FC2ブログ

まとめ希望了解です。 多分近日中にできれば?

【嘘予告】転生者は王となるようです

630 名前:ゴジュラス@◆ZX2DX6eltM ★[] 投稿日:2019/10/20(日) 21:19:12.60 ID:mBb+fxIz [1/15]


                    l ̄ ̄l゙i゙i㎜㎜㎜
                   lテ ̄ ̄ ̄テユ ゙i、 Ei
               / ̄  ̄ ̄/ ̄ ̄i 〉 \
              / ∧    / ___  ,'/ Ο\
             /_∨__/ ∠_/i  ,'/j_--''´コ
          ┌/////\--________/ ヘ   |㎞゙i
        ┌‐/_ /―┐ ̄`|/-'i´.E| | |   |㎜ソ     今回も嘘予告です
       ┌////―┐  / i ゙i  E| lⅢl_--、|
       「 |n|n| ゙i____/´゙┐┐ || E|   / /三三 ゙゙i
       |‐‐‐‐‐ i  i  i ┐ | |┌┐E|mm| i三三三 .|
       || | | | | |┃┃|   i |. | ‐'''NNNN' | i三三三、/
       ヽ────────‐'NN NN// ̄ l┐
        NNNNNNNNNNNN  N //゙i゙i   ┐ ̄\
             NN/     N //ヘベi゙i  / /   |
            N       NN//|ヽ ヘヘ  / /
            NNNNNNNN/ /| | ヽ ヘヘ/ /
           /'''''‐------/,/三| | 匚冂//
          /  / ̄ ̄ ̄´´   三| | /  /




632 名前:ゴジュラス@◆ZX2DX6eltM ★[] 投稿日:2019/10/20(日) 21:19:43.09 ID:mBb+fxIz [2/15]


::::::|;';';';';';'``:::┐ ´"'  .,            ¨ ‐ _: : : : : : : : : : : :´'弌i:i:i:〕iト   \  \      _,. -‐……‐- ,_      , ′  ,ィ(i:㌻: : : : : :
::::::|;';';';';';';';';';';'| _ -‐…‐-ミ=- _           ¨ ‐ _: : : : : : : : : : :´'弌i:i:i:)>。,  \ \_,、 ´ n宀冖冖宀n `丶、   /   ,心㌻ : : : : : /
::::::|;';';';';';';';';';';'|'⌒V⌒ヽ'⌒丶  ´"  _           ¨ ‐ ,_: : : : : : : : : :´'弌i:i心,   :.  ./  ,辷>''"~””~"''<つ   \/   /:i㌻: : : : :./
::::::|;';';';';';';';';';';'|⌒¨⌒'<⌒ヽ'⌒:,   |⌒ニ=-   _         ¨ ‐ _: : : : : : : : :´'弌h  :|: /  辷/ \ _」_  / \つ  ∧  /:ア゜: : :.::/
::::::|;';';';';';';';';';';'|       ` <⌒込_ :|;';';';';';';'|  ___´"'  .,_      ¨ ‐ ,_: : : : : :. :/|   :|/  辷/ ___/  \___ ∨つ/∧  |/| : : /
::::::|;';';';';';';';';';';'|    _     `'く::::乂|;';';';';';';'|⌒,--、 ⌒ヽ  〕=‐  _      ‐ ,_/:ノ  :|  辷{____乂___乂______}ニつ :|  |__|/   >''´
:::::::\;';';';';';'/ ,、<⌒ >。,    Y: : |;';';';';';';'|⌒  ⌒廴癶._|;';';';';'| _: . ._    /_└──┘ ̄Y⌒Y ̄ ̄ ̄ ̄Y⌒Y ̄ ̄ ̄└ァ─L__>''´─-ミ
::::::::| \/  /⌒¨¨⌒'ー-ミx,   :|: : :',;';';';';';/      `T__ノ|;';';';';'|ノ-ミぅx,   |h,  \,/ ̄ \ 乂,乂,/ ̄ ̄\乂,乂/ ̄ \|  「;';'| /   |
::::::::|    | :|: : : : : : : : : : :|:ハ  |: : : |\/`丶     .,.-:| :|;';';';';'|   \:\ |;';|   /    ___∨// / x===x, ∨/ /     ‘,   |;';';|| : : : :|
::::::::|    | :|: : : : : : : : : : :|: : | ||: : : |   |: : :ヽ\  /: : :.:|: :\/ : : ::. | | ∨  '⌒', ./   V/ / /     ', |  |/ ̄\  ハ  ヽ/ :| : : : :|
::::::::| 火 火 火: : : : : : : : : : |: : | ||: : : i   |: :.: :.:|: :| |.:.: .:. |: :   i  : :.| :|: :| i | i :|  | |     :| | |:.:| ̄ |  | :|  |    |  i : | i | i | †††:|
::::::::| Л Л Л: : : : : : : : : : |: : | ||: : : ¶  ¶ ¶.::|: :| |.:.: .:. |: :   †††: : | :|: :|: ▽ |  | |     :| | ii |__|  | :| ii |    |  | : | ▽  |  丱.:.:|
::::::::| □ □ □: : : : : : : : : : |: : | ||: : : [] [] [] :|: :| |.::.::_:_|: :   |丱_」L..|: :|: ┃ |  | |8    | |Л./___V | :|Л|  8 :|_| : | ┃  |  ┃.:.:|
::::::::| |L,| |_,」|: : : :_: : : 二|: : | ||::: : : \|:|/ |: :| |゙ ̄ |: :   |┃    |: :|: ┃.i!   |__Л|i>''"´ ̄ |__| ̄´"'< Л   \|:_:┃_|  ┃.:.:|
::::::::| 乂|_|_乂  ̄     |: : | ||::::::::::  |:|   |: :| |:.  :|: :   |┃     ̄ ̄△,||    |::::ハ≧=‐---------ハ:::j|Τ ̄「|       △    ┃.:.:|
::::::::|   }_{  |            ̄ ̄ |::::::::::  |:|    ̄ ̄   |__|∧        ]|     ̄}_{_‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐}_{ ]|⊥_|_|          . . . ∧. └
::::::::|   }_{ ̄            |::::::::::  |:|        : : : : : : ̄           「    __‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐  「         . . . : : : : : ̄: : :
::::::::|   }_{             `¨¨¨¨//\        . . . . . . .        }_{ __‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐ }_{      . . . . . : : : : : : : : : : :
::::::::|   { }: : . .           . . . . . ̄ ̄                      __‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐      . . . . . : : : : : : : : : : : : : :
::::::::|   {_}: : : : : : . .         . . . : : : : : : : . . .             __‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐     . . . . . : : : : : : : : : : : : : : : :



     ____
    / ノ  ヽ_\
  / ≦゚≧ ≦゚≧\   (いよっしゃあああぁぁぁぁ!! 転生したら大国の王子様だった件!!)
  | ⊂⊃ (_,、_,) ⊂|
  ヽ    .|r┬|  ィ‘   (これは人生勝ち組確定!! 知識チートとハーレムで逆転人生だお!!)
         `ー'´



  早速であるが、この歳不相応にしょーもない事を考えている少年、ニューソク・デ・やる夫は転生者である。

  太陽系第三惑星地球の21世紀における極東の島国・日本で生まれ育った男の魂が、遠い異世界で死産となった赤子に宿ったのだ。

  成長するごとに前世の記憶を取り戻していったやる夫は、何の苦労も努力もせず手に入れた、生まれというステータスを活用し、
 周りからちやほやされて神の如く崇拝される未来を幻視していた。

  上級国民どころか本当の王族として生まれたからには何も怖いものなど無い!

  その筈だったのだ。



633 名前:ゴジュラス@◆ZX2DX6eltM ★[] 投稿日:2019/10/20(日) 21:20:13.28 ID:mBb+fxIz [3/15]


                    ,.. -‐ '  ̄ ̄ `丶、
                 , ‐'´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、
               _/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
               , '´:::::::::::::::;::::::::::::::::::::;:::::::::::::::::::::::::::::::::::',      陛下
             /::::::::::::::::/|:::::::::::::::, '_l::::::::::::::/ \:::::::::::::::!
             |:::::::::::::::レ '´l::::::::::/   ',:::::::::/\  !:::::::::::::|     やる夫の教育係は誰が良いかしら?
             ヽ、:::::::|  , 、.!::::/    〉、:::ト、 ` ',:::::::::::|
              `ヽ,::! ,   ヽ|    l  `'  |    !r'´`ヽ     私はやる夫の乳母も務めた頼光に、教育係も兼務
               /l ` |   i     |  _ |     / |     してもらうのが良いと思います
               | ト、_!r=- 、'     r'´ ̄`'::'::::::::  l ! l─- 、
                i !:::::::::   r       ::::::::::::::::  ' /::::::::::::::\     本人も、是非にと申しておりますし、やる夫も彼女によく
               /l      ヽ           r_ '´::::::::::::::::::::::,>   懐いていますわ
                /::::::\     ィ-‐ 'ニニア     / `ヽ:::::::ー-'-´ァ
             / - '7:::::`>、   ヽ'、__ノ    /l     l--‐' ´
               'ー‐イ   `!丶 .,_    ,. ‐'´  !       |       【やる夫の母にしてニューソク王国王妃 しずか】
                 l   | ___>`-'´'´   /ヽ     l
                  / ,. - '´/    ` ゙ ヽ、  /  !       ',
                / '´   /       /`ヽ!   !     l




     (\   _____   /
       /´   // ヽ⌒ヽヽ  /
      /    , -|  (・|∠ |-ヽ  _    なんだって!? 乳母が教育係を兼務するなんて前例がない!
     /   /   ` ー ●ー′ |_
      l   /   二二  | 二   /      第一、王子の教育係は以前から厳正な審査を行っていて、既に内定している
.      |   l /⌒\─  | ー /      人物がいるんだよ!?
     |   | /      ̄ ̄ ̄/ ̄
      |  | |         /          そんな横紙破りみたいな真似をすれば、候補を擁立してきた大貴族達が反発
  /⌒ヽ  | | /⌒ヽ⌒ヽ  |           するにきまってるじゃないか
  ヽ_ノ\ ヽ` ー────┴ フ
  //\  `━━━━6━━ ´─/⌒ヽ     勝手な思いつきで、今までの手続きをなかった事になんてできないなぁ!
  /⌒ヽ ̄   /      ヽ  ヽ_ノ
  ヽ__ノ ┐  / ┌───┐| | ̄ //      【ニューソク王国の宰相 ドラえもん】


.
634 名前:ゴジュラス@◆ZX2DX6eltM ★[] 投稿日:2019/10/20(日) 21:20:43.68 ID:mBb+fxIz [4/15]


      !  : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
      ! : : : : : : : : : : : :,. -‐¬´ ̄ ̄ ̄ ̄`ー-、
      ! : : : : : : : : : ;. '´.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
      l: : : : : : : :/ .:::::::::::::::/\::::::::::::::/\::::::::::::::::)
     !: : : : : /.::::ハ;:-‐ァ ァ'′ヽ::::/` ̄ハ:::::::/
     l: : :./ .::::://-; ニ <     ' ´  , ‐く. L.イ|
     i : / .:::::::: ′ / ,ィfヽヽ     if^ヽヽ |ハ      大貴族達が推薦した教育係なんてつけたら、
     Υ.::;-、::::i   |i:n:::::! !     ln:::::! ! i !     やる夫が骨抜きにされてしまうわ
      y'  ヽ!   いU::ノ ;       ぃ-' ノ { !
       l  ヘ  |   ` --‐'′   ¬ ` ,´,  ∨      王家を軽んじる者達に、息子の行く末を託す
      ヽ ヽゝ    ' '       ′    |     ことなどできません!!
    , -‐一¬.、__ji          /⌒ ー¬       .ー--、
  / : : : : : : : ::::八        r ―‐- 、|    / : : : : 丶
. / : : : : : : : :::::, '  ,ゝ、 , -、__ヽ---‐‐'′-、‐く::: : : : : : : :\
/ : ;__; : : : ::;. く--,イ  Lア / /⌒> < ヽ´\ \\:: : : :-=ニ,´
!//.:::::/  ∨∧  ! .′.′ ′r ハ '       厂「 ̄ ̄
   ̄ ̄.′   ∨∧、_ヽ.      レ /       / |
.     i       ∨∧   \    \     /.  |
.     |      ∨∧    ヽ.     〉    /   |




                 ,.斗ァニ、 ̄:≧ュ、
              ,. <:::::Y´./  Y´゙ ー-',`ヽ、      それを言い出したら、王妃殿下は外国人で元は他の王家の人間
            ,.イ:::::::::::::;.{ /  0j、ニ二 ノ- 、:::\
          /:::::::::::::/ ゝ--- ' ` ヤ´   /ヽ.:ヘ    それも、大勢力である「源氏」のお姫様であり、乳母の頼光殿も
           ,':::::::--/---    ゝ-ャ'′   -‐''"ヾ!   源氏の嫡流に近い血筋の人間
          ,':::::::::::/ ,.. -―       |    -―、‐ ',
           l::::::::::/´   ,. -- 、   |        j  |    そんな人間がこの国の未来を担う殿下を教育するなんてとんでもない、
           |:::::::::i  ,イ;;;;;;;;;;;;;;;>- 、⊥___,.ィ´  .j    そう言い出す者は沢山出てくるよ
          |:::::::::l  f;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;__;;;;;;;;;;;;;;;;}  ,′
         V:::::::l  l;;;;;;;r''⌒゙ヽ、_,.イ  `ヽ;;;;;;;/  /        勿論、大貴族だけでなくこの宮中からもね
.           V::::ヘ ヽ.;{         __,.斗‐''´ ,.'  , -‐-、
     ,. -- 、 ヽ__:;ヘ  `ー-一 '' ¨¨´__,..-f   {    }   間違いなく、源氏がこの国を乗っ取ろうとしていると騒ぎ出す
      〈    〉_,ィヾミ二二二二二二>--、一''":ヽ-‐''ゝ、_,.ノ
     ゝ、_,.イ:::::::::::::::::::::::::::::,.< {-zz‐}  .>、:::::::::::::::::::/
       ヽ:::::::::::::::::::::::::::/     ゞ┴'       ヽ::::::::::::/



635 名前:ゴジュラス@◆ZX2DX6eltM ★[] 投稿日:2019/10/20(日) 21:21:19.67 ID:mBb+fxIz [5/15]


\\\\、   〈::::::::::::::::レへ:::::::::::::::::/  |::::::::::::;;;;:::::::::::::
\\\\\   ゝ、:::::::::|   \::::::::::|  了:::::::::/-、\:::::::
\\\、 、    | 7ヘフ―-、  \:::::| 、\::::::|   ヽヽ::::
            , イ   //⌒l |    ̄  >―\|    | |::::
         / r|  / { ・ / !     / /⌒l ヽ    |::::    宰相は、私が獅子身中の虫だと仰るの!?
三       | {|  { `ー' /       / {.・ | |     !::::
三三      | /   \__r‐-、    {  `ー' /    |::
三三      ∨      {_      \__/      |:::
三三_     |   /⌒                   レ
         |   \_______
         ゝ     |         \        {
三=       /´:::\    ヽ          ヽ
≡=-   /:::::::::::::::::\   \/´ ̄ ̄ ̄ヽ |     、__
//   /:::::::::::::::::::::::::/ \   \ ___,/    /




                 ,.斗ァニ、 ̄:≧ュ、
              ,. <:::::Y´./  Y´゙ ー-',`ヽ、
            ,.イ:::::::::::::;.{ /  0j、ニ二 ノ- 、:::\     違うというなら、思いつきではなく正規の手続きを踏んで物事を動かすべきだ
          /:::::::::::::/ ゝ--- ' ` ヤ´   /ヽ.:ヘ
           ,':::::::--/---    ゝ-ャ'′   -‐''"ヾ!    正しい理屈を、正しい手順で実行しなければ、それは正義ではない
          ,':::::::::::/ ,.. -―       |    -―、‐ ',
           l::::::::::/´   ,. -- 、   |        j  |    間違った理屈でも正しく施行されれば悪法だが、正しい理屈を暴力で成そうとすれば
           |:::::::::i  ,イ;;;;;;;;;;;;;;;>- 、⊥___,.ィ´  .j    それはただの悪虐に過ぎない
          |:::::::::l  f;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;__;;;;;;;;;;;;;;;;}  ,′
         V:::::::l  l;;;;;;;r''⌒゙ヽ、_,.イ  `ヽ;;;;;;;/  /        陛下はその事をよくご存知だよ?
.           V::::ヘ ヽ.;{         __,.斗‐''´ ,.'  , -‐-、
     ,. -- 、 ヽ__:;ヘ  `ー-一 '' ¨¨´__,..-f   {    }
      〈    〉_,ィヾミ二二二二二二>--、一''":ヽ-‐''ゝ、_,.ノ
     ゝ、_,.イ:::::::::::::::::::::::::::::,.< {-zz‐}  .>、:::::::::::::::::::/
       ヽ:::::::::::::::::::::::::::/     ゞ┴'       ヽ::::::::::::/





       , ──── 、
    ゝ/ _______ヽ
     i  | / /⌒ ヽ/⌒ヽ
     | _| _|   ・|・  |__
  , ─i 、    ヽ __ o__ ノ  ヽ     うん、良きに計らえ
  !  `-、          |  !
  \   ヽ、   ──┘ ノ /
    \   \二二へ二ヽ/       【ヤルオの父親でニューソク王国国王 のび太】
     \ |        |
       |        |





     ____
    / ノ  ヽ_\
  / u ● 三 ● \
  | ⊂⊃ (_,、_,) ⊂|
  ヽ      |r┬|  ィ’
        `ー'´



  しかし、華々しい勝ち組王子様ライフを送る筈が、やる夫の周りは常に誰かが揉めてばかり。

  前世では、お世辞にも政治に達者だったとは言えなかったようだが、それでも十数年分の人生経験を持ってすれば
 それなりに理解できることもある。

  特に人間関係や所属勢力の対立軸などは、嫌でも目にする羽目になった。

  この時やる夫は思う。

  あれ、思ってたのとなんか違う、と。



636 名前:ゴジュラス@◆ZX2DX6eltM ★[] 投稿日:2019/10/20(日) 21:22:21.64 ID:mBb+fxIz [6/15]


                           -===-
                          //////////\
                       //////////////.ヽ
                           '/.∨/////////// ∧
                         '/ ∥/ }//////,イ////}     殿下
                      |//|///}//./!,'  Ⅶ//i!
                      |//ト,//〕/=={{  } }:}/}!     王たるもの弓馬の鍛錬を怠ってはなりません
                      |//{ ヽ/}匁アゝ{ ィ7ノy/}!
                      |//)h、ヾ!    ! ´}/∥/i!     王は時に、誰よりも先頭に立たねばならぬもの
     >=、__r≠=v            |////} ヽ  、    // {ヾ
    /_ノ7~!./ノ~>ァ          |>=={、:.:.)h、__´。イ====、      優勢と見るや自ら味方を率いて軍を動かし、劣勢と見るや
     .ノ,イノ:::ノ、/          〈二二ニニ==/ΥΥ) (_     いち早く戦線より離脱し我が身を守る必要があるためです
     /::::::::::::::ノ          /ヽ   {    >イ//{/}:.:.∨\
    /:::/::::::::,イ          /:.:./  )hzzzzzz彡ノ/,':.:./:.:./∨:.}    強くなられませ
   .λノヽ=-彡          ,:.:.:.i  ゝ:.:.:.>''~´  /:.:/:.:./:.:.〕:.:i
   _{::::::::i{//{             ,:.:.:.i _// __.//∨,':.:.:/}:.リ    己の意思を貫くには、この時勢にて我を通すには、
  └‐∨::::乂/,       >'>''~  , '≦)h  /:.:./∨//:.:./:.:iヽ,    正義よりも理屈よりも、何より力が必要なのです
    〈/∨~~Ⅵ{    >'>''~:.:.:.:.}/'/イ:.:r===イ ∧∨:.:./:.:.:i:.:.:ヽ
       .'///ヾh,  /ゝ'´:.:.<  У , 'ゝ'´:.:.:.i///!   .∧∨{:.:.:.:.!:.:.:.:.}i、
      '////ヾΥi{~~'' ∧:.:∨:∥/,イ: : : :',:.:i///!    .} }/!:.:.:.:i }:.:.:.i:.:.〕h、
       '///// i/i{: : : : ∧:.:∨//ヽ: : : : :', i///!    .//i/!}:.:.:i }:.:.:.i`´}i ヾh~''<    【 やる夫の乳母にして教育係候補 源頼光 】
       '/////i/i{: : : : :.∧:.:.:.:/  .\: : : :.i///!  /´イ } !:./ .`´リ  }i  },イ∥
          .'////.i/i{: : : : :,' ∧:./     \: :.i///!>''~ノ//}! }リ  ∥  }iィi〔/ノ
        '////i/i{: : : : ,  'i{         \///!  i//∥ {,'   i{ィi〔// /
           ヽ///!/i!: : : ,   i!          ∨/{  {//i{‐==≦////////ヽ
          \/iヾ{: : :,    .i!           \{  ∨//////////_ノヽ//∨
           `{ ∨,'     }!_     (( ̄))、  ∨////>''~ノ〕≦~~\/∨




               _,,.,_
           ,.-‐ '  ̄:lニヽ、: ̄ `::....、
          ,..::'::::/:l::::l:::::l::``ヽ:ヽ、:ヽ::::`ヽ、
      /:::::://::il:::l:|:::::|ヽ、:::::::::ヽ、:\ヽ:ヽ
     //:::::/l:i::::::::il:::l::|::::ト::::ヽ、::::::::::ヽ::::ヽ:ヽ:ヽ
    /::/:::::::/::l:i::::::::il::::::|::::|:::l::::::ヽ::::::::::::l:ヽ::::ヽヽ:'.,     殿下、まずは名君たる父君を見習われませ
   ./::/::::::::/:::l:li:::::::::l:::::l::::l::::::l::::::::l::::::::::::l:ヽ::::::::l:::l::',
  /:::::::::::::::|::::|:::l:::::::::l:::l::::l、:::::::l:::::::::::::::l::::|、:l:::::::::l:::l::l     いかなる時も泰然自若とされ、思慮深く寡黙であり、
  .l::l:::l:::l::::::l:::::|:::::l、::::::::l:::l::::::::::::l:::::::::::::::l:::|、::l:::::::::l::i:::|    そして何より臣下を信じ任せる事に長けておられる
  l::::::l::::l:::::l::l::::l、::::l:、ヽl::lヽ::::::::::::l::::::::::::::l:::|:::::l::::::::|::i|:|
  |l:::::l:i:l:l::::ト:::ヽ:l`ヽ、://::::::ヽ::::::::l:::::::::l:l::l::|::::::l::::::::!:::i:|    弱みも、悩みも、一切表に出さずただ王として振る舞う
  |トl:::::il l、::ilヽ、:::l-‐,..-ュォ-、:::ヽ:::i|:::|:::l::l:lll|ヽ:::l:::l::::::::l:|
  | ヽ::::il kァ、 、` - ' `‐'′ /ハl:::l:::l::l:::|::l|  l:::::::l::::::ト|.    無欲にして無私
  ヽ ヽ、i `7     ´   //  |ト:::l/l::::::|  }:::::::l::::i| |
   ヽ  .l/            ||:/ .ヽ::l _ノl:::::::l::::i| `    あれぞ、己の役割を理解しそれに殉じる治世の名君のあり方そのもの
      ヽ、 -          l   〉l、|:::::|i::::::l::::|
       ヽ`                /   .li:::lト:l::::l:l|      あの御方のような王がいて初めて、この国は纏まっているのです
        ヽ ‐、ニ= ‐      /    lヽl-ヽl::l|
         ヽ ー       /  ,. r '´    ヽ、      敵味方を区別し、特定の勢力を優遇したり、逆に特定の誰かを遠ざける
             l、    ,.  '" ,.  '´        ヽ     ような王では、遠くない将来この国は分裂するでしょう
           `ー‐ ' r1,. '´         ,. ‐ ' ´ヽ.,
            <´ i'´      ,.  ‐ ' ´,. ‐ ' ´::::::::ヽ    この国が他国とは比較にならぬほど平和で豊かなのは、名君の存在
             lヽ|.l    ,. ‐'´,. -‐' ´:::::::::::::::::::::::::::::',    によるところが非常に大きいのです
              | | l| /,. r '´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
            |/ / /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
            // /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l             【 やる夫の教育係候補 夜神月 】
            〈 /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l



  権利の概念さえない時代。

  個人の幸福よりも全体の損益が優先されて当然という社会。

  彼に求められたのは当然、「やる夫」ではなく「王子」ひいては「王」としての役割。

.

637 名前:ゴジュラス@◆ZX2DX6eltM ★[] 投稿日:2019/10/20(日) 21:23:04.08 ID:mBb+fxIz [7/15]


               _/{厶斗≦彡t_
           ∠⌒ー __  /{/ } }イ_
          __/ ∠ー   ト、 ハ/ Z 7
          弋 __ー  z=¬  ヾr ⌒V{
          / ゝ≦ r‐  ⌒``´    ',ヾ
              フ辷_,  j    _     ,. 、',            力があれば、多くの女性と結婚してもよいか?
           >Zー チ   _\::. {≠ミi
          _,. {Y^ヽ7  厂ア¨`ヽ:W,.x= }ト _          そのようなこと、神はお認めになりません
    _,. -=≦二二,{ {ハ` =z__{ ,x=ミ }r 'ヘ__ノ|ヽ二=〕iト .
-=≦二二二二二7: \、    ゝ _ノ :', V:リ:∧二二二≧=---   .,_         一組の男女が生涯連れ添うと、神に宣誓
二二二二二二ニ7: : : 八!,ィ,.:  __   厶_i__〉′:∧二二二二二二二二二〕iト __    する神聖にして崇高な儀式が結婚です
二二二二二ニニ7: : :./ニム//i,,{く _,. 彡∧: : :ハ二二二二二二二二二二二ム
二二二二二二/: : :./ニニ〕iトk l i ,,,,ー,,;;;;∧:.', : : : ',二二二二二二二二二二ニニム    離婚など以ての外
二二二二ニニ〈: : : :{二ニム   {::> .,.斗'ニ!: : : : :./二二二二二二二二二二ニニ=ム
二二二二二ニニ\: i二ニニム i   / /ニニ| : : : /二二二二二二二二二二二二二',    王侯貴族の皆さんは、家の存続という
二二二二二二ニニ}:.i二二ニ≧!___厶二二ニ| : : /二二二二二二二二二二二ニニニ',   役目のため、「致し方なく」愛人や妾を持つ
二二二二二ニニ/: :lニニニニ|: : : |二二ニ=|: : :∨二二二二二二二二二二二二ニニ,
二二二二二ニ=/: : :!二二二ニ|: : : |二二ニ=|: : :.リ二二二二二二二二二二二二二ニニ}    そういう事になっていますが、無論奔放
二二二二二二ニV: :.i二ニニニ=|: : : |二二ニ=|: : /二二二二二二二二二二二二二二ニ!   が過ぎれば不埒と非難されるでしょう
二二二二二二ニ∨:|二二二ニ|: : : |二ニニニ/.:./二二二二二二二二二二二二二二ニ/
二二二二二二二∧ V二ニニ=|: : : |ニニ=/.:./二二二二二二二二二二二二二二ニ/7    【 宮廷司祭 アンデルセン 】
二二二二二ニニニ∧:i二二ニ=|: : : |ニニ/:.:/二二二二二二二二二二二二二二ニニ/




               _ , _
             ∠⌒ Y⌒ `ヽ
              /     i|     \
            〃 ,    i|   ヽ  ヽ
      斥介 '┐ /   ∧i、   ハ 爪`ー 、
.      〆::::::::::::::リy /  i,′}ハ }ヽ i 仆:::::::::::::::ク
    ヽ::::::::::::::::::/ i 卜、j|  |/ハ,.斗从i:::::::::::::::/        あなたがやる夫王子ですの?
     ヾ::::::::::::::{ ∧l≠ミx、 'ノ z≠ミxノ::::::::::::::/圦
     弋ゞ::::::::::ハ !从弋ソ   弋ツ从フ::::::::::〃爪        私はルヴィアゼリッタ・エーデルフェルト
        〉≧一'仆 ∧.    !     八rf千´ ̄/ ヽ
     /ヾ::::::::::::ハ  ト  マ_フ  イ ' 匕:::::::/i   ∧      伝統ある栄光のエーデルフェルトと血で結ばれること、
   / / /`ーi ヽ ハr'> ,<イ   }   ハ i ハ     さぞ誇らしくお思いでしょう
  /'   /i r‐八 ∨i/l√ Y   仆   ト,. rf千`ヽ  `ヽ
/  , / ノ〃:::i   / 勹  《》 τ∨ ハ:::::::::::::::::::::\ ∧    ええ、その期待は決して裏切りませんわ
   / /::::::::::::|  '∧  弋 、八ヽ ゝ'  ∨::::::::::::::::::::::\ヽ
-一' /:::::::::::::::::{  γ~¨ヾ `ヽ `ヽ` 、  ヽ::::::::::::::::::::::::::ハ
/  く::::::::::::::::::::::| ,xく:::::::弋ニ=´   |`ヽ∧:::::::::::::::::::/  }
 i  圦::::::::::::::::::/:::::::::::::}}i 辷     }:::::::::::辷斧斧刈' /}
 |  / ヽ:::::::::::,':::::::::::::::}}i о  ̄`ー ∧:::::::::::::`ヽ≠圦 /, }     【 隣国王家に連なる婚約者候補 ルヴィア 】
 |, /  { ゙刈笊{:::::::::::::::::}}i   i{{:::::::::::`ー 、:::::::::::::::::::::::::∨' ,'
, i /.   | j| |人:::::::::::::::}}i   i{{::::::::::::::::::个 、::::::::::::::::::::ヽ, ,′
  ,'   | У`i 个 、:::-‐}}i o i{{‐-::::::::::´/ハ 个 、:::::::::::::}/
, /.     | /:::::::! レリi::::::::}}i   i{{::::::::::::::::,′ } ゙ノ / 介ー=
/     y::::::::::{ i∧!:::::::}}i,  i{{::::::::::::::/ / |/ /. /  ノ




                              __
                      }\_, <ニ===-   ` :.
                    <¨¨ヽ/ ヘ      -=-  \
                      〉/ /.:  v       ‐=-  v
                       /  / /  :}  \     -=- ',
                    /  .:  ,:   }  :. \     {)_〉、
                      /  |   |   }\  \ \    ∨乂v
                  / {   |   |  、.}_ ‐\―\  :.    |乂 ∧      始めまして、殿下
                  |,' {.  |_ ト、  〈 ,ャぅ笊㍉ :.  :.  .ト乂x∧
                  | {.  |ャぅ㍉\_ 〉 乂rノ  | 八  ハ \乂      私はアナスタシア
                  | :. ハ 乂ソ          レ }/ :.  \〉
                     \:.  |  `           人ノ  :.   \     ここは、暑いのね
                   ,' \八           .:イ ∨  :.      \
                  /    \  ´ `    / |_  ∨ :.        \
                // /    ::.     ..::    :レ`ヽ.∨ :.
              -= .//  /  /  >‐< _ _ /},'  { .∨ :.         ニ=-
            -=/  , '  /   ./    ,'∧_〈〉=}{/   \ハ  :.           ニ=-
          -= .:   /   .:     /  _人{=}{ ニ}{/  〈〉    \  :.             `ヽ
        . '  /      ,イ   /-=ニ    〉, ‐ニ         〈〉\ :.          ¨¨¨¨¨⌒\
       / /        , }  ./  〈〉  /| \      〈〉     \v \ __
        // ,'     ./  ::| }/〈〉    //jY  \ 〈〉        〈〉\       ¨¨¨¨ `ヽ
     /  /    /   .|/ __ニ=----乂ノ―‐―\      〈〉     \  \  ¨¨¨¨¨⌒\    【 北方帝国に連なる婚約者候補 アナスタシア 】
     /   .:    .:   / / /_乂_乂_乂_乂人\ 〈〉       〈〉 ト、   \
      {  {.    ハ  ∠ イ   {/  / .:,  }     人ノ、`-=ニ         .}-_\   \
      {  {.     ∨-_-ノ〈〉 .:   〈 ..:/ /     {   v \}  -=ニ __ノ-_-_-v
      {   :.    :| /-_-,'  /     ∨/        〉ゝ}  } 〈〉  ∨-_-_-_-_-_-_∨   \
      {   ∨  :|./-/  ,ィ:.     . :{           . :\〉  }     ∨-_-_-_-_-_-_∨    \
      、   ∨  |/ 〈〉 /{: .    . : ',   :.    . : :〈_人 ハ  〈〉  ∨-_-_-_-_-_- ∨      .:
      \_v/    / 人: : .   . : : :\   ', ノ. : : : : : } \.}      .∨-_-_-_-_-_-.∨      .:∨
        /  〈〉 /  -= > ― - -=ニ>: . _v__. : : :イ{_,ヘ_{     〈〉 ∨-_-_-_-_-_-.∨      .:∨
       /    ,'ニニニ二_/  }___________ \ ∨〉     ∨-_-_-_-_-_-.∨      .:∨
        /    /     /  ム                 `ヽ、¨ハ}    〈〉 ∨-_-_-_-_-_-.∨      .:∨



  選べない、というよりいつの間にか勝手に他の誰かに選ばれている人生。

  伝統、柵、政治、そして宗教……権力者とは、王とは何か。

  衣食住全てを管理され、教育され、矯正されていく中で少年は、「やる夫」であるべきか、それとも「王子」であるべきか思い悩む。



638 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2019/10/20(日) 21:23:58.43 ID:qXW+emy6 [2/8]
まぁ王族なんて基本面倒よね...
ハーレムだって打算ありきでむしろあってプラマイ0どころかマイナスみたいなもんだし

639 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2019/10/20(日) 21:24:50.43 ID:vTfjvkzl [1/5]
何だかんだ適応して努力しつつ悩んでるなんて偉いな



640 名前:ゴジュラス@◆ZX2DX6eltM ★[] 投稿日:2019/10/20(日) 21:25:01.42 ID:mBb+fxIz [8/15]


              _
          。          ≧s。
       /             \
        /                 ヽ
       /   __________ム   王になんてなりたくない、か
   \/    | // ̄ ̄\ / ̄ ̄\|
   ̄∥    .|∥ /      ∨      |    私もね、昔はそう思っていたよ
   ∥     .| | |     /│\    |
    {      |.-‐|        ∧  _   /ヽ   自由になりたい
    Y''¨゚゙ヽチ   \__/  ´ )─ "ヽ丿
      l ( ヽ                }    全てから逃げ出して、鳥になりたいってね
    人  ソ         ー──     /
      `‐''ゝ、             /     でも、逃げた先に幸福なんて無いんだ
          丿゙''‐-     -‐''"
           _/\___, ゝ‐┬‐-、      私自身も、そして私を王と敬ってくれるものも、誰一人幸せになれない
      /  \    ∧     /   \
      {     ゙'‐-‐" ゙‐-‐"     }




              _
          。          ≧s。
       /             \     そうだね、私は確かに流されるがまま生きているのかもしれない
        /                 ヽ
       /   __________ム   けれど後継者は、私の意志で選んだ
   \/    | // ̄ ̄\ / ̄ ̄\|
   ̄∥    .|∥ /      ∨      |    私の次の王は、やる夫……君だよ
   ∥     .| | |     ⌒│⌒    |
    {      |.-‐|        ∧  _   /ヽ   君ならば、僕よりずっといい王様になれる
    Y''¨゚゙ヽチ   \__/  ´ )─ "ヽ丿
      l ( ヽ    、               }    稀代の名君が言うんだから、きっと本当さ
    人  ソ       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´   /
      `‐''ゝ、     \‐-、  ノ   /
          丿゙''‐-   ̄ ̄-‐''"
           _/\___, ゝ‐┬‐-、
      /  \    ∧     /   \
      {     ゙'‐-‐" ゙‐-‐"     }




           _,..-'''" ̄ ̄~""''' ‐- .
     ,  , -'"               "'''- .._
   "'-、∨                        "'-、
 ‐─‐-'"                            \
  /              __,,.._________   ヽ
. /          _,,.. .-‐'''   "'''-      ,,,,,,,"'- 、\--
. ,'        ,' /   , -' ̄"'''- .   , -'"   "'-、  ',
. l        r   /         \ /       \ l
 l        .l    ,'           Ⅴ i'二',        ',l
  ',        l    } .     /⌒',   l. ⅴ-ノ         lヽ    後のことは、よろしく頼むよ
  { ,.r"''‐‐、 l──.}.     '       .ト、 `´       .,' '.,
.  ',/  ̄` ',l    `、        ノ. 丶-、       /.l┘l    やる夫
.   l  |' ̄ヽ        ヽ、    /  '  ノ、_____, -'" ',ノ
.   ヾ ヽ-'"       .,,__ ̄ ̄      ̄   -‐、    .}
    ヽ _  _         ',   ̄~""''' ‐‐‐‐'''- - '     /
       ̄ \.      ∨ ̄ ̄ "'''- ._,.r "    /
         ___,"'- 、.   \ ___ , -'"    ., -'"
          ミ  "'- ニ‐‐.._        _,..-'''"
            ヽ    "'''- 二二'''"" ヽ
            ヽ  / ̄ ̄ ̄"'-、.   ',
            ヽ/         ` 、/



642 名前:ゴジュラス@◆ZX2DX6eltM ★[] 投稿日:2019/10/20(日) 21:26:10.59 ID:mBb+fxIz [9/15]



洲洲洲洲洲洲洲洲洲ili} .l洲iliリ'''""""''''ー-z、_                     _,,.ィ-==――-ヾiリi洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲
洲洲ili■■■li洲洲洲ilリ.i洲ilリ,==ァ=、 、 _ `ヾゝ、              ,ィ/"  _,..-ァ=、=-、゙リ洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲
洲洲洲洲洲洲洲洲洲iリ'l洲iリ圦__ 込リ __} `\ヽヾ/゙   ー-    -一 ,.  リ′/' /"{ __込,リ  }!ヽ!洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲
洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲l彡三二二二ミミ=-ヽ      、      /'"   i{' / -=ニ三三三ニ=-、゙リi洲洲洲洲洲洲洲洲洲
洲洲■■■■洲洲洲リl洲リ-__--―ニニ彡彡       ヽ     /;,     ヾ、ミニ=―‐--  ̄ ̄ー=゙リ洲洲洲洲洲洲洲洲洲
洲洲洲洲洲洲洲洲洲' 洲i{ー-- ニニニ=彡彡'        l   ,';;;;;;,,     ゙ミ二二=- __-=二}i洲洲洲洲洲洲洲洲洲
洲■■■■洲洲洲ilリ .洲i{         ー  ̄/          l   l;;;;;;;;;;;;;,       ̄   ー-      }ili■■■ili洲洲洲洲洲
洲洲洲洲■洲洲洲リ {リハil,                       l  .l;;;;;;;;;;;;;;;;,                   }i洲洲洲洲洲洲洲洲洲
洲洲洲洲■洲洲ilリ  }il lil,                   l  l;;;;;;;;;;;;;;;;;;,                ,リ洲洲洲洲洲洲洲洲洲
洲■■■■洲洲'   }i|  ゙ili,                      l   l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,                ,iリ■■■■洲洲洲洲洲    残念です、陛下
洲洲洲洲洲洲iリ    .li!.   ゙ili,                        l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,                 ,ilリil洲洲洲洲洲洲洲洲洲
洲洲洲洲洲洲'i!    ili.    ゙ili                      l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;             ,リ■■■■洲洲洲洲洲洲    あなたがもう少し長生き
洲洲洲洲洲ilリli!.    〃   ■■■                     l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;               ,ilil洲洲洲■洲洲洲洲洲洲   してくだされば、この国は
洲洲洲洲洲リ从,   〃    }il!                       |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;            {ilリ洲洲洲■洲洲洲洲洲洲   あと半世紀は平和だった
洲洲洲洲洲iliト从. 〃     ili!                         |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;            {ilリ■■■■洲洲洲洲洲洲   でしょうに
洲洲洲洲洲!li,イ从〃     ■■■■                    |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;'               liリ洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲
洲洲洲洲洲洲、 从    イilリ                        |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;'             {il洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲
洲洲洲洲洲洲洲,从  ■■■■                    |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;'              }i洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲
洲洲洲洲洲洲洲i,从ト,ィiリ'.   ■                   |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;'               l洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲
洲洲洲洲洲洲洲{i,イ彡仆、   ■                        |;;;;;;;;;;;;;;::'                     lilト洲洲洲洲洲洲洲洲洲  【 ??? シックス 】
洲洲洲洲洲洲洲洲洲'■■■■                      ノ;;;;;;;;;;::'                     lil,ヾ洲洲洲洲洲洲洲洲
洲洲洲洲洲洲洲洲洲 从仆、    ,.                   / ヽ/           、ヽ     ,イ从li, }ilil洲洲洲洲洲洲洲
洲洲洲洲洲洲洲洲洲i,゙ソ从仆、  {ヾ、、                 ̄ ̄            _,ノ' リ   }ij仆从 }! ,洲洲洲洲洲洲洲洲
洲洲洲洲洲洲洲洲洲li リ从仆l,      ~ー=zュ、_               _,..ィャ=‐'"     ,从从仆}i! ,洲洲洲洲洲洲洲洲
洲洲洲洲洲洲洲洲洲ili,  仆从从       ~"“ヾミマ≧㎜㎜㎜㎜㎜≦彡ヌ''”~         ,仆从从〃,イ洲洲洲洲洲洲洲洲
洲洲洲洲洲洲洲洲洲ili}    仆从从                                ,ィ从仆ソ〃 /,リ洲洲洲洲洲洲洲洲
洲洲洲洲洲洲洲洲洲ilリ   リ 从从ト、                            ィ仆从从!〃 / ,iリ.}リ洲洲洲洲洲洲洲
洲洲洲洲洲洲洲洲洲iリ       リ仆从リ、        ー―-----―一         }!从从ト'  {i! ,' iリ jリi洲洲洲洲洲洲洲





|∥ ∥| | ∧           /‐'
¦∥ ∥| ¦ { ',
|∥ ∥| |.ハ ヽ
¦∥ ∥| ¦', ヽ /
|∥ ∥| ||ヽ `                         _ -'
¦∥ ∥| ¦| ヽ                     _ - ´          r‐
|∥ ∥| ||  .ト、                  _ -'´                / /|
¦∥ ∥| ¦|  .| 丶              _ - '´ ,、 ___       _/ / |
|∥ ∥| || . |  ヽ          _ - ´    /       ̄ ̄ ̄ ̄   ./| ¦
¦∥ ∥| ¦|.  |  i丶      _ - ´      ` -―----------―‐'´/ |
|∥ ∥| ||  |  l:::',   _ - ´__  -――‐_______    _,,..-r┬イ¦|
|∥ ∥| ¦|  .| /:/ ゝ;;ニ-‐''"  ,.- 7~ 7//'',ニl:::::://:::/>'''"´:::::/| | | | ¦
¦∥ ∥| ||  |.l/ /ト;:l` ‐;;-‐'7´  l::::/ l:l_(::::・!:::/イ:/::::::::;:イ/ノ ノ | ¦||
|∥ ∥| ||  l l |.',  j/ /    !::/ l/ `''ニl:/-'´:::::;;//-_ニ-‐'∥ |∥
¦∥ ∥| ||   ハ|.|ハ  r、ヽ     !/   _,.-;;ニ":::;;;-彡イ-‐''´_ - ´|∥ |∥     どうして、兄さんなんだ!!
|∥ ∥| ||   | l || ', |イ`==;;;-リ、   /;;::-;;;‐彡‐'´_ - ´|¦| .|∥ |∥
¦∥ ∥| ||  .| ヽ丶ヽ 丶{{     ノ;; /'フ /_‐´_ - ´   .|||  |∥ |∥     兄さんだって、王様なんて嫌だって言ったじゃないか!!
|∥ ∥| ||  .!  >'´ ̄`ヾヽ、__ /  /, ', ' _ ´      |¦|  |∥ |∥
¦∥ ∥| |¦  |        `ヽニ -‐ フ,. '/ /       __,∠|||  |∥ |∥     なのにどうして今更、邪魔をするんだ!!
|∥ ∥| ||  |          ヒ三ニ‐/ /     _ - ´ |   |¦|  |∥ |∥
¦∥ ∥| ¦|  | ,-、           ̄ ‐ ´    ///   {   |||  |∥ |∥
|∥ ∥| ||  |/\ \             _ - ´ l {    'y . |||  |∥ |∥
¦∥ ∥| |¦ .7  丶∧          /     { {  /   |¦|  |∥ |∥
|∥ ∥| ||  ヽ、  | l        _/      ヽ`y '    |||  |∥ |∥
|∥ ∥| ||  |` ┴''´ ̄ 7  ̄ ̄          ソ      |¦|  |∥ |∥        【 やる夫の弟 シン 】
|∥ ∥| |¦   |      /            /        |||  |∥ |∥
|∥ ∥| ||   |       /               /          |¦|  |∥ |∥
¦∥ ∥| ||_ノ     /           /          |||  |∥ |∥



  そして訪れる名君の死。

  平和な時代は終わり、動乱の世が始まる時、少年だった男が選ぶのは、継承か?

  それとも、破壊と新生か。



644 名前:ゴジュラス@◆ZX2DX6eltM ★[] 投稿日:2019/10/20(日) 21:39:58.60 ID:mBb+fxIz [10/15]


                   _  -─: : ─━━─-  _
                   ,。s≦: : : : :,.   ̄`  、: ::,  ̄` 、:iト .,
              ,. : ´: : : : : : : :./        ∨      マ: : >、
              /: : : : : : : : : : :;'      /⌒iト, '| Y^iト,    ∨: : : :.\
           ,.:' : : : : : : : : : : : : {      弋_,)ソ j,弋)ソ    }_: : : : : :ヘ
         /: : : : : : : : : : 斗 フ 、       /‘ 、      / ` <: : ∧    陛下……ううん、のび太くん
.        /: : : : : ⌒><_   /   `   ._,. '’γ::::c:.,--- ´ヽ    _>,: :ハ
         ′: : : : : /   `` ー⌒ー ´     マ::::::::ノ、  r ´-  ̄   ∨.i    僕は、僕は……君の選んだ子を、信じるよ
.        {: : : : : :7 ─-  _           `「  ー'    -──-Ⅵ
         i: : : : : ,'                       |                l:!    たとえどれだけ遠回りしたって、最後は君のように、
       l: : : : :{-─   ¨ ̄               |          ̄¨ ‐- .リ    立派な王様になれるって……!!
          V: : : :!                     l                ;
         V: :.∧                       l       `ヽ    /
            マ:..:∧         ,. - 、   _ -‐ L__,....._    /   /
            寸:..゙ 、     /     ̄        ` ー ´   /
           \: :\                             /
             }=-:..\__                       イ
            /ー--==ニ二二二二二二二二二二二二ち:.、
                ′: : : : : : : ` <´      /z≦ ̄ Y  `マ´: : : ヽ
               i : : : : : : : : : : : :\     乂  j7 ,ノ   :/: : : : : :∧
           l: : : : : : : : : : :,. -- ミ       ー    {: : : : : : : :.|




                    〈三三三三三三三三三三三三三三三三三三
                  }ニ/寸三三三三三三三三三三三三三三三ニ
                  }/    --==ニ三三三三三三三三三三三三
                 /  ‐-     ‐-  -=ニ三三三三三三三三三
                /ゝ、  ‐-      ‐- ___ -=ニ三三三三三
                    ,州///=-   ‐-    〈 l.l.l 〉''‐    -=ニ三三三
               i州////////=-   ‐- ¨''''     ‐-   -=ニ
              / //{////////////=-   ‐-        ‐-      ならばお命じください
                /  // ∨////////////////=-  ‐-
.              { /イ   ト、////////////////////=-   ───    反逆者を殲滅せよ、と
          ≠ ハ {:i:{   从 `"o寸///////////////////////////
ァ=──<_,,,,/´  } ./i:i}   `丶、,,__ヾ≪////////////////////////     王としてお命じください
   __..-'゚   /   ,イ,' :i:,'      ̄三彡三ニ-≪//////////////////
イ    /.  {   {:i:i:{ :i,          Y//⌒ヾ三≪´ ̄ O ''≪三三j州     我々にそれを命じられるのは、貴方だけなのです
     ∥  :{   ',ニ\!___     //    `ヾ`ゝ、     マ=三}州
      {{   {.    寸ニニニニニ/     //         `¨¨¨彡´==ミ州
     {{   {.     寸ニニニ/     /イ             '‘   /イ/
イ    }}}   ',.     寸ニア     ヾム         ‘' "     ''. /:::    【 王宮軍司令官 新城直衛 】
{{    {{{   ',      マ{    _    ゞ=仍              ノ:::
{{    {{{    ',      マ、 ‘  ̄ 、                〃 ''"´
{{.    マム   ',      マム   、  `''- 、            ,イ〃___,イ
{{     マニヘ  ム         マム  ゞ=-   `'' 、   /\ /ニニニニ/
{{      マ.ニニム      マ三ニ=zzzzzzzx__‘_ノニニニニニニニニ/ /
{{       マニニム      マニニニニニニニニニニニニニニニニニニ=-''"
{{         寸ニニヘ        ',ニニニニニニニニニニニ=-''"



  自分の意志では選ぶこともできなかった道の先で、過酷な時代は男に問う。

  お前は何だ?

  これまでと同じように、ただ流されて身を委ねるのか?

  誰かに責任転嫁して、自分の生死さえも誰かのせいにして諦めるのか?


.
645 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2019/10/20(日) 21:41:11.54 ID:iLO8kXT1 [1/3]
結局トップになるよりそこそこ地力のある地方領主あたりが一番伸び伸びできるんだろうなぁ…ww

646 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2019/10/20(日) 21:41:36.40 ID:wDuigMHh [1/2]
新城さん見ると安心感あるな

647 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2019/10/20(日) 21:46:24.37 ID:Hq9/UG2l [2/6]
>>645
地方領主は地方領主で色々と世知辛かったらしいがそれでも国王よりはましだよねとw
まあ、どんな職業でも真面目に取り組んだらしんどいのは同じですしねw

648 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2019/10/20(日) 21:47:31.22 ID:OIzmwk3t
金のある商人の子供の方が楽かもなw



649 名前:ゴジュラス@◆ZX2DX6eltM ★[] 投稿日:2019/10/20(日) 21:48:03.64 ID:mBb+fxIz [11/15]


                -‐‐-
               /       \
            / .:.:.::::::::::::::::.:.:.  ゙
           ; .:.:.:::::::::::::::::::::.:.:.
             { :.:.:::::::::::::::::::::::.:.:  }    うるせぇよ……
            \ :.:::::::::::::::::::::.  /
                > :::::::::::::::::: <      そんなもの、決まってるだろ……!
               / .:.::::::::::::::::::::.: ヽ
            /  .:.::::::::::::::::::::::.:  '
          ./  .:.:.::::::::::::::::::::::::.:.  `、
         / :; :.:.:::::::::::::::::::::::::.:.
          :.:l :.:.::::::::::::::::::::::::.:.:  i
           :.:| :.:.:::::::::::::::::::::::::::.:. | |
         { .::|  :.::::::::::::::::::::::::::::.:.  |  }
          ヽ _ク  :.::::::::::::::::::::::::::::.: (r_ ノ
            |   :.:.::::::::::::::::::::::::.:.: |
           '.  :.:.:.:.::::::::::::::.:.:.:  ,
              、  :.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:  /
            {   ┬---┬  ,′
               ',  |    |  ,
                |    |
                 }   |   | {
                ノ  |   |  ヽ
             ` ー┘   └一 '






         /.: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
        /: : :            \
       /: : : :            \      父上に……先王に頼むと言われたんだ
     /: : : : : :              \
    / : : : : : : : ..               \   初めて自分で選んだって、あんな嬉しそうに言われて……
    |: : : : : :  ,,,,ノ⌒" '' ``⌒\,,,        l
    |: : : ::;; ( (・) ) ノヽ ( (・) );;:::    |   それを、我が身可愛さにあっさり捨てられるほど、
    |: : : : :  ´"''"        "''"´       l   性根が腐っちゃいねぇんだよ!!
   . \ : : : : . .(     j     )      /
      \: : :: : >ー-‐'=ー-ー<    /     お前は誰かだと!? 決まってる!!
     /ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : イ\
     : : : : : : : : :``ー- -‐'"´      \     ここにいるのは―――
     : : : : . : : . : : .                \



651 名前:ゴジュラス@◆ZX2DX6eltM ★[] 投稿日:2019/10/20(日) 21:50:56.70 ID:mBb+fxIz [12/15]


                                 ___
                                     . . : : . .
                          /    . . : : : : : : :\
                             . :   . . . : : : : : : : : : : : .
                         ': . :  ::::::::::::::::::::::::::::::: : : : :.
                        /: .  . : : : : : : : : : : : : : : : :: : ',
                        . : :  . : : : : : : : : : : : : : : : : :: ::
                        {: .    (__ ノ、 __). : : : : : : }
                       __、: .    ´¨¨¨¨¨¨` : : : : : : ィ __
                     ∠二二>、   _ -=ニニ=- _   /二二\
                   r<ニニニ=- _></ ̄ 「 ̄ \><_ -=ニニニ>┐
                   {-=ニニニニニ}  }//// |//// {  {ニニニニニ=-}
             _ -----<  ̄ >、-=ニニニ}  }//// |//// {  {ニニニ=-, <  ̄ > ──‐‐ _
          _ -=ニニニニニニ/-=ニ〕iト __j 〈////'∧////〉 {__  ィi〔ニ=-ハニニニニニニ=- _
        _-=ニニニニニニ=-, -=ニニニニニ=-\_/  ̄ V_/-=ニニニニニ=-∨ニニニニニニ=- _
       /-=ニニニニニニ=-/-=ニニニニニニニア:i:i:i:i:i/,へニニニニニニニ=-∨ニニニニニニ=-/,
       /-=ニニニニニニ=-, -=ニニニ/⌒Yニ=-/i:i:i:i:i:i//i:i:i:i:〉-=ニニニニニニ=-Vニニニニニニ=-/,
       , -=ニニニニニ=-//-=ニニニ/i:i:i:i:i:}ニ イ  ̄\i:/i:i:i:i:i/-=ニニニニニニ=-V\-=ニニニニ=-/,
       /-=ニニニニ=-/=- -=ニニ/i:i:i:i:i:i:}/i:iL ////\i:i:i/、-=ニニニニニニニ=- -=\-=ニニニニ=-/,
.      /-=ニニニニ=- -=ニ{ -=ニニ{i:i:i:i:i:i:/i:i:i:i:i:i\///∧i{i:i:i:}ニニニニニニニニ=-}-=ニ>、-=ニニニ=-/,
    /-=ニニニニニ=- --=∧:-=ニニ{:i:i:i:i:/i:i:i:i:/i:i:i:\/ ∧i:i:イ-=ニニニニニニニ=-∧-=ニ=- -=ニニニ=-/,
     {-=ニニニニ=-/ -=ニ/i:i}Vニニ}i:i:i:i:'i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/V//}iノ-=ニニニニニニニ=-,:i:i:i:∨ニニ=- -=ニニニニ}
.   _ノ`ー── ‐‐ 〈ニ=- /i:i:i{/\ニノ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:}_/ニニニニニニニ=-/}i:i:i:i:i∨-=ニニ〉─ ──´∨/
   {ニニニニニニニ=-/i:i:i:iハ///「\i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/ニニニニニニニ=-///ハi:i:i:i:i\-=ニニニニニ=-,
    、-=ニニニニ=-<i:i:i:i:i:i// } /ニ=-  ̄ ̄}__:i:i:i:i:i:/ -=ニニニニニニ=-/////{ Vi:i:i:i:i:i:>----<⌒V
    「i:i:i:i:i:i:i:i:i⌒>---:i:i:〈 /-=ニニニニニ=-}__/ニ=-=ニニニニニ=-///////∧ 〉:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i ̄}
    {i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/-=ニニニニニニ=-/ニニニ=-=ニニニニ=-/////////i:i:} {i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i、i:j


                     ~ 転生者は王となるようです ~

.

652 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2019/10/20(日) 21:51:40.75 ID:qXW+emy6 [4/8]
普通に良策な予感

653 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2019/10/20(日) 21:52:13.86 ID:wDuigMHh [2/2]
え、普通に読みたいんだけど

654 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2019/10/20(日) 21:53:39.89 ID:vTfjvkzl [3/5]
たまらんね。こういうの

655 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2019/10/20(日) 21:55:50.12 ID:BFYklpZ3 [1/2]
すげえ面白そう



656 名前:ゴジュラス@◆ZX2DX6eltM ★[] 投稿日:2019/10/20(日) 21:58:03.39 ID:mBb+fxIz [13/15]


                     -‐==....===:...........
                 x≦: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :` :.、
              / : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ミ 、
           . : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
          /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : , = : ;: : : : : : : :::..
        , : : : : : : : : : : : : : : : : : :_:_: : : : : /   ヾ、.: : : : : : :.∧
          , : : : : : : : : : : : : : : : :/´ `ヽ: : ,' ._       ∨: : : : : : :∧    え? 謁見中はトイレなんて行けるはず無いじゃない
       .: : : : : : : : : : : : : : : :/  _    ',: {〈;,,}      }:_:_:_.: : : : :∧
.         { : : : : : : : : : : : : : : : {  {,,;l     ∨ `¨         `ヽ: : : : }    王様がトイレ行ってるから待ってね、なんて格好悪いだろ?
.         | : : : : : : : : : : : : : : : {  `¨    ,.}:ゞ=-,,____,ノ   /   \: :.|
.         | : : : : : : : : : : ,x≦=ゝ     彡';;,,,,,,,',      ´ ___ !: !    それから、食事は毒味を2重にするからそれまで待っててね?
.         | : : : : : : : : /   _ ` _ == イ;;;;;;;;;;;;;ノ     ´ x、__.l,イ
.         ',: : : : : : : :/  / ̄ ̄        `¨"',´      =‐‐┼─!-    王家の安泰を祈る祈願は毎朝欠かさず2時間
       ∨: : : : : :{! ´    __       ‘,           /   ,'
.        ∨ : : : : !   , '  ̄ ̄ __                   /   /     これも宮廷司祭殿が見てるから手は抜いちゃ駄目だよ?
         ∨ : : : i!   ,   x≦          '.,         /
            : : : :∧   {!/            ∨彡'     /       欠伸なんて以ての外だからね?
           ヽ: : ∧ ´`  ==‐---   --‐‐ ´        ∧≧x
              \ : \                    ,zイ  r7' ∨   大貴族との謁見の作法は―――
.                ヾ_:_`≧x              x≦{_,, ‐'´(;;;;;;) i!
               /===== ヾ‐─=======≦"´: : : :ゝ   ∧;;! ノ
                 /: : : : : : : : : : : ヾ : : : : : : : : : : : : : : : : `>‐‐‐彡'




         ____
       /   u \
      /  /    \\    (あれ? 自由時間どこ?)
    /  し (○)  (○) \
     | ∪    (__人__)  J |
    \  u   `⌒´   /

.

657 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2019/10/20(日) 21:58:49.31 ID:pFbar0zJ
父上が自由ないって言ってたろw

658 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2019/10/20(日) 21:59:45.59 ID:cl01SWsv
ないですw
セックスすらお勤めとして見られるらしいぞw

659 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2019/10/20(日) 22:00:02.42 ID:vTfjvkzl [4/5]
無駄なようで大真面目な理由があったりするから疎かにできないのよねん

660 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2019/10/20(日) 22:00:27.86 ID:iLO8kXT1 [2/3]
睡眠時以外ほぼ公人として振舞わなきゃいけないんだから自由なんて、ねぇ…ww

663 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2019/10/20(日) 22:02:44.27 ID:gAF016GK [1/2]
民への奉仕者と揶揄されるのもこういう所からだよなぁ

665 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2019/10/20(日) 22:04:45.11 ID:dQp9QIh+ [1/2]
そりゃ自由なんて愛人の寝床の中しかないと自嘲する王様も出てくるよ



666 名前:ゴジュラス@◆ZX2DX6eltM ★[] 投稿日:2019/10/20(日) 22:10:16.93 ID:mBb+fxIz [14/15]



                    l ̄ ̄l゙i゙i㎜㎜㎜
                   lテ ̄ ̄ ̄テユ ゙i、 Ei
               / ̄  ̄ ̄/ ̄ ̄i 〉 \
              / ∧    / ___  ,'/ Ο\
             /_∨__/ ∠_/i  ,'/j_--''´コ
          ┌/////\--________/ ヘ   |㎞゙i
        ┌‐/_ /―┐ ̄`|/-'i´.E| | |   |㎜ソ     以上嘘予告でした
       ┌////―┐  / i ゙i  E| lⅢl_--、|
       「 |n|n| ゙i____/´゙┐┐ || E|   / /三三 ゙゙i    最近の私の傾向から言って、終始シリアスで
       |‐‐‐‐‐ i  i  i ┐ | |┌┐E|mm| i三三三 .|   通しきれないと思うので、当初のコンセプトを
       || | | | | |┃┃|   i |. | ‐'''NNNN' | i三三三、/   維持できなくなるので嘘予告のままにしておいた
       ヽ────────‐'NN NN// ̄ l┐      方が良いでしょう(名推理
        NNNNNNNNNNNN  N //゙i゙i   ┐ ̄\
             NN/     N //ヘベi゙i  / /   |
            N       NN//|ヽ ヘヘ  / /
            NNNNNNNN/ /| | ヽ ヘヘ/ /
           /'''''‐------/,/三| | 匚冂//
          /  / ̄ ̄ ̄´´   三| | /  /


.
667 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2019/10/20(日) 22:13:07.05 ID:4u1jJTCY [1/2]
乙でした
この王様ならやる夫(転生者)がやる必要なくね?転生者の現代知識が活かせるとは思えん

668 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2019/10/20(日) 22:14:55.29 ID:BFYklpZ3 [2/2]

何で嘘予告って心惹かれるものが多いのか

669 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2019/10/20(日) 22:15:19.07 ID:0iJKg+X9 [2/3]
乙でしたー!
転生者知識の使い所が軒並み潰されてる状態w

670 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2019/10/20(日) 22:15:59.07 ID:d38OqBC4
乙でした
嘘予告は広げた風呂敷を畳まなくてもいいからすごく魅力的よね



677 名前:ゴジュラス@◆ZX2DX6eltM ★[] 投稿日:2019/10/20(日) 22:22:25.16 ID:mBb+fxIz [15/15]


           i゙i゙l ̄ ̄ ̄l
       iE 、i゙ ユテ ̄ ̄ ̄テl
      / 〈 i ̄ ̄\ ̄ ̄  ̄\
     /Ο ゙i',  ___ \    ∧ ゙i
     コ`''--_j゙i',  i゙i_ン、 \__∨_゙i
   i゙㎞|   ヘ \________--/\\\\\┐      >>667
  ソ㎜|   | | |E.`i'-\|´ ̄┌―\ _\‐┐     現代の価値観持ってないと現地の生活が当たり前になるんで、
     |、--_lⅢl |E  i゙ i \  ┌―\\\\┐   王様なのに自由時間がないとかおかしい! ってならんのですわ
 i゙゙ 三三゙i ゙i   |E || ┌┌゙`\____i゙ |n|n| 1
 |. 三三三i |mm|E┌┐| | ┌ i  i  i ‐‐‐‐‐|   そもそも現代の知識が活かせる異世界という存在そのものに
 ゙i、三三三i | 'NNNN'''‐ | .| i   |┃┃| | | | | ||    私個人は懐疑的な立場というか……ただ知ってるというだけで
     ┌l  ̄\\NN NN'‐────────,r'   で優しくなってくれる世界だと、逆に自分の中の違和感と戦い
   / ̄┌   i゙i゙\\ Z  NNNNNNNNNN    ながら物語を書かなきゃいけなくなるんで
|   ゙i ゙i  i゙i゙ヘヘ\\ Z     \ZZ
    ゙i ゙i  ヘヘ ,r'|\\ZZ       Z        まぁこれはあくまで私の感想ですが
     ゙i ゙iヘヘ ,r' | |\ \ZZZZZZZZ
      ゙i\冂匚 | |三\,\------‐'''''\
      ゙i  \ | |三   `` ̄ ̄ ゙̄i  ゙i


.



目次へ





.
関連記事
王族は〇ックスですらちゃんと中田氏して子供を作ろうとしてるかってのを監視されると聞いた
なろうで見かける俺様正義で嫁一杯のハーレムで気ままに放浪とかしたい?毒殺されてもいいならどうぞ
[ 2019/10/21 09:10 ] [ 編集 ]
おおよそ中世ファンタジーに現代知識持っていったってなろう展開になるより魔女狩りに会うと思うわ。
世の中そんな優しいわけがない
[ 2019/10/21 10:13 ] [ 編集 ]
シリアス通さなくてもいいから嘘予告の作品よみたい。
[ 2019/10/21 15:08 ] [ 編集 ]
なお常に監視ガーとか自由が無いなんてのは話半分程度っぽいけどな
割と王様が好き勝手動いてたりする話は散見されるし、夜の生活だって記録があるとはいえその記録がねつ造(実際には見てないけど見てたことにしてる)の可能性は多々あるわけで
振り切ってる奴だとイヴァン4世なんてそれこそ、なろうでよく居る踏み台役の悪徳貴族まんまの行動してたりするしな
[ 2019/10/21 21:03 ] [ 編集 ]
なろうといっても実際ピンキリだし
王侯貴族だって奔放なエピソードを持つ連中はいっぱいいる
身近なところだと研究者として知られる皇族もいらっしゃるからね

どっちが間違いとかおかしいとかではなくて、極端な例を挙げたらきりがないし例外なんていっぱいあるということ
だから自分なりの理屈を積み上げて納得できる展開にできれば何でもいいと思うよ
全部うまくいく優しい世界だってあっていいし、どうやってもままならないつらい世界だってあっていい
[ 2019/10/22 03:33 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カウンター
検索フォーム
カテゴリ