FC2ブログ

体調不安定すぎる...まとめ遅くなってごめんよぉ

やる夫は記憶が無い少年のようです第二部 その498

3987 名前:水銀仕立て ◆GqEE4Ifmig [] 投稿日:2018/04/16(月) 00:25:36.35 ID:c3650DHj

       >,, =x、 ''゙´ ̄ ̄ `ヽ  __
       '/  /     ハ    .r' -/
     //   //,' / /i   / }ト  f`r ,>
      i {:  ∥ { {ノ } ,ィ  リヽY ゝノ|            んじゃあ短いがやるか
     ゞ   !ル レ ●    ● .| |  i
.         乂. |⊃ 、_,、_, ⊂⊃ .|  ヽ
            /ゝ        ∠,,ィ  \\
.           /.| |>s。   ィァト     ., \
          ,  | |/ /::::::| /:://  ヽ  ∨  ,
.        | .( ⌒ )lヾ:::∨::/ | ( ⌒ )   :|  |




3988 名前:水銀仕立て ◆GqEE4Ifmig [] 投稿日:2018/04/16(月) 00:27:05.23 ID:c3650DHj



















┃  > 気付けば鳥籠の中に居た。







3989 名前:水銀仕立て ◆GqEE4Ifmig [] 投稿日:2018/04/16(月) 00:30:14.17 ID:c3650DHj













┃  > 遠くかすれたどこかの記憶。

┃  > 物心ついたころには既に知りもしない大人たちに囲まれていた。






3990 名前:水銀仕立て ◆GqEE4Ifmig [] 投稿日:2018/04/16(月) 00:33:27.23 ID:c3650DHj













┃  > 「今日からここが君の家だよ」

┃  > そう言われた場所は良く分からない機械だらけの場所。 私はそこから出られない。






3991 名前:水銀仕立て ◆GqEE4Ifmig [] 投稿日:2018/04/16(月) 00:38:14.08 ID:c3650DHj
  ::::::::::::::: : : | :|;:| :|;:| :|;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::____┏━━━━┳┳┳┓
  ::::::::::::::: : : | :|;:| :|;:| :|;::::::::::::::::::::::::::::::::::        /`ー----'\::::: : :┃┃┃┃::::::::::
  ;;XXXXXX| :|;:| :|;:| :|;.XXXXXXXXXXXXX , ---[[ |l二ニニ二l| ]]---┸┸┸┸----
  ;;XXXXXX| :|;:| :|;:| :|;XXXXXXXXXXXX/ __二二二二二二________
  ;;XXXXXX| :|;:| :|;:| :|;XXXXXXXXXXX./ ____|000OOO000|ニ_[Mark IIcs]__
        | :|;:| :|;:| :|;.           [|::|l_______|________|_____________________
        | :|;:| :|;:| :|;.            |||.O゚ 。|||。    。 ::::|||O . 。 。゚o゚  ゚
  / 二二二二二./!    _____. |||.゚○。|||。 ゚ .  ゚...::::|||。O\. 。 \゚ 0 :。
  |┌───┐= :|:::|  /    /i  |::||゚o゚ ゚.||| ||  ::::|||  。 ゚ \ . 。 o
  |│√`wー、_!   |:::|  || ̄ ̄ ̄||::::::|::.|||゚ \ ||| || :。:||| 。 ゚ 。O \。  .゚
  ||      |  |:::|_||___||::::::|::.|||゚0 :。.|||   |。: :::||| ゚o゚ . 。゚o゚ ゚ 0 :。
  |└───┘  |::;|□□||__||::::::|:::|||。゚O .|||゚ 。 。 . .:::::|||0 :。. . 。 ゚o゚ 。 ゚
  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ./∴¨ ∞/!/|::::::|:::||l.||,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,|| ||,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,|| ゚ :。
  | []       | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ | . | (ニニ:[|::|[|| | || ||| ||| || | || ||| |||二二
  |_____| |_____ |(((ニニニ`!:|| | || ||| ||| || | || ||| |||__
      _                      || | || ||| ||| || | || ||| |||
     //|                   || | || ||| ||| || |_..|_|_.|_|_|_..|..||
   //  |__            / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/i~~~~~~i。。////∞ /l ;~i。
  //  /:::/|          〆~~~~-,,/ l     l二二二二l/||::..
  | |  /::://i|::..       /  ;;   ,,;; ; ;ノ ||::..    || ::::::::::::::||:::
  |_|/:::// ̄          /     ;;;   __ノ./!||::::.
 | ̄ ̄ ̄|/:::         /   """""././:::
 |_| ̄|_||:::          /____ /./:::
                 ||____||/:::
                 ||        ||:::






┃  > 変な機械に繋がれて私は良く「誰か」と話をしていた。

┃  > よく知りもしない大人たちが唯一私に与えてくれる「遊び」がそれだ。






3992 名前:水銀仕立て ◆GqEE4Ifmig [] 投稿日:2018/04/16(月) 00:44:56.35 ID:c3650DHj

       /  /╋╋从  _  ィ/-‐'' ', } ',
      '   /丶┸'  >'^Y\     Υ |
      /   / __{゙゙゙Y> /ニニ', ',(辷)     /  }
    '    ' _{ 入ノ |、{ニ/ニ} ||マii|   ./  ′
   /   {(  r' _( 'ニ)ニハーL八マ|  /  /
   '/     V -V /ニノ‐'<> 〉入マ}h〈 /
  //     )-、ノ /j>'´ニニァr <> YVニ\__
 { L、   -‐Y-‐く‐' 入ニニ//}}イ^ヽ}ノLニ/\ノ
   ̄/   (\ )⌒ヽ\/ 〈  〈 ⌒マ、_/_つ
  /    /`寸L _/⌒ヽ /--、〈⌒__〉-|
  .'     / _ ⌒ー~~≦>─~/--、〈 |__ n
  {   >'''"/     〉///}Y⌒77_、‐''゛ _) o Y癶ミぅ
  `ー/  /     ////丿∨//{ニニソ{iii}oX}_rJ_)ぅ
     {  (_   /////   V/∧     )r‐'ノ)
    `ー‐''"  ////       V/∧ γ/ lノ
        ,イ/ア´        V/∧ (/
       ,イ//            V/∧
       入寸               ∨/})ヽ
       、ニニ)            ノニノ=/
         ̄               乂ニア






┃  > 無機質、無感動―――機械そのものといった相手との話。

┃  > けれど周囲の人のように嫌な感じがしないその話は私にとっての癒しで、限られた心地よい時間でもある。






3993 名前:水銀仕立て ◆GqEE4Ifmig [] 投稿日:2018/04/16(月) 00:49:33.74 ID:c3650DHj

           /(_ ̄ ヽ } {ミ  |: .  人  _    / .: .:√:i:リ :.  |:i:i:i:〉
          /.: :_ ̄)   ∨)从: . {⌒ \__`  イ . : : :/i:i:i/i : :.  |⌒´
.       /.:.(^'{----    〈 ヽ::.\{  ':::::(_〉〈/ . :. : イi:i:i/ i| : : . !
..    / . : : } ⌒¨.〉 ,、- ミ)小::|i:i」 /: /i:|i:i|⌒¨¨´/i:i:i/ .八  : . ∨           / ̄⌒^7
    / :/⌒ヽノ    (/   /⌒/ i::::L_j,:〈i:/|:i」:::::::::: ヽi:/:.   ∧ : :. ∨/         /  .: .: .:/
. / . .:|      ./⌒^   /  { .|:::::::/::::(〃r‐-ミ:/)__:::::.、 ∧ : :. ∨         /    .: .: .:/
 i  . : ,|      {     /.   〉 .|::::::i::::::(r_‐_ミヽ ヽ〈⌒) ヽ::.\/∧ : :. ∨     /    / ヽ /
 |  . :/ |____人__.  人   〈 人::::|:〈r┴‐‐-     }{   } .`丶、  、: : . 、_彡イ    /   ':}'
 |  :/   ノ    )    〉_j'^:::::::r|/ )⌒¨´  ̄\j {_ノ::.、......|- ミ.\:. :. :..     /    / ,:}
. i| ∧   〈     (__/⌒ ' :::::: /⌒7^  〈   (⌒   } `Y\」ヽ . ) \_.彡ィ^    / /.:}i
.八 {: .∨/〈\___r‐-ミ___/:::::::::::i  /     ヽ  \_ 〈  八:i:::::::}〈           ,  . : 八
./∧: : .∨ \_r‐ ミ_/_/:::::::::::: |. 人     〉    ) .} /::::: |::::::八 ヽ          / .: .:/
 /∧: : :.\_____/√:::::::::::人  ⌒^⌒^) ー厂 ̄ ./ { ::::: 八/.._.._.,ノ      /  ..:.:,   / ̄`ヽ
.  /∧: : : : .     〈.. ..j:::/ ̄ ̄|⌒¨¨ヽ、(___j_彡' 〈__}:::〈⌒.ー.┐      /  . : /_彡ィ : : : : .   :.
.   /込、____     ⌒).. .. .. .. . . |. . .. ..}::: \_/⌒ー '  /::::::::〉. . . .八.    〈___:(__.:彡ィ⌒ヽ  .:.:}
            `ヽ  〈. . . . . . . . .|.. .. .八 :::::: )___/⌒\::/. . .. /                   ノ  .:.:/
             /: } 〈 ヽ.. .. . . . 〈... . ../∧:::::::::::::::::::::::::/.... .. .. .〉⌒                 /  .:.,
         /.:.:ノ  /^'乂____.〉___. ./∧:::::::::::::::::::,.. .. .. . . /                 /  . :/
         ,. :/. : :/   乂__/... .. ..`ヽ .\__彡ィ^ヽ_彡'                   /  . :/      /{






┃  > 知らない事を知れる、未知の世界を拓く、それはとても新鮮な体験だったから。

┃  > どんどんと私は質問し、それに対する答えに一々喜んでは更に質問を派生させていっていた。






3995 名前:水銀仕立て ◆GqEE4Ifmig [] 投稿日:2018/04/16(月) 00:56:13.53 ID:c3650DHj














┃  > 大人たちは、それを嫌な顔をして眺めていた。







3996 名前:水銀仕立て ◆GqEE4Ifmig [] 投稿日:2018/04/16(月) 01:00:53.81 ID:c3650DHj










               ____
             /      \
           / ─    ─ \
          /   (●)  (●)  \
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \
──────────────────────────────────────────────────
【やる夫】 ……これは。







┃  > ―――そんな光景が目の前で繰り広げられている。







3997 名前:水銀仕立て ◆GqEE4Ifmig [] 投稿日:2018/04/16(月) 01:06:18.42 ID:c3650DHj
                               .:.:.:.:.:. ̄ ̄:.:.:.:...
                                 /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
                               /:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.ヽ:.:.:.ヽ-.... __
                           /:.:.:.:.:.:.:.':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.',:.:.:.:.i、ニ=-=}
                             :.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.|:.:.:.i:.:.l:.:.:.:.:i:.:.:.|:.:.:.:.|/∨__/
                          |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.|:.:.|:.:.:.:|:|:.:.:|/从_/,
                             :.:.:i:.:|:.:.:.:i:.:.:.___:.:.:ト、.:.:l:|:.:/,斗ァニ∨,
                        __ ノ_丿:.l:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.|,斗=ミ从'' い} ∧ニニ〉
                        {( 乂__彡:.:.:.:|:.:.:.:.≫灯ハ    、"´ }ハ/__
                            '/≧=‐-.  -‐┐:.:.:.:. ゞ'"´     /|=_|ニニニ=- _
                            '/ニニ二ニニ|_|:.:i:.:.:|   ー  ′_ |=_|ニニニニニ〉
                         __'/ニニニニ|_|:.:|:.:.:|≧=-  -彳 /=/ニニニニニ/
                       _-匕ニニニニ=_ニニニ|_|:.:|:.:.:| /(   (ニ/=/ニニ/ニニ/
                   __...イニニニニニニニ=ニニ|_|:.:|:.:.从|__≧=--:〈=/ニニ/二/
.              _ -=ニニニニニニニニニニ=ニニ|_|:人:.:.:.:.\=〕 ̄==-__´ニ/
          /ニニニニニニニニニニニ\ニニ/_=/\:.:.:.:.\=_\/¨ ‐==-_、
           {ニニニニニニニニ=-‐⌒7ニニニ/=_/ /=_\:.:.:.:.|=_=_\_ニ 〉/
              '/ニニニニニニ乂_    _|ニニ〈=_=〈  /=_/=/|:.:.:.|\=_=_\ //
           \ニニニニニニニ\__〉ニニニ:\=_\=_/=/ 从:.:|  \_=_=_∧
            /_\ニニニニニニニ\ニニニ/: :\=_=_=/   )/:.    ー彳 ::.
              /ニニ`ー-‐=ニニニニニ|ニニ/|: : : . `ー彳 _/.: :    |=_| :::}
          {ニニニニニニニニニニ/ー彳八: : :   l=_|:. . . . .:-=‐. . :|_=|. : :'
          {二二ニニニニニニニニ/ニニ|ニニ\: : : |_=| : : - ‐=‐: : : |=_|/
──────────────────────────────────────────────────
【BB】 彼女の心―――深層心理。

    .そこに根差したルーツ、といったところでしょうか。

    .やる夫さんの【同化】と私の干渉の結果、彼女のそこに関わる記憶が見えているという事でそうか。






┃  > 暗闇に浮かぶ映画のような光景を前に、いつの間にか横に居たBBが悪びれもなく解説していた。

┃  > そうだ―――自分は確か、彼女を狂わせているものを取り除くために……






3999 名前:水銀仕立て ◆GqEE4Ifmig [] 投稿日:2018/04/16(月) 01:11:04.07 ID:c3650DHj
               ____
             /      \
           / ─    ─ \
          /   (●)  (●)  \
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \
──────────────────────────────────────────────────
【やる夫】 いいのかなー、これ。





                   ___
                  >'´ : : : : : : : `'<
                ァ': :/ : :/: : : l : ', :',: : :\
              /:/:./: : /: ,': : :|: : l: :l : ヘ: :∨==ミ
              ,:./:./: : :.l: :.|: : : | : :|: l : : }ハミ{::::¨ト::::`''<
              ,': ,: :l: | : :l: :.|: : : |: :, : l: : :.j: |(::人:::::::::¨¨::ノ
              |: |:.┼=ミ、,,__,, : /:./,_>''~´:从:::::ハh、ノ´
      、         |: ⅣV|:_:_|从ハ//イ从:_;/_;∨1:::|::::::|::::::アl
.     ',ム      |: レ:ィ灯:Jハ    イJ心㍉从:::!::::::l /::/   .斗‐ァ
.       V\.     |: l: lヘ ∨ソ    弋 ソ〃 }{し'::::ハ{:::::,イi7―ャ:::::/
.       Vニ\^<|: l ヘ ', ¨¨   ,   ¨¨ /.イイ::::::ア ///:::::::/''´
.         lニニヽ |: l: : ト、、  、 _ ,    / 〈:::::>イ/ニニ/⌒¨
         ',ニニ二ヘ|: l: : |  )>、     .ィ   V  /ニニ/
          ',ニ二二ヘl: : :',  / ≧≦ ',    }〉/ニニ/
           ヽ二二ヘ: : :.寸"   ハ   寸  _/ニニ/_
         /ニニニニハ : : : \/ \  /¨´ /ニニ/ニ}
       ァ'´ニニ>''~´:::::`~、: :ヽ¨¨/ ̄¨'''‐<ニニ/ニニヘ
.    ┌くニニ/::::>≦/ /:/l: : :V\::\`''<:::::`'<ニニニ>。
   , イニニニ}ヘくニニア /::/::::弋: :}::、:::\::ヘ  寸\::\ニニニ>。
.<ニニニニニ}::::\ア′/:::::::/⌒ヽソ/ \:::\l   マニ>::::〉ニニニニニ>
ニニニニニニ=h、:::::\/::::/:/.   ∨   \:::\__/::/ニニニニニニ
ニニニニニ>'´  \::::::/::::/.         |:\::::::::::::/<ニニニニニニ
<ニニム     l{ `´ |::::::|            |:::::|\:/ }!  `''<ニニニニ
/ニニニ>x.   八 : : : l::::::l : : : : : 八   |:::::|: : : : : 人    < ニニニ
ニニニニニニ>x|ニ)h、: : l::::::l : : : .イzz}h、: : |:::::|: : : :.イZ}   ,ィ二\ニニ
──────────────────────────────────────────────────
【BB】 人の心に土足で踏み入る能力使っておきながら今更何言ってるんです?

    .ほらほら、本命は底に巣食ってるんですからゴーゴーですよ。



4000 名前:水銀仕立て ◆GqEE4Ifmig [] 投稿日:2018/04/16(月) 01:16:53.23 ID:c3650DHj
     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /
──────────────────────────────────────────────────
【やる夫】 ……だな、さっさと終わらせるか。






┃  > 言葉にすると同時に浮遊感と共に落ちて行く。

┃  > 深く、昏く、鈍く―――底へ底へと。 巡業のように心の欠片が流れていく。






4001 名前:水銀仕立て ◆GqEE4Ifmig [] 投稿日:2018/04/16(月) 01:21:29.15 ID:c3650DHj













┃  > そうして日々が過ぎていく。

┃  > 幾人か私のような子どもが増えてはすぐに居なくなっていったけれど、理由は分からない。






4003 名前:水銀仕立て ◆GqEE4Ifmig [] 投稿日:2018/04/16(月) 01:24:50.43 ID:c3650DHj













┃  > 大人たちは「別の場所に行ったんだよ」と言う。

┃  > そうなんだ、と私は納得していた。






4004 名前:水銀仕立て ◆GqEE4Ifmig [] 投稿日:2018/04/16(月) 01:26:50.73 ID:c3650DHj













┃  > そうして日々は過ぎていく。

┃  > 特に変わり映えの無い日常―――そんなある日。






4005 名前:水銀仕立て ◆GqEE4Ifmig [] 投稿日:2018/04/16(月) 01:27:41.88 ID:c3650DHj

.   从 : | 人Ⅵ/ /:.イヽ 7   |/      くー< y\  人: : :.:人
      \:.、 Ⅵ彡イ=={' 7/7    、     _,〉r /==Yソ  \: : : :\
      }\:.、  从 ,人//          }  イ{乂彡     \: : : : .
      || ノ: }  i//   ≧=--   二 ____ ⌒ヽ\       \: : :i
     /:/  〃   |:. |:. :.|:. :.| 厂}:. |:. :. | ̄ ̄} \、        ): :|
    /⌒´   {{    |:. |:. :.|:. :.乂ノ : |:. :. | :. :. /   }}       /: : '
    {     ||    |:. |:. :.|:. :.|:. :||:. :|:. :. |:. :. .{   }}     /: /
          ――人:.|:. :.|:. :.|:. :||:. :|:. :. |:. /:≧=-リ  ,/: /
      //:. :. :. :. :. :. :. ≧=-:. :. :||__彡:. :. :. :. :. :. :. :. {:./、







┃  > ―――彼女に出会った。







4006 名前:水銀仕立て ◆GqEE4Ifmig [] 投稿日:2018/04/16(月) 01:27:53.20 ID:c3650DHj
 ┌──────────────────────────────────────┐
 │                                                                            │
 │                                                                            │
 └──────────────────────────────────────┘
 ┌───────────────────┐
 │                                      │
 └───────────────────┘
 ┌──────┐
 └──────┘
 ┌──┐
 └──┘
  □



4007 名前:水銀仕立て ◆GqEE4Ifmig [] 投稿日:2018/04/16(月) 01:28:28.64 ID:c3650DHj
      jI斗-‐━‐ ミ
     /:jI斗‐━‐ ミ.:.\
    ,. : /   jI斗‐━‐ ミ:.\
   i{: /    ``丶、: : :. :.ヽ:.\‐- ミ        /)
  八(       ,、ヽ`~ ̄ : : : : : jI斗‐‐ ミ   .//{
.        . : : : : : : : : : : : : : : : : : .: .: .:`寸{ 〈 ‐┴┐
        /: :/: /‐- : :/}:ー∧: : : : .: .: .:i⌒Y⌒'/
.       /:/i: : ,.:.彡ィ^  }: :/__ \ : : : : : | /⌒´      すんゲー短いけどここまで
         /| : 抖羔ミ  ノ:抖羔ミ }: : : : :√ヽ         すまんね
.        /: l : ハ んハ     んハ 》 : : : :/::',:::::〉
        , : 从/、}乂ソ    乂ソ厶イ:彡'L::」⌒: .
.       . : : : :' : 込、  _ _    .イ_,,ノ.: .:i::::::i:∨.
     √: : : i.: .: : : :r㍉ --=≦: : : : : : : :|:::: |::::W:.
.       {: : : : :|: : :./、::ヽ:{^/_彡ヘ: : : : : .: .:|:::::ハ:::{: :i
     八:「\:{、: {  ./〔__〕  / ∨: : イ: : ⌒.:/^j :八
              个 ァ 〈__」 〈   ∨ |: :/彡'
.           /\/ヽ_彡∧___〉ノイ⌒
           ⌒L__」____」_」-ヽ::彡'ミ
                 |  | ∧ ∨   ー '
.              l^ー|  /〉⌒:.
              从__,|  /∧__{
                 >┘   .└ '






Next  その499へ


Back  その497へ


目次へ




関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カウンター
検索フォーム
カテゴリ