FC2ブログ

ポーランドを再興したかった完結お疲れさまでした。 パワプロくん再開の前になんか短編やるっぽい? フラストレーション消化しないとえらいことになりそうなんで、やってもろて・・・(

【あんこ】6男坊から始める王朝繁栄記 その17

8381 名前:ゴジュラス@◆ZX2DX6eltM ★[] 投稿日:2021/02/26(金) 18:58:03.11 ID:x54tDJSI



           _――-、
        __/__∠ヽ/ヘm
      rr'mr-nnnTl-「l ̄`0\
     {/llllヘ_i i_l_}_}_} // Ll ,..-、|        ダイスだけ転がしときます
     l7NNNNl7l7l7l7wヽiii/(≡0)  _
      NNNNMkkKK" ̄IIヽ=イj /l//i_
      ヽ-===--i¬-ーー‐<_r"))ヽli::i|
          | |=l ll=| |ヽf||H{=:{y}=}i:/
          | |=l ll=| | K|h「T|H}=}7 | ̄H ̄| _               r--r=-
         r=イnイh=/ iイ||¬|lr"´}}ヽ|:::::::::::::::|/i_            / ̄ ̄/Tヽ
  _ _   | l__i l__l | i../h/∠i _r⌒(≡0)-):::::::|i::i|           (ニ//:::iiii::(ニ(ニ=
 //| /:ヽ 「 ̄H ̄::l l/  |「=l |/´ ̄ヽ三L[llllllllll| i:/           //=ミ{::::::/
 |/ヽ|/=:::| {´ll「=「l :l |,..イ|l HH=`(≡0)0):::|::::::::|_            //=ミ:/ ̄
  ∧=l :l(ニ{ ̄ ̄{ニ:)ニ)三}ll / ̄ /`(≡0):::::|::::::::|/i_          //=(ニ0
  ヽ-‐イ、l(ニTl lT{ニ:)ニ)三}l/r'r //)(≡0)三:|::::]::|i::i|         //≡ミl
    ヽ=:::Eニl=ll=ll∃:::三Oニ)))ニ) ̄ii`ヽ、kE::|::::::::|i:/         //≡(ニ0



 【 華琳の慎二評価基準:【1D100:6】 】
  数字が大きいほど人材として、小さいほど男として

.


8382 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/02/26(金) 19:00:26.04 ID:VrexQ5Mq
!?

8383 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/02/26(金) 19:02:33.15 ID:GQTzGVuq
傍から見るとご乱心華琳様 だって男ですよ?

8385 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/02/26(金) 19:08:56.46 ID:4E4XUwWZ
素敵!抱いて!

8386 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/02/26(金) 19:15:02.92 ID:qhgTIN7F
平民が皇族からNTRを狙うとかこれが有名な婚約破棄ものですか?

8390 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/02/26(金) 21:15:32.79 ID:tOHr96Qx
事故った!



8406 名前:ゴジュラス@◆ZX2DX6eltM ★[] 投稿日:2021/03/04(木) 18:08:28.34 ID:pcvIpxvx [1/26]


                    l ̄ ̄l゙i゙i㎜㎜㎜
                   lテ ̄ ̄ ̄テユ ゙i、 Ei
               / ̄  ̄ ̄/ ̄ ̄i 〉 \
              / ∧    / ___  ,'/ Ο\
             /_∨__/ ∠_/i  ,'/j_--''´コ
          ┌/////\--________/ ヘ   |㎞゙i
        ┌‐/_ /―┐ ̄`|/-'i´.E| | |   |㎜ソ     20時頃再開します
       ┌////―┐  / i ゙i  E| lⅢl_--、|
       「 |n|n| ゙i____/´゙┐┐ || E|   / /三三 ゙゙i
       |‐‐‐‐‐ i  i  i ┐ | |┌┐E|mm| i三三三 .|
       || | | | | |┃┃|   i |. | ‐'''NNNN' | i三三三、/
       ヽ────────‐'NN NN// ̄ l┐
        NNNNNNNNNNNN  N //゙i゙i   ┐ ̄\
             NN/     N //ヘベi゙i  / /   |
            N       NN//|ヽ ヘヘ  / /
            NNNNNNNN/ /| | ヽ ヘヘ/ /
           /'''''‐------/,/三| | 匚冂//
          /  / ̄ ̄ ̄´´   三| | /  /




 【 慎二と華琳の関係 】 【1D3:2】
  1:今回が初対面
  2:貴族復帰後の知り合い
  3:聖職者時代からの付き合い

.

8407 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/03/04(木) 18:24:38.37 ID:WWLMaH5Z [1/4]
復帰後!
昔もてあそんだ女じゃなかった!w

8408 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/03/04(木) 18:29:38.09 ID:4Uf02psR
セーフ

8409 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/03/04(木) 18:32:23.75 ID:R+3OycYV [1/6]
セーフ



8412 名前:ゴジュラス@◆ZX2DX6eltM ★[] 投稿日:2021/03/04(木) 19:41:01.21 ID:pcvIpxvx [2/26]



              i ̄ ̄ ̄l
            / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
           //_       _゙i゙i
          // ‐-二|   |二-‐゙i゙i
          H|__,--------、__H
         i  ┌─| |   | |─┐ ゙i
        ┘」 ┌─| |   | |─┐ |、
     i──| |┌   li―i.ii.i―‐゙i  /,' ゙i――i     再開します
     i三三|_i |  ̄ ̄  i.ii.i   ̄ ̄ | 」 |三三i
         ゙i_i  | | /TTTT゙i |   |」┘
        l゙i`'゙i_______,,,,-'i´\三i
      i三| ゙i NNNNNNNNNNN/ |\
     i三| | ヘ\         / /| |三i
     〕 | |  ベi         / ,' | | L
     / | |   ヘ ゙iNNNNNNN/ ,'  | |  |三i
  i三|  〔 |   `|─‐──‐──'´  |H|  |H
i三┌─┐ | |   |         |   | | | ̄H ̄|三i
 | H  |  | |\  |   (⌒)   |  / |二| H  |
 | H  |  | | \ ` ̄|    | ̄´/ | |  | H  |
 | H  |  | |  | \ |    |/┌  H   |   |




 【 華琳の生い立ち 】 【1D4:3】
  1:薬師の娘
  2:商人の娘
  3:農民の娘
  4:奴隷の娘


.
8413 名前:ゴジュラス@◆ZX2DX6eltM ★[] 投稿日:2021/03/04(木) 19:41:44.74 ID:pcvIpxvx [3/26]


              _  ,.-─:::.、___
            /:::::::: ̄:::::::‐:::::\:::::::_ヽ_
        /::;:::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ':::::::::::::l
       /:/::/:::::::::::::::/::::::::;:::::::::::∧::/:|::::::ヽ
      ノ:/::/:::::/:::::::/::::::::::l:::::::::〈⌒ヾ::|::::::〈
     /::::ノ:::}::::::{:::::::::}::::::::::∧:::::::::〉  }:::、::::::}
     }::〈::::〈::::::ノ::::::〈::、::::::} /::::/ ,  ヾ}::::/
     }::::}::::::\{:::::::〈`7::::/ ゝく_ ̄   /::7ソ
     厶イ::::::::::/´ヾ::::〉、:(  _>tァ   {!从
        ヽ:::::::{ ゝ」}/  ヾ  `¨´    ヽ
          )::::::\_ハ             /
       厶イ/:::::::{ ヘ    、  _ -/
         |/)ハ{  \     ̄   /                              _      _
           /ニニ=- .≧_- _/                           , -' ノ  /ア´-y′
          √ ̄ ̄ ̄\ニニl                           / 7´ ///7
          ∠_-_-_-_-_-_-\ニ厂ニ=- _                      / _,レ'´/// /
       /_-_-_`ヽ-_-_-_-_-\.-_-_-_-_>                    }    }:.:、  / /
      /-_-_-_-_-_-\_-_-_-_-_\-_-_/≧x、                       /   / -‐'  /
    .√_-_-_-_-_-_-_-_\,.。*'" ̄ヾヽ_/-_-_-_                      _{  /    /
    √_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_ ∨-_-_-_-_                /〈`    /
    .√-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-|-_-_-_-∨-_-_-|-_                  /-_|::\_ イ
    √_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_/-_-_-_()-∨_-_-|-_、               /-_-∨::::\!|
    .√-_-_-,.。*'"-_-_-_-_-_/-_-_-_-_-_-l_-_-_|_-_ヘ_          /-_-_-.∨::::::/|
    〉,.。*'"-_-/-_-_-_-_-/_-_-_-_-_-_-.l_-_-_|-/-\          /-_-_-_-_-_`<」!
   {_-_-_-_/_-_-_-_-_-_/-_-_-_-_-_-_-_l_-_-_|-_-_-_-ヽ       /-_-_-_-_-_-_-_/
    .}-_-./-_-_-_-_-_-_./_-_-/_-_-_-_-_-l_-_-_|-_-_-_-_-_、_ /_-_-_-_-_-_-_/
   √./-_-_-_-_-_-_-_/-_-_/-_-_-_-_-_-l_-_-_|-_-_-_-_/-_-/_-_-_-_-_-_-_/
  .√-_-_-_-_-_-_-_-_/_-_/-_-_-_-_-_()-!-_-_.l-_-_-/_-_-_/-_-_-_-_-_-/
   |-_-_-_-_-_-_-_-_-{ /-_-_-_-_-_-_-_-.|_-_-_|-_/_-_-_/-_-_-_-_-_/
   |-_-_-_-_-_-_-_-_-}-_-_-_-_-_-_-_-_-_-!_-_-_|_-_-_-_-_-_-_-_-_-_/



  時代を切り拓いてきた存在には、いくつかの共通する条件がある。

  そのうちの一つが、自分以外の傑物と呼べる人間との巡り合わせだ。

  最初からそうであったか、あるいは最終的にそうなったかはさておき、英雄的人物の周りには敵味方問わず、それに匹敵する
 英傑が存在するものである。

  その点において、当時の間桐慎二は間違いなく、その道の第一人者と言えた。



8415 名前:ゴジュラス@◆ZX2DX6eltM ★[] 投稿日:2021/03/04(木) 19:42:24.35 ID:pcvIpxvx [4/26]



               _  _
          _/:::;:べ:;:-、:::\
            /:/:::/::;::-y、::::\:::ヽ_
           ノ:::::::ノ::/:::厶'へ:::::}:::::、〉
         {::::::〉:::く\::ヽ 〈:::〈:::::::::}
          .〉:::{:::::ノ二、ソ /,二ヾ:::::::;ゝ
         ヾ::ム:〈 む,    むノ゙ハ:/
          ∨ベ ̄   }   /ノ
             `ァヘu r==,  イ(
           , ネ个s、二.イハ┐_
     , -‐ァ 7 /:i:i| l    |:i:i:i:、   ̄ 7ヽ
      / ヽ   /:i:i:i:ヽ\ r 7:i:ir、:\ / :|
    .|   ', ./:i:i:i:i:i:i:i!   /:i:i:i丈ヽ l/   |
      l    ∨  ̄ ̄ ̄\./:i:rく トニヾ   |
     〉   ∨  ∠つつl:i/│∨ }│  ∧
      {ヽ   | /_つ〈ノ7|O|ヘ  / ト / ',
    .ハ    :| 」 ∨  / | | ヘ  // ト、__」
     }   _/l| ノ ィ   .| |   }ヽ':/   ヽ{
     }: /  ヾ=ァ'゙   .lO|  .乂     |
      〈     ∨    .| |    ト、   /
      }    /      .| l     ハ \__/



  話は少し遡る。

  まだシエルタ公爵やらない夫が健在であり、彼の下で魔王病の対策が広まりを見せつつあった頃。

  帝都を中心に、中央では原理はともかく処置としてはほぼ正確な魔王病の対策が講じられ始めていた。

  しかし、まだ書籍やメディア等の情報媒体が整備されていないこの時代に、正しい知識を正しいまま即座に伝播させる事は
 至難を極めた。

  ましてそれが、一部の知識層や上流階級のみならいざ知らず、地方の民衆となると途方もなく遠大な道のりである。

  魔王病の流行に際し、地方民が真っ先に縋ったのが、地方に根付く教会であり、地元の医師や薬師達であった。

  しかし、結果は推して知るべしであり、更には中央からは「治癒魔法や回復薬が人を殺す」というセンセーショナルな情報が流れ着き、
 少なくない地域で既存医療に対する「制裁」が行われる事になる。

  これら私的制裁の津波は、シエルタ公爵やらない夫が発した「大聖堂の腐敗が諸悪の根源」という大義名分によって、大々的に拡散
 される前に矛先がすり替わり、大惨劇を引き起こす前に対処された。

  しかし、これらの情報もまた地方によっては到達には差があり、やらない夫によって用意された悪玉の情報が届かなかった地域も存在
 したのである。

  そのうちの一つが、マキリ伯爵領。

  中央政治とはほぼ無縁な辺境では、慎二が当主として返り咲くまで誤った治療法によって多くの犠牲者が生まれ、そしてそれに対する私
 的制裁が横行していた。

  マキリ伯爵領を継承させられた慎二は、まずこれらの混乱を早急に鎮めねばならなかったのである。



8416 名前:ゴジュラス@◆ZX2DX6eltM ★[] 投稿日:2021/03/04(木) 19:53:41.14 ID:pcvIpxvx [5/26]



              /へー≦~-..、
                /::/:::::へ::、::ヾ:::::ト、
               ノ:::ノ:::::::l:::ト'へ::l::::::::{
             {:::/:}::::/ハ〈、; ノハ:::、::〉
            )イ:/ィ;'f'ちハ イもヾ:〈
               〈:「ヘ{ `¨   〉 ̄ ム}
             _/ ヾー.u r_─‐ァ / ヾ- _
          /     }个s `¨¨¨//     ~、
         /        \ `≧='_/     l   |
        /   ヽ        ̄l::|:|  /   |  / l
       .{:.:.:.:..   ', :!     7// ̄     / /   l
        ∨ ̄\. ',:l      |:|:|       / /   .l
       ∨   \..:l:...   ...:|:|:|:.:.:.:/ />: /    |
       ハ    ∨:.:.:.:.:.:.:.:|:|:|:./く/:. イ:.:    |
      ./:.:l:.     ∨:.:.:.:._:.:ヘ:ヾ:.:.:.:.:.:.:/ .|:.:.     |
      ヽ:.:.!:     l:. ̄:.:.:.:.:.l:l:|:.:,:。イ  |:ヽ    |
       ハ:.!:.    、 |:.:.:.ー-_//'二:.:.〈.   l、     ハ
       ./:.:.:.:ヘ:.     l:.:.:.://´:.:.:.:.:./:.ヽ  |:.',    |
      /_:.:.:.:.}:.     ヾ:./ハl:.:.:.: ̄ __\l:.:.  / !
    /´:.:/  ̄}:.    〈/:l!:!:.:.:./      |:.:  /  .l
   ./:.:. |    :l:.:     !/:::!/:.:.:.:.__   |:. /   |
   |:.:   |    l:.:.    l:/:\:.:.:.:.:.:.:.:.:...   l:.:/   ヽ
   |:.:      l:.:.:/   ∨_:.\:.:.:.:.:.:.:.:.. 〉  / ̄{
   |:.:.:....:|:.:.:.... .:∨      ∨ `ヽ`~:._:.:.:.:.:l     ',
   |:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.{:.:.   _∨   \:.:.:ヾ:.:.:.|_,,,..-====
   ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧:z=≠ニ-t'      ̄ ¨¨├  ̄ ̄丈_
     `ー----‐'  `T   、 、\        圦  _、_ヽヽヽ!
              \ l |: |l ト、          ー-、}、ノ-'┘
                 ゝ'ー'ー''ー^''′



  兎にも角にも、正しい知識と対処法を広めねばならない。

  それと並行して、何としても守らねばならなかったのが農地……食糧生産である。

  目立った特産品もなく、交易に訪れるような商人も殆どいないマキリ領は、農村からの税や労役に依存している。

  そして、貧乏貴族であるマキリ伯爵家に、一度崩壊した農村を再建させられるだけの力はない。

  農村の崩壊は、即ちマキリ伯爵領の崩壊を意味するのだ。

  病を抑えこんでも、食糧がないのでは同じことである。


 【 慎二の農村保護政策の成果:【1D100:25】 + 25:魔王病に対する知識+人脈補正 】



8417 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/03/04(木) 19:54:22.26 ID:+VEG3e+v [1/5]
激しい抵抗にあった感

8418 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/03/04(木) 19:55:28.05 ID:iWJkOWqw [1/5]
心の友も苦労していたんだな



8419 名前:ゴジュラス@◆ZX2DX6eltM ★[] 投稿日:2021/03/04(木) 20:01:48.51 ID:pcvIpxvx [6/26]



                           _ -、
                    /::::::::::::::>ー、
                       r::7::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ            ┐
                     ノ:/::ィ::::::::::::::::::::::::::::::::〈       _//
                 ノ::/:::::{;:イ::::::::::::::::::::::::::::::}   /  └┐
               /〈:::{:::::::::/:::ノ:::::::::/::::::::/ /\ _∠ア¨´
                 )::}::::::::レ::::::::::::ア:::::::::::::{/  ヾ 「
                イ/:::::::::::::::::::::/;ィノ「l:::ノ     l/
               /: :マ:;:::::;:ィ:::; イハ/ 〈/´     /
              /:\: : `<_/´_' // l    /
          _、丶`: : : : : \_:_: : : :/`¨   |: :_:/
        /¨ヽ: : : : : : : : : : : : ̄∧     ,「
         / : : : : \: : : : : : : : :   '∧ /イ
         ノ:_: : -  \        l/|└' /
      /: : : : :     }          l/|  /
     ./: : : :       /        l/l ,′
     /: : :       /: l          l/! /
    /: : :     /: : : : : : . .     l/! {
  /: : : :    ./ .}: : : : : :./    l/! .{
  ∧: : : : . . ./ \ ノ : : : : く      l/  l
  .∧: : : /   \: : : : :./      l/   l
     \: : : : : . / \: :/      l:ヽ  |
       .\ : : /  /\      /:::::::.  |



  結論から言えば、慎二の農村保護政策は空回りや場当たり的な対応も多く、現状維持が精一杯であった。

  そもそも慎二はつい先日まで聖職者として生きてきた身であり、政治家として何一つキャリアを積んでこなかった。

  同じ立場でさくっとシマズを牛耳り、大聖堂や他地方の大国と外交をやってのけているやる夫一世が異常なのである。

  が、結果は伴わずとも伝わるものというのは存在する。

  新しい領主は、農村を守るために頑張っているらしい。

  これまでの領主とは違う慎二の姿勢は、領民の間に着実に広まっていった。



8423 名前:ゴジュラス@◆ZX2DX6eltM ★[] 投稿日:2021/03/04(木) 20:20:01.56 ID:pcvIpxvx [7/26]


                                  ___
                           -─~~<::::::::::::::::::::::::ヽ
                       _∠:::::::::::::::::::二::_:::::::-::::::::::::::::::::L_
                       厂:::::::::::::::`::::::::::::::::::::::::\::::::::\:::::::::::::::::::ヽ
                        ∧::::::::::::\::::::::ー-、:::\::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::',
                    /:::::\:::ト、:::::\:::::::::::::〉:::/:::::/::::::::::::ヽ::::::〈::::::}::::::.
                    〉:::/:::::\:::;y::::/:{:::::::〈:::〈:::::::{::::::::〉:::::::l::::::::〉:/::::::、\
                       /::;イ:::::/::::::/ |::::|:::|:::::::::|::::|:::::/::::::/:::::::/:::/:∧:::::::::|::::ゝ
                   {:::ハ::::l::::::/{ ∨≦=、:::ハ:::ヾ:{::::::/:::;二ィ::::::/::::〉:::::::ハ〈
                  ヾ ノ:人:::;:Y ̄´リ  ∧{ }:/::::::ィ/-‐ヾ:::::〈::::〈:::::::〈 ソ
                        ̄   ソ丿 _└="  /{ハ:::{ /_、 |::::::::〉:::}:::ル::〉
                       /      ̄       `ヽ 〉 _ソ/::://::::::{ ソ
      .r‐' ̄ ー- _         ヽ  __         }' /イ::::/::::ハ:{
       ノ  、 ー- _, .:}          マー一\ヽ      厂 ∨:{:::::l:f
     ノ  _、 \  .:>ヘ             ヾ::::/´ ソ    ,  l   ヾ\从
    ノ    \ \:/ /                f┴ /     /  |   、丶` \
    } ー>、 ヽ_,く:.ノ             、 ̄    /   |、丶`: : : : : : : :>────-.、
   /  へ:{:_/: /               廴 -=升  、丶`: : : : : : : ;.。*'": : : : : :  ̄ : : : :-\
    |  : : : : :/:イ´                     厶丶` : : : : : : : : / : : : : : : :/ : : : : : : : : : : :.\
   〉 r─: :"l : |┐                   __入: : : : : : :_: -/: : : : : : : : :/: : : : : : : : : : : : : : :l
   { : : : : :,.。*'"l¬                //: : : :〉-‐: :¨: :/: : : : : : : : : :./: : : : : : : : : : : : : : : :|
   ハ_,.。*'"   ./:.:.:!               /:./: : : : : {: : : : :./: : : : : : : : : : : /: : : : : : : : : : : : : : : : :|
   ヽ__,.。*'":.:.:.:.|                /: :|: : : : : : ヽァ;/: : : : ___: : : |: : : : : : : : : : : : : : : : : |
   〈:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|            |: : | : : : : : : //: : : : : :└──┘: : |: : : : : : : : : :_: : : -─┴:、



  中でも、新マキリ伯爵の名を世に広め、マキリ領の崩壊を寸でのところで食い止めた決死策が、『臨時免税令』である。

  内容はいたって単純。

  魔王病の大流行に際し、特例として領内の税金の大半を免除するというもの。

  マキリ伯爵家を頂点とした地方行政機構の崩壊と引き換えに、領地領民を守るという狂気の策である。

  貴族生命を危険にさらす劇薬を、慎二は自らに投与したのだ。

  この狂気に耐え切れず、これまでマキリ伯爵家に仕えてきた多くの廷臣や地方領主が離反した。

  マキリ伯爵家を支える者とっては、飯の種がなくなるも同然であり、この時慎二はマキリ伯爵家を崩壊させたに等しい。

  しかし、貴族社会そのものを敵に回した慎二は、この難局を生き延びた。

  彼が守ろうとした領民達もまた、新しい領主を守ろうと立ち上がったのである。



8425 名前:ゴジュラス@◆ZX2DX6eltM ★[] 投稿日:2021/03/04(木) 20:29:45.96 ID:pcvIpxvx [8/26]



               _,..----、_
              / ,r ̄\!!;へ
             /〃/   、  , ;i
             i,__ i ‐=・ァj,ir=・゙)     領民よ、立て! 悲しみを怒りに変えて、立てよ! 領民!!
             lk i.l  /',!゙i\ i
             ゙iヾ,.   ,..-ニ_ /      新しきマキリ伯爵こそ選ばれた領主であることを忘れないでほしいのだ
             Y ト、  ト-:=┘i
              l ! \__j'.l                  血の通った貴族である彼こそ我ら民草を救い得るのである
              」-ゝr―‐==;十i      _,r--――、
             .ト、.j.!レ' ̄三! >ーr‐r‐r‐<  _,.r<"「 l_____      ジィィィーーーク、マキリ!!!
     ____,..r--r=ヾヽj,r―'"≦__ ̄ ̄r―'"\\ \r",.-、, \
    ∧   ト-'‐'"三へ>ト-‐'"~    ゙i  /       \\(_.人 ヽ._ ヽ
    レ'へ._ノi 「 \ ゙l //./",「 ̄/ / /       ヽ-ゝ. \   /
    レ'// .l l   ! ! i/./ ./  /  / /         ,(  \  ノハ
    レ'/  .! !   i ゙'!  ̄ ∠,  /  ヽ._        ,ター  '",〈 !    【 民草の凄い人 】
   /゙" ,r'" .l‐=ニ゙,「l ! 「 ̄!. /./   ー=='       .l.ト、. -‐'"/!.ト,
  /   .ト-  ゙ー―┘!└‐'='-‐"   ヽ._/   、     トミ、 ̄ ̄._ノノli\




;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;
  ./ 7
  / /              / 7
ニ  ニ二7          / /                 / 7
/ /      /二二二 ニニ  ニ二7           / /                         /
.../            /// /      /二二二 ニニ  ニ二7                    _/ /
/            // ./ /            /// /      , . /  ̄  ̄ ̄  ̄  ̄ ̄ ̄
          //  / /          // / /           ̄  ̄  ̄ ̄  ̄ ̄  ̄/ / ̄ ̄     ジィィィーーーク、マキリ!!!
        //  / /         //  / /                   .ニ 二二 ニ≡≡三三三
       //   ./ / _____ _ /   ./ /              ニ ≡ 二二 ≡三三三三三三三
            / / .|.:.:に__」」:::::::Y^^^`ヽ___   . :. :. :. :.: .: .:.|、  = ニ 二三 ≡三 三三 三三三三
              |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_ノ     |┘. : .:. :. :. :. :. :. .p'゙;;.:O . :q .: ;:;゙ ,゙,od .:'`;:; , ニ三三三三     ジィィィーーーク、マキリ!!!
                ̄ ̄ ̄ ̄ く       | .: .:. :. :./」二」p'゙;;.:O . :q .: ;:;゙ ,゙,o彡ミミヽ __.: ;: ;:; ;:;;:;:;;
. :. :. :. :.: .: .: .:. :. :. :. :.: .: .:. :. :. :. :. :.: .: .:.``ヽ  ,、、ノヽo b .〔」゙''' ''l〕.: :;:; p'゙;;.:O q .: .::.}-',ミミミ!「 -‐ ─ヽ; :; ;;;;;;
.../ l. :. :. :. :.: .: .:. :. :. :. :. :. :.: .O od .:'`;:; ,.: ;oV"´   1  ..」ゝ‐/:`ー-、   「 ̄ |  L_ノシシ  , - ─ ミミヽ;:;:;;     ジィィィーーーク、マキリ!!!
/  | p'゙;;.:O od .:'`;:; ,.: ;oQ r;;;;;;;;;、p o ..:.,,、、、、',     1 .::.:.:::〈瓜ノ:::::::::',〈⌒〕二二ニ‐.:::::::::ノ  - ─ ミミ _丿;:;;;
  .|. ム) p'゙;;.:O od .:'`;:; ノー`ミミ!   彡',',',',',',;',    l!.:.:::::::::::::::::.:...:: /ハ`ヽ-─-、.:::::::ノ.:.\  ノ    ニ三
レ彡ミ |:::::l  ,;彡ミミヽ   },_, イ:::::::::ハ;;';';';'';';'';;;!   il!.:::::.:.:.:.:,r ‐く ノ ノ__/。:::.:.   /. :; :; :;: ;V . :. :ィイ三三
l彡彡_ノ.::ノミyイ彡ミミミミ;:y.:.::::.:.::::::::::.:}‐、i;;:r ,;:;:;:;:;!   ll!;:;:;;:;:;;/jjjjjijijレ;:;:;;!  i!    /.: ;: ;: ;: ;:;ニ三 三 三三
レ.:.:. ニ三三 〉彡ミミミミミノィイ彡 ミミヽ.〈  ソ;:;;;;;:;:;|   llll!;:;;;:/jjlijiijijiリ;:;:;:;:;! リ  ,..イ. :; ; ;;;;; ニニ 三 三三三三
.:.:.:.:ニ三三ハ彡ミミミミ,'ィイ彡 ミミミミミ',ハ  ,r-─ノ    ノ;:;:;ヾ州州シ;:;:;:;;ノ  レ'´. :; :;:;;:;: ;;ニニ ニ 三 三三三三
.:.二三三/  ヾ彡ミミミ{ィジ jijijijijijijiiiji! フ""´ ̄7    /iijiijijijijjijijjijijijijiijィイ; :; :; :;ニニ 二 三 三三 三三 三三
 iニ,r'"´    ゞ;:;:;:;:;{jijijijijijijiiijijijijijl!     /    .:;1ij1iji1ji1ji1ii1i1l1lj1i1j; :; :ニニ ニ三 三三 三三三三三   【 立ち上がる領民達 】
 |/    ,. .: :;:;;:;;;;;;;;;;;;:{jj州州州州州   /    .:;1jli1jkl1jlk1jil1j1kj1klj1li1jil1kj ニ 三 三三 三三 三 三
 |  .:ィイ.:;:;:;;:;:;:;;:;:;:;:;:;;:;{州州州州州!   /    .:;jl1jil1;k1;1kk1||1||1||1|1||1|1|1|||||三三 三三 三三三三
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;



8426 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/03/04(木) 20:30:42.20 ID:iWJkOWqw [3/5]
とっても頭が良さそうな民草の凄い人

8427 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/03/04(木) 20:31:54.81 ID:uT2SXGid [1/8]
魔王病は体制改革の契機だからな

8428 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/03/04(木) 20:33:57.96 ID:yUd7UmtV [2/3]
やべえ民草がいるぞw



8430 名前:ゴジュラス@◆ZX2DX6eltM ★[] 投稿日:2021/03/04(木) 20:37:59.59 ID:pcvIpxvx [9/26]



                        -─:、_,.-─:.、
                      _/::::::::::ヾ:/:::::::\-..、
                     /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
                     ノ/::::::イ::::::厶∠ヽ::::::}:::::::::::::、
                   /:〈:::::〈 ヾ::::ヽ  /:::::::イ:::::::ハ::::::!
                   ):::::〉:::ノ__〈:::/  ヾ:〈ヾ::::〈::::}::/
                  /ィ::l::|:/,.r≦ミヽ  /,ニミ;:イ:::乂     えっと、これはいったいどういう……
                    jハ:::{ ヽ vソ,    、vゾヾ}:ノ:ソ
                      /ヾゝ  ̄   }  ` ̄ /^l/
                      八 ヘ   ___ ∪/ ノ
                        〉ー:、 ∨:::::::::::ノ  /:7
          ,-、 __             ヾハ:::\  ̄ ̄  ィ::N
     __   | |│ |               jハ| > < |ソ              /7  ┐
    ∧ ∨ | |│ |             _| ̄ ̄「「| ̄ ̄|             / / ./ /
 r-、 .∧ ∨.| |│ |  -,┬-   _  -┴-  」」」=-─‐-  __r 、    ./ / ./ /   /〉
  \\∧ ∨ `′∨:/ /            |::|::|  _     ∧ マー/ L/ / //
   \ `       У i               ー-|::|::|/         ∧ ヾ' \  `゙ /
    ∧ - 、  /  ,! |:.:/            |::|::|           |  ヽ  \_  ー──┐
      ∧   /   /  ∨            |::|::|         l   !    / ̄ ̄
       \    イ\ :.:|            |::|::|   ____乂__     /
       イヽ_/ / }:.:|           |::|::|   └───┘|\ヽ イノ}
       | 乂__/ /|:.:|           |::|::|             |\`¨¨¨/|




                ///     __    ̄ _
             / ㌍ミ           ニニ    ̄ _
               //    ヽ         ニニニ  ̄_
             7     」             ニニ  ̄_
            .   ,. 丶㍉            ニニニニ _    さぁ、我らと共にいれば安心ですぞ、閣下
            i    __,  `_   /⌒ヽ   ニニニ _
            │「∠ °    _ / 厶 |    ニニ  _    マキリの民は全てあなたの味方
            └ト ー      _〉 丿 トミ   ニ  /
              │       ´   ノ  \    /     腐った既得権益はこの際全て追放し、新たな
                丿          ヤ       ー‐〈      マキリを我らと共に作り上げようではありませんか
                ` ーチ         ハ           ,
                    `ア´      / :|          ′    その為にも、人材登用は広く積極的に行うべきです
                  {_     /  |   __jI斗-====与
                     「       _jI斗  ─┐「 ̄ ー┘    そして、その基準は身分によってではなく、能力によって
                     ー 7/ ̄    │L   <_/│   行いましょう
                        |レニニ7 乂__ノ⌒)   ー┤
                        │ニニ7              │   これらを広く喧伝し、野に眠った才能を掘り起こすのです
                        │ニ7  __jI斗--====──z
                    丿_jI斗=ァ  { ̄ ̄ ̄\ く
                  厂厂 ̄  //\{ ̄ ̄ ̄ ̄\ \
                  厂// ̄//    |{ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ \


.
8431 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/03/04(木) 20:42:09.92 ID:NdxS/7+M
何でこんなのが在野に居るんだw

8432 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/03/04(木) 20:43:08.85 ID:R+3OycYV [3/6]
やせいのやしんかがあらわれた!



8435 名前:ゴジュラス@◆ZX2DX6eltM ★[] 投稿日:2021/03/04(木) 20:50:40.02 ID:pcvIpxvx [12/26]



             /. : : : `ヽ: : /: : : :\
                / . : : : `ヽヽ:l://. : : : : :ヽ
            / . : : : : : : : : Y : : : : : : : : : :.
            .: : :/⌒\: : : : l: : : :/⌒ヽ: :.:i
            | : :|    ::....、: l :, .'     '.: :|
           : : :|     ::::`´      ': : |     さすれば、閣下は間違いなく……この暗黒の時代を切り拓く一筋の
           '. : |_    ...:::::::.  '" ̄   |: :'     光となられることでしょう……!
                〉, { ー―u‐ァ.::ィ r―u‐ァ |/、
             {う l / ̄::/ | ヽ ̄`ヽ |う}
               V∧ .:::::::〈 |      リ /
               ヽJ.   ::::::ー、l_,.     ,ィ′
                 Y:.、 ::::::. __,    /|
              l  \:::::.` こ´   / ,|
               _/|\  \::. l    イ/卜_
          _,. -‐<_} |::人>=.≧ー≦=人::::| {_>‐- .、_
    _,. -‐<_>  ´   乂:::::::三V} | {V三:::::乂  `  <_>‐- .、_




  こうして、慎二は旧来の政治基盤を失い、そして新たな基盤の再構築に着手する。

  その中心にいたのは、旧来の支配者ではなく、彼を崇拝し敬愛する在野の実力者達。

  これらは中央から遠く離れた片田舎で起こった、小さな変化で終わるはずの事件だった。

  しかしこの出来事は、水面に投げ込まれた小石のごとく大きな波紋となってエウリッパ世界に広まっていく。

  血統や権威による支配を打破する実力主義。

  この思想はシエルタ公爵死去の混乱に乗じて急速に広まり、ロムリア帝国皇帝の失政を糾弾する大義名分と結びついた。

  結果、ロムリア革命の間接的な引き金となって、エウリッパ社会全体の再構築の原動力となっていく。



8437 名前:ゴジュラス@◆ZX2DX6eltM ★[] 投稿日:2021/03/04(木) 21:01:46.22 ID:pcvIpxvx [13/26]



                 lト、 .,イ   .... __ ..._   ハ ,イ ,ィ
               ':ヽ、!:::∨::l / ,:     、ヽ {:::lイ::l,'::ノ_,,
               _ヽ::ィ¬ヽl'/        ヽ .Y´,、`ヽ::∠
              ノ`イ,_,ぐ_):_:l ,: /  ハ  、  ': ノ‐'-イ、ハ....ヽ
             _≧z└'`イミ-'l..{  { ハ l、  ヽ; `}イ¨``¬' ヽ
            Y 、.._   ̄ヘl {―-ハ、{l ';{ ィハ-‐l  j辷 ―― 7
             !、.. 二二 }! l 斥斧 ': ヽ! 斧斥l ! ≧―― ィ
             く 二フ ¬ヽ ': 弋才   弋才,:ノj ノ ¨ ̄ ノ
              ヽ    ,j ξ:、    '    ノξ ヽ _ ン
               ト≧´ イ l.\.ヽ  ` ´  ィ , ィ _ ≦ ノ
                ト ニ=ィ_ヘ-_-ヽ.`ヽイ {イ-_-/.__ニ-<
                   /´ ヘ.-.ィ.>介ヽイ、.-./_  .ヽ
                  ./ {7-7.  ヽ、イトイ  ヽ.-.7   ':,
                 /  V/ ./  | |  \ V.!.  ,ゝ__
              r=≠'- 、..l/≧≦ヽl_lィ≧≦\Vイ¬ゥ, ヽ7
              _l;' {..ヽ..`ミ.{////////〉////////l イ j-、ノ フ
                  l.ハ.ィ`ヽ、_.ノl:ヘ/////._ヽ._//////ノ.`Y´, ィノ::ヽ
           ,ィィ/〉lヽ、` - ,} l:::ヘ/,ィ、/ ◎ヽィ、//〈:l  ト- イ:::::}ヘ、ヽ
         /ィ´//,イl:::::::`:::Y.  l::::::\::〉:::::::::〈:::/::::l   .l:::::::::::ハ ヽハ
         //  /八、::::::::::::l   l::::::::::ヽ{::::::::/::::::::::l   .}_イ///ハ!、ヘ、
        ,:./  .,:'/////777l´  .l:::::::::::::::::><:::::::::::::::::{    {.////ハ:,/ヽヽ、
       .j/ /イ/////////l  イ::::::::::/〉:::::〈\:::::::::::ト、  //////ハ:,/j ヽ\
       l{ ,:'///////////._r" _l::////.`Y´///\::::l  7、///////ヘヽl  `ヽヽ
       l: ,',://////////{´ ヽ {///////////////ノ /   .〉、/////ハ、ヽ    ';:,
       l!j,:////////r≦ヽヽ \ヘ////////////ノ/_ .ノ./` ト,/////j ヽ 、   }j
      .ノハ.l////////.{   {ヽ_(__{ニ≧z/////z-‐'´フ__)-イl  ハ/////l   ヽヽ、lj
     ,:'///j!///////ィヘ   l./ニ{ `ト、   `¨´  イ ハニニ.ノ  /-_!////l    `/ヽ
    /イ―,-ヘ二ニ7"7./_ヽ ヘニ_{` ト‐-=`、 l ィ´=-イ /ニ/ ノニ'ヾl////!    /  ',
 . /イ 'ヽノ_..._ハ; _rノ..,/ニニ/=/\';ニlヽヘl////`"´.//// ノlニノ/l二二、ヘ//!   ,:'    :,
イ,イ  / / ノノ l.lヽ_7`/_/二ニニj二ニ{//////////.イニlニニ二;二ノヘ.ヽ/   /      l
 _, ィ , ィ´/// l/-..-`ト〈 `¨ ―{二二ニ{二二二}ニニ二l二二イ、_ノイ_-_ヽ :'       l
 ` ̄ / /'j´l.l ノ//-_-_-_-_-_|⌒―'-~-j lごーこハ辷~┴ ~丁-_-_-_-_-ヘ '、      !
   ./ノ  .l ハj /_-_-_-_-_-_.l       ,:-_-、_-;        l-_-_-_-_-_-ハ      /
      'ィノ /.-_-_-_-_-_-_|       ,:_-_/ ヘ-.;       l-_-_-_-_-_-_..ハ    /
     "/ /-_-_-_-_-_-_-_l      .;_/   ヽ.:.       l-_-_-_-_-_-_-ハ  /
       ./-_-_-_-_-_-_-_-.l、__     .;       ;__    _,,.l-_-_-_-_-_-_-_-ハ
      /.-_-_-_-_-_-_-_-_.l:::::(   .,:       .;:::::7 ヽ::::::ハ-_-_-_-_-_-_-_-ハ
      /..-_-_-_-_-_-_-_-`トゝ:{  .ノ:ノ〉.      ,.ヘ:::(、 ,ィ:ノノ-_-_-_-_-_-_-_-_ハ
     ハ.-_-_-_-_-_-_-_-.,.へ_:::(ヽイ):}´       `ト-:`l )::::::}、-_-_-_-_-_-_-_-_-ハ
     ハ-_-_-_-_-_-_-_-_-ィノ`::(. lイくラ        〈 ト':{.lヽ::くノ-_-_-_-_-_-_-_-_-_ハ



  そして、マキリ伯爵領から始まった変化を追い風として、急激に力をつけたのが彼女である。

  元は、マキリ伯爵領の農民の娘。

  そして、慎二が発布した臨時免税令による社会変化の中で、一時的に【1D5:1】女性であった。


 1:慎二の侍従として仕えた
 2:マキリ伯爵親衛隊の司令官となっていた
 3:マキリ伯爵家の評議会に名を連ねていた
 4:地方領主代行を務めた
 5:農村政策担当官吏を務めた

.

8438 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/03/04(木) 21:02:52.51 ID:R/ru7Gj3 [1/2]
めっちゃ近い

8439 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/03/04(木) 21:03:11.86 ID:uohqayXK
面識有やんけ

8440 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/03/04(木) 21:03:27.74 ID:uXR8jXcv [2/2]
うむ、気のおけない仲やね

8441 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/03/04(木) 21:04:19.12 ID:TvX00zsh [1/2]
手を出してそう

8442 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/03/04(木) 21:05:24.98 ID:ck/HEIi7
めっちゃそばの女じゃん!身近どころじゃねぇぞwww



8443 名前:ゴジュラス@◆ZX2DX6eltM ★[] 投稿日:2021/03/04(木) 21:06:33.00 ID:pcvIpxvx [14/26]



               _,..----、_
              / ,r ̄\!!;へ
             /〃/   、  , ;i
             i,__ i ‐=・ァj,ir=・゙)     閣下!! 彼女は何としても手元に置くべきですぞ!!
             lk i.l  /',!゙i\ i
             ゙iヾ,.   ,..-ニ_ /      この娘からは優良種の匂いが致します!!
             Y ト、  ト-:=┘i
              l ! \__j'.l
              」-ゝr―‐==;十i      _,r--――、
             .ト、.j.!レ' ̄三! >ーr‐r‐r‐<  _,.r<"「 l_____
     ____,..r--r=ヾヽj,r―'"≦__ ̄ ̄r―'"\\ \r",.-、, \
    ∧   ト-'‐'"三へ>ト-‐'"~    ゙i  /       \\(_.人 ヽ._ ヽ
    レ'へ._ノi 「 \ ゙l //./",「 ̄/ / /       ヽ-ゝ. \   /
    レ'// .l l   ! ! i/./ ./  /  / /         ,(  \  ノハ
    レ'/  .! !   i ゙'!  ̄ ∠,  /  ヽ._        ,ター  '",〈 !
   /゙" ,r'" .l‐=ニ゙,「l ! 「 ̄!. /./   ー=='       .l.ト、. -‐'"/!.ト,
  /   .ト-  ゙ー―┘!└‐'='-‐"   ヽ._/   、     トミ、 ̄ ̄._ノノli\





.         ト、 |\  /:V::::|  ,.   ´ ̄ ̄ ` ト _  {::::::::::::}'::::::::::::∠ ---t
        ',:\:::::Y:::::::>'´               ` :、V::::::/::::>'´      ヘ
        ',:::::::::::{:/      /       、  ヽ  ヽ::::{/      ___--Y
     r≦ニ=-.v'./   / ./ /   |       '   ',  ∨/
      /_    / /   7 ' ./.!   ! i .', ',.  ',    ', 〈   ∠_,.... =彳─t
    弋ニ=- / /    .i { 7 {|i  |V{', ', ',、 i   | ,ハ /ー-x<     {
       ー‐i7i ,'   { .|Ⅵ 弋V | く∨i. } Ⅵ|   |  {_{: :/   _,.  ---',    はじめまして!
    r---  _ |_| |   {Ⅵz=ミ、 ヽ{  ,z=示6ヾ、  リ   }7     >'´二フ´
    }  ̄  ミx{ !  {  {《Ⅳ℃     Ⅳ//リ '} ././//リ V  /__ ̄ ̄__
   j---    .',{Vハ 、 ∧,V/ソ     ゞー' /   V:/  } /:::::> ' ´ ==- 7
    ̄ ̄ ` <  | ト、', 〉、 \   丶        ムイi∧ ノ'    フ´     ___{
.     r-- ==彡\リ < /',    { ̄  i   r-≦ /    / > ' ´
.     }    ≧x> '  __> > ヽ、  ヽ _,ノ   ,.イー-=7   //
    `ー──-ミヽ ∧∨   .> .    ,.ィ7  /イ    {,′
                  ̄`     ノミニ_   {  ̄
                   /:::::::::::::>-ミ、
               〃´ ̄ヾ ̄ ` <///∨}}-t、_         【 侍従時代の重用度:【1D100:70】 】
            /       ',',    ゝ='|| |r'  ヘ  ヽ        数字が大きいほど大活躍、小さいほど能力を持て余す
            ,         i.}     .ィ 个ト、   ',   ',
             |___   リ    //    \  ヽ |
           { r--- ≧// / ̄≧x__介xx介x、r Y 7



8446 名前:ゴジュラス@◆ZX2DX6eltM ★[] 投稿日:2021/03/04(木) 21:19:24.46 ID:pcvIpxvx [15/26]



          /ヽ____/                  ` 、|   ノ二ニ==――、
       /   \/      .,  :/  :/          \彡'=ニ二二二/__入
       \ 、 ://    :/ . :/ .::/  :/    ,         ヽ ̄ ̄ >:/    \
        \V/ ' : / /: : / .::/ : /    /:.| :| :|    V /:/_____ノ
.       rr―‐‐/、/:.:./,.:.:.|: ::/|: /i . :/|:!  .:/l/:| :/:. /     ∨://
     人\__:/_:/: : |:| : :|: 7卞j-ヽハ:|:!: .:.:/ /_ノ/_}:/_!_: :|   l//\       __
    /  :\\__| : /|:| : :.V斗テ≧ュ.从: :/ /え/ニ/_∧:./:  /: }'\  ` ー‐ァ彡=ミ
    \_\_:. \_:| /-|:ト、 : ト{ う弋)} ` ∨  '入乃)久、/:  /: /  `  フ/ __  {
    r' _>―‐ヘ{‐ハ! \レ! ` ̄   j    ーゞ=ソ //:. ,:イ: /    /   /___ノ
  r―'ハ{       ヽ>ヘ彡ミ、    r─┐    ノイ:.//.:/     /   /
.  \  ヽ       \<_,人        !    _/ソノ∠    /  /`ー――┐
.    \ \        __,ノノ  \   ヽ ノ   /彡'_,> )   \ >'´ ̄    八
     ー‐ヽ、__, <_<___,  >、 ‐  . イ´   \__ ノ     / _____ノ
               ̄ ̄ ̄   /ー〒――{  ー―'‐´    //´
                     ノ 〃Yヾ、  〉、         /´
             / ̄ ̄/ ̄人((_,人_)) /  `ヾ ̄ ̄ ̄(ヽ
            /     /    /ノ| |厂      {      丶
            . '   }  /   /レ'ノ人、      ',       ,
             /    |/  /        \     ', /     ヽ
       _r―‐く    /'⌒く〈            〉y'⌒\ ∨       \___
       〈}}    \  /    `ミイ\ {/\/     ヽ \      /   |-、



  華琳はこの頃から既に非凡な才能を発揮し、政治・外交・軍事など多方面に慎二をサポートした。

  思想や理念が先行しがちで空回り気味な慎二の政策が、この頃から地に足のついた実効性のあるものへと切り替わっていったのが、
 彼女の実力の証左と言えるだろう。

  敬愛する領主から頼られ、それに応えて結果を出す。

  この時の華琳にはそれが全てであり、この充実した日々に満足していた。

  社会の底辺にいた自分を、実力相応の地位に導いてくれた恩人の傍で働く。

  これ以上の至福はなかった。


 【 そんな華琳が群雄割拠の英傑として身を起こすことになったきっかけとは? 】 【1D3:1】
  1:自分程度の男の下に置いておくのを不憫に思った慎二の親心
  2:慎二のもとに現れた、メアリというぽっと出の女
  3:立身出世に興味がなく、英雄としての野心に乏しい慎二を、乱世の荒波から守らねばという使命感



8447 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/03/04(木) 21:20:15.20 ID:R+3OycYV [4/6]
おおよそ里帰り

8448 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/03/04(木) 21:22:09.73 ID:uT2SXGid [2/8]
マトウ家って貧乏貴族らしいしね

8449 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/03/04(木) 21:22:30.71 ID:iWJkOWqw [4/5]
理のやる夫に対して仁の慎二



8450 名前:ゴジュラス@◆ZX2DX6eltM ★[] 投稿日:2021/03/04(木) 21:31:42.74 ID:pcvIpxvx [16/26]



            / .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: \
            ´:/⌒∨ .:.:.:.:. } :. \ :.:.:.:.:.:.:.:`,
.           / .:{:.:{'、 :.:/} {{ {.:.:.:..\:.:.:.:.:.:.:.:',
          ∧ .: }:.:}:∨:{:.:.:}} }.:.:.:.:.:.`,.:.:.:.:.:.:.`、
          {:.:.} {:.:{``´´} {{ { .: }}:.:.:}.:.:.:.}:.: `ア
          ∨.:. -ミ}  { -‐…‐ {{:.:.:{ :.:.:/\:.:.>
.          \人:{\  }_ノハハノ}}∨\{ .: {V
         _ハ戈癶}   戈ナァノイ:}}^〉/ {\乂
         ⌒フハ, ̄ノ      ̄  ノノノ´/.:.:乂ノ⌒
                 ヽ、、        /'´|:∧(\_
               /\ 、__,,.、  /..::lノ' /  }\ 、、
.        _,,..  '´:..:/..:.`、    ,...:'゛::::: /     /..:.. `:..:``~、、
.        / ./..:..:..:..:/ ..:./゙'ーく::::::::: / /  / ..:..:..:..:,..:..:..:..:..:.``~、、
       |:..:| ..:..:.. / ..:..:|\   `、/ /   / ..:..:..:..:..:|..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:\
       |:..:| ..:..:./ ..:..:. | : :\  ∧ |`,   ./ :..:..:..:..:..: | ..:..:..:..:..:..:..:../⌒l
       | . l ..:..:.\ ..:..:| : :/> :| ノ__|: :',  厶 :..:..:..:..:..: | ..:..:..:..:..: /:..:..:..:..:l
       |..:..l ..:..:..:..:>//|l..\ | | /∧/..:..:\___」 ..:..:..:..:. ´:..:..:..:..:..:..:l
       |..:..:l..:..:..:l´ ..:..:..:. |. l/^`く/ /γ⌒ヽ\..:..:..:..:..:..: /..:..:..:..:..:..:..:..:.|
.        ..:..:l..:..:..:l..:..:..:..:. | |......... |  ./..:.ゝ.,,_ノ../..:..:..:..:..:./..:..:..:..:..:..:..:..:.. |
.         」\l..:..:..:l..:..:..:..:.| L,,_ノ /..:..:..:..:. /..:..:..:..:..:..: / ..:..:..:..:..:..:..:..:. /
        |..: ̄l..:..:..:l..:..:..:..:|  | .... | ./..:..:..:../ ..:..:..:..:..:..:.. /..:..:..:..:..:..:..:..:..:..{
        | ..:..:..l..:..:..:l..:..:..: |  | .... |/ ..:. /..:..:..:..:..:..:..:..:..:/..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:.. }



  が、華琳の充足感とは裏腹に、彼女の活躍に後ろ暗さを感じる男がいた。

  誰あろう、華琳の主であるマキリ伯爵慎二その人である。

  というのも、慎二は根っから貴族的な価値観を持ち合わせておらず、おまけに英雄的な野心にも乏しい男であった。

  多くは求めず、手の届く範囲の笑顔を守る。

  だからこそ、乱世に相応しき才気溢れる華琳が、こんなつまらない男の下にいるべきではないと感じるようになっていく。

  慎二の親友・やる夫一世もまた、乱世という荒波を漕ぎ進められる英雄的人物であった。

  そんな男を誰よりも深く知っているが故に、慎二は華琳の力を眠らせたまま腐らせる事を善しとはしなかった。



8453 名前:ゴジュラス@◆ZX2DX6eltM ★[] 投稿日:2021/03/04(木) 21:53:09.85 ID:pcvIpxvx [17/26]



::::::::::::::::::::::l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l\∨//∧::::∧:::::::::::::::∧::::::::∧
::::::::::::::::::::::| :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: {      l :::∧::::::::::::: ∧:::::::::::〉
:::::::/ ::::::::: | :::::::::: / ::::::::::::i::::::::::::/      ノ::::::: 〉::::::::::::::::::〉::::::/
: : ::::::::::::::: | ::::::: /::::::::::::::: |:::::::::〈      /::::::: 人::::::::::::/:::::::/
:::::::::::::::::: .ノ:::::: /::::: ノ::::::::::i :::::::::::>    ヽ::::〈  _::::::::/:::::::::人
:::::::::::::::: / ::::: / ::: / :::::::::人::::::::〈      ,|::::::〉´ ヽ;: {:::::: <:::::::ヽ
:::::::::::::::/ :::::::/::::: ノ -= - -  _:::ヽ      ´}:::/.┬ 、}::Ⅴ::::: 〉\:}
::::/´ ヽ、 ノ:::::::〈´ ヽ>-...ハ´ヽ::/     レ:::::::l / :::/:::::::/  /′    華琳、お前はもう僕の侍従じゃない
::::l 「 \}::ヽ::::::::: 〉 ,./ |:::::::::::i  }’     `っ_/ ′.|::::::/  ヽ
::::|丨   `ヽ{ヽ::/ ヘ `つ:::/             `¨´  lハ/          これから言う者を連れて、キョショーへ向かうんだ
. \ \ ヽ  }7   ゛ `¨¨´        ヽ      .
 }ハ::\ ー  )                〉    /             あそこは、統治していた貴族が倒れ、無法地帯となっている
.  }/ ヽ¨´}:lム,                   ィ
       八:::| ヘ         _ -   ノ   , ’               金も兵も、兵糧も与えよう
.        Ⅵ  \      `ー… ´  /
      「´ヘ    ≧ュ.、        ./                  そこを新天地とし、君自身の国を作れ
.       |  \     ≧ュ.、    ィヘ
.       |    `≧ュ __ _ _ー._Lノl\                 僕の侍従として、ここへ帰ってくることは許さない
    /  ̄l 、         |:::l:::| ̄     |  `ー
斗七´.   \.            |:::l:::|       l                  これは命令だ
         `ミ、      |:::l:::|     ノ
           `ミ 、 .   |:::l:::|   /
              `.   }:::}:::}彡´
                ー-〉::〉::〉-=-
                 |:::l:::|




       /\ '弋/           ヽ<_/   }
  Ο   \_ \/    | .ll.  | :.   i レ'  ≦、
      ,、―ミ イ! l.:| .|:ハ::|i:  /!ハ:.,ィ !||.|ヒ二二/}
.   ゚ / `'<__|!|::|::.マト廴|'∨斗ャ レ/ /リ  rー'´_丿 こ)
 に  `>‐,二」_Ⅵ、:ド ○ _ ○ 〃ィ:/,-、 L≦ニハ
     ハr'´   (_うト、T¨  /  ヽ 彡ソ仆ン __/ノ ○
   O\辷ーァ  \ノ>、」 _ レイ「_」r'´  ¨―‐'´
        ̄     `''-〈/フ∞´! ゝ´    ゚ O
               ('^'^Y^'^Y
                冫    }
               イ!     !「¨Tト




          /ミミミミミミミ川\
        /ミミミミ/\ミ川川|/\
       /ミミミ/     \|/   ヽ
       /三三三|            |
      /三三三>      \ / <|
      |三三三/  〈____  )) __)
       |三(⌒||    \_0>  <__0/
       |ミ(6 |_|       / |\  〉
        | し       /   |   |
        丶|   |       〈  」〉 |
        |   |      __  /
        |    \      ー  /
        |     \      |  |
        | ̄ ̄ ̄ ̄  \___/
        | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| | | ̄|
        |   二二二\_| | |_/二
            二二二__| | |_二|




  その結果、慎二は折角手に入れた有能な人材達を、なけなしの貯蓄ごと放流してしまった。

  これはある意味、長閑な貧乏貴族に相応しくない野心家達を切り離したと同義であり、この行動によってマキリ伯爵家の拡大と成長が
 止まってしまったと言える。

  しかし一方で、野心無き慎二と後々軋轢を産むであろう人間達を体よく追い出したと考えれば、その後安定した統治を継続できた実績も
 含めて、悪手であったと判断するには早計だろう。

  少なくとも、慎二は野心なき実態とは裏腹に、決断する時は周囲の想像の斜め上に大胆な決断を下す男であったことは間違いない。

  こればかりは、実務面での能力では決して推し量れない、彼の人の上に立つものとしての持ち味であり凄味であった。



8454 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/03/04(木) 21:54:09.88 ID:R+3OycYV [5/6]
王の才能

8455 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/03/04(木) 21:54:50.42 ID:uT2SXGid [4/8]
シンジが欲しいのは身近な人の安全であって拡大じゃないもんな
まあそのためにぶっとんだ行動できるのは十分傑物だけど

8456 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/03/04(木) 22:06:25.86 ID:eEtNZkef
ひとかどの人物ではあるんだよな



8458 名前:ゴジュラス@◆ZX2DX6eltM ★[] 投稿日:2021/03/04(木) 22:09:06.88 ID:pcvIpxvx [18/26]



              ,、  ∧                      /::i /!
              i::\ l::::!     _,, --‐-- ,,_    /::::i|/:::::l __
       l:::::::、  l:::::ii:::::::i , '          `ヽ i:::::′::::,ノ´::::/
.     _ \:::::::ヽ、i:::::::::::::!'               ヽ:::::::::::/::::/ー-,
.     \`::::ゝ、:::::ヽ:::::.,'          ∧          `、::::/<::::_::,::::'
.    ,<´ ̄`ヽ`::ー-ヽi   ! !  ! ! i i .!     |   .i/ ̄ ̄`ソヾ\
.    `iミミ:::.  \三:;;;.i  l  l l  l | .! ! ! l  l l !, ! iー 、/  ,;:彡ゝ
.     ゞミミ:::.    ヽ i  !! | | | | ! .!  ! l | i | !! .| | i /   .::::/
.       \ミ::.    ,、l  !_!, i -!-!‐!-!、! !, i-l !-!-l ,!_i ! .! ,'彡  .::::/      閣下は、私以上に私を知り、そして認めてくれていたのね
.   ,ノミヾ彡;;\、ミミ;;;;|.l ´| ! ! !lー! l ! !ノ !一! !ノノ!ノ`l l彡彡 /ミミー、
.   \ミ:: \      ! ,!、,__________,, `/ 、__________,,! / 彡_,=ー/ ,;:'彡    私自身の国を作れ、か
.     \ミ::  \    〈 i ´''^”” ̄`     ´ ̄””^``/,´〉    ,/ 彡゙′
.    {::::\彡,=-ゝ   ,=`i/,\            /,/_'_   /.:: /ミミゝ    畏まりました、閣下……いえ、慎二様
.     \:::ミヽ、    i\  、      ´      イく〃,   ' ' ''゙ ゙゙/,;彡
.       `ヾミ       ミミゝ ゝ   ` ー ´  , ' 彡,'   _二ニ=‐''´!      私はこれより乱世に覇を唱えましょう
                  ゙ミ,    ,` 、     イ   彡    ''ーー ''´
                     /.::::::::.`  ´.:::::::.ヽ                   私を見出し、そして群雄として送り出してくれた、あなたの為に
           ,  i´i一 ´.\:::::/水\:::::/ ` ーi`i _
         r ´   .l i       Y/ii ii \Y     i l   ` 、
.          l       l i     // /i iヽヽヽ     i l     ,
        i       l i     ヽヽ/i i i iヽ /ノ    i l      i
         !     /      / .i i i iヽ     ヾi l     l
        〈.i     /     /  .i i i i  \    ヽ     /ヽ
       i\ーi_ _./    /    ''' '''    \   ヽ   /n/
       \:::`ー /__  /.      i        \___ヽ=ニ=´/
        }ヽ/{::::i^ ̄`ヽ、,...::::'::::^::..、,/:::\, '::::::::::´\i::::::/i
        ゞヽ'::::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::》:::::::::::::::::::::::::::::::::::i i^  i
         `'、:::::::i:::::::::::::::::::::::::::::::::::《:::::::::::::::::::::::::::::::::/´:::、ゝゝ
           i`゙゙i` 、:::::::::::::::::::, ':::::》::ヽ、:::::::::::::::::::, '::i___, ゝ



  さて、放流された華琳はというと、群雄として立つまでに必要なものを全て慎二に揃えてもらったことで、他のどの新興勢力より先に根拠地を
 得て急拡大。

  本人の実力や、実力主義で固められた部下たちの能力もあって、混乱の極みにあったエウリッパ社会を恐るべき勢いで制覇していったのである。

  既に旧支配者であった貴族達を超え、皇帝亡き今第二の秩序として君臨する大聖堂と真正面から対峙できる大勢力。

  そのトップに君臨する華琳を、農民の娘と侮る者は誰一人としていない。

  しかし、華琳はエウリッパ世界第二の覇者として君臨しながらも、旧主である慎二への敬愛を捨てることはなかった。

  いやむしろ、王として成長していく度に、慎二を主として、そして男として強く想い焦がれていくようになる。



8461 名前:ゴジュラス@◆ZX2DX6eltM ★[] 投稿日:2021/03/04(木) 22:15:35.81 ID:pcvIpxvx [19/26]



                                            /
                //                          /:/
               /::/                       ./::::/
             /::::/   _   --  , _            /:::::::/
               /:::::/,  ´          ゙ "'  .     ,/::::::::/
            i":::::::/                  `゙ 'ー、、/::::::::::i,゙,,,,,__
           !:::::::/_ , -―-;;;;.._,,             ` ;:::::::::::::::::::⌒''''―、..,,,,_ _
          /|::::::::ヾ::::::::_;:::::::::::::::::::: ̄ ` ー         \::::::::::::::::::::._;;;;::::::-‐'″
         / !:::::::::::::::::_::::::__::::::::::--‐ '  ̄            ヽ. ̄ ̄´゛
         i  |:::::::::::://::::::::> _                  ` /゙'ヘ _
         l   \:ミ,  |:::::::::ヾ::::::::::::::::::::::>                、::::::::".'、
        |    / ヽミ,,\:::::::::::::マ::、::::::::::::::::::::::::::::≧=-      !:    ;:::::::l;::::::ヘ
       |   /   ヽ.ミミ\:::::::::マ:: `ー-イ ̄ 丿,    .,, |:::   !!:    !::::::|;;::::::::::ヽ.
.       .i   ヽミミ=  `'.、  \::::::マ::: │ /// /  ! /  .|:::  ! |:    |:::::| \:::::::::ヽ
          l  . .... lx、ミミ;;: ヽ.  \:::マ:: |  .//  ./ / i"/   |:: ! |:::.    |、:::!   .\::::::\
        | .i′ ヽ\ミミ;;:: \  ー'..l!T/ ̄「゙'ト-,;_/. /  ゙l !:::! |::::. .!:: | ゙:;!        ̄゛
        .レ、ミ  .゙l, ゙'-、ミミ \ ::::.,! .l゙ |l " 、 !.  ,ノ'''ー-゙l:::! .i::::::  |!::: |
        ヽヽミミ  ゙广''¬;::_,、 ./:::: .! .,! .ll   ll~゙゙'≒;;;;,  // /;::::  // /
        .,,,,ソ lミミ   `〈!、   「:::::__ ! | .゙    ll //:;入''゛   //ノ:: // /
        lミ ヽヽミミ;:: `-,, ;;;;ニニ /、 .|      { V'     .,ノ.// //     はぁ……
        │ミ .\;;>ミミ  ヽ::::::7/ | .|.     ゙゙″    /;;;;;;ーァ'i
            lミミ ,.`ぐ:::::::゙゙''-′//.  ゙..l           {―‐../ .`,,
             ヽ_ミニ=ヽ、:::::::::::::::l│   `             ヽ、/  彡ゝ
             ,,,, ゙'ー-ミミ=-::::::::::l゙.,!                // 彡./
            ,..′:::::::::::::::::::::::::::::::! |、\.,           /  ./:::;i''ゝ┬、
  _ _,;;;;';;'ニ;;;;´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::! !::::ヽ\         ` 、-'  "彡-¬/:;l
/, ‐'''''''''''''‐ミ‐、::::::::::::::::::::::::::::::::::| .l::::::::\>、     -´     . / ::;/
..,゙        `' \:::::::::::::::::::::::::::| ,!::::::/._l::ヽ` 、_/       ._,..'´彡;/
゙           .ヽ.ヽ::::::::::::::::::::::::| .!/, 水 .〉/          '゙-=彡,,,/
            .ヽ.ヽ::::::::::::::::::! | .rシメ|巛ぐ          -'"゛





              ,,、r''''" ゙゙̄`''ー .、    
            ,rニ,_ ミ| ヽ./~~`ヽヽ.    
            ,;"    `-、,/     ゙!,゙'i,       浮かぬ顔ですな、華琳様
          ,:i'      _   ----、`i, ゙i,  
         ,l 'l      、 |   ,r-ッ---r゙i, ゙i,      何か不安な事でもおありでしょうか?
         l, i' 、_,,,.-ッ'フ,)tr'"===='"  ゙i ,ト.、
         ゙t,'i  `'フ",:"!,      `  |' i l
          r' i, ''"  :  ! _       ゙ir'r l,
          |ヾi     ゙' i;:. ヽ      ゙'| ,!
          ゙i, ! !     ~;; ___,    ,、ノ
          ゙i, ,,;   -''"~,、     ,/ |
           `" ト、    " `    /   |
              | 'ヽ.   .|    /   .|
             | ゙i,ヽ._ l  __,,./    .|
                 !  _,,,二゙~r-:'::::::::::::::::┴┐
             ,r゙‐'"---i | |~~.........---r ゙i |
             | r''''''''i  i,゙l | ,,!  ''''''''7i_,,,! |
             | ゙l'" __゙ヽj | ー'  '''''''7 `ニ' ゙i,_、___
             ├i゙t'",,r'' , i ,....,'''''ソ,,.-''"''"t'r'"__,r'" ̄''7
            ,,,,r:、ヽ、ヽ-''"l !ヽ,,,、-'""_,、-''''    ゙'ヽ、r"
     __,,,...-フ/~__  ヽ二二,,、--'"_,,、-'"
 ,、-//,,./'"    `'-、、  ,!  ,.r'"



8464 名前:ゴジュラス@◆ZX2DX6eltM ★[] 投稿日:2021/03/04(木) 22:26:53.40 ID:pcvIpxvx [20/26]



            ト  /ヽ                 /j /:j
      __    |::ヽ j:::::i      ´ ̄  `       /::j/::::::/ィ´:7
      }::> 、 {::::::ヾ::::j  ´           ヽ j::::::::::::/:::::::/
    ト、 ヽ::::::::::ム::::::::::::/                マ::::::::/:::::´ ̄::7
   _ゝ_z、_:::::ム:::::::/   /   / j     ヽ 、  Vイ_::::彡_´
   マ `ヽ \ `ミ ハ:/  ,/! !  /  ハ  !     :   V   /⌒ ̄ア
    }     ヾー= j  / l j  !   ! | |  !  j  |   「 7´     7
     \     ミヽ! | i! l ハ | ム| l j! j j! ハ j  !/イ   イ/    心配なことなどないわ
  r-z=≧、 ミー j! 」」!―!‐lT丁ハ | 7T/リ |7jト!ハ  リ   イ /_
  V  ヽ_≧ュz_八 ハ  ヽヾ{ ̄  j/ ´~j ノ  /ハ  j∠´ 彡ア ̄ 7ォ   懐かしい夢を見ただけよ
   ゝ、  ミー 、    ハ从Z≧=zュ、  ′ ,xz=ォ≦イ  /j `⌒ ̄7 イフ
   r≧- 、_ヽ     ヽVト、  ̄      : ´   ̄ ノ /イ   rイ /´_     私がまだ侍従であった頃のね
   人\ー=´    「ト-八        j:      /イ人ァ   ノ ≦三7 》
   {   ≧ュ、     { r、ヽ. ゝ     、 _.,     イ ノァ    ̄ ̄ ィ  イ    強がりで、意地っ張りで、そして頑張り屋な
   ` ー=―   ヾ{ `       ゚     ィ 彡7    _彡- ´     あの人に笑ってほしくて、それだけを考えていた
                  _/7≧ 。_ 彡ハ
             _   イ'7ニニ≧≦ニニ〉{、                 そんな日々をふと思い出しただけよ
            -‐{ 「   八 ヾニ/jYト、ニイ j  `ー{ヽ .
        「    ! !      /イ ハ ヾ'      l !   、
             i !    ( { ノイ } _ノ〉     リ    j
        l     |j!/   >/[! |]<     j/
         ム      リ      j/ [l i]ヾ      〈     j
       rヾ.ム     /    /  [| j]  \     :.    ム
       ヽマ、≧=ォ/    /           、   ハ、_zイ7
        rヾニ>j==≠、     __ !:      _>!ニニ7
        マY´jニ!///7ミ=彡7//ヽjィ7///`=77///ハニイ}j
        ヾスニニ!/////////////7 /////////////ム 个{




             /. : : : `ヽ: : /: : : :\
                / . : : : `ヽヽ:l://. : : : : :ヽ
            / . : : : : : : : : Y : : : : : : : : : :.
            .: : :/⌒\: : : : l: : : :/⌒ヽ: :.:i
            | : :|    ::....、: l :, .'     '.: :|
           : : :|     ::::`´      ': : |    ふむ、それは何かの前触れかもしれませんぞ
           '. : |_    ...:::::::.  '" ̄   |: :'
                〉, { ー―u‐ァ.::ィ r―u‐ァ |/、    古来より、大きな転機の前にはそれにまつわる夢を見ると言います
             {う l / ̄::/ | ヽ ̄`ヽ |う}
               V∧ .:::::::〈 |      リ /     私は神を信じませんが、しかし理屈で説明できぬものが世に溢れている
               ヽJ.   ::::::ー、l_,.     ,ィ′    ことは否定しません
                 Y:.、 ::::::. __,    /|
              l  \:::::.` こ´   / ,|
               _/|\  \::. l    イ/卜_
          _,. -‐<_} |::人>=.≧ー≦=人::::| {_>‐- .、_
    _,. -‐<_>  ´   乂:::::::三V} | {V三:::::乂  `  <_>‐- .、_


.
8465 名前:ゴジュラス@◆ZX2DX6eltM ★[] 投稿日:2021/03/04(木) 22:32:34.84 ID:pcvIpxvx [21/26]


        ,、  .,'{ ./|
      {ヽ',.',  { |/ }
       ', `,ィ'´`ー<_,,-‐/´ ̄ `ヽ、   ._,,
      /´゙ヾ\ミミ> }::/ ::/:/ /   :\ .//-ァ
   _.._ ゙ヾ\:::::ヾァ'´゙/:::/:/::/:/:/:j:::}:}::::V/,ィZ_
  /_,,, `ヾ=-ヘ;::::}::::::;' :;'ァ-x、{/j///j;'::}}:}`ヽ/
  `ーーヽ;ヽ;ヾt{;;リミ::||:{ .tiホァxヽ '///j j;{:|ヾ__>、     あら、意外な反応ね
  ,-=--- ,,,,';::',::',.{::/ヾ:{ハ| ヾ;シ `  _,,,ヽj;;':::/´゙`
  't;;:  \:::::';::.-'.V, |{'       .i;ジソy<::`/´゙゙`ヽ,    でも、あなたがそういうのなら……信じてみようかしら
   `ヾヾ:',`゙´   .(ヾヽ    ヽ、 ' .` ,'´ /´..::/´゙`´
     .゙.';::}      ''|\    ` ノゝ {;:::/`‐,=-,
      .V  /´ヾヽ{, ̄ ̄ヽ__,,/    `ーァ;/ソ
     _,,,--<、   \\  {´V',ヾ,,,___    /ァ゙/
     },().)O `ヽ,.\ }ヽ \//{ヾ、} } \   .'´
    .{'゙`´゙ヽ,  .Y }' '-ヘ,,.} ',',ヾ\}i  .',_
    <、  \  ト/     ゙ ',', ゙´ ゙\//',
    ./ `ヽ、__',,,ィ゙ i .......:::::::::......ヽ   .',/7゚〈i
   /    /   ';:::i:__::::::::::::::::::::::::/';:::::::}´´_{
  ./    /    V/゙ヾニ=-;:::::://´ヾ;::::j|'´ .',
  /    /      ',   (∧;;;;;;;)_ヽ_ノ':}'i|   .',
..<     `ヽ      ',   `    }i{ `´{    ',




  慎二が貴族連合内の主導権を握るべく、シマズ傭兵団を伴って独自外交を展開し始めたのは、そんな折であった。



 【 慎二が皇女と結婚したと知った華琳の反応:【1D100:9】 】
  数字が大きいほど、でもそんなの関係ねぇ!!
  数字が小さいほど、私が先に好きになったのに……!!


.
8466 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/03/04(木) 22:33:41.59 ID:uT2SXGid [5/8]
WSS

8467 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/03/04(木) 22:35:03.73 ID:m2w0fG/t [2/2]
器が小さい

8468 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/03/04(木) 22:36:06.70 ID:+VEG3e+v [5/5]
オオウ



8472 名前:ゴジュラス@◆ZX2DX6eltM ★[] 投稿日:2021/03/04(木) 22:49:50.15 ID:pcvIpxvx [22/26]



                 __
               /:::::::::::::::::: ̄\_
             r==‐::::::::::::::::::::、::::::::::::::ヽ
              ハ:、:::::::::ヽ:::::〈::::::::ヽ:::::::::::::ト、
           /:::::;N>;::::;イ::::::::}:::::::く:::::::::::::::::乂_
              >::::ヾ{〈::::ヽ>:;ノヾ::::/-ヾ:::}::::::「
            f┴、:::::}_ヾ;/厂 _, {ハ{ ヽ/::〈:::::ノ      華琳様にお目通りかなったこと、まこと恐悦至極に存じます
           ノ_へr个ヾ_、  ̄    「!:::::::::(
         / -‐У l^ー∨         八イ:::ノ`
          八 マ、: |   \ -‐'  / /ヾ{、
           _ヽ  l /      ヽ _イ_∠-  ト、
         /レハ !{ ィ=─-  イ|:|::|    ,.。* ヘ _
          ∧|o〉、 /l /     ///-‐       ~ _
         ∧;;\  7!′     ///           /ヽ
        / \;; \」       ///            /   ',
      ./:|   `ー/     ///           /.     ',
     / |    ./ :|    |:|::|   r‐-  _、    /.     ',
      /      イ .:l     |:|::|    ̄ ¨¨:.\   /  . : : : : : ト、
      |    /:.:|. : :|    .|:|::|        :.\ ! --─… " |
      |     /: :// l     .|:|::|          `ヽ: .        \
     l   . :/  .|    |:|::|            . : :/^\:、: .      ∨
     ヽ-=≦    |    |:|::|          /.:/    \: :、:     ∨
               .|     |:|::l         / .:/     ヽ:_\:_  ∨
                 | 、 .|:|::|         .:/      /   ̄`  }
            /l  \」:|::|       ..:.:/    /        /
             |.:l  、|:|:/`ー-  :_._: : : :_∠〉 ,。*'"       . :/
             / ヽ |:|:|          ̄ .://       . . :/




          /ヽ____/                  ` 、|   ノ二ニ==――、
       /   \/      .,  :/  :/          \彡'=ニ二二二/__入
       \ 、 ://    :/ . :/ .::/  :/    ,         ヽ ̄ ̄ >:/    \
        \V/ ' : / /: : / .::/ : /    /:.| :| :|    V /:/_____ノ
.       rr―‐‐/、/:.:./,.:.:.|: ::/|: /i . :/|:!  .:/l/:| :/:. /     ∨://
     人\__:/_:/: : |:| : :|: 7卞j-ヽハ:|:!: .:.:/ /_ノ/_}:/_!_: :|   l//\       __     そんな堅苦しい挨拶など不要です
    /  :\\__| : /|:| : :.V斗テ≧ュ.从: :/ /え/ニ/_∧:./:  /: }'\  ` ー‐ァ彡=ミ
    \_\_:. \_:| /-|:ト、 : ト{ う弋)} ` ∨  '入乃)久、/:  /: /  `  フ/ __  {    あなた様は今でも、私にとっては大恩人
    r' _>―‐ヘ{‐ハ! \レ! ` ̄   j    ーゞ=ソ //:. ,:イ: /    /   /___ノ
  r―'ハ{       ヽ>ヘ彡ミ、    r─┐    ノイ:.//.:/     /   /         ささ、昔のように華琳と及び捨て下さい
.  \  ヽ       \<_,人        !    _/ソノ∠    /  /`ー――┐
.    \ \        __,ノノ  \   ヽ ノ   /彡'_,> )   \ >'´ ̄    八
     ー‐ヽ、__, <_<___,  >、 ‐  . イ´   \__ ノ     / _____ノ
               ̄ ̄ ̄   /ー〒――{  ー―'‐´    //´
                     ノ 〃Yヾ、  〉、         /´
             / ̄ ̄/ ̄人((_,人_)) /  `ヾ ̄ ̄ ̄(ヽ
            /     /    /ノ| |厂      {      丶
            . '   }  /   /レ'ノ人、      ',       ,
             /    |/  /        \     ', /     ヽ
       _r―‐く    /'⌒く〈            〉y'⌒\ ∨       \___
       〈}}    \  /    `ミイ\ {/\/     ヽ \      /   |-、



  両者の対談は、事情を知らぬ者からすれば非常に奇妙なものであった。

  シマズ傭兵団という実力を得たものの、実態は貧乏貴族のマキリ伯爵。

  対するはエウリッパ世界第二の覇者に名乗りを上げる大勢力の頂点。

  両者の立場は、それこそ雲泥の差があった。

  当然、マキリ伯爵はかつての皇帝に対して行うように、最上級の敬礼を行う。

  一方華琳はというと、それを制止して自ら丸腰で歩み寄っていく。

  困惑、或いは驚愕する周囲をよそに、華琳は内心有頂天であった。

  マキリ伯爵領に帰ってくることは許さないという、慎二の命を律儀に守り続けていた彼女の下に、慎二自らが来てくれたのだ。

  しかも、領主として、男として、一回りも二回りも魅力的に成長した姿で。

  もう二度と、彼と離れ離れになりたくない。

  懐かしい思い出が、これまで秘め続けてきた慕情を燃え上がらせ、衆目の中彼を抱きしめてしまいたい衝動に駆られる。

  華琳の心は、既に慎二の侍従であった頃まで若返っていた。



8474 名前:ゴジュラス@◆ZX2DX6eltM ★[] 投稿日:2021/03/04(木) 23:01:56.75 ID:pcvIpxvx [23/26]



                        _____
            _  i` 、   ,  " ̄゛  , '' ゛  - 、      、
            .| ヽ ! | , _'"                \   /| i゙i
            ゙{ ヽ ! ! '"                 :::ヽ l .!i゙ {      ..
            |  /                     ::::.| || |   ノ゙| /i
               =//       ,i'   ,i'       ヽ    :::| .| |  / | / .|
           : //  , /   ./   i  i  i     `   .,,iト' ‘'''!!../ // /
            ―l゙ .| | / ::|   〃.,i ::/} :::| :::::|  ::::゙l.  ヽ /  \\liiiiii,,/ ,,/
        / .l | l)/ :::! ::| ::| .! !::l ! ::l } :|  ::::|\ ::::|, ::::! .i゙..、/iiiiii/``\ i'"
           !  ,!!/! | :::! | ::| :::! l .'i:! .i ::! }.:{  :::|  i ::::| ::::!.! .゙゙'''.´,-,>rヘヘ.《- 、
       __,l゙ │ ″!:::i '!、!::! !! .|:! | :! .|::|\ :::|  | ::/l ::::|i、;;;;'ヘiゝ_ _" 、 _゙/:::i‐ `.'.
      ,/ミ ! ! 、 .'‐!:::l .`!゙"!~ !!  !:!、}|  \| !:::/ | ::| .ソ'゙ヽ_./_ィ='"^'-、;/   川.!
     ..l |=ヽ:: \ミ.l:l,ヾヤ;;;,,、.. !   ! `"''ー―一'!''"´ .! ::l."", ,l"  ., .  /   川/
      .`, ヽ  ヽミ `川ヽヽ{V;:ひ     .,,‐;;;;;;;;;;;;;;;,,,,  .| ::l , ' , ' /三ミ/    , ′,
     .,,,..ヽ:: ヽ __  ` ミミ .'、ゞ;;::ツ     ''゙ .{V;;:ひ、 .! :::/'' ' ノ ーー''"   :::彡/ミミ::.!
    ./ 、ミ゙、::: \\  ";;l! 、、、 ,        ゞ、;;'ソ/ ./::/ミ"/ |::::::三彡..,,、::::彡∠ミミ/|
    ! .! ''''' !、ミミゞ゙'  ゙ミ .゙、  ヽ     、、、、 ./" ,彡   丶-‐''''''''''"´    /  :|
    ! .!   -、ミ / .    ` 、             /./|              ,/  :::;;;;|
    .川 l             _ ゝ   ヽ     , ´/:::::|           -=.:::  ::::;/
    'ヾミ=-         /゙゛ //:::::.   ..  イ  /;;;;;;/゙.、       |三三彡彡 /=ン、
                , '   .//::::::::::::||、  ,,/;;;;;;/:::::::::::`:‐:-..、.   `''―-―ー."-ノ }
                    " _--'" `' 、:::::::::::::{}::::|;;;;;;/::::::::::::::::::::::::::::::::::‐.    ,___,,;;;彡./



  と、その時である。

  慎二の左手に輝くあるものが目に入った。

  エンゲージリング。

  夫婦として誓いを立てた証。

  愛を交わし合った者がいるという言外の宣言。

  スゥ……っと、先程まで華琳の胸を焦がしていた熱が引いていくのを感じた。

  こんなものは、知らない。

  慎二は昔から女性にモテた。

  しかし、特定の女性を深く愛するよりも、広く浅い付き合いをする男だった。

  だから、誰よりも近くにいて、他の女が知らない彼のいろんな顔を知っているのは、自分だけだと―――

  跳ねるような足取りが、急に重くなる。

  高鳴る鼓動は、痛いほどに鈍く脈打ちはじめ、背中をどろりとした汗が伝い落ちる。


.
8475 名前:ゴジュラス@◆ZX2DX6eltM ★[] 投稿日:2021/03/04(木) 23:08:38.90 ID:pcvIpxvx [24/26]



              iヽ   /::`、                          /:::::|  /::::!
              i::::\  l:::::::::,          _,, --‐-- ,,_           /:::::::::レ':::::::::,'  ,..::'i
      、        i:::::::::ヽi:::::::::::i    ,  '            `  、    i:::::::::/:::::::::::::,' /:::::::::!
      \`::::'::..、   i:::::::::::ヾ:::::::::::l  , '                   ` 、 l::::::::::::::::::::::, '´:::::::::/
.        \::::::::::` 、i::::::::::::::`:::::::::::! ′                       `、!::::::::::::::::::/:::::::::∠ ____
.    、 _    \::::::::::::ヾ,::::::::::::::::::, '           ∧    :           ヽ::::::::::::/:::::::::::::::::::::::/
     ヽ:::::::`:::::`、:::::::::::::::i:::::::::::::::, ,  ,   ,    ,   .i:::i    ::.         ヽ:::::/::::::::::::::::::::/
   ______ ゝ::::へー-- _ヽ:::::::::,' i  i  , :::i   .::l   .:i:. i    ::::.         `, ' ̄ ̄ ̄ ̄ミミソ\
   ヽ::::::..     \ミミ    ヽ::,′i  ! / ::l   .::l::!  .::l:: l  ;  ;:::::.         iミミミ::::...  /  :::::: ̄ゝ
   ノ::::::::::.      \ミミミ:::.  i ,: : :l /i ::li   .::l: !,  ::l::  l i!  i!:::::.    ;     lー - 、 /    ::::::::::|
   ミミミミミミミ     \....::::;;;;i ! ::! !::l :::l::l  :::l: !i!  :l::.  l li:::::ii:::::::.  .::!;     !   /      :::::/
     \ミミミミミ       \  l ! ::! !:: i ::i:: ! ::l:: !i!  :!::  ! i::l::::l::l::::i! /::i::i       l /       :/
      \ミミミミ     ...::::\! l  :l l l:: ! !:: ! ::l:: !i!  !::: ! !::!::!::::|::li /::::l:::l ,: ,;   !/       /
< ̄ ̄ 彡彡\ミミミ  .....:::::::::::il i  ! i i::_ ;,,;  !---一 .:!:: !ー::!---::;',,,_/,ノi/i i  ,' i   彡彡/____
 i  .:::::::\彡_\ミミ    :::::!!  ´i ̄  ヽ、 ヽ!:::::!iヽ :!: !,!::/ ;: ' ノ ノ   ̄i`i i /ノ彡彡彡彡′   /   i__
 ヽミミミ::.. \      ̄ 一′〉 ` i _   _ __   ヽ! ,ノ  __ _    _/ / / `¬彡彡ミミ;;;;;;:::/  彡/
   \ミミ;..  \         / 、 `、´マて代茲芹}ヾ`     ´,行f笊茲㌻ちア`/ /ヽ        /  ..:::::/
    \ミミ   \       \ヽ 、ヽ `”¨“¨“¨ ̄´         ` ̄¨“¨“¨”´// / /       /  ,;:彡/
   丿\彡\   ミミ      ___ヽi !\                    // //       / 彡彡/ー一 、
   i   \彡彡ゞ´       ヾ==┘`, ヽ        i;         / /ノ''ミミ       /彡∠ミミミ;;::/  〉
   \ミミ \          ミヾヽ                        ´  //ノ',     ̄ ̄     フ   i
    \ミミ  ー---     ヾ;゙゙ミ\   ゝ         , ‐ -‐ 、      ,  /彡彡       _  / .,;;:::/
      \ ''‐=ニ二      `、;        丶       ̄ ̄      , '  .''´´ノノ      二ニ=‐三彡/
        ̄ ̄ ̄        ヽヽ        i`         , イ:     ノノ′           ̄
                          __l:::::::::::..>  _  <..:::::::l_ _
                         ノ !::::::::::::::::.\: : : /.::::::::::::::!ヘ
                  ,ヘ - ' ´   \:::::::::::::::/水\:::::::::::::/  ` '  、 _r ┐
             ,     ̄i i        \:::://ii ii\\:::/        i └ 、
            '       l l          Y / /i iヽ ヽ. Y            l |  `  、
          /        .! !         / / /i i i iヽ ヽヽ        ! !      ヽ



  それからのことは、よく覚えていない。

  当たり障りのない、どうでもいい社交辞令を交わして、その場は解散となった。

  慎二の為に宮殿の一室を用意し、宴の手配をさせたが、とても参加する気分ではなかった。



 【 知らぬ間に、慎二が結婚していたことにショックを受ける華琳 】 【1D100:70】
  数字が大きいほど、でも彼が幸せならオッケーです!
  数字が小さいほど、私だって彼から愛されたい……!


.
8476 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/03/04(木) 23:09:46.29 ID:uT2SXGid [7/8]
ややモヤる

8477 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/03/04(木) 23:13:40.12 ID:6FYrczUd [3/4]
やや納得行っていないが、吹っ切れ(かけ)たか?

8478 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/03/04(木) 23:15:14.50 ID:/Dq+ToUE [5/5]
納得はいかないが飲み込む努力はできる
そういい聞かせられる



8479 名前:ゴジュラス@◆ZX2DX6eltM ★[] 投稿日:2021/03/04(木) 23:15:21.00 ID:pcvIpxvx [25/26]



                                   ___          _
                    _  l\          ´     `'      //
                    .!`:、ゝ.ヽ   , '゛            ヽ   /:::::i__ヘ
                       、:::::::゛ヽ .∨        /        ./::::::/::::/
                  、―┘:::::::::::::/ /   /  ∧    ヽ    '.;::::::::::¬ー;:ッ
                 、... ミv::::::\:::: 从   〃{  i \   |  .ハ .l::::::::::ノ::::::::´ゝ
                 广.'''''ー 、::::::::::レ/   /八.! .|   i / .|  ' .i  厂ミ―==≡ヽ,,
                 ヽミミ, ミミ .`-i _!ヘi゙゙ 〉从  ! 乂 .`トミ  | }  .i ; ! /彡/=≡彡/
                  ,.. 、____ヽ、ミ ゙「ヽヽ゛゛!-‐ァ.彳´"i  i i `ii゙i'''''メリ  r彡 /,/´
               /ミミ \  ̄丶、ヽ.゙ ゛ .!,,,,',,,,,,\.j  j/,,,,,从{ , 、,ヘヘ,ミ∠ ー'''''''' !、
               `'''ー 、≡`x - ミ、) .i  `i  ` -´    . 'C.r'ヽ. ヽ. ヽ.ヽ>;;;≡彡>
                   __.. __~ 、 -====ゞ ,i 。゚   ′   ;;`y..ゞ'''゙''´゙´ノ. ∠,,,,,___
                      ∟ミミ`'' リ:.:.:.:.:.:. ./‐'. 。゚ , .‐‐-‐‐ 、 ; .( ´   //゛:.:.>,,,,,、∠
                 =ゝ ミ / __゙' -'彡 ソ 、  ( , -‐- 、 .)  へ - i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|.l
                     `ーゝ'⌒  `> .ヽ、____ゝ 。ゝ  __  ノ..イ ゚。/''''ゝへ、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|.!\
                 ,/     / /  //  .! ゚ ‐-‐ .゚。 |.`''ミ       ./ゝ=== !  .`ヽ _
                 ,/     ∠..ヘ/  .//   |  /.i‐j\  .!  ゙l!、     i !:.ヽ .く        ` `''、
               /      /:.:.:.:.丶 //   レ.。//ヽ\\0  ゙l!     .l.!:.:.`'-:.:.ヘ.          ヽ
           /       ,.イ:.:.:.:.:.:.:.:.ゝ/    </ .。/| Lヽ  .ゝ   》''゙゙゙゙゙"'ぐ:.:.:.:.:.:.v|| .\          ヽ
            ./       '' 、!:.;ヘ/  .ゝ/ニ;; ..,_,ン;;''ミ  l  /彡ニ;;__,,ヘ_》    .`―ー''''ヽ;;;;;;;;/へ..___    ..!
          l     .,,,..- ヘ|./     ´:.:.゚:.`゙''"゛:.`'''ミ.ミ彡":.:.:.:.:.`'':.:.`:丶   。             ```゙゙"
           `゙゙゙゙ ̄ ̄~-;;;;__/    .′:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:O.:.:《:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.    ゚
                        .{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:》:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}
                        ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.":.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,     ○
                         ゝ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:._ニ_:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.イ
                     。    l:.:.:.`'''z':.:.:.:.:.´:.:.:.:.:.゙'''ミ;;、"''''″:.:|
                    o      !//:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ミ丶:.:.:.:.:!
                            丶:.:.:":.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ̄″:.:.″



  その夜、既に届かぬ存在となった想い人を脳裏に浮かべ、華琳は一人泣いた。

  かつての自分を呪い、後悔を叫びながらも、しかし彼の幸せを自らの為に奪い取ろうという発想には終ぞ至らぬまま。

  少女であったかつての自分は、この時を境に死んだのだと。

  そう強く自分に刻みながら。



8481 名前:ゴジュラス@◆ZX2DX6eltM ★[] 投稿日:2021/03/04(木) 23:21:09.61 ID:pcvIpxvx [26/26]



                    l ̄ ̄l゙i゙i㎜㎜㎜
                   lテ ̄ ̄ ̄テユ ゙i、 Ei
               / ̄  ̄ ̄/ ̄ ̄i 〉 \
              / ∧    / ___  ,'/ Ο\
             /_∨__/ ∠_/i  ,'/j_--''´コ
          ┌/////\--________/ ヘ   |㎞゙i
        ┌‐/_ /―┐ ̄`|/-'i´.E| | |   |㎜ソ     今回はここまで
       ┌////―┐  / i ゙i  E| lⅢl_--、|
       「 |n|n| ゙i____/´゙┐┐ || E|   / /三三 ゙゙i    情が深くも狂いきれるほど吹っ切れず、
       |‐‐‐‐‐ i  i  i ┐ | |┌┐E|mm| i三三三 .|   辛い現実を受け入れる強さを持った女性
       || | | | | |┃┃|   i |. | ‐'''NNNN' | i三三三、/
       ヽ────────‐'NN NN// ̄ l┐       敵に回すとこれほど恐ろしい相手もいない
        NNNNNNNNNNNN  N //゙i゙i   ┐ ̄\
             NN/     N //ヘベi゙i  / /   |   それではお疲れさまでした
            N       NN//|ヽ ヘヘ  / /
            NNNNNNNN/ /| | ヽ ヘヘ/ /
           /'''''‐------/,/三| | 匚冂//
          /  / ̄ ̄ ̄´´   三| | /  /



8482 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/03/04(木) 23:24:17.75 ID:M3t33rzL [3/3]
乙でした

8484 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/03/04(木) 23:27:39.43 ID:iWJkOWqw [5/5]
乙でした

8485 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/03/04(木) 23:27:40.68 ID:uT2SXGid [8/8]


8486 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/03/04(木) 23:29:12.11 ID:yUd7UmtV [3/3]







Next  更新待ちだよ!


Back  その16へ


目次へ





関連記事
華琳がなかなか面白いキャラになったけどダイス神の加護はあるだろうか?
[ 2021/03/08 01:03 ] [ 編集 ]
これは面白くもあり怖くもある立ち位置…
[ 2021/03/08 13:11 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カウンター
検索フォーム
カテゴリ