FC2ブログ

9/14 すずめの小部屋更新。 11/22で5周年なのじゃー。いやぁ、気がついたら長いことやってますね

【あんこ】人類は明日への咆哮を上げるようです その31

6675 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2016/07/20(水) 21:03:32.56 ID:yCgi6G56


             ___,,,,,___
       __,--‐'''' ̄´ 、  `''''ヘ― 、
    - '' ニ            冫 .. ゙'、
,,」冖 ぃ  !  ̄ t ``゙゙'ゝ、,,_ " ..丿 `¦ヘ、      再開します
彳 .. ││ ! ! ‐ ニ、   `~~゙ T゙'、  ,,......∟
|∟ J┴‐」∟ 二 │      ヘ-′,, 丨〈ゝ 、
゙ゞrぇj」」i !|}l!|にl|什廾lサ n ,,_ ヽニ 〈 ''イ」l ___
 NNNNNMMMMMMMMMノニ(⌒) /"| ゙  /
       匚i 、_、    ..i〃 九 コl厂|||! |//
         M .. _ _....、、 、 'M} '|)|||||/'' /   /
         .M   ゙ ニi∩こM/  /| |  |   /
         'M   ./ ./llj!M丿  ! | | |、  |
         M _ ィ}xニ,'〈M¦ ./___|   |
         ゙M { ゙'ニ !l!M っ j'     |   |
         'M 二 ; ./Mゞ 」┤     |  /
         NNNNNNェ ' _ィゝ│ | ̄ ̄\/


.

6676 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2016/07/20(水) 21:03:47.16 ID:yCgi6G56


               ̄  |││   |  | | ̄ ̄|        ̄    .|::| ||::| |::|::::::|             |
                  |└┘   |  |_|__|________|::|_,,||::|_,,|::|::::::| __rー-ミ、__   |三三三
                  |       |  |i:i:i:i:i:i:i:i:i:ィニr‐ュ、i:i:i:i:i:マニニニム≧s。廴|::|::::::| |ー{≧==≦「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
.              __ -=ニ|ニニニニニ:|ィi〔|zzzュ‐‐‐ァi:i|:::::|─‐_‐__‐───「」i:i:トミ ̄ ̄ゝ-ゝ|三三三|ニニニニヲ_
        _,,. -=ニl ̄ |i:i:i:i:i:|i:rzzzュi:i:|i:i:i:i|:|:|:|:|┬イ ̄|ーr┬:|:|:|:l:|┬rzzzzzz(_)|、i:i:i| |≧s。  ゝ-_--' 弋ニニニ乂__
   _ -ニ「i:i:i:i:i:||i:i:|_口_|─‐┴┴┴‐ァ|i:i:i:i|::::::::|フ    | r气‐ |:::::_:|__|_|_|_|_|\s。`|二T Ti:i:i:⌒≧s。  `¨¨´乂__
≦ ||i:i:i:i:i:i:||i:i:i:i:i:i||≦:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_,.。s1|i:|i:i:i:i|| ̄||v,    ∨:ヘ`T''圦: : : : : : : | ||i:i〕ト。└┘ミi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/¨7s。
i:i:i:i||i:i:i:i:i辷二二ニニコ‐┬i:i:i:i|:::|=== 彳i:|i:i:i/||¨¨||'v,   /:〉i∧|| ||ヘ: : : : : : \||`マi:i:i:〕iト  ``'<r‐ / /-ミi:i:≧s。
i:i:i:i||i:i:i:i:i|:|:|:|:|:|:|:|:|:| | | |i:i:i:i:i|:::||i:i:i:|:|∨i|i:/       {::,ィ∧'´ ̄ ̄ヘ: : : : : : : : : : r-マi:i:i:i:i:〕iト . |__|\{`¨´}i:i:i:i:
i:i:i:i||i:i:i:i:i|:|:|:|:|:|:|:|:|:| | | | ̄,.イ::|l ̄:|:|^:, ̄        ∨∧∧=====∧ : : : : : : : : ≧≦`マi:i:i:i:i:i〕|\\乂__ノi:i:i:i:i
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄,.イl:|_|_|_|/xく:::|  |:|           ∨∧_ ̄ ̄ ̄ ゙v:, ; : : : : : : : : : : : : `'マi:i:i:|  \\  `'<
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,.ィi㌻|:|:|ー‐t彳 ゙v:, | ̄ /             ∨´ハzzzzzzz彡/,: : : : : : : : : : : : : : :: `マ|    \\
:.:.:.::.: .: ,.ィ〔㌻  ̄ ア==|:|/ヘ:,‐‐‐′              .{i:i八´ ̄ ̄ ̄ ̄∨, : : : : : :::: : ::: : : : : : :|       | |i:〕iト
:.:.:.:,ィi:i:㌻   /ヘ   |:|´  ┘               {i:i:i:iミh。::::: : : :::: :::∨,: : : : : : : : : : : : : : : :\     | |i:i:i:i:i:
ィ〔i:i:iィ=====彳| ゙v:,   |:|                   ∨i:i:i:ハ:__:_:_:_:_::ノ∧∨: : : : : : : : : : : : :::: :::__|\  | |i:i:i:i:i:
。ァ:フ |:|。o1|__|::|_∧/, ┘                    ∨i:i:゙v, ̄¨|::| ̄ '/∨: : : : : : : : : : : : : : :\__|  | |\
/ /≠'“ ̄ ̄|::|ィ才' ゙v:,                       ∨i:i゙v:,_jI斗─‐'/∨:: : : : : : : : : : : : : : : : : \| |:: : :
::/      |::|′                          ゙i,i:i:゙v      '/∨: : : : : : : : : : :: : : : : : : : ̄



               /ニニニニニニニニニニニム
                 |ニニニニニニニニニニニニニ|
                 ト- 、ニニニニニニニニニニィ|
             ,ィ7ニ{:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|>- 、   お久しぶりです中尉
              {ニニニ≧=-、::::::::::::::::::::::::::::::::::,...-=≦ニニ }
           ` <ニニニニニニニニニニニニニ> ´   奇遇ですね
              | : : :` T:T ー-r--:r--- r: : :´: :!
              |: : : : : |:≠ミ}:/}: : /,ィ≠}: : : : : :|
              |∧: : : |{  /’/:イ   /イ: : :/: |
                  /  \: ||   ' l     /: : イ :/
                    {从  __'___,ノ {:イ:/j/
                      Ⅵ\   --   ィ|イ/
                /{ト、 ヽ    ,.:'  j^}\
                   /ニ/   \_`¨¨  / マニ、
                 イニ {   /`Y´\    マニ',>、
       _,..  <ニ /ニニl|  ∧:::::::::::::::∧  /}ニ マニニ> 、
   ,. <ニニニニニ/ニニニ|  /  、::::::::::/ ', / |ニニマニニニニ> 、
  ∧ニニニニニニ/ニニニl|/    }::::::::{  ∨ !ニニ マニニニニニニニヽ、


  以前狭間に教えてもらった店で食事をしていると、どこからともなくふらっと本人が現れた。

  躊躇なくやる夫と同じ席に腰を下ろすと、以前と同じ肉じゃが定食を注文する。



6678 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2016/07/20(水) 21:04:16.97 ID:yCgi6G56


         ____
       /      \
      / ─    ─ \     狭間さんも店じまいの話を聞いたんですかお?
    /   (●)  (●)  \
    |      (__人__)     |
     \    ` ⌒´    ,/
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |




                    /^/ )
                    /| | {_,..ィ
                  ,.ィ | { マニ! {`ヽ、
         _,..---/ニ'| {,.-マ:.:Ⅵ___マニニ、        ええ、まぁ
        /ニニニ|ニ!_{イ:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:|ニ/ニ}ニ= -、
        マニニ/:{ {:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.':.:.:|/ニ/ニニニ}    寂しいですが仕方がありません
           \ニ\:::ヽ:.:.:.:.}⌒ヽ:.:.:.:}ニ/:}ニニニ/
             \ニ\:、:.:.:.|  r=/; {:::::/ニニ/      今はまだ政府の備蓄がありますが、それが尽きれば先は地獄
            {\ニニ>、   / ,.イニ/
              ∨: {: |\: :ヽ、/ /ニr|:从        帰れるうちに内地へ帰った方がいい
             ∨Ⅳ  \:}/ /ニ/()\リ
               }∧ 、  〈_/ニ/ニ{ニム- 、___
                  /ニ}\` =\/ニ/ニニムニニニニニ>、
         _,..イニ/ニ|  {\_,.イニ/ニニニニ`ヽニニニニム
     ,. r<ニニニ/ニニ   \__/ニ{ニニニニニニニ≧、ニニ}
 _,.. r<ニニニニニ,'ニニ|   /:::::\ `ヽニニニニニニニ\ニ|
 {ニニニニニニニ/ニニ |  ∧:::::::::∧ / マニニニニニニニ Ⅵ
 |マニニニニニ/ニニニ{/  }==={ ∨  マニニニニニニニニ}
 |ニマニニニ /ニニニ /   |:::::::::|     マニニニニニニニ/
../ニ マニニニ/ニニニニ'    ,::::::::{      }マニニニニニ/;
'ニニニマニ/,==ミニニ/      |::::::::|       |ニ\ニニニ/ニ/

.

6679 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2016/07/20(水) 21:09:14.48 ID:EhZPlCPw
撤退戦が一番しんどいからなー



6680 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2016/07/20(水) 21:10:40.73 ID:yCgi6G56


      / ̄ ̄ ̄\
    / /     \ \
   /  (●)  (●)  \     やはり、先の展望は暗そうですか?
   |    (__人__)    |
   \    ` ⌒´    /
   /              \




                /ニニニニニ=、
                 /_ニニニニニ \
            r-----<:::: \ニニニニニ \
              \ニニニ\:::::\ニニニニニ}
               \ニニニ> 、::::::::::::::::::........|      まぁ国連が介入するでしょうし、今日明日のことには
            /|: :`ヽ、ニニニ> 、____ィ>、    ならないと思いますがね
           / |: /:/イ: ` <_ニニニニニニニ}
                {/:/: {: : :|卞tォ、: :/: 7-7-r--- '    国連は難民がこれ以上増加することは避けたいでしょう
             {∧: l: :从 `¨//イ ´/: /
            /  }:从{  、 ´  _j .イ:イ        秩序が失われて戦線が崩壊すれば、いよいよユーラシア陥落
           _/\|   \ `='/           が現実のものとなります
       r==イニ/   \ヽ ` T_´
   ,.ィニニ|ニニニ\     \__! \__         そうなれば今度は日本が前線となる
   /ニ\ニ !ニニニニ\    /:::::::\ }lニ\ニ> 、
  ,'ニニ \ \ニニニニニ、  {、:::::::::::Ⅵ\ニ、ニニ}     我が国も人道支援として相当な支援をするようになるのでは?
  /ニニニニ、ニ>=、ニニ∧_」 \:::_ノ   マニ}ニニ
 ,'ニニニニニ\ニニ/ニニ∧    マ:::\   マニ\ニ、   ただ、支援の手が足りていないのはここだけではない
./ニニニニニニニニ /ニニニ∧    マ:::::ム   マニ}ニニ
'ニニニニニニニニ /ニニニニ∧    }:::::::ム   マニ|ニニ}  それがどの程度のもので、どれほどの間続くのか
ニニニニニニ/ニニ\r==ミニニ ム   |:::::::::::}  マ !ニニ|
ニニニニニニ/ マニニr=ミ/ニニニ∧  {::::::::: |   Ⅵニニ{   そこはやはり見えてきませんね
ニニニニニ/  マニ{__ノ)、ニニニ∧ \::::: |   }ハ、ニ|
ニニニニ/   //--、 }\ニニニ}:、 \/   /|ニⅥ
ニニニニ,'   / / マニ/ /ニニ\ニ ム:\   /:: {ニУ、


.
6681 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2016/07/20(水) 21:15:52.41 ID:yCgi6G56


                    /ニニニニニニニニニニニニニニニニニニヽ
               /⌒ ー---イアニニニニニニ/ニニニニニニニニニ!
              '   l_,.---<_,..  -― アニニニニニニニニニニ |____
             /   ,. ´         _,.ィニニニニニニニニニニニ/{ニニニ>--- 、__     その意味で、中華統一戦線の
          _,.'- ´   _,..イニニニ/ニニニニニニニニニニニニ/:::∨ニニニニニニニニ`ヽ  実行した焦土作戦は有効だった
       /⌒: .、 ` ¨¨¨¨¨¨¨ ⌒<ニニニニニニニニニニニニ/:::::::::::::、ニニニニニニニニニ}  ようにも思います
  _,.. -: : ´: : : : : : :_\  、__,....._   ` <_ニニニニニニニニ,..::':::::::::::::::::::::〉ニニニニニニニニ '
: ´: : : : : : : : : : : : :´ : : :ヽ  `ヽ、_ニニ> 、___アニニニニニ>´::::::::::::::::::::::::/ニニニニニニニ/     語弊を承知で言いますが、どの道
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :}     `ヽニニニニニニニ>:::´::::::::::::::::::::::_,...ィニニニニニニニニ/     重慶が落ちれば穀倉地帯はBETAに
`ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : _,.ィァ---:..、  \、__>::::´::::::::::::::::::::::::::,..ィニニニニニニニニニ /       食い荒らされていた
  \: : : : : : : : : :,.. <  /ニ\::::::::\  \_:::::::::::::::::::::::::::::::,..ィニニニニニニニニニニ /
> 、 \: : : :_,.. ´、ニニニニニ>、:::::::\___ァ:::::::::::::::, ィニニニニニニニニニニニ/\       どうあっても救えない命を間引き、救える
ニニニ=-<_    <ニニニニニニニ≧====≦ニニニニニニニニニニ___,.イ: : : : : : .、     命に再分配できる余地が、皮肉にもあの
ニニニニニニ >、   ` <二ニニニニニニニニニニニ__,..r: 、  l ̄〉: : : :、: : : : : : :{ `\    核弾頭によって生まれた訳です
ニニニニニニニニ|       |: `: <ニニニニニイ、: : : : |   \:∨-': : : /⌒\ : : : : |
ニニニニニニニ ,       |: : :、: : \ニニイ    }:/ : /       〉}: :|: : : {    \: : : .      それが意図されたものであったか、はたまた
ニニニニニニニ/          \: :\: :{  ̄      /}/       ,: |从{\: :!       \: :〉     偶然の産物であったかは兎も角ね
ニニニニニニ /            \: :\:、  、_  '   ,    .イ: :!    `\       \
ニニニニニニ,'             >--≧=- 、_ ̄ ´   / |⌒、
ニニニニニニ{           /ニ{   |   、       イ    |  } 、
ニニニニニニ|          /二ニ|  \  ` ー   ´ /   /  /ニ\




               ____
             /      \
           / ─    ─ \     それは、慰めてくれているんですか?
          /   (●)  (●)  \
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \



6683 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2016/07/20(水) 21:21:45.78 ID:yCgi6G56


                __
               /__ ヽ_つ-、
             ,.r´‐-_ミフニニ,.-- 、---―‐-、
           /: : /: /ニ/::::/ニ/ニニニ}     私は事実の一面を言っただけに過ぎません
            r '{: : /:,イニ/::,.ィニ /: : : :、\/
        _ィ |ー- '⌒イマ/::/ニ,. ': : : : 、: : \ヽ、     非情な現実が時に慰めになるというなら、
       {ニ{、__,.. - /}::/ニ/ヽ:、: : : : \: : : .      それはそれで結構なことでしょう
          マニ\__,.イニ}ニ/:.\ }: ヽ、: : ',: ヽ: :|
        マニニニニ/ニ/ィォ'\:}' \: :\:l: : }、:|      それとも、気に触りましたかね?
         }ニニニ /イ{\}   \  ヽ: :リ: :/ リ
         |ニニニニニ<_ _,ィ  ; :  从': /
         |ニニニニニ } ヽ  //,.-―‐┴、_
         ∨ニ,>-― ┴―`¨≦ニニニニニ }
            マニ{ ̄ ̄`ヽ、ニニニニニニ`ニニ ',
          Ⅵニニニニ\ニニニニニニ`¨T¨ヽ、
           `{ニニニニニ\ニ}ニニニニニ|ニニ\
           /マニニニニニニ∨ニニニニニjニニニ ',
           /ニニマニニニニニニ',ニニニニl!ニニニニ}
         /ニニニニマニニニニニニムニニニニ|!ニニニ j!
       //(_)}ニニニマニニニニニニムニニニニ|ニニニニ
       r/'ニニ/'ニニニ∨ニニニニニ ムニニニ;'ニニニ/
    //∨rミ'\ニニニニマニニニニニニ',ニニ/ニニニ/
    l{ { / /  /ニニニニ}ニニニニニニムニ/ニニニ,:'




       ____
     /_ノ   ヽ_\
    /( ●) ( ●)\     いえ、お気になさらず
  / ::::::⌒(__人__)⌒::::\
  |        ̄      |   ただ、先の発言はあまり大きな声で言わないほうがいいかと
  \               /


.
6684 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2016/07/20(水) 21:24:54.68 ID:yCgi6G56


                    /^/ )
                    /| | {_,..ィ
                  ,.ィ | { マニ! {`ヽ、
         _,..---/ニ'| {,.-マ:.:Ⅵ___マニニ、        これは確かに
        /ニニニ|ニ!_{イ:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:|ニ/ニ}ニ= -、
        マニニ/:{ {:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.':.:.:|/ニ/ニニニ}    私としたことが迂闊でした
           \ニ\:::ヽ:.:.:.:.}⌒ヽ:.:.:.:}ニ/:}ニニニ/
             \ニ\:、:.:.:.|  r=/; {:::::/ニニ/      そうそう、そういえばですね……
            {\ニニ>、   / ,.イニ/
              ∨: {: |\: :ヽ、/ /ニr|:从
             ∨Ⅳ  \:}/ /ニ/()\リ
               }∧ 、  〈_/ニ/ニ{ニム- 、___
                  /ニ}\` =\/ニ/ニニムニニニニニ>、
         _,..イニ/ニ|  {\_,.イニ/ニニニニ`ヽニニニニム
     ,. r<ニニニ/ニニ   \__/ニ{ニニニニニニニ≧、ニニ}
 _,.. r<ニニニニニ,'ニニ|   /:::::\ `ヽニニニニニニニ\ニ|
 {ニニニニニニニ/ニニ |  ∧:::::::::∧ / マニニニニニニニ Ⅵ
 |マニニニニニ/ニニニ{/  }==={ ∨  マニニニニニニニニ}
 |ニマニニニ /ニニニ /   |:::::::::|     マニニニニニニニ/
../ニ マニニニ/ニニニニ'    ,::::::::{      }マニニニニニ/;
'ニニニマニ/,==ミニニ/      |::::::::|       |ニ\ニニニ/ニ/


 【1D12:8】



6685 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2016/07/20(水) 21:29:40.67 ID:+RBe/Syj
なんだ?

6686 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2016/07/20(水) 21:29:52.55 ID:EhZPlCPw
お?

6687 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2016/07/20(水) 21:30:07.96 ID:pzguXyDQ
何の判定だ?w



6689 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2016/07/20(水) 21:31:34.00 ID:yCgi6G56


                   __|ニニニニニニニニ,ィ}ニニニニ}
                 /ニ}ニニニニニニニ/:/ニニニ,ィ
                /ニニ|\ニニニニ>´:::/ニニニィ: |
             {ニニニ{:::::::::::::::::::::::::::::,.ィニニニ/: :|: {
             乂ニニニ>=====<ニニニイ!/ }: 从`            貴方が以前いた中隊ですけど、
              ` <ニニニニニニニ>´Ⅵ|.イ: /=、_           8人の生存が確認できました
                 {∧: :{:、-=、}:/ '    リ} Ⅵニマ>、
                    /  \〉ム / 、    ,イ ' |/ |ニニマニニ>、          いやはや、あの激戦の中
                     /\ ー= ´ / ,:'  }ニニ}ニニニニ> 、_     なかなかしぶとい方々だ
                    /ニニ}>、__....イ /   !ニニ|ニニニニニニニニ>、
                        /ニニニ|ニニ| ∧∧  /|ニニニマニニニニニニニニニ}   流石は入速出中尉を育て
                    /ニニニ jニニ / {^:::}∨ !ニニニ}ニニニニニニニニニ   た部隊といったところでしょうか
                      {ニニニニ|ニニ|  |:::::|   |ニニニ|ニニニニニニニニニ|
                   \ニニニ|ニニ| /:::∧  |ニニニ|ニニニニニニニニニム、
                     、ニ/ニニ∨::::/::::l   |ニニ ムニニニニニニニニニニ}
                     ∨ニニ/::::∧::::|   !ニニ ニ\ニニ 、ニニニニニニ\_
                           }ニ /:::::::/ }::::|   }ニニ、ニoニ \ニニ\ニニニニニニマム
                      |_/::::::::::∧ /イ   !ニニ マニニイ\ニニ 、ニニニニニ マニ 、               /
                            /ニ\:::::::/|:::::、 | |  |ニニニ∨、ニ \\ニニ\ニニニニ \ニ\        /ニ
                        //\ニ\,'ニ、:::::\}  }ニニニ \\ニ } }ニニニ、ニニニニニ\ニ}      /ニニ
                    { { / /}ニマニム::::::::\ /!ニニニニ \_/ニニニニ\ニニニニニマニヽ、    /ニニニ
                     ー-' /ニニマニム:::::::::/:::\ニニニニニニニニニニニ }ニニニニニ}ニニ\/ニニニ/




               ____
             /      \
           / ─    ─ \
          /   (●)  (●)  \
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \


  8名の生存よりも、4名の死者のほうが気になる。

  12人いた中隊から自分が抜け、恐らくは知らない誰かが補充で入っているはずだ。

  それを考えても、3名知り合いが死んだということになる。


  【4D12:22(9+8+3+2)】
  番号被りは振り直し


.
6690 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2016/07/20(水) 21:32:38.80 ID:+RBe/Syj
ああ・・・8人か

6691 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2016/07/20(水) 21:33:54.84 ID:EhZPlCPw
みんな無事とはいかんよなー



6694 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2016/07/20(水) 21:37:35.14 ID:yCgi6G56


         ____
       /      \
      / ─    ─ \     誰が亡くなったか、分かりますかお?
    /   (●)  (●)  \
    |      (__人__)     |
     \    ` ⌒´    ,/
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |



´ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ }
ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ /
、ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ/
 ` <ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ>     湊斗景明少佐、平賀太一少佐、
     |:` <ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ> ´       そして山田太郎大尉
     |: :/: : :` <ニニニニニニニニニニニニニニニニニニ>: ´'
     |:/|: :|{: : : : : :` : . .<ニニニニニニニニニニニ>. . :´: : : : /       私が把握しているのはこの3名ですね
     {' ,: { マ: : : : : : : : |/ `  ̄ ̄¨¨¨¨¨¨¨¨¨ ̄ ̄´ }: /: : : :/: :/
        ,: l マ: : : : : : : |                 j/: : : :/}: /         どのような最期であったかまでは分かりません
        Ⅵ  ∨: 、: : |: |       、  _,         /: : ,: / j:/
       \   マ∧: Ⅳ{                    /: /,:' /'          ただ、小隊長が二人も戦死するなどそうある
             }' ∧: :.| ` ー---―――---- ´/イ/イ\           事ではありません
          / | \}、       、__,      /}   |\
          /ニニ}  | \               /  |   !ニニ 、        そんな状況でよくこれだけの死者で済んだものです
      ,..イニニニ|  {     、          /   /   |ニニニ\
     /ニニニニニ   \   \       /   ,:'     |ニニニニニ 、

.

6695 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2016/07/20(水) 21:40:08.64 ID:p9P1umdk
死んだか、暗黒星人

6696 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2016/07/20(水) 21:40:30.97 ID:C1uekqxG
悲しいなぁ

6699 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2016/07/20(水) 21:41:18.82 ID:K5ZfMWIO
おおう……割と縁深い人達が死んでしまった

6700 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2016/07/20(水) 21:41:21.68 ID:+MkistAK
山田ァー!

6702 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2016/07/20(水) 21:42:10.98 ID:c5spaaZP
英霊となってしまったか……



6704 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2016/07/20(水) 21:44:50.14 ID:yCgi6G56


..      ____
     / ―  -\
.  . /  (●)  (●)
  /     (__人__) \      (……あの三人が)
  |       ` ⌒´   |
.  \           /
.   ノ         \
 /´            ヽ




::::○゚o:::::::。:::゚::::o○:::゜:::。:::o゚:::::::o:::゚:::::。::::゚::::。○。 o゜::::::o゜::゚:::::o。::::::::::::::::゜::::o:::::::○:::::゚::::゜ o::。:::::::o::。 ::::::::::::::::::::
:::::。::::::::::o:::::::::::::::::::::゚::::o:::::::::::::o::::::::::::::::::゚:::::::::::::::o::゚:::::::::::::::::o::::::::::::゚::::::::::。::::。:::::::。::::::::::o:::::::::::::::::::::゚:::::::::o::::::::::::::



      イ:::::::::::::::::::::///""゛""゛゛゛""`ヾ"ヘ::::ヽ
     /l::::::::::::::::::::,'//          |l  ';:::::ヾ
        レ::::::::::::::::j/ l              |l  l:::/    ここの住民はこの事を知ってか知らずか普段通りに生活しているが、
       〈::::/ニヽ:::{     ≡≡=、_,;  ,≦У     あまりそれに流されないようにしてくれ
       ∨' ,ヘ }/     ,=〒    〈〒〈
       〈. / }l        `ー      ',¨{      ここはもう、平和な日本じゃない
         ヽ <            _    ∨
        'ヾ ヽ          <     }       BETAとの戦いにおける最前線なんだ
        |`ーヘ          ` ―7
        |   ヽ       ==   /
        |     \         /
                 ―――



            /:::::::::::::::::,.、::::ヽ::::::::`ヽ.
          /´ ̄`r'ヽ´`::´:::::::::::::\:: ̄`ヽ
            /:::::::::::::|:::、:::\::::::ヽ::::::::::::ヽ、::::|
         /:::::::::::::|::|::l:::ヽ:::::::::::::i:::::::::::::::、:ヽ:|     俺達は機械ではない
          /:::::::::::::::l:::|、:、::::::::::::::::ト、::::::::::::!::::::.、
       /::/:::::::::::::ヽ:!ヘ::|::::::::::::::::| ヽ::::::::|::::::::::ヽ.   機械ではできないことをやるのが俺達だ
        ;'::/|::::::l::::|:::::::|__jハ::::、:::::::|_,.ィ|::::|::|;.、::ヽ::::l
      j:/ l::::::l::::|:::::::|‐tテ、ヽ::ヽ:::|ィtァ|::::|::| !::::|ヽ!   戦場で最も難しく、そして最も大切なこと
      '   ヽ::ト、ト、::::|  ̄  \ト|  ̄|::::レ' /:;ハj
          `ヽ.__ヽ|    |    ル'r::':〈      それは人間で在り続けることだ
           ノイ:::ハ    、r,.     ,'::::::、::.、
           /:::::::ヘ    __     イ、::::ヽ`ヽ    痛みや恐怖を感じる心を、失くすなよ?
            ノイ:::r'´l\ ´ - ` / jノト、:i`ヽ
           ノ ィ|、、!  ヽ _ /   |__'        それは同時に、君に笑顔と幸福をもたらして
             j::|\、       ,/ ̄::`ー、      くれるものでもあるのだから
           _/::::|:::::ヽ.、   /|l:::::::::::::::::::::ヽ
        _r:‐::'´:::::::::::|::::::::::}i 〃:::||:::::::::::::::::::∥:`.ヽ____
   ,.-‐::'´:::!|::::::::::::::::::;|::::,.-fj`!ヘ::::||:::::::::::::::::::∥::::::::::::::::`'::‐-.,
,..::‐':::::::::::::::::::::||:::;.、:::::/'::f | |`!:::::::::ヾ\::::::::;.、:∥::::::::::::::::::::::::::::::::::'‐::..,
::::::::::::::::::::::::::::::|Lゝ'/-、::::| iー'! j:::::::::::::::::::\::ゝ'」|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::: ̄::::::::::::::::::>、`ノ::::::::::::::::::::::::: ̄ ̄::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



              州/川////
             _^衫=ミv//厶
            _彡ク/⌒ヾー彡イ、
              r彡//   _ V/Ⅵ
           Ⅵ{^f=に三ニ=-ニ_リ      へへっ
 __xzzx_x=zzx_/彡ヘ_}   fi´j^ =ニ}}
//⌒-┴===ニ三彡ソ }}  r-ニ,  /′      俺はあんたみたいに無茶はできねぇからな
=ニ二_ ̄:::::::\ \`ヽ, \ 廴ン んx __
三ン―=ミx::::::::丶._\ \__:〉‐=彡} V::::::三ニ=- _    その分、危ないときのカバーは任せなぁ!!
/⌒ー―≧x:::::::::( 米 V⌒^ ‐=彡 爪__:::::::::::::::\\
r==―- ::=彡ヘニニニノ ̄   T  1f廴米 ):::::::::::::) ) __
廴三r¬= ′.:.:.:.:.:.:}} il|    }   |トミ辷-__ =彡' /⌒ヾ
i:i:i:i:i:i}        Ⅵ} ::il|     :}  :||  丁⌒> ´ {{ {{ 彡リ}
i:i:i:i:i:{          V} :o|    リ   || o :杉'   ヾ._ ー/ノ
i:i:i:i:八        }} :o|     八   Ⅵ У {       ̄_7
i:i:i:i:i:i:i:}    x-=ニ=‐ニ_ ̄   ー V/   \    /
i:i:i:i:i:i:∧   //     \\       j′ rァ=≧=彡{



::::○゚o:::::::。:::゚::::o○:::゜:::。:::o゚:::::::o:::゚:::::。::::゚::::。○。 o゜::::::o゜::゚:::::o。::::::::::::::::゜::::o:::::::○:::::゚::::゜ o::。:::::::o::。 ::::::::::::::::::::
:::::。::::::::::o:::::::::::::::::::::゚::::o:::::::::::::o::::::::::::::::::゚:::::::::::::::o::゚:::::::::::::::::o::::::::::::゚::::::::::。::::。:::::::。::::::::::o:::::::::::::::::::::゚:::::::::o::::::::::::::



6706 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2016/07/20(水) 21:47:32.04 ID:1DB1YiKg
悲しいのに、モヒカンの浮きっぷりに吹いてしまう。
山田太郎って一瞬誰だっけって思ったわ!

6707 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2016/07/20(水) 21:48:34.82 ID:pzguXyDQ
モヒカンの名前素で忘れてたわwww

6708 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2016/07/20(水) 21:49:52.08 ID:OAFLUAok
さすがマブラブ世界!!命が軽い!!
ネームドキャラがこんなポンポン死ぬのになっとくできてしまう・・・



6709 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2016/07/20(水) 21:51:29.00 ID:yCgi6G56


                -‐‐-
               /       \
            / .:.:.::::::::::::::::.:.:.  ゙
           ; .:.:.:::::::::::::::::::::.:.:.      ごちそうさまでした
             { :.:.:::::::::::::::::::::::.:.:  }
            \ :.:::::::::::::::::::::.  /    勘定、ここに置いておきますお
                > :::::::::::::::::: <
               / .:.::::::::::::::::::::.: ヽ
            /  .:.::::::::::::::::::::::.:  '
          ./  .:.:.::::::::::::::::::::::::.:.  `、
         / :; :.:.:::::::::::::::::::::::::.:.
          :.:l :.:.::::::::::::::::::::::::.:.:  i
           :.:| :.:.:::::::::::::::::::::::::::.:. | |
         { .::|  :.::::::::::::::::::::::::::::.:.  |  }
          ヽ _ク  :.::::::::::::::::::::::::::::.: (r_ ノ
            |   :.:.::::::::::::::::::::::::.:.: |
           '.  :.:.:.:.::::::::::::::.:.:.:  ,
              、  :.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:  /
            {   ┬---┬  ,′
               ',  |    |  ,
                |    |
                 }   |   | {
                ノ  |   |  ヽ
             ` ー┘   └一 '


  【 SANチェック 【4D5:12(4+2+1+5)】 】



6710 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2016/07/20(水) 21:53:44.59 ID:pzguXyDQ
結構持ってかれたな…まぁ初めて知り合いが死んだからこんなものか…

6711 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2016/07/20(水) 21:53:50.51 ID:+RBe/Syj
普通のやつなら限界近い数値だ

6712 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2016/07/20(水) 21:55:20.62 ID:id4fG/mL
諸行無常よなぁ



6714 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2016/07/20(水) 22:02:41.06 ID:yCgi6G56


          / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
        /                 \
       /                 \
      /                    \
     / .         -──    ─-   i
     |         {{ ___,jl {{__}}  .l
     ..|.          `┴---┴´  '┴┴´  |
     |.         /          ヽ  l
   .  \.        {      八    } /
       \       `───´::::::`──'/
       /ヽ                イ\
      /          ``ー- -‐'"´    \
                                  \


 【 やる夫精神値 】
  24/24 → 13/24
  スキル「不屈」により精神減少-1


  強いショックを受けたやる夫であったが、なんとか心の制御を手放すことはしなかった。

  しかし、駐屯地への道を進む彼の背中は、普段のそれからは想像もできないほど小さかった。

  思えば、彼にとっては初めての戦友の死。

  世界中の衛士が、いずれ慣れていくであろうその最初の一歩である。

  どこか他人事のように感じていた出来事が唐突に目の前に現れたことで、
 普段は並大抵のことでは動じないやる夫の心は大きな穴を穿たれたのであった。



6720 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2016/07/20(水) 22:11:57.99 ID:yCgi6G56


          \   r'´ ̄ ̄ ̄    ̄ ̄ ̄`、::.   ___
   l} 、::       \ヘ,___,_ ______/::.__|    .|___________
   |l  \::      | |             |、:..  |[], _ .|:[ニ]:::::
   |l'-,、イ\:   | |             |::..   ヘ ̄ ̄,/:::(__)::
   |l  ´ヽ,ノ:   | |              ,l、:::     ̄ ̄::::::::::::::::
   |l    | :|    | |,r'",´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ、l:::::
   |l.,\\| :|    | ,'        :::::...  ..::ll::::
   |l    | :|    | |         :::::::... . .:::|l::::
   |l__,,| :|    | |         ::::....  ..:::|l::::
   |l ̄`~~| :|    | |             |l::::
   |l    | :|    | |             |l::::
   |l    | :|    | |   ''"´         |l::::
   |l \\[]:|    | |              |l::::
   |l   ィ'´~ヽ  | |           ``'   |l::::
   |l-''´ヽ,/::   | |   ''"´         |l::::
   |l  /::      | \,'´____..:::::::::::::::_`l__,イ::::



  部屋に戻っても、どこか落ち着かない。

  気づけばやる夫は机に向かい、便箋に自分の心情を書き綴っていた。


 【 誰に向けたもの? 】 【1D4:2】
  1.家族
  2.はやて
  3.同期
  4.戦友


 【 内容は? 】
  本音度 : 【1D100:14】   高いほど本音を吐露する
  感情度 : 【1D100:91】   高いほど感情的な文章となる



6721 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2016/07/20(水) 22:12:52.49 ID:kMMNwBCL
本音ではないが感情的ねえ

6722 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2016/07/20(水) 22:13:16.13 ID:C1uekqxG
両極端やな

6723 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2016/07/20(水) 22:14:03.17 ID:PY0CcmPL
まさしく動揺を隠しきれてないって感じか?



6724 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2016/07/20(水) 22:17:44.54 ID:yCgi6G56


         / ̄ ̄ ̄\
         /        \
      /   ─   ─  ヽ
       |   (●)  (●)  |
      \   (__人__) __,/
      /   ` ⌒´   \
    _/((┃))______i | キュッキュッ
 .. / /ヽ,,⌒)  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄(,,ノ \
 /  /_________ヽ..  \
 . ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



        / ̄ ̄ ̄\
        /        \
     /  ─   \   ヽ
      |  (●)  (●)   |
     \  (__人__)   __,/
     /  ` ⌒´    \
   _/________i | ケシケシ
.. / /ヽ,,⌒)  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄(,,ノ \
/  /__凵_______ヽ..  \
. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



  慣れない相手への手紙に、やる夫は何度も何度も文章を書き直す事になった。

  今の自分は、軍機の塊のような組織に所属している。

  家族などへの手紙も検閲が入り、軍機に触れない程度の内容に書き換えなければ
 相手に届くことはない。

  普段は当り障りのない内容を家族に報告するだけであった手紙だが、今回はどうしても
 伝えたい事が頭の中を埋め尽くし、思うような文章にならなかった。


.
6729 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2016/07/20(水) 22:23:09.38 ID:yCgi6G56


       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \
  / o゚((●)) ((●))゚o \
  |     (__人__)     |
  \     ` ⌒´     /


  何故、手紙など書こうと思ったのか。

  そしてその相手が、何故彼女であったのかは分からない。

  感情ばかりが空回りし、伝えたいはずのことが一切伝わらない、当り障りのない文章ばかりが便箋を埋め尽くす。

  違う。彼女に伝えたいのは、自分が分かって欲しいのは、こんなことではない。

  頭では理解していても、涙でぼやけた視界では自分の文字すら読むことができないのだ。



6733 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2016/07/20(水) 22:30:56.65 ID:yCgi6G56


       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \
  /  /⌒)   ⌒゚o  \
  |  / /(__人__)      |
  \/ /   ` ⌒´     /



  何度涙を拭っても、その雫は掌から便箋へとこぼれ落ち、そこに踊る文字をにじませてしまう。

  自分の言葉を書こうとする度に、それをまるで邪魔をするかの如く溢れる涙に悪戦苦闘しながら、
 結局やる夫は普段と何も変わらない現状報告の手紙しか書くことができなかった。

  文章だけは整った、涙で所々が滲んだくしゃくしゃの手紙。

  普段であれば決して表に出そうとは思わないだろうそれを、やる夫はそのまま郵送する。

  この行為に意味は無い。

  自分の気持に整理をつけるための行為にすぎないのだ。

  また後で、汚い方の手紙を送ってしまったと謝ろう。

  そう心に誓いながら、何かから逃れるように毛布にくるまって眠りについた。


.
6734 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2016/07/20(水) 22:31:52.41 ID:FE7G0A/A
まだまだ、ひよっこだから仕方ないよな・・・

6735 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2016/07/20(水) 22:32:20.80 ID:pzguXyDQ
心の整理をするためのある種の代償行為かねぇ…

6736 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2016/07/20(水) 22:33:30.78 ID:+MkistAK
泣ける時に泣かないとな……



6737 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2016/07/20(水) 22:35:38.15 ID:yCgi6G56


 【 入速出家 】


:::l洲:::::::::lllll/:.:.:.
-l洲,,,,/lll廴
;';';';';';';';';';';';';';';';'ヽ
:::洲l ,-llll{_ノ;';';';';'\
;';';';'/,.イll|⌒ミ;';';';';';';')
7洲//lll{:: :: :.:~'´´´                  ________
(;';';';';';';';'ミzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz,.ィ升三三三三三メ,
l洲 /,l洲、'//'//////////////////////////,イ三三三三三三ア/ム
l洲 //l洲トミ=========================,イ三三三三三三ア/,<'//,\
}洲 l_洲l_|__|\_________>く三三三三三三ア//イl| `'ミ//,\
}洲  .|洲l | l  |         l二ア´三三三三三三>く彡イ:::|::|  /`'寺/≧=ァ
l洲zzz|洲l | l  |          `寸ZZZZZZZZZ彡イニニニニニニ7 _二><
l洲 ̄ }洲lコ |ニ|ニニニニニニニニ|| l\ >´/ ̄l:l::| ̄¨ア ̄ ̄7__./二__|   |
===ニニニニニニニニ二二二 ̄ ̄ ̄7‐‐=彡_ ∠___∠」jl:|__,ィ───/__/__/_|__,,.. |
i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/___/i:i:i:i:i|:|:::|:|:::|:|:::|:|:::|l‐.|:|::| .TT    _____,,..
ニ=- 」j'j'j'j'j'j'j'i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:|」」」|i:i:i:i:|:|:::|:|:::|:|:::|:|:::|l |:|::|  |::|「「「「i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:
         ̄ =- 」幵幵:i:i:i:i:|:|:::|:|:::|:|:::|:|:::|l |:|::|  |::||i:|i|i|i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:
               二ニ=-[二二]」∟∟」L.l:|::|_|::||i:|i|i|:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i
                          二ニ=- .」_||i:|i|i|i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:
                                  ̄  =-  i:i:i:i:i:i:i:i:i:
                                          ̄ ̄



            ,.....-―――-.....
           /.:.:.:.:.:.:.:.:/⌒\.:.:`ヽ
           /.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:ヽ.:.:.:...、
          ′:/:.:.:,:.:.:.:.:.:,、:.:.:.:.:.:.ヽ.:.:ヽ.:.:.::.
          /.:.::..′/.:/:./:/ l.:.:.:.:.:.:.:.:.:':..:.:ヽ.:.:.:,    あれ、やる夫さんからの手紙や
       '.:.:.:.:!.:.,:.:./:./:/ {:.:.:.:.,.:.:.;、:.',\/',:.:.,
         l.:.:.:.:l.:.:l.:.l:./V ` v:.:.:ト、:ハ:.',> ヽ!.:.:    いつもは几帳面に毎月決まった日に届くのに、
         l.:.:.:.:|.:.:|.:.,:汽トミ  \l 汽ト、',^ヽl.:.:.}   なんかあったんかな?
         l.:.:.:.:l.:.:l:.:リ__)jr:}      _)jr} リ,:. :l:.:.l
       V.:.:.:l.:.|.:.l ヒ::ソ   ,  ヒ::ノ .j:',.:.l:.:ハ
.          V.:.:.Vヽ|           ,:l:.:V:.:l
           Ⅵ.:.,、ト    ‘ `   ィ:.:l.:.ハ:|
         从:ハ:.从≧  _, ィ:.:从:.l/  l|
           __,r 、Vー"、   }‐从l_ `
          厂V//Λ   `‐-、 .〉 V/>、_
      ,.<ニニヽ /Λ   /|/介マ///〉ニヽ
     /二ヽニニヽ/Λ/`Y⌒寸 l///ニニ〉
      {二ニニヽ二二ヽΛ  V//} !//ニニ/ニ}
      |二二ニニヽ二ニヽ!   }⌒{ .j./ニ/,二|
      |ニニニニニ\ニニ|   |//| i/./二iニニ!
     |ニニニニニ|ニ`ー-|   |//| |´二ニニ!==|

.

6738 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2016/07/20(水) 22:37:57.13 ID:yCgi6G56


   /::::::::::::/::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l|
   .::::::::::::::,:::::::!::::::::::::::::::::::::∧、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l|
   |:::::::::::::l:::::::|:::::ハ::::l::::|:::::l|  ∨:::::::::::|l:::::::|::::!:::::l|:::l|:::::l|\:::::::::::/l|
   |:::::::::::::l:::::::l:::::li l::::l:::|:::::l|  ∨:::::::::|l:::::::|::_|_:_:l|:_l|:::::l|\\//l|     つ
   |:::::::::::::l:::::::l::::::l-l:-l:l|::-l|- 、 .∨:::::::|l:::::::「、!:::::lト、l|:::::l|//\\l|           って、これ
.   ::::::::::::::,::::::ハ:::i l::::从::::リ   ∨:::::|l::::::::x笊テ≧ミ、l/::::::::::::\l|       ⊃
    ,:::::::::::::,::::::::∧::!ル' x笊≧ミ、. ∨:::!lルイ ノ:::::::::ハ 》l|:::::::::::::::::::l|           私宛の手紙やん
.   :::::::::::::,::::::::::::从,イ ノ::::::::ハ  从リ   代::廴ノ::::}  i!::::::::::::::::: l|     っ
    ',:::::::::::',:::::::::::',《 代::廴ノ::::}        i : : : : : : i  l|:::::::::::::::::::l|           な、何が書いてあるんやろ
.    ∨::::::::∨::::::∧ i : : : : : : i         .込:_:_:_:_:ソ  l|:::::::::::::::::::l|
      ∨::::::::∨::::::∧ 込:_:_:_:_:ソ            ̄ ´   l|:::::::::::::::::::l|
     ∨::::::::∨::::::∧   ̄ ´     `    """"  l|::::::::::::::::::::
.      ∨::::::::∨::::::∧ """"       __       人:::::::::::::::/
      从:::::::::ハ:::::::∧      '  ̄     ソ       l|::::::::::::::/
       人::::::::ハ:::::::人    丶 _   _.    /  l|::::::::::,イ
.        ハ::::::::ハ:::::::...≧             <   从リル'




          -------
     ......:::´:::::::::::::::::::::::::::::`::...
   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
   i/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、:::::::::::::ヽ
  /::::::/::::::::::ト::::::::::::::::::::::::::::::l:::::::::::::::ヽ    これは部屋で一人で読も
 . l::i::::;r:、::::li::|ヽ_ヽ::::i:::::;i::::::::::l:::::::::::::::::i
  lll:::::|ヘ:::::|l:l´\`ヽl'/ト、:::/|:::::::::::::::::|    何かなぁ、ドキドキするなぁ
  l{ヘ::lfiヘ:::| ≠アテミ、lヽ,l::> ,l::::::::::::::::::l
  l:::::::ltl .ヘ|   b::::リ〉l-'レ/、l、:::::::::::::::l
  l::::::{ ン     ゞ=" |/l':::::::::l' }::::::::::::::l
   l:::::\ _  '''''''' l::::::::::lノ::::::::::/リ
   ヘ::::::::\ヽ )    l::::::::/:::::::::::://
   .ヘ::::::::::`ー―:::T  |:::::/|::::/:://
     >,イ「「i,イ「「in|.  |::/ .l/l'l:/'´
    ヽ ̄/´ ̄ ̄ `, l/   '`>r-― 、
     {: : :ヽ: : : : : ;l       //    _ヽ
    ∧/ヽ}、/\/:{ r― ´_l」-‐</´: : : 〉
    〉::::::::<:::::::::::::::L,_ イ´:\: : / : : : : l
   /::::::::/〈::::::::::::::〈X::::::::::::∧/: : : : : :l
   {::::::::/: :∨ヽ:::::::::::::\ヽ::/: :/ : : : : : /
  ∧:::::{: :/::ヽ:ヘ::::::::::::::::::`i:r: ': : : : : : /
  /::::::::::∨::::::ヽ: :l::::::::::::::トl: }: : : : : : /
 /l::::/l:::::ヽ:::::::::∧i::::::::::::::l: : l: : : : : /
. {: :レ': ヽ::/ト、:::/: : ヾ:::::|\l: / : : : i/
 ヘ: : : : : :{: : X: : : : :{ヽ!: : : : : : : : l
   ー‐‐´}:/::::ヽ: :/::::\: : : : : :,イ



6742 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2016/07/20(水) 22:41:53.75 ID:yCgi6G56



   γ::::::::::::::::母::::::::::::ヽ、
   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
 γ:::::::::人::::人::人::::人::::::::ヽ     あらおかえりなさい
 (:::::::::/   ⌒   ⌒\:::::::)
 \:/     (●)  (●)\ノ     ちょうどおやつにしようと思っていたの
.   |     ⌒(__人__)⌒ ,|
   \      `⌒´  /
    /         ヽ




             ,. -─-- .._
         ,..:':´:.:.:.:./:`丶:.:.:`ヽ
        /─ ':.:.:.:.:.:.`ヽ:.ヘ\:.:.:.:\
.       /:.:./:.:.:.:.:.:.:.:、:.:.\:.:.ヘ、:ヽ:.:.:.ハ
      /:.:./:.:.、:.:.:.\:.\-‐\ヘХ',:.:.:.ハ    ごめんなさい!
       l:.:.:l:.:.:.l \:.:ヽ\ヾ__\Vマ:.j:.:.:.:.|
       |:.:.:|::l:.,lr  \:ヽ fて心l:リ:.:|:.:.:.:.!    部屋でやることがありますから
 ,、   i`! .|:.:.:|:.l:.:lィf圷 `  マェゾ/:.:リ:.:.:.:.l    おやつは皆で分けて下さい!
 ヽ`ー l !:.:.j∧:ヾマrリ    xx/::.:/i:.:.:./i!
 r'   l〉.l:.:.:l:./:Vヘxx  ' _   /:.//:.:./ '
 l_j'TTTiヽV:.j':.l:.:.:.:.トy≦   `ヽ/イ/.イ!、_
 /´ ̄ ̄`i V:.lW V/      .l:l `ト 、! ! !
 l.    / Vj ./        l:l    \j
 |    l  /             l:l     \
 |   丶Y"        .斗'  l:l      iヽ
 |            <´    _j:|       l:l ハ
 j         イ: : :`ー─ ´: : :≧---..、 l:l /
. V     ,. ´  ヽ: :/: : : : : : : :.!: : : : : : !:.Y`ヽ
  V__,,..  ´     `マ: : : : : : .ィ|: : : :_ ィl_/: : : :\
              V: : : : /   ̄7: :/ \: : : :./
              V: : :/    j: : :l   |\: :j
                    V:./     .|: : :|   ,ハ  `ヽ
               l/    _ |: : :|   \
               リ  ./┼‐`!: : ヽ≧ト \
               ∧ ./┼┼┼|: : : :|┼┼≧ト、
              /: :V‐┼┼┼l: : : :j┼┼┼┼\


.
6743 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2016/07/20(水) 22:46:13.65 ID:yCgi6G56


        _____
    γ::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
  γ:::::::::::人::::人::人:::人::::::::ヽ    あらあら……
  (:::::::::::/ ─    ─ \:::::::)
  \:/  (●)  (●)  \ノ
   |     (__人__)     |
   \    ` ⌒´     /
   /       ー‐      \




        _____
    γ::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
  γ:::::::::::人::::人::人:::人::::::::ヽ    遂にあの朴念仁も気が利くような歳になったか
  (:::::::::::/ ⌒    ⌒ \:::::::)
  \:/  (●)  (●)  \ノ    子供も大きくなるのねぇ
   | ::::::::⌒(__人__)⌒:::::: |
   \    ` ⌒´     /
   /       ー‐      \


.
6744 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2016/07/20(水) 22:46:45.95 ID:yCgi6G56


_| | |______,|| |.|_____________________
 ̄| | |______,|| |.| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ̄| | |───||l──‐|| |.| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  | | |      ||l.     || |.|
  | | |      ||l.     || |.|  ┌‐‐l]‐┐
  | | |      ||l.     || |.|  | ::.。゚o.: | __
  | | |      ||l.     || |.|  │ ,;ゝ;:'│| 11.|
  | | |      ||l.     || |.|  └――┘|;;;;;;;;;;|
  | | |      ||l.     || |.|          |''''''''''|
  | | |      ||l    0|| |.|         ̄ ̄
  | | |      ||l.     || |.|
  | | |O     ||l.     || |.|
  | | |      ||l.     || |.|
  | | |      ||l.     || |.|
  | | |      ||l.     || |.|
  | | |      ||l.     || |.|
  | | |      ||l   /,||_|,l_____________________
  | | |      ||l //
  | | |      ||' /
  | | |    //




                 , イ   ̄  ̄  ̄
                  /              \
                  /      /  ,、 ヽ       \
              /   /   /   | i  i|         ∧
               / /   ,'   | | | | i| |=|       ‘,   ……よし
               ,' / | {i |   | | |ハ |__.|=|    i   |
           |/|  | 人 |,-‐トリ  / ,.ィ::心`ヾトヽ//|  .||    読むぞ
           | i|  | |i /,ィz≠リ      Ⅳ::::} i|//ヽ|  |.|
              i| ,ハ i{' /{う沁      ヾ:ツ |   i|ヽ リ.|
              i| | ト、.ヽ ヾ:ツ  '    :::::: |  i|.ノ ./ .リ
            | l\{∧::::             |i //|/ /
            ヾ   |  ト_‘,   < フ    .l // { リ
                  \ |  |l>     _ .イ.ト ノリ/| リ
                   \{ヾ |-': : i     i |/|/_| W
                  /,z-‐ー_ i     j ナー- 、


.
6748 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2016/07/20(水) 22:54:02.42 ID:yCgi6G56



                              , ヘ、
                             /   .\
              ,,, .. ** ''' ゙゙゙i    /      \
          i ` ゙ .            i.  /.           \            ,,,
             i              i/                \,,, .. ** ''' .゙゙  ',
           i             /                \           ',
              i          /                      \           ',
            i         \                          \           ',
               i.          \                     \         ',
             i                \                   /          ',
                i               i\                   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
              i           ,,, .!  \/゙゙ ''・ 。         /|                 |
            i,,, .. ** ''' ゙゙゙      /       ゙ '・ 。   ./  .|                 |
                               /           ゙ '・゙。.   |                 |
                           /              ゙ '・ 。               |
                             /                 /.               |
                         /                 /                |
                           /                 /|                  |
                       /                 / .|                  |
                         /                 /  |                  |
                        ./                 /.   |                  |
                      ゙ '・ .                /    |                  |
                           ゙ '・ .          ./      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                               ゙ '・ .     /
                                    ゙ '・../


  期待に胸を躍らせながら広げた中身に、はやては違和感を覚えた。

  いつもは整然と折りたたまれた便箋が、この時は乱雑に押し込まれていたのだ。

  訝しがりながら手紙を開くと、そこには一見いつも通りの手紙。

  しかし、綺麗な楷書で書かれたいつもの文章とは打って変わって、その字体は乱れ、
 消し残しや不自然なシミが多い、正直な感想でいえば汚い手紙であった。

  いつもの手紙を知らなければ、なんて手紙を送りつけてくるのだろうと落胆したかもしれない。

  やる夫という人間を知らないままなら、自分が嫌われているのではとショックを受けたかもしれない。

  しかし、彼の家族と一緒に、いやそれ以上に熱心に戦場から届く手紙を読み、そして短い間
 とはいえ入速出やる夫という人間と触れ合った後である。

  その手紙から伝わる異常さに、はやては言いようのない不安がこみ上げてきた。



6751 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2016/07/20(水) 23:06:00.85 ID:yCgi6G56


                 ____
           _,. : :/⌒\: : : : : : :`ヽ、
         ,. :´: : : /: : : : : : :\: : : : : : : :\
       /: : : : : : ,. -- 、: : : : :、:.、: : : : : : :\
       .': : : : : : : : : : : : : :`ヽ、-::|:L、 : : : : : : :ヽ
      /: : , : : : :/: : : : : :ヽ:ヽ: : ヽ|:「¨ヽ: : : : : : : : .
     .': : /:/ : : |: : :、: : : : :V: マニム、: : : V: : : : : : : :.
     / : /:.': l: : :|:|: : :V: :|: : |: 、〈ニム: ヽ : V : : : : |: :|
    .' : /: :|: |: : ,|:{: : 、|_,ム斗: }∧: : V∧: ∨: : : :|: :|
    |: |:|:|: |: |: :/{∧: : ィチ雫≧ 、V: :|: |ハ : V :|: :|: :|
    |: |:|:{: |:_|ノ/l: ∧: :|  _):::ハ }'∧:l|: |}∧: |从 :|: :|_
    |: |:{∧{: |:ィチ雫ミ∨  Vzソ   Ⅳ:.:|: |∧}⌒ヽ ̄\ ̄`ヽ、
    |: |: : 八:{从、Vリ         u  }∧:|:/.....∨⌒\.....|\   ∧
    |: |,: :{: : \∧  '  _  - 、   八リ'..\/    `ヽ、.|\、 }
    Ⅵ ,: : : :|: :|:込、  ヽ'   ノ  // /..../,  ´ ̄\  V、...|..V
     ヾ Ⅵ : |Ⅳ 「.../≧:..... _ /' /.∨/        、 }.Ⅵ..ノ
       ∨: |リ {∨....∧  `\/ ∨/            V.....∨
          \}  ,\、/...∧  | V///            /...........ヽ
            {  \.{....\/ }/,イ            ,....\..........\
           |     ∨.......∨./           /..........ヽ............ヽ
           ∧     \......V           ,...................\........∧
           { \    \..{            /....................... ∨./..∧


  いつもよりも懸命に文章を読み進めていくうちに、普段の手紙では書かれることのない
 単語が存在することに気付く。

  「別れ」、「喪う」、そして「哀しみ」。

  普段の手紙には絶対に入ることのないネガティブな単語。

  もしかしてこれこそが、この手紙の本音なのではないか。

  そのような単語が存在するだけで、文章としては全くそのような意味合いは感じ取れない。

  普段から手紙を読み込んでいるはやてだからこそ気がついた小さな違和感。

  それが確信に変わったのは、今までただのシミだと思っていたものが、その手紙の送り主の
 涙ではないかと思い至った瞬間だった。



6753 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2016/07/20(水) 23:07:32.86 ID:T5y+V3WH
はやて・・・

6754 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2016/07/20(水) 23:08:05.57 ID:pzguXyDQ
察しがいいなぁ…



6755 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2016/07/20(水) 23:12:35.62 ID:yCgi6G56


        / : : /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \: : ヽ: : : ハ
        .′: / : : : : : : : ,: :.i: : : : : : : : : : : : : ヽ: : : V: : '.
.         .: : : ': : : :/: : : :/: :∧: : il: : : : : : :、 : : :入: :,ハ : i
        i: : /: : : /: : : :ハ: : l }: :从: : : :i : : ヽ:/ ├/ ハ: |
        |: :' : : : ′:/:/ |.:.:| ': : :ハ:.:i:.:.|: : i:.ハ/ |7 /┤l
        |: i: : : :.j: 厶'.:-┼十' i:.:.| `十┼-ハ:_: ', : :| /.: :|:.'
        |: |: : : :从/,ィif芋ミx ヾ:{  ィif芋ミ:x:ヘ; : j:′:.:l/
        |: |: :.:/Ⅳ〈{ Ⅵ::::::r}   \ l{ヘ:::::r}ハ〉}:入: : :.|
        |八: : :.{:ハ{  Vこツ       Vこツ  ,:厶イ: : :.|
        |: : ヽ: :爪}        ;          /: /ハ: : :|
.       八: : : V.:|圦      _ __       /: /:′ハ: :.;
.         ヽ: : :Ⅵ{:ハ\    `^⌒´     イ: /}:/}/ }:/
.          _」i : :ヾ:ハイ{>          イ/:./_/ ′〃
.       r=ニ:::「ハ: : : :{ ̄j }`「ミ≧=≦ィfチ/:イ⌒` <'ヘ. _
.     /|::::::::::|l '. : : '. ′ ハ } |   ノ /厶'     jr':::::::::ト、
    /  |::::::::::i{  \: :{     ` ¬=彡 ′   〉    {::::::::::::|  :.
.   /   ;::::::::::v    ヾ:.               /     .:::::::::::::j   \
  /    V:::::::ハ /  }\             〈     /:::::::::::::;      '
. i      ∨:::::::V  ,/                ヽ  /:::::::::::::/       |
. |     ∨:::::::\.〈              /∨::::::::::::::′      |



  何かがあったんだ。

  居ても立ってもいられず、居間へと駆けてゆくはやての脳裏に、先日ニュースで流れた言葉が蘇る。

  「重慶陥落」

  「帝国大陸派遣軍に死者多数」

  やる夫は重慶から離れたと聞き、その時は安堵するばかりであった。

  だがあの場所には、彼の知り合いも大勢いただろう事を、今の今まで思い当たらなかった。

.

6756 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2016/07/20(水) 23:20:03.95 ID:yCgi6G56


          / ̄ ̄\
       /   _ノ   \
       |   ( ●)(●)     おいおいどうしたんだ、そんなに慌てて
          |     (__人__)
        |      ` ⌒´)     大きな足を外をたてて廊下を走るなんて、はやてちゃんらしくないだろ
          |         }
        ヽ         }      何かあったのか?
          >       ノ
       /         \  /て⊃
       |  ィ     |\  `´ ゞ _三}
          |  |      |   \__/.



        / : : /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \: : ヽ: : : ハ
        .′: / : : : : : : : ,: :.i: : : : : : : : : : : : : ヽ: : : V: : '.
.         .: : : ': : : :/: : : :/: :∧: : il: : : : : : :、 : : :入: :,ハ : i
        i: : /: : : /: : : :ハ: : l }: :从: : : :i : : ヽ:/ ├/ ハ: |
        |: :' : : : ′:/:/ |.:.:| ': : :ハ:.:i:.:.|: : i:.ハ/ |7 /┤l    やらない夫さん
        |: i: : : :.j: 厶'.:-┼十' i:.:.| `十┼-ハ:_: ', : :| /.: :|:.'
        |: |: : : :从/,ィif芋ミx ヾ:{  ィif芋ミ:x:ヘ; : j:′:.:l/    あの、えっと……
        |: |: :.:/Ⅳ〈{ Ⅵ::::::r}   \ l{ヘ:::::r}ハ〉}:入: : :.|
        |八: : :.{:ハ{  Vこツ       Vこツ  ,:厶イ: : :.|
        |: : ヽ: :爪}        ;          /: /ハ: : :|
.       八: : : V.:|圦      _ __       /: /:′ハ: :.;
.         ヽ: : :Ⅵ{:ハ\    `^⌒´     イ: /}:/}/ }:/
.          _」i : :ヾ:ハイ{>          イ/:./_/ ′〃
.       r=ニ:::「ハ: : : :{ ̄j }`「ミ≧=≦ィfチ/:イ⌒` <'ヘ. _
.     /|::::::::::|l '. : : '. ′ ハ } |   ノ /厶'     jr':::::::::ト、
    /  |::::::::::i{  \: :{     ` ¬=彡 ′   〉    {::::::::::::|  :.
.   /   ;::::::::::v    ヾ:.               /     .:::::::::::::j   \
  /    V:::::::ハ /  }\             〈     /:::::::::::::;      '
. i      ∨:::::::V  ,/                ヽ  /:::::::::::::/       |
. |     ∨:::::::\.〈              /∨::::::::::::::′      |


  部屋を出た所で、やる夫のすぐ下の弟である入速出家の次男坊・やらない夫とぶつかりそうになる。

  やる夫をして、入速出家の男の中で一番大人と評されるしっかりものである。

  男相手なら彼を頼れば間違いないとさえ言われる相手。

  相談したいのはやまやまだが、ほぼ直感的に思った内容であるがゆえに、説明しようにも言葉にならない。

  そもそも、はやての思い過ごしという可能性も、無いわけではないのだ。



6757 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2016/07/20(水) 23:22:18.89 ID:yCgi6G56


                 ____
           _,. : :/⌒\: : : : : : :`ヽ、
         ,. :´: : : /: : : : : : :\: : : : : : : :\
       /: : : : : : ,. -- 、: : : : :、:.、: : : : : : :\       その、やる夫さんからの手紙が来て……
       .': : : : : : : : : : : : : :`ヽ、-::|:L、 : : : : : : :ヽ
      /: : , : : : :/: : : : : :ヽ:ヽ: : ヽ|:「¨ヽ: : : : : : : : .     それで、返事を何て書けばいいのか
     .': : /:/ : : |: : :、: : : : :V: マニム、: : : V: : : : : : : :.
     / : /:.': l: : :|:|: : :V: :|: : |: 、〈ニム: ヽ : V : : : : |: :|    手紙の中身が普段とは違うから、その……
    .' : /: :|: |: : ,|:{: : 、|_,ム斗: }∧: : V∧: ∨: : : :|: :|
    |: |:|:|: |: |: :/{∧: : ィチ雫≧ 、V: :|: |ハ : V :|: :|: :|
    |: |:|:{: |:_|ノ/l: ∧: :|  _):::ハ }'∧:l|: |}∧: |从 :|: :|_
    |: |:{∧{: |:ィチ雫ミ∨  Vzソ   Ⅳ:.:|: |∧}⌒ヽ ̄\ ̄`ヽ、
    |: |: : 八:{从、Vリ         u  }∧:|:/.....∨⌒\.....|\   ∧
    |: |,: :{: : \∧  '  _  - 、   八リ'..\/    `ヽ、.|\、 }
    Ⅵ ,: : : :|: :|:込、  ヽ'   ノ  // /..../,  ´ ̄\  V、...|..V
     ヾ Ⅵ : |Ⅳ 「.../≧:..... _ /' /.∨/        、 }.Ⅵ..ノ
       ∨: |リ {∨....∧  `\/ ∨/            V.....∨
          \}  ,\、/...∧  | V///            /...........ヽ
            {  \.{....\/ }/,イ            ,....\..........\
           |     ∨.......∨./           /..........ヽ............ヽ
           ∧     \......V           ,...................\........∧
           { \    \..{            /....................... ∨./..∧




             / ̄ ̄\
             /  ヽ_  .\
            ( ●)( ●)  |
           (__人__)      |     ……
            l` ⌒´    |
           {         |
           {       /
       _. -: ´Λ     _.へ` 、
      r<: : : : /:|: :、  ̄r'    \ :\_
    /: : :l : : : : : :\`IエL>、    >ヘ::Λ
    |: : : ト、: : : : : : : : : : : : : `ー/ : : V |
    〈: : : :::: _ -¬--―-、: : く:r 、: : : V }
    /: : :_ン´: : : : \ ,___, ィ ): : :`く : : : ヘ|
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

.

6758 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2016/07/20(水) 23:27:43.18 ID:yCgi6G56


           / ̄ ̄\
         /   _,ノ ヽ、_
          |    ( ●) (●)    兄さんはさ、結構単純なんだ
.           |    (___人__)
           |     ` ⌒´ノ     褒められれば喜ぶし、叱られれば落ち込むし、
            .|        |     本人は隠してるつもりだろうけど、結構表に
            人、       |     出ちゃうタイプなんだよ
        ,イ:. ト、ヽ、 __ ,_ ノ
  ,. -ーー -‐ ´::::::::::::::::::::::::::::::::7      だから普段とは違うと思ったら、それはきっと
/..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、      間違ってはいないと思う
.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. \、_
::::::::::.\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..... ヽ
:::::::::::::..ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...ヘ
:::::::::::::::::::V:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |::
:::::::::::::::::イ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: l::
::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |:|




                        __  ,. :―: 、_
                _, . : :´: : : : : : :´ : : : : : \: . 、
             ,. <: : : : : : : : : : : : ´ ̄\: : : : \:\
             /: : : : : : : : : : : : : : : : ヽ: : : :\__}:ト、:ヽ
           /: : : /: : : /: : : : : : : \: : : :\ニ_ム>:|∧: : :.    じゃあ、落ち込んだやる夫さんを励ますには
          .': : : /: : : /: : |: : :.V: : : :\: : : :∨: :∧/ ̄ヽ: : :.   どうしたらいいんですか?
          / : : /: : : /: : : {: : :、|_、_:ノ、: : ∨ニ,:\ : : ∨: :.
         .': : : :Ⅳ: : |:_:|ノ:ム: : :!\:}\: : :∨: ∧ : V: \ : ∨:|
         /: : : : : |: :イⅥ:__|∧: |}:イ斧雫ミ 、: |: ∧: :V: : :ヽ: :V
        .': : : :|: : |: : :ィ´雫ミ 从:{   _)::刈 ノイ: : ∧: :V: : :∧: :.
        | : : : |: :∧: : | _)刈  \ Vこり ' |: :/ ∧: { : : |:∧: :.
        |: : : /: : :∧: { V(り           |:∧__,ハ: |: : :|: :∧:|
        |: : : {: : 「Y/V \  ,           / ,イ: : Ⅵ: : :l: :| リ
        |: : : |: : | |{ {                 / |: : : リ: : ∧:|
        |: : : |: : | |l ,人    ( ヽ        イ |- 、 : : / }:|
        ∨ : : Ⅵ Yl /` .   ー'   .  ´ / -┴‐- 、/'
            ∨:{、: :|  V  | |≧==-- r'´  / />--∧...\
          Ⅵ Ⅵ   ヽ   八/∨⌒〉'_/   /'   /.....∨⌒ヽ
          リ  l|    } /Y..{ 、 ///∧   ,    ∧....//⌒ヽ
               ,     /...|__|  V///}' \_/  /\V./    }
              ,     ,|.....|__|   {///|   { /..\../..// ´ ̄ ヽ
              l     l|.....|__|  7//l|     V......../...{'      \
              :     ,|.....{...{  {///|   /\./......八        ヽ
            ,.:l     {|.....|.∧  |///| /......./.............}、         }
          / |     l|.....∨∧//// V..\./..................| 、        |
           〈  ,     ,:|........∨∧////\../...................... | 〉      /
             Ⅵ     {.|...........∨∧//......V...........................Ⅵ       {



6760 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2016/07/20(水) 23:31:28.84 ID:yCgi6G56


             / ̄ ̄\
           /   _,ノ `⌒
            |   .( ⌒)(⌒)     言っただろ、単純だって
.             |    (___人__)
             |        ノ      そういう時は素直に励ましてあげればいいのさ
              .|        |
              人、       |       変に気を遣わなくても、本心から頑張れって
          ,イ:. ト、ヽ、 __ ,_ ノ       言ってあげればそれで立ち直るよ
    ,. -ーー -‐ ´:::::::::::::::::::::::::::::7
  /..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: メ、       これは俺の経験則だけど、兄さんって感情を
  { :::::::::::::::::::::.ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. 、_    表に出した時には、半分心の中の整理はできてるんだ
  | ::::::::::::::::::::::..`、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::..`ヽ
  '| ::::::::::::::::::::::::::::i_::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ::ゝ     だから落ち着くのを待ってそれとなくフォローしてあげれば
   ト、:::/ / ̄`` ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!:::::::.ヽ    すぐ元の兄さんに戻るはずだよ
   `,ヘ ´:::::::::::::::::. ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::_,rー'、
    }:,∨ :::::::::::::::::: ト、:::::::::::::::::::::::::>< ̄\::..\
.    }:::∨::::::::::::::::、-''゙~ ̄ ̄ ̄ ̄:::::::::...\ ム:::::ヽ
     l::::∨ :::: /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,.、/...:::::::::ヽ}
    {::::::\,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/" ̄:::::::::::::::::::::::::ノ




    ./:::::::::/:::/:::::::::::::::::::\:::、:ヽ:::::::ヽ:ヽ
    /::/:::::::/:::/::::/::|::::::::::: |:::::|::::|:: |::::::::::|::::|
    ;'::;':::::::/:::: i::::/:::∧::::::::::|:::::|::::|:: |::〈∨|::::|
   |::|::::::::|:::::::|:::|::::| |::::::::::|:::::|::::|:: |:::::〉〈:::::|
   |::|::::::::|:::::::レ!‐:|‐ハ:::::::├:::ト::|、|::/∧|::::|    本当ですか?
   |::|::::::::|:::::::ト::| V   \:::| }ノ }ノ |:l〈/:::::|::::|
   |::|:::::::ヘ::::::| x==ミ  ヘレ==ミ、|::::::::::|::::|
   |∧:::::::::\|.              ハ:::::::::|::::|
     ヘ::::::::::小     '     /ノ::::::::::|::/
       ヘ:::::::::|::\   ` ´  .イ:|::|:::::::://
       \:::|:::トト:|> 、__ <:/:/::|:::::/
        \V ∧       ト、/:V:::/
   _,.  ァ 7´ ∨   、    | //\ー-、__
  /    / /   | ー   , 一|     ヽ    \



6762 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2016/07/20(水) 23:34:40.10 ID:yCgi6G56


               / ̄ ̄\
              /   _,.ノ ヽ、__        本当本当
              |    (● )(●)
                 |     (___人__)        しっかし兄さんが羨ましいな
              |       ` ⌒´ノ
                  |        |  ,rー、=-、   こんな可愛くて一途に自分を想ってくれる
                 人、       | ,イに) |  l   お嫁さんがいるなんて
           _,/( ヽ、.,ヽ., ___ ,__ノi´ `ー' | |ヘ
    _, 、 -― ''"::::::l:::::\:::::::::::::::::r'゙´~~   ', jー,i 〉
   /.:::::::゙:':、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'ー-‐え__  ゙ン'゙ /`i
  丿;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;((、ヽ (ハノ /lヽ、
  i ;;;;;;::::::::::::::::|;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;ハゞニΤヘ_/;i l:: l
 / ;;;;;:::::::::::::::::::!;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::\::::::::::::::::;;;;;;;ハ ::;;;;;;;;::::::::. ',/





                             (:.:.::::   _ノ
                               ..:.:.::_,)
                               ..: :.::_
                              (_)
                            - ─── -
                         ´:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. `.丶
                       /. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. ヽ
                      / :. :. :. :. :. :. :. :. :. :, . :. :. :. :. :. : :. ヽ
                        / :. i :. ヽ:. :. :. :./:. ヘ:. :. :. :.: . :. :. :. : ∧      お、お嫁さん?!
                     {:. :.¦ ム圦 :. /:./. ヽ:.ハ━:. :. :. :. :. :. ∧
.   __◎                  l∧/.「}_V . ヽ/|/. `_ート i━/ :. :.:. :. :. : ハ
  └‐┐l  _             1:. {(´ `)   (´ `) ノ k' \/ i:. ::. :.i
    (ノ  辷l /7  __,       |: /.  ̄      ̄  '´〃:>  <:;! :. :. j
         くノ   コ L  ⊂二二l八///       ///// .l//\ ′ : 二二二⊃
              ̄ ̄       .|:. 丶.  「 ̄ ̄`ヽ    |/ :. :. / :. :. /
                     |:. :. :i\ ー― ‐‐′   |:. :. : :/ :. :. /
                     |:. :. 从ノ. `  _  , + ┤:. :.:/ :. :. /
                     レ´  ヽ. W,f _`i__ノ|:. :./ :. :.ノ
                   .         ,.ヽ'イ}}! i   j l.|:.:/,:,:,:,:
                           /  ヽ,     , |/  `丶、
                        /  〈 く    〈 く    〉 }
                   .     {(  リ/ /     / Y レ   い|
                   .    { }  | 〉 ィ      〉 、ノ |/  { ノ|
                   .     { )  | } く     ) 〉./  f  }|



6765 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2016/07/20(水) 23:39:58.72 ID:yCgi6G56


                      ___
                    /:::::::::::::::::ヽ         ____     はっはっは
                  / :::::::::./ ̄ ̄ \____ ,. --ー.....:::::::::::::::::::.. \
                 / :::::::::: ⌒´ ヽ、,_  \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: i   あと本当ついでに言うと、兄さんが相手の時は
                    | :::::::::::(⌒).(⌒ )    |::::::::::::::::::γ:::::::::::::::::::: ノ   向こうが落ち込んでるからってそのペースに合わ
                     | :::::::::::(__人___)     .|:::::::,. -ーy:::::::::::::::::::: /    せてこっちも落ち込む必要はないよ
                      | :::::::::::/::'、           | ̄   _/::::::::::::::::::::: /
                 | :::::::/::::: |        |   /):::::::::::::::::::::: /    むしろ明るく振る舞ったほうが兄さんもつられて
                  | :::::::::::::/|       /レ-,.イ:::::/:::::::::::::::::: /    明るくなるからさ
                 i ::::::::::::::::. ヽ__、____,. "//::ノ.:::::/:::::::::::::::: j
                   r/:::::::::::::::::「二二二 ::::::::::/::::::::ノ::: 、:::: //   感情豊かだけど、それに引き摺られるほど弱い人じゃないから
                /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::r




                  __,.- 、__
              ,. : : ´: :/: : : :\`ヽ、
             / : : ,: : : : :-=、: : :\: ヽ
             ,:': : : : /: : : : : : : 、\-l|_ヽ: .
          /: : :,: : :|: : : :∨: : : ∨ヽl⌒V: .     ……やらない夫さんって、やる夫さんのこと
          .': : :/: :l: |l: : : : |_: : :∨:∧: :V:.     よく知ってるんですね
          |: : :|: : |_:|{_:{: :´|{\:`:l∧: ∧: |: |
          |: : :|: ´|: { 从: : ィ笊雫ミ:∧|∧:l: |
          |: : :|{: :{ィ雫ミ \} Vzり |/_リ': :リ: |
          |: : :{:\: 、Vリ ,      八 : : |:リ
          |: |: :\:∧    、   イ| ∧: リ
          ∨: :、 : : 个: . __ //⌒〉⌒ヽ
            \} \:_」-/⌒∧ /  / /⌒\_
             _「..{   ///∨   ' /\>、....{、
              「∨..〉 / {'// ∧/.'..\//  ∨ 〉
             / ノイ| / ///∨ /....、/.../   V
              / /|....| /// //\.../........{     |
           { ,....|....∨--'/..'\.. /..........|     {
           Ⅳ... |/.|//\..../ ............ |    ∧
          / {......|.......V\..../................/..|  ,   ∧
           〈  ......|.../|..../............... /...∧   / :
          ` |......∨.....V.....................´.....,  乂_/  |
           l |.........|__{.............................{   }___,.イ
           l/........ |..o..|............................∧  |   |


.
6766 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2016/07/20(水) 23:45:22.30 ID:yCgi6G56


        / ̄ ̄\
      /   _ノ  \
      |    ( ●)(●)     まぁ、あの人は俺の兄さんだから
     . |     (__人__)
       |     ` ⌒´ノ     子は親の背中を見て育つというけど、
     .l^l^ln        }      俺達兄弟は兄さんの背中追っかけて大きくなった
     .ヽ   L       }      ようなもんだからさ
       ゝ  ノ    ノ
     /   /     \      特に野郎共はね
    /   /        \
  . /    /        -一'''''''ー-、.
  人__ノ       (⌒_(⌒)⌒)⌒))



               / ̄ ̄\
              _ノ  ヽ、  \
            ( ●)( ●)   |         そんな訳で、兄さんのことは任せたよはやてちゃん
            (__人__)      | ../}
      _       ヽ`⌒ ´     | / /    __   不安なときは、できない子に聞くのもいい
   (^ヽ{ ヽ      {        ./ /  . / .ノ
 ( ̄ ヽ ヽ i      ヽ      / 厶- ´ /    あいつが一番のお兄ちゃん子だったからさ
.(二 ヽ i i |,r‐i    ノ.   ヽ /     /
  ヽ   /  ノ  /    r一'´ ー 、   ̄ ̄ ̄)  うちの家族の中できっと本人よりも兄さんのことに詳しいぞ
   i   {   イ―イ /   .`ー―. 、__ .〈 ̄ ̄
   ヽ. `ー '/   /           /\ \
      `ー '  ̄ ̄!           |  ヽノ


.
6767 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2016/07/20(水) 23:50:46.50 ID:yCgi6G56


                  ..,,-‐''''ヽ、     / /アt卅lヘ
                /へ \ /\   / / /ⅨⅧ| |
              _ 「/    \ _ヽ〈 //lll]ll廴 'サ|ヘ、\
              / ,,,--‐''''"lー    `゙l│ヘ|l゙l亡ソ'~~`゙゙ .._ 、
              /-‐' /   l \0   ゙i   ̄〈〈    |    本日はここまで
            / ____/    ∥       ォ ..  ゝ、ォ‐'´/
            .| ̄       「 // ̄    _-- /、\      結果的にやる夫とはやてが遠距離恋愛
            |レ   ∠ニナ/   | {l三( 0) _ |  ./ ̄ヽ   するきっかけができる話になりつつある
            ∟_..-―゙゙’     | ヘ       |  /
          ┌/⌒/_    \ /\____/\\  |  | ,-‐-、    それはそうと、やる夫の兄弟たちが全員出てくる日は
         ┌/⌒/\\\   ,-‐i‐|    /\ \\ |  |  \    来るのだろうか……
        ┌,'⌒/\ ヘ ヘ | /  ゙i   /\ \\ |  |
        ///   \\ヘヘ\|  | l  l ヽ\    |′ソ‐‐‐、    ではお疲れ様でした
        ( ( (_/ ヘ /ソ   /  /\\ \  | 丿 _/
        \\\\/\ヘ    l /  /‐‐‐、 \i/i  /
          ヘヘヘヘヘヘ| |vvvvvv‐'厂 /\ヘ_/〈∠/ |  l /
           `´`´,,-‐''''`'‐------'´ |__ヽ ヽ/ / ヘ | |`\
.             ヘ   (-   ヘ/ヘ  ̄ ̄´|/ / ヘ |  /
             /\\l'''''''''''''i i┘/二__iニニニ レ´ニニlヽ‐--/
            〈  ゙i\|ヘ) )\\\  \皿皿皿皿゙il'‐、__
              \ \-‐'´ノ  ''''‐-\  \皿皿皿\ |
               ヘ ゝ´´    / \―\ |\\\ |
                       /  /     \___


.



Next  その32へ


Back  その30へ


目次へ




関連記事
無事だと安心したら小隊長たちダメだったか……。
[ 2018/11/06 00:31 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カウンター
検索フォーム
カテゴリ