FC2ブログ

ポーランドを再興したかった完結お疲れさまでした。 パワプロくん再開の前になんか短編やるっぽい? フラストレーション消化しないとえらいことになりそうなんで、やってもろて・・・(

【あんこ】6男坊から始める王朝繁栄記 その13

7770 名前:ゴジュラス@◆ZX2DX6eltM ★[] 投稿日:2021/02/19(金) 18:05:05.04 ID:dm2ruqzJ [1/26]


           i゙i゙l ̄ ̄ ̄l
       iE 、i゙ ユテ ̄ ̄ ̄テl
      / 〈 i ̄ ̄\ ̄ ̄  ̄\
     /Ο ゙i',  ___ \    ∧ ゙i
     コ`''--_j゙i',  i゙i_ン、 \__∨_゙i
   i゙㎞|   ヘ \________--/\\\\\┐      恒例の再開前ダイス
  ソ㎜|   | | |E.`i'-\|´ ̄┌―\ _\‐┐
     |、--_lⅢl |E  i゙ i \  ┌―\\\\┐
 i゙゙ 三三゙i ゙i   |E || ┌┌゙`\____i゙ |n|n| 1
 |. 三三三i |mm|E┌┐| | ┌ i  i  i ‐‐‐‐‐|
 ゙i、三三三i | 'NNNN'''‐ | .| i   |┃┃| | | | | ||
     ┌l  ̄\\NN NN'‐────────,r'
   / ̄┌   i゙i゙\\ Z  NNNNNNNNNN
|   ゙i ゙i  i゙i゙ヘヘ\\ Z     \ZZ
    ゙i ゙i  ヘヘ ,r'|\\ZZ       Z
     ゙i ゙iヘヘ ,r' | |\ \ZZZZZZZZ
      ゙i\冂匚 | |三\,\------‐'''''\
      ゙i  \ | |三   `` ̄ ̄ ゙̄i  ゙i



 【 ロムリア帝国滅亡という大惨事を前に…… 】 【1D3:2】
  1:ロムリア帝国亡きエウリッパ世界に覇を唱えるべく拡張を開始
  2:シエルタ公爵領に侵攻し、帝室の血を引く公爵家をそのまま吸収する
  3:ロムリア帝国から独立し、独自路線を進むことに


.


7771 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/02/19(金) 18:07:00.61 ID:KzGu0g4F
里帰りですん

7772 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/02/19(金) 18:12:31.18 ID:y0P2Q2fI
里帰り(物理)

7773 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/02/19(金) 18:15:31.41 ID:rXc3eQnC
故郷に錦を飾る(シマヅの旗を立てる)



7774 名前:ゴジュラス@◆ZX2DX6eltM ★[] 投稿日:2021/02/19(金) 18:17:54.71 ID:dm2ruqzJ



                  ..,,-‐''''ヽ、     / /アt卅lヘ
                /へ \ /\   / / /ⅨⅧ| |
              _ 「/    \ _ヽ〈 //lll]ll廴 'サ|ヘ、\
              / ,,,--‐''''"lー    `゙l│ヘ|l゙l亡ソ'~~`゙゙ .._ 、
              /-‐' /   l \0   ゙i   ̄〈〈    |
            / ____/    ∥       ォ ..  ゝ、ォ‐'´/        家督相続(物理)
            .| ̄       「 // ̄    _-- /、\
            |レ   ∠ニナ/   | {l三( 0) _ |  ./ ̄ヽ
            ∟_..-―゙゙’     | ヘ       |  /
          ┌/⌒/_    \ /\____/\\  |  | ,-‐-、
         ┌/⌒/\\\   ,-‐i‐|    /\ \\ |  |  \
        ┌,'⌒/\ ヘ ヘ | /  ゙i   /\ \\ |  |
        ///   \\ヘヘ\|  | l  l ヽ\    |′ソ‐‐‐、
        ( ( (_/ ヘ /ソ   /  /\\ \  | 丿 _/
        \\\\/\ヘ    l /  /‐‐‐、 \i/i  /
          ヘヘヘヘヘヘ| |vvvvvv‐'厂 /\ヘ_/〈∠/ |  l /
           `´`´,,-‐''''`'‐------'´ |__ヽ ヽ/ / ヘ | |`\
.             ヘ   (-   ヘ/ヘ  ̄ ̄´|/ / ヘ |  /
             /\\l'''''''''''''i i┘/二__iニニニ レ´ニニlヽ‐--/
            〈  ゙i\|ヘ) )\\\  \皿皿皿皿゙il'‐、__
              \ \-‐'´ノ  ''''‐-\  \皿皿皿\ |
               ヘ ゝ´´    / \―\ |\\\ |
                       /  /     \___


 【 公爵家を吸収したやる夫一世が名乗るのは? 】 【1D3:1】
  1:シマズ
  2:シエルタ
  3:両方併記

 【 「マキリ」となる前の複合国家との関係 】 【1D100:8】 + 50:心の友補正
  数字が大きいほど友好・互恵的



7776 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/02/19(金) 18:20:04.66 ID:mQPsZvV6
心の共だが国家関係は別
リアルではあるな

7779 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/02/19(金) 18:36:31.74 ID:BsbBSQ1m
まだシンジがトップじゃないのかもしれん

7780 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/02/19(金) 18:47:42.74 ID:pxY1bl5m
むしろ関係改善の結果、マキリになるのかもしれん



7783 名前:ゴジュラス@◆ZX2DX6eltM ★[] 投稿日:2021/02/19(金) 20:12:31.58 ID:dm2ruqzJ



              /i ̄ ̄ ̄/ ̄ ̄(  ) ̄ヘ
              |//i ̄ヘi``''‐‐‐---l-/ヘ
               / /‐‐''''゙i―i------/エテヘ   ヘ
               `´,,,,,/___|/l\i、\‐-| j """/l |
              /  `゙゙゙゙゙゙''''゙iハ ノ \-‐'''''´/   |
            /i        // ゙iヘ   〉  ゙i   //        再開します
            /レ'    ∠ニナ'/   |   |゙i / ゙i/ /
         __,,,/```'''‐-,,,,,,,,,/,---‐‐‐| /ヘ ゙i   〉 /     ,/
        ,' くく  /┐\゙i l |  __| | ゙i ゙i ゙i__/    /
        |┴┴/ ̄ヘヘヘベi | | /    ヘ/    \\/  /
        ゙i ̄l |  | | | | |┤∟_l三( 0)/ ,----、  |ヘ-‐''ヘヘ
         ゙iMMMNNNNNNN//  ̄/ ̄\    ゙i  | \ ゙i ゙i/
          MMMMNNNN// ̄// ̄\\\  |  |  ゙i   /
           \  l   ,--‐‐''''/ / /\____/三( 0)゙i  ヘ/|
            `''''''''''´´i´ヘ,,,,,,,〔 ヘ三( 0)   /\ /  ゙i
              _-‐‐‐‐‐-、/ ゙̄i゙i゙i    /ll,'li]三( 0)   \
  ∧∧ /i ̄‐‐v‐'''''l /∩\三( 0)   /|ll,'li]l]illl   / /
  | | └´──┐/|        | |\__// |  / /
  | |  |     | ┌'''' ̄ ̄ ̄ ̄| | |//\ |/ /
  \i`''''''‐‐‐‐三( 0)____|_|//  \\/
     ̄ ̄ ̄ ̄-─────''''''''''''''''´


.
7784 名前:ゴジュラス@◆ZX2DX6eltM ★[] 投稿日:2021/02/19(金) 20:15:10.54 ID:dm2ruqzJ



      _,,..-――-..,,_
     /      __ .`ヽ、
    /        /_   ヽ
   ./       ./,,旬丿   ',
  .,' ,.-―‐-   └''"´     l
.  l   ==  .、__ ) 人  .l
.  |    ゝ__ノ_,,-'' ,  Y  /
   ',       ー''"    /
   ヽ _     -‐''"´  ヽ、
     __ ̄ ̄7        ヽ
 ,--、/./   /         ヽ
..|     .{   /   /        |
..|     `''‐‐--''"    /   .|
..ヽ_         ./       |
    `゙''-..,,_    /       |
        .| `''‐''´        |
      |             |



  やる夫一世。

  青年期の彼を一言で表すのであれば、「人材蒐集家」以上の言葉はないだろう。

  シマズ伯爵家の養子となって以降、彼はシマズ家に多くの人材を呼び込んだ。



7786 名前:ゴジュラス@◆ZX2DX6eltM ★[] 投稿日:2021/02/19(金) 20:23:02.50 ID:dm2ruqzJ



                  /        /´ ̄`'ー'’ __ : : :ヽ.`ヽ
                    /   /   / ヒ弐: : :.f¨´: :ri〕 : : :ム. ‘,
                      /   /     /ぇ,,_: : : : :.ゝ'ヘ 》:r-、: : i}:,. i!
                  /   ,   /  , √r': : /`ヽ: : V:》, ゙:,: :} :,
                /    ,   i  i!弋ノ: :j{  \ }: :ノ :リ〉, .L:i} :,
               / イ   i  イ  i!ゝ-: : i!ヽー ノ: :`¨´::/ノ ! ト、 :,
             ー ' ノ   ノ/ i!   .i}`'ー:ノィ忙ミ、\.: : :./iリ.! ;! {》=-ュ、
              /八 ' ´  i!   i}>''ヘ 乂シ  \/  八ノ i!`ヾ:、 ヽ
                /  ゝ   i i!  ,《〕   :,        ′′}! 八
              ;! /`i! λ i! 彡' ノ、    :,   、 _ ,  / ;! .i!/
                 .イ! / ゝノi  ;! i} ヽ.  i}s。.    イ /ゝ'′
                    / i!′〃 l ノイ二二゙:,ノ、i:}´  ̄  レ
               /  リz*'’  /./////.:}//≧s。ヘ.
              .イ! 〃  .ィ//////.:.:.:.:i!///i}、ヽ 〉,
              / i{ノ_,.z} "/////.:.:/.:.:.:.i}///i}ノ、_ 》:、
               ,  // .。r≦////.:.:.:./.:.:.:.:.リ///i!///////\
             ;! .〃 ///// /.:.:.:.:.:イ.:.:.:.: j{/// i!/////////\
        _ z*'´ ノ'´  <//////.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:j!.////i!///////////゙ヽ
_z=  ̄` y´  ィ㌻__,ィ》=*'´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:j! ////リ ,////////////;!
___.ノ=ー'’     //.:.:.:.ィ.:.:.:.≫'!.:.:.:.:.:.:.::イ ///// ,/////////////
     `ヽ        ノ  ̄)´ i≫'´//!.:.:.:.:/.:.!///// /////////////



  シマズと真正面から戦える武闘派にして、世界でも希少な神聖魔法の使い手である聖女を妻に迎え……



                 lニニニニニニニニニニニ‐  ./../.........................` <   ` ー-ニニニニニi  iニニ/
                 lニニニニニニニニニニ‐  /...../............../......../.......` <       }ニニニi  iニ./  /
                 l/ ̄ ー- _ニニニ‐  ././..../.........../............._ ‐ " |..........` <  iニニニi  i/  /ニ
                 /  、__     ̄   /..../..../......../......._ ‐ ___,, |...l...l.....l...!  iニニニニi /  /ニニ
                 /  /:::',\ ̄ ー-=‐ '......../..../...../. _ r-‐ォ l   / |...l...!....l...!  iニニニニ|l/  /ニニニ
               _ノ  /:::::::|...l.\..、.\\..ヽ.....l..../..// 乂ニソ_ - "  .i...l........l...!  iニニニニ/  /ニニニ
               \  `ヽ:::|...l......ヽ____.',..l..//  ´ ̄ ̄       i...l........l...!  iニニニ/  /ニニニニ
                  `ー- 、`:|...|..l...|ヽ 乂ニソ  ヽ/                 i...l........l...!  iニニニ/  /ニニニニ
                   ヽ |...|..l...|、 `ー  ̄ /                   i...l........l...!  iニニニ/  /ニニニニニ
                    ',|...|..l...|ム     ',                 i...l........l...!  iニニ/  /ニニニニニ
                          |...|..l...|..ム     ',                   i...l........l...!  iニニ/  /ニニニニニ/
                          |...|..l...|.....i                     i...l........l...!  iニニ/  /ニニニニニ/
                          |...|..l...|......\     _  -‐          i...l........l...!  iニ/  /ニニニニニ/
                          |...|..l...l......|.....\     _          i...l........l...!  iニ/  /ニニニニニ//
                       l|...l.............|...........\                  /...l........l...!  iニ'  /ニニニニニ./ /
                         l:|...l.............|............l....\           </ ...l........l..ノ  /ニ'  ′ニニニ/ /
                       l|:|...l.............|............l....l.....\       <  ./......l_  ≦ ノニ'   .lニニニ/ /ニ/
     _  -────-. _   /ll:|...l.............|............l....l..........l\__ .<   _  ≦  _ ≦ニニl   lニニ./ /ニ/ニ
  _ ≦ニニニニニニニニ≧/ /l:|...l.............|............l....l..........|     _  ≦  _ ≦.ニニニニl   lニ./ /ニ/ニニニ
≦ニニニニニニニニニニ/ /;;;;;;l:|...l.............|............l....l..........|  _  ≦   _ ≦ニニニニニ/  /-/ /ニ/ニニニニ
ニニニニニニニニニニニ{  > _;;;l:|...l.............|............l....l....._ ≦   _ ≦.ニニニニニニ/  /-/ /ニニニニニニ
ニニニニニニニニニニニ\   > _l.............|.........._ ≦   _ ≦ニニニニニニニニ/  /ニ/ /ニニニニニニニ



  オリヴィーナ世界の大国であるユーギョー朝屈指の謀略家にして外交官や……



                         ,. <"ヽ'""''‐- 、
                          //////////////,\
                       //////////////////ハ
                        //////////////,ヽ///ハ
                   l////////,、///////////!
                    l/////// \////,i//,l/,l
                       ハl//// :.   ; \//,l//,!/,!
                       ,'/,|/,代テ‐、ゝ ーr.ァ'>!//l/ハ
                       ,'//l//!.    i     .|//l/ハ
                 /// l//!.    、     |//l//ハ
                 ////,l//!ヘ   _   _   イ:|//l'//ハ
                 ///>l//|ヘ.\    ./:/_!//|</ハ
                 ,..::'":::::::;:l//!、ヽ:::>-イ:::/::! .!//l:::::: ̄`ヽ_
               __-/::::::::::::::'_l//!.ヘ:::{::l:::::l:::}'::/! .!//|:::::::::::::::::}ニニ‐-__
           ,.‐ニニニ/::::::::::::::;'ニl//!{:::::V::';::::l::::l/::j !//|::::::::::::::::lニニニニ`ヽ
        iニlニニニl:::::::::::::::;二l//!\:::{:::{:::j:::/:::/ !//!:::::::::::::::!ニニニ/ニニ、
          lニニ'ニニニ|::::::::::::::;>.l//l  \、:::://  .l//,!::::::::::::::!ニニニ/二ニニ、
.         lニ二'ニニ|:::::::::::::;/=!'/,|.  - 、/イ    !//l::::::::::::::!ニニ,二二ニニニ、
        l二二'ニニ|::::::::::::;lニニl//!     |      .l//,!::::::::::::l-ニ/ニニニ\ニニ、
         |ニニ二'ニニ|::::::::::::!.!=ニ!/,|.     !     l//'|::::::::::::トニ'二ニニニニニヽ
          |ニ二二'ニ!:::::::::::l=lニニ!V!     |      j//_l::::::::::::|ニニ、ニニニニニニニ\
          |ニ二二'=l::::::::::::!ニ,ニニゝ'{    l.o   ノイニl::::::::::::|ニ=|,lヽニニニニニニニ',
          |ニニ//.l::::::::::::!二,ニニ|    l   ./.!ニ!:::::::::::lニニ!,l \二二二二ニニ\
          |ニニ'ニ/ニl:::::::::::lニニ,ニニ!.  ‐- !  /  .!ニ!:::::::::::lニ=l/l.  \ニニニニニニ\
.        jニニニ'=ニ|:::::::::::!ニニ,ニニ!.     !     l二l::::::::::::|ニニl/,l    ヽ二二二二二ニ\
       ,!ニニニニ!::::::::::!ニニ二,二|.     |.o    .l二l::::::::::::|ニニ!'/,!     ヽニニ/二ニニニヽ
         iニニニニ!:::::::::lニ二二,ニ|.     l      lニ,!::::::::::::!二l//,!       `ヽ'ニニ,-=ニニニ、
.        lニニニニ!:::::::::!ニニ二二,=!     l      lニ/l::::::::::::|二l//リ          {ニ/二二ニニニニ、
       lニニニニ!:::::::::!ニニニ二,|     l     !/ニ!:::::::::::|二lソ'        /ニニニニニニニ〉



  タツゥーリア世界そのものとも言える大東帝国の文官を務めた稀代の知恵者らを食客として手元に置き……

.

7787 名前:ゴジュラス@◆ZX2DX6eltM ★[] 投稿日:2021/02/19(金) 20:26:51.92 ID:dm2ruqzJ



                     ,.  -‐====‐- .,_
                    _、‐゛  ,. -‐==-  ⌒  `ヽ、
               _、‐゛  , ゛, '゛     '. ゚。    ゜、
               _、‐゛/  ,:゙ /  ,. /  jj  ゚, や    `、
.        ;     ´ ̄ ′  /   /  '   ∥  j ゃ    や  ,.  --
.        ゜、  _,,,..  レ{ ィ/ //  /   //  ∥ ⅱjj    j}/  , ´
         `` ー    {i∥}トミ /イノ{-‐ノ} ,ィ ∥ jj ⅱ   ∥  /       ィ
            ‰  /イ从 }i炒  ァ气云==/  ∥、}l|  ∥ ,. /_,,.、丶`/
.            / ,イ, ゙ { { ∥´     迄う´/  ,゙}` } |  { / , ′    、`
          ∥ ' ,゙  乂 ', .,,__     ア   /ノ ノ¦ ‰ 〃   ,. '゛   丿
           {′       ゚、 〔:::.` 、 /   ,:゙彳{i{i  〈  /ー--===ミ ∠.,,_
                   `、ヽ::::ノイ    , '  (i {从レ=ミノ.,,,____,,,.、丶`/⌒\
                       \ ァ/}/rセ7フ刀.,,_\__/ヘ⌒ヽ、(    >    >`ヽ ⌒ヽ
                          /.,,,ィi{二二二二=冫 ト .,_/  V^`` ヽ.,,. <.,_  ノヽ }
                    ,ィi/㌻  ` 、 ̄ ̄  ;   {  } ̄``Y⌒ヽ        ̄く, ヘ 乂
                       〈ア       ` 、  └- L__/` 、   /{、_,,.         /\/ }
                    〈      _,. -‐ ` 、   {.,_  ヽ }  ̄ ̄   \     ヽ ヽ .ノ
                    ヤ     ´"''~   )h、  Γ`ヽノ` 、´ ̄ ̄  ´"''~ /ヽ/ )
                     }h、    --  .,,,_  )h、∟、、.,,_`ヽ⌒\==―--  {   〉 ´
                      ‰ ⌒ヽ、_        _,,.  )h、 ∥^く ̄ >`` ̄V´ ̄`ヽ  }´~.,_
                     ,ィ(      \‐-  -‐=ニ        )h、  ` 、`ヽ、.,,_,,.  乂_ノ    ´'~.,_
                      ,ふ    ´ ̄ ̄ ̄`丶、    _     \  \__,.>‐-= く
                  ん     _,,,,...、、、、   ` 、   /二ニ-   }}          ´~.,_
                    {                `ヽ/ ノ ̄_,,. -‐ ∥             ´~ 、
                    ヤ      _,,.....,,,_ `````````、`        ,′             _,,.
                    ゚。      、   ‐- .,_   、`       ‰、、、、、、、、、、、、...,,,__、丶``
                 ゜ 、    `ー>r=‐-\∠、、.,,_       ‰            ア
                   ````````  乂 /⊆ 〃⌒h、   ‰          /
                 、――― 、         ア ̄`ヽ 乂ニニ}h、     __,,,. -=ニ ̄
               ` ´ ̄〕 ´ \    /⊆ 〃ニニニニニア    \
                  / ,. ヘ  v .,,_斧==ミニニニニニア     _ ‐ \
                 ー ´ }  >ヘ ` 、 ̄`'芍二二ア    _ ‐ ̄
                    ,. 、-‐''゛/ ノ.,_,. 、\   寸‐ア、   广
               {__ノ-‐∠ <_/ / ノ/⌒ ´  `、   {
                          /、ヽ`⌒```        \ {
                                        )ト、


  更には自らが切り拓いた医療の道を引き継ぐ、優秀な医療従事者や知識人などを国内外から大量に招き入れた。

  ただ、人材は集めて嬉しいコレクションではない。

  活用できて初めて意味を持つが、やる夫一世はこの点も有能であった。

  むしろ、彼はそこからもう一歩踏み込んだ、人材の教育と育成に関しても、非常に有意義な才覚を発揮したと言えるだろう。

.

7788 名前:ゴジュラス@◆ZX2DX6eltM ★[] 投稿日:2021/02/19(金) 20:38:33.78 ID:dm2ruqzJ


                                      〈⌒>
                                        |          〈⌒}
                                    ・            /
                                                   ・
                                         __
                                         /       `
                                        .
          _______                |_.ノ ゝ __.   |
         /{_______〉                   {(●) (● )    |
         // / .!   l   l ヽ.゚、               (  人_  )   ノ
.        // /   |   |  |  \            ___..ー―'   ,ィ  ̄|
       //                         /:::::::::`ー─| ̄:::::::: : |_
        //                           /\:::;イ´   .|_,ィ´ ̄ ./`ヽ
.       //                        /___/〈____〈:::: / ̄|_人__∧
     //                      /::::ヽ:::::::::::|///// |:::::| ̄:::::::::::|::::::: |
      //                   __,/:::::::::::::〉::::::: |///// |:::::| ::::::::::::: |::::::: |
.___// ________   rニ二ニ! _ /:::::| |:::::::: : /|:::::::::::|///// |:::::| ::::::::::::: |::::::: |
   //                 |     |   〈 ,イ⌒ヽ_/  .!::::::::: !///// !:::::!::::::::::::::/::::::::;′
   //                 |     |   、__ノ     |::::::::: |///// |:::::|:::::::::/:::::::ノ \
  ( )───── ┐    |___|    ィ V  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ .∠ ̄} ̄ ̄ ̄:::::::>´    ヽ
   `ー────‐┘             ,ィ三三三三;/ニ三三三{_ノー──一'"         \
                      く 三三三三 /=三三三三/                \
                          `ー──一'ー───一'                      \



  この時代、教育とは極めて私的な贅沢であり、人より優れた知識を持つことは、優れた武勇を磨くよりも難しいことである。

  特に文字の読み書きに関しては、言語によってはそれができるだけで一生食いっぱぐれない程の希少価値があった。

  故に、人々は己の知識や技術を決して安売りすること無く、自身の価値を高める為に活用したのだ。

  しかし、やる夫一世はこの文化を根本から変えねばならないと認識していた。

  魔王病に対する正しい知識と対処法を如何に多くの人間に共有するか。

  この問題と向き合った際、最も高い障害として立ち塞がったのが、識字率の低さである。

  人の言葉で伝えられた情報は情緒的で不正確であり、口伝を耳にした10人が10人とも同じ認識を共有することは難しい。

  それは何も民衆の間だけの問題ではなく、医療従事者達の間でも、文字の読み書きができる者のほうがむしろ少なかった。

  一部の天才がどれだけ素晴らしい発見をしても、それらを大衆に正しく浸透させることができないジレンマがあったのである。



7789 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/02/19(金) 20:40:16.02 ID:VLhnQVmG
中世は知識の独占が支配の根源だからなあ

7790 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/02/19(金) 20:40:37.13 ID:y0P2Q2fI
正道派も言ってることは正しかったしね

7791 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/02/19(金) 20:40:41.52 ID:mQPsZvV6
病気だけでも正しく伝えないとヤバイ



7793 名前:ゴジュラス@◆ZX2DX6eltM ★[] 投稿日:2021/02/19(金) 20:49:04.02 ID:dm2ruqzJ



                     , - -   イ _,,...,_ /}
               /(● ●) / jⅥ彡ミミヾ〈
              _, ィゝ(__人) 入_!/'/' ̄マミヽ
              /: Tヘ: ヽ':`イィ/;'/ // ̄ 、'イトマヽ
            ノ: γfァ┴-/イ'/ /   、 .:!   ヤ`
          /; ィ´、_>=,イ// ル! ∧ 込 ヽ:.:i:/  }
          ノ: { ヽィヘ イ巛'{  /!.' ヘ  ∨, ┴-、f
         `ー,≦┤∧"{iリ ./:;:{、. ヘ / ,. -- 、}
         f:´メ /'" ‘,  / :;:;:;:ヽ、// !   !
       _r:'"〈/     ‘,/  :;:;:;:;:;:;>;ヘ /   ト
        _У⌒'         ‘,  :;/´ /,イ' 、.,.,ヽ',.ィ〉
       > ./     /  / `ー===イリ ヽ\"`` ノ
      __}心{   : : : ヘ /   /   /  メ:廴 ̄
     }ニニ〈 \ : : : ! ‘, /    入_メ; : : :ヽ,
     ,仁ニ/\. \: : :  }/    / / ヘ: : : : >
      |ニ'/   \ `ヽ、_, -、_,. <  /   ,'{ : : 〈
      lニ' {     `ヽ、 //¨、∨_>"  ,.   i i: : : :〉
     レ ハ       LT二fチ/ 二/    }.マ: :f
      ノ {ニ{   ヽ     |   !' /  /,.    .! マ;i;!
    /仁、マ!   \;';  !  .!/  ,:;:'     !ミ マ;!
   ゞ三≧.i     `ヾ;.!  .!   ,:;:     /∠ミヽ
      ヾニ! ./      i   !   ;:;    λ'ニニ∨
         .Y   . . / ヘ ト、、 ヾ    ,i;i;「¨¨´
        /  . : :/  ̄ ナ≧イ\    /;i;i;!
          {  . : :   ィ圭/``!     ,ィミ!ヾ`
        !    /圭Ⅳ  .! i   ,佳ミ{
       /   /./ Y圭ミ{、  ヽ|  佳圭i、
       \   ヽ. l圭ミ/    /  .{ Y圭/
         ヽ  { !圭f    /   ヽ!圭!
           ヘ  \圭|,、  ハヽ:,  〉i;i;!
              ヘ   ヾ ヽ   } ;:'  f
           {   _ ,ノ.  ,′  .!
            `¨´ `



  文字の読み書きができるものが少ない? だったら他所から連れてきて先生にすればいいじゃない。

  実際にやる夫一世がそう考えたかどうかは分からないが、彼がやったことはつまりそういう事である。

  その集大成が、シエルタ公爵家継承の乱であった。

  シエルタ公爵やらない夫の死後すぐに、やる夫一世はシエルタ公爵領に進軍し、武力で以て強引に家督を継いだ。

  このあまりの手際の良さから、やらない夫を暗殺したのはやる夫一世ではないかと考える歴史家も少なくない。

  そして公爵家を吸収したやる夫一世がやったことは、自分以外のシエルタ一族の爵位剥奪と教職化。

  つまり、自分が作った公的な教育機関の先生に据えてしまったのである。


.
7797 名前:ゴジュラス@◆ZX2DX6eltM ★[] 投稿日:2021/02/19(金) 20:56:57.14 ID:dm2ruqzJ


            / ̄ ̄\
.         /_ノ  `⌒ \
   __    | (● ) (⌒ )   |
.  | |    | (__人___)    |
.  | |   │ ` ⌒ ´     |
.   | |   , ┤         |
  ,ノ ┴‐v' Λ          /
 f `二ヽ) i ヽ        /
 |  ー、〉 /   〉      <
 |  r_ノ j  / ̄    ´ ̄ ⌒ヽ
 |   )  //{        ィ   }
_ノ    /   |         |  |


  シエルタ公爵家は、家中の教育が実に行き届いた貴族であり、彼らは例外なく古ロムリア語を習得していた。

  これが何を意味するか。

  法律が読めるのである。

  何を馬鹿な、と読者の生きる時代によっては思うだろう。

  だが、この当時の常識では、法律とはごく限られた支配者層のみのものであった。

  法律が読めるということは、法律を編纂できるということであり、そして公的文章を作成できるということでもある。

  シエルタ公爵家がロムリア帝国内でも絶大な影響力を発揮した背景には、こうした官僚として絶大な能力を持っていた事が大きい。

  やる夫一世は、官僚として極めて優れたシエルタ公爵家を真っ先に吸収し、公的教育機関の中核にねじ込んだのであった。



7799 名前:ゴジュラス@◆ZX2DX6eltM ★[] 投稿日:2021/02/19(金) 21:06:51.87 ID:dm2ruqzJ [10/26]



               /:.:.:.:.:/:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
                /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:j:.:.:.:\:.:.:.:.:.:.、
              /.:.:.:.:./:.:.:.:j:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:ヽ.:.:.:.:.\
           ///:.:./:.:./:.:|:.:.:.|:.:.:.:.j:.:l:.:.:.l\\:.:.:.ヘ:.:.:.:.:.:.ヽ
            }:{:./:.:./:.:.:.:/|:.:.:.|:.:.:.:.|:.:|:.'"| ̄~`:.:.:.:.}ハ:.:.:.:.:.:.}
            {/√:/:.:.:./'" ̄`:.::.:.:.:.l:.:.:..:rl‐-  \Y:.:.}:.}:.:.:.:j
           {.:j:.:{:.:.:/   二:.:.:ヽ:.:.乂:,x斧iミx、_乂Y:ハl:.:.:.:j
              ハj:.:j{:Y:) _,x''劣ミ`'''''`⌒   弋;゚;;r)ヾ Y>‐|:.:.:.:|
                |:.:|(:Y:)〈( 弋;゚r)        ''冖"    |:.:.:.:|
                |:.:|(:Y:) `冖"  j           /j:.:ノ.j!
               λ:∨{ ヽ                  x<:.:.:.:.:.ハ
               ∧:∨\_、     r::::.、      /:.:.:.:.:/.:.:/:.:.、
            ∥∧:∨:.:.:.:\    `"    /.|:.:.:.:/:.:./:.:.{.:.:.、
           {{   \\:.:./:.:>:...__     /  |:/:ノイ:.:.八.:.:.\
           八  /:.:.:. ̄:.:.:.:.:.:/:.:.:.Τ      ̄「 ̄:.:.:.|:.:.:.:.ハ\:.:.ヽ
            \:.:./:.:.:.:.:.:./:.:/:.:.:.|      L⌒Y:.:.:.|:.:.:.:l:.:.:.\}
             /:.:/:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:./ j        /   ∨┤:.:.:|乂:.:.:.`''~ミ__
             /:.://:.:./:.:./:>'"   /     /    ∨l:.:.:.jニニニ=-ミ:.:.:.:.`ヽ、
        /:.:.:./:/ニ=‐/'"     /   ,,。/         |:.:.:jニニニニニニニ\:.:.:.:.:.\
       >'":.:.//:.:{::<_/:{    ./ : ,,。*''゚/     ___|:.∥ニニニニニニニニ}ーミ:.:.:.:.ヽ
    /:.:.:.:.:/ /:{:.:人::::::{:八┐  j ∂ /   / ̄   /ニニj//ニニニニニニニニ7\ ヽ:.:.:.:}
   ./:.:.:.:./  /:/乂:.:.:\乂,;,;> {  /    __{   __{ニ/ /ニニニニニニニニ7:.:.:.:.ヽ }:jノ
   {.:.:.:./   ./:/.:.:.:|ニニニニ/   \}:/  >''"  \ニニニニ/:.:.:{ニニニニニニニニ∧\:.:.:.Vノ
  人:.:.{  /:.:.:.:./ [ニニニ<    { jx '"         \ニニ{.:.:.:.人ニニニニニニ7 }:.:}ハ:.:.:.}
      ̄ ,:.:.:.:.:.; ノニニニ/ \  ヘ∥/     斗=ニ二ニニ乂,;,;,;,;,;\ニニニニ7 ノ:ノ }:.:.:j
        {:.:.:.:.:j |ニニ/   \ V  ,,x<ニニニニニニニニニニニニニニ)〉ニニニ} ̄  ノ:.ノ
        人:.:.:.:{ ノニニ└―-ミ  )ノ ∠ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ/   ̄ ̄




       { /ニニニニニニニニニニニ/ _ ─-- _    ` <.ニニニ!   lニニニニニニ|i   |///////|l
      弋 {ニニニニニニニニニニ/ /:::、::::::::::\:::` 丶、   ` <ニ!   lニニニニニニ|i.   |///////|l
        `lニニニニニニニニニ/ / /、:::::..、:::..、::ヽ::::::\:::::丶、   .|ll!   lニニニニニニニ|i   |///////|l
          lニニニニニニニ/ /::://  \:::..、:::..、::\::::::::::ヽ::::l  |l!   lニニニニニニニ|i  .|///////|l
        lニニニニニニ/ /::::::// /} 丶::..、:::..、:::\::::、::::::|  |!   lニニニニニニニ|i  |///////|l
.         lニニニニニ/ /::::l::::// ,ィj} ノ"  ,::..、:::..、::::., :::::|  i   lニニニニニニニニム  |///////|l
          lニニニ/ /::::::::::l://f=-'/       ,::..、:::..、:::.., :|   i   lニニニニニニニニム .|///////|l
        _l___/ /:\::、:::::l/ ',/         ,::..、::..、:::..,.  i  .lニニニニニニニニニム|///////|l
.         (___/:::::\、\、/              ,::..、::..、:::.., i   lニニニニニニニニニニ|///////|l
            ',::l:::::::|:::',.  ノ              ,::..、::..、:::..,  lニニニニニニニニニ////////|l
                ', ::::::|、::', 〈                , ,::..、::..、:::::..,lニニニニニニニニ/ //////// |l
              ',:::::l ',::ヘ `    , ─- 、      /::::: ,:ヘ 、::..、:::..,ニニニニニニニ/.///////////|l
              l::::| ,::::l\  〈:::::::::::{ ヽ     / _/ .,:ヘ  、:..、\ニニニニニ././////////////|l
              l::::|  ,::l::::l::丶 `丶、-_ノ   _イ<     ,:ヘニ、:..、::\ニニニニ/.//////////////|l
              l::::|  ,l::::l::::::::::丶   _ .<     /ニ ,:ヘニニ、:..、::\ニニ/ ///////////////|l
              ノ:: ′  ,::::l::::::::::::::_ <       /ニニニ,::ヘニニ、:..、::\ //////////////////|l
             /::::/ _ -─   ̄ ̄ ̄       /ニニニニニ,::ヘニニ 、:..、::\/////////////////}
            , ・ ’         _ -──≦ニニニニニニニ,::ヘニニニ 、:..、:::\ //////////// /
       , ・ ’       _ -=ニニニニニニニニニニニニニニニ,::ヘニニニ 、:..、::::\//////////    /
  , ・ ’       _ -=ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ ,::ヘニニニ 、:..、:::::\ /////    /|
≦      _ -=ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ.,::ヘニニニニ 、:..、:::::\/    /.//|
   _ -=ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ ,::ヘニニニニ 、:..、:::;;:\   /.////|




              / : : : : : : : : : :/ : : : : : ://: : : : \
            /.: : : : : : : : : : : /: : : : : :.//: : : : : : : :∧
            .: : : : : : : : : : : : ,′: : : : /: : : : /: : : :> : l
           .: : : : : : : : : : : :_.」: : : : : 7 : : /: : : / !:7
              . : : : : : : : : :/^V: : : : : 7: : : : : : /   i/
             √.: : : : : : ://⌒): : : : : 7 : ‐- 、     j
          √ : : : : : :.j{ { 〈 }: : : : ┌ ´,_ _~~,.ィ:7
             √.: : : : : : ∧ ',_」 : : : : : i   ゝ jソ > ∨
           : : : :/: : :./: : ゝ i: : : : : i       /
.          /. : :/: : :.//  .}|: : : : : i          〉
         /. :/: : .∨     i : : : : :i        /¨´
        ,:/: : : :.∨     i: : : : : i      _  '
       ./: : : : : : .イ      ]: : : : : i     ´  ノ
       /: :>‐‐‐‐x.       ]: : : : : )h。    /.:.:|
      .//ニニニニニニ \    i: : : : : :{  > ‐ .: : :|
     /イニ∨ニニニニニニ ∧   i: : : : : :トx    }:.:.:.: l
   _ ≦ニニ]ニニニニニニニニ∧. ..i: : : : : i.ニ \  :.:.:.:.:.l
。s≦ニニニニニ ]..ニニニニニニニニ∧ .i: : : : :.i∨ニニヽ」}:.:.:.:l
ニニニニニニニニ :|_____ニニ∧ .i: : : : : i ∨ニ∧リ:.:.:.i、
ニニニニニニニニニニニニニニニニ >ニヤ.i: : : : :.i ∧ニニニ}:.:.:.i≧s、
ニニニニニニニニニニニニニニニ/ニニニヤ: : : : :.i /::::∨ニニ:.:.:.i.ニニ∧
ニニニニニニニニニニニニニ./ニニニニニヤ: : : : :{,'.:::::::∨ニ}:.:.:.i ニニ.}ム
ニニニニニニニニニニニ./ニニニニニニニ.ヤ: : : : {::::::::::::.Wj.:.:..ノニニ∧∧



  そしてこの時、エウリッパ、オリヴィーナ、タツゥーリア、それぞれの知識の頂点とも言うべき人材達が、シマズが領有する薩摩の地にて
 一堂に会する事になる。

  この時のシマズ家は、あらゆる先進国家の知識が集約された、世界最高の教育体制が整いつつあったのである。

  人材蒐集家やる夫一世。

  彼は自分の手元に人を呼び込むだけに飽き足らず、歴史を生み出す天才達さえも、自ら生み出そうとしていたのかもしれない。



7803 名前:ゴジュラス@◆ZX2DX6eltM ★[] 投稿日:2021/02/19(金) 21:17:41.64 ID:dm2ruqzJ



                       _ _ ... __
                  -‐ ´ ̄       `ミ、
            ,  ' '⌒               \
           /                 ⌒ヽ   ヽ
        / '   zニ三三         ___      \
      ,.'.    三三三       三三ミ゙z       '.,
.    ./      /         ニ三三三       ヘ      んおっ!
..   .,'   XXX /           \  ̄`       ',
.     ′      {    人        } XXX      ,     今日は、一段と絡みついて……!
    i.       `ー-ィ´  \      ノ          i
.   {           乂_  ノ` ー--‐ '              i     凄いおジャンヌ! とろけちまいそうだお!!
   ハ          ゝ- -、{                   {
    ヘ.             } }                     }
.       \          U                  i
.         >、                         , イ
                              /
                                ,.x彡
                      ─=<




          >''"~~~~~゚"''<
      /    ⌒^    \
               i :   `、
     /       '/    | i     `
     ,′      '/,    |    :
          {    '/,/ ∧ i  }  ,
       / ',  -‐}∧ /. V\}  ‘
  ノ  // ∧ ⊂苹 ∨ ‐=うイ  ∧
 ⌒^ア : / / i∧  i /// 八} /⌒`       _        やる夫様ぁ!
   ⌒7/厂}〉/\ } .へ.  イ V}./       _,厂厂\`、
    / 〈/,' -‐…} (:: /イ__j_,ノj>'"~~>…‐‐< ̄⌒ \、     もっと、もっとぉ!!
    '  〈/ ο   :u′‐-<   /      _)       `、
      /         _ -‐…・・…<    -‐   ̄⌒\
      ,′    r::ア:::          `、            `、   {
.     {      {゛::::ノ           . : .     u    }i  ‘
    八     j‐ ゛   о      . : : ⌒ : : .      八   ,
          i{        /. . /    `、 \   ..イ     ‘
.      ,   八      / . . .        `  `¨゛,}       ,
.      ‘.     \   / . . . . :       . : ` : .  } }      ‘
               {`¨}I゛. . . . . . . :     : :     ゚。  V:        i
        ∧    ゚。 .u . . . . . . . ノ. .  : :     :  \       |i
         / ∧   .\ . . . . . /  : : : :      }.   ` 、     八
        / ∧    . ゚。. . /     : :  О  }i〉    ,\,/
 _  -‐…・・・…‐- . . _j:/  : :       `、    u    ‘: . ` 、   _  -‐…・・・・・・…‐-  _
 ̄                  ̄  ‐- : .     `           }: :   }¨゛                 ‐
                     \      、       ノ   ノ
                      `    `、     : :                            \
                    (\   `、〈\. : :      : :   /  /〉            つ                 Y
                ... . . . ...   \     : :     : . /                             }
           . :         : : ‐- _\: :    n  : ′ο  . . ..... . .                      }i
 -‐…・・・…‐- . :_               ̄`、    ]}{   {-‐: : ̄       : .              . . 八
. . . . . . . . . . . . . . . `. .、          ⊂ニ=八   .ィ爪   人‐=つ           . :_ . .-‐…・・・‐-     . . : /
. . . . . . . . . . . . . . . . . . `、     σ    ///i7`¨(⌒( )¨゛ 、\   ‐=っ    /. . . . . . . . . . . . . . . . . . .
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . .ニ-_        . . . : :〈/i/ /]} {¨}{ ○〈/ ,、 ). .   _ イ. . . . . . . . . . . . . . . . . . /
二ニ=‐-  __  -‐=ニ二ニ=-. ._. . : : : :( / / j]} { .}{ ο∨/\)=二 ̄-- ‐==ニ二二二二ニ=…‐< _



 【 やる夫一世青年期までのやる夫二世の兄弟 】 【1D5:5】
  構成:【5D2:9(2+1+2+2+2)】  1なら弟、2なら妹で、上のダイスを上限に左から採用



7804 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/02/19(金) 21:18:44.70 ID:a7ccFPwm
女系だな、基本的に。

7805 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/02/19(金) 21:19:02.37 ID:7YY6PG83
シエルタは多産な一族

7806 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/02/19(金) 21:19:14.09 ID:VLhnQVmG
また4姉妹だあwww

7807 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/02/19(金) 21:20:36.09 ID:y0P2Q2fI
男2人女4人だからバランスはいい

7808 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/02/19(金) 21:21:21.77 ID:mQPsZvV6
子だくさん



7809 名前:ゴジュラス@◆ZX2DX6eltM ★[] 投稿日:2021/02/19(金) 21:22:04.05 ID:dm2ruqzJ



                       ______ /::.::.:/>べ~ ̄ ̄~\::.::.::.\::.::\
                   ├己―己―己 /::.::.:/::.::./::.:/::.::.::.:: |::.::\::.::.::.\::.」己二己二己二}
                        ̄<_    /::.::.:/::.: /::.::.::.::.::.::.::.:|::.::.::.:|\::.::.::`::{_____/
                            ̄</::.::.:/:| :: |::.::.|::.::.::.::.::.ノハ::.::|_`、::.::.`、
                         / ::.::.::.: ィ|⌒i\:|::.::.ノ/ / |:ノ V|:`、::.::.:\
                         / ::.::.:/::.::.: |::斗--|/   ィ ニニ く |::.::\ ::.::.::\
                         / ::.::.:/::|::.:|::.::.|ア´⌒      ///  八::.::Λ::.::.:: ::.:\     4姉妹なんて、なんだか他人の気がしないネ~!
                      /::.::.::.::/::.::.::|::.八::.| ///    ′      ノ::.::.::/ノ}\ ::.::.::.::|
                  /::.::.::.::/(::.::.::.|/::.::.\    r:::::::::::::ヽ  /::.::.::/こシ'⌒\::.::.:|
                    |::.::.::.:/ {__:: /::.::.::.:人     V::::::::::::::} ⌒/::.::./::.::√::.::.::.::}::.::.|
                    |::.::.:/乂{_::.:/::.::.:/::.::.)>    :::::::ノ  /::.::./::.::.::|::`¨⌒/::.:/
                       \:{::.::.:: ∨ ::.::/::.:: /::.::.}>       ィ/::.::./::.::.::. |::.::.::.:/::.:/
                   /\::;;;/::.::.:/:: /::/::.::.::j      ;::.::.::.::.::.::/::.:|::__::.::./
           ____/::.::.::.::. /::.::.:/::.::.::/::._/{      |::.::.::.|::.:/::.:八 ̄
            ⌒>―::.: /::.::.::.::.::.::/::.::.:/ ‐/ ̄/  /  '/,    /|::.::.::.トベ⌒i^'' 、
            /::.::.::. /::.::.::.::.::.::.::.:|::.::.::| /     {   '/,  //.|::.::.:|  | |  `、
.         /::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::|::.::.::| |  |   |   '/, .// |::.::.:|  | ∨
.        /::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::. |:|::.::.:V|  |   |   '/ /  .|::.::.::.|  |  |    |
.      /::.::.::.::.::.::.:/::./::.::.::.::.::.::.::.::|八 ::.: \ |   |    '/   |::.::.::.|  |  |    |
     /::.::.::.::.::.::.::.::.::./::.::.::.::.::.::.::.::.::.:/ __::.::.:\ ⌒゚|     ∥   .八 ::.::.∨ _|    |
.    /::.::.::.::.://::/ /::.::.::.::.::.::.::.::.::/ ̄/ /⌒ヽ ::\.ノ\  ∥   /  \::.::./\\/´ ̄\
   /::.::.::.::./ /::/ /::.::.::.::.::.::.::.::.::/ニ7{   /⌒ヽ::.\ /只\/ __ /^\    ヽ ___  __|
    |::.::.::.::/ /::/ /::.::.::.::.::./⌒厂  人     〈_ノ::.::.::∨/ | | | | |   {       }└‐ └|‐㍉
    | ::.:: / /::.:{./::.::.::.::.::.::{ { /     \    ∨::.::.:{〈_.ノ人Lノノ     V    /    ノ \}}




                          ,, 、
                        ☆'’ ,, 寸7ァ ⌒\ミ
                   ☆'’ ☆'’/⌒V∠^ヽ 、 \‘'☆
                      /  ☆'’ / /⌒ ⌒ ヽV ぃ \ \
                ャ―…ァ  /  ‰  ,′      ∨ ぃ  \ `、
            }  ‰ /   ‰  ,′     し Ⅴ い   \ `、 ,.  .,_     いや、それにしたってポコポコ生まれすぎでしょ
                ノニア /   ‰   /i      λ ヤ/い     〈 、  /
            / ‰ ィ   ‰   i /! !    ⅰ゚,  ヤ  ∧   、 ヤ ーヘ     若奥様、いっつもお腹膨らんでるじゃん
            ∠ ‰ /¦  ア゜i =ァl_/ ヤ|  、 Λ{ ゚, 八 /∧   人}\   \
          ‰// i|  /| | / j/ ̄~~ ヤヘ √ { ̄∨天  i ∧ |\ \ `、  \
            / /   | ' ! ! ≪¨笄笄ミ   ∨x㌍笄笄≫ | ∧{    \)/⌒ヽ
.             /  /  |/ ∧∧ {`└‐┘        └‐┘}ハ |¦ハi\`` 丶ヽ
            /  /   / / ,¦ヽ        ′    __ノ/}ノ| ¦  、
.           /   ′/  ィ  { 乂__ し             u 7 ノ', ! `、|   `、
.           ,′ ′.′ i  ⅱ  心、 {^⌒ ー‐v┐  /イ} } ノ  " 卜、`、
        ,′⌒{ / ,イ!  八 /| し 、  ̄` ー‐′/ヘ∨ }   ∧ ¦  `
            ,゙ ‰ Ⅵ /  Ⅴ !  _j 〕h。,_ _,.。o 〔\ ,′/j /ヽヘ |
           ,′  " ′    ヤ ̄ ̄´""'' ー' | ∥ / ノ/ / } iハ!
           ,′           }         { ″   i{ { ノノ
                         メ 丶 `` ̄´"'' .入/ ィ 7ー ヘ
                                _j⌒∨/  ⌒ヽ
                               /^} ∠ニ二.,,_ ̄〉
                              ,′ ノ'"´-‐=‐ }⌒゛
                               { i{ ,. -‐…'''″



7810 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/02/19(金) 21:22:47.30 ID:GOWJrQtu
紛れもなく性女w

7811 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/02/19(金) 21:26:02.90 ID:y0P2Q2fI
やらない夫も妻1人なのに少なくとも男子6人いたし



7814 名前:ゴジュラス@◆ZX2DX6eltM ★[] 投稿日:2021/02/19(金) 21:31:33.16 ID:dm2ruqzJ



  | //::::::::::i|//, - ' -=ニ二:::::::::::`::::::::::‐-...........、__:::::::::::::::::::::::::::::≧、
  ゝ::::::::::::/               <:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\`ヾ
   〉:::::::::::|                 ` ` ー  ‐- 、;;::::::::::::::::::::::::≧:、
.  /::::::::::::::i| \ ,... ` - 、        -=ニ三::ヽ \:::::::::ト 、:::::::::::::\
.  ,:::::::::::::::::::::ヽ ヾ::::::\  \ヾ::、    , ヘ ヾ:::::::::::::≧\:::::\`ヽ:::::::::::ヾ
  |:/|::::::::::::::::::::\ ヘ::::::::::\  \:::\|::::::ヾ 、/\丶:::::::::::::::::::::::ヾ:::::::::::≧=-     良き畑に、良き種を蒔けば、実りは増える
  { |:::::::::::::::::::::::::::ヾ:|\|`ー-:::::_;;\\`>/ヾ__\::|\|`  ̄ソ≧ヾ` ̄
    !::::::::::::::::::!\::::::::\―--- \:::::::::\'´ イ'  ̄ミ、 ヾ ! ゙/ /:≧、ヽ          自然の摂理ぞ
   ヾ::::::::::::::::ヾ \:::::::ト     `ヾ`-ヾ:::\,       } | /ヽヾ、, - 、  , - ―
     ヘ::::::::::::/、 `-::\_ _ ,    `ヾ           | ::ヽ  ヘ  ヾ´        のう、やる夫(二世)
     ヽ\:::::::::\   ,ィ'´ ̄ ゙̄                  !:::::::::ヘ   ヽ  ヘ ヽ
       ヾ\::::::::::\´          ヾ、       .!::ヽ:::::::〉   !   .!  }
         〉` ̄ヽ`              _       .|:::::|::::::|   |.   !ヘヾ、
        /  リ |::\       _    ,'::/  |  /:|::::!::::::!   !  ! ヘ
      _ヾ 〈 /:::::::::\      `ヽ::::::::ノ  , イ| ./::::!;/!::::/   |  |  |
    ,、/   〉 \ , -―:::\   、__ ,  イニニノ /:::::| | ソ     |!    i:}
――'´ ./  :::/ ヽ  ヘ  /::::::::\  `ー  ´     /::::::::! !/    i!     ソ
  / ./   {:     \ ヘ  ::::\         /::::::::::|:::/      ソ!    /
  /  !   ヾ     \ ヾ、 :::::::`ー-     イ:::::::::::/:::::i/     /::}   /
  |  .|    ヽ      \ ヽ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ |    /:::/   /




     ____
    /―  ―\
  /  ●   ● \
  | ⊂⊃ (_,、_,) ⊂|
  ヽ       i⌒ヽ
  /       λ  )



 【 やる夫二世幼少期① 】 【1D5:1】
  1:沢山の家族に囲まれ、目一杯愛されながらのびのび育つ
  2:沢山の妹・弟の兄として、家族を守るべく健全に育つ
  3:悪戯好きでやんちゃな悪童としてわんぱくに育つ
  4:好奇心旺盛で小さい頃から沢山の先生達に教えられながら育つ
  5:周囲の子供達を束ねるガキ大将として育つ



7820 名前:ゴジュラス@◆ZX2DX6eltM ★[] 投稿日:2021/02/19(金) 21:40:06.67 ID:dm2ruqzJ



     ____
    /⌒  ⌒\
  /  ●   ● \    じっちゃ、お馬さんごっこ!
  | ⊂⊃ (_,、_,) ⊂|
  ヽ    (_.ノ   ィ’




: : : ノ      〉: : :: ノ ん': : :し      i: : : ヽ__ _: : : し ー : : : : ::iノ: : : : : :: : : : : : : : : : : :ノ: : : : : : :/
´ ̄ヾ     ,イ´  ̄    ヽ: :/; _r=, イ´////////////> ― ': : : :: j: : : : : : : : : : : : : : : : ´⌒ヽ: : : : ::ノ
       ;            _ /  / ,///////////////////ヽ: : : /: : ノ⌒(: : : : : : : : : : :i  〈: : : : : :ヽ
      ゞ;,        / /  / //////////////////////\´: : : ::ヽ__,イ: : : : : : : : : : :ゝ_ ノ: : : : : : :
     イ: :\      __ / i   | i//////////////////////// \: : : : : : : : : : : :i: : : : : : : : : : : : : : : : : :
ゝ ー ´: : : : : :ヽ   ,イi i  |   ! |///r、//////////////////////ヽ: : : : : : : : ::/: : : : : : :: : : : : : : : : :: : :
: : : : : : : : : : : : : 〉 / | i i  ヾ  | i///|ハi/////////////////> ― ‐ 、: : :r ー ': : :: /´: : : : : :: : : : :: : : :
、: : iヽ: : : : : :,イ r'  ヾ  ヽ  \i ヽ//iソi ヽ`zッ////r'ッノ//__   ヽ: : : : : :: :,ィ  ̄ヽ: : : : : :: : : : : : : ::
ヾ: : `´: : : : /   /    \ ヾ  ゞ   ヽiゞヽ i//////////ー ―  、 ヽ ∧ `ヽ: : :ヾ_  _ノ: : : : : : : : : : : : : :
 ヽ: : : : : : :i , イiヽ      r'二ヾ》、   ! i ∧///////r'´ ̄ ̄  ̄ ヽ__ヽ i ∧   〉: : :: :´: : : : : : : ,i: : : :ノヾ: : :    よしよし
 ノ: : :: :: ::///i | \ _>´`ー ‐〈  ヽ ヽヾ.∧////// /      i ヽ i :!  !r‐': : : : : : : ゝヘ: : : :ヾ : : \i: : ::
く: :: ::: : /////ヾー ‐ ´ヽヽ>´_ノヾ  ヽ, ー ‐ 、ニ´/        ゝ , :! !/:ゝ: : : ,イ: : : : `¨ : : : : 〉i: : : : : ::     じっちゃが馬になってやろう
 ゝ‐.////////;\三>´: : /  r ― ‐ ´ ., イ´二ヽ´ヽ \       /> ´ヽ: : : : i: : `ゝ: : : : : : :,イ ノ: : : : : :
_////////////ノ 〉: : : /   ゝ __ /  / ヾ∧ ∧ ヽ     /     〉: : : j: : : :: :`ヽ: : : :: :v : : : : : :      しかと乗りこなせよ?
/////////// >´   ゝ: : /.      ̄`ヾ '  /ヽi  ! |   i   >´   , イ: : : : : r 、: : :i`ヾ: :ノi: : : : : : :
////////;>´: :,イ`> 、;¨`ー―― ´  ̄ヽ i  i  i|  ! |   |> ´//   〃: : : : ::/ヽ \: :` ´:  ̄ヽ: : : : : :
///// r ' : : : : : `ヽ////> 、_|////_,イ ̄j〉ゝ_ノ〉 |;|  ! |>´ ////i    ゝ: : : /////\ ヽ: : : :Y´: : : : : :: :
/// ,イゞ __ : : : し, \/////r ‐r´ r ― ‐' /  /_ ノノ>´<´ ̄ ̄/   __ ノ :////////./´: : :/: : : : : : : : :
/// i _ _ ヾノ: : /  \// ゝ_`ー`ー/¨ i   i::::::::::::::::::::::::`<_ /  r': : :/ヾ///////r ー ´: : : : : : : : : : :
////////// ヽ 〉:/; /ヽ_>、   ̄ヽ i_/ゝ_ ノ::::, ィ=== 、.     ゞ/.∨∧////ヽ i: : : : : : : : : : : : > ´
//////////// > 、ヽ/////r‐ 、 ∧::::::::::::::::/, ー ―_ _/>、__ ////;∨∧/_: : ノ ヾ: : : : : : : : ::/
´ ̄ヽ////////////;>‐///ノ\ >、∧:::::::::// , < ヾ`ーーゞヘ//////;∨∧,イ|________ _
: : : : :; ̄  ̄ `<///_////〈 ヽ _  _ ,イヾハー ´_ _,イ〉、´//ヽ ヽ≦三三∨∧i:|〈〉 〈〉 〈〉 〈〉 〈〉 〈〉 }: 〉
ゝ‐ ´`ー'  ; ; i///i/////∨ ヽ   ,イ/ゞ_ソヽ= ― > ´   ̄ ̄/////// !//, !| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ¨
`ヾ≦三〈   ,イ///////// ∨   ̄ i i 、‐i i∧` ̄ ´_   _>´/> 、 //////\ 〈: : : : : : : ) i: : : \
_ _ , <//////////// ノヽ    ! ゞヽ| ゝ ヽ     ̄,イ    /  / > 、'////\ `て: : : ::レ'iヽ: : : : ヽ
///////////;r ーヽ――ヽヾ\ \/ヽ \\ \`ー,  \   /  /   //ヽ ////\ノ: : : : : : | \: : : :




 【 やる夫二世が幼少特性「天真爛漫」を獲得しました 】
  幼少特性:天真爛漫
   成人時、外交スキルに補正がかかり、外交関連の後天特性に変化する可能性がある。



7821 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/02/19(金) 21:41:56.01 ID:mQPsZvV6
もうじっじかー

7822 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/02/19(金) 21:42:35.71 ID:7j8gqrKl
人たらしになるかねぇw

7823 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/02/19(金) 21:43:01.79 ID:7+l/ilfD
天真爛漫なシマズ男児

7825 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/02/19(金) 21:45:46.96 ID:y0P2Q2fI
外交特性はうまいな



7826 名前:ゴジュラス@◆ZX2DX6eltM ★[] 投稿日:2021/02/19(金) 21:57:27.25 ID:dm2ruqzJ



                  ____
                  /     \
               /  _ノ  ヽ__ \
            /  ( ●) ( ●) \
            |   u  (__人__)   |
             \     `⌒ ´   /
           / u   /´ __) \
              |  、___/ /´  |/
             |\________/     |
             }           |



  さて、一見順風満帆に見えるやる夫一世だが、心配事がないわけではなかった。

  というより、本人としてはむしろ心配事だらけであった。

  ロムリア帝国の崩壊は、魔王病のパンデミックまでの秩序を完全に破壊してしまった。

  皇帝とは、王とは別格の称号である。

  エウリッパ世界の支配者を意味し、王権だけでなく神権さえ内包した概念であり、人々から無条件で尊重される絶対権威。

  それが失われたことで、エウリッパは絶対的な支配者がいなくなってしまった。

  騒乱の火種を消すものがいない。

  力を持つものの悪を、正義で断罪するものがいない。

  今後、エウリッパ世界がどのようにして転がり落ちていくのか、やる夫にも用意に予測できないことだった。

  だからこそ、打てる手を可能な限り打っておかねば、その余波は確実に薩摩に押し寄せる。



7830 名前:ゴジュラス@◆ZX2DX6eltM ★[] 投稿日:2021/02/19(金) 22:07:05.95 ID:dm2ruqzJ



      ____
    /     \
   / ─   ─ \     というわけで、もらうものはもらったんで大人しくしてます
 /  (●) (●)  \
 |    (__人__)     |    そちらはどうぞお好きに~
 \    ` ⌒´    _/
 /           \
 |  n:n     nn   |
  |nf|||     | | |^!n |
  ||:   ,∩  ∩、  :| |
  ヽ  ,イ   ヽ   :イ




  そんな中、やる夫一世が取った方針は「自立不干渉」。

  混沌渦巻くエウリッパ世界に武力介入するのを良しとせず、必要なものを必要なだけ奪い取り、その後は事態を静観した。

  これには、泥沼化するだろう情勢にわざわざ首を突っ込みたくないという思いも当然あったろうが、やる夫が一番警戒したのは
 誰あろう大聖堂の動きであったと言われている。



7831 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/02/19(金) 22:10:48.05 ID:7j8gqrKl
信用されてない大聖堂wwwなお、残当wwww

7832 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/02/19(金) 22:13:26.31 ID:7YY6PG83
ロムリア帝国が滅びる方向にもっていったのは紛れもない事実だしな大聖堂

7833 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/02/19(金) 22:15:50.41 ID:y0P2Q2fI
もう少しマトモなムーヴしてたら帝国は滅びずに済んだしな



7834 名前:ゴジュラス@◆ZX2DX6eltM ★[] 投稿日:2021/02/19(金) 22:15:53.07 ID:dm2ruqzJ



     ____
   /_ノ   ヽ_\
  /( ●) ( ●)\     ロムリア帝国の後継が現れない限り、エウリッパに平和は訪れない
/ ::::::⌒(__人__)⌒::::\
|        ̄      |   でも、その立場に……絶対権威の再来に今一番近いのは、皮肉にも大聖堂だお
\               /




     ____
   /_ノ   ヽ_\       ただ、何度か付き合って分かったが、あいつらここぞという時根性見せるけど、それ以外は基本腐ってるお
.. /( ●)( ●)\
/::::::⌒(__人__)⌒::::: \    そのくせ自己保身の能力はロムリア帝国とは比じゃないぐらい高いし、何より運が良い
|     (  (      |
\     `ー'      /    今後間違いなく勢力を増していくだろうけど、互いに非接触のまま互恵的である現状が崩れると、間違いなく面倒な事になる




   / ̄ ̄ ̄\
.. / -―、  ―-\
/ ィてフ> i iィてフ> \     なので、我々はもらうものもらったら後は好きにやります
|    (__人__)    |
\      ^     /      我々がそちらに干渉できるくらい力を蓄えるまでは、遠い友人でいましょうね
/             \



7838 名前:ゴジュラス@◆ZX2DX6eltM ★[] 投稿日:2021/02/19(金) 22:28:10.24 ID:dm2ruqzJ



                          \ - .,
                /           }   \
                /
.              '゙   /  /   /    |
.               /   /  /     |
            /  / ./  / /   /  八
.            ′/,  /  ,/   / / //
            | | | /   /   /  / //    |
            | | |./.,__{ // /二/_ ̄「./  |⌒Y   |
           八 ∨ ⌒Ⅵ,)   ''^ア笏7ト   | ノソ
           \八 {^'' ノ      ゙'ー''/ / |,.ィ゛
                / )込 ヽ          /  |: 八    \
.               /     \ ゙'=-     イ   |-┐:.       \
              /   /  _,>  -=''゛  /  .| {: ::.      \
.             /     {  {⌒::ヽ:r::: ⌒7    |⌒\:::.       \
            /    / ∨ ∨::::r:ノ:::::::::/    |二二`、:.           \
.           /    /| 「::::::::: ノ::::::::/ /.:1:|ニニニ::、   \       \
          /    / :| 乂/「::ヽ/ / /ニ| |二二ニニ、    \      \ー --   _
.       //    /  | /ニニ/ /  /二 | |二二二二}     \ \        \    `ヽ
     ,:′/    /  /⌒7ニ/ /   /ニニ八|ニニニニ小     }   丶、_     \    `、
.   /  /  /  /   ー=彡/  /二二二\ ニニ/: |Λ          V"'' <  ̄ ヽ
乂_,./ /     /  ,」  / /ニ/   /`'マ二二二二二{ : |: : 〉    }    ',    `丶、 |     |
.  /  { / /  ./^|  { {ニ/    ,-二二`寸ニニニニ|: :|: /Λ  ′    }ト .,     |     |
 /{  //   ./ 、_乂(   /二二二二「ニニニニニ| :|//: : ∨/ ,   ∥   `丶、 |   ノ
. {    (    // ,⌒「ニア/ニニニニニΛ二二二二l::|/: : : : /  |    /        \  / }
.   Λ 乂  /  | {ニニニニニニニニ/: :∨ニニニニl/: : : : / / | ( /        /  Λ
  \{ \ /   /]  ∨ニニニニニニ/: : : :∨ニニニニl: : : / / 八 \       -‐, '゛  /
   \./  /  {   }ニニニニニニ{: : : : : ∨'ニニニl/⌒/    \ \     /   / /
    /  ./ }  /V, 廴ニニニニニニト斗--:∨二二二l: : :,′ /     > --‐ '゛  /  /
        /ノ /  V Λニニニニニニ[⌒ へ ∨二二二l: :{ /              / /
\_,.|   | _/     ∨_」>――::ミニソ「⌒    /ニニニニ}八{    )〉      --‐ ''゛
  `'''|   「       /::V::::::::::::::::::::: } >-ぅノソ/ニニニニ/  \ __/
   八   ∨   )} /::、ノ冖ー---<ヘ,___,,ィ二/ニニニニ/__        _ ----
      \ 乂__,彡ノj::::「::∨ニ\::::::::::::::::: /ニニ/ニニニニ/'、ニ-_  -ニニニニニニ
.        ⌒¨´ |::::|::::|:\ニニ>―=彡ニニ/ニニニニ/ニ'、ニニニニ―_ -ニニニニ
.             Λ::|:::::ト:::::\ニニニニニ/ニニニニ/ニニ'、ニニニニニニ―_ -ニ
           / 乂__」 \:::\ニニニニ{ニニニニ/ニニニ'、ニニニニニニニニニ=
             / / [   廴\::」ニニニ「 ̄::「::7:::\ニニニニ'、ニニニニニニニニニ
            /         廴 ヽニ>''´乂/^7Λ:::::\ニニニニ'、ニニニニニニニニニ
.        /  /   \   廴 /      |::::/{:::\::::ノニニニニ'、ニニニニニニニニ
.       /   /   ___>―--^'冖ミx.,_   |:::{ \::\二二ニニニ'、ニニニニニニニニ
.      /     /   「//           ^''冖ヘ::::\__}\::\ニニニニ'、ニニニニニニニ
    /         / |  「 r― 、    _/: : \::::ノ二\::}ニニニニニ'、ニニニニニニ
        / Λ <_/.| Λ V  `て⌒< : : : : :寸ニニ}ニニニニニニ'、ニニニニニ
   |    /   /,   |,ノ  ヽ_)    ^'冖ミx.,_: : : }ニニノニニニニニニニ'、ニニニニ
   |   ./     /,                 ~⌒<ニニニニニニニニニ'、ニニ



  シエルタ公爵家を吸収したシマズの自立不干渉路線が、エウリッパ秩序の回復を遅らせたという見方もある。

  しかし、その結果混沌としたエウリッパにとある勢力を生み出す。

  【1D10:10】である、メアリ・クラリッサ・ロムリアを旗頭とした、貴族連合。

  当時、新生ロムリア帝国を自称していた者達である。



 【 メアリの血統 】
  1:皇帝の妾の娘  2~4:皇帝の姪  5~9:皇帝の遠い親族  10:皇帝の娘


.
7839 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/02/19(金) 22:29:21.66 ID:a7ccFPwm
できない夫の娘!?

7840 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/02/19(金) 22:29:41.37 ID:7YY6PG83
有ったよ正当な血筋が

7841 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/02/19(金) 22:30:03.75 ID:evJJ03RS
生き残り!?



7850 名前:ゴジュラス@◆ZX2DX6eltM ★[] 投稿日:2021/02/19(金) 22:45:01.39 ID:dm2ruqzJ


  / /    /  /               ,     ` . \ヽ
  ′〃          /              ハ      、丶 ゛ ∨
//  ′__   ′  ' 7           ` ;   /  .      丶 :. ゛V
/  /,. 、 ヽ / / ′     ,  .:  /   `  .,  ,        :.  . :.',
 / 〃  丶 ∨〃 ′      ′ :}  7‐x_、{_   ` ,、   :.   :.  .
'/ ′-= __ハⅰ  ′     i   {l  {  {`7ミ:ミ、、 , \ :.     :.    !
{ { γ´  V   ′       l  :{ l { Λ.′γヾi:.}:. !、`__,  : '    i
    ′  ノ   .    :     l  { ! |   {  ′ , }i:}、||   :   .: i    |
Λ   、 {    i :.  :     :! {  l:|   :∧ { /∧i|`!}  .:  /| |    |
  \  ` '     ! :.  :    :}. {   l|   {∧:.. イ' ^}゙; }  . /!リ !  !
/' / `  ィ.   ! .:.  :     :| 、   !  i {  `"  }/ ′.: / }′   .: ′
/ /      .:.  .! .:.       l     ゝ 从     ノ' /  /三、   /' /
'/       .:. ! :   :.    |        `   ´ .:'  ヘリ》ミ、 //
′        .:.| :.   :   |          彡イ  V. イ ´
> .       | :.    .   |                    > ′
: : : : : > .    | :.   :.  |             .ィ´  ′
: : : : : : : : : >. | :.    :. |    < ー 、    / !   ′
: : .: : .: : : : : : : :| :.     .  !      ` ´   / l  .′
、: : : : : : : : : : : :| .:.    . |         /    !
:i:\x、:. : : : : : :|  :.     : l        ´     | ′
:i:i:i:i:\≧__、: : .:|  .:.     :. ト      ィ´|       ! .
:i:i:i:i:i:i:i:iヽニニ\ |   :.     : |:.:.:.≧´:.:/  |       ! .



  メアリ・クラリッサ・ロムリア。

  ロムリア帝国最後の皇帝、できない夫の実の娘である。

  当時のロムリア帝国中枢で、魔王病のメカニズムと対策法に理解があった数少ない首脳部であったシエルタ公やらない夫によって、
 大宮殿に暮らす皇帝一族の一時的な分散化が提案された。

  帝位継承権保有者が一箇所に固まっていては、万が一が起こった際に帝室が断絶する恐れがある、と。

  その中で最も優先されたのが、当時魔王病によく似た症状を発症していたものであった。

  閉鎖された環境では、感染は爆発的に広まる。

  だからこそ、罹患者は一時的に隔離して経過を見るという、正しい知識に基づいて一人の皇族が地方に移された。

  それが、結果的に唯一人だけロムリア革命を生き残ることになった、ロムリア皇帝直系皇族であるメアリである。

  彼女は、生まれつき体が強くはなかった。

  ロムリア皇帝は頑健な一族と知られ、一族の多くが病知らずであったが、メアリは皮肉にもその虚弱な体質によって生き延びたのである。



7851 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/02/19(金) 22:46:19.64 ID:a7ccFPwm
魔王病予防の為に地方へ療養してたのか

7852 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/02/19(金) 22:47:03.54 ID:7YY6PG83
悲劇の皇女ですのぉ、民衆に細切れ肉にされた一族で唯一の生き残りなの含め



7853 名前:ゴジュラス@◆ZX2DX6eltM ★[] 投稿日:2021/02/19(金) 22:55:43.75 ID:dm2ruqzJ



                         _ ...  ... _
                     ´ -      `  、
                  //   , / i }   、 \
                 / , '  / イ // j'′  i '
                 .' / / / / '/,/ / !i   |',l   ハ
              l .' / / / / /   /}l|  リ  i . i
                l { .! / / / l  /, / !j / j ! } | |
                 | ,l l {_」,..∟!_,///-‐l七辷l /l ;l |
                  | /〉、、r ;'〒ミミ゙イ,' '/ん沁。!/j ;:| |
                  }.'/'|゙、、゙c辷ノヾ{!  ' `''"゚o,' ' /l|: !
                 ,''/' l! .ヾ       、    /  /:jl' |
.               // ,7 ! |:、   γ= 、 / .'/:l:l.' l |
            /′ ,/ l.'j:ハ゛:.. 乂___.ノ /  ./:: !:l ! !
              // // .' /j::|::::}:r≧.ニ.< /∧、:!| | |
           / ' /:/ / 、≠=ー-ミ、Y~// /ノ.:..\ ! |
.           /  /.:/ /,/∧ニニニニ{t{/"   /.:.:.:.:,:.-‐zミ:.、
         . ' /:/// /λニィ"//   /.:,:イ:'"´:.:.:.}:〉ミ:!
          , ' /,:'/, '// /::}>=´;;// / /':/.:.:.:.:.:.:.:///:l:.!
        /  // / ,/イ:::::ノ!:.:.| .://  :{i":.:.:.:.:.:.:.:.:.///.:,':.:l
       /  ..:::://i/イ::゙、/Λ:.:!/ //   リ|:,:':;.-、:.:/'/:./:.:.:l
      / ,:'.'::://{/'"{|:゙、::{.:{,' 〉' ,:' /   /.'ノ/´.:.:/'/.:.:./.:.:.:.:.!
    / .: ://{l'/<`ー..l:::ヽ!〉!/ / /  /:/'.:.:.//.':.:_ノ''rー=、:.!
.   / .://.'.:.'/'::゙、}i.\二.ノ l´/ /' ..ィ´:/.:.:.://.ィ"´.:./ l   `
  /  i'/ !ll/::\ \`ノ::、__}ノ彡イV.:/.:.:./,.:':/:.:.:.:.:/:.  {
  .'  { !  .l{:{::::::::ヾ''</:_:::::{,{ '{ヽ{_/.:.:./,.:'/.:.:.:.:.:.:Λ :.  :.
  {i {  ゙{:  ゙.::ゞ_:::::::}゙77´:::::}ゞ〈/.:.:./,.:'/ :.:.:.:.:.:.:/  Ⅵ  、



  ただ、彼女が唯一つの幸運によって生き延びたかと問われれば、そうではない。

  というのも、彼女が帝都を出たのは、ロムリア革命の直前というタイミングであり、彼女は療養地に到着すること無く革命の嵐に巻き込まれた。

  皇帝一族をひき肉になるまで嬲り殺した人々悪意は凄まじく、その矛先は当然メアリにも向けられる。

  彼女は、魔王病に罹患した状態で馬車を失い、護衛を失い、絶望の中一人取り残された。

  大宮殿の外などろくに知りもしないまま生きてきた小娘に、唐突に突きつけられた現実はあまりに過酷で残忍であった。

  精神的にも肉体的にも弱りきり、急速に進行していく病魔に蝕まれ、もはや野垂れ死ぬほかない。

  誰を恨めばいいかも分からず、自分の身に降り掛かってきた現実さえろくに理解できず、ただただ苦しみ嘆いて救いを求めるメアリ。

  そんな彼女を、神は何故か見捨てなかった。


.
7857 名前:ゴジュラス@◆ZX2DX6eltM ★[] 投稿日:2021/02/19(金) 23:05:57.32 ID:dm2ruqzJ



                                  _/::::~::::::ヽ_
                                 /:ノ/::::ヾ::/ヾヾ\
                            ノ:/:::::{:::::::r、::::へ:::::}:\::l
                           }:::::}::::::ハ::::ノ´ ⌒Y::;ハ:::::::!:ヽ
                           ノィ:〈::::ノヘ〈_ } / )ノ_ヾ:::ノ:::::}
                             |::」::〉ィtぅ〉ヽ ゞ茫゙ヾ〈::{::::、{     おいおいあんた、大丈夫なわけ!?
                               Иヾ!  ̄  |  ``` ノィ'∨ `
                                 ヽ」 u  __    7ノノ       可愛い顔して、顔色最悪じゃんか!
                               込   /´ ̄ヽ   /イ{
                           /TW\\_ノ ィ:;∠_         というかそれ、魔王病!?
                       _,.。*/_-_ |i;i;\ \_/_」イ-_-\_
                    ,.。*'"-/_-_-_-_l;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i| _-_-_ \- _     放っておいたらやばいじゃん!
                      √|-_-_ ̄¨¨ヾ-_-!\i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;/|_-_-_-_-_」_-_|ヽ
                     l-_| -_-_-_-_-_\_|;i;i;i;i;i;i;i;i;i;/;i;i;i|-/¨ ̄_-_-_√:|    ほら、行くよ!?
                     |-_|-_r─-- 、-_l-_l;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i!'.!-_-__-_-√/:!
     _             |-_|-_ ̄ ¨¨¨_-_l-_l;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;l-|-_└‐┘-√'-:|
      ,ゝ‐、\           l-_.!-_-_-_-_-_-|-_|;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i|-|_-_-_-_-_√-_/
    / ∠ユ__ 、              |-_.l-_-_-_-_-_-|-_l;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i!-l-_-_-_-_.√-_{
    〉' /二> \            |_-_l_-_-_-_-_-_|-_|;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;!-.!-_-_-_-.√_-_ヽ
    ∨/,二、>、  、_        |-_-! _-_-_-_-_ l(_)!;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;!-.l-_-_-_-.√_-_-_|                    _,、
    ヽ_^ー‐┴-、 }ヾ=- _     |/-_l:-_-_-_-_-_l-_|;i;_;i;i;i-=ニ;i;i;il-_|-_-_-_-√-_-_\            _ - >、`ヽ
      =- _  ノ:::ノ-_-_-_-_ー<_-_ !:-_-_-_-_-|-_|;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;|-_|_-_-_-_√/-_-_-_>、______/  丈_\∨
          lく:/-_-_-_-_-_-_-_\_l:-_-_-_-_-|-_l;/;i;i;i;i;i;i;i;i;i;!-_l.-_-_-_√_-_-_/_-_-_-_-_-_-_//_ ∠、\〉//
          |/-_-_-_-_-_-_-_-_-_/∧:-_-_-_-_|-_l;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;l-_.|-_-_-_ハ-_-/-_-_-_-_-_-_-_/:::/   \ィ //´
           ` -_-_-_-_-_-_-_-_/-!.∧:_-_-_-_|-_l;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;|-_.|-_-_./-.∨-_-_-_-_-_-_-_-_-!:::L\___/´
             ¨ -=ニ -_-_/-/-_-__-_-/-/;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i|-_.|-_-_|-_∧ ̄ ¨ -=ニ-_-_-_-ヽ-‐ァ
                      ̄//-_-/-_-_-/-/;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;|-_.|-_-_|_-_∧         ̄ ̄ ̄
                    | _-_-_/-_-_-/-/;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;il_-_|-_-.∨-_∧
                     /_-_-_/-_-_-/-/;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;|_-_|-_-_.∨-_∧
                      |\-_/-_-_-/-/;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;|_-_| _-_-_∨-/|
                    \ \-_-_./-/;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i|_-_|_-_-_-_ヾ-,!




             /
                                 ヽ
              ′                    ハ
          /       ,'
                 j   i         丶   i    ゙
           .,'     /{   i        `, ハ    i
         l      ,' i|   j i       i  ィ"圦   i
         |   i  / И /{ 小  ,'  i   j{  斗   i
         |   i 汽ぅ| `7卞尤∨   }、 八  ハ   i
          И /〉j{ ㌣} j/ ー=≠。从  从   ゝ、}   !     行くって、どこに……?
            小 ' j从i゚ }/   }'  ゙, } ,/辷、   人   !
            } ∨ニ込       i {/ニニ、     ∨ ,
              |二二}h、 -=ニア ; ∧ニニニ、     } ,
              |ニニニミh、   ,ィ升ニニニニ、    ,
              |ニニニニ寸㌻圦ニニニニニニ、     ,
              |ニニニニニニ'∧ニニニニニニ、   ,
              }ニニニニニニ∧ニニニニニニ∨、    ,
           ∧ニニニニニ∧ニニニニニニ∨ミh、  ,
            /!ニニニニニニ∧ニニニニニニイニニニ、 ,
         ∧|ニニニニニ∧ニニニニニ≠´iニニニニ ,
         {ニYニニニニ∧ニニニニニ/ニニ'ニニニニ ,
            j圦ニニニニニ仁ニニニニニ7ニニ'ニニニニ .,
            {ト、ヾニニニニ{ニニニニニ/ニニ'ニニニニ/i  ,
            }ニニ`ーニニニ}ニニニニ/ニニニニニ/ニ!  ,
            仁ニニニニニ{ニニニ/ニニニ斗f七才ニ=ニi  ,
          'ニニニニ>''~{ニニニニ>''~ニニニニニ/ニi  ,
            ``~ミ''~ヽー `ー一 ''´ニニニニニニ/二i  ,
                    }ニニヽニニ\ニニニニニ/ニニ! ,
                   j{ニニニ\ニニヽニニニニニニ{/
               /ニニニニニ丶ニニニニニニニj{




                                   _ノ::二::ヽ'⌒\
                                  ノ:::ア:::::;ヾ/::::ヾ:ヽ
                                /:::}:{:、::::ノ~<{::::(::::::ヽ
                                }::/:::K:「 ヽ  ノ )ノ}::::}:::l
    r、                             イ::{:::::}ィ笠ヾ /ィtヶ、);::::N     決まってるじゃんか! 俺の家だよ!!
    、\                            ):fヾ(    }   ̄ ヘ{
     〈ヽ\                          ヽ_」  , ==、  /ノ
      `!  ヽ_                       _ -─j込 ヾ--'  ィ::{_
  r- _ノ  /-_-_-_ ̄-_-_-_-_、__ __,.-==r<-_-_-_-L...L\_/_」/-\
   \_,.。-={_-_-_-_-_-_-_-_-_-_\-_-\-\-_|-_-_≧、_-_ |;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i/-_-_-\_
       ` -=ニ-_-_-_-_-_-_-_-_、-_-_\-ヾ!_-_-_-_ \-|;ヽ;i;i;i;i;i//-,.。*-ニ _∨=-、
               ̄ -=ニ-_-_-\-_-_\|-_く\_-_-_ヾ;i;i;i;i;i;i;i;i;i;|イ-_-_-_-_-_√_|
                       ̄ -= _-_-| _-_\.>_-_-|;i;i;i;i;i;i;i;i;i;l-|_-┌─┐.√ノ\
                               ̄|-_-_-_-_-_l0|;i;i;i;i;i;i;i;i;i;l-|-_- ̄ ̄-√-_-_ヘ
                               |-_-_-_-_-_l-l;i;i;i;i;i;i;i;i; l-l-_-_-_-_-√/-_-_\
                              |_-_-_-_-_/./;i;i;i;i;i;i;i;i;i;l-| _-_-_-_ ∧-_-_-_-_-_>─_、
                             |-_-_-_-/./;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i_l-|_-_-_-_ /  \-_-_./-_-_-_-ニ- _
                              ∧-_-_-/./i;i;i;i;i;i,.。*'"i l-|-_-_-_./     \_-_-_-_-_-_-_-_-_ニ- _
                               /-.}-_-_/./;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;l-|-_-_-_{        ̄ -ニ_-_-_-_-_-_-/- _
                        /-_/-_-./i;i;i;i;i;i;i\i;i;i;i;i;i;l-l_-_-_ ハ               -ニ-_-_-/::/   _,\
                          /-_-/-_/./i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;\;i;i;i;l-l_-_-_{-ヽ              ¨-L:l、  ヾ::〉│
                            /-_-/-_/./;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i'∧-_-_',-_∨                  ̄\_〉/
                        ∧-_/-_/./;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;'∧-_-_',-_∨                      ̄
                         〈-_∨-_/./、;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i '∧.-_-',-_ハ



  マキリ伯慎二。

  メアリは無自覚なまま、マキリ伯爵領まで逃げ延び、そして領主であった慎二に拾われる。

  もし、これが他の貴族であったら、ボロボロになって乞食同然の格好のメアリを皇族と理解できたとしても、魔王病罹患者に対する偏見によって
 捨て置かれた可能性が高かっただろう。

  しかし、この慎二という伯爵は、そうではなかった。

  彼は家督を継ぐまでは聖職者として魔王病対処の最前線に立ち、自らも魔王病を発症して死の淵から生還した過去を持つ貴族である。

  魔王病について、下手な医師よりずっと理解があったのである。

.

7858 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/02/19(金) 23:07:16.11 ID:y0P2Q2fI
そりゃマキリが有力になるわけだ

7859 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/02/19(金) 23:08:52.58 ID:7YY6PG83
慎二は実質第一号の患者だしな



7860 名前:ゴジュラス@◆ZX2DX6eltM ★[] 投稿日:2021/02/19(金) 23:17:50.74 ID:dm2ruqzJ



     /::::::::::::/:::::::::/:::::::::::::/:::::/:::::::::::::l:::::::::::::::::::::::::::::l
    /:::::::::::::::/:::::::/:::::::::::::/:::::/::::::::::::::::l:::::::l:::::::::::::::::::::l
.   |:::::::::::/::::::::i:::::::::::::::::/:::_/\::::::::::::::lヘヘ,,,::::::::::::::::::::l
   丿::::::::(:::::::::::::l::::::::::::::::::)x--x、)::::::::::::l  ´`ゞ:::::::::l::::ヽ
  /:::::,::::::::\:::::::::):::::::::, -´---- (::::::::::;;/    丿::::::::ヽ::::l
  /::::/::::::::::y-、:::(::::/  √c::仆 ,.l::::/   /::::::::::::::::l::/
 ヽ:::l::::::::/∧/:::∧:)   \≦   l::lヽ    ヽ:::::::::::; -:::l
  |::l::::::::i i::(\( y          ヽi   , --):::l´l::::::::::l
  ヽ:::::::::::iゝ_l                l- //./:::::::::::l
    l:::::::::::::i _                 i `ー ./::::::::::lヽ、
   ヽ:::::::::::::::l 、     rー - _     /   ./::::::::/
    l::::::::::::::l ヘ    ヽ::::.      \    /)::iヽ:i
.   丿l::::::::::::i  、     ヽ、:::::::.  /   / ∨ `
     i:::/:::iヘ l ヘ     ` __/   /
     l/ ヽl   l  ヽ      /` -x、
`- 、    l   l    .ヽ、 ν  /__ .l
l   \ r- ┴─┴── - 冫ヽ ノr┴─ヽ
.l    \.x、        ヽ  ヽl  rー ヘ、
..l     ヽ `-x       ヽ .l  l  , - ´ `l
. l      ヽ  `-x__    ||| `l-ヽ,l   _, |
 l             ̄ ̄`ヽl  `  ヽ、冫. l
 l                 l    ..冫  l
 l                 |     /   l
 l                 ヽ   l    l` -x
 l                  ヽ  l    人   ` Tヽ
 l                   ヽ      )ヽ,-,  l ヽ
. l                    lヽ  x .´  / ヽ l  ヽ
..l                     r-- ´_ /   ヽl  ヽ



  マキリ伯爵は決して大きな貴族ではなかった。

  その上で一族郎党が壊滅状態になり、家督を継がされた慎二への負担は大きなものであったが、彼は兎に角周囲の人から好かれた。

  いや、好かれるよう立ち回ったと言うべきだろうか。

  自分の部下は勿論、身の回りの世話をする召使いや、屋敷を訪れた領民に至るまで。

  自ら同じ目線で話し、意見を求め、笑いかけて肩を組んだ。

  聖職者時代に培った、現地協力者をより協力的に変える処世術である。

  貴族の振る舞いとしては落第であるが、しかしこの緊急事態に置いてはそれが非常に効果的に働いた。

  特に、魔王病発症者達に自ら治療を施し、決して別け隔てなく励ます彼を、多くの人が尊敬し感謝した。

  革命の余波によって、少なからぬ支配階級が巻き添えで殺されたが、マキリ伯爵領ではそのような混乱は一切起こらなかったという。

  マキリ伯爵領に住む領民にとって、領主である慎二は救世主そのものだったのだ。

  そんなマキリ伯爵領内に逃げ込むことができたことも、メアリにとっては幸運だった。



7862 名前:ゴジュラス@◆ZX2DX6eltM ★[] 投稿日:2021/02/19(金) 23:25:41.63 ID:dm2ruqzJ



                      __      __
                 >    _
                    ´        、  ヽ   丶\
                // / ′  ′、    ,  ′:.  丶\
            / ′/ ⅰ  / ⅰ\   ,  ′
              / ′/ i ⅰ .  /  斗七 1  ⅰ :.     ′
           ′  .  l | ⅰ> ´,,--、=ⅰ   ! :. :.      .′
                l  Λ l 丨' イⅥいリ 1  j/⌒:.  :.   . ′
          l lⅰ  | Ⅵ {  {~ 、゙㌣′ '   / ( 、 V !   :. ′
          l | >七 _∨ {  :  ´  |/ | /   〉ノ , ¦ !  ′
            Ⅵ', イ孚ヽ{       j/ j〃  ( ' /   !     ,
              \ !丶 ^㌢〈        ´   `ー〈/:,  l  l   ′
             | `   :.      , ,      /:.   V:,   !   jl ′
              l |  Λ               .::.    Ⅶ_   l  j{ ,
               l ¦  .:|ゝ         /.:.     Ⅵ}  l  j{  ,
           l  ,   |  > .   ィ、.:.      / |     j{   ,
             l /    .;   / /   / .∧'ー-ミ  /   :!    j{|  , _
.            l: ′   .: 〃‐~、__'__'>ヘ   ヽl     {≧ー=≦!:i:i:i:i:i:i:\
           / ,   / /:i:i:i:i:i:Ⅵi:i:i:i:i:i:i:__ヽ__  !__r≦三三三{i:|:i:i:i:i:i:i:i:i:i:\
.            /     / /:i:、:i:i:i:i:i:斗≦-=ニニ=-ミ___}-=ニニニニ{iΛ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:Λ
.          /  ,    / /:iⅥ:':i:i:i:\-=ニニニニニ>‐! {≧=-=ニ三ト、i∨:i:i:i:i:i:i:i:i:Λ
.        /       / イ:i:i:iⅥ:':i:i:i:i:i;\-=ニ/ニニリ:. \-=ニニニニ/:i:∨:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ヽ
        . :/       /〃:i:i:i:i:i:i:Ⅵ:,:i:i:i:(ニΛ_/-=ニΛ . |ニ\-=ニニ/:i:i:i:Ⅵ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:Λ
    / /{     / /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:Ⅵi:/_\-ミ-=ニニ/iΛ 乂-ニ\/ハ:i:i:i:i:Ⅵ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:{
   / '∧{ '    / イ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:}:|(⌒:.ニノ‐/\ニ/:i:i:Λ /:i:i}ニ=ァニ{:i:i:i:i:i:Ⅶ__=ミ:i:i:i:i:シ
 /  / ∧'   /´:i:}:i:i:___:i:、:i:ヽ:i!/_\ニ/:i:i:リ `i l\:i:i:! /:i:/∟三ァニ{:i:i:i:i:i:|:i:i:i:i:i:Λ/
〃  .イ ′丶.;/\:;/:i:i:i:i:i:i:',:i:i:i:{ニ/:~:i:i:i:i:i:{  l l   ヽ!/:i/ l l Ⅵ__={i:i:i:i:i;:i:i:i:i:i:i:´|
′ /| {   /\ /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i}<~,Ⅵi:i:i:i:i:i:i:i:i:〉 l l  ハイ{  l l Ⅵi:Ⅵ:i:Ⅳ:i:i:i:i:i:i:i:i:|
 〃  | {  ./  /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/  :{ Ⅵ:i:i:i:i:i:i:i:{  l l  〈:i:i:i:i:〉 l l 〈:i:i:i}リ:i:/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:|


  【 命を救われた皇女メアリ 】 【1D100:28】
   数字が大きいほど、信頼
   数字が小さいほど、恋慕


.
7863 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/02/19(金) 23:26:10.82 ID:7YY6PG83
これは真実の愛ですよ愛

7864 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/02/19(金) 23:27:46.20 ID:y0P2Q2fI
ダイス監督の真実の愛ムーヴ

7866 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/02/19(金) 23:35:46.30 ID:1pUxJRfW
立場もあるし色々と難儀になりそう



7867 名前:ゴジュラス@◆ZX2DX6eltM ★[] 投稿日:2021/02/19(金) 23:36:16.77 ID:dm2ruqzJ



                  . -‐    ‐- . _
                  "           ` 、
              /' /  /         ヽ   ヽ
                 / , ′ / ,   /         } ',
             / /  '/  / ,/ /   .'    リ ! :l  .ハ
            / .'  / /'/ / //  /   /  l l  ! !
.             .'  {  ' イ'/l 'l '/ '/  / /j /!; ,! ; .! l
.            .'  l ; /_| ',,| /|l' '/ ,〃 /_// リ|′/i l
            .: .! ゙、 {´ |{ !{ |l '/'//イ /__/.′^| /| |
            ! :゙! l: 、、ィ≡ミ、/ / {'ィ=≡ミ、 ! イ' l! l
.           l ::  :|Λ`      '′      /'/' l  |
          l ::  .l Λ'""    、      '""/   |  !
           ! ::  :l :l∧       _       /l  l| 'l
             l .:::  ::| l::l:::\  ` ‐ ´   ..イ:::!  l|/ |
.           l .:  .:::| l:::|:::l:|:`i...     . イ::::l:::l   |' !
.            l ::  ::::l  ::l|::::l:::「¨¨≧≦.-‐'¬!_:!   | l
          l :::_::::! l::l| ̄`¬=;、_V ィ''´´;;;l  l l_ l
.          /.:.::.:Y | l::l !;;;;;;;;;;;;‐-;{⌒};;;;;;;;;;;;;j  l i゙!.:.`ヽ
         .イ.:.:.:.:.:.:/ l !:l |_;;;;;;;ィ;;/Τ!;;‐-;;;;7 .′| !:.:/.:Λ
       イ.:.:.:.:.:.:.:/ ',l! l:l :|、;;;;;;;;;;;;;/ ! l ヾ;;;;;;;;'  ,′:l |:/.:.:.:.Λ
      /.: :.:.:.:.:.:..,'  ', .:l |.:.>、_/l l l l ヾ_7l i   j }'!:,:.:.:.:.:.:',
.     j!.:.:.:.:.:.:.:.:' ゙:、 ',:j K.:.:.:.:.:', l l l l /.7 ', :|  /リl/.:.:.:.::.:.:i',
      l!::::.:.:.:.:.:.|   ゙:、ヽ,リ:.\:.:.:.:',l l l l:'.:.;  ',.:! //l !、.:.:.:.:..:.:.i.:,
    /::〉ヾ::::::::.!   〉、 ゙、.:.7\:.:.', ! !'.:.;.:イ ', ゙、//',' l `、.:.:.:.:.:.}:.l
   ////.'.:.:.:、`:.:l  /  /:、 ヾ  | \∨ィ" l ! ∨イリi ! リ:ニ二//
  / //:/.'.:.:.:.:.:.:.:Λ''   / j゙:、 ゙、 ! /:.l:゙、 ! l/<、//,/ /.:.:.:.:.:{:{
. / ::':'::/.:':.:、.:.:.:./ノ_,. /、/.:.:.\ミ| `:.l:7  /'、´゙、/,/ /、__,:ィ:.|:|
,'  {:::::/.:'.:.:.:.`´7:':/ヘ  V.:.:.::{ }l   八ー'" ノ:\ \个ー-‐".:.:.|:|





    r─、                                  _
    l   \                                /:::::ア::::::/::::ト...、
          \_                         /:/ノ:::::;::/::::;、:::::::::|
       \     `~- 、                      ノ::く:::}::::::ノ-〉::::〉ヾ}:::ハ
       >‐-   , -、, ∨                  {:ノ::/〉ィf 丈ハ::f _〈::ノ::;!
      /     `7  |  ∨                    }:::::、!     ` fミ ソ:::{
     f   /-‐ "{  /< \                ヾ::::ハ  マ=-、 ' /从`
    ノ   / /   /\       \            _     W ヘ  ー'_/
   /_/ / / /    ::.       ト、         ./   \- _r'─-≧rく-_]
    ゝ- く  ヽr‐<   `ー- _,  ノ .ハ       /     |  ヽ\: : : } L| rヽ
      l┐ |ヽ  `¨7:丈¨ヽ // ∧     /: : : : .   |    \  ̄} !`7 |
        くノ、 l   ./::::l┴=≦/ /::/|   / ̄`ヽ : : . │       ヽ / ,!\
         ∨ノ   l!::::::ヽ,.。*'"/::/ | /´    \: . |           〉__ノハ. ヽ
               ヽ¨_,.。*:::::/   |\_    --─ ノ/   :    ∧//ヘ!∧
                 ',:::::::丶`: : .   |  ヽ      /: : .    : .  〈´//  ∨┐
                ヾ´ : : : : : : .  |: .  |: . . : : イ: : \: : : .   : : .  \.: : : .  ∨',
                   \ : : : : : : . | : . |: : :/ |: : : : : : : : : : . : : : . ||l\ : : . ∨ヽ
                    ',: : : : : : : : : : : :/  ∧: : : : : : : : : : : : : : : |||  ヽ: : : ヽ ト,
                    \: : : : : : : : :/    ∧: : : : : : :\ : : : : : |||: . |ヘ : :  /
                     \: : : :_/        ∧ : : : : : : : \ : : //: : : | `ー--'
                       ̄          ハ: : : : : : : : : : :.//: : : :イ



  慎二の介護の甲斐あり、メアリは急速に回復していく。

  それからの時間は、メアリにとって再び手にした幸せな時間となった。

  慎二には高い教養があった。

  そしてそれを駆使して、女性を楽しませる話術や作法も完璧に身に着けていた。

  粗野とは正反対の好青年で、口先だけでなく自ら率先して現場を動かせる実力者であり、しかし決して傲慢ではない。

  メアリは、命を救ってくれた感謝や恩義と同時に、非の打ち所がない彼の振る舞いに魅了され、恋に落ちていく。



 【 ちなみに、慎二の方はと言うと…… 】 【1D100:90】
  数字が大きいと、俺も愛を見つけたよ、やる夫……
  数字が小さいと、今それどころじゃねぇんだけど!?



7868 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/02/19(金) 23:37:04.68 ID:7j8gqrKl [4/5]
真実の愛確定wwwwwwwwww

7869 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/02/19(金) 23:37:43.47 ID:rXc3eQnC [3/3]
なんだよこの綺麗な海藻は!?応援したくなるじゃないか

7870 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/02/19(金) 23:38:17.31 ID:mQPsZvV6 [11/11]
遊び人のが燃え上がる

7871 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/02/19(金) 23:38:29.59 ID:y0P2Q2fI [21/23]
真実の愛キテル……

7872 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/02/19(金) 23:40:13.56 ID:C3KIPpIU [1/2]
嫁自慢大会が楽しみw

7875 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/02/19(金) 23:43:55.58 ID:vWHTT+hf
お前らそっくりだよw



7877 名前:ゴジュラス@◆ZX2DX6eltM ★[] 投稿日:2021/02/19(金) 23:48:48.07 ID:dm2ruqzJ



:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_::_::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i::/::ヽ::i::i:::::/:::::::::::::::::::::::::i
:::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::/::::::::::::::::::::/-:::ヽ::i::i/:::::::::::::::::::::i::::::::i
::::::/::i:::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::/:::::::::::::::::::::i   ヽ::::::::_::i::::::::::::::::::i::::::::i
:::/:::::i::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::/i:::::::::::::::::::::::i       /::::::::::::::::::::i:::::::i
:/:::::::i:::::::::_::::::_/_::::::::/ .i!::::::::::::::::::::::i      ./:::::::::::::::::::::::}::::::i
ヽ::::::i!::::::: ̄::::/ ̄:::> `ヽ i:::::::::::::::::::::::i      i::::::::::::::::::::::::/:::::/
 .\i::::::::::::::/ー― '     i≧s、:::/i:::::/     /::::::::::::::::::::::/:::::/
ヘ  .i::::::::::::// ,′/ヽミヽ  i:::::::::/ /:::/      /::::::::::::::::::::::/:::::/
..i}  i:::::::::::i i .ヾイ /  ヾ i::::::/ /::::イ    /イ::::::::::::::::::/::::/
/  i:::::::::::iヾ\_ヽ     i:::/ /イ     /イニi:::::::::::::::::/:::::|
ヽ  .i\:::::i         ,'::イ      /_  i:`ヽ:::::::/::::::::|      メアリ、君を愛している
     ヽ:i        イ       /> Y≧i::::/::://:::::::::::i
                       U / 〃i!/::://::::::::i:.:::i      どうか、俺の妻になってほしい
ヘ                     |i ヽ`  /:´/|i::::/::::iヾi|
`ヽ。                        |i`イ  ./:イ  /::/::::/  `
ニニ≧s、                i!   /.   /::/::イ        ※メアリがただの流民だと思ってるワカメ伯爵
ニニニ/   ヽ             `   ./  イ/´
ニニ./      ヽ           ̄  ./
ニ/ ヽ         ̄  ー―    /
ニi    \           _,..- ''
ニi     \      _,,.-ニ\
ニi       \   /ニニニニ\




          / /    .//  / ヽ.ヽ  \   ` .、`
         / /     //   '   ゙、 ヽ.  \    丶 ヽ
          ,.' ./     //   .'     .! :丶.   ヽ  :. 、ヽ:..゙、
       / ,.'  /    //   : '   : .l   ヽ  ヘ  ゙. :. ゙:.:..゙.、
      ' ./  /    ,' ,'    '     :  !\ :.ヘ  ハ  l ゙. ゙.、:..:
     / / / ,'    / :l  : ,'     :  ト ヽ :.ヘ  l  l  :. l .:.:.l
     ,' / / l    /   |   .|     :  ! ∨:ヽ :ハ  |  ! : :.| .l
     i:.,' / .' i!   .'    |   |     : ,'  ヽ ゙、 ゙. . !: | : : !   !
     l,' ,1:' |    .!   :|  /|    :/: /   ヽ  、: l .:!: ! : : ∧. l
     !l ,:l: | l!   .|  . λ .,'.|   ./_:/.__   \: 、:!.:|: l : :.∧.  !
     l!|i:!. ! |   | ._/_.!./= |   //7 ̄ ̄ ̄ ̄ \|.:!: :,' :.:/-.  :.!    はい
     l !:|. |  !  : x'"/ _|'_ |  :/// -彡チテヌZzxミ,': ,' :,イ<ヽl  .!
     l !i!. l  ∨: : :| |'≧zitx_ .l / '/ /´: !。::シ:::} ソ:./ :./:.'. | l,!  i     どうか、幾久しく
     l ! ゙|  ゙、: :弋´ ゙,。Il::.ヾ!/ /'    ヽヾ =="´// /:': ,'У/:'  !
     ヾ. ∨、   . l、ゝ`ー''´ '       /lハ/l/ 〃:,イ : '/ /,':   i
      ヽ \ト、  ゙ .トヽ/lハ/l/  |         //l'| :,'-':./.   !
         \i\: ト.l`\    ヽ       /  ,'  :!.i ,'.:   i
           |: : \ハ、                .イ /| !'..:::   !     ※最早この幸せ以外に心の支えがない皇女
           l: /: :': :.|\     ー ─-     / ' ,': !.i...::    !
            j:': :.,': :,.'.::i `       "´    /   l :,'::::!.l...::    i
    __       /: : /':./.::::i ,..._  ≧...    . '    !:,':::::'.i..:::::    !
  , '..::. ̄::.:‐-/: : /,':/__j_l;;;;;;;;;.. ! ` ー≦yr─''´ ̄|:' ::::|.l..-::::    i
  /:,::.::.::.::.::.::./: : /,':/:::::::/::ハ;;;;;;;;;;;.`ヽ、_rt、.人.--、-─|' :::li;;;;/:::    !
. /::,'..::.::.::.::.::.,':. :/:/.::.::7::::::/:`:ー≧- 、;;l|;!;;`;;-';;;;l!;;;;;;;.!  ::!i;;ハ、_   .!
/:::,'.:.::.::.::.::.::.:l/ :, '  /_:: -'‐''ニ´_  _ \;;;;;;;;;;;;;;,'-─:|:.  :!{:::::ハ::::`::::::::::::::::─-- ....___
::::,'.::.::.::.::.::./_,:/-‐''´   ̄_..._ ̄"゙`ヽ、`_‐ァ≦、;;;;;;;;!:.、 ヽ:::::∧::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.`、
::,'.::.::.::.._/'"´        ̄    ̄ ゙' ー─..-=-,;;;`;乂:ヽ .ヽ /:.、::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.、::::.i.l
::l〃l´"           ─==ニ:::::::─--... イ ヽ;;;;;;;;;;;;;ヽヽヽ.::.::.::::.::.::.::.::::.::..::.::.::,'.::.:i::::::i.l
:/::/!               _    ‐- 、|  │ \_:,r ノヽ、\ヽ.::.::.::::.::.::.::.::.::.,'.:::.::!::::::i.l
|::::! l ヽ___... -─: : .::.: ̄ ̄.::.::.::ヽ ̄ ̄ |  │   /.ノ,':.::.:.ヾ、 .:、.::.::.::.::.::.::.::.,'.::.::.::i ::::.i.!



  そうなってしまえば後はとっても話が早かった。

  この伯爵、自分の気持ちに正直になれないほど子供でも、自分の気持ちを表現することを躊躇うほど臆病でもない。

  さくっと自分に用意できる最高のシチュエーションを用意し、さくっと自分に発揮できる最高の笑顔を浮かべて、さくっと本音から求婚した。

  当然メアリもこれを二つ返事で受け入れ、二人は晴れて夫婦となった。




  ……と、これで終われば話は早いが、そうは問屋が卸さない。

  晴れて伯爵夫人となって公の場に姿を見せるようになったメアリのことを、つい先日貴族になったばかりの慎二ならばいざ知らず、生まれた時から
 貴族をやってきた生粋の特権階級達が見過ごすはずもなかった。



7881 名前:ゴジュラス@◆ZX2DX6eltM ★[] 投稿日:2021/02/19(金) 23:58:37.01 ID:dm2ruqzJ



                           , - へ、
                            ,. { / \\─ 、
                             /,:/| | }V:ハ V iト-、      おい、あれって……!
                       /;'/;'/::| iハ ⅣV} |  | ∧
                            ′{/|/レV '´o ∨ l|  | l ∧
                       | /{:::/=ミー=' Ⅳ}, l| l Vヘ、      ああ、あれは皇女殿下じゃないか……?!
           _rへ-、_       j/l:{-'^〈::.   \ j/ ∨l, ト、 弋
         /:::/:{:::::::::::::⌒ト、    | ::l  r=== 、 \ l ;ハ| ノ ヘ
           /:{:/人:!ハ:l:ト;::::::::::::::ヽ   ∨’, !::::::, -.゙    > -< |⌒     間違いない、メアリ皇女殿下だ……!!
        /{::jム} }'f 。㍉::::::::::::::::l    ∧ l:/    } /j / / ハ |`
          {::}:{ ゚/  ー- /::::::::::::: 弋     ∧L__彡/ 厶 vV `
        }:::〈 ゝ_  '⌒ノ:/^Y:「`     , =fニ´-  ̄ >、
       ノⅥ, {::::::::ヘー=彡{/:V   _,. -ノVxム   /: :./≧=---::........._
            ∧ l/  } .イ::::ハ从,. <::://VへV∨/: : : /::::::::::::::::::::::::::: : : :
           ∧ー ,.´<--ミ<::::::::::::/: :{:く> {./: : : : :/::::::::::::::: : : : : : : :
          {ニ「ニニ=/: : : : : :: : ー< |ヘ::V^/: :⌒\/::::::::: : : : : : : : : :





  ナ ゝ        ナ ゝ  /.  十_``  ー‐;=-          l7 l7
   ⊂ナヽ °°°° ⊂ナヽ /^、_ノ | 、.__ つ (___  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ o o
  /:`: : : : : : : : : : : : ::ヽ__  、/!/!ー -'!_,       ____
 /: : : : : : : : : : : :/: : : : : : :\ ̄: : : : : :/ /  ̄/_/ : : : : : : : `: : -. .、
ィ: : : : : : : : : :/レi/!/!ハ: :|: ! : : iヽ: : : :// ./ .i .i <_: : : 、: : :,――― 、: :7
: : : : : : : : : :/,ィ===、 !/|/iト、: ト、: : / ./ ./ /! !\ {: : : }  ̄        Y
: : : : : : : /i/ く了。!ヽ=' ト==、 「: : /_i/! //__i/l/|ハト、!ヽ:/  ー-_、    .l
: :/⌒ヽ/       ̄    ヽ゚┘!:/_人l/エ!ヾ!=r┬ ト、: :7  <_iソヽ /ニ!
: !i   ;  u        , 〉 lV     `ー‐' ヽ二!ノ!/  u       ∨!
:ヘ   .:'       __    !           〉 .!           〉!
  \__      /ー― 冫 l        ___   }        ___ /
   i:ハ  u  {      .{ /ヘ    u  ./ー‐冫 ∧     /    ̄ ̄/
 r‐/   \.   \‐―一} /|  \    〈  _ { /| ヽ    ヽ____冫!
/:::::\    `: .-   ̄ ̄_/r.!   ` 、  ー―‐'/..|   ` -   ___ノ
::::::::::::::\    : . : . / ̄ノ::::::\      .`ー┬―'/::\ _       |_
::::::::::::::::::::\    /: ̄\-':::::::: ̄:` 、     .ト、/:::::::::::::::::::\ __ !::::::\__
::::::::::::::::::::::::::\  {::::::::/⌒ヽ、:::::::::::::::\_/:::::\_:::::::::::::::::::::::::::/\/⌒ヽ!





                ``ミh。,
             U          `'

             i     i       小、
             i   u. i         从
             i     i   i}     N
      ,     i     i / ∧ j   i|
       ' У⌒i      / ∧ /{   j|
        {  |i   i     〃 / / / |   リ
        } ∧ゝ i    イ/  j/  У/}′
        { i ヽ j    「 :::::::::::::::./´  ノ
        } i   j   │
        { i  ∧    |         >
        }   ,: i!   | し
         ;  |i   |     /
      /    ,   |i   |
.    /     'r=ー∨  ヽ_/
    ′   ,゚>=-∨   }
        〃 _、r≦}h、 {、
       〈/ニニニ≧}ム
      ,' /ニニニニニ寸ム
.      / /ニニニニニニ弌ム



  メアリ本人は地方貴族の顔など一人も知らなかったので、相手も自分のことなど知らないだろうと油断していた。

  結果、速攻でバレた。



7885 名前:ゴジュラス@◆ZX2DX6eltM ★[] 投稿日:2021/02/20(土) 00:02:35.31 ID:GDcAS+1n



             ___,,,,,___
       __,--‐'''' ̄´ 、  `''''ヘ― 、
    - '' ニ            冫 .. ゙'、
,,」冖 ぃ  !  ̄ t ``゙゙'ゝ、,,_ " ..丿 `¦ヘ、
彳 .. ││ ! ! ‐ ニ、   `~~゙ T゙'、  ,,......∟        今回はここまで
|∟ J┴‐」∟ 二 │      ヘ-′,, 丨〈ゝ 、
゙ゞrぇj」」i !|}l!|にl|什廾lサ n ,,_ ヽニ 〈 ''イ」l ___   好みの女の趣味は割とずれてるので、本気になる相手は
 NNNNNMMMMMMMMMノニ(⌒) /"| ゙  /    絶妙に被らないくせに、恋愛のスタンスも過程も本質も
       匚i 、_、    ..i〃 九 コl厂|||! |//      何から何までそっくりなやる夫と慎二
         M .. _ _....、、 、 'M} '|)|||||/'' /   /
         .M   ゙ ニi∩こM/  /| |  |   /     なるべくして親友になった感
         'M   ./ ./llj!M丿  ! | | |、  |
         M _ ィ}xニ,'〈M¦ ./___|   |      それではお疲れさまでした
         ゙M { ゙'ニ !l!M っ j'     |   |
         'M 二 ; ./Mゞ 」┤     |  /
         NNNNNNェ ' _ィゝ│ | ̄ ̄\/



7887 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/02/20(土) 00:05:21.74 ID:jHpZARNU


7888 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/02/20(土) 00:06:33.10 ID:KLJuDugV
乙でした

7889 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/02/20(土) 00:07:28.01 ID:dC/bqh13

後世でどっちも歌劇になりそうだな、この親友どもwww

7890 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/02/20(土) 00:07:55.92 ID:F/D0YVG6
乙。

7891 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/02/20(土) 00:08:17.27 ID:8XBP+Uoa


7892 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/02/20(土) 00:08:41.15 ID:QL80YpIm

皇女と聖女という旧帝国の最も権威ある女と真実の愛を育む親友同士

7893 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2021/02/20(土) 00:10:30.37 ID:fyyYiYlk

マブダチは伊達じゃないぜwww







Next  その14へ


Back  その12へ


目次へ





関連記事
似た者同士の親友感が最高に癒される
お前ら顔も合わせてないのに仲いいなw
[ 2021/02/22 09:58 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カウンター
検索フォーム
カテゴリ