FC2ブログ

ポーランドを再興したかった完結お疲れさまでした。 パワプロくん再開の前になんか短編やるっぽい? フラストレーション消化しないとえらいことになりそうなんで、やってもろて・・・(

【あんこ】6男坊から始める王朝繁栄記 その15

8002 名前:ゴジュラス@◆ZX2DX6eltM ★[] 投稿日:2021/02/21(日) 14:22:18.19 ID:D91FianA


                     ,.....,,_
         ,. -―r..      ,.,r' ̄i゙i゙--  \._
  ,..._     イx ..、ゝr....   i''''´    ゙l ゙i   ン ┐
   ,. -ー.  、 [ に'rェjヘ ', ,.,r'  i゙l / | o `'‐‐ ゝ]
 ′|   ユ \ ',r'ユ,r' \| |  |     iiiii ,.'i㎜㎜/    買い物から帰ったら再開するかも知れません
  | ,.ッ  ''l'´ ..、'    |  |  ヘヘ  (O)
  ソ''Fj.._ _..‐',r'  ゙i ゙i -  ̄'!' ,.'´  !、iiiii ソ
-ー.  |‐/  /、--へ' ‘  // 卜r-rl  ソ
'广//.  // ;.,r' ,r' ̄`゙i /  i゙゙i, ' ゙i!/ ̄
 // , ' //..|´(0(0≡)´=゙i \ i゙  ´´_ _
 \/ ///|〔: (0≡)´゙i  ゙̄i ヘ\ ̄(,r':゙i |\゙i
  / //li[l[il(0≡)(゙i゙i r'r゙i/ :7了_´( ((,r'゙i|
 //二二〔(@)〕゙i |!l''゙i゙i r'r゙i/_ _!、!、!、∧
//つコ||l|iココ?| ゙i ii  (ニ((,r':゙i |\゙i `‐- r'
    llli[l[il',ll儿 |  ii\(0≡)´( ((,r'゙i|
    llli[l[il',ll!、/ \/   !、!、!、 ∧
         /\/      `‐- r'



 【 薩摩という土地 】
  種族統一度:【1D100:45】
  言語統一度:【1D100:55】 + 25:民政家補正
  文化統一度:【1D100:9】 + 25:民政家補正




8010 名前:ゴジュラス@◆ZX2DX6eltM ★[] 投稿日:2021/02/21(日) 15:22:32.31 ID:D91FianA


             ___,,,,,___
       __,--‐'''' ̄´ 、  `''''ヘ― 、
    - '' ニ            冫 .. ゙'、
,,」冖 ぃ  !  ̄ t ``゙゙'ゝ、,,_ " ..丿 `¦ヘ、
彳 .. ││ ! ! ‐ ニ、   `~~゙ T゙'、  ,,......∟         ちなみに……
|∟ J┴‐」∟ 二 │      ヘ-′,, 丨〈ゝ 、
゙ゞrぇj」」i !|}l!|にl|什廾lサ n ,,_ ヽニ 〈 ''イ」l ___
 NNNNNMMMMMMMMMノニ(⌒) /"| ゙  /
       匚i 、_、    ..i〃 九 コl厂|||! |//
         M .. _ _....、、 、 'M} '|)|||||/'' /   /
         .M   ゙ ニi∩こM/  /| |  |   /
         'M   ./ ./llj!M丿  ! | | |、  |
         M _ ィ}xニ,'〈M¦ ./___|   |
         ゙M { ゙'ニ !l!M っ j'     |   |
         'M 二 ; ./Mゞ 」┤     |  /
         NNNNNNェ ' _ィゝ│ | ̄ ̄\/



 【 薩摩の種族割合 】 数字が多いほど人口が多い
  人間:【1D100:83】 + 30:主要種族補正
  獣人:【1D100:7】
  森人:【1D100:97】
  翼人:【1D100:22】
  魔人:【1D100:18】 - 30:人間社会との相反補正
  その他希少種:【1D100:26】 - 70:希少補正


 【 薩摩での統一言語 】 【1D3:3】
  1:ロムリア語系言語
  2:シマズ語
  3:やる夫一世のオリジナル言語



8017 名前:ゴジュラス@◆ZX2DX6eltM ★[] 投稿日:2021/02/21(日) 15:32:29.92 ID:D91FianA



     /
    ./: : : : : : : : : : : : : .∧: : : l: : : : : : : : : : : : : : 、  :    : \
   /: : : : : : : : : : : : : : :l ヽ: : l、: : : ゝ: : : : : : : : : \_: :      :\
  ./:        : :./: : :l   ヽ: .゙、: : : :\: :     :: .ヽ ̄: : : : : : : :\
  l: : :   l    /: :/l: l. r‐、oヽヘ´\: :\: : : : : : : : : ゙、: : :      :.\ __
  |: : : : : :l: : : : :./i: /`l: トo{;;;;}  ヾ、  `ヽ、\: : :、: : : : i: : : : : : : :,; -‐''"x´
  |: : : : : :l: : : :./ l: l  l: l      _,>''"´ `` 、_`ニニ=‐: ;  ''"´ r  /: :\
  l: : :l: : : l: : : :l__l: l_リ     ´  -ニニヤヒ_ l`: : : :.l'"´ィ''"   ノ ./ : : : :.\
   ゙、: l: : : ゙、: : l ∨___`      , ィヘil:. .:il, "  l: : : i: l/´ .)  //:: : : : : : : : :ヽ
    ヽヽヽ: :ヽ:トキf=rネナョュ      ‐ゝ‐''"    l: .;イ/ f´-‐, ィ'":: .   :: : : : .: : :ヽ
 _,, -‐ヽ、ヽ、: :ヾ、 ゝ乂_j艾               ノノノ >'"´:: : : : : : : : : : : : : .   ヽ
 `゙'<.  ヾ ゝ : ヘ       ノi         /" /"´:: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヘ
     ` ー---+、l.〉      ヽ          ,イ:: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :l
          |: リ.人      _ _ ,      ノ l:: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : l
          |: '"l: :.>.、     -     ,イ.  l:: : : : : : : : : : : : : : : : : : :.l\: : : : : : : :l
          |: : l ヽ: : : :>..      <    lァ:: : : : : : : : : : : : : : : : : : :l  \: : : : : :l
          |: : l  ヽ: : : :f'<|>-- ´     /:|:: : : : : : : : : : : : : : : : : : :l    ヽ: : : : l
          |: : l   \ : |.:.:\       /.:.:.:|:: : : : : : : : : : : : :: : \: : :l    l: : __,l =‐'"}}
、          ゙、 ゙、    ゝ-|.:.:.:.:.``ヽ、  /´.:.:.:.:.:.|: : : : : : : : : : : : : : : : :__,, -‐::'"::::::::::::::::::::l |
::`` ー--= ____\\__x‐、ノ.:.:.:r‐‐、.:.`Y'.:r‐‐、.:.:.ト、_r‐、__: : =-‐''"´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l |
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ̄ ̄:://.:.:.:.:.:.:||.:.:.:).:.:|||.(.:.:.:||.:.:.:.:.:..:ヘ ∨::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l |
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/〈.:.:.:.:.:.:.:.ゞ、.:.:.:.:.|||.:.:.:.:.ノ.:.:.:.:.:.:.:.:.〉 ∨:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l |



 【 人間種と同数近く存在する森人 】 【1D10:3】
  1:原種に限りなく近い古代種(ハイエルフ)
  2~5:限られた領域で静かに暮らす森の賢者(エルフ)
  6~9:人間社会に溶け込んで仲良く暮らす親しい隣人(ダークエルフ)
  10:人間と混ざり合った混血種(ハーフエルフ)



8018 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/02/21(日) 15:33:18.33 ID:9z+1Owqw
エルフからするとシマズは好ましいのかもしれない

8022 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/02/21(日) 15:40:00.90 ID:/Mw7t8np
そんな人らが統一言語覚えてそれなりにシマズへ馴染んでるの面白いな

8024 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/02/21(日) 15:43:40.39 ID:n98kanim
森を汚したら殺す!

8026 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/02/21(日) 15:46:44.48 ID:o9MeTzrn
人間47%、エルフ40%、その他13%って感じかな
エルフ比率高いw



8029 名前:ゴジュラス@◆ZX2DX6eltM ★[] 投稿日:2021/02/21(日) 15:49:11.00 ID:D91FianA



           |ニ/ /ニニニニニニニニニニニニニニニニ/ /::::::::::::::::/
            l/ /ニニニニニニニニニニニニニニニニニ/ /::::::::::::::::/
           (._/ニニニニニニニニニニニニニニニニニニ/ /::::::::::::::::/       _ -──
.             lニニニニニニ/_二二ニー- _.ニニニニニ/ /::::::::::::::::/    _ <ニニニニ
             lニニニニニ//::ノ/}::::ヽ:: ̄`ヽ ヽ.ニニニニ/ /::::::::::::::::/  _ <ニニニニニニ
.             lニニニニ//:/, ィfj ノ、:::::::ヘ:::::',::::l lニニニ/ /::::::::::::::::/ /ニニニニニニニニ
.          lニニニ//l::l/{_ゝ‐'   ',::::::::ヘ :::',:l lニニニ/ /:::::::::::::::://ニニニニニニニニニ    新しい言語を作る……?
          lニニ//、:::l/        ',ヽ:::::ヘ::::l lニニニ/ /::::::::::::::::/ニニニニニニニニニニ
         rl|_//、_ゝーl′       ',:::',:::::ヘ:l lニニ/ /::::::::::::::::/ニニニニニニニニ> ´
         乂/    l/         l::::',:::::::l lニニ/ /::::::::::::::::/ニニニニニニニ> ´ _ <
                l ‐ 、 -‐     l:::::',:::イ /ニニ/ /::::::::::::::::/ニニニニニ> ´ _ <ニニ
                ',:::::::\     .,l::://ニニ/ /::::::::::::::::/ニニニニニ/ _ <ニニニニ
                 ',:::::::::::\   / ´/.ニニ//:\::::::::/ニニニ> ´ /ニニニニニニ
                   l',:::::::::::::::`ーイ/.ニニ//:::::::::::::\/ニニ> ´  _ <ニニニニニニニ
                 /l:::::::::::://.ニニ//:::::::::::::::::::/ニ/ _ <\ニニニニニニニニ
      ______ //l:::::://.ニニ//:::::::::::::::::::/ニ/_ <\ニ\\ニニニニニニニ
_ -‐  ̄ニニニニニニニ//__//ニニ //:::::::::::::::::::/ニ//  ',:::\\ニゝ ______
ニニニニニニニニニニニ{  ./ニニニ//:::::::::::::::::::/ニ/// ∧ ',::::::\\ニ\ \___ノ /
ニニニニニニニニニニニ`≦.、ニニ//:::::::::::::::::::/ニ////// ∧ ',:::::::::\\ニ≧s。___ノ
ニニニニニニニニニニ//    _ ≦::::::::::::::::/ニ///////// / ノ‐- 、:::::\` ー- _ニニニ/
 ̄’  ・  ,ニニニニ〃  __ ≦::::::::::::::::::::::::/ニ/////////////////ヽ::::::`ー- _ ̄ ̄ /
ニニニニニニ’ ・ ,ニ> 、::::::::::::::::::::::::::::::/´.ニ/ ///////////::::ヘ //// \:::::::::::::::::: ̄ ̄::::::::::
ニニニニニニニニニ≧s。ニ> 、:::::::::::::::::/ニニ/ /.////// //::::::::::::ヘ //   .\:::::::::::::::::::::::::::::::::
ニニニニニニニニニニ/l`丶、 > 、::::/ニニl |///// //::::::::::::::::::::ヘ/      ヽ::::::::::::::::::::::::::::
_________/::/:|::::::::::ヽニヘ/ニニ/ ///////::::::::::::::::::::::::::::ヘ        マ:::::::::::::::::::::::::




               ____
             /      \
           / ─    ─ \     そう
          /   (●)  (●)  \
            |      (__人__)     |    この地域、色んな国や地方の文化がごちゃまぜになってて、統一された価値観が「シマズは強いから従っとこう」
          \     `⌒´    ,/    くらいしかないんだお
          /     ー‐    \



  ある日、やる夫一世は客将であるマハードを呼んでこう告げた。

  やる夫一世が目指す魔王病撲滅には、医学の普及が必要不可欠であり、それには多くの医師の確保と民衆の自発的予防が必要不可欠だった。

  そのために、広く啓蒙を行おうとしていたやる夫一世であったが、ここである難題にぶち当たる。

  識字率の低さ……は、この際問題ではなかった。

  時間をかけてじっくり取り組めば、識字率は上がる。

  問題は、どの言語を薩摩の共用語とするかであった。

  薩摩は、遠大な東西交易路の要衝である。

  様々な文化や言語が持ち込まれ、それらは強大な武力を持つシマズの支配下で緩やかに共存していたのだが、それ故に多くの文化や言語が入り乱れていた。

  伝える相手によって様々な言語に翻訳しなければ、ろくに会話も成立しない。

  これでは何をするにも不都合が大きいと、やる夫は考えたのである。


.
8033 名前:ゴジュラス@◆ZX2DX6eltM ★[] 投稿日:2021/02/21(日) 16:05:04.10 ID:D91FianA


              xイニニニニニニニニニニニニニニニニニニ\
         ー=ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ\
             /ニニニニニニニニニニ,イニニニニニニ/{ニニニニニ}
        ー=イニニニニニニニニニニ/ レメv}ニニニ,小ニニニニニ|
          //ニニニr㍉ニニ/ 乂 Q ノ/==/{ Q.)从===|
       / /仁ニ={lハN=/     /=イ  V//イリ小ノ      シマズはシマズの言葉でしゃべれよぅ
           /ニニ込弋レ′       ∠7  l
            /ニニニニ=\ノ          __     '
        /イ 小从ニニ|ハ     /   `ヽ /
           ムハ{小ニ|        ⌒  /
                  ィ代|   \         /
             |   > 、.  \     ,代
            r≦j     > 、 ミ三彡|   > 、
        r辷彡    >.、     > 、  |      >.、
     ≦  ̄ ̄        ヽ.      >、乂       /⌒z、__,へ
   /               \    /  `ヽ  /三三三ニハ `ヽ、
  小、                 \  /      V .{三三三ニニ/   .∧     【 シマズの人々:シマズ語 】
  {    >ー---    ,ィ示、       弌   r─ リ人三三Y ´      小.
  レ'  ̄ 仁ニ=一─ ≦ニニニニ}V  .}     `ヽ    /   Y三;}  l|   |   ゝ、
  辷 /        /ニニニリ }  ノ   `Y .l|:   小、   {  小  リ_  }__彡⌒ヽ.
  .∨     イ⌒   `7/ ̄ ><_    ノ  l|\/===\ V  ∠    ミ <寸ニヽ
   ∨ /    z=彡/ /´   /  ><   l|=込=====\≧ニニニニニニXミヽ ∨ヾヽ
    .∨    /   しイ   /  /   y ヽ ||ニニニ>≦ニニニニニニ> '   Vヘ ∨小\




                    . .:-‐─‐-
                 . イ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:>:.
               . : ´.:.:.:.:.:,'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
              /.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,..:.:.:.:.:.:.:.:\
            /.:.:.:./.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.j.:.:.:.:.`.:.:.:.:.:.:'.
             //.:.:.:./.:.:/∨.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧.:.:.:.:.:.`.:.:.:.:.:'.
           У/.:./.:.:/─ヘ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.厂 ∨.:.:.:ハ.:.:.:.::.'
           j:/.:.厶_/   ∨.:.:.:.:i.:.:.{:./   ∨.:/,:j.:|.:.:.:|
           j|.:.:匕:7  ,ィチx弋.:.:N.:.:.У^≧x、∨И.:|.:.:.:j
           i|.:.:|f.:7i イ レ歹  ̄  ̄   レ歹ヾ 刈.:.j.:.:.:|
           i|.:.:|乂」   -ゞ´ j      ゞ… j⌒ 7.:.:.j
           i|.:.:| i i                /!.:.:/!
           jk.:.i /ヽ:i      _      r一'.:.:|.:彳{      公的文章は古来よりロムリア語という決まりです
           j k.:ヾ.:.:.ハ    ´ー`    イ.:.:.:.:.:.:.|.:.:抖
           /j ゞ、\.:.:.j> .      イ i.:.:..:.:.:.:.j.:/.:.:{
            |.:{ /.:.:.: ̄.:/:.:.:/〕>一      k.:.:.:.:.:.:j/j/.:.',
           ヘ/.:.:.:.:.:.:./.:./.:.:.:.:j       L.:.:.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:'.
         //.:.:.:.:.:.:.:.:/.:/ ̄7      〉^寸.:.:.:.:.:.|.:.:.:.:`、
      ,.'".:/.:.:.:.:.:.:.:.:/.:./  /       /    寸.:.:.:.i.:.:.:.:.:.:.:.\
    ,.'".:イ.:.:f__y.:f゙´   /     /      j/.:.:.j≧zx.:.:.:.:.:`:.:.、
  /.:.,ィ´ |.:.:.{ニ\/.:.:{    /冫。,. ´/       j.:.:.:.:j二二≧zx:、.:.:\      【 旧シエルタ公爵配下:ロムリア語 】
 /.:./   ヾ、ゝニ人.:.:\  /    /   ____ル.:./二二二二ニ \.:.\
 {.:〔     }ニ二≫-ゞ-个、.!  /  __厂ニ二二|二/.:/二二二二二]、 ヽ.:.j
 丶>   ニニ〈 二二斗 j ,/ イ´⌒ヽ、二二二j/.:/ニ二二二ニニ7.:.:\ У
       二二\ニニ| У/二二二二ヘ ニ二/.:.:..iニ二二二二ニ,:.:.:.:.:.:.i
        ,ニニ/ニ\二i j/二二>゛´ニニ二二〈.:.:.:.{V二二二二∧.:.:.:.:.:.|
        jニ/二二二ヘj,/二二>´ニ二二二二二ゝ、k」二二二ニ/丿.:.:.:.:.:j




.                ‐-
.          ..::´    丶
         /::: ::.       \
         ':::::. .:::
.        /::::::  .::::         ヽ         ただ、ロムリア語を使う人って支配階級の人達ばかりで、実際はそれぞれの
      -‐  ̄ヽ.::::::__  〈7ハ   r 、          地域に根ざした言語を使ってる人間が多いんですがね
_ - ´  ._    } l::〈/ハ  マ∧.  !/,!   ,
_--、 ,' .)  .l l::::: マ,∧. マハ.  !/l ;, .!          かくいう私も、ロムリア語は分かりません
ニニニ\   l .!:::::::. ヾ∧. マ,! .l/l l'〉.! _ -‐ 、
ニ二二二ヽ l .l:::::::::.  ヾ'、. V l'/ // !;;;;;;;;;;;;: !     シマズ語はもっとよく分かりませんが、雰囲気で読み取ってます
二ニ=-__,.ゝ---―  ''"  ̄ ̄ ̄ " ‐┴ 、;;;;;' /
ニニ三三/ .{ 〇 ー―‐  ''   ̄ ̄    - 、\'
二二二二\.\         _    ,. . ヽ.ヽ、_,...,_
===ニ二二\` 、      ` 、.ヽ  {   ヽ 〈ニニニヽ
     ヽ \ > `  、      、 、 ヽ  .ノ ,.イiニニニ}
      ', o \  > _`  _   、 ヽ  ̄ .j .! !ニニニ{、      【 その他大勢:てんでばらばら 】
       }ー 、 \    > _  _.ヽ  ー‐ ' ノ !ニニニj
      /    ー \       > _‐- _ ̄ ´.//Vニ-‐'、
     ,        ̄\         \ 、 _ ,.イ  ヽ   ,



  シマズ家中の主だった部分だけでもこんな有様である。

  しかもこれに、やる夫が呼び込んできた外国人客将団までいるのだから、実際はもっとカオスである。

  市井に出ようものなら、もはや誰がどの言語を使っているかもよく分からない。

  薩摩で最も巧みに肉体言語を使いこなすシマズ一門が支配者になった理由は、まさにこれだったのかも知れない。



8034 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/02/21(日) 16:09:33.48 ID:9z+1Owqw
これで何とかなってたのが凄い

8035 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/02/21(日) 16:09:46.05 ID:/Mw7t8np
インドめいて音楽とダンスが発達しそうな地域
言葉は通じずともとりあえず誰にでも分かる文化

8036 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/02/21(日) 16:11:40.40 ID:o9MeTzrn
買い物ひとつするだけでも大変
中華街とか日本人街みたいなの形成しないと不便で仕方なさそう



8038 名前:ゴジュラス@◆ZX2DX6eltM ★[] 投稿日:2021/02/21(日) 16:19:10.09 ID:D91FianA



       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \
  / o゚((●)) ((●))゚o \   ほんとはさっさと医学を普及させたいんだお
  |     (__人__)    |
  \     ` ⌒´     /



       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \
  /  o゚⌒   ⌒゚o  \   でもそのための医学書を沢山の言語に翻訳するなんてしたくないお……
  |     (__人__)    |  
  \     ` ⌒´     /



       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ●)  (●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \    だから新しく統一言語を作るお!
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /




  こんなノリで、やる夫一世の統一言語作成事業は始まった。

  ただ、始まったのはシマズに養子入りした直後くらいであったが、形になって実際に動き始めたのはそれから暫く経ってからである。

  当然魔王病対策と研究は並行して行わなくてはいけなかったし、大事業を進めるための財源確保は絶対条件だったし、自分一人で進める
 訳にはいかなかったから専門家を大勢呼んでくる必要もあった。

  やる夫一世が人材蒐集家としてあらゆる方面の知識人をかき集めていた背景には、新言語作成という大事業が隠れていたのである。



8041 名前:ゴジュラス@◆ZX2DX6eltM ★[] 投稿日:2021/02/21(日) 16:27:38.74 ID:D91FianA



         _. -─‐-
.      /      ─ \        皆が使いやすいようにしたいけど、シンプルにし過ぎると表現の幅がなくなっちゃう
.    /  /   (● ) \
.   /   ( ●)  、_)   ⊂ヾ、   なかなか難しいもんだお……
    |      (__ノ         |E )
    ヽ            _ノゝ ヽ
     >      ̄     `  ノ




 【 ちなみに、マハードに託した時点での言語完成度:【1D100:31】+30:慧眼補正 % 】



8046 名前:ゴジュラス@◆ZX2DX6eltM ★[] 投稿日:2021/02/21(日) 16:47:28.80 ID:D91FianA



                 __ _
  _,rーく´\  , --、   /⌒  ⌒ \       やる夫は今後結婚生活で忙しくなると思うから、後は頼んだ
,-く ヽ.\ ヽ Y´ /   /(●)  (●) \
{ -! l _」_ノ‐′/   /    (__人__)    \     あ、お金のことは気にしないで
ヽ ゙ー'´ ヽ  /   |     . `Y⌒y'´     |
 ゝ、  ノ_ イ    \     ゛ー ′   ,/      お金で解決できる問題なら何とかしてあげるから
   ヽ     |     /    ー‐     ヽ




.\//////////////  / : : : :l :ト、: :', : ヘ : : : : : ` <  ` <ニニニニニニニニニニニ> `ヽ
、 ∨///////////l   /: :l :l : | :| ヽ:',、 : ヘ: : : : : :', : ` <  ` <ニニニニニニ> ´ _ -、  ',
∧ ∨/////////.l|  ′ :l :l : | :|  ヽ \ :ヘ : : : : ', : : : : ` <  ` <三> ´  _ -≦::::/  /
/∧ ∨////////l|  l : : :l :l : | :|i三ニー-` ヘ`ヽ : :',、 : : ', : :l :` <    _ -‐≦/ :/// /
//∧ ∨///////l|  | : : :l :l: :| : i',\ 乂弋_ッ- _\:', \ :', 、l: : : : :`ー ´: :/ : ノ/ : l |/
///∧ ∨//////l|  | : : :l :l: :| : :i ', \ `ー '  `丶、  \、:l: : : :/ /// -‐ォ7ノ: :/l :|       ははっ
////∧ ∨/////l|  | : : :l :l: :|: : :i `丶、 ¨¨ ─-- 、ヽ   ', : ://、_ツ  //: : :/: l :|
/////∧ ∨////l|  | : : :l :l: :|:|l : i               ',/───='//: : :/: : l :|
//////∧ ∨///l|  | : : :l :l: :|:| l: :i                l     //: : :/l : : l :|
///////∧ ∨//l|  | : : :l :l: :|:|l ', :i                  l      / : : / .l : : l :|   . ‥・・‥  .
////////∧ ∨/l|  | : : :l :l: :|: |i ', i                 〉    / : : /  l : : l :|≦//////////////≧s。
/////////∧ ∨ヘ  i : : :l :l: :|: |:i ',:i              /    /: : : ′≦: : :.l :|////////////////////
\////////∧ ∨ヘ ∨ :l :l: :|: | i. ',i                 イ: : : : : |////l: : :l :|////////////////////
: : :\.//////∧ ∨ヘ ∨:l :l: :|: | :i ',      ー──-     イ:j : : : : : : |////l: : :l :|////////////////////
: : : : :\./////∧ ∨ヘ  \:l: :|: |: :i、 ',        ̄    .イ : :! :| : : : :j : :|////l: : :l :|////////////////////
: : : : : : :\////∧ ∨/\  \|: | : i `', 、         イ:| : : : :!: :| : : : :l : :|∨//l: : :l :|////////////////////
: : : : : : : : :\///∧ ∨//\  ` 守 i  ', > _     イ: : : :| : : : !.: :| : : : :l : :| .∨/l: : :l :|////////////////////
: : : : : : : : : : :\//∧ ∨///> _ ` 守 ',  ` ー≦ :| : :/ |: : : :! : :|: : : : : : :|l ∨.l: : :l :|////////////////////
: : : : : : : : : : : : :∨ ∧ ∨///// > _ ` 守   l : :| :| :/ : |: : : !: : :| : : : : : : |〉 ',..l: : :l :|////////////////////
: : : : : : : : : : : : : :∨ ∧ ∨////////> _ ` 守 | : :| :|/ : : | : : !.: : :| : : : : :/  /l: : :l :|///////////> ´ ̄` <
: : : : : : : : : : : : : : :∨/ \ \//////////> _ ` ー- _ : :|: : :l : : :| : _ <  ///l: : :l :|//////> ´ _ -──- _
: : : : : : : : : : : : : : : :∨///\ \///////////> _     ̄ ー--‐ '   ./////.l: : :l :|//> ´ _ <//////////



  こうして、やる夫一世から統一言語作成を託されたマハード。

  ただ、言語としての骨格は既に出来上がっていたため、マハードの高い能力も合わさって比較的スムーズに完成までこぎつける。

  この頃、魔王病の特効薬事件やロムリア革命など、歴史に残る大事件が起こっていたが、それらと時期を同じくして薩摩の統一言語が誕生。

  「血より濃く、祭より深く根付いた」と後に称される【1D3:1】の登場であった。


  1:ヤルオ語
  2:統一言語「ユニオン」
  3:ニホン語



8051 名前:ゴジュラス@◆ZX2DX6eltM ★[] 投稿日:2021/02/21(日) 16:59:20.57 ID:D91FianA


                           ヽ`ー≦ニニ\ / ::::::::::::::|ニム            _ .-─--. 、
                              |ニニニニニ|lヘ:::::::::::::::::|ニニム        _ .<_ -‐  ̄:::/
                           {',ニニニニ/ニヘ:::::::::::::::lニニ|i     _ < -"::::::::::::::::/
                           l≧==イニニニヘ::::::::::::lニニニl  _ < -":::___/__
                           /ニニニニニニニヘ::::::::::lニニニl / /≦ニニ=‐  ̄:::/
                             lニニニニ/`丶、.ニヘ:::::/ニニ./ /ニニ> ":::::::::::/
                _ -─===─- 、l/、≧x、/:::,,:リ:::::::〉ニ}:/ニ./ /ニニ /__:::::::::::::/
            _ -≦ニニニニニニニニニ\::ヽr‐、/rtォ }:::/ニニ/ニ.// /ニニ / ○ ヽ:::/      ヤルオ様、完成いたしました
             ̄ ー-ニニニニニニニニニ〉::ト、 、  .l:::|ニニ/ニ/ニl l|ニニ .{     }′- 、
                  _ <ニ≧s。.ニニニ/:::::::::\_ .イ l,ノニニ|!-/ニニl l|ニニ 乂 _ イニニニ\
               _ <ニニニニニ.lニニニl\::::::::::|  /ニニ/./ニニム \__/ニニ=──-、\
             /ニニニニニニニ|ニニニ\:≧x、/ニニ/r‐fニニニニ\_ ノニ> ´//////// ` \
            rf──────-、∧ニ> "::::\ニlニ/ /乂\_ -‐  ̄ ニ> ´::::ヽ\///_ -‐ ´  ̄
             ̄ ̄ ̄ ̄ ̄{ ̄ ̄マ ム \ ̄ ̄ ̄ ̄r-/ニニ>-' ニニ> ´\`ー‐┘::} ̄
                  f´:::::::::::::マ ム:::::\/`ー-、、 \>´ニ//\/:::::::::::::::≧s。_/
              _ _ <_ -‐ 、::::::マ ム/ ̄   / ', ゝ-イニ//:::::::::::::}\::::::::\:::::::::::l
           _/`丶、:::::f:::::::::::::_r─/´    `ヽ /l 〉ニニ//::::::::::::::/  \:::::::}::::::::::丶
          /:::::::/::::ー──‐/ /「   丶 _ィ ',__ノl  ̄ ̄::::::::::::/     `ヽ::::::::_ -‐\
        r≦:::-‐:::::::::::::::::::::::::::::::{  { _l \ /\_/、_ノ::::::::::::::::::/        γ´_ -‐-、`ヽ
          {:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_ < .\__ > 、///::::::::::::::::::::/         {_/´::::::::/:::\}
       弋:::::::::::::::::::::::::::_ -‐_ < >´   /:::∨ ///:::::::::::::::::::: ′          /::::::::::/:::::::::/
         `ー-==‐ ´ _ < >´    /::::::::∨ /::::::::::::::::::::/               /::::::::::/:::::::::::l
              _ < >´     ./:::::::::::::∨:::::::::::::::::::/              {::::::: イ::::::::::::::l
           _ < >´     r‐イ:::::::::::::::::::::::::::::::_..-‐:::::>           l/:::::::::::::::::ノ
         _ < >´         `ヽ:\:::::::::::-‐::: ̄::::::/::ヽ           /:::::::::::::::::/
      _ < .>´           /ヘ::::\:::::::::::::::::::/::::::::/          /::::::::::::::/





                  ,ヘ
      ____      / /
     /\  /\   / /
   /( ⌒)  (⌒)\/  /
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\ /      でかした!
  |     |r┬-|       |
  \     ` ー'´     /
  /          \
 /             \
/  /\           ヽ
 /   \          ノ
U      ヽ        ノ



  ちなみに、当時からヤルオ語と呼ばれていたわけではない。

  突如として歴史上に登場し、その起源がハッキリと判明している非常に稀有な言語であった事から、後世その起源を作った人物の名を冠したというものである。

  ただ、このヤルオ語の非常に異質な部分は、完成から普及……つまり、既存言語の駆逐速度が異常に早いという点にある。

  特にシマズ伯爵領内では、公用語として制定されて数年のうちに爆発的に広まり、人間社会での普及率があっという間に100%に達した。

  そしてヤルオ語は、人間のみならず同じ領域に住む異種族……特に、森人社会にも急速に浸透していったのである。



8053 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/02/21(日) 17:02:26.27 ID:9z+1Owqw
今までの言葉が滅茶苦茶使いにくかったんだろうな
リアルでも該当しない概念とかもあるし

8054 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/02/21(日) 17:03:15.55 ID:RBssUo+8
識字率上げるっていう明確な目的もあったからだろうな



8055 名前:ゴジュラス@◆ZX2DX6eltM ★[] 投稿日:2021/02/21(日) 17:11:43.51 ID:D91FianA



                            _  -   _
                     . ´        `  .
                  . ´                  \
               /                    \
               /    /           ‐ 、         ゚。
.            /     /                \        ゚。., i
         / /     'i ‘,   、   ',       \     ./ /
      ー=二´ '//     i V .ヽ   ‘,  \        /   / \
           / /     l V l ` .。+・ \ 、 \ ヽ   ./   ./    `  ─  ´
        /  ./     ゚'*※+・'‘´ \   \ヽ 二=-   l,'  . '
.        /   / .|    .|   `\    ` _¨... ‐  |  ヽ  i´//   ‘,
       /   .′ | .i  ... _     ‐ ¨_,x≠ァ´ |/i  l  l´ /     \. _
        {  .i   .'l .l.   ,,,..`_、     〃弐タ´   | .|  lヽ.| /        .\ニ=-  ´
         |  i V lヽ   ` ミ炒              /./| ./ //|   ',     ./¨ヽ、_
         |  |  `ヽ \ ゚。 .l          / / .|/ /  |-、 ',   ./: : : : : : : :
         l  l     ./ \.`/           ´././ /   .|  〉 ヽ /: : : : : : : : : :
         ヽ .l    〈 .V  `` ¨、  -‐   /     ヽ   ヽ´|  ': : : : : : : : : : : : :
          `\   /ヽ. V    \`  ./,ヽ       \  \/: : : : : : : : : : : : : :
              /  l .l      l ヽ¨: :. :∨,    ./   `‐-/: : : : : : : : : : : : : : :
                /  /゚、l    ./  l : : : : V,   /     /: : : : : : : : : : : : : : : :
             /  /  .〉  ./    ': :. :. :/ .l ./      /: : : : : : : : : : : : : : : : :
               / ./  ./ ./     ,l: :. : :/  l´        ′: : : : : : : : : : : : : : : :
            i /  .//{ヽ - ´ /: :. :l´         .: : : : : : : : : : : : : : : : : :
            | l  /./ l: :.{     l': :. :/          l: : : : : : : : : : : : : : : : : :
            l ヽ//  l: /     l: /> .    . .<´: |: : : : : : : : : : : : : : : : : :
                V l .l  V     l/: :. :. :. :\ /: :. :. :. :. : !: : : : : : : : : : : : : : : : : :
               V l 、 .′     .l: : : : : : : : / : : : : : : : : : : .: : : : : : : : : : : : : : : :
             \ /      i: :. :. :. :. :./: :. :. :. :. :. :. :. :. :V: : : : : : : : : : : : : : :
              .′        .|: :. :. :. :. :l: :. :. :. :. :. :. :. :. :. : \: : : : : : ___
              |        |: :. :. :. :. :|: :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :` ‐ '



 【 薩摩における人間社会と森人社会のお付き合い 】 数字が大きいほど良好
  やる夫一世が来る前:【1D100:71】
  やる夫一世の統治後:【1D100:82】 + 初期値 + 40:[マハード]影の実力者補正



8056 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/02/21(日) 17:13:03.33 ID:gXIsdgIw
元々仲良かったのが更に凄いことに

8057 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/02/21(日) 17:13:12.00 ID:wEmErp5G
……エルフさん頭薩摩だった?



8067 名前:ゴジュラス@◆ZX2DX6eltM ★[] 投稿日:2021/02/21(日) 17:33:39.74 ID:D91FianA



              xイニニニニニニニニニニニニニニニニニニ\
         ー=ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ\
             /ニニニニニニニニニニ,イニニニニニニ/{ニニニニニ}
        ー=イニニニニニニニニニニ/ レメv}ニニニ,小ニニニニニ|
          //ニニニr㍉ニニ/ 乂 Q ノ/==/{ Q.)从===|
       / /仁ニ={lハN=/     /=イ  V//イリ小ノ
           /ニニ込弋レ′       ∠7  l         おい等はよそ者
            /ニニニニ=\ノ          __     '
        /イ 小从ニニ|ハ     /   `ヽ /          先にここば暮らしとったは森人の方ぞ
           ムハ{小ニ|        ⌒  /
                  ィ代|   \         /            無用に森に入るは、シマズの面子を潰すも同意
             |   > 、.  \     ,代
            r≦j     > 、 ミ三彡|   > 、             死罪じゃ、根切りじゃ
        r辷彡    >.、     > 、  |      >.、
     ≦  ̄ ̄        ヽ.      >、乂       /⌒z、__,へ
   /               \    /  `ヽ  /三三三ニハ `ヽ、
  小、                 \  /      V .{三三三ニニ/   .∧
  {    >ー---    ,ィ示、       弌   r─ リ人三三Y ´      小.
  レ'  ̄ 仁ニ=一─ ≦ニニニニ}V  .}     `ヽ    /   Y三;}  l|   |   ゝ、
  辷 /        /ニニニリ }  ノ   `Y .l|:   小、   {  小  リ_  }__彡⌒ヽ.
  .∨     イ⌒   `7/ ̄ ><_    ノ  l|\/===\ V  ∠    ミ <寸ニヽ
   ∨ /    z=彡/ /´   /  ><   l|=込=====\≧ニニニニニニXミヽ ∨ヾヽ
    .∨    /   しイ   /  /   y ヽ ||ニニニ>≦ニニニニニニ> '   Vヘ ∨小\
    Y    代    |⌒) }⌒)/__) ノ===示=≦ニニニニニニニ> '       |ミl   lニニム从
     ゝ弌        ゝイ ト=込-<ニニニニニニニニニニ> '           jミ| ./  /V小、
       \   イ     >==r=======> '               ノミノ=ム∠=≦ニニニヽ
         `Y´            レ㍉込//            z<三ニ=ー \\ >ーく小
          ゝ-弋    /    辷_/ /           z<三三        `ヽ`ヽ  }り
             \=彡    /..:::/ /         z<三三三          l |  |/
                   \イ  // ::/ /        イ三三三三           | |  l
                {代. // .:/ /      イ三三三三三(           ノ .ノ .ノ
                   ゝ彡辷.ノノ__ ャ≦三三三三三三三>ー---------イ¨¨´




ヘ.   \/               > .,
.∧   \                  > .,_
 ∧    \                    ヾ`
  ,∧       ∨,.             ,ィ   ヽ
/   \   У   .,____,,.. ,, イ メ∠l |  i  ‘,
      \ /    ,.イ  ー''" -≠‐- ,リ゚{} /! ハ  }
       Y    /| |        、   /'゙/l/// ! /           あら、随分と行儀が良い人間ね
,/      {   / .| |       \,/ / '/'゙  j/
,       ∧  i  ヽ!          ` !                  今回は森を出て焼き滅ぼす必要もなさそう
      / ∧ |             \             ,.
    / ,/ ヽ、              r-'           //
   /  /     ヽ         /`ー'      r 、   //
     / >..,     \    _!           | ! /,/
`ヽ < .: .: .: .: .:>., /  ` ー '´             } |,/ /, ‐、
'/\\ .: .: .: .: .: .: .: ヾ ヽ--- 、            / /  '゙  ,/`y‐、
'///\\ .: .: .: .: .: .: .:}Yイ'///` \        i            /
,','////\\ .: .: .: fr /// 、////` \       |        /
'///////\\_ {{ノイ/\\/////`‘,      |         /
'/////////\\_` ー ,∧、\\/////,', r─‐┴- .,,_   /
\/////////∧ ≧=- 、 |il⌒ヽ ∨///,l! ,!:: :: :: :: :: :: :: 〉/
  \////////∧∨/7r.、f>=∧∨///l ヽ:: :: :: :: :: ::./::`ヽ
   \///////∧∨{{O ,,.. 彳!∧∨//l| ≠≡=- ::,;_':: ::/



  さて、ここで人間……というより、その代表のシマズ家と森人の関係について軽く触れておこう。

  薩摩の支配者となったシマズ家であったが、彼らが長らく支配者としての地位を維持できたのは、森人と良好なお付き合いをしていたというのが大きい。

  というのも、薩摩の領内には広大な森と山岳が存在する。

  そして森は森人と呼ばれる異種族の住処。

  シマズ家が支配するまでの薩摩の歴史は、人間と森人の生存競争が繰り広げられていたと言っても過言ではない。

  人間社会と森人社会は、長年敵対してきた。

  それが友好関係に転じたのは、ひとえにシマズ家が力によって薩摩に暮らす人間を統制できたこと。

  シマズ家が森の開拓に全く興味を示さなかったこと。

  なにより、不遜な態度で人間を見下してくる森人の言ってることが、ろくすっぽ理解できなかったことが大きな要因である。

  互いに互いのメンツを潰さず、適度な距離感で良好なお付き合いができたのだ。



8068 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/02/21(日) 17:35:03.61 ID:is1WxnaE


8069 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/02/21(日) 17:35:56.06 ID:uk+ldO88
理解できなかったは草

8071 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/02/21(日) 17:36:20.71 ID:QY6gWKXr
何言ってるかよくわかんねーから森を拓くことだけはやめといたら大体えーやろw
ってことか

8072 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/02/21(日) 17:36:30.74 ID:9z+1Owqw
小難しい皮肉は分からないぞ

8076 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/02/21(日) 17:40:05.33 ID:Y7r0vXUr
何言っでがわがんねぇよぉ!
だからとりあえず相手を尊重しもす!!



8077 名前:ゴジュラス@◆ZX2DX6eltM ★[] 投稿日:2021/02/21(日) 17:50:46.82 ID:D91FianA



  | //::::::::::i|//, - ' -=ニ二:::::::::::`::::::::::‐-...........、__:::::::::::::::::::::::::::::≧、
  ゝ::::::::::::/               <:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\`ヾ
   〉:::::::::::|                 ` ` ー  ‐- 、;;::::::::::::::::::::::::≧:、
.  /::::::::::::::i| \ ,... ` - 、        -=ニ三::ヽ \:::::::::ト 、:::::::::::::\
.  ,:::::::::::::::::::::ヽ ヾ::::::\  \ヾ::、    , ヘ ヾ:::::::::::::≧\:::::\`ヽ:::::::::::ヾ
  |:/|::::::::::::::::::::\ ヘ::::::::::\  \:::\|::::::ヾ 、/\丶:::::::::::::::::::::::ヾ:::::::::::≧=-     森人の言葉はわからんが、良き武人が多いのは分かる
  { |:::::::::::::::::::::::::::ヾ:|\|`ー-:::::_;;\\`>/ヾ__\::|\|`  ̄ソ≧ヾ` ̄
    !::::::::::::::::::!\::::::::\―--- \:::::::::\'´ イ'  ̄ミ、 ヾ ! ゙/ /:≧、ヽ          酒を持っていったら山の幸をくれるし、きっと気持ちの良い連中に違いなか!
   ヾ::::::::::::::::ヾ \:::::::ト     `ヾ`-ヾ:::\,       } | /ヽヾ、, - 、  , - ―
     ヘ::::::::::::/、 `-::\_ _ ,    `ヾ           | ::ヽ  ヘ  ヾ´        おまけに安酒のお返しが交易で高く売れるとなれば、笑顔満点万々歳よ
     ヽ\:::::::::\   ,ィ'´ ̄ ゙̄                  !:::::::::ヘ   ヽ  ヘ ヽ
       ヾ\::::::::::\´          ヾ、       .!::ヽ:::::::〉   !   .!  }
         〉` ̄ヽ`              _       .|:::::|::::::|   |.   !ヘヾ、
        /  リ |::\       _    ,'::/  |  /:|::::!::::::!   !  ! ヘ
      _ヾ 〈 /:::::::::\      `ヽ::::::::ノ  , イ| ./::::!;/!::::/   |  |  |
    ,、/   〉 \ , -―:::\   、__ ,  イニニノ /:::::| | ソ     |!    i:}
――'´ ./  :::/ ヽ  ヘ  /::::::::\  `ー  ´     /::::::::! !/    i!     ソ
  / ./   {:     \ ヘ  ::::\         /::::::::::|:::/      ソ!    /
  /  !   ヾ     \ ヾ、 :::::::`ー-     イ:::::::::::/:::::i/     /::}   /
  |  .|    ヽ      \ ヽ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ |    /:::/   /




     /
    ./: : : : : : : : : : : : : .∧: : : l: : : : : : : : : : : : : : 、  :    : \
   /: : : : : : : : : : : : : : :l ヽ: : l、: : : ゝ: : : : : : : : : \_: :      :\
  ./:        : :./: : :l   ヽ: .゙、: : : :\: :     :: .ヽ ̄: : : : : : : :\
  l: : :   l    /: :/l: l. r‐、oヽヘ´\: :\: : : : : : : : : ゙、: : :      :.\ __
  |: : : : : :l: : : : :./i: /`l: トo{;;;;}  ヾ、  `ヽ、\: : :、: : : : i: : : : : : : :,; -‐''"x´           あら、また貢物を持ってきたのね
  |: : : : : :l: : : :./ l: l  l: l      _,>''"´ `` 、_`ニニ=‐: ;  ''"´ r  /: :\
  l: : :l: : : l: : : :l__l: l_リ     ´  -ニニヤヒ_ l`: : : :.l'"´ィ''"   ノ ./ : : : :.\         相変わらず何を言ってるのかわからないけど、山で採れた余り物
   ゙、: l: : : ゙、: : l ∨___`      , ィヘil:. .:il, "  l: : : i: l/´ .)  //:: : : : : : : : :ヽ        を渡すだけで、上等な御神酒を持ち込んでくれるのだから
    ヽヽヽ: :ヽ:トキf=rネナョュ      ‐ゝ‐''"    l: .;イ/ f´-‐, ィ'":: .   :: : : : .: : :ヽ
 _,, -‐ヽ、ヽ、: :ヾ、 ゝ乂_j艾               ノノノ >'"´:: : : : : : : : : : : : : .   ヽ      随分と都合の良い人間もいたものね
 `゙'<.  ヾ ゝ : ヘ       ノi         /" /"´:: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヘ
     ` ー---+、l.〉      ヽ          ,イ:: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :l
          |: リ.人      _ _ ,      ノ l:: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : l
          |: '"l: :.>.、     -     ,イ.  l:: : : : : : : : : : : : : : : : : : :.l\: : : : : : : :l
          |: : l ヽ: : : :>..      <    lァ:: : : : : : : : : : : : : : : : : : :l  \: : : : : :l
          |: : l  ヽ: : : :f'<|>-- ´     /:|:: : : : : : : : : : : : : : : : : : :l    ヽ: : : : l
          |: : l   \ : |.:.:\       /.:.:.:|:: : : : : : : : : : : : :: : \: : :l    l: : __,l =‐'"}}
、          ゙、 ゙、    ゝ-|.:.:.:.:.``ヽ、  /´.:.:.:.:.:.|: : : : : : : : : : : : : : : : :__,, -‐::'"::::::::::::::::::::l |
::`` ー--= ____\\__x‐、ノ.:.:.:r‐‐、.:.`Y'.:r‐‐、.:.:.ト、_r‐、__: : =-‐''"´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l |
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ̄ ̄:://.:.:.:.:.:.:||.:.:.:).:.:|||.(.:.:.:||.:.:.:.:.:..:ヘ ∨::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l |
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/〈.:.:.:.:.:.:.:.ゞ、.:.:.:.:.|||.:.:.:.:.ノ.:.:.:.:.:.:.:.:.〉 ∨:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l |











      ____
     /      \
   / ─    ─ \
 / -=・=-   -=・=-. \     (なにこの、互いに噛み合ってないようで奇跡的な噛み合い方してるwin-win関係……)
 |  u ,  (__人__)  U |
 \    ..` ⌒´   .〆ヽ
  /          ヾ_ノ
 /rー、           |       ※統一言語作成にあたって、しっかり森人の言語も勉強した若様
/,ノヾ ,>         | /
ヽヽ〆|         .|



8079 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/02/21(日) 17:54:06.05 ID:CGzC8iIX
安物と残り物でつり合いが取れておるw

8080 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/02/21(日) 17:55:30.51 ID:JRmv8GT5
安酒と言いつつ自然そのものだから高級酒より森人にほ喜ばれるとか普通にありそう。

8082 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/02/21(日) 17:59:06.44 ID:RBssUo+8
余計な装飾が付いてない分噛み合ったのか



8083 名前:ゴジュラス@◆ZX2DX6eltM ★[] 投稿日:2021/02/21(日) 18:00:58.36 ID:D91FianA



      _,,..-――-..,,_
     /      __ .`ヽ、
    /        /_   ヽ
   ./       ./,,旬丿   ',
  .,' ,.-―‐-   └''"´     l
.  l   ==  .、__ ) 人  .l
.  |    ゝ__ノ_,,-'' ,  Y  /
   ',       ー''"    /
   ヽ _     -‐''"´  ヽ、
     __ ̄ ̄7        ヽ
 ,--、/./   /         ヽ
..|     .{   /   /        |
..|     `''‐‐--''"    /   .|
..ヽ_         ./       |
    `゙''-..,,_    /       |
        .| `''‐''´        |
      |             |



  さて、そんな薄氷の上にあった友好関係が転機を迎えた。

  言わずもがな、こいつの登場である。

  というのも、やる夫はやる夫で森人をシマズ家とは独立した勢力として残しておくことを良しとはしなかった。

  今までのふわっとした関係ではなく、明確な線引によって外交関係を構築しようと試みたのである。



 【 森人社会との向き合い方 】 【1D3:2】
  1:森人社会の価値観に合わせ、台頭な立場で交渉を行う
  2:森人を手元において、人間社会を理解してもらう
  3:森人社会の中に分け入って、森人社会を理解しようと試みる



8084 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/02/21(日) 18:02:34.25 ID:is1WxnaE
森に侵攻する気がないなら相手から出てきてもらうしかねーもんな

8085 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/02/21(日) 18:02:53.01 ID:/Mw7t8np
おいでやす、ごちゃまぜ社会

8086 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/02/21(日) 18:03:14.18 ID:RBssUo+8
籠ってると国際情勢に対応できなくなるからな

8087 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/02/21(日) 18:04:40.98 ID:CGzC8iIX
留学生か、まぁ穏当



8089 名前:ゴジュラス@◆ZX2DX6eltM ★[] 投稿日:2021/02/21(日) 18:10:38.27 ID:D91FianA



                     -‐=¬ -―…―-
                   /      |
             /       . -‐====‐- .  \
                   / x==ミ     (⌒) ┐ \
                  /{  〈/¨¨⌒ー‐      |:    ー┐
           /    /  /ゝ=-/     ̄ ̄ ̄\ 八    ∧
             /    /  /O  /    / /    \ \_/O
         /          ゚   ///ト/  //   } ノ{´  { o|
           /   |_f「‐┘/│ r==トミ ./|   ノ },//⌒ヽ¦    私は、シマズやる夫の妻のジャンヌ
      /  /    Y^Y ∨| :|  圦_爪`ヾ | :/「 ゝ'^{   ;
     /  /   /  八_ノ  八:|   \ン    |/:│0 /  / ./     此度は互いの友好を更に深めるべく参りました
    ⌒¨¨ア    /   〈∧〉 ! \       厶イ x≦ /〈/
    ー=彡  -‐ァ   /    \’            〃厂 /{
      /  / /i/   ′  |\            〉' //〈
     /Y ∠   ´ /  /::.   |      -     .::/ |⌒´
   /   |/'^⌒ 厶イ   ∧  :ト.       ` ..:::::;   |
  /{ /^ー‐=ニ /└'f^Y ∧ |        ..< /   ,人
. /Y__,,.. -=ニニニニニニニ% \   .::≧o。o个./;   /\{       ※森人的価値観においては魔力が高いほど尊ばれるので、
‐=ニニニニニニニニニニニ ∧〉≧==く}  ⌒^ 厶イ           外交官として起用された、教会勢力随一の魔力の持ち主
ニニニニニニニニニニニニ∧〉⌒Y Y,〉=-
ニ^ir=ミニニニニ|ニ 〉〉ニr=ァ 〉  :}|  }|∨ニ=‐-
ニイ/ニニニニニ|ニ://r=く=\\ \rノ, }ト.ニニニ
=//ニニニニニニ/fア¨ニニ 丶.\ //ニ%ニ:/ニ
//ニニニニニニ//ニニニニニ=-\__/ニニニ%/ニニ
. ニニニニニニ//ァニニニニニ{{ニYニ}}ニニ∨ニニニ




     /
    ./: : : : : : : : : : : : : .∧: : : l: : : : : : : : : : : : : : 、  :    : \
   /: : : : : : : : : : : : : : :l ヽ: : l、: : : ゝ: : : : : : : : : \_: :      :\
  ./:        : :./: : :l   ヽ: .゙、: : : :\: :     :: .ヽ ̄: : : : : : : :\
  l: : :   l    /: :/l: l. r‐、oヽヘ´\: :\: : : : : : : : : ゙、: : :      :.\ __
  |: : : : : :l: : : : :./i: /`l: トo{;;;;}  ヾ、  `ヽ、\: : :、: : : : i: : : : : : : :,; -‐''"x´       (これは……素晴らしい魔力ね)
  |: : : : : :l: : : :./ l: l  l: l      _,>''"´ `` 、_`ニニ=‐: ;  ''"´ r  /: :\
  l: : :l: : : l: : : :l__l: l_リ     ´  -ニニヤヒ_ l`: : : :.l'"´ィ''"   ノ ./ : : : :.\     (人間にもこれほどの使い手がいるとは)
   ゙、: l: : : ゙、: : l ∨___`      , ィヘil:. .:il, "  l: : : i: l/´ .)  //:: : : : : : : : :ヽ
    ヽヽヽ: :ヽ:トキf=rネナョュ      ‐ゝ‐''"    l: .;イ/ f´-‐, ィ'":: .   :: : : : .: : :ヽ
 _,, -‐ヽ、ヽ、: :ヾ、 ゝ乂_j艾               ノノノ >'"´:: : : : : : : : : : : : : .   ヽ
 `゙'<.  ヾ ゝ : ヘ       ノi         /" /"´:: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヘ
     ` ー---+、l.〉      ヽ          ,イ:: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :l
          |: リ.人      _ _ ,      ノ l:: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : l
          |: '"l: :.>.、     -     ,イ.  l:: : : : : : : : : : : : : : : : : : :.l\: : : : : : : :l
          |: : l ヽ: : : :>..      <    lァ:: : : : : : : : : : : : : : : : : : :l  \: : : : : :l
          |: : l  ヽ: : : :f'<|>-- ´     /:|:: : : : : : : : : : : : : : : : : : :l    ヽ: : : : l
          |: : l   \ : |.:.:\       /.:.:.:|:: : : : : : : : : : : : :: : \: : :l    l: : __,l =‐'"}}
、          ゙、 ゙、    ゝ-|.:.:.:.:.``ヽ、  /´.:.:.:.:.:.|: : : : : : : : : : : : : : : : :__,, -‐::'"::::::::::::::::::::l |
::`` ー--= ____\\__x‐、ノ.:.:.:r‐‐、.:.`Y'.:r‐‐、.:.:.ト、_r‐、__: : =-‐''"´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l |
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ̄ ̄:://.:.:.:.:.:.:||.:.:.:).:.:|||.(.:.:.:||.:.:.:.:.:..:ヘ ∨::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l |
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/〈.:.:.:.:.:.:.:.ゞ、.:.:.:.:.|||.:.:.:.:.ノ.:.:.:.:.:.:.:.:.〉 ∨:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l |



 【 人間社会に毒されることになる森人とは? 】 【1D10:3】
  1:王族
  2~7:貴族
  8~9:平民
  10:奴隷



8095 名前:ゴジュラス@◆ZX2DX6eltM ★[] 投稿日:2021/02/21(日) 18:18:02.72 ID:D91FianA



            /ニニニニニニニニニニ=-   _
           /ニニニニニニニニニニニニニ=- 、
         /ニニニ=>  ̄o  ̄ ` ≪ニニニニニ=-、
            .ニニ= / ○ _ r fヽ  ̄ ̄` ≪ニニニニニ:.、   _
.           |ニニ /o   ´ | | :| \.}  |   `≪ニニ≫‐ ´> ´
.           lニニ:/ /|   | | :|.  _Y | }   } f ´/ .rイ´
         、ニ V./.:|  ノ /! ム匕リ,,斗/   /  ∠ イニ |
.           \/{ | | ./ /イ/ ,ィf代シ   ./ _ <Yニニ|      (陛下はすぐに帰れるとは言うが、人間の暮らしを学んだ所で何になるというのだ)
           { | | | / /'' ノ'  {!. ゞ' /  ,  .ハ   |ニニ-|
           | | { l'⌒斗、     /イ .イ /!    .|ニ=_/       (こんな茶番はすぐに終わりにして、早く森に帰りたい……)
            乂 ! .乂癶以        }/ | Y l     |ニシ
      .ヘ      \、 .ハrヽ _     _ノ\人___   |¨´
    ヘ: : : :\ ⌒ー――<ノ:::::ノ -≦ニニ八( }三l- 、|
    {: : :へ: : :.v: : :\:7 ̄ r≦ニニニニニ≫八}ソ≦=r=≧:、
   ∧{: : : : Y:::||: }:廴}// >ニニニ=≫ ニニニYイニ |ニニ ヽ
    {:::r': : : :}:|::::L込ノ  /∠ニ7 ≫ ニ≫≦へ\Y)ニ|ニニ=∧
  /:::/: : : :/ノ ' / イ ⌒ヽ }/=≫ ´.r=≦ゝ、寸Y寸.ハニ/\∧
. /:::::レ⌒V:! イf ̄__:/    {==/ ....<:>:::::::ヽ}ノゝソニニヽ } }∧      【 人間社会の勉強に送り込まれた森人貴族:アレイン 】
../::::::::: へ::::|l: : |:::::|.        =/,.::::::/: : :rノV:ハ vハ )ニニ=.| |、∧
:::::::/: : :.:Ⅵ|: : V:::ヽ       .{ {::::/:.: : : :./: : v::::: |={イ)ニニ  |、\\
:::::{: : : : /.:|ハ: : ヽ::::::\  /::::〉!:::{: : : : :/: : : :}::::l |;7ノニニ .7 /∧. \ 、
::::::ゝ:<::::: ノ !:\: : :.<::Ⅹ:::/::::\v: : :/: : : : : : : イヲニニ V // Y   \\
\:::__彡': |ハ |:.ヽ:/:::: /:/:\: :`:.:/: : : : : :.:/x彳|ニニ7 ∧ゝ.!.     \\
{: /: : : : : :}:.レへ/|::::::::/:::/:::::へ: \:/: : : >r彡ニ||.ニ7 ∧ニニ|\     \\




 _≧s。.    / †  /     / /   /   /   /  |   \:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iヽ
\⌒ヽ ≧s。l  イ' li     / /  /   /    /}  ハ     ヽ :i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i
\ ヽ  \ ≧/'  li   ' / ≧s、   / '    '  /   .      Ⅵ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i
.Ⅵ 、 \  \ '   li  / ,,.竓=ミx X  /  /  ,./   |i   }   Ⅵ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i
  、:i:\ ⌒ヽ i:   li   〃´ん ハ㍉\  /  斗匕⌒ |i   ,   , Ⅵ:i:i:i:i:i:i:i:i,
  > \   |i   li   l{  r 'し :リ  //     ィf示芯㍉ /  / i:i:i:i:i:i:i:i/    (そうだ、さっさと終わらせて森に帰るのだ)
/  /  ゝ  |i   li  |  ゞ= '  /       )し' i |   / | |:i:i:i> ´
. /  / _i|i  八  {  `¨¨´          乂z:ソ ,   ,:  , | ̄ ̄ ¨ヽ    (私は森の民、人間社会になど染まったりはしない!!)
   / r':i:i:i:i:i|i:     \ 、         }    ` ― / //: /  '  ̄¨¨¨¨
-----=ゝ :i:i:i:i|i:     {\、       _        /イ ,: /_| ,____
:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:|i:     {:i:i:\≧s。.. /::::::::: ヽ       / ///イ  ! /
:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:|i:      、:i:i:i:i:i:i:i:i:≧s。. ::::|      ':  / ハ ノ'
:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:..         \:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:≧s。   / Ⅳ  / :
:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i∧          \:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i< |i |.ヽ ∧. \
:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i∧           \:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:\l/ ヽ :.   \
:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i∧            \:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i} ヽ } li.   \ \



8096 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/02/21(日) 18:19:12.50 ID:j+x5xX98
即堕ち2コマの予感w

8097 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/02/21(日) 18:19:16.76 ID:VLSu793c
なんという綺麗なフラグ建築

8098 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/02/21(日) 18:19:40.30 ID:o9MeTzrn
ここから人間文化へ堕落するだなんてびくんびくん



8101 名前:ゴジュラス@◆ZX2DX6eltM ★[] 投稿日:2021/02/21(日) 18:26:17.94 ID:D91FianA



__ ‐=ニ ̄_ -ー'      ||i||i||i||i||i||i||i||i||i||i||_ ‐ニ三三三三三三三三三三ニ=- T:丁::|: : |
_ニ=‐ i||i||i||i||      ||i||i||i||i_  ┴ニ三三三三三三三三三三二=‐  丁:::|::::::|::::|__」‐┘
ii||i||i||i||i||i||i||i||     _⊥‐=ニ三三三三三三三三三三三ニ=- :丁::|:::::|:::::|__」‐ー≪二二≫
|i||i||i||i||i||i||i||i||_  -=二三三三三三三三三三三三ニ=-T:丁:|::::|::::|__」‐‐<\\`'く二⊇_|
|i||i||i||i||_ ┴ニ三三三三三三三三三三三ニ=‐:丁:::|:::::|:::|__j_ノ--< \\\\\\ `'く二二|ヽ
_┴ニ三三三三三三三三三三三ニ=- :丁::::::|:::::|:::个o。'´ \\\\\\\\\\\ >  丿
三三三三三三三三三ニ=‐ 丁 |::::::|:::::|::::| :: ノー'⌒´| | |≧s。 \\\\\\\ 。s≦〈'^Y¨¨´ |i
三三三三三ニ=‐¨丁:::|::::::|:::::|::::|__ノ-‐''⌒´      | | | ̄广7ァs。 \\\ 。s≦⌒   ∨j|   |i
三三=-..:: ̄|::::::|::::::|:::::|:__ノ、_ノ-'゚ ⌒ニ=‐   _    | | |< 〈〈 h|||>,。s≦'∧ ヽ ニTT_ ∨==≦7
。si「:::::::::|:::::::|::::ノ、_ヘ¨ ̄∨∧〉ニ=- __      ⌒ニ=| | |  ∨巛i |||    /∧ ヽ .|フ弋| '. .γ´::`ヽ
:::::|:::::::::::|__ノ'7^Y/'∧  〈 り=- _ ⌒ニ=‐ ..,,_  | | |⌒≧s。 _|||     /∧ ノ Lニ.」  ', .{::::::::::::::}    あいよ~、串焼き一丁!!
__ノ、___,ノイ|∨   Y/'∧  ∨ /  ⌒ニ=‐ .._  ゙ニ=| |_|_,.、-''”  |||      厶_,.。s≦:i:i:i:∧ゝ:::::::::ノ
ヽ、     .||::{  y }'v'´ ゚。  ∨ /       ⌒ニ=‐:| ``''<ニ>|||   ,.。s≦⌒∨:i:i:i:i:i:i:i:i:i:∧ぅti爪      姉ちゃん可愛いから一本おまけだ!!
  ,> '"´||`ゝ ゚ノ {  ゚。  ∨ /     ___,,.  -┴-  _  ``''|‐''"´      ∨:i:i:i:i:i:i:i:i:i:∧//∧
||'´ |_,,.‐:||''"^^''ー-乂_゚。   ∨  <  ̄      γ´ ̄`ヽ- _|          ∨:i:i:i:i:i:i:i:i:i:∧i⌒i
||  |` .,||  ___, -  ̄|i|i|∧  ∨   」 |-   ̄``丶、乂______乂 イ  i<二>i   ∨:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i∧_ノ
||`ニ=- ''||"´  _,,>i |i|i|i|仏  ∨<_,| | ⊆⊇。s↑|>| |''"´| | |x====x<ニ>∨:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:∧
||.|≧o。.,。||‐=''” _,,<二>仏  ∨_i-| |:r<__>i>'゙ | l≧s| L_|`¨¨¨¨¨¨´|x===x,∨:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:∧>
^ <⌒| ||。s≦⌒)^\___」_‘,   v=ニ¨|=====|   | |  |_l |======|≧=‐=≦∨:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:∧|
_    >||<)\)\)ヘ,\价价s。  ∨//|=====|   |_|_   乂 x===x人/////厶Vi:i:i:i:i:ニ=‐ ¨
ニ=-⊂⊃_|__`'マ⊆⊇ヘ \介公> ∨/≧=‐‐=≦  i<__>i  {`¨¨¨¨´}   ̄    ¨¨¨´
ニ=-| _<__>`'マ_jI斗f七だ⊥」-┘         乂   乂  `¨¨¨¨´
。si| |=| |=|-‐ァォーi|  :||_<___ノ゙|             ̄
⌒>' _,.。s1↑|  |  :||_,⊃|≧=‐=≦|
。s1↑_」。s1↑|^Y^Y:||=-=|≧=‐=≦|




.           /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i\
        /:i:i:i:i:i> '' O  ̄` <:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i\
.         /:i:i:i:i:i/ O ,,  '" ハ⌒ <:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i\
        /:i:i:i:i:/ O ,      ,'       \:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:\
.       /:i:i:i:i:i:i|  /  '   , /' i i     \:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:\
      {:i:i:i:i:i:i:i∨  /  //  j ハ       ヽ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i`
        \:i:i:i:i:i/   'i  '  '  / ' |i |j    Ⅵ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:}          二二
         \:i:/ '  / | / /― /――|i‐从  i   Ⅵ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/      //      \\
         //  / イ /   / ,,x====ミ|   |   Ⅵ:i:i:i:i:i:i:i:i/       { '    ̄ ̄ ̄  `       おお!! 心遣い感謝するぞ、店主!!
          //i  { {,,x=ミ   〃 辷_ソ爪  |----ゝ-= _:i:i/        V  /  ̄ ̄ \  \
.         i { |  | 爪vリ  .:/.:/.:/.:/: /    |__ -=―‐____ >        ji  i       ヽ       ん~……この香ばしい香り、最高だ
          v' |  |  Y〈         ノ'    从-‐ へ:i:/            从 |
.          八 人 八  -     ⌒}  / \    \             \    ___    i   }    そしてこの、くぅぅぅ~~!!
           ヽ \ ヽ ヽノ     ィ⌒リ―――=ミ ___\           ,, <:i:i:/   }  ,'
              \ \_   彡i⌒リ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:≧ミ\____ ,, <:i:i:i:i/    /  //    酒とよく合う! 店主! もう一杯頼む!!
              /ヽ >'':i:i/:i:i:il イ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i://:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i\:i:i:i:i:i:i <____ /  /:i:i:i:
              / /:i:i:i:i/:i:i:i:i:i:{イ{:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i> ''      /  /:i:i:i:i:i:i
            / Y:i:i:/:i:i:i:i/:i人''V:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i>'' :i:i≧=- ___彡'/:i:i:i:i:i:i:i:i:                  あいよ~!!>
             /   }/:i:i:i:i/:(O):i:i〈_〉:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i>'' ≦:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i
       /⌒´   / Y:i:i:i/:i:i:i:ir-====〈_〉==========-=≦:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/`<:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i
.      //    /  / i:i:/:i:i:i:i:i//     〈_〉\\:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/ ―  Y:i:i:i:i:i:i:i:i:i
      { i   /   / |'{:i:i:i:i:i:i://      Y〉  =r==================</     八:i:i:i:i:i:i:i:i
      | 乂'_   /,/|:{:i:i:i:i:i://       〈,〉   {:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i\ 、:i:i:i:i:i:i:i/       /:i:i:i:i:i:i:i:i/
      | <⌒ ' /:i:i八Ⅵ:i:i:i{ i         リ    ',\:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:\ 、:i:i:i/       /:i:i:i:i:i:i:/ /
      >  `,/:i:i/  \:i:i:i:\ 、         /      \:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:\∨       /――< <_____
     /   /:i:i/   {:i:i\:i:i:i:\ 、      ,       ',  \:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/      / ̄ ̄> '':i:i:i:i:i/




               ____
             /       \
           /  ⌒   ⌒  \      楽しんでくれてるようで何よりだお
          /  (●) (●)  \
            l    ⌒(__人__)⌒    l     ちなみにやる夫のおすすめはね―――
          \     `⌒´     /
          /              \



  森人とは、禁欲的な生活で知られている。

  しかし、根っから禁欲的な種族かと言われると、そうでもない。

  それ以外の生活を知らないだけで、食欲もあれば性欲もある。

  そして、そんな彼らに人間社会の暮らしは、誘惑が非常に多かった。



8105 名前:ゴジュラス@◆ZX2DX6eltM ★[] 投稿日:2021/02/21(日) 18:31:10.76 ID:D91FianA



               ____
             /      \
           / ─    ─ \     ああでも、そろそろアレインともお別れか
          /   (●)  (●)  \
            |      (__人__)     |    早く森に帰りたがっていたもんね
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \




                 ////// { ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \/////////∧
                 {//////{ ________ ヽ/////////
                 {/////// i  i/i i/ i i}i i|i i i|i |\////////}
                      {///// |i i / iイ i iイ i/ ヽi i|i|i i\///// }
                  V// |i i |i i/レ'|i/ レ'   Vヾ||i| |/////}
                ___\_|i i |i /\_}/   、__ ノ レ|i| |////      なっ、そ、そんな事はないぞ!?
                ` 、_ |i i |  ≧=z      xz=≦!i| | ̄ ̄/
                       |i i |i' 弋:ソ      乂ソ |i i|i i| ̄         あれは、陛下の前だからそう言っただけで、
                      _|、i| ', ///      /// ,' i |i i|          本心では、その……
            __    _ -‐  ̄   ' |i i 、    '      /}/ }ゞ_
      / ̄   \            |i i| \  -‐-   /  {iλ {             き、貴殿がどうしてもと言うなら!
     /  ____.\_____ !i_ i| - 、`__-_ <  //{iヾ }   ̄ ̄ \__
    / ヾ─-<\ ̄/` ‐-- ‐  ̄ ̄ ̄/ミヾi }ヽニ.}ノ ./ }ヾ':}\}        / ̄    しょうがなく、残ってやっても……
  /  /三 / /三'y'三三三三三三三 /三ゞ'ノ> / ノ   / ヾvヽ \───‐<
/   '/ニ{ _} 三 /三三三三ニニ 三 /‐ 、__  ̄ゝ'`  /{  ヾiヽ  {      ` 、
    {三三 ノ三三\三三/    > ´    、 \  //_   ヾiヽ {         \──
    `  <三二  ´ ̄ ./    / ´         ヽ ,\_ノ   ‐ 、 ゞlヽ }______ / ̄\
      /         /     /'          V        ゙'',ヾ}、三ヽ
     /       /|   / l           ,             ,ニヾ、三\r─‐、
              /| i|  ./  >⌒ゝ‐ ´'、       l        _ i__ヾ:}て三三三i{
          , ' |i |  /  {三三三三'    /i       /三三 .}{ノ三三三三}ニ
.         /  |i |/{、  \三三三ニゝ ,ノニヽ     /`ヽ三/| }三三三三三ヽ
         ′ | i|ヾ | \   ` ‐--‐ ´ニ三三ニ`= 二三三三./ .| {三三三三三三\
         /     |i |i ヾi i ゝ   V三三三三三三二≧ --‐  '´  |  \三三三三三三\
.       /    |i |i  i i  }   } V三三三三三三三 / `{\/    `  ‐- 三三三三` ──
       /       |i |i  i i  }     \_/\__/\_./    }三` ‐-、       `ヽ、三三三>´\
.      /     | i|i  i i  i\_ }                }三三三\ ̄/// ̄ゝ-\/ゝ_三ヽ\
     /         |i |i  i i  i  i  {        i        \三三三/-< ´  /⌒\}ゝ- __r、\ }ヽ }
      /        |i |i  i i  i  i {\               / \三三三\` 、'      \_}-f`i`\/
.    /         i |i  i i  i  i {三二ヽ_            / /  ̄\三/   ゙ ,         ゝゝ-'
   ,         、i |i  i i  i  i {三三三三}           //             ,
.  /            ヾi  i i  i  i ヾ三三三ニゝ _ _   /{/             i
  /            \  \{  i  /ヾ三三三三三三/  /ニ'  /{   /三三三三三}
. /                \i { \{、/   ヾ三三三三/二二二 { {三 \__/三三三三三三}
/                     /         ̄ ̄ヽ==、 ̄ | }三三三三三三三三三/



8106 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/02/21(日) 18:31:18.26 ID:9z+1Owqw
好きで禁欲してる訳じゃなかった

8107 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/02/21(日) 18:31:35.52 ID:RBssUo+8
無知で禁欲的なのと知った上で禁欲的は違うのだ!

8108 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/02/21(日) 18:32:22.51 ID:+DrWEVlO
知らなければ我慢できたのに…w

8109 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/02/21(日) 18:32:32.90 ID:VLSu793c
禁断の果実を喰ってしまったエルフは森を追放されてしまう



8111 名前:ゴジュラス@◆ZX2DX6eltM ★[] 投稿日:2021/02/21(日) 18:37:44.15 ID:D91FianA



          ____
        /   ― \
.     /   (● )  ヘ\    でも、これも約束だからなぁ
     |   (⌒   (● ) |
      ヘ     ̄`、__)  |    次の人もすぐ来るだろうし、やる夫から残ってほしいとは言えないんだお
        ヽ           |
      , へ、      _/    残留を希望できるのは、留学にやってきた本人だけだから
.      |          ^ヽ
.      |      1   |




        /        /                    \    \
.         /         //   /´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\    〉
        /      |/ / /            /       | i     ∨   /
.       〈     / |  /     /   /| / /   | |     ∨ /
       \  く ̄ ̄`く    | |  |/ ∠L\|/]/|  /| |     ∨
        \  \ (  \|  | |  |/]/丁`寸h__, |/  | |  |  |  |
         \/\\ {\| |  |    jしツ   /   _厶|  |  |  |
          /   |\ 、ノ| |  |  ////     斥┬y|  |  |\|    ……こる
           |    | \_| |  |         〈 ,じケ |/|  |
         /|    |   ∨| |\|          / / / | ノ
.      / ir――‐┤   |_乂|\         r‐  ⌒フ   /|/
.      /   〉     |   |  \[\         イ|   /
   /   厂 ̄ ̄   |   |i     \ `     /|/ |.: /
  / ,ノ⌒ニ=--   |   「\    \/⌒T´] |   |/|
   /            |    .  \     ー┴‐┐|| |  |
 /              |       、  \       |人| |  |
/             |\    \[ ̄\    ┌く | |  |
  /|           | \     |   }      \| | ノ




        ____
      /      \
     / ─    ─ \
   /   (●)  (●)  \    ……今、なんて?
   |      (__人__)     |
    \    ` ⌒´    ,/
    /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
   /      ,⊆ニ_ヽ、  |
  /    / r─--⊃、  |
  | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |



8117 名前:ゴジュラス@◆ZX2DX6eltM ★[] 投稿日:2021/02/21(日) 18:43:42.84 ID:D91FianA [19/23]



      /::::::::::, ------------ 、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
       /::::::::: / ̄//  // ヽ ̄ ̄ヽ__:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
.      /:::::::::::::::::://  //     }\  .\ \ `ヽ::::::::::::::::::::: __::::::::::}
     /::::::::::::: //  // |  .ハ l  ヽ  .\ \ ヽ_::::::::/ /::::/
.    /::::::::::::: / /   / /.|   .|  | ! !   } ./ ヽ ヽ |/./ /./
   ヽ、::::::::/ /   / / |   .! / | |  /_,x≠ァ ! ! |///<
.      ̄ ̄ヽ`ヽ /_/   ! /.|./  .| |一',イ泛孑 .} } |, -'   ヽ       残ると言ったのだ!!
          ヽ / ヽ ̄|.ィ示frx .レ'    ゞ- ''lハ/ /  } 、   |  \
          <_| | { \!ヽ弋沙        / /  / }    |    !     そもそも、1月程度で人間社会を学べというのが土台無理な話
              | | ヽ ヽ.\    {        / /  /ヽ/ヽ- 、 ヽ  |
              | ハヽ、 ! ̄   , -' ̄ ̄ ̄ ̄'イ 'イ ヽヽ/!  ヽ \ \     これでは中途半端で、一体何のために留学に来たのかわからない!
              レ' `、 ヽ! r' ̄::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!乂! /   \ \
── 、_____ノ ヽ! >:::::::::/:::::::::::/:::::::::::::::::::::: ヽy! ̄ヽ.    \ \     むしろ、もっと期間を伸ばすべきだと陛下に上奏しよう
ヽヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /´ヽ_/:::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::{y.} __\    \ \
 ヽ 二二二二二____ノ__   / ̄`l ヽ、::::::::::::::::::::::::::: !ゝ', ヽ  ヽ.ヽ      \ \      だから、その……私は、残る
::::::::::/:::::__, -'" /       |//  |ヽ }::::::::::::::::::::::::: {ネノ  \_! \     \ \
ヽ/   r'  .「 ̄      / > \   { ヽ ヽ:::::::::::::::::::::{从!::::::::::::::::::::::::::::\     \ \
ノ   / |  {       //  , --.\ \ L__ ヽ::::::::::::/yノ::::::::::::::::::::::::::::::::::}\     \ \
.   {  {  ヽ       .{  / /   ヽ  ヽ  ヽ二 ̄{y/、::::::::::::::::::::::::::::::::::::|  \     \ \
.   ヽ ヽ  ヽ     /l /  {     }  }  }   }/ノ  ヽ二 ヽ::::::::::::::::::::::\  \     \ \
  /  \ \  \/  y'   .|     !  !  ,'  kソ \ \ヽ 二二二二二\  \     \ \
/      `ヽ_\       ヽ_ |     {   { ノ  fソ   \ \::::::::::::::::::::::::::::::: \  \     \ \
       _/ \ \   \ニニ ---- ノ  __X ヽr 、/ `\ \::::::::::::::::::::::::::::::::\  \     \ \




        ____
       /⌒  ⌒\
     / (⌒) (⌒)\      そう言ってくれると信じてたお!!
    /  ::⌒(__人__)⌒::: \
    |       |::::::|   ,---、    改めてようこそ、人間社会へ!!
    \       `ー'   しE |
    /           l、E ノ    さぁ、今日は祝いの宴だ! この場にいる皆も、金はやる夫が出す!!
  /            | |
  (   丶- 、       ヽ_/     一緒に彼女の決断を祝福するお!!
   `ー、_ノ




                                |l|_|l
                          \\ ,>'゙´ |
                    \       ,>'゙´    |             |l|
                    \\>'゙´  ,>'゙´|  |              「「 ! |l
                       〈    >'゙´    |  |                 | .|「 |l .//,
                       ∨ ∧       |  |         ,>'゙´ ア| .|| |l / ,/
                       ∨ ∧      .|  |      ,>'゙´'´  >'゙  | .|| レ′/
                         \∨ ∧     |  |  >'゙´ ,>ァ>'゙´     W||,,/  /
                         \__/    |  |/]>'゙´  '´           /  /
                                |l| |                    /  /
                                |l| | . r‐、, i⌒i i⌒Y     ////
                              \ |l| /ヽ |/,  '/,  ∨.    //
                              ∧ ∨:∧ .∨,  /,    r.、-、/ /
.  ,ヘ__ / /       \\  rv^!  /! /^!___  ,へ  /^i、\∧ ∨/∨   ,r‐\\\/
 ∧ ∨〈 ̄',/         (∨ | || / ; ; ∥ /\ \ \ .| ',  \! /、 ∨  |У^!\\\
_/ ∧ ∨',.  ,/      (\':,Ⅵ } .∨ レ' ∥/\   \ \_',   ヽ  ヽ .|/  〈_/_〉   ,|/
( \∧ ',|  |/    \\\ ;        /        /,\             |/   !/)  ,/|/
\、 \  ',: |     \ ヽ ,′    / _i^i^i^ii^i.,'^,', ヽ           |/  弋_{    才
、 \ ヽ   ;          { {       /  | ! ! ! !| |' //, :::∧        |   //、   Y\_
.:〉      ./         八 乂  \/\ .ヤ   /   .ハ ::::∧         ∨    |__>、 / ///
|     ,′           ヽ ヽ  /^!  キ  |   / ∧ :::\__      /\   〈///// ////
|      {_             (_入___/ ヽ 乂__入  丶/ |ヽ   アヽ  ./   〉、  ∨//>/////
::\    〉\         |  ∧   \∧__/〉イ /..: !   //  |/ .   ///\ ∨//\///
  \   /   )\.        |   :∧    \//\/_、+''" ̄ /| ,/    ,//////\'////.\
____/〉`У  ,////\      |   .:::∧      \ /| C    ,//| \ C /////////.\/////



8118 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/02/21(日) 18:45:08.12 ID:+DrWEVlO
(…堕ちたな( ̄ー ̄)ニヤリ)

8120 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/02/21(日) 18:47:38.93 ID:g/ZBiD1H
そしてこの笑顔である



8122 名前:ゴジュラス@◆ZX2DX6eltM ★[] 投稿日:2021/02/21(日) 18:57:52.74 ID:D91FianA



             , 。-=ニ二二二二二二二二ニ=-。、
        , -=≦二二二二二二二二二二二二ニニ`ヽ
       f´二二二二二二二三三三三三二\二ニニ\
       {二二二三二二二二二二二二三三=ヾ三二ニニ\
        マ三三>'´ ̄ ̄ ̄ ̄`ー<二二二三ニV三二ニ=\
        マ三f´            `ー<二二三V三二三二\       そ、そんなに喜ばなくてもいいだろう、しょうがないやつだな
            マ_j,-‐――‐-=、_        `ー<三V三二三三ニ\
        /   /   /  `7ー―-=、__    `<V三ニニ三三三\
       ,イ   / ,    /  / /     ト、_    V三二三三三三
     //    /,ィ   ,イ  / /   , i  / | i `ー<  V三二三三三=
     ´ /     !/i   // ,イ /  .,イ ,イ / l ハ i  `ーV三二ニニ三三
    __イ ,イ  , /ハ  厂i /`レi / // i /   l/ l i  i   `マ三二ニニ三
    ーi f、l //イ i i豺テミリ、レ' / ̄/厂`>r‐-l j  i   , i寸三ニニ三
     リ | iノム il l ぅ:Ucj    ノィ豺zリミ、_ l ,イ. /  / j l V三ニ=三
     i  | l//l ∧、ヽ´゚¨¨´     ´ ぅ:n:`)r洲_l/  / ,イ !i  V三三=
        ハ i' | i l 个、  〈       ゞ=' 'リ /, ' / /‐| l――――‐
      / ∧ i l ハ 圦              /イ ,ィ /ー‐| |ノ´ 二 -―
    //,イリ ,リ レ' /\  ` -        //// ̄´,リ ̄´i/
   ////    ,-=≦〔\      __ 。≦/,イ , '∠_ii l  | i ト、
 /// ,イ   ,:' /=二/=二/ゝ‐r‐ ≦ __'´///>=〕 il. l l i \
'´/,イ // i  レ'{ニ二{ニニ/三{:::レ―≦::_,-‐'礼ノ二三ニ} ハ l  l ',  \
'´/ // j  iニ{二二{ニニ廴__j∠ -‐'´¨二=/,' }二三二≧=i l   l ',
-=≦三/ ,ィ i   l圦ニニ圦三二二二三三三ニ{/ />‐'´三三=l l、  |  ',
三三ノ{| ハ i   |=∧ニニム三三三三三三二ノレ'三三三二ニニi l=ム i  ',
三,イニ| l l i   |//:ムニニム二三三三二>'{ i, }三三二二二=リ三≧=、. ',
≦/ニ=| | | ト、 i/:::/ムニニム二二二ニ/三ヽソ二三二二二二三三三ム ',




       ____
     /      \
   / ─    ─ \    (森人って普段尊大で傲慢だけど、承認欲求も強いから上手い具合に褒めちぎってやれば、こちらに都合がいい方向に
  /   -━-  -━-  \   コントロールするのは簡単なんだよなぁ)
. |      (__人__)     |
  \     `⌒´    ,/   (こっちを下に見てるだけで、根っこは素直で純粋な人が多いから、最初の距離感さえ間違わなければむしろ付き合い
  /     ー‐    \    やすい人達だお)



  こうして、留学を名目に森人は人間社会を知り、その大半が土着を希望する。

  しかし、彼らの大半が森人の貴族層であり、種族の意思決定を左右する重要な役割を担っていた。

  それ故に最終的な土着は許されなかったが、彼らは森に帰ってからも人里での暮らしが忘れられなかった。

  ありとあらゆる娯楽に溢れた生活から、いきなり禁欲生活に戻った反動は凄まじく、彼らは森に帰った後に結び付きを強め、人間社会との融和を目論む
 ようになっていく。



8128 名前:ゴジュラス@◆ZX2DX6eltM ★[] 投稿日:2021/02/21(日) 19:13:32.88 ID:D91FianA



        _ _
.         / / )
       / / /  /)
. /   / / / //    _____
./    | / //   / ⌒  ⌒\      さぁ、やる夫達は同胞! 同じ土地に生きる仲間だお!!
  / │〈   二二二) ( >)  (< )\
. /   |    | /:::: ⌒(__人__)⌒::::: \
     |    | |     |r┬‐|      |
     |\ ,ノ  \    `ー‐´    /



  こうした世論に後押しされる形で、遂にある宣言が発布される。

  「薩摩融和宣言」という名で知られる事になるこの宣言は、要約すると森人と人間は互いに対等な友人として仲良く暮らしていきましょう、
 というものである。

  両種族の間にある様々な規制を段階的になくしていき、長い目で見て相互に益のある関係を築こう。

  建前上はたしかにそうなっている。

  で、実際これを行った結果どうなったか。

  森人の人口の大半が、人間社会に流出した。

  わざわざ住み慣れない森で暮らそうという人間は殆どおらず、逆に森人の受け入れ体制も万全で経済的にも豊かな人間社会を目指す
 森人が大量に流れ込んできたのである。

  この時点で、かつて人間社会と勢力を二分した森人勢力は事実上消滅することになる。



8129 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/02/21(日) 19:15:14.51 ID:9z+1Owqw
薩摩融和宣言に草生える
田舎者が都会に行く現象

8130 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/02/21(日) 19:17:01.57 ID:RBssUo+8
少数はまだ森にいるんだろうけど大多数はどうしたってな

8131 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/02/21(日) 19:20:46.63 ID:CGzC8iIX
古い文化が駆逐されたって言い方したら残念ではあるけどさ

8132 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/02/21(日) 19:23:06.56 ID:CviftkJ3
ハンバーガーでアジアの食文化がいくつか駆逐されたのに似てるな



8134 名前:ゴジュラス@◆ZX2DX6eltM ★[] 投稿日:2021/02/21(日) 19:24:34.71 ID:D91FianA



               ∩_
              〈〈〈 ヽ
      ____   〈⊃  }
     /⌒  ⌒\   |   |
   /( ●)  (●)\  !   !    ようこそ森人の皆さん! 人間社会で生きる上で、これだけは身につけて下さい
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\|   l
  |     |r┬-|       |  /    それは、この国の公用語の習得です
  \     ` ー'´     //
  / __        /        それさえなんとかなれば、基本的に困ることはありません!
  (___)      /




  さて、ここで話を戻そう。

  公用語に制定されたヤルオ語が、何故異種族にも急速に普及したのか。

  何ということはない。

  やる夫一世は人間も森人も分け隔てなく、公用語を使う者を自らの民として公平に扱った。

  公用語が分かれば法律も勉学も思うままに習得できたし、官吏や武官として公的機関の職に付く機会も与えられた。

  公用語を学ぶメリットがあるからこそ、人は必死になって習得する。

  やる夫一世が一代にしてシマズ領の識字率を引き上げたのは、こうしたトップダウンでの政策以外にも、大衆心理を利用した誘導
 も巧みに用いた事も大きい。

  そしてこれら大衆のコントロールは、やる夫一世の十八番として何かと彼の政策に用いられていくことになる。



8139 名前:ゴジュラス@◆ZX2DX6eltM ★[] 投稿日:2021/02/21(日) 19:29:58.66 ID:D91FianA



             ___,,,,,___
       __,--‐'''' ̄´ 、  `''''ヘ― 、
    - '' ニ            冫 .. ゙'、
,,」冖 ぃ  !  ̄ t ``゙゙'ゝ、,,_ " ..丿 `¦ヘ、
彳 .. ││ ! ! ‐ ニ、   `~~゙ T゙'、  ,,......∟        今回はここまで
|∟ J┴‐」∟ 二 │      ヘ-′,, 丨〈ゝ 、
゙ゞrぇj」」i !|}l!|にl|什廾lサ n ,,_ ヽニ 〈 ''イ」l ___   お疲れ様でした
 NNNNNMMMMMMMMMノニ(⌒) /"| ゙  /
       匚i 、_、    ..i〃 九 コl厂|||! |//
         M .. _ _....、、 、 'M} '|)|||||/'' /   /
         .M   ゙ ニi∩こM/  /| |  |   /
         'M   ./ ./llj!M丿  ! | | |、  |
         M _ ィ}xニ,'〈M¦ ./___|   |
         ゙M { ゙'ニ !l!M っ j'     |   |
         'M 二 ; ./Mゞ 」┤     |  /
         NNNNNNェ ' _ィゝ│ | ̄ ̄\/



8140 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/02/21(日) 19:31:05.16 ID:lrMPxXsy


8141 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/02/21(日) 19:31:21.87 ID:9z+1Owqw


8142 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/02/21(日) 19:31:39.78 ID:RBssUo+8

ヤルオ語普及の機会としてちょうどよかったわけか

8143 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/02/21(日) 19:32:37.15 ID:/Mw7t8np
乙でした







Next  その16へ


Back  その14へ


目次へ





関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カウンター
検索フォーム
カテゴリ