fc2ブログ

新年あけましておめでとうございます。 実家から帰りましたのでまたまとめ再開いたします~ 本年もよろしくお願いします

【安価】マブラヴ 栄冠フォース【あんこ】 その75

9442 名前:ゴジュラス@◆ZX2DX6eltM ★[] 投稿日:2020/11/08(日) 10:21:09.45 ID:9cJB0PNb [1/51]



           i゙i゙l ̄ ̄ ̄l
       iE 、i゙ ユテ ̄ ̄ ̄テl
      / 〈 i ̄ ̄\ ̄ ̄  ̄\
     /Ο ゙i',  ___ \    ∧ ゙i
     コ`''--_j゙i',  i゙i_ン、 \__∨_゙i          おつかれさまです
   i゙㎞|   ヘ \________--/\\\\\┐
  ソ㎜|   | | |E.`i'-\|´ ̄┌―\ _\‐┐      さて、今回はどちらをやりましょうか
     |、--_lⅢl |E  i゙ i \  ┌―\\\\┐
 i゙゙ 三三゙i ゙i   |E || ┌┌゙`\____i゙ |n|n| 1
 |. 三三三i |mm|E┌┐| | ┌ i  i  i ‐‐‐‐‐|
 ゙i、三三三i | 'NNNN'''‐ | .| i   |┃┃| | | | | ||
     ┌l  ̄\\NN NN'‐────────,r'
   / ̄┌   i゙i゙\\ Z  NNNNNNNNNN
|   ゙i ゙i  i゙i゙ヘヘ\\ Z     \ZZ
    ゙i ゙i  ヘヘ ,r'|\\ZZ       Z
     ゙i ゙iヘヘ ,r' | |\ \ZZZZZZZZ
      ゙i\冂匚 | |三\,\------‐'''''\
      ゙i  \ | |三   `` ̄ ̄ ゙̄i  ゙i



 【1D2:1】
  1:マブラヴ
  2:人生シミュ




9445 名前:ゴジュラス@◆ZX2DX6eltM ★[] 投稿日:2020/11/08(日) 10:28:19.43 ID:9cJB0PNb


                                         /,>,、
                                        //、> `′  ,
                               ,、ヘ,       Vj辷,,__       `′   ,
                             j〉 ヘ,.、     \,>⌒``゙'~ 、、     `′   ,
                                  j〉 :ヘ〉,       \/、>   ``゙'~ 、、     `′ .、
                               ャヤ^〉 ::ヘ〉,      ヾ辷_         ``゙'~ .,,_/′
                           jャヤ'〉 ::/〉 :::ヘ〉,       ``゙'~ 、、       `゙ '   ,
                              )i, ::/〉 ::/〉 ::::ヘ〉,              ``゙'~ 、、    `゙ ' .、
                             )i, ::/〉 ::/〉'^`'<〉,                      ``゙'~ .,_/′
                            )i, ::/〉 ::'〉 /^`' `′ ,
   , ,、             r ,、       、|l)i,_Лン゙ /゙'   丶、 `'i 、、
  /、> `′  ,            `′、>,、rく\j〉|[j( 〈 ,、/゙'     /`' ー' `゙ヾヽ,
 ^ヾ,、、      `′  .,  jr‐ 、__  _^'_j_j〉k_,>|〔ミ辷j〉、丶、 _ ___/        ;\
   \ ``'~ 、、 /  〔}| {,、 }「`亥i戉冖i弌_犹j冖ihj゙ヽ、\ ‘:、        ′ ヽ、
.      \,>'^   `゙  、、,マ>、′ \_, }r込ヨ辷沁j7廴 」ik、 \ \,__>      丶、丶、 ヽ、
.       ``゙'~ 、、   ``〉\」i__n_|{冖ヘjークi7√~ ]衍i>,、__>、j\丶、   ,、 `  丶、ヽ、
             ``ぅトr'ァくヽ,>宀゙辷_jJ==',iUヮ冖iリ广Y^)i;:. \`'ーL.... '´'^丶、    丶 ヽ、
               〔(=爻(、_,/__,r‐、辷゙^辷,ソ二∠ソィ辷'′ )i;:::..^マh、、〔     丶、   ` ヽ、
             7⌒'┘``>辷 _____ ̄``'ー‐‐' ̄ ̄ ̄~~~~¨¨¨""7ァュ____`丶、     丶、      ヽ、
             j^'<>__j」ミン´__,xく'寸ァ_____/匸二二二二二二{(二二エ!  `′、,     丶、     、ヽ、
               ㍉ミ,、`~~}キ=ァーi |」ノ^ーi‐‐if´  j、L. \\ {、)i;:::.‘,         `′、,    丶、/ヽ,`、
                    ``' ー`' 〈'ニソ'′i \j j{ヘ,/`′ |>,、,>'^゙' 、 )i;:.‘,             `′、,  ヽ、`′
                        /ヘ, jL.i{ |     i |/ `゙' 、、`寸i;_〉                `~¨"′
.        , へ,、、            /〉 ヘ, ヽ,`、|、 />'``、、   `゙'ァ伐ユh、__   __
.       // j`h、、'  ,       rァ\ ,xァ'く,>'フ^'く/     ``、、 /^`ぐ~匸i^'、⌒``ヽ,
     iく/く, '゙ヾく、 `h、、゙'  ,    ,ィ(  ,ィ^ァ'^リij厂`i`',      `^゙'くヽ、>,.- `'く、r‐ヘ,.....,,__
.     ‘、 i``′、,   `'~, )h、、`' 〔Cゞ"フ辷彡'゙> / /            `' 、j、`゙';ー- 、、,i'"^``ヽ,``ヽ,
     ゙':、` 、 `′ ,  `'~,゙h、、`'<^i、,__,,.ィ厂</                 `` 、ー- 、、.ノ``丶、 `¨ブく 、
.         \j``     `′ , `'~゙,h、、 '<//                       `~¨^``ヽ、   `,>'´ヽ<ヽ,ヽ、
        ``'~ 、、     `′ , `'~h、j¨´                        `、ヽ、,/、,__、>く, \ヽ,
                ``'~ 、、  `′、、 `′                          ゙'ー``'く`'\ `'ー‐ヘ,`、
                  ``'~ 、, }j                                    `^ヽi、 /`\、
                      `′                                        `'く くヽ、,>
                                                                丶、>′



 【 雪風エピソード対象国家:【1D6:2】 】
  1:国連軍
  2:米軍
  3:EU軍
  4:ソ連軍
  5:統一中華戦線
  6:大東亜連合軍

.

9446 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2020/11/08(日) 10:31:00.92 ID:yB6VWYv+
おお、米軍

9447 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2020/11/08(日) 10:33:54.10 ID:mWDbNaWc
アメリカさんや、雪風の味はどうだい?

9448 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2020/11/08(日) 10:36:09.63 ID:HuchTv7N
大統領も決まった?しな



9449 名前:ゴジュラス@◆ZX2DX6eltM ★[] 投稿日:2020/11/08(日) 10:40:12.84 ID:9cJB0PNb



                               〈\  _______ ハ   /l    ./〉
                                 \\      l lヽ. l l  .//
                                  /   \\     ! !\\l  //
                              \_/ f⌒\\  .! !/¨7l .//
                               /(二ト /ヽ   \\l l 「「ヽl//
                                 /  \__`>、 \  \\|::',::: 〉    /ニニニ7!
         ===ァ、_____                 |   仁   \ `(@)\{::::V    /   /〉 ̄ >、
         ____//   \_               |   {ニ   弌℡ュ.、 L:/  __, fニニニ/  /  {
       ___/__/     |\rーァ‐‐ 、       }    {ニ    ∧ 〉===Y!}//     /  / {   {
.        ||‘, ‘,       |  l  |   L\   r'-=ニニ二ヽ   /_/7 三/7./     / ./   !   {_
.        || ‘, ‘,  __  |  l  |    L\_/_________{_____\_l{/ {_/〉〉∧._____  /  ./     ∥ ̄ ∨
.        ||_ ‘, ‘,// ̄ ̄\.!       `ヽニニニニ/ニ\ニヽ//ニニムニム V   {     }l     }
         二‘, ‘, ‘,      |            |ー―‐‐ァ.ニ \{‐‐‐=ニ二ムニム_',  ‘,    ヾ   「
.         ////∧ ‘, ‘,      |            |ニ|ニ「{ニ\ニニニ=- _      ` -=ニ「‘,       \__/.
       '//////, ‘,_‘,     /\        |ニ|ニ|__寸ニ寸寸ニニニ=- _    ` ‐=ニ‘,___     }
       '//////,/ \\___/   \        |ニ|ニ\ニニニ\j.ニニlニニ=-ニニニニニ寸ニ\   /
.         \///,{ \  \‐       \ ________|./ニニ\.ニニニニニ\ニニニニ=-ニニニ寸ニ}  !
          \八  \  \              |ニニニニニ,>=========\lニニニニ|     |ニ7 ./
.             } ヽ   \  \        /ニニニニl {三三三三三} l\ニニニ|     |.//





 ヽ\ヾx、_\ ヾ ヾ 、ゞ\\ヾ\V从j从j//_ 厶-z从K
  、ヾ\j   | 丁゙゙゙゙!/〃イTー―――`ヽ \´  /从从
    |ゞミ!、ヽ 、 ト!  |从州 ヾi|        ヽ ヽ / /|从!
    从}| | ヽ` ヾ  ヽ \ヾ从         / } ' / / ,|/, !
    |州! ヽ ト、    ` ヾ川      ,/    {{/,/从/
  / / {、  ヽ \ 、       ヽ 、 , /   ,  //>'/从
/ / /、ヾ>x___ 、      ヽ  / / >i´///:从j
 //' , i Vミ彡`'ヾー、zッーァー――‐z::::≦z='イ':彡/彡
  / ∧r人 V彡   `¨¨¨´:::::::`ヾ  i:::::::::::::::::: 彡/::::/j
.../ / ∨ヾ、从'        ´: : :: ゙  : |;;    `:::::/:::/ /    _  z―z_, ―    ようやく来たか、ユキカゼ
  ../___V /`V/ :.            l;;.:::.     ::::::':/|/   /  o ◯  o
  /___ヽ  ∧ ゝ、          |;;:::::.   .:::::' j:/< ̄´ _, -   _ /ヽ__
. 厶-----イ`::iーハ ::::::.       、   );;:::::::.. ..:::::' /:ハ二二´_
   __  ミ:::::| :∧ : ::::.      `:::;;`;;:'' ::::::::::::::' !:j:::|ー- _r-、\
 - ''´  ̄ヾ::::!  :∧ .::.       __ :::::_;;;;::::::::::::' ':/:::|     `ゝ、 ` _ー_ , _
       ヾ::::!   ::∧ ヾ 、xー-'´ ̄::::: ̄::ヽ::;'.://::::::!        ヽ´ )゚  o
      从::|   :::::丶  ´ ...::`三三:::`..:::'//::::::::|、
     ,..</::`ーz-...ゝ:::`ー、     `ヾ::... ,.:' 〈:::::::::::i::::丶、
  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ \.    _,.:':::::::::ノ::::::::: :::、::::::::丶__ _
  {::__, -、_::::::::、:::::::::::::::. \ ::: ̄ ̄:::::::::::/:::::::::::: ::::}:::::、  >‐::>‐丶、
 ´:::::::::::::::― ミ:::::::ヽ:::::::::::::::. ヽ::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::: :::::::::::::::ノ::::::ノ:::::::::::::::\



  1997年。

  開発主導国である日本帝国から遅れること2年あまり。

  共同開発国であった米国にも、95式戦術歩行戦闘機「雪風」の量産型が引き渡された。

  米軍で採用された戦術機の中では異色の他国主導開発機であり、純国産機ではない「混血児」に対する抵抗感は軍内部にも根強い。

  しかし、採用から導入までに行われた人類史最大規模の大作戦……黎明作戦と陽光作戦によって、米陸軍第15戦術機甲連隊が証明した雪風の性能は、
 そうした偏見を粉砕するのに十分なものであった。


.
9451 名前:ゴジュラス@◆ZX2DX6eltM ★[] 投稿日:2020/11/08(日) 10:50:05.21 ID:9cJB0PNb


                                     __
                                      ∧ 'vヘ
                                      ∧ 'v∧
                                    ___∧ V∧
                                    ',  |i |i, V∧
                                     ',  |i |i ∨∧
                              __     r<ム |i, |i, ∨∧
                              \\   |::::::圦_,/ ̄\∨∧
                               , _`//、 { ̄〈 ̄',      \ ∧
                          \、 'v/|l‐//ト、 {::::::∧ '、      \',
                         /、\`rレィ,.ノ〈 ゙Y_/__ム ‘,       \
     _ト、                  |  \ \|,ィツ、 〉'´レ'´ `、 ‘,        \
  ()≧=-弌 ゙ =- ..,,_   __       .|   厂」|`r_ァ',イ]ハ    ,ヘ \   \   | ヽ
  ¨  -=に_    ̄  ‐-=ニ二三三三L  \  |/:::/~// ̄ ∧   //,ヘ  /`ヽ、  \ {  }
         ̄  ‐-  __  ̄ -=ニ二三二ムノニ7 ̄/ー‐〈:::,:ヘ_/〈/ \{   \   ヽ `、
                「」=‐- _  ̄T(⌒)N ̄\ー‐ヘ二」ィく⌒ヽ/\   \   \ `、
                  ̄ ‐' rヶ‐┬=≧==彡ヘ ̄ヽ r'´|_ノ\ ̄∨∧,ヘ.    \   \`、
                     {三}´l:::/   |:_:_:_} ̄|_|ー〈_∨∧ ̄Q 〈_/__\   \   \、
                      辷 ̄|_,。s< 厂厂/ ̄ ∨ ∨∧ ̄ヽ 〈〈/77\   \   \
                        ̄ |\_//__/ |__ \/ []\  , ゝ'‐'‐'、 \   \   \
                        _|/___|  |  |     圦 \ ヽ′    ∨ \   \   ヽ
                        //ーr'    |  |  |    /  \ ヽ/ ,     ∨∧ \   \  ',
                   ト、 /:::/:::::::ノ、二ニ弋 弋,∧   /\   \〉 ′     ∨∧  \   〈 ̄Ⅵ
                   | |\/:::::/、 \    ̄  \/   \ /\))_     ∨∧   \  \ Ⅵ
                   | |  `ー///∧ \           \   \\`ヽ  ∨∧     ̄
                    \|   /////メ、_ \           \   \',::::\ ∨∧
                     \___{////、    ̄             \   \:::::ト、 ∨∧
                     ノ   ̄ヽ ,.ヘ                  \ / ̄ `''<∧
                    /      |/  /\                  \      \
                    \    {  /:::::/                   ‘,     __}
                      |\___}/ー'"                      ',    //
                      | | /:::/                        ', //
                      \|'::::::/                         ヽ/
                        ̄




                      _    _ - ‐― ‐ -
                -=ニ二_  ̄´         `ヽイ二二二二ヽ
              ____/ ,           ,、   i ヘヾ彡////∧ \
              //////イ/  / i i i  i i ,ヘ ノハ i i  } i///////∧ \
          /////// /   {  i i !  i i ! //_}_i__!  ! }///////∧  \
.          ///////〈/ / / i _ i-!-!‐-i リ //! ! ! ! !  ム.i////////    \
.           ̄ ‐ - //{ /! i  i i ∨-!-ヘ! Уァ仝ミ込} /ゞ///////  \
.                >∨ i /!  i斗爪弌 i   汽z心/' iァィ、\///∧   \
                ///// ∨ ! 人 ん心i     辷zソ´ /ム. リ\ \//∧\  \
            /////// 〉∨ !`ゞ-‐'   、   /  {__/  \ ∨//\\
              ///  //  ∧_i    r―‐‐.{     i  \_.  \∨   \\
            /   ./   / リヽ.   マ´ ̄/!     ̄ ‐ - '_  \    \\
               /  /、 _/ r‐-- > . `‐‐' .ゝ、______二ニ=-   \
           /  {  \/ i ii  ̄ ― i`__‐_´/   i::i   ゝ- 、    \
             /   \___二ニ=-i:i::::: ..:::::::i::┐┌:/彡  ヾ゙ ̄´ - ‐ `ヽ  \
         /   / / // /:::::: .::. :::::i==//___  /   ..:::::}    ヽ
           /  / / <<=X========\――‐i::i        .::::::i      }
.        / /  イ  / :::::::::〈::::::\/:::_::―:: ̄\  i::i     ..::::::::i    ∧
        {    / i./ ::::::::::::―\:::_::-:::‐:::::::::::::::::;;;;;;;;\ i::i \  ..:::::::::i   /
.        i       / ::::;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::\::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ:i    ゝ――〈  /
        \   { ::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::\::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;〈〈     ::::::::::::::::/  /
          \ У\::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; i ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;∧ヽ    ::::::/  //
              /::::::::::ヽ::;;;;;○;;;;;;;;;;;;○;;; i ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;//∧ヽ   .::/  //
.          /::::::::::::::::::: 〉;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; i ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;////∧ヽ  {  / /



  これまでのあらゆる経験や事実を過去へと置き去りにする、対BETA戦闘におけるキルレシオ。

  難攻不落にして人類未到達領域であったハイヴを、僅か半年あまりの間に3つも攻略せしめた、華々しい実績。

  そして、その雪風開発に携わり、今現在も最前線で戦果を上げ続けている、メディア受けの良いヒロインの存在。

  その他にも多くの要素が噛み合い、雪風は登場から僅かな間に、名実ともに世界最強の戦術機としての地位を不動のものとすることになる。

.

9452 名前:ゴジュラス@◆ZX2DX6eltM ★[] 投稿日:2020/11/08(日) 10:56:12.94 ID:9cJB0PNb



   /   i`丶、ヽヽ///`ヽ、ヽヽ丶   丶/、 レヽヽ/ ヽ    -─- .、    ∠l/  /// /
 ヽ i ` ヽi:::::::::::丶、`丶、´:::::::i、丶、  / \   .  i ii i>∠____ヽ__///./// /:::::::::::
   .ヽ   ヽ、:::::::::`ヽ、_::::::::::: /\\  / ̄  i   i .ii .i⊃l   l \ \/ i/ /ヽ///:::::::::::::::
    \ - 、`ヽ/`丶、  // / .∨ ヽヽ   / l .ii iゝ/ ̄// /.i  i /   i  / /:::::::/丶/
      \\ ` ヽ、 `´ ̄\/  //  ヽヽ 、l .l .ii i  ̄// / i  i/    iヽ:::::::::::::::::::i  /
       \\`\   `  \ /i/i    ヽヽヽ l ii i/ヽ //、/ l    i\l´ `´  /
         \\-、  、__/ l i    /ヽ ヽ ヽ__/ /._._/ i  i    i:::::ii    /
          ./\ ヽ、__i\::_ / i    / ヽヽ   /ヽ i .i ヽ .i  i    i:::::::i  ./\  /
         ./:::::::::::::\  .`丶-/ ./   / /  iヽ  i i ////// _ i   / \ ヽ:::::::// ./
       ///::::::::::::::::::.ヽ/ ///i__/ ̄\\ヽヽ .i i //i//\ i__/  /  `- ヽ /
      / /∧::::::::::::::::::::::::.//i l/   i   i .i::i ヽ i i.// /   l/  ヽヽ´//   / ̄\
      i/ l  ∨ \ ///  .i ┌--i   i .i i i:::::::::∨/ /  //iヽ--┐i i / \/     .\
     ./i、\_____///    ヽ.└--ヽ/./ i i:::::/ ./ /ヽ///l----┘i.i //\ \      \
   //i \ /  ヽ-/       ヽ--  i ̄  .i ∨ ./  \/ i i/ \___/  \ \
  // i\\__//        / ̄l/ ..i    \/    / / /\::::、`-ヽ   .\ \
 l/\\ヽ──/        _i::::/l:::::::ヽヽ        / / /::::::://\__/\  .\ \
/:::::::::::/---/        /::::/:::::i i:::::::::ヽヽ     / / /::::::://_:::::::::::::::丿\  \_\
\::::/ /--/         /:::: ̄::::_::::ゝゝ:::::::ゝゝ、_ / /──ヽ_//  /::::ゝ、-、 ヽ
:::://ii           / ゝ-:::::::ヽ  i i ゝ:/::::i \__//:::::::r ヽ/ ヽ ヽ:::::::::/    \ ヽ
::::/             /r::::::::::::::::/  i i/ \丶_/     丶 丿/  i  ヽ:::::::ヽ    ヽ ヽ:





                                     _____
.                                       |   |   ,
                ____                 |   |   ′
              /  /    /              |   |   ,
             /  /    /                 .|   |   ′
            /  /    /                  |   |    ,
           //    /                | ̄ | ̄ |   |    ′
           /___/                  .|   |   |   |:   ∧
           | ((_)) jI斗‐━ァ             |   |   |   |   〈/∧
           |_,.。o≦/  /              .|   |   |   |   ∨∧
           \_/___/                .|   |   |   |    ∨∧
                                  |   |   |   ∧\  ∨∧
                      ∠二二ヽ        .|   |   |  / ∧ \ ∨∧
                     /| ̄ト、 \\../_/ .|__|__|___/   /  |\.∨∧
                     |`ヽ、__\'「」' /、/|/_______/   /   \|\ ∧
                     | | `メ、ヽハ/,イ_|/______/   /       ヽム
                    _| | /L|rッVィッ|] 厂   /___/   /        | ∧
                  /'〈〉、|__{xヘム.n//|∧    /   /   /           :| ∧
                ,.イ_ノ゙〈〉_//::}三三ア,ハ__>--'" //  ∧         :|V::∧
            /〉/ []。o≦>'´}、::/_//:::[]::::/:::|ー‐< 〈/| .∧        | ∨∧
二二二二二二二:::,イ_///777ノ´   {ヽ/二///ニニ7,イΤ「ニム  | : |∨∧        /|V::::::/
.                ̄ ̄ ̄     \| ̄Vム ̄~圦[]/::|:::::Yム、∧ | ∨∧     {_| ∨/
                         _}二∧ ナ ̄ノ/「廴_|__i| | .| | ∨∧     // ̄
                     / ̄\_〈ニ〈/ ̄ |/|二癶/i|^|:| |  ∨:::|    /|i
                   /|\/´/-ュ/| ̄ ̄\//__/:| Vハ| |  ∨:|    i| i|
                   /  \|_//__/ :|     l]∨∧∨ハ |_|    | |    .i| i|
                  |___// | ̄|,′ |__/_|,∧__/ |::::|ヽ|    | |    i| i|
                /∧_|/   | ̄|   :|     「」∧_∨:: l(:)|    | |   :i| i|
           /|\/\|// / /「゙|_|_/|     |  |/|: :::| |    | |   i| i|



  さて、そうなると面白くないのが「戦域支配戦術機」……全ての戦術機の頂点に立つ戦術機として開発された、F-22である。

  実際、最強の戦術機として相応しいのは、ラプターか、雪風か、という内容で多くの論争が巻き起こった。

  そして、だったら殴り合いをさせてみようぜ! と、単純明快な方法で、最強を謳われる2つの戦術機が殴り合うことになったのである。




 【 F-22 VS 雪風 】 【1D100:42】
  数字が大きいほど雪風優勢、小さいほどF-22優勢



9457 名前:ゴジュラス@◆ZX2DX6eltM ★[] 投稿日:2020/11/08(日) 11:13:32.30 ID:9cJB0PNb



                                                             _ _
                                                          ヽ、' `'ー- 、_
                                                            7''ヽ、_,  `ヽ,、
                      _,r-―ュ_                                 !,、;;;;;;;ヽ.、ヽ,、 \
                    /~r‐.、::::::::/                                .l丶 `ヾ,i_〕  `'ー'
                  /:::::::ゞ>->/                                  .l  //
                 /:::,/^'i'::::iー7         .、          ,i       ,r- 、_    .L//
                 'ー'´<-  'i::::l;;;l.r‐-,ァ       i!           ,i'    __, -‐'7 ,rlー-,ニニュ、r‐'(_)/
                      `ヾー'-'く//;;;;〈,_ _.、     i! r,、       ,i' ,r='ニ'ー', -'ニュ',-!    i.l-'‐''`'
                      「7。`'フ-,、ニミー,、=-,、_,..i! !ト,i      _,i'-'レ'r''´;;;;i'´ _,-i i    .//
                      `!、_,rゞ_;;;;7r、ニミ-、/_r、=」li.l,i'_,/7   ir'ニrい;;-''´-,、'  l-'ト、   ,_i/
                      i (.r-、ーニ=,、」ー'ン-,r、/_ilレ'ー'./ー-、_,,il {,-'', -ニ-'7 ノ /7'' >'7
                       \\_ニ)  `'ーェ」\ /r'! ´,rァ,,>_/ .r'i-'´  (///-‐ヘニ=‐'´
                        ヽ ヽ /^ー,,」/ //_/'/」{コ、、  l/'!-'^ヽ r'  」ヽ-i!~
                         'ー、'ー、>、_,/__,/レ'=,//´r'r==ュヾ;;ヘ//_/ヽ  ヾ、
                          `iニ==1.l_,、'7 i'ニー'.r''´i=!_i-‐'ヾソ―,,ヾ_,,ノ')-、_ヾ、_,_、
                           ヾニ_ン,」、,」'  i''   〉_/ニ〕、_」、__//  j.rニ,〕''<ニ> ヾi!i!i! 'l、
                         ,-、_/ニコ'}ミ/ .i  _, -‐' ノ‐ニ>/7-i \\i _r' `i>ベi!' i i!i!i!、」
                        ,/,/ー、/-' ,r''ヾ''_,- ―'',r'^;;//   ` 'ー、ー、,iヾ、j! .,! .i!i!i!l l
                   __  _,,/7'' .  _,>-、,/ヾーヾー-‐''´;;-'_/ュ,.{}ニ=-.、  `ー、」、  ./ ..i!i!i!l 'l
                 /,r=ュ//'´  _,-'、_/;;::7''ニ'^(_)'―'ヘ(_)' ヾ_ニ!{}ニ`!、`ー.、   i,`ー'_,,-、i!i!i!ト'
                // ハ >  ._,-'i、/,i /> iニツ'ーr‐‐、ヾーヘニ'  'ヾー'、`ー,、ト、  ヾ''  `''!
               .</ //>,_-=''_ ,-='.〉 / i;;;;ヾ;;ilー‐.i l l;;;;;;i  r、 ヾ、`ー,、`ッ'}  i    'l
              /////ゞ、_,,_,-‐'//  」  ヾ;;;;;ri!'ー'i l .ヾツ! l '1、ヽ\ `ヾ\ 'i,   ,ri
            //ヾ,//)/.//ヾ、__, };;〈 _,/   /ヾー''/ 'ヽ,r'1 'i‐='i,ノ  \  ,/ ヾi⌒''ヾ!
           // ,r、,「/彡!ヾ'';;;;;;ヽ、'ヽ\/^,)'ー-'' ´   ヽニヽ_/ `ヽi'l  'l,'ヽ、  `ー''   r=}'⌒ヽ
         //ヾ'',/(ヾ_ツ/,,ヽヾ;;;;;;/`'ヽニン`ヽ、            i)ヾ'' '1ヾi      L/コヽ、i
        _/,/'"ヽ/"ヾ,,>//  \\' __/ヾニ_='!           〈 !ヾ「'i! lヘ、_,,_,、   ヾ,、彡'
       //'ヽ/丶-''^! .l,r''    ヽ レ'   'ヽ, i、              ヽヘi,ll'l .i_illlllllヽ
     //ヽ,//''" _,,i_」       'i .i,、   r''ニ=ヽ          ,, -'ヽ .'ill! ヽヾ''"
    //iヽ//_,, -‐'"            l 'i'  r-、'>、 .'ヾ、         ヾllllli 'i 'illi `i、,, -、
  //_l /^ ,,>             !,ノ! rニニ'',/ヾ、ノ          .ヾ''"ヘ> 'ill! 「 ヾlllllヽ
_// i! . ///              /」/ ヽヾr=ニ''ヘ            r=ii' ^i i,lli.ヽ_,〉''"     i!
,,/_ ,//-''              ./ /   〉'r 、__ノ            'iiiiiiヽ」 'i,lli 'iヽ      ,i!
′i ..//"               ,__,/,,/ .,r‐'7 i'                `" 'ヾ, 'i,lli .`i'ヽ、   ,i!
,,‐//               _〈ヾ、,/ r';;;;;ノ i                      iヽ 'i.i .'i;;;iヽ  ,i!
,7'/                  〈ヾヽニ=、i'-‐'' ノ、                       l!;;'i, 'ii .ヾ! ,i. .,i!
/                 />、_,,。/-'',rァ‐"ー-=‐--'7               ヾニ>_)`'=='_! .,ii'
               r'ァ_,ノ ̄ _/^ヾ-ニ,ヘ  ,,_,,-、_」                '!ヾi l'1iコニヾr!i
             /rニ' `,-r''  _,ノ   `'ー'                    .l ヽレ'"⌒ヽi,」
            ,/ 'ニ二ニ_r'ー‐''´                          .ヽ」''`ヽ、_,ノi」
              ̄                                    i ''ヽ 」 i,ii'
                                                  ヽ、'ヾl l」!
                                                    \'r{}i!
                                                      ヾ-'




                                         /,>,、
                                        //、> `′  ,
                               ,、ヘ,       Vj辷,,__       `′   ,
                             j〉 ヘ,.、     \,>⌒``゙'~ 、、     `′   ,
                                  j〉 :ヘ〉,       \/、>   ``゙'~ 、、     `′ .、
                               ャヤ^〉 ::ヘ〉,      ヾ辷_         ``゙'~ .,,_/′
                           jャヤ'〉 ::/〉 :::ヘ〉,       ``゙'~ 、、       `゙ '   ,
                              )i, ::/〉 ::/〉 ::::ヘ〉,              ``゙'~ 、、    `゙ ' .、
                             )i, ::/〉 ::/〉'^`'<〉,                      ``゙'~ .,_/′
                            )i, ::/〉 ::'〉 /^`' `′ ,
   , ,、             r ,、       、|l)i,_Лン゙ /゙'   丶、 `'i 、、
  /、> `′  ,            `′、>,、rく\j〉|[j( 〈 ,、/゙'     /`' ー' `゙ヾヽ,
 ^ヾ,、、      `′  .,  jr‐ 、__  _^'_j_j〉k_,>|〔ミ辷j〉、丶、 _ ___/        ;\
   \ ``'~ 、、 /  〔}| {,、 }「`亥i戉冖i弌_犹j冖ihj゙ヽ、\ ‘:、        ′ ヽ、
.      \,>'^   `゙  、、,マ>、′ \_, }r込ヨ辷沁j7廴 」ik、 \ \,__>      丶、丶、 ヽ、
.       ``゙'~ 、、   ``〉\」i__n_|{冖ヘjークi7√~ ]衍i>,、__>、j\丶、   ,、 `  丶、ヽ、
             ``ぅトr'ァくヽ,>宀゙辷_jJ==',iUヮ冖iリ广Y^)i;:. \`'ーL.... '´'^丶、    丶 ヽ、
               〔(=爻(、_,/__,r‐、辷゙^辷,ソ二∠ソィ辷'′ )i;:::..^マh、、〔     丶、   ` ヽ、
             7⌒'┘``>辷 _____ ̄``'ー‐‐' ̄ ̄ ̄~~~~¨¨¨""7ァュ____`丶、     丶、      ヽ、
             j^'<>__j」ミン´__,xく'寸ァ_____/匸二二二二二二{(二二エ!  `′、,     丶、     、ヽ、
               ㍉ミ,、`~~}キ=ァーi |」ノ^ーi‐‐if´  j、L. \\ {、)i;:::.‘,         `′、,    丶、/ヽ,`、
                    ``' ー`' 〈'ニソ'′i \j j{ヘ,/`′ |>,、,>'^゙' 、 )i;:.‘,             `′、,  ヽ、`′
                        /ヘ, jL.i{ |     i |/ `゙' 、、`寸i;_〉                `~¨"′
.        , へ,、、            /〉 ヘ, ヽ,`、|、 />'``、、   `゙'ァ伐ユh、__   __
.       // j`h、、'  ,       rァ\ ,xァ'く,>'フ^'く/     ``、、 /^`ぐ~匸i^'、⌒``ヽ,
     iく/く, '゙ヾく、 `h、、゙'  ,    ,ィ(  ,ィ^ァ'^リij厂`i`',      `^゙'くヽ、>,.- `'く、r‐ヘ,.....,,__
.     ‘、 i``′、,   `'~, )h、、`' 〔Cゞ"フ辷彡'゙> / /            `' 、j、`゙';ー- 、、,i'"^``ヽ,``ヽ,
     ゙':、` 、 `′ ,  `'~,゙h、、`'<^i、,__,,.ィ厂</                 `` 、ー- 、、.ノ``丶、 `¨ブく 、
.         \j``     `′ , `'~゙,h、、 '<//                       `~¨^``ヽ、   `,>'´ヽ<ヽ,ヽ、
        ``'~ 、、     `′ , `'~h、j¨´                        `、ヽ、,/、,__、>く, \ヽ,
                ``'~ 、、  `′、、 `′                          ゙'ー``'く`'\ `'ー‐ヘ,`、
                  ``'~ 、, }j                                    `^ヽi、 /`\、
                      `′                                        `'く くヽ、,>
                                                                丶、>′



  F-22と雪風の性能比較試験。

  結果的に、2つの戦術機はほぼ互角、F-22がやや優勢という結果に終わる。

  着目すべきは、F-22が圧倒的優位であると思われた対人戦にて、雪風が大健闘した点だろう。

  F-22は、その性能の大半をステルス性能と機動砲撃戦能力に振り分けており、対人戦闘において敵の視界外から一方的に捕捉・攻撃し、反撃のリスクを負わずに
 離脱できるのが最大の強みである。

  しかし、雪風はステルス性こそ主眼に置いてはいないものの、純粋な機動砲撃戦能力ではF-22と互角、いやそれを圧倒する性能を見せていた。

  同時に複数の目標を捕捉・識別し、脅威度判定を行った上で選別・自動対処が可能な、F-22にはない「頭脳」を有する雪風。

  そしてその仮想敵は、数万規模の物量を展開するBETA小型種であり、初期照射で対処できなければ確実に撃墜されるBETA光線属種である。

  例え相手が見えなくとも、攻撃に対して物理的に反応可能な時間敵猶予次第で、機体が勝手に攻撃を避けながら敵がいるだろう場所へ反撃してくれるのだ。



9459 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2020/11/08(日) 11:20:29.93 ID:9qzW9iAg
雪風ならステルス機であるラプターに対抗可能だと証明されたわけだ

9460 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2020/11/08(日) 11:21:58.49 ID:60VDoKgm
ステルス技術者の面目丸つぶれw

9462 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2020/11/08(日) 11:23:12.01 ID:BkCqiu6+
ステルス分を差し引けば、雪風優勢になるのは間違いないかw

9463 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2020/11/08(日) 11:23:58.33 ID:85HZBxvu
雪風遊びがあるからその気になればステルス仕様できそう



9465 名前:ゴジュラス@◆ZX2DX6eltM ★[] 投稿日:2020/11/08(日) 11:26:18.26 ID:9cJB0PNb


     _ .∨  マ Y´ ヽ  \ヾ、:::::::|  ∧ |ニソ/ /::///  // >=、_  ./
-''¨二二-‐≧、∨  マ .`ー´    \`ーヽヽ/ Fソ / /::///´¨フ< , ク::::::::ヽ /
二__,ィ=‐''¨¨::∨  マ        ヽ、 /  / ヾソ_〃´ ヾ_,斗'≦ ヾ::::::::/
 /´≧=――、_::∨  Y   ,イ´ヽ  У  /       ,ィ^ヾクl:::::::〉   /   /
..ス_〃r==7/::/ト   l  ヽ  ', \/  , ≦ク     ㌢"¨y/´ ヽ/  /   /
,' | ̄||三三||:::| l へ  ',   ',  \/  クイ´¨   ,ィr彳 ./7___/  ./   /
',.┘ー|| ー-'ヾ::ヽ_ム_ムマ \  \ / /´|   _,ィ㌢ /::::/ ̄ / ̄l__/
 、_::::::_≧===-‐'^マ二二>‐-‐=≧メ‐-、 .'=㌢´_,イ´彡,ィ , イ´ >  /   ',
 ――――――――――彡 /|    Y ,リ`.7::::ヽ≠,イ /   /  /    ヽ,ィエ''
                    l  ⊂) l/  |::::::_ィ´¨ /  / //三フ  |
                    ヽ  |   イソ    `ー´  /イメ´ム   .|
                     `ー|             `ー´/ ヽ  | /
                       |             /  _,イ=フ斗ー´
                       |            /  ,ィ''¨ /
                           l           /  /   /`ー、
              _______≧、____,ィ  ∟_/    ./¨^ヽ、_イヽ
              |ソ     ヽ    (・i ・ )_ソ_,イ'_,イ´フ ヽ    .|シ
             /寸――― ┤,ィ  7 /―――--≦´^l / /ヽ___ 〉‐




                               〈\  _______ ハ   /l    ./〉
                                 \\      l lヽ. l l  .//
                                  /   \\     ! !\\l  //
                              \_/ f⌒\\  .! !/¨7l .//
                               /(二ト /ヽ   \\l l 「「ヽl//
                                 /  \__`>、 \  \\|::',::: 〉    /ニニニ7!
         ===ァ、_____                 |   仁   \ `(@)\{::::V    /   /〉 ̄ >、
         ____//   \_               |   {ニ   弌℡ュ.、 L:/  __, fニニニ/  /  {
       ___/__/     |\rーァ‐‐ 、       }    {ニ    ∧ 〉===Y!}//     /  / {   {
.        ||‘, ‘,       |  l  |   L\   r'-=ニニ二ヽ   /_/7 三/7./     / ./   !   {_
.        || ‘, ‘,  __  |  l  |    L\_/_________{_____\_l{/ {_/〉〉∧._____  /  ./     ∥ ̄ ∨
.        ||_ ‘, ‘,// ̄ ̄\.!       `ヽニニニニ/ニ\ニヽ//ニニムニム V   {     }l     }
         二‘, ‘, ‘,      |            |ー―‐‐ァ.ニ \{‐‐‐=ニ二ムニム_',  ‘,    ヾ   「
.         ////∧ ‘, ‘,      |            |ニ|ニ「{ニ\ニニニ=- _      ` -=ニ「‘,       \__/.
       '//////, ‘,_‘,     /\        |ニ|ニ|__寸ニ寸寸ニニニ=- _    ` ‐=ニ‘,___     }
       '//////,/ \\___/   \        |ニ|ニ\ニニニ\j.ニニlニニ=-ニニニニニ寸ニ\   /
.         \///,{ \  \‐       \ ________|./ニニ\.ニニニニニ\ニニニニ=-ニニニ寸ニ}  !
          \八  \  \              |ニニニニニ,>=========\lニニニニ|     |ニ7 ./
.             } ヽ   \  \        /ニニニニl {三三三三三} l\ニニニ|     |.//




  当然、両者は求められた前提が違い過ぎるため単純な比較はできない。

  が、地平線から頭を出した瞬間に撃墜されかねない相手に対し、とにかく物量が多い敵をかき分けて接近し撃破するのが、雪風に求められた前提性能である。

  敵の別個体という障害物が無数にあって、レーダーや赤外線などではろくに識別できない大混戦の中、直接観測できずとも最重要撃破対象を常に捕捉し続け、
 敵や味方の攻撃が入り乱れる中を足の遅い味方とともに移動し、目標まで肉薄して撃破する。

  諸兵科光線吶喊という最高に頭がハッピーな戦術を、最初から念頭に入れて設計された雪風にとって、「姿が見えない、いつ撃たれたのか分からない」相手との
 戦いというのは、最初からある程度想定された環境なのだ。



9467 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2020/11/08(日) 11:28:18.41 ID:s2o+c34I
先手必勝機体と後の先機体か

9470 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2020/11/08(日) 11:31:52.89 ID:ybhz+AM8
さすが強いなラプター
でもコストも拡張性も雪風の方が良いんじゃないかな?

9471 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2020/11/08(日) 11:34:56.84 ID:9qzW9iAg
ステルス機能が機能拡張の足を引っ張るからね
現実のステルス戦闘機のネックもそれだし



9475 名前:ゴジュラス@◆ZX2DX6eltM ★[] 投稿日:2020/11/08(日) 11:43:05.95 ID:9cJB0PNb



                                         /,>,、
                                        //、> `′  ,
                               ,、ヘ,       Vj辷,,__       `′   ,
                             j〉 ヘ,.、     \,>⌒``゙'~ 、、     `′   ,
                                  j〉 :ヘ〉,       \/、>   ``゙'~ 、、     `′ .、
                               ャヤ^〉 ::ヘ〉,      ヾ辷_         ``゙'~ .,,_/′
                           jャヤ'〉 ::/〉 :::ヘ〉,       ``゙'~ 、、       `゙ '   ,
                              )i, ::/〉 ::/〉 ::::ヘ〉,              ``゙'~ 、、    `゙ ' .、
                             )i, ::/〉 ::/〉'^`'<〉,                      ``゙'~ .,_/′
                            )i, ::/〉 ::'〉 /^`' `′ ,
   , ,、             r ,、       、|l)i,_Лン゙ /゙'   丶、 `'i 、、
  /、> `′  ,            `′、>,、rく\j〉|[j( 〈 ,、/゙'     /`' ー' `゙ヾヽ,
 ^ヾ,、、      `′  .,  jr‐ 、__  _^'_j_j〉k_,>|〔ミ辷j〉、丶、 _ ___/        ;\
   \ ``'~ 、、 /  〔}| {,、 }「`亥i戉冖i弌_犹j冖ihj゙ヽ、\ ‘:、        ′ ヽ、
.      \,>'^   `゙  、、,マ>、′ \_, }r込ヨ辷沁j7廴 」ik、 \ \,__>      丶、丶、 ヽ、
.       ``゙'~ 、、   ``〉\」i__n_|{冖ヘjークi7√~ ]衍i>,、__>、j\丶、   ,、 `  丶、ヽ、
             ``ぅトr'ァくヽ,>宀゙辷_jJ==',iUヮ冖iリ广Y^)i;:. \`'ーL.... '´'^丶、    丶 ヽ、
               〔(=爻(、_,/__,r‐、辷゙^辷,ソ二∠ソィ辷'′ )i;:::..^マh、、〔     丶、   ` ヽ、
             7⌒'┘``>辷 _____ ̄``'ー‐‐' ̄ ̄ ̄~~~~¨¨¨""7ァュ____`丶、     丶、      ヽ、
             j^'<>__j」ミン´__,xく'寸ァ_____/匸二二二二二二{(二二エ!  `′、,     丶、     、ヽ、
               ㍉ミ,、`~~}キ=ァーi |」ノ^ーi‐‐if´  j、L. \\ {、)i;:::.‘,         `′、,    丶、/ヽ,`、
                    ``' ー`' 〈'ニソ'′i \j j{ヘ,/`′ |>,、,>'^゙' 、 )i;:.‘,             `′、,  ヽ、`′
                        /ヘ, jL.i{ |     i |/ `゙' 、、`寸i;_〉                `~¨"′
.        , へ,、、            /〉 ヘ, ヽ,`、|、 />'``、、   `゙'ァ伐ユh、__   __
.       // j`h、、'  ,       rァ\ ,xァ'く,>'フ^'く/     ``、、 /^`ぐ~匸i^'、⌒``ヽ,
     iく/く, '゙ヾく、 `h、、゙'  ,    ,ィ(  ,ィ^ァ'^リij厂`i`',      `^゙'くヽ、>,.- `'く、r‐ヘ,.....,,__
.     ‘、 i``′、,   `'~, )h、、`' 〔Cゞ"フ辷彡'゙> / /            `' 、j、`゙';ー- 、、,i'"^``ヽ,``ヽ,
     ゙':、` 、 `′ ,  `'~,゙h、、`'<^i、,__,,.ィ厂</                 `` 、ー- 、、.ノ``丶、 `¨ブく 、
.         \j``     `′ , `'~゙,h、、 '<//                       `~¨^``ヽ、   `,>'´ヽ<ヽ,ヽ、
        ``'~ 、、     `′ , `'~h、j¨´                        `、ヽ、,/、,__、>く, \ヽ,
                ``'~ 、、  `′、、 `′                          ゙'ー``'く`'\ `'ー‐ヘ,`、
                  ``'~ 、, }j                                    `^ヽi、 /`\、
                      `′                                        `'く くヽ、,>
                                                                丶、>′




                                           \ \///\/////////\_,..-゙''"
                                         /\___/./\///////_/´
                                            |   ∨∨ヽ.//\/////
                                        __ |   | _.|//入__,..-'''"
                                   / ̄ ._.:.:._メ、_,イ7'"/´
                                    <_ ̄ ̄  .ヽl,=!、|/-‐'
                      _,-‐-===j        /        i.:.:〉
                   y'^'〕〕〕‐〉.>〕      /   /    /.:「
                   ヽ、|「 /レー、|i    ∠〈゙;,i /   ,r‐=ニ二ニ=ュ
                        、_ 、Y_^ー-.i」 〕∠勿歹ヾ〉 / `]:i:;;;;;,i;::;:;;;,{,‐=-=ニ_              ____
             __ _ , .-ュァへ_广Y:l:j:i;、「! \/∠戈´  ゙{  .::' ̄ー――‐‐'`'¬::.._二ニ=-=ニ=-、       >//////
         ‐r匕Y///斥ュ{` ¨" 。`゙宀〕;i:i|、ii〕i^  ,    >¬{{ (_  ^ 、__ ..,,/_/:〃r='´;;,r'´又丈_,>///////////
         刄√´~`⌒¬¨⌒゙マj;i'° ,、i:^〉ケ( 〉) 〈・゚  .(f゙‐┘ヽニ⊃乂//////ニ゙='‐―丶===ν'///////>´. : : :
                        ⌒\ /ャ//"ノ//  , -√       `゙「-=ニ=ィ-ュ、////////////`-、/>: : : : : : ,;>
                           /^゙メtj^;/7斥ョ〈_/         └、-=: : : ` : .、//////////////`-、‐=ニ=―
                       /  〈/ `´ //.;〈;}ミ≧s。.    `ー _`` -=;〈゙〈~:` ‐- ._////////////`-、
                        { / /(_,ノi ,}`ゝノ .   ̄ ≧s。、_  ``¬弌/¨`ー- ._`iーュ∨///////////
                     _, -‐:.{/_ノヌ、 (ュ ,ー!^∨゛`~、、. : .=⊂)             ``┬!、l |/`ー 、///
                    ())艸;<ー‐゙´,f{) ゙迴_|iヘ `ヽ_/   ` =ニ⊂)           _,ゝ///////// ` -
                    ` ̄フ/,っ,辷{,)   {_ィ^ヌ_    ` ̄            〈!、/////////////
                      辷ニ气{._└j   _ノ_汽_)゙ヘ_ __                  ∨``-、////////
                         _//_,〕   ̄  fヾ;:i:i、 :.i  /(;j(_)                 ``-、 _ `-、///
                   <_,..-'"       弋,};j;j;j .ノ, `ー‐<Z__                   ``-、 `
                                    ー-=、`ヽ   ( (;.j(_).    lヽ                   ``
                                      `.ヾ、  ー=ニ、 ,r、.   | |
                                     ヘ:.   ∨`/ 〉  .| |、
                                        ノ: .   | / /   | レ!



  そのため、F-22がステルス性能を生かしてアウトレンジでの一撃離脱戦法を仕掛けると、高速飛翔体を察知した雪風が回避行動と同時に敵の攻撃位置を
 割り出し、そして攻撃位置の点と点をつないで次の行動を予測し始めるため、まるでお互いに姿が見えているかのような遠距離砲撃戦が始まる。

  それを拒否するには、最初の一撃は肉薄した状態からの完全奇襲による撃破となるのだが、F-22の技術を更に発展させたアビオニクスを搭載している雪風
 に対し、隠密での接近は至難を極める。

  なにせ、レーダーには映らない人間サイズの小型種BETAさえも捕捉可能なセンサーと索敵システムを搭載する雪風相手では、レーダーを誤魔化せたとしても
 それ以外の手段で補足されてしまう。

  しかし、かといって距離が遠いと泥仕合にしかならないので、どうしても物理的に砲撃を回避不能な距離まで接近しなくてはならないのだ。

  それでも雪風相手に互角、あるいは優位という評価を崩さないあたり、流石は戦域支配戦術機というべきだろう。



9481 名前:ゴジュラス@◆ZX2DX6eltM ★[] 投稿日:2020/11/08(日) 11:48:29.68 ID:9cJB0PNb



                               /三Ξ/
                             rベ三ムイ
                          /``~、、〈}
                           マ》 / _   '/rヘi|     .「l「l|rl
                           マ》 ‐-   l l|    」_| ||_|
              ┌― ┬ ┐        マ》     .! l!   / |_| ||_|
             γ⌒Y]  トミ`マ》     _マ》 '''7 l |  /  |_| ||_|
   - 、          乂__ノ]_lL \'!》  〈_ マ》   l |_|   l | || |
<//\\       /ー::‐::-::ムヽ!\ ヽ,   l| _ 二 il └ _」  Eヨ ミ刈∧_ _________
////// /     |:: :: :: :: :マム:::::::::\|l    ゝ=ニ_ ニ=- _ヽ_ Eヨ ミノ)l l l l |[i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;l;l;l;l;l;l〕ニ==
///// /`  -‐- 」_:: :: :: :: : ! !::::::::::::「:,マ》ノ(___ノ 入   rヘ._Eヨイ}ソ////ノ ィ圦チ"¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨
//// /.:  〃三ヽヽ ~''<:;~':| |へト、jLrュ、 ‐=- >‐r‐-  トヘ 冖 リ ベ ̄ ̄ ̄
/// /.:  弋三ソ ノ.:. .   l! :| |:::::::::::`'<]>、z-=ミ―‐‐ 气ヘ Π/へ.」
// /_ゝ- =  ー<_ .:_ノ : | |::::  :l::l::lKi|::::|l三三ヘ [℡ ㍉|.|irヘ ヽ、
/ /Ⅵ_. -‐ >  |_::_::_::_::_:_| |::::_:l::l::l_:::l::::|l三三ミヘ   [l_ `l」 z::::ュ  \
' 〈,ィ壬=‐ _ _   「:;:;:;:;:;:;::;:;:「`T::::TT::l|::::「㌻ゞ⌒ヽ∠\_}  r┐ _ _ _  ヽ
 ̄    ィ升ハ'ー‐l|:':':':':':':':':':| l::::::::::::: l!::::!ニヾ弌ノ ) 》〉 __,ィ厂r‐ェェ┬―'’
.     乂少ノ_  l|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|=-:._7::::::::li::_|ユムイヽ,/ ,ィ升三刈ニ¬=‐ミ
.        ̄   ̄|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.| __j|三Ξtムー'’}! / /ヾ0三彡ソ ) `ー┘
           ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  `マ三三L}..._//^ーヘ___ヘーく      \
                    マ三三/ / }‐'’ト   l l | ≧ュ。   ィ弍
                           |     /  \ └'_/ <  ≧ュ斗三ミr┐
                        /フ=ミ、/      ̄ __≧ュ   `'<圦ノ
                   / λ ノУ        `――┴ュ_   _)ヽ
                    ,r‐┤ /フ'~'′                  `'<≧ェ┘
                   _L/ .//                      `'<≧ュ
                  ,r‐┤  //〉
              L/ ./∠ ̄
             /   , ' ./ 〉
             /.:'〕 ,.' /'゙~
         /N└'’、  ィ l
          ノ〈__  ̄`ヽヾ'’/
        〔 -‐-、   }/
        /     ヽ/
.       /     /´
      /     /
       {   /



 【 なお、そんなF-22(開発中)に対する評価 】 【1D100:80】
  数字が大きいほど、やるやん! 小さいほど、は~つっかえ



9482 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2020/11/08(日) 11:50:26.03 ID:jLwMWfGX
やるやん!

9483 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2020/11/08(日) 11:51:14.43 ID:5Ym0BVS3
対BETA戦の勝利が現実味を帯びてきた分、戦後の対人戦を想定したF-22が注目されるのは悲しいが当然だわな

9484 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2020/11/08(日) 11:51:47.53 ID:NE6H4+VW
まぁBETA掃討後の有人戦でアンチ雪風の役割は出来そうだしな

9485 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2020/11/08(日) 11:51:52.53 ID:9qzW9iAg
あらゆる戦術機を過去にした雪風に優勢取れる時点でヤバいからなあ
ある意味戦術機の生き残りの方向性(対人戦)を示してしまってるし



9489 名前:ゴジュラス@◆ZX2DX6eltM ★[] 投稿日:2020/11/08(日) 11:53:47.42 ID:9cJB0PNb



                                                             _ _
                                                          ヽ、' `'ー- 、_
                                                            7''ヽ、_,  `ヽ,、
                      _,r-―ュ_                                 !,、;;;;;;;ヽ.、ヽ,、 \
                    /~r‐.、::::::::/                                .l丶 `ヾ,i_〕  `'ー'
                  /:::::::ゞ>->/                                  .l  //
                 /:::,/^'i'::::iー7         .、          ,i       ,r- 、_    .L//
                 'ー'´<-  'i::::l;;;l.r‐-,ァ       i!           ,i'    __, -‐'7 ,rlー-,ニニュ、r‐'(_)/
                      `ヾー'-'く//;;;;〈,_ _.、     i! r,、       ,i' ,r='ニ'ー', -'ニュ',-!    i.l-'‐''`'
                      「7。`'フ-,、ニミー,、=-,、_,..i! !ト,i      _,i'-'レ'r''´;;;;i'´ _,-i i    .//
                      `!、_,rゞ_;;;;7r、ニミ-、/_r、=」li.l,i'_,/7   ir'ニrい;;-''´-,、'  l-'ト、   ,_i/
                      i (.r-、ーニ=,、」ー'ン-,r、/_ilレ'ー'./ー-、_,,il {,-'', -ニ-'7 ノ /7'' >'7
                       \\_ニ)  `'ーェ」\ /r'! ´,rァ,,>_/ .r'i-'´  (///-‐ヘニ=‐'´
                        ヽ ヽ /^ー,,」/ //_/'/」{コ、、  l/'!-'^ヽ r'  」ヽ-i!~
                         'ー、'ー、>、_,/__,/レ'=,//´r'r==ュヾ;;ヘ//_/ヽ  ヾ、
                          `iニ==1.l_,、'7 i'ニー'.r''´i=!_i-‐'ヾソ―,,ヾ_,,ノ')-、_ヾ、_,_、
                           ヾニ_ン,」、,」'  i''   〉_/ニ〕、_」、__//  j.rニ,〕''<ニ> ヾi!i!i! 'l、
                         ,-、_/ニコ'}ミ/ .i  _, -‐' ノ‐ニ>/7-i \\i _r' `i>ベi!' i i!i!i!、」
                        ,/,/ー、/-' ,r''ヾ''_,- ―'',r'^;;//   ` 'ー、ー、,iヾ、j! .,! .i!i!i!l l
                   __  _,,/7'' .  _,>-、,/ヾーヾー-‐''´;;-'_/ュ,.{}ニ=-.、  `ー、」、  ./ ..i!i!i!l 'l
                 /,r=ュ//'´  _,-'、_/;;::7''ニ'^(_)'―'ヘ(_)' ヾ_ニ!{}ニ`!、`ー.、   i,`ー'_,,-、i!i!i!ト'
                // ハ >  ._,-'i、/,i /> iニツ'ーr‐‐、ヾーヘニ'  'ヾー'、`ー,、ト、  ヾ''  `''!
               .</ //>,_-=''_ ,-='.〉 / i;;;;ヾ;;ilー‐.i l l;;;;;;i  r、 ヾ、`ー,、`ッ'}  i    'l
              /////ゞ、_,,_,-‐'//  」  ヾ;;;;;ri!'ー'i l .ヾツ! l '1、ヽ\ `ヾ\ 'i,   ,ri
            //ヾ,//)/.//ヾ、__, };;〈 _,/   /ヾー''/ 'ヽ,r'1 'i‐='i,ノ  \  ,/ ヾi⌒''ヾ!
           // ,r、,「/彡!ヾ'';;;;;;ヽ、'ヽ\/^,)'ー-'' ´   ヽニヽ_/ `ヽi'l  'l,'ヽ、  `ー''   r=}'⌒ヽ
         //ヾ'',/(ヾ_ツ/,,ヽヾ;;;;;;/`'ヽニン`ヽ、            i)ヾ'' '1ヾi      L/コヽ、i
        _/,/'"ヽ/"ヾ,,>//  \\' __/ヾニ_='!           〈 !ヾ「'i! lヘ、_,,_,、   ヾ,、彡'
       //'ヽ/丶-''^! .l,r''    ヽ レ'   'ヽ, i、              ヽヘi,ll'l .i_illlllllヽ
     //ヽ,//''" _,,i_」       'i .i,、   r''ニ=ヽ          ,, -'ヽ .'ill! ヽヾ''"
    //iヽ//_,, -‐'"            l 'i'  r-、'>、 .'ヾ、         ヾllllli 'i 'illi `i、,, -、
  //_l /^ ,,>             !,ノ! rニニ'',/ヾ、ノ          .ヾ''"ヘ> 'ill! 「 ヾlllllヽ
_// i! . ///              /」/ ヽヾr=ニ''ヘ            r=ii' ^i i,lli.ヽ_,〉''"     i!
,,/_ ,//-''              ./ /   〉'r 、__ノ            'iiiiiiヽ」 'i,lli 'iヽ      ,i!
′i ..//"               ,__,/,,/ .,r‐'7 i'                `" 'ヾ, 'i,lli .`i'ヽ、   ,i!
,,‐//               _〈ヾ、,/ r';;;;;ノ i                      iヽ 'i.i .'i;;;iヽ  ,i!
,7'/                  〈ヾヽニ=、i'-‐'' ノ、                       l!;;'i, 'ii .ヾ! ,i. .,i!
/                 />、_,,。/-'',rァ‐"ー-=‐--'7               ヾニ>_)`'=='_! .,ii'
               r'ァ_,ノ ̄ _/^ヾ-ニ,ヘ  ,,_,,-、_」                '!ヾi l'1iコニヾr!i
             /rニ' `,-r''  _,ノ   `'ー'                    .l ヽレ'"⌒ヽi,」
            ,/ 'ニ二ニ_r'ー‐''´                          .ヽ」''`ヽ、_,ノi」
              ̄                                    i ''ヽ 」 i,ii'
                                                  ヽ、'ヾl l」!
                                                    \'r{}i!
                                                      ヾ-'



  結果から見れば、F-22の優位は非常に限定的で薄氷の上にあるものでしかない。

  しかし、雪風配備の過程で日本帝国における国産戦術機シリーズの評価が上がったように、米国でもむしろこれまで以上にF-22の評価は高まることになる。

  今後全世界にばら撒かれる世界最強の戦術機・雪風に対し、優位を取れる国産戦術機。

  その称号は、実際のコストパフォーマンスや実績以上に重い意味を持つものであった。



9494 名前:ゴジュラス@◆ZX2DX6eltM ★[] 投稿日:2020/11/08(日) 12:05:57.50 ID:9cJB0PNb



                 /   ̄ \     「l「l「h
                /  -l⌒l 、}   __ | ||| |
                / /  人_ノ 仏 - └ 、ヽ  ̄ !
             (_  / c∠二≦二}つノ   } l / |
              /   ─     ― 、   h.__イ
            /     ( ●)  (●)'   |     |
            |         (__人__)  |  |ー一.|
            \        ` ⌒´ /   |     |
            /{\     ー  ノ'-、   |     |
        r=ニ,二| \` ー-r--イ |  }}   ̄ノ!    |
        /  |  ∟ _ \ /^\ |/_  }}  !      |
         人_  |   く  \〉-〈/ /  }} |  __/
        /    l r―― ト  _ У_/r―‐i} |/
     /   / ! |ー rー|    | |   |ーrf リ
    /     / !  l| |    | |  l l| l |
   {     /{  \ /   | |   \/ハ}
   \   '  |           | |       |



  BETA大戦の流れを根底から覆した日本人(ルナリアン)によって、今後世界中で世界最強の戦術機が闊歩することになる。

  また、人類未到達領域であったハイヴが立て続けに攻略され、BETAの活動が世界的に停滞し始めたことにより、第二世代戦術機の登場時
 よりも対BETA地上戦終結が遥かに現実的なヴィジョンとなっていた。

  人類の逆転勝利。

  誰もが同じように叫びながら現実にできなかった夢が、今まさに現実に化けようとしていたのである。

  そしてそれは同時に、地上における人類共通の敵が今後消えるということでもある。

  人類は、例え地球外から侵略者がやってきても、一致団結することが難しい。

  そして、その侵略者を地球から叩き出した後で、改めて互いに手を取りあうことなど、そう易々と出来るはずもない。

  その時、自身の安全と権利を脅かしかねない隣人達は、自分と同じ性能の武器を手に携えているわけだ。

  雪風という、史上最強の戦術機を。



9497 名前:ゴジュラス@◆ZX2DX6eltM ★[] 投稿日:2020/11/08(日) 12:13:51.48 ID:9cJB0PNb


                                                     r=<
                  、、                             /i{:i:i:i:i≧.、
                >''~i{                             ヽ=ニ、(//):i:》
             >''~>ニミi                             ノニニ、:i:i:/
            /ニニi{:i:i(//)i{                   }i         }i     ≧s。ニニ弋/
            7圦リ<≧s。}   _,,.. -‐ 、        .}i         }i    / `ヽ  }リ_
            ´´ 弋ニニ\ニY≧i}   /≧s。,,_     .}i         }i >''~  >'ノ。s≦乍 リ
                ̄`ヾニニア∨  ハヽ}ニニニニ=- 、}i   __ノ.}i 、 >''~/ニニ>'´ ∥
                      ∨  丿 { ̄`ヾニニニニミ<=ニ Ⅶ、 }.{ .\:::://>''"  }/
                       ~''< 乂 {  ~''<~~∨ 、》 Y └ リ ∨∥,ィ  /~''<
                           / \\   _}i 、 ヽ弋r }i./ 、__∨-===イ))ニヽ\'<
                       >''~ア〔{{  \\≦圦/ /ニ} .ヾi|::::}Ⅵ=}    ~''<ニニ丶<〕
                      // / (__ア´´{ ̄>''ヾ{ .{{リ\ .i}ヽi Ⅵ       ~''<ノノノミh、
                     〕ゞイ__乂_/    ̄   /===/  ~''< リ             ~''<≧s。、
                    />'~/>´      / / ノ:i:i:i≧====イ:i:\            ~''<≧s。
                  /、ノ≦〕ゞ´      /  /≦\《_》--〔_〕~'<イ .∨/                 ~''<≧s。
                /弋イ:i:i:/       /  /   ヾミ/_ヽイヽ  \::∨/               ~''<≧s。
               /:i:i:i:i//        /  /{ /{ /ミ} {:i:i:} |ニニ》 \.ヽ〉                   ~''<≧、
              ノ:i:i:i:i//        / ./ //\ / ∧__ノ ̄`\__∨ミh、_                    ~''.イ
          _  /:i:i:i//         ゝイ /  {//          フ(ヽ〉/ ≧s。<
        //イ:i:i:i:i:i:/\            ,   / /          (}is。 ̄二ニ=-彡i{
      .//斗':i:i:i:i:i/ア´          __/ / /             (}is。  />''~~´
    //斗':i:i:i:i:/:i:i/           / / / /           、   i} } ∧∨
   // 辷圦]〕辷iゞ          >''~ //フ             \~~\\__∧∨
  >'   // ̄ ̄          ∥__ /'  ア´                >イ \.ヽ==\
      ゞ´              / ゝ=\ //                     乂 \/`ヽ
                      フ:i:i:iヽリ ./                        二≧s。,,∨
                          / {フヽ:i}/
                      /==、 //´
                    i /〉.ノイ
                    {_//



  この現実を重く見た米国議会は、F-22の調達機数削減を白紙撤回。

  開発予算の増額と全規格量産開始を急がせる事になる。

  奇しくも日本帝国とは全く逆の視点から、国内展開部隊に国産機配備を優先させるという現象が発生していくのだった。



9500 名前:ゴジュラス@◆ZX2DX6eltM ★[] 投稿日:2020/11/08(日) 12:18:12.71 ID:9cJB0PNb



                    l ̄ ̄l゙i゙i㎜㎜㎜
                   lテ ̄ ̄ ̄テユ ゙i、 Ei
               / ̄  ̄ ̄/ ̄ ̄i 〉 \
              / ∧    / ___  ,'/ Ο\
             /_∨__/ ∠_/i  ,'/j_--''´コ
          ┌/////\--________/ ヘ   |㎞゙i
        ┌‐/_ /―┐ ̄`|/-'i´.E| | |   |㎜ソ      今回はここまで
       ┌////―┐  / i ゙i  E| lⅢl_--、|
       「 |n|n| ゙i____/´゙┐┐ || E|   / /三三 ゙゙i     それではお疲れ様でした
       |‐‐‐‐‐ i  i  i ┐ | |┌┐E|mm| i三三三 .|
       || | | | | |┃┃|   i |. | ‐'''NNNN' | i三三三、/
       ヽ────────‐'NN NN// ̄ l┐
        NNNNNNNNNNNN  N //゙i゙i   ┐ ̄\
             NN/     N //ヘベi゙i  / /   |
            N       NN//|ヽ ヘヘ  / /
            NNNNNNNN/ /| | ヽ ヘヘ/ /
           /'''''‐------/,/三| | 匚冂//
          /  / ̄ ̄ ̄´´   三| | /  /


.
9501 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2020/11/08(日) 12:18:22.88 ID:RoWGc8iD
おつ

9502 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2020/11/08(日) 12:19:03.55 ID:Rm6a+Jkp


9503 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2020/11/08(日) 12:19:07.06 ID:s2o+c34I
乙。雪風の影響で戦術機業界が大変革にあってるな

9504 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2020/11/08(日) 12:19:42.31 ID:LWBaENeM
おつ

9505 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2020/11/08(日) 12:20:17.65 ID:5Ym0BVS3


9506 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2020/11/08(日) 12:22:42.57 ID:bbDHxCgG
乙でした

9507 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2020/11/08(日) 12:22:55.27 ID:RkCg3NAS

やっぱり市場は競争してなんぼや







Next  その76へ


Back  その74へ


目次へ





関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カウンター
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
スポンサー
同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite
ランキング