         乂i:i:i:i:i:i:i:i/:{. . . \〉   f ⌒ヽi  ./. .l      √_ノ/ヘ _\__}ヘ
.            ̄ ̄/⌒八 \. . .ノ   、_ノ /. ./|     √    / ̄~"'' . .}
          // . . /∧ .  ̄}>     /{.. ..八    ./ . \_/>''"~ ̄~"''~
         / /. . . . ./∧ . . }ハ-- う爪ニ八 . . . \ /}. ._、‐''~. . .''"~ ̄\\. . `丶、
        /  .//. . . . ./∧ . ∨ ̄ ̄\/ / >_、‐''"~ ̄``ヽ --ミ. . . . . . . . . .',. . . . \
     //   /. . . . /.┌ヘ\. .\ ̄\__/ /    \   ',. . \. . . . .i | . }\. . . . . ',
-‐…‐-ミ -=ニ ̄. . . /. ...>-  \. .\ /  / ─┐   ',. . :}\. . .:',... ..| | . }i \. . .i .i
 ̄~゚"''~ . .__rヘ-=ニ . /⌒``~、、 _)> ∨ニ=-  ̄   . . } . . :}\丶. .}. . ノ.ノ ..八   \.| .|
  /. . . . ./フヘ厂ニ-_     :}:{/ // ̄Ⅵ>''"~ ┘. . .:} . . :}. . .>''"~ ̄``ヽ. .}   /...|
/. . . . . . Y - つ乂ニニ-_   丶/ ', ̄ ._、‐''~.:rヘ . . . . . . .:} . ..:′.└rヘ.:.:.:.:.ノ┘/  /... ..|
. . . . . . . .八/ニつニニニ}ヘ /′ ', └‐. . : :Ⅵ_、‐''~.〕. ′./\. . /. . .`¨Y⌒./ ⌒/ . ノ
. . . . //. . .{ 「ニ=--=二二\{: . . . `、 . . . . ._、‐''~_、‐''~ ./: ノ} . . }. .{ . . . . . |:./_/ . //
. . / {/. . . .´^'''^`. ./\二ニニ\ . . . `、┌ _、‐''~Ⅵ=- . . . . : }.. ..八.乂. . \乂__彡 ̄ ̄ /
. . { .:{/. . . . . _、‐''~ . . . . \二ニニ- _ . \ . . :/ Ⅵ... . . . .../}. ./ }/ . ``~、、<⌒ /
\ \{. . . . / /. . . . . . . /-ニニニニヘ冖''^`.. . ..Ⅵ.. . . ../八 { / /. .{    ̄ ̄
  \ \ / /. . . . ./ . . /. . ∨ニニニ} ', \ . .  }ヘ\  . :\ ⌒\:.乂__ノ
   / ̄/. . (. . . .// . /. . . . ∨二ニノ  :}\: 丶 //} }',\ ̄¨¨冖¬─ ̄ ̄_
.  /. . . {. . . \. . ノ /. . . ./ . . | `丶、 __ノ.    //^} }∧___、 ''"゚~ ̄ ̄~゚"''~
  {. . . . .>''"~ ̄ ̄ (/ . // 八. .\ //    .//``~、、 --ミ/-_-〉 ̄\: . . .     \
. 八 .\└┐ ヘ / ̄) . / /⌒). . 厂 ̄__//``~、、-_]>┐} }/ 丶 . \: . . .     \
.  \. . . ./. . . . . .\乂_/⌒// _、< ̄-_-_─‐「 「 _-_〈〈ノ:ノ∧: . . .\ . \: . . .
   \ ̄八. . . . .\. . . / 八(/ /-_-_-_-_-\-_-_|:..|==_ ノノニ:/∧: . . . . . . . 丶
    \. . \ . . ─=彡〈/ ./ /厂二二二ニニ\--:」__、<ニニニニ : . . .i . . . . . .
       ´~¨¨≧=-  \. ', ./ //ニニニニニニニニ- _ -=ニニニニニ: : . .| . . . .
.                \ / //ニニニニニニ=-  ̄ ̄``ヽニニニニノ}: : : | . . . .
                    ) //\ニニ=-  ̄   _、‐''"゚~ ̄~"v/ニ- ̄ ノ: : : ′. . . .
            \_/ /八   ̄   _、‐''~  _ -ニ乂_〕\_ イ : : :/ . . . . . .
              /  .//: : \─¬冖⌒  /ニ/ ̄    `、 :|: : :/ . . . . . /. . . .
           _/   //: : :i: . .\ . . .    _-ニ/        `、: :/. . . . ./. . . . .
.     _、‐''"゚~ /     {:′ : | : . . . `丶、 : ./ニ/. .           `、. . . ./. . . . ./
 _、‐''~    ./    / :{{ . ..:| : . . . . .\ `丶、 {: . . . . .        `、/. . . . ./. . .
/              /   {{ . ..:|丶 . . . . . .\   `丶、: . . . . .       `、 . . / . . . .



  ただ、救われたと言ってもドラフ族は決して善意で救ってくれたわけではない。

  ちょうどよい奴隷か、もしくは種馬が手に入った。

  その程度の認識であったため、結局はドラフ族のコミュニティの生活を通じて殆どの白饅頭族が力尽きていくことになる。

  ただ、何事にも例外は存在する。

  なんと、ドラフの女王にいたく気に入られ、奴隷から成り上がった者がいたのである。



1277 名前:ゴジュラス@◆ZX2DX6eltM ★[] 投稿日:2021/06/15(火) 00:26:03.66 ID:H5k1wdx6




            ,   ――――  -   、
            , ; '      __       ヽ
       /   _ノ ≦三三三≧_`ー ニ、_  \
      /  ,/ r-、ヽ三三三三ニ7 l⌒ヽ il}   ヽ
.     /  {li! 、_ノ ム三三三三ム ー'  リ    '      何が奴隷じゃ! 種馬じゃああぁぁぁ!!!
.     ,'  >=─、彡⌒三三三ニ⌒ヾ´ ̄ ̄`    ',
     i       {     三三    }        i     やる夫は絶対に諦めんぞおおぉぉぉ!!!
      |        \___ , ヘ __/        |
     |.           |:::::::::::::::::::::::::|          ,'     モア教の世界征服は、こんな所で終わらんのだあああぁぁぁ!!!
.     ',ュ        !:::::::::::::::::::::::::!         ./
.      \          |.エエエエエエエ.|          /
.       >.      └‐───‐┘        ̄\
     ,. ´                           \
    /





        /::: |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::|/::/    /  /  |  |  \     \  \\  \|二二|:::::::::::::::::::::::::l\
.       /::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::∧/  / /   :/  :|  |   \      \  \\  |二二|:::::::::::::::::::::::::|:::::\_
     //::::::::: 八:::::::::::::::::::::::::: //  / /   /   |  |     \      \  \\|二二|__:::::::::::::::::/::::::::::::::\
.    / ,:::::::::::::::::: \___/ニ/  : :/  /   /|    |           \     \  \\ニニニ{__/:::::::::::::::::::::|:::',
   / / l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ニニ/  : :/  /   / |   |  \::     \     |: :_|: :∨二{:::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::',
    |ニ! {::::::::::::::::::::::::::::::: /ニニ/  : :/  /   : :/   |: :  |: :   \: :      \.: : : :.|__| `⌒⌒Y\:::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::|
    |ニしi\::::::::::::::::::::::/ニニ/.:. :. .:.| : /: : : : /    | : : : : |、.: : : : : \: : : : : : : :\_|  ∩ /) ∧二\:::::::::::::::::::/::::::::::|
    ∨ニ{_\__/二二∨: : :/.:. l : | : : : /    ノ!: : : : :.\.: : : :. :. \: : : : : : : :\ (\∪  /二二二\__/::::::::::::::::|
     寸=ニニ二二二二ニニ |: : :.|:.:.: l : | : : /-‐  ̄  ! : : : : \\: : : : : : \.:.: : : : : :.|\__,/|=ニニ二二二二二二ニ=‐′
.      寸=ニ二二二ニ==‐|: : :.|:.:.: : : |: : :|    ---人.: : : : : :.\\: : : : : : \: : : : : |: : : : :|.: :.:|=ニニ二二二二二ニ=‐
.        寸=ニ二二二ニ=-|: : :.|:.:.: : : |: : :| _,斗扞芋ミ\.: : : : : :.\\.: : : : : :∨:.: :.:.|: : : : :|.: :.:|`<二二二二ニ=‐
            ー=ァ'"    |: : :.|: |: : : |: : :|_7  h:し:.):|  \.: : : : : :.\\ : : : : ∨: : :|: : : : :|.: :.:|   ``<二ニ=‐
.          /____|: : :.|: |: : : |: : :|人 乂_::_ ノ    \.: : : : : :.\\ : : :.∨ : | : : : /.: : :|____\        ♥♥♥♥
            \   〈   ∧.: :.|: |: : : |: : :|  , , , , ,        \.: : : : : :.\\: : ∨: : : : /: : : :.| 〉  ノ   /
.            /\    〈 ∧: :|: :\: :\: \               \.: : : : : : : :.\:.∨: :.:/: : : : :.|     <⌒Y
          / /: : ー┬‐∧:|:、: : :\: :\: \        '    \.: : : : : : :. :./: : :/ : : : : : |┬<⌒丶: ::|
          /: : :./:/ 〈|:∧: \: : :\: : く⌒      __      ‐-: : _/: : :/: : : : :/:.:|/   \.: : : :.|
          /: : :./:/|   |: : :\: \: : :\: :\_     l⌒¨¨¨⌒l         /: : :/: : : : :/: : |    \_厂\
.      /: : :./:/\ \ |: : : : \: \: : :く ̄     \_ /      /: : :/: : : : :/: : : |  /   /\:\: Y
    /: : : < ̄     \   |: :|: : |: : : : : :  ̄l \              / /: : /: : : : :/: : : :.:| ,/ /    >: : ト、
   /: : : : :<ア⌒フ    \ |: :|: : |: : : : ∨: : |\个: .           . :个/: : /: : : : :/: : : :.:/| / / ┌‐<\ ̄\\
. /: : : : :/:.:./  └ァ     |: :|: : |: : : : : ∨:∧ \二≧=- __ -=≦二//: : /: : : : :/: : : :.:/:.:|/   く   \〉: : : \|
: : : : : :/: : :/     (___  :|ノ: :.:.|: : : : : : ∨:∧\ \二二ニl lニ二二/, /: : /: : : : :/: : : :.:/: : | ___)     \__|\__
: : : :/: : : :/          |_|: : :.:.:l: : : : : : : ∨:∧ \   ̄lニl lニl ̄ ,//: : /: : : : :/: : : :.:/:. :.:.|_|             ∨ |: :\: :\
: :/: : : :/         i ノ:.: : :.:.|: : : : : : : :.∨:∧  \ ,lニl lニl / /: : /: : : : :/: : : :.:/:. : :.:.| /          ∨\: :.\: :\



  彼こそが、後にドラフ族における初の王となる男であり、白饅頭族による異民族の同化を成し遂げる男であった。

.

1278 名前:ゴジュラス@◆ZX2DX6eltM ★[] 投稿日:2021/06/15(火) 00:27:13.03 ID:H5k1wdx6



           i゙i゙l ̄ ̄ ̄l
       iE 、i゙ ユテ ̄ ̄ ̄テl
      / 〈 i ̄ ̄\ ̄ ̄  ̄\
     /Ο ゙i',  ___ \    ∧ ゙i
     コ`''--_j゙i',  i゙i_ン、 \__∨_゙i
   i゙㎞|   ヘ \________--/\\\\\┐
  ソ㎜|   | | |E.`i'-\|´ ̄┌―\ _\‐┐      今回はここまで
     |、--_lⅢl |E  i゙ i \  ┌―\\\\┐
 i゙゙ 三三゙i ゙i   |E || ┌┌゙`\____i゙ |n|n| 1     お疲れさまでした
 |. 三三三i |mm|E┌┐| | ┌ i  i  i ‐‐‐‐‐|
 ゙i、三三三i | 'NNNN'''‐ | .| i   |┃┃| | | | | ||
     ┌l  ̄\\NN NN'‐────────,r'
   / ̄┌   i゙i゙\\ Z  NNNNNNNNNN
|   ゙i ゙i  i゙i゙ヘヘ\\ Z     \ZZ
    ゙i ゙i  ヘヘ ,r'|\\ZZ       Z
     ゙i ゙iヘヘ ,r' | |\ \ZZZZZZZZ
      ゙i\冂匚 | |三\,\------‐'''''\
      ゙i  \ | |三   `` ̄ ̄ ゙̄i  ゙i



1280 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/06/15(火) 00:28:11.62 ID:rhp2c2SB


1281 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/06/15(火) 00:28:17.10 ID:6tu6UHrx


1283 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/06/15(火) 00:30:37.11 ID:GQnMzael
乙でした







Next  その2へ


目次へ





関連記事
面白い。
[ 2021/07/06 10:38 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カウンター
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
スポンサー
同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite
ランキング