FC2ブログ

9/14 すずめの小部屋更新。 11/22で5周年なのじゃー。いやぁ、気がついたら長いことやってますね

やる夫達は聖杯大戦を勝ち抜くようです その94

9674 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2016/03/06(日) 15:58:16.68 ID:E7ZcMKNF


             ___,,,,,___
       __,--‐'''' ̄´ 、  `''''ヘ― 、
    - '' ニ            冫 .. ゙'、
,,」冖 ぃ  !  ̄ t ``゙゙'ゝ、,,_ " ..丿 `¦ヘ、         果たして人はいるかしら
彳 .. ││ ! ! ‐ ニ、   `~~゙ T゙'、  ,,......∟
|∟ J┴‐」∟ 二 │      ヘ-′,, 丨〈ゝ 、       再開します
゙ゞrぇj」」i !|}l!|にl|什廾lサ n ,,_ ヽニ 〈 ''イ」l ___
 NNNNNMMMMMMMMMノニ(⌒) /"| ゙  /
       匚i 、_、    ..i〃 九 コl厂|||! |//
         M .. _ _....、、 、 'M} '|)|||||/'' /   /
         .M   ゙ ニi∩こM/  /| |  |   /
         'M   ./ ./llj!M丿  ! | | |、  |
         M _ ィ}xニ,'〈M¦ ./___|   |
         ゙M { ゙'ニ !l!M っ j'     |   |
         'M 二 ; ./Mゞ 」┤     |  /
         NNNNNNェ ' _ィゝ│ | ̄ ̄\/




9676 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2016/03/06(日) 15:58:54.96 ID:E7ZcMKNF


42ターン戦略フェイズ  [最大10T]
 東区支配力:60
 西区影響力:0  北区影響力:0  南区影響力:0  中央区影響力:0


【コマンド一覧】

 ・個別索敵(10T)
   ☆カイザー「皇帝特権A+」により「諜報A」を代用。達成値+20
   ☆ガナハ「動物使役」により達成値+10
   ※使用可能 ヤラナイオ、ラインハルト・ハイドリヒ、オリヴィエ・ゼーゲブレヒト、ニコラ・テスラ

 ・拠点構築(5T)
   ☆カイザー「皇帝特権A+」により「陣地作成A」を代用。成果に+1D100
   ☆キャスター「陣地作成EX」により、成果+2D100
    ※現在拠点Lv.3 強化まで残り400

 ・交流(5T) なお、名前の後ろの記号は交流した回数で変化します。
   ・カイザー(ルルーシュ) ☆○
   ・武蔵 ☆○
   ・黄金のサーヴァント ☆○
   ・ルーラー(ジャンヌ) ☆○○○
   ・キャスター ○○
   ・ガナハ ☆
   ・ライダー(趙嫗) ○○○○
   ・マユリ ☆
   ・ネム ○○○
   ・留美 ☆
   ・セイバー(ジャンヌ) ☆☆
   ・アサシン
   ・アーチャー

 ・特殊1:臨時会議の招集
   大東亜連盟会議を臨時に開催します。発言力10,000を必要とします。
   この行動はTを消費しません。

 ・特殊2:サーヴァントの召喚  使用可能召喚権:6
   召喚権を1つ消費し、サーヴァントを召喚します。
   召喚の詳細は選択後決定します。この行動はTを消費しません。


 ※経済力使用可能:3Tに一度、戦略フェイズの行動による効果を2段階または+20上昇させる。影響力獲得の際は+100%。
             この効果は交流についても適用可能。ただし、他スキルと同様他スキルとの重ねがけは不可。
             使用の際は他スキルと同様 留美「経済力」と後ろに記載して下さい。



 【安価】
  戦略フェイズにおける行動を決定します。
  10Tを超えない組み合わせを提示して下さい。また、スキルを使用する場合後ろに誰の何のスキルを使うか明記してください。
  スキルを使えるのは一人一回、一つの行動のみです。

 例)
 【行動案】
  索敵(5T) ガナハ「動物使役」
  拠点構築(5T) カイザー「皇帝特権A+」




 安価 16:10:00まで行動案募集
  以降、16:20:00まで投票



9677 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2016/03/06(日) 16:01:08.61 ID:F+TghtYL
 【行動案】
  交流(5T) ガナハ
  拠点構築(5T) キャスター「陣地作成EX」

9679 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2016/03/06(日) 16:01:47.12 ID:xyblgrI9
 【行動案】
交流(5T) カイザー(ルルーシュ)
交流(5T) 黄金のサーヴァント

ゆくゆくはルル山さんを再臨するという野望

9680 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2016/03/06(日) 16:03:13.95 ID:X6STQQma
交流(5T) ガナハ
交流(5T) カイザー(ルルーシュ)
ひとまず初期メンバーをしっかりと

9681 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2016/03/06(日) 16:04:04.75 ID:+3C7ARBu
【行動案】
交流(5T) ガナハ
拠点構築(5T) キャスター「陣地作成EX」 留美「経済力」

9682 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2016/03/06(日) 16:04:07.98 ID:mFNaxCvZ
【行動案】
交流(5T) ガナハ
交流(5T) 黄金のサーヴァント 留美「経済力」

経済力使えるし宝具作成に補正付くかもって



9683 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2016/03/06(日) 16:10:24.55 ID:X6STQQma
>>9681

9684 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2016/03/06(日) 16:10:59.03 ID:+3C7ARBu
>>9681

9685 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2016/03/06(日) 16:11:55.92 ID:xyblgrI9
>>9682

9686 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2016/03/06(日) 16:12:36.91 ID:qrXl8XUX
>>9682

9687 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2016/03/06(日) 16:12:41.84 ID:mFNaxCvZ
>>9682

9688 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2016/03/06(日) 16:12:53.70 ID:0Z+2kviP
>>9682

9689 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2016/03/06(日) 16:13:17.04 ID:Ud8RUd9C
>>9681

9690 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2016/03/06(日) 16:13:33.93 ID:F+TghtYL
>>9682

9691 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2016/03/06(日) 16:15:14.30 ID:UOhFnC+j
>>9681




9692 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2016/03/06(日) 16:26:44.78 ID:E7ZcMKNF


               ____
             /;:#;:;:;:;:  \
           /  _ノ   ヽ_  \     ……という訳で、様子を見に来たわけだけども
          /  (―) (―);#;:;:\
            |;#;:;:;:  (__人__)   #  |    何故か神殿に入った途端大型のネコ科動物に襲われましたとさ
          \ //  `⌒´ ;:;:;:;: ,/
          /     ー‐    \




           {   \  /::::::::::ヽ::-、/  }
            \   ∨:::::::::::::::::::::/  /
             \_イ ̄`ヽ、::::,.:=- 、/
              /:::::,.7-‐- 、∨/>、::::.\
              ,'.:::´::::::::::::::::::`´:::::::\:{
            /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
          ,.:'::::/i:::::::::::::::,::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
           /:::::/ {:::::::::::/{::::::::::::;:::ハ:::::::::::::::::::.      さ、最近入ったあの子、結構気難しいから……
            /:::::::{ oノ/::::/´ l`:::::::::l:/´、`:::l::::::::::::..
        /,イ::::::::::::/l:::/  {:::l::::::::{  _Ⅵト,:::::::::ト、     いきなり知らない人に出会ってびっくりしたんだと思う
        / {::::::::::イ /´ ̄丶ヾ!、:::::l/ `ヽ',:::::::}
          ∨:::l::{ {、   {:i:!   ` {:i:!  } l:::/:::.
          /Ⅵ{リ    ー‐      ー‐  /イ /:::::.
           /::::::人_ハ      ´      __,ノ:::i、::::.
.          /::::::::::::::::::ム     ,、     八:::::::::.,\:.
         /:::;:::::::::,... ― >   ( )  <`ヽ、:::::::::. \
       /::,イ:::://∧   ∧ >-< /   ///\::::.
        /イ/::::{  {//{     `    '   ///{  ヽ:}
       /::/ ̄\l//\         ////L - ´ ̄`ヽ





                         ヾ:、
                     _,,..-:::ー:::-..、ノノ
             _,,,,,..,-..':::´::::::;:::::::::::;:::::::`::.、_
            /::::::::;::::::::::;:::::;:::::::::::::::;:::::::::::::::ヽ,
           /:::;::::::::::::::::::;::::::::::::::;:::::::;:::::;::::::::::::::::ヽ,
         /:;::::::::::::::::::::::::;:::::::::::::::::::::::;:::::::::::;::::::::::::ヽ.     フーッ
         /::;::::;:::::::::::::::::::::;:::::::::::;:::::::::::::ハ;::::::::::::::::::::::::ヽ.
          /;::::;:::::::::::::::::::::::;::::::::::::::::::::::::::::i ヽ::::::::::::::::;::::;:::i      ※最近入ったあの子
        !)ヽ;:::-::::‐::::-:;r::;-、;::;:::::::::::::::::::i  ヽ;::;;;;;::;::':::::::i、
          i'::::::::::::::::::::::::::く;;(..ノj::::::;:::::::::::::::::i   `゙"´゙!::::::::::i.
       |::::;::::::::::::::::::::::::::::::ヾrー-、::::::::::::::::i     ヽ:::::::::i
         i:::::!ヽ;:::::::::::::;:-;::::::::i   ヽ:::::::::::::i        !::::::::ヽ,
       ハ:::::`:':::::::::丶-:'::::::::j     ヾ:::::::::::i     /:::::;::::::;::、
      ./::::ゝ::(;;;;;;ノ ::;::::::::;/!     ヾ:::::::::i、     !:::::::i::::::i:::::)
      /::::::/ ミ:::::i::::::彡;ノ´:::;ノ      ヾ::::::::i    ゙''''''゙''''"゙''"
    /::::::/  `‐=-‐''"´⌒´         ヾ:::::::゙、
  _/::::::::::::i                   冫::::::::ヽ,
..r'::::::::::::::::::::i                   /:;:::;:::::;:::::ヽ
.{:i::::::::::ハ::::::::j                    ヽ;:i:::i:::::i:::::::j
 `゙''''''"゙'''''''"                  `゙''''''"゙'''''"



9694 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2016/03/06(日) 16:30:20.64 ID:E7ZcMKNF


..      ____
     / ―  -\
.  . /  (●)  (●)     しかしまぁ、完全に神殿部の事はガナハに任せっきりだったが、
  /     (__人__) \    見事に動物の楽園って感じだお
  |       ` ⌒´   |
.  \           /    元々そのつもりで作ったのはあるんだけど、やっぱ管理人が良いんだお
.   ノ         \
 /´            ヽ




  {  \       /:::::::^::::/  /、
   \,イ三ミ、 /::::::/ ̄   /:::::::.
   /\_  \r,イ ̄:::_:::::ヽ、::::::::::::::.
    ,..::::´ ̄`ヽ:::::´:::::::::::\:::\:::::::::::.
    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::\::::::::.
.   /:::::::::::::::::;:::::::::::ヽ::::::::ヽ:::::::::::::::::ヽ:::::::.         あはは、ありがと
  /:::::::/::::::::::!、::::::::::::',:::::::::::',::::::::,:::、::::∨:::::.
  ,':::::::/::::!:::::::| ヽ::::::::::∨ ̄:::',`::::}::::\リ:::::::::.        やっぱり私は、こういう事が好きなんだ
  |:::::イ::::::l::::イ ̄Ⅵ、:::::::',\:::ハ:::/!:::::}、!:::::::::::::.
  l::::/!::::::::,:::::! _  \::}ィ=ミイ:::: イ:!:::::::::::::::::::.      だから、皆の役に立てていないのは悔しいけど、
  Ⅵ l::::,::::::Ⅳイ ̄` '  _   j:::/i::リ::::::::::::::::::::::、     かえって幸せだったのかもって思ってる
    Ⅵハ、::: ハ     v´  レ} ムイ:i}:::::::::::::::::::::::::::\
       /{叭     ヽ  ノ  ,イ::`´:::::::::::::::::::::,、::::::::\
        /::{!、ノ>  . _,...イ:/::::::,..- 、::::::::::::::::,\:::::::::
       ,'::::/:::::::::::::__}     |r//i(}   ヽ:::::::::::::::、 \::
.     /:::/, -r-r//    _,.イ/ri/    ∨::',:::::::::::..
    /::::{   {ir!/{`ヽ / ,.イ ri/     }:::::::、::::::::::\
.   /:::::::|   ∨r!!    /O,r/ i    |:::::::::\::::::::::
   /::::::/::!   / \d! Y / / /   }    ;':::::::::::::、\::::
.  /::::イ:::::{. /   ∨ト、! /イ     イ   {:::::::::::::::::\\
 // /::::::」 !    Ⅵ/!     /     }:::::::::l,::::::::::\
   /::::::〈  ',      {      {   / {:::::::::l \:::::::::
   ,:::::::/   、     、    ,イ-- 、   !::::::::|   \:::
.  /イ〈、___ > _ `ー/-、   `ヽ !::::::::!     ヽ
     7ー、_}`ヽ、_}    \/ \   `!:::::::|
    /:::/l::::::::l   !       /   \_/:::::::::!



9695 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2016/03/06(日) 16:31:40.22 ID:JIlcFqif
巫女職が天職だなぁw

9696 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2016/03/06(日) 16:34:30.97 ID:mFNaxCvZ
役に立ててないってのは違うぞ



9697 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2016/03/06(日) 16:36:34.49 ID:E7ZcMKNF


       /:::/{ \::ヽ\::://     /、
        /イ  \__\:}_,../-―-、<:::::::\
           ,..::´::::::::::::::::::::::::::::\`ヽ、:::ヽ、
         /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::\__l_
           /::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::、::\:::\::::\`ヽ、   知ってたつもりでは、いたんだ……
         '::::::/::::::::l::::::::::::;::::::、:::::::{::::::\::\T`::{
       /:::::/::,::::::::}:::::::::::l:::::::{ヽ::::l、:::::、::\::::、__!_    やる夫さん達が何気なく出かけていく時に、その先で
       /::::::l::::|:::-/-l、:::::::{:::::::!´Ⅵ 、:::::\::Ⅵ:::::{    何が起こっていたのか
        {:::::,イ::::l:::/__ {\::::ヽ、::!,.ィrtォ\::、\:ヽ::l
       {:::::l l::::l下テ圷 \::{ リ ∨z(ソl::ト、}:∧::`!、    動物達が妙に殺気立つ時と、やる夫さんが帰ってくる時
.       、:::| |:::lハ 弋(ソ   \   `¨´ l/ン/::::::,::::::.    とが妙に重なる事も、その理由も……知ってたつもりだった
          ヽ! ヽ! ハ     '       /{::ト、:::::::,::::::.
      ,、/ Ⅵ!:{::ム    っ     イ::l:リ::::::::::::,:::::::.    でもそれは、お互いに戦うって覚悟を決めた人同士の
     {ノ-、   ,.´\!::>      イ:::|:::/:::::::::::::::,ヽ:::::.   争いなんだって……勝手に、そう思い込んでた
    / `¨O-,:::::::::::::::::::::::} ` ´   !::::!::::::::::::::::::::::::, \:::.
   /     >ノ⌒}//7´li       |\:::::::::::::::::::::::::::.  `\
 /    / =-、\!//! ト、       }! ̄77,-- 、::::::.
'´     /  \d、-..\j  !  `    ´ l{_ {///!  ノハ:::::.
    /    i\ ヽ-__`ヽO        O ∨/- '´r/ィ}::::::::.
   ,:'}   }   ;  `ヽ、 (_ )_,Oヽ、 ヽ  ,Oイ_,ィ__) / |:::::::::.
 //イ  /__/   /  `ヽ、r ヽ-,`ヽ'´/ {_//´ ヽ   !:::::::::{
_,/ _,/::::::::::,   {      ̄ o-、イ_, /     !  |:::::::::::.
_  //:::::::::::::::.  l        ∨ }       ;   !::::::::::::::.
  `  /:::::::::/:::::::!  ぃ        / ∨        /   {:::::::::::::::::.
    /:::::::::/,::::::::::.  `     //       /    !:::::::::::::::::::.
.  /:::::::::/ {:::::::::::.                 {    |:::::::::::::::::::::、



               ____
             /      \
           / ─    ─ \
          /   (●)  (●)  \    ……
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \


.
9698 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2016/03/06(日) 16:45:07.19 ID:E7ZcMKNF


                  '" ̄ ̄.:':":':':ー-='ェ:、::::::::::::_::ヽ、. _,....,_
              、_-----ー ''"´ ̄ ̄`ヽ、ヾュ、:;r'",>r;ジ;-‐ー'''"'"'‐
              `"'ー- 、.,__ _,.。:ィ::''"'ー、i.〉レr'"'"; ̄  ` ̄`"' ー-、
                 ,r'::::::::;:::::::::::::::::;r:::::::::::::::::::::、::::`':‐:、 -ー '"´ ̄
                .,.:':::::::/:::::::::::::::::i'::::i::::::::::::::::、::::、::::::`ヾ:;':.、_        正直ね?
                ,.:'::::::;r';ィ'::::::::::/:::::::{:::::i;:::::::::::::::::':::::'、:::::::::::::ヾ、':、
                ,:'::::::::/:'/::::::::::::j'::::::::/i;::::l、:::::::::::::::::::::}';:::::、:::::::::'ヾ;:'、      ルルーシュが最初、私とルルーシュの存在を隠して
               ,:'::::::::;/;:/:::::::::::::;'::::::::/ '、::i'.;:::::::::::::::j;:::j '、::::1:::::::::'; ヾ:、     聖杯戦争を戦うって言った時、ホッとしたんだ
             ,:'::::::::::j;::j':::::;r::::::::{:-ァ-、.,__';_!ノ!:::::::::::/!:/ .';:、:!::::::::::1 .':!
              ;'::::::::::;/:::!::;r;j:::::::::::r'゙_,.。..、,_ ヾ. i;:::::::/`"ーー'ijY:::::::::::}   i     自分、魔術師としては未熟者だし、戦士として育った
            ,:'::::::::;rj::::::l:j::::.l::、:::::::rシ''7;roiミ  .1;ノ'  ,rェo:、 _, !:i:::::::;'       わけでもないし、聖杯戦争を戦い抜けるなんて思ってなかった
         /:::::::;.:' .l:::::::i!::;r1::l、:::::ヾ、.'、'-'ノ     ;r' {.i;j.j1!´/:ji:::::/
          /:::::;r'  .i:::::::;:::::'、.i;j 'ij;::::'、  ´"       'ー' ./:/jl::/'        ルルーシュみたいに頭が良くないし、やる夫さんは私が
          /:::;:'   {:::::;'::::::::.ヽ' '、.ヾ:、 ' ' '     '    ' ' ' レ'./ '´         いなくても身の回りに事は完璧にこなしちゃうし、
       ./::/     l:::::i:::::::::::;:::`':'^、             ノ<            最初はライダーにおんぶに抱っこで、居場所がなかった
         ;':,:'     !::;':::::::::::_rー` ̄\    ,rー- ┐    ,.:':::::::\
        ,:/       ソ:::::::;r┘       ヽ、 'ー-- ' .,.rベ、::;::::;_::::`':‐.、,__  _,    でも、何だかんだでルルーシュは私を気にしていろいろと
       /'      ,.:':::::_;.ノ-   - 、j .j . `'.ー - .'/    `ヾ、:'ヽー-=-‐'"    話しかけてくれたし、やる夫さんも話してみればそこまで
           _,..r'"::;r' <,_        ∨       ;'     ヽ`丶;::`ヽ、       極悪ってわけでもなかったし、途中からはいろんな人が増えて
         ^'ー‐''^j    ^レ、,_   〉、_    l丶、/    ヘ.  ';::;:::::::ヽ、     拠点も大きくなって、やることも増えて……だから、気持ちの面で
              .,.:'|     .l  丶、_r'、 ̄`'iT'-='〈'^    r'^.  ト,、;:::::::::::ヽ、   は凄く楽になってた
             /:::.{.    ,:rー '" ´/^7j'==i:L、..r;大r-、.r'"    .j::ヽ`ヾ.;:::::::ヽ
          . /::::::1   /     / `   1}  ̄ヾ! '、^:、   .,':::;::::\.`ヽ:;::::':、
             ;':::::/^i  ./  ,、  . j___、_`     .',. ヽ   ,'::::;:::::;:::::':、 ヾ:;.';
           ;'::;:' ;':1 /  i.i   j三三三三ミニ===ョ! _.'、. ,'::;:::::;:::::;:::::::':、 .ヾj
           .j::/  !:::l { ,. r' '='ニノミ三三三f'シ'三三三ミ! ii l. ;':、、;::::;::::;::::::::::':,   `
             i/   {::::i. j,.r:l´  j三ミミ:、三三シ三三r-、ミj -''l.j ,::;:::::ヽ'ヾ、;::::::::::::'、
.           j.   l:::;:!.l三i  jェ:ミ;:゜三:!;;三三三三|.|:;--ijミ!ヽi':::;:::::::::ヽ ヾ、::::::.1
               1:::j,lミr'ー'ニr='^ー――ー==ミ:Lー.'ノミ!. 1'ヾ、::::::::::':、 .ヽ:::::::!
             .';::!i. く_  {              `i' `⌒フ!   \;::::::::':,   ':;:::}



               ____
             /      \
           / ─    ─ \
          /   (●)  (●)  \   (極悪だって思われてたんだ……)
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \



9699 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2016/03/06(日) 16:47:10.87 ID:mFNaxCvZ
残当

9700 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2016/03/06(日) 16:47:18.32 ID:+3C7ARBu
実際極悪だろw

9701 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2016/03/06(日) 16:50:52.10 ID:l8BjUheB
今でも極悪だろ?



9703 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2016/03/06(日) 16:56:15.36 ID:E7ZcMKNF


                     _
       _                 !;ヘ , ‐ 、
.     /:::::.ヽ           _   i! / - ‐ヽ
  /..::::::::::::::`i _  ,...::<::::::::::::`::;!./..:´-.:..、     でもそれって、今まで自分の都合が悪い事を見ないふりをして逃げてたんだ
  .!::::::::::::::::::::::::.ヽ`ヽ::::::::::::::::::::::/...:::::::::::::::::.ヽ
  .!::::::::::::::::::::::::::::i  i:::::::::::::::::::/.:::::::::::::::::::::::::::::ハ    ここにはやる夫さん達がいて、ここにいる限り敵は来ない
  .!:::::::::::::::::::::::::::i!  i::::::::::::::::/.:::::::::::::::::::::,、::::::::::i
  .!:::::::::::::::::::::::::::l /::::::::::::::/::::::::::::::::::::::/_ i::::::::::!    こちらが外に出ないかぎり、絶対安全なんだって
 /:::::::::::::::::::::::::::::!/.:::::::::::::::l::::::/l::::::::::::::!;;;`l::::::l、l
./:::::::::::::::::::::::::::::::ハ::::::::::::::::::! :/r.!::::::::::::::!;;;;/ヾ/     だから、やる夫さん達が帰ってきても何も知らないまま、何も知ろうとしないまま
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i:::::::::::::::::!/:::!ハ:::::::i、:::ハメ、_      お帰りなさいって笑ってた
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!::::::::::::::::::::::.ヽヽ:::l i/   i
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i 、::::::::::::::::/ `i      ./      外では、あんな事になってるなんて……自分が、あんな酷いことに関わってる
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::! `_iー‐´    `    /       なんて知りもしないでさ
::::::::::::::::::::::::::::::::i:::::::i ー -- - 、 r ‐ 、 _ ,'
::::::::::::::::::::::::::::::::ト、::::!       _冫
::::::::::::::::::::::::::::::::l !:::! ー -  、.(_ )
::::::::::::::::::::::::::::::::l !:::!::..   ヽ  ヽ \
::::::::::::::::::::::::::::::::l !:::!:::..    ヽ  ヽ ヾ 、
::::::::::::::::::::::::::::::::l !/       ..::::、  〉 ヘ ヽ
::::::::::::::::::::::::::::::::l i!        ..::::::i  \ i i




              _{_::::::/:::,.-:..、::::::::::::::::::::::::.
               /イ:ヽヽ-/:::,-..、::{::::::::::::::::::::::::::.
           /:/ {::, -マV:/ `ヽマ!_::::::::::::::::::::::::::..
           {/.イ:: ̄::`´::::::::::::::::i}::\:::::::::::::::::::::::::.
         ,..:´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::::::::::::.      ごめん
          ,:::´::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::ヽ::::::::::::::::::::.
        /::::/::::/::::::;'::::::::::::::::::::::::::、:::::、::::::∨::::∨::::::::::::::::::.     卑怯だよね
.       /::::/::::/::::::::l:::::::::::::::::::::/::::::!:::::::、:::::::、:::::∨:::::::::::::::::::.
     /::::::l::::::|:::::::::{::::::::::::::::::::ハ::::::|::::::::::,:::::::,:::::::i::::::::::::::::::::::::.   やる夫さん達の方がずっと辛い思いをしてる筈なのに、
     /イ::,イ::::::!:!:::::ハ:::::::::::::::::{ ',:::|',::::::::|:::::::|::::::}:::::,::::::::::::::::::::.   自分なんかが泣く資格なんて無いのに
      |::| {::::::|:|:::;' ,ノ::::::::::::::ト、_l::|_',::::::}::::::;':::::;':::::::,:::::::::::::::::::::.
      {::| ∨::|::}_l/_ \::::::::!  _リ__l:::イ:::::/、::/:::::::::',:::::::::::::::::::::.   一番安全な場所にいて他人事だった自分が……
.       リ,..-、‐、と'´`ヾ  \::| ´ ̄`i/j:::/ )}'::::::::::::::,::::::::::::::::::::::.
        / 、\\ヽ xx   ,  `   xx/i/イ、イ:::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::.
     / ヽ ヽヽ ヽト       __    /イ!{ヽi! :::::::::::::: |::::::::::::::::::::::::.
    ,  マ_ノ-イ-'込、  ( __゙')  イ { l_ノ//ヽ、::::: |:::::::::::::::::::::::::.
    /    / /∨/{  ` ー ´      ,//// \: !:::::::::::::::::::::::::}
    ,{    ´/´/   `ヽ、- 、    _,.. - ///    \::::::::::::::::::::::::|
  /::|    {::/ {     `丶、___,.... -´ ̄    / ̄ }:::::::::::::::::::: !
  /::::|    {/ Ⅵ       ,ィ介、           /    |:::::::::::::::::::: |
 ,:::::::;    |'  ,.. -―- 、,.. -―- 、      ,イ     |:::::::::::::::::::: |


.
9704 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2016/03/06(日) 16:58:43.79 ID:E7ZcMKNF


               ____
             /      \
           / ─    ─ \
          /   (●)  (●)  \   ガナハ、君は一つ思い違いをしているお
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \



     /::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\/Y´ _,    /
    /:::::::::::::::::::::::::,:'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヾ、     /
  /::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ ̄ ´
/::::::::::::::/:::::::::::/:::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::,:::-::::::::::::::::::::::::::::.
::::::::::::::/:::::::::::::/,::::::::::::::::/:::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
::::::::/:::::::::::::::/:{::::::::::::::::/:::::::::::::::::::/:::::::::::::::::,:::::::::::::::::::;:::::::.
:::::/::::::::::::::::::/::::i::::/ヽ/:::::::/::::::/:::::::::::::::,..イ:::::::::::::::::::;:::::::::l
::/::::::::::::::::::/:::::::|::{ /},/::::/:::::::::/:::_,::  ´ /:::::/::::::::::::::/::::::::::i     え?
/:::::::::::::::::イ::::::::::,::Ⅵ_{::://:::::,.イ=-、 \_ /:::イ::::::::::::::/:::::::::::::;
::::::::::::::::/::|:::::::::/::::Ⅵ!/ l/l:/ と)ト孑、 //:::::::::::::/::::::/:::::/
:::::::::::::/:::::|::::::::{!__ノ{ |   リ    `゚ /:::::::::::,..イ /:::::/:::::/
::::::::::/::::::::|::::::::l:::l }∧          /- '´ ̄_`ヽ{:::::/:::::/
:::::::/:::/_l:::!::::::::|:/  、           弋刋/l:::/!:::/
:::::/77 }::::::::::::{      、        -'  イ/ /イ /
::://∧ |:::::::::::|        、  ´ヾ'   _/::::::{ /`ヽ、
:/∨/∧}:::::::::::{        /`ー -―= ≦:::::::{_::::l { ハ-┴、
{_\//|:::::::::::|      {  //\::::::::::::::::{ ヽ::!{_/ ,.-、 }
== ̄ !:::::::::::{      ,  {//! \:::::::::::.、 ヽ { / ̄_`}
      |:::::::::::l           l//{_/`ヽ、:::}.  ヽ!,-'- l
      |:::::::::::|\        //== ´`  \:ゝ, ´ー‐、 }



9707 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2016/03/06(日) 17:04:31.79 ID:E7ZcMKNF


              _______
           /´          .: ̄: : :.::::ヽ
          /⌒ヽ    /´⌒``ヽ:: : : ::: : : :.\.
        /                   \: : ::: : : : : .\.
       /⌒、      /    \   ゙ ..: ::: : : : : : : . \         他の連中はどうかは分からないが
      i -ーl      l ー一   l  .::::: ::: ::: : : : : : : : : .\.
    /            \    /  .:: : :::: : : ::: : : : : : : : : : .\      やる夫は今回の件
   /    、       、      .:: : : : :::: : : :: : : : : : : : : : : : \.
  /  |   ヽ         )        : : : :: : : : : : : : : : : : : : : : .\   なぁんにも辛いことなんて無いお
  /  ヽ、__/ \___,ノ         ::: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
 /      )       /          ::: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::|   自分がキッカケで無辜の民が何万に死にました
 |       /   ,r‐r‐/          ..:: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.:|
 l      (___/_,ノ            .:: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :|   そうですか、くらいにしか思っちゃいないお
 ヽ    ヽ                  .:: ::: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.:l
   \     ー ─          .:: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.:/    やる夫達にとってはその犠牲が必要だった
    \                    ..: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::/
      \                 .: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::/      それだけの理由があれば、罪悪感を転嫁しちまう
        \、         ..:: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :/       なんてこの極悪人には朝飯前だお
         ``ー-      :: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .\
           /       :: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.\.




             |\  r-/:::::::::::ヽ/、
             {  \/::::::::::,:::´::/  }:.、
        ,ィ 三ミ、! _ \__/::_/__,/ /:::::.
       /_,...-...、\}:::/⌒ヽ }__/::::::::::.
      /:::::::::::::::::::::::::::::'--、::::::::}:\::::::::::::::::::::::.
    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::.      で、でも……
    ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::∨:::::::::::::::::::.
   /:::,::::::::::::|::::::::::::::ト:::::::::ヽ::::::::::::::::ヽ::::::!::::::::::l:::::::::::.     ソニー・ビーンの時はやる夫さんだって―――
   |::/!:::!:::::::l::::::::::::::::、\:::::::\::::::::::::::∨{::::::::::{:::::::::,::::、
   {:! |:: !:::::::ト、:::::::ト、::!_\::}、::::::::ト、:::Ⅵ::::::::::|:::::::::ト::::::.
    {:::ト,:::下弍、::{ ´ ,ィ笊ミ、ヽ:::::!- ト:}::::::::::{:::::::::::,\::ヽ
     ヽ:i Ⅵト、{じ\   弋z)ソ   Ⅵ^l /::::l:::::::::l::::::::::::{ \::.、
         } ,  _       , -イ::::::;::::::::::!::::::::::::::.
.         八  ∨ `ヽ    /{:从{:::::/::::::::::l:::::::l:::::::::.
            ,:\ ヽ   ,!  / !、_:/:::::::::::::|:::::::{:::::::::.
        /:::::/>`二 ィ    /// `ヽ、:::::::|::::::::|、:::::::.
         /:::::::{ //!  }    {//!  / ̄ヽ、::::::! 、:::::.
       {::/::/`ヽ/{        ///!/ィ ̄ ゙´ `ー、 \::.
       lイ::/ ̄ヽ\  _ ///イ/        `ヽ、
        }:::{   \ ̄二 ̄ ´            /、


.
9708 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2016/03/06(日) 17:10:05.54 ID:E7ZcMKNF [11/44]


           _____
          /        \
        /           \       そりゃ自分が直接手を下せば思うところはあるだろうさ
       /   , --、      ,.-- 、  \
     /    ., ーヽ   ,'. ー-、    \     けど、今回はやる夫達が直接手を下した訳じゃない
    /      ( ● l    l ● )    \
    |         `ー ノ    ヽ.ー '       |   確かにやる夫達はキッカケにはなったが、それに加えて余計な犠牲を
    |      '⌒(____人____)⌒`     |   膨れ上がらせたのはあの場に残って戦い続けた連中だお
    \         `ー--‐´        /
      \                  /     他人が犯した殺しまで背負う気なんてさらさらない
       /                〈




                            ___
                            /:::::::::::::::::::::\
                        |⌒ヽ _ /::::::::::::::::::::: , ´ ̄ ̄ ̄|
                        | 、_  ̄\:::::::::/         |
                   , ⌒ヽ   /`ヽノト、/     /}  /\
                  /    人\__{ ___」   )〉    /  ′ /::::::::\
                  /    イ ::::: ̄∨ ::::::}! ̄ ̄ ` x'  _/:::::::::::::::.ヽ
              ,′ , .::::´ ̄ ̄  `:::::::::}!::::::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::.‘
               / / :::::::::::::::::::::::::::::::::::::'::::::::::::::::\::::::: , :::::::::::::::::::::::::::.'
              /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: \:::}::::::::::::::::::::::::::::::|
              /, ' ::::::::::::::::: / :::::::::::: i:::::::::::::::: |:::::::::::::::::ヽ ::::::::::::::::::::::::::: |    そんな……
.          _ イ У::::::::::::/:::::::/::::::::::::::::::|::::: l:::::::: |:::::::`:,:::::::::':::::::::::::::::::::::::::: |
              /::::::/:::::/ :::::::ハ ::::::::::::::: |::::: ト、::::::l ::::::::::l::ト、::l :::::::::::::::::::::::::: |
              |::::::::::::::i::::::チ┼ャ':::::::::::::|`ヽL _ヽ厂ヽ ::|:::,::}:|:::::::::::::::::::::::::::::|
              l:::::::|::::::l::::: l |! V::::::::::::|イf丐气`Y l :::レ /:リ:::::::::::::::::::::::::::::|
.             ' ::::{::::::ト、:::{y===ミ :::::::::| c,乂ソ-っ } :/:/ :::::::::::::::::::::::::::::::: |
              ,:{::/⌒ヽ.     \ :::{   ^⌒ .:::::.,:7:/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
               / ` ー厶 .:::::. ' `ヽ      イ {∧_:_::_:_::__ ::::::::::::::::::: |
            /  ̄ ̄j(__ 〉  r - ‐ ´`ヽ ,   V /////从 ー 、 :::::::: |
              /  ̄ ̄ン  , 个s、 ゝ ─  ^´/   ∨ ////∨    \::::|
           /} ィ´ ノ  ´ ////〕iト  _  ィ      //////∨ : : : : : : ∨
.          //{      _ イ ,/////!          //////∨ : : : : : : : : }
          / j!  _ イ: :|: ://////| \   _ / //////∨ : : : : : : : : : }
.      /: : :.{!    jl: : l ///////|       //////∨: : : : : : : : : : ,
  _ イ: : : : : : 、     /: : / l////// |\   __ ィ /////∨ : : : : : : : : : /
/: : : : :.{.: : : : : :. :.ヽ  /: : / : |//////リ  ´ ̄ ̄ソ/////∨.: : : : : : : :. :./
.: : : : : :.∧.: : : : : :. : . Y: : /: : :.|//////         {/////∨ : : : : : : : : : ′
 .:.:. : : : : :\: : : : : : : |: :/: : : :.|/////′\ _/  j}////∨.: : : : : :. :. :./



9710 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2016/03/06(日) 17:17:26.49 ID:E7ZcMKNF


               ____
             /      \     泣くなとは言わんお
           / ─    ─ \
          /   (●)  (●)  \   泣いたら気持ちがすっきりするから、むしろ泣いたほうが良い
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/   それに、お前みたいに真っ当な人間に泣いてもらった方が、彼等も報われる筈だお
          /     ー‐    \




           ____
         /      \     ガナハ、お前の手は真っ白だ
        /  ─    ─\
      /    (●)  (●) \   誰の血もついてない、生まれたまんまの綺麗な手だ
      |     (__人__)   |
       \     ` ⌒´   ,/   そんなお前だから、誰かの罪に涙する資格がある
      ノ      ー‐   \




       ____
     /⌒  ⌒\      見てみろ、やる夫のこの手はもう何百人と無く殺したせいで真っ黒だ
    /( ●)  (●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\    こんな汚れた人間が、他人様の罪を泣いたり笑ったりなんて出来ないんだお
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /    だから、自分の罪もひっくるめて考えないようになる……人でなしの出来上がりだお



9712 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2016/03/06(日) 17:26:35.06 ID:E7ZcMKNF


.          /                 ヽ
.           /                   '      泣く資格が無い、と言ったな
.          , ,                 ',
        i ゝ ̄ ''ー-                !      そんなことはない
         {   {__  ヽ              }
.         ',   マj  ̄ノ           /      お前はこの場にいる誰よりも、あの場で起こったことに涙する資格がある
         ゝ  `   ´           ∠ _
         { i                ,ィ´::::::::::::::`ヽ    非道を非道と理解し、悪を悪だと認識できる人間が泣いてやらねば、
           ゞ.、 _   ノ       ィ/:::::::::::::::::::::::::::\   悪逆非道によって命を落とした魂を弔うことなんてできないお
.            `ヽ  ̄     ,.ィ≦/::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
             ` ー-  イ:::::::::::,{:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\     だから、他人事だったことに罪を感じることはない
                    }:::::::::::, ト、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.,
                    j:,ィ彡:::::::::ヾ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',     やる夫はむしろ、そうであってくれた事に感謝するお
                     /:::::::::::::::::::::::::\:::,ィ":::::::::::::::::::::::,.ィ≦`ヽ
                 {:::::::::::::::::::::::::,.::ィ:´::::::::::::::::::::::::,.イ /   ハ
                    !::::::::::::::,.:ィ.:´::::::::::::::::::::::::::::/ /´      i
                   |:::::,.ィ.:´:::::::::::::::::::::::::::::::::::/  /        |
                  |:::{::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|  |          |
                      }:ィ!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:|  |          |
                    !ハ::::::::::::::::::::::::::::::,.ィ´:::::!  |          |
                    /  ゝ.::::::::::::::::::::,.ィ´:::::::::::|  |          !




     /::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\/Y´ _,    /
    /:::::::::::::::::::::::::,:'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヾ、     /
  /::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ ̄ ´
/::::::::::::::/:::::::::::/:::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::,:::-::::::::::::::::::::::::::::.
::::::::::::::/:::::::::::::/,::::::::::::::::/:::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
::::::::/:::::::::::::::/:{::::::::::::::::/:::::::::::::::::::/:::::::::::::::::,:::::::::::::::::::;:::::::.
:::::/::::::::::::::::::/::::i::::/ヽ/:::::::/::::::/:::::::::::::::,..イ:::::::::::::::::::;:::::::::l
::/::::::::::::::::::/:::::::|::{ /},/::::/:::::::::/:::_,::  ´ /:::::/::::::::::::::/::::::::::i    でも……それじゃあ自分は……
/:::::::::::::::::イ::::::::::,::Ⅵ_{::://:::::,.イ=-、 \_ /:::イ::::::::::::::/:::::::::::::;
::::::::::::::::/::|:::::::::/::::Ⅵ!/ l/l:/ と)ト孑、 //:::::::::::::/::::::/:::::/
:::::::::::::/:::::|::::::::{!__ノ{ |   リ    `゚ /:::::::::::,..イ /:::::/:::::/
::::::::::/::::::::|::::::::l:::l }∧          /- '´ ̄_`ヽ{:::::/:::::/
:::::::/:::/_l:::!::::::::|:/  、           弋刋/l:::/!:::/
:::::/77 }::::::::::::{      、        -'  イ/ /イ /
::://∧ |:::::::::::|        、  ´ヾ'   _/::::::{ /`ヽ、
:/∨/∧}:::::::::::{        /`ー -―= ≦:::::::{_::::l { ハ-┴、
{_\//|:::::::::::|      {  //\::::::::::::::::{ ヽ::!{_/ ,.-、 }
== ̄ !:::::::::::{      ,  {//! \:::::::::::.、 ヽ { / ̄_`}
      |:::::::::::l           l//{_/`ヽ、:::}.  ヽ!,-'- l
      |:::::::::::|\        //== ´`  \:ゝ, ´ー‐、 }



9713 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2016/03/06(日) 17:35:25.52 ID:E7ZcMKNF


               ____
             /      \     見てるだけなのが辛いのは分かる
           / ─    ─ \
          /   (●)  (●)  \   でも、やる夫はお前にだけは当事者になってほしくはない
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/   それが、やる夫の正直な気持ちだお
          /     ー‐    \




       ____
     /⌒  ⌒\      何も知らずに脳天気に「お帰り~」って言うことの何が悪いんだお
    /( ●)  (●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\    いいじゃないか、それで
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /    少なくともやる夫は大歓迎だお




          / ̄ ̄ ̄\
        / /     \ \    ……身勝手かもしれないが、そういう言葉で救われた気になる奴もいる
       /  (●)  (●)  \
       |    (__人__)    |   だから、それを取り上げないでやってほしいお
       \    ` ⌒´    /
       /              \



9715 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2016/03/06(日) 17:40:15.44 ID:E7ZcMKNF



                            ___
                            /:::::::::::::::::::::\
                        |⌒ヽ _ /::::::::::::::::::::: , ´ ̄ ̄ ̄|
                        | 、_  ̄\:::::::::/         |
                   , ⌒ヽ   /`ヽノト、/     /}  /\
                  /    人\__{ ___」   )〉    /  ′ /::::::::\
                  /    イ ::::: ̄∨ ::::::}! ̄ ̄ ` x'  _/:::::::::::::::.ヽ
              ,′ , .::::´ ̄ ̄  `:::::::::}!::::::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::.‘
               / / :::::::::::::::::::::::::::::::::::::'::::::::::::::::\::::::: , :::::::::::::::::::::::::::.'
              /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: \:::}::::::::::::::::::::::::::::::|
              /, ' ::::::::::::::::: / :::::::::::: i:::::::::::::::: |:::::::::::::::::ヽ ::::::::::::::::::::::::::: |    ……
.          _ イ У::::::::::::/:::::::/::::::::::::::::::|::::: l:::::::: |:::::::`:,:::::::::':::::::::::::::::::::::::::: |
              /::::::/:::::/ :::::::ハ ::::::::::::::: |::::: ト、::::::l ::::::::::l::ト、::l :::::::::::::::::::::::::: |
              |::::::::::::::i::::::チ┼ャ':::::::::::::|`ヽL _ヽ厂ヽ ::|:::,::}:|:::::::::::::::::::::::::::::|
              l:::::::|::::::l::::: l |! V::::::::::::|イf丐气`Y l :::レ /:リ:::::::::::::::::::::::::::::|
.             ' ::::{::::::ト、:::{y===ミ :::::::::| c,乂ソ-っ } :/:/ :::::::::::::::::::::::::::::::: |
              ,:{::/⌒ヽ.     \ :::{   ^⌒ .:::::.,:7:/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
               / ` ー厶 .:::::. ' `ヽ      イ {∧_:_::_:_::__ ::::::::::::::::::: |
            /  ̄ ̄j(__ 〉  r - ‐ ´`ヽ ,   V /////从 ー 、 :::::::: |
              /  ̄ ̄ン  , 个s、 ゝ ─  ^´/   ∨ ////∨    \::::|
           /} ィ´ ノ  ´ ////〕iト  _  ィ      //////∨ : : : : : : ∨
.          //{      _ イ ,/////!          //////∨ : : : : : : : : }
          / j!  _ イ: :|: ://////| \   _ / //////∨ : : : : : : : : : }
.      /: : :.{!    jl: : l ///////|       //////∨: : : : : : : : : : ,
  _ イ: : : : : : 、     /: : / l////// |\   __ ィ /////∨ : : : : : : : : : /
/: : : : :.{.: : : : : :. :.ヽ  /: : / : |//////リ  ´ ̄ ̄ソ/////∨.: : : : : : : :. :./
.: : : : : :.∧.: : : : : :. : . Y: : /: : :.|//////         {/////∨ : : : : : : : : : ′
 .:.:. : : : : :\: : : : : : : |: :/: : : :.|/////′\ _/  j}////∨.: : : : : :. :. :./




      ___
    /       \
   /          \     ……すまん、邪魔したお
 /   ノ  ヽ、_    \
 |   ( ●) (● ).     |   下にいるから何かあれば、なんでも言ってくれお
 \ l^l^ln__人__)     /
  /ヽ   L⌒ ´
      ゝ  ノ



9716 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2016/03/06(日) 17:44:01.86 ID:E7ZcMKNF


            |                    |;;;;;:;;;;:;::::::::::::::::::::::::::::::::::| |
            |               :;.        |;;:;;;;:;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::| |
            |                    |;:;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| |
            |  .:                  |;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| |
            |                    |  . ::::::::::::::::::::::::::::::::::::| |
            |         ,              |      ...:::::::::::::::::::::| |
            |                   '    |        . ::::::::::::::::| | .
            |                    |         :::::::::::::| |
            |                    |         .   '   :::::::| | ,
            |                    |            ::::| |
            |_____________|         ,   :l.,|___
            |
            |         '"
______|       .:::::';  .:
  ,';:.                                     ,;::' .:
     '                                       '



      / ̄ ̄ ̄\
    / /     \ \
   /  (●)  (●)  \   ……はぁ
   |    (__人__)    |
   \    ` ⌒´    /
   /              \




                ,ィ
            __/ /)   .> ´  ̄ ̄` <
           / ニニア ァ /         \
            __i }, ./ /            ',   ',
       ,,..ィi ー- ..,, ノ    /  /  /    i   i
      i:::ー-- =彡!  ,'  ,'  .i   i    !   !    どうした
      |:::::::::::::::::::/   ,  | . | ! |  !  ハ!. |. ,
      j:::::::::::::::::/   !  | i ト!ヽ!ヽハ /ィァ !/     上手くフォローできなかったか?
      ,:::::::::::::::::/     ,   | ム ヽ=zzァ   ゞ'ハヽ
      /::::::::::::,::::i   ./    !  }}ヾ   、 _' ハ⌒゙
     ,::::::::::::::::::/   ./  ___/ r:||__.> __ ..イ-、 ',
     }::::::::::::::イ:ー--=≦::::::ヾー'::||:::::8::} { ヾi:::/ー-、
     `''<:::::::::::::::::::::::::::\::::::ヽ::||:::`''7  _く:::ヾ:::::}:',
        `''<::::::::::::::::::::::::::::::::::!!:::::::{ ` ′ }:::::∨::::〉
           `/ ̄ ̄ `ヾ::::ノ::||:::::/、   _ノヽ::::',:ハ
            /      }:::::::::||::::::} ー、ヽ}  ';::::',  ,
           ./        !::::::::i!:::::::|    }.   ',::::i  ',
         ,        }:::::/八:::::!   .イ、 __..ィ:::!  .',
          /    /    ノ:://::::::`::!   ´ j   /:|:::!   ,
        ./    /     /:::〃::::::::::::;   {  ./:::|::{
          ,   /      >..、::::::::::::{       ム |:::',
             /    ,..-\:::::::|   !   イ、 !:/.    ',
               /  ./   \::!      ヾミ      ',
        i           〉、        }    /V!      ,
        |          /::::::\     /i:',   ./ヾ 〉   |   i

.

9717 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2016/03/06(日) 17:46:45.22 ID:E7ZcMKNF


      / ̄ ̄ ̄\
    / _, 、_ \
   /  (●)  (●)  \   聞いていたのかお?
   |    (__人__)    |
   \    ` ⌒´    /




                    > ´  ̄ ̄ ̄ `  ┐
                     /            |ヽ
                    /   / ,          |  ',
               ,'     ,'  /  /   i   |   ,    まさか
                /    ,   /  /  / !   ,.   ',
              ,   ,: i   !  /_/  |  /   i  ,    お前の顔に書いてあっただけだ
             i  ./  !  .| ./|/|/ メ ! ./ ! / .i !
             |  / r |   |/ マ弋 iメ |/|/レ'  ハ|    お前もほとほと真面目過ぎる奴よな
             |   { !   {        ィ= |  /  !
             |   ハ _ト ゞヽ         ゝi !/      女は一つの真言よりも百の麗句を好むもの
                  !  /   | |.      、 _  ハ
                ,  '     | | ヽ        .イトト-ゝ      適当にその女が欲しがっている言葉を投げかける
             ,   __| |___ >.. __/i  |        だけでそこそこ上手く舵を取れるというのに
             /    |::::::::::| |:::oi  {  ̄ioi |  !
              /  __ri::=-::::! !::o|__ ー |:::!ー- | ...、
           /,,.ィ´::::::::::://::| ;:::::::{ {  ヾ::\::::::::::::::\



9719 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2016/03/06(日) 17:53:28.58 ID:E7ZcMKNF


      ___
    /     \
   /  _ノ '' 'ー \     それが出来るのであれば苦労はしないお
 /  (●)  (●)  \
 |      (__人__)    |
 \      ` ⌒´   /




             /    /
                /   /   /  /           ヽ
            /  /    /  /            |   ',
             ,' .,      /   '  /         !    ',
          , /      '   .  / /、.イ     ,    ,    だろうな
           |   i    .i    i / ∠i/ヽ!    /   , i
          i   |    |    |ハ{杙沙ミ、   /i   / !    お前は女に「一生幸せにして欲しい」と言われて、
           |   |    !  i   !        !  イ=-、  .イ  ,    すぐに「一生幸せにしてみせる」という模範解答
           |   |    |  ハ. |     -彡 ´ ゞツ !/ ,  ,     が出せぬ糞真面目な性根よ
             ,:   |    |  ,  ヽ!         ´   ノ  ノ /
         /   i!   .!ヽ{       、      / ̄/ /      それどころか、「いやそれは約束できない」などと
           /    .i!   .! ヾ ヽ       ´  イ ./ ´        一周回って頓珍漢な答えを出すだろう
          ,:    ハ  .!      \    .イ  , /
       /     /  ,   |     /⌒ ー ´ }/ {/           人間として信頼はできるが、牡としては劣等
        /   /   i   !    ,  i     ',
         /    |  ',    {ヽ人  {   ,           まぁ、それを見抜けるか否かで女の質が問われる
    ./  /ノ⌒i    | i ',    ! \  ヽ.  ',ー- .、       訳でもあるのだが
 -‐ '' -‐ ( 〃 ./⌒i_  ! |  ,     r-、     ',.   ヽ
       (_ ノ  / ) | .|  ',   r-ヽ ヽ     ,    ,
         ゝイ  /´ |  !  .V⌒ヾ.  ヽ  }、    ', .  ',
          ゝイ   |    ',.  !、.  )-'! ヽ    、i.  i
             乂_ |      ',__ノ `¨  /  `ー-.、 ',  !
               |     ,   \ /      ヽ、 ',  、
               |     iー-- ヽ}        \.!  i
               |     |     、         ∨  !

.

9720 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2016/03/06(日) 17:56:17.82 ID:PnKAzMeQ
牡としては劣等wwww

9721 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2016/03/06(日) 17:58:07.11 ID:mFNaxCvZ
誠実とも言えるが朴念仁でもある

9722 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2016/03/06(日) 18:02:21.77 ID:JIlcFqif
基本的に自己中だしなぁ



9723 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2016/03/06(日) 18:07:42.69 ID:E7ZcMKNF


          ____
        /     \
       /  ─     \    そういうお前は、どうなんだお?
        ' (●)       \
      (l、__)          |   牡として劣る奴の相手が随分好きなようだが
        ⌒´         /
       `l          \
        l           \




                          -- ― --
                    > "´            `゙ <
                    /    i´ ̄               \
                          |         ヽ
                /      |    i        ',.    ', ∨     分かっておらぬなぁ
                  /     i  |    i!   }     i     ', ∨
               ′   .i |   |  |  ハ. ∧   .|  .}   \     優れた牡とは、兎に角自分の種を撒き散らす
                i    | |  ハ  { i .} /, -}  ハ. ∧  ト __ >
                |     | |. /- ヽ ', | j/ ,.ィ==ミ、!/ i\{  i      自分が好きで、自信に溢れ、人より優れて
                  jハ  i  | |/ィffミ、\{  " .乏弐ア  } ト }  |     いなければ気が済まず、他者を蹴落としてでも
              / .} |  | |マ 泛ソ}   \    , , ノ   , ソ八 ,     自分が這い上がるような性根よ
                | .ハ i!从 , ,  j        / / /イi.__  ',
                 j/ ∧ {  \        ,   /イ  /i | |  i  ,    元より高みに座るこの我が、そのような連中と
                / , j/ `ト-`  ー   ´   ノ ./ .|.{_{_}.  ',    戯れて喜ぶ筈がなかろう
                 /  i!  { 込         / /  |  i    ,
                   /  . |、  ',  ≧:.. _ .イ j/!  |  |        己の汚れを振りまく汚物より、己の汚れを
                     ,..| \ ヽ__ ノ} }      |  .!  |     ',   うちに秘めひっそりと佇む糞袋のほうが、余程
                 ′ / ,   }ーr-- 一     r_|  {           ,   そばに居て安らぐというもの
                    ,   /  ./  ゝ--<     (__{  ', ` <       ,
            /  /  /  /  乂__ノ、    r< ',  :、   `ヽ.   ヽ     半端な牡など見苦しいだけよ
          /   ,  /  /    (_ ノ }'⌒'i'   ト. ヽ  \    ∨   \
         /     i/  /  |     乂__人__人__ノ ー\   \  }     \   自らを飾るにしろ、せめて道化程度には
       /     /  /    j/   /         ',    \   \ i       \  愉しませてくれねば傍に置く気にもならん
      /  〃  / イ      /    .,′   、   ,  \. \} \   ` ー--  .、   \
    /  //  / / .!    ′    .′     Y     ヽ ヽ   `''ー- _   ヽ   \
      / ./  / /   .|   _i      .i        |      ',   :、   i    ヽ   ,
    /  /  / {     |  ノ {      |        i!       ,  ',  |     ',   ',
        ,   {  i       _ゝ-ヘ     {      .′        }   }   !      }  }
      ./    i! |.   i! ゝ<´_ヽ    ',       .イ         ,   ハ  ,      ノ  ノ
          , ',   .|    ゝ-->:.. _ヽ_ .:<         /  '       / /
     {     \ \ !    /          >:.. _ ∠ ..イ    |   / /
     i      \ \    ′               __j      .i!  /   /
     |        \ \                ''"´       / /   /



9725 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2016/03/06(日) 18:15:18.78 ID:E7ZcMKNF


         ____
       /      \
      / ─    ─ \     そいつはどうも、恐悦至極
    /   (●)  (●)  \
    |      (__人__)     |    さて、こいつが工房に上がり込んだからには、
     \    ` ⌒´    ,/     一つくらいお眼鏡に叶うものを作らないと居座られるお
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |



 【 安価 】
  やる夫が生成したモノの出来栄えは?
  安価↓5まで 1D20の合計で判定



9726 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2016/03/06(日) 18:15:59.30 ID:0Z+2kviP
【1D20:9】
今度こそ

9727 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2016/03/06(日) 18:16:22.73 ID:ws8Wo0d3
【1D20:15】
でかい目来い―

9728 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2016/03/06(日) 18:16:24.37 ID:JIlcFqif
【1D20:7】

9729 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2016/03/06(日) 18:16:32.09 ID:BIkHrtU+
【1D20:17】

9730 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2016/03/06(日) 18:16:40.38 ID:AGGSPgL1
【1D20:11】




9741 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2016/03/06(日) 18:23:40.81 ID:E7ZcMKNF


         /  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
        /             \
      /   U              \
    /                       \
   /.      ―― 、   , 、――     \
  |                          l
  ..|.      ( ● ) ノヽ  ( ● )       |
  |.    し   ´"''",       "''"´         l
.  \.         (    j    )       /
    \      `ー-‐'´`ー-‐'′     /
    /ヽ               イ\
   /       ``ー- -‐'"´        \
                               \








                    > ´  ̄ ̄ ̄ `  ┐
                     /            |ヽ
                    /   / ,          |  ',
               ,'     ,'  /  /   i   |   ,
                /    ,   /  /  / !   ,.   ',
              ,   ,: i   !  /_/  |  /   i  ,
             i  ./  !  .| ./|/|/ メ ! ./ ! / .i !
             |  / r |   |/ z==ミ |/|/レ'  ハ|
             |   { !   {        ィ= |  /  !
             |   ハ _ト ゞヽ         ゝi !/
                  !  /   | |.       {   ァ ハ
                ,  '     | | ヽ     ` ´ .イトト-ゝ
             ,   __| |___ >.. __/i  |
             /    |::::::::::| |:::oi  {  ̄ioi |  !
              /  __ri::=-::::! !::o|__ ー |:::!ー- | ...、
           /,,.ィ´::::::::::://::| ;:::::::{ {  ヾ::\::::::::::::::\
           /:::::::::::::::::メ/://:::::::::} }、  ' \:::ー==、::::::ヽ
         ,. i::::::::{ {::::::::::',:://:::::::::::ハ ',    iト、::::::::{:::::::::i
         / |::::::::ヾ;:::::::::://:::::::;:::::::ハ ',   、. || {::::::::',::::::::{
          /  .!:::::::::::ヾ::::://::}:::/::::::::::::ヽヽー、ヽ.!| \:::::\::',
       /  ∧:::::::::::::∨/:::::!::i:::::::::::::::::::ヽヽ `i |.  ヾi:::::::::',:',
      ./  / ∧::::::::://:::::::::{-、:::::::::::::::::::} }  ヾ!  ||::::::::::!::',
      /  / / .∧:::://::::} }:r'_ノ⌒ヽ::::::::::| |   i}   リ::::::ノ、:::',
      ,      /  .〃:::::::{ {::::ゝ彡⌒ヽ、::ノノ   /  ムイ`ヽヽ:',
    ./        / ヽ:::::::ヾ、::::ゝ'  ̄ ヽ` ̄>.::´:::::::::::<_ i__}::',
               /   \::::::::}}::::::`⌒::::::::::::::::::::彡:::{」::::::::::|ノ::::::::',
           /       \::::`ヾヘ::::ィ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::〉


  鉄を打つ瞬間、この男はこの世の全てから解放されたようになる。

  自分が人間であることを忘れ、肉の塊であることを忘れ、自分そのものすらも忘れたかのように、そこには何もない。

  何もないが故に、あらゆるものが在る。

  この男の危なっかしい生き方も嫌いではないが、何よりこの瞬間の在り様が実に美しいと彼女は思う。



9745 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2016/03/06(日) 18:36:23.53 ID:E7ZcMKNF


                         /
                         ,
                            i                         ,. -=、
                             |                     |` ̄ ',
                       ,.i _                       | -ー i
                     > ´\   ` <                   乂 __,,.ム
                  >/´      \  }  ヽ                ノ )/ /
               > ´ /   i  ',   ', ト、   ',                 j { 彡ヽ
              /          {  i ハ. ト{rャ∨ ヽ                 i   ,ゝイノ
                 /   /    .ハ |,.ィ V  ´ i从__ゝ            ', (_ ,..イ                     _
            人  / / .{ i ト.  V 沙′ `   } |              ヽ   ノ                  > ´
              / /`ー{ {-、乂! i ', ヽ     _,.イ  ! 乂_            {三三}                   , ´
         /  }   ヾ  \| ハ \__-ィ     ノ     三ミ、         ',   V             /
        /    ハ      ヾゝ',   ⌒ヽー = ´乂 r≦ミ ̄ ̄ ー- ..、       ,.   ∨           /
      /   ./.  ヽ       ヽ乂 ミー ミ、__r''{⌒Y ヽ_) ̄`ヽ    ヽ\  __!    ∨          /
     /           \       ` ̄ ̄ `ー-..、 、ゝ_ゞ'  ー- 、 ',     ',. ト、i |     V       /            / ̄ ̄`ヽ
   /              \               ', iヽ..,,_    ヽj      !_j } ハ    ∨
   /´  ̄ `ヽ          {\     ー- .,,   } }     ̄ ̄  ',. i  八ー-'.  ヽ.    }ヽ  /
  ./      ',         ', ヽ         //           i ||    { ` ̄ゝ=ー-  ソ                  ,′        ',
  ,          ',           i   \  \  ',  //             ノ | .!    ヽ       /                /            ,
                    ノ    } ー-ヽ }.//   ゝ      イ               /                    /               i
           i      /     !     ヾ{ {                          ,
           |     /       ノ      ヾ }                       /                   ,
           |    .,      /        ノノ >- ..,,       /       ′                 /
           |   /     /  {       ( (      >- ..,,   i        /                  /
           |   {     乂  ヽ     ヽヽ         ヽ..,,,_ /   /                   /|
           |   ゝ _     ヾミ 、     ヾミヽ             ー- .. {                     / .!



  出来上がった作品を見るだけでなく、それが生み出される過程も含めて彼女のお気に入りだ。

  この甲高い音を聞いていると、自分の深い深い場所へ還っていくような感覚になる。

  初めて気付いたのは、一体いつの頃だったか。

  彼女の肉体にそのような記憶はなく、まるで突拍子もない感覚であったが、それを裏付ける仮説を即座に
 用意したのは、流石は原初の英霊の頭脳と言うべきか。

  むしろ借り物の肉体であって尚、これ程まで彼女の精神に影響を及ぼすとは、と呆れ返るべきだろうか。



9747 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2016/03/06(日) 18:46:48.42 ID:E7ZcMKNF


                          -- ― --
                    > "´            `゙ <
                    /    i´ ̄               \
                          |         ヽ
                /      |    i        ',.    ', ∨
                  /     i  |    i!   }     i     ', ∨
               ′   .i |   |  |  ハ. ∧   .|  .}   \
                i    | |  ハ  { i .} /, -}  ハ. ∧  ト __ >
                |     | |. /- ヽ ', | j/ ,.ィ==ミ、!/ i\{  i
                  jハ  i  | |/ィffミ、\{  " .乏弐ア  } ト }  |
              / .} |  | |マ 泛ソ}   \    , , ノ   , ソ八 ,
                | .ハ i!从 , ,  j        / / /イi.__  ',
                 j/ ∧ {  \        ,   /イ  /i | |  i  ,
                / , j/ `ト-`  ー   ´   ノ ./ .|.{_{_}.  ',
                 /  i!  { 込         / /  |  i    ,
                   /  . |、  ',  ≧:.. _ .イ j/!  |  |
                     ,..| \ ヽ__ ノ} }      |  .!  |     ',
                 ′ / ,   }ーr-- 一     r_|  {           ,
                    ,   /  ./  ゝ--<     (__{  ', ` <       ,
            /  /  /  /  乂__ノ、    r< ',  :、   `ヽ.   ヽ
          /   ,  /  /    (_ ノ }'⌒'i'   ト. ヽ  \    ∨   \
         /     i/  /  |     乂__人__人__ノ ー\   \  }     \
       /     /  /    j/   /         ',    \   \ i       \
      /  〃  / イ      /    .,′   、   ,  \. \} \   ` ー--  .、   \
    /  //  / / .!    ′    .′     Y     ヽ ヽ   `''ー- _   ヽ   \
      / ./  / /   .|   _i      .i        |      ',   :、   i    ヽ   ,
    /  /  / {     |  ノ {      |        i!       ,  ',  |     ',   ',
        ,   {  i       _ゝ-ヘ     {      .′        }   }   !      }  }
      ./    i! |.   i! ゝ<´_ヽ    ',       .イ         ,   ハ  ,      ノ  ノ
          , ',   .|    ゝ-->:.. _ヽ_ .:<         /  '       / /
     {     \ \ !    /          >:.. _ ∠ ..イ    |   / /
     i      \ \    ′               __j      .i!  /   /
     |        \ \                ''"´       / /   /


  彼女、黄金のサーヴァントは、宝具サーヴァントである。

  いや、正確には宝具サーヴァントとして召喚された筈であった。

  が、彼女の持ち主たる英霊がそれを許さず抵抗し、結果肉体を彼から借り受ける形で中途半端に召喚された。

  宝具としての寄る辺がなく、かといって純正サーヴァントとしての霊格も逸話も持たない彼女。

  いや、元の肉体から性別が変異していることから見ると、それ以外にも何やら様々なものを抱えているようで、
 その過程を推察する材料を持ち合わせていないわけではあるが。


  とにかく、この工房で神代の鉄打ちの業を垣間見るに至り、辿り着いた一つの答えがある。



9750 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2016/03/06(日) 18:52:58.50 ID:E7ZcMKNF


..:::          ::... ヾヽ     \ヽ             、  ト..、 i、                ,r'/     ,r'ッ ...::
..::            ::::  ヾヽ     ヽヽ            、}:.ヽ!:::::ヾ::Vi             ,r',r'     ,r'ッ  ::::
、.              .:: ::.  ヾヽ     ヽヽ..::::::::::::::::.....    、j .::::::::::::::::::: レ,    .....::::::::::::::::..,r',r'     ,r'ッ  .:: ::.
 `'' -.ヘ         ::.  ::   ヾ     ..:::ヽヽ      ::::::.  `ミ :::::::::::::::::::: /     :::      ,r',r':::..     ッ   ::  .::
`ヽ、  `i       :::. .::       ..::::::  ヽ~!   / ____  ヾ:::::::::::::::::::ノ          !~,r'  ::::::..       ::. .:::
   .`ヽ、/        :::.......    ....::::     i \ _,.ィ ,:::::::::::ミ:.、::::::::::::::リ   ___     / i     ::::....    .......:::
             :::  :::::::::::::  ::::     ^¨i/.::::::::::::::::::::、:::::`:..-..:イ{__ ,,..ィ::::::ミー.、  | i¨^     ::::  :::::::::::::  :::
              ..:::.................   :::.       i ::::::::::::::::::::::::::::ヾ:::::::::::::::!:::j:::::::::::::::::::.. ヽ        .:::   .................:::..
            ..:::     ::::::::::.... :::.      ', '::::::::::::::::::::::::::::::`ミ:::::::::::::::::::/::::::::::::::::}     .::: ....::::::::::     :::..
ヽ.         ....::::         :::::.... ::::..     ヽ ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'/::..  ..:::: ....:::::         ::::....         .,r'
  ` ヽ 、   ...:::             ::::.. ::::::::.....   }/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ミi .:::::::: ..::::             :::...   、 ,r' ´
. - ,,_  ` ヽ 、_   ,ュ  ,,        ::::..      ゝイ .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ミi    ..::::       ,,  ュ,   _、 ,r' ´  _,, - .
    `'' - 、_  ` ''' ´ ヘ_||         :::       レへ ::::::{/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ   :::         ||_ヘ ` ''' ´  _、 - ''´
     ::  `''ヽ、  r-' i         ::::          \ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::j   ::::         i '-r  、,r'''´  ::
      ::      \ 7 ノ        :::            ,ゝ ::::::::::::::::::::::::::::/` ー- '     :::        !、 7 /      ::
     ::      !/| |         ::            / .:::::::::::::::::::::::::::::::::{          ::         | |゙i!    ..::::
:::::::::::.........::       ヾ-       ..::               / .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::',         ::..       -ッ     ..::::
      ::::..              ..::              / .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',          :::..          .......:::::
         ::::..           ..:::             / .::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',           :::..        ::  :::
        :::::.......       ...:::::::::                 / .::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
           :::  :::::::::::::::::::               / /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
─、         ::                     / /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}
─'.         .::                    / /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|


  英雄王、ギルガメッシュ。

  どうもこの肉体は、彼のものである公算が高い。

  ともあれ論理的な説明がつくわけでもなく、何となくそうなのだろうというざっくりとした感覚であるが、
 この肉体がそうだというのであればそうなのだろう。

  であれば自分の真命も自ずと分かりそうなものだが、彼の場合はそうもいかない。

  何より、ギルガメッシュが保有する宝具の数は彼自身すら把握できないほどに膨大だ。

  その中から記憶に無い自分自身を探せと言われても、土台無理な話だろう。



9751 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2016/03/06(日) 18:57:17.57 ID:PnKAzMeQ
文字通り全ての財が、原典が眠る蔵持ちですからねぇww

9752 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2016/03/06(日) 18:58:47.48 ID:7+MoRVZP
それだけあってもたった一個を他人に使わせたくないという…ドケチめ

9753 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2016/03/06(日) 19:04:23.06 ID:Kf3V2LXq
いや、乖離剣や鎖なら絶対にNOでしょ



9754 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2016/03/06(日) 19:04:50.73 ID:E7ZcMKNF


               ./         ヽ \     `  .    \
           /     /     .   ヽ \    \    ヽ
             .'      /      .   !   ヽ         .
           ./. ./    /       i  .           ヽ    ミニ=-
         /. ./     l         |  l .l   ト、         ハ     さて、一体我は如何様な宝具であったか
         .,' ヽ./     /|         !   l .|  !ハ          ハ
          .i  イ.    ./ .!         八 ! イ !、 ! l  イ、i   i   ハ     お前はどう思う?
          .! ,'│    |  l        ./  i// ヽl  V./ // ハ Y ヽ. .'.
          .l l │   .| .八     /,,.∠.≦芹斧ミ/../ │ j }. 乂 .'、
          .l.l .│   |.メl/ヽ   ,xイ .ィチ ら.仞 》/ .\.. _ >  ミ=--'
          .ヾ /    ..r= ≧ \ ノリ. ´ .弋。り ´ / 'イ. /   \ \
          / .ィ {.rヽ .√丐ミ、レi/      ¨:.:.:.:.:. / // ./ j }_   ヽ `丶
         ./ .ハ  .!i_. ハ ゞ.ツ,           ム/|三三 ̄l!     \    \、
        ./´  ヘ. ノ iニ人¨              j|三三  .! ゛、  .\    ` ー-
              レ ./..i!三ニヽ        ノ     lL三三_!  ハ_   \
              /. L三三ニ   ` -    /     _!__ _x入  `ー
           // //  /  >    ,.イ   j  ≦/>イ    ヽ ,, <
           //  /  /  /      ` t´:::::| _/イニ> ´      ゝ゚´゙;i;i;i;i;i;i;
           { !ハ:! / イ  ,,z≠⌒  ハ::::::|  ,,イ///      ィ´゙;i;i;i;i;i;i;
          リ  .V    /イ/__ /ノ::::  ノ///      z/゙;i;i;i;i;i;i;
                     =イ/イ三三三>、ェイ/ソ      イ/゙;i;i;i;i;i;i;



  やる夫が最初に打った宝具、「ヤルオ」に問いかける。

  当然ながら返答はない。

  作者に似て、ぶっきらぼうで寡黙な剣だ。

  名を失った彼女が名付けた、今のところたった一振りの姉妹剣―――いや、ヤルオという名前からも本人的には弟であろうし、
 彼女自分が剣であるかどうかも定かではない。

  しかし、例え宝具の格としては間違いなく姉に大きく劣る剣であっても。

  例え、何ら縁も縁もない作であったとしても。

  そうだとしても、今の彼女は意思を持ち、その意志で以てこの剣を弟としてしまった。

  お気に入り。

  そう、彼女はどうしようもなく、この駆け出しの宝具が気に入ったのだ。



9758 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2016/03/06(日) 19:12:17.06 ID:E7ZcMKNF


                    > ´  ̄ ̄ ̄ `  ┐
                     /            |ヽ
                    /   / ,          |  ',
               ,'     ,'  /  /   i   |   ,    やる夫
                /    ,   /  /  / !   ,.   ',
              ,   ,: i   !  /_/  |  /   i  ,   手が止まったならば聞くが良い
             i  ./  !  .| ./|/|/ メ ! ./ ! / .i !
             |  / r |   |/ マ弋 iメ |/|/レ'  ハ|
             |   { !   {        ィ= |  /  !
             |   ハ _ト ゞヽ         ゝi !/
                  !  /   | |.      、 _  ハ
                ,  '     | | ヽ        .イトト-ゝ
             ,   __| |___ >.. __/i  |
             /    |::::::::::| |:::oi  {  ̄ioi |  !
              /  __ri::=-::::! !::o|__ ー |:::!ー- | ...、
           /,,.ィ´::::::::::://::| ;:::::::{ {  ヾ::\::::::::::::::\




         ____
       /   u \
      /  \    /\
    /  し (○)  (○) \    ……?
     | ∪    (__人__)  J |
    \  u   `⌒´   /




                ,ィ
            __/ /)   .> ´  ̄ ̄` <
           / ニニア ァ /         \
            __i }, ./ /            ',   ',
       ,,..ィi ー- ..,, ノ    /  /  /    i   i
      i:::ー-- =彡!  ,'  ,'  .i   i    !   !    既に出来上がった宝具であるこのヤルオを鍛造してみるが良い
      |:::::::::::::::::::/   ,  | . | ! |  !  ハ!. |. ,
      j:::::::::::::::::/   !  | i ト!ヽ!ヽハ /ィァ !/     これはお前が作ったお前の宝具だ
      ,:::::::::::::::::/     ,   | ム ヽ=zzァ   ゞ'ハヽ
      /::::::::::::,::::i   ./    !  }}ヾ   、 _' ハ⌒゙     生成中は理解できなかったものが、鍛造という別の工程でならば
     ,::::::::::::::::::/   ./  ___/ r:||__.> __ ..イ-、 ',      はっきりと見えるようになるかもしれんぞ
     }::::::::::::::イ:ー--=≦::::::ヾー'::||:::::8::} { ヾi:::/ー-、
     `''<:::::::::::::::::::::::::::\::::::ヽ::||:::`''7  _く:::ヾ:::::}:',
        `''<::::::::::::::::::::::::::::::::::!!:::::::{ ` ′ }:::::∨::::〉
           `/ ̄ ̄ `ヾ::::ノ::||:::::/、   _ノヽ::::',:ハ
            /      }:::::::::||::::::} ー、ヽ}  ';::::',  ,
           ./        !::::::::i!:::::::|    }.   ',::::i  ',
         ,        }:::::/八:::::!   .イ、 __..ィ:::!  .',
          /    /    ノ:://::::::`::!   ´ j   /:|:::!   ,
        ./    /     /:::〃::::::::::::;   {  ./:::|::{
          ,   /      >..、::::::::::::{       ム |:::',
             /    ,..-\:::::::|   !   イ、 !:/.    ',



9759 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2016/03/06(日) 19:13:27.60 ID:E7ZcMKNF


         ____
       /   u \
      /  /    \\     そんな事があるのかお?
    /  し (○)  (○) \
     | ∪    (__人__)  J |
    \  u   `⌒´   /




                    > ´  ̄ ̄ ̄ `  ┐
                     /            |ヽ
                    /   / ,          |  ',
               ,'     ,'  /  /   i   |   ,
                /    ,   /  /  / !   ,.   ',
              ,   ,: i   !  /_/  |  /   i  ,
             i  ./  !  .| ./|/|/ メ ! ./ ! / .i !    まぁ騙されたと思ってやってみよ
             |  / r |   |/ z==ミ |/|/レ'  ハ|
             |   { !   {        ィ= |  /  !
             |   ハ _ト ゞヽ         ゝi !/
                  !  /   | |.       {   ァ ハ
                ,  '     | | ヽ     ` ´ .イトト-ゝ
             ,   __| |___ >.. __/i  |
             /    |::::::::::| |:::oi  {  ̄ioi |  !
              /  __ri::=-::::! !::o|__ ー |:::!ー- | ...、
           /,,.ィ´::::::::::://::| ;:::::::{ {  ヾ::\::::::::::::::\
           /:::::::::::::::::メ/://:::::::::} }、  ' \:::ー==、::::::ヽ
         ,. i::::::::{ {::::::::::',:://:::::::::::ハ ',    iト、::::::::{:::::::::i
         / |::::::::ヾ;:::::::::://:::::::;:::::::ハ ',   、. || {::::::::',::::::::{
          /  .!:::::::::::ヾ::::://::}:::/::::::::::::ヽヽー、ヽ.!| \:::::\::',
       /  ∧:::::::::::::∨/:::::!::i:::::::::::::::::::ヽヽ `i |.  ヾi:::::::::',:',
      ./  / ∧::::::::://:::::::::{-、:::::::::::::::::::} }  ヾ!  ||::::::::::!::',
      /  / / .∧:::://::::} }:r'_ノ⌒ヽ::::::::::| |   i}   リ::::::ノ、:::',
      ,      /  .〃:::::::{ {::::ゝ彡⌒ヽ、::ノノ   /  ムイ`ヽヽ:',
    ./        / ヽ:::::::ヾ、::::ゝ'  ̄ ヽ` ̄>.::´:::::::::::<_ i__}::',
               /   \::::::::}}::::::`⌒::::::::::::::::::::彡:::{」::::::::::|ノ::::::::',
           /       \::::`ヾヘ::::ィ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::〉
                      i\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ー-=:::::::::!:::::::::/
                 r'::::ハ:::::::::::::::::::::::> ´ ̄ ̄「|`''ー-- '
                     ノ::://:ゝ=-..:<´::| |  -キ=. | |:::::::\
                    /::::〈/::::::::::::::::::::::::::| |    }. | |:::::::::::::>



9761 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2016/03/06(日) 19:16:05.91 ID:E7ZcMKNF


                       ___
                   > ´        ` <
                 / _           \
                      i´      `ヽ       V
               / ,  .|       \   ∨   ∨     ただし、その剣は既に我のものだ
               , ./  | {     i  ', \ ∨
              , /   .i! .!    }   ',  ', V   ,     お前の作であるからと乱雑に扱う事は許さん
              { .,!   i!     . ト、  }ヽ ! }     i
              j/ }  i  ト 、   i } ,ィ泛''ア j ハ   {     そのような事があれば、例えお前であっても
                    |  | | {___\  ハ!' ゞ'  ノ / }   !    不機嫌程度では済まなくなるぞ?
                    | i!从マ 沁` j/      彳- '   i ,
                    j/|  }ヽ¨´  j      八 } }  |: ',
                    j/ j从\   , 、   .イ | , j  .!  ',
                    / }   }  >  __ ..イ   | / /   |  ',
                 ,    r__ ュァ }   ,: |/ /≧=ー-- .、
                   / .ィ ´ ̄ア_ノ/)-.v-v- / /ヽノ    ---}
                   / {    し' /  } .} / /J-’  /    i∨
                / i  i!   /ゝイ、_人_ノ i .!  i /     |. ∨
                  ,  }  V  /        | |  {  ,     .i! ∨
                r''  .ノ /     ノ  ,| |  | /        !  ∨
            /  ノ  / ./     /   /| |   ′       |   V
           / ./  /  ./     /    / .| |   }       !    ∨
            /   .,  .{      ′   .,  | |   } |       リ    ∨
          /  /    〈: : : : ',: : . . { . . : :/: : :| |: : ハ!      {      V
       ′  j,,..-―  ヽ : : : \: : , ヽ_:_:ノ: : : :| | ィ′|    / i      ∨
      /  /´  __     > _:_: :メ: :/:.    --| |´  .{  /    ',



      / ̄ ̄ ̄\
    / /     \ \     言われなくとも何なことはしないお
   /  (●)  (●)  \
   |    (__人__)    |    分かった、少し見てみよう
   \    ` ⌒´    /
   /              \



9771 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2016/03/06(日) 21:10:20.79 ID:E7ZcMKNF


      ____
    /       \
  /   -‐´ `ー\
/     (●)  (●)\
|        (__人__)  |
\      ` ⌒´  /
  >     ー‐  <
. /      / ̄彡ミヽ、
/    ヽ /  / ヽ  ヽ
ヽ.    Y  /   |  |
 ヽ     ノ    ヽ ノ



  黄金のサーヴァントから受け取った、自分の名を銘に持つ剣を握る。

  その時やる夫は気付いた。

  自分が生成した時には感じなかった宝具としての手応えが、確かに感じられるのだ。

  だが、剣自体に何も変わったことはない。

  それは作者であるやる夫自身が誰より理解している。



9772 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2016/03/06(日) 21:12:45.48 ID:E7ZcMKNF


      ___
    /     \
   /  _ノ '' 'ー \    なぁ、これは一体どういう事だお?
 /  (●)  (●)  \
 |      (__人__)    |
 \      ` ⌒´   /




                          -- ― --
                    > "´            `゙ <
                    /    i´ ̄               \
                          |         ヽ
                /      |    i        ',.    ', ∨
                  /     i  |    i!   }     i     ', ∨
               ′   .i |   |  |  ハ. ∧   .|  .}   \
                i    | |  ハ  { i .} /, -}  ハ. ∧  ト __ >
                |     | |. /- ヽ ', | j/ ,.ィ==ミ、!/ i\{  i
                  jハ  i  | |/ィffミ、\{  " .乏弐ア  } ト }  |
              / .} |  | |マ 泛ソ}   \    , , ノ   , ソ八 ,
                | .ハ i!从 , ,  j        / / /イi.__  ',
                 j/ ∧ {  \        ,   /イ  /i | |  i  ,
                / , j/ `ト-`  ー   ´   ノ ./ .|.{_{_}.  ',
                 /  i!  { 込         / /  |  i    ,
                   /  . |、  ',  ≧:.. _ .イ j/!  |  |
                     ,..| \ ヽ__ ノ} }      |  .!  |     ',
                 ′ / ,   }ーr-- 一     r_|  {           ,
                    ,   /  ./  ゝ--<     (__{  ', ` <       ,
            /  /  /  /  乂__ノ、    r< ',  :、   `ヽ.   ヽ
          /   ,  /  /    (_ ノ }'⌒'i'   ト. ヽ  \    ∨   \
         /     i/  /  |     乂__人__人__ノ ー\   \  }     \
       /     /  /    j/   /         ',    \   \ i       \
      /  〃  / イ      /    .,′   、   ,  \. \} \   ` ー--  .、   \
    /  //  / / .!    ′    .′     Y     ヽ ヽ   `''ー- _   ヽ   \
      / ./  / /   .|   _i      .i        |      ',   :、   i    ヽ   ,
    /  /  / {     |  ノ {      |        i!       ,  ',  |     ',   ',



  黄金のサーヴァントは笑うばかりで答えない。

  要は自分でその答えを見つけてみろと言いたいのだろう。



9775 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2016/03/06(日) 21:19:54.86 ID:E7ZcMKNF


          ______
        /         \
       /            \
     /      ,   、,,.-='、'、 \
    /  `┬;;;:::┬′   ゙.゙、;;;;::',ノ  \
  /    ⌒゙''''''´"    `''''''"  u   \
  |    U                  |
  |                       |
  \                     /
    \                  /


  全く以て、何がどうしてこうなってしまったのかは分からない。

  が、一体何が起こっているのかはよく分かる。

  この剣は、やる夫が打ったやる夫の剣だ。

  癖や特徴、そして鋳潰す方法さえ把握している。

  鍛造の過程において、どうやって作られたかは問題にならない。

  問題なのは、今まさに相手がどのような状態で、そこからどの状態へ持っていけばよいのかということ。

  ひとまずこれがどうしてこうなったかは置いておく。

  今は生まれたての宝具となってしまったこの剣を、より高みへ導いてやる事だけを考えるべきだ。



9777 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2016/03/06(日) 21:27:57.16 ID:E7ZcMKNF


             /    /
                /   /   /  /           ヽ
            /  /    /  /            |   ',
             ,' .,      /   '  /         !    ',
          , /      '   .  / /、.イ     ,    ,
           |   i    .i    i / ∠i/ヽ!    /   , i
          i   |    |    |ハ{杙沙ミ、   /i   / !
           |   |    !  i   !        !  イ=-、  .イ  ,
           |   |    |  ハ. |     -彡 ´ ゞツ !/ ,  ,
             ,:   |    |  ,  ヽ!         ´   ノ  ノ /
         /   i!   .!ヽ{       、      / ̄/ /
           /    .i!   .! ヾ ヽ       ´  イ ./ ´
          ,:    ハ  .!      \    .イ  , /
       /     /  ,   |     /⌒ ー ´ }/ {/
        /   /   i   !    ,  i     ',
         /    |  ',    {ヽ人  {   ,
    ./  /ノ⌒i    | i ',    ! \  ヽ.  ',ー- .、
 -‐ '' -‐ ( 〃 ./⌒i_  ! |  ,     r-、     ',.   ヽ
       (_ ノ  / ) | .|  ',   r-ヽ ヽ     ,    ,
         ゝイ  /´ |  !  .V⌒ヾ.  ヽ  }、    ', .  ',
          ゝイ   |    ',.  !、.  )-'! ヽ    、i.  i
             乂_ |      ',__ノ `¨  /  `ー-.、 ',  !
               |     ,   \ /      ヽ、 ',  、
               |     iー-- ヽ}        \.!  i
               |     |     、         ∨  !


  ああ、やはりこの瞬間はいい。

  一人の人間が、一柱の神へと還る瞬間とはまさにこの事を言うのだろう。

  それを思えば、今この瞬間は英霊として肉体を得ているこの身が少々憎らしい。

  やる夫の業は既に神域に達するもの。

  彼のような鍛冶師であれば、武蔵のように本来の道具として愛されるのもよかっただろう。

  そう思えるほどに、宝具に向かい合う瞬間のやる夫は、人間離れをした何かを感じさせるのだ。



9781 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2016/03/06(日) 21:38:26.12 ID:E7ZcMKNF


                _ ..ィ二ニ= ..
             ∠゜二 `ヽ`ヽ.、  }`ヽ
           /    ̄`ヽ    丶゜ヽ ヽ
          . ゜"    ⌒ヾ`、 、   丶   ゜.
         / /  ″イ '    バ. ヽ ヽ 、 ヽ.  ゜
         y,'  ;″ .:'  '   イ }  !  ゙:.゙、W゙、  i
        ,:/.: 〃 i: .:|  ,′ i ' !.:j__:ハ__ i_ ト.、ヾ、 |
         !i:. /ハ |!:::i! i:  } :'イ!, ノ |: ノ.人゙r、ヽミニ=-
        ;l::;゜'.:l ,j-ィi⌒i、 :i/ ノィテ赱旡イ、ヾ、ミ、|
         /j、;ノィ个ハィ芸テャ、{ ´  `¨´ノ′ i、ヽミニ=-
      _ ノイ.'ノi:!ノハ(ヾゞ"´ `    ""´   ;ノiヾミ、く
       /イjノイ:::ハ      ヽ'      イ: i|: iヾ≧='
          jイ :!:::ノ::: 、     <_ ア  / i: l!: l: i
        _,.、 |:__,!::::::;' ii!ゝ .    ‐       |: ト: :.l: |
      _,.ノ;i;i;i;i;i;iゝ:::; j! .:ノ.:ハ> -イ_ .≠|: |::i:. ! |
      _ノ;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;iゝ,′'.:::ム「三o丁ro≦ニ|: |::ヾ:.、!
     ゞィー=、;i;i;i;i;i;i;i;iハ__.:/;i;iハ:::::::::| |:::::::::::::!: !Yー'V{
     /     ゙ァ;i;i;i;i;i}  V;iメ.::::ヽ::::::| l:::::/.::!: !;i;i;i;i;i;iゝ-- .
     .゜    ⌒>;r{`辷 ノ".::::::::::、ー:} }ィ.::::: ハ: !;i;i;i;i;i;i;i;i7    ゜
   /      /!;i;iゝゝイ;廴::.:::::.:::.:.:`{ {:.::.:.:::.:人 ヾ;i;i;i;i;i;i;i;〉    i
.  /      /ノ;i;i;i;i;i;iメ.゚´: : : :. :.、:::.:i }::.:': : : : :`ヽヾ;i;i;i;i;iゝ   |
  ,      /イ;i;i;i;iゝ゜. : : : : : : : : :.ヽ} }:.: : : : : : : : ゙ーヾ;i;i;{   ;
. /       ./'〈;i;i;i(.: : : : : : : : : : : : : :.ヽ、:. : : : : : : : : : : `ー . /
/        ノ}`/´.::: : : : : : : : : : : : : : : : :V!:::. : : : : : : : : : : : : ヽ{
     /{゙ハ'.::::.:.: : : : : : : : : : : : : : : : : } }::::. : : : : : : : : : : : : : ヽ
    / ,イ/{::::::::.:. : : : : : : : : : : : : : : : :;゚ !::::::.:. : : : : : : : : : : : : : }
      ∨八:::::::::.:.:. : : : : : : : : : : : : :.::j j::::::::::::.:.:.:..:..:..:..:..:..:..:.::.: ム
      } ′〉、:::::::::::.:.:.:.:.:...:..:..:..:.:.:.:::.::::| |:::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::人゙ヽ
.     /ノ´j{ 心、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| |::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:. ィハ: i }


  神話の時代、国や地方に寄って差はあれど、鍛冶師は神々の権能を除く武力の頂点であった。

  神々が持つ神器や武具を作り、そしてそれらを鋳潰す方法を知る者。

  優れた神器を産み出す存在は国一つでは替えの利かない価値があり、またそれ以上の神器を生み出しかねない
 危険な存在でもあった。

  彼女はやる夫の祖先の事はよく知らない。

  が、鍛冶師の一族として現代にこれほどの業を顕わにする程の者達だ。

  正しい姿を歴史から完全に抹殺され、挙句神話において必ず悪役として登場する立場にまで歪められた理由は、
 ありありと想像がつくというものだ。



9782 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2016/03/06(日) 21:51:31.88 ID:E7ZcMKNF


       |  .|  i‐  ./ .,i",..-'"______`'''ー- ..,,__.     ! ! ./ l  |  r-、   廴__ノ        __
    .,/  /  /  / .'!゙ / ´     _____ ゙゙̄''フ   _`-゙”   ! ! ,! .!  .|  廴ノ  __   ._..-'"゛
---'"゛  ./ / /  .,/,..-r     l   ./ / .,..‐'″     .| | l l .l゙.´     (__)_.. ‐'"
_____ -'"  //  / ./   !  f ̄`l ! ,/./  /___      l ,!l l゙ /      _r‐'"        ン-、
  ._,, ‐'''"´/″  / ./    l,  廴_ノ 彡'"  ¨´    .`''‐、、  ! .l! | .| ./ ̄⌒     _...i、.,i'⌒..l .l゙  .|
''"゛    /    ,ノ_,,..二,゙_ ゙̄''′ ._..-'"..,..-''lレ_____      `'-、ヽ. .l .! l      ., ‐、 /  .l |   .| 廴ノ
     ./  iリ ."″__,,___、  ゙゙゙̄_,.. -'彡-'"゛     `ゝ、   .て ̄  ヽ│| │ ,,=、,  .!  . l l.  l .ヽ__ノ
    /   / ゙‐''"゛      ゙̄,゙二-''"゙._.. ー''''''"゙^゙゙ ¬-..、 \   \   .ヘ.l.l .l .!  l  廴__ノ ゝ ノ
   /  ./  .ir‐'''' ̄ ̄ ̄ ̄     ―-、    厂 ̄ `'、 `'-、`'-..,゙l    .l!.l ヽ廴__l
 ./  / ,.. ー''″     .゙゙=ニ二二ニ=‐、 ヽ.  !     !    \      l,` `<
ノ゛./, / ´,,, -‐''''  ̄ ̄ '''''― ..,,__,゙"''i . l .\,\__/  . _,,.-ゝ_    ヽ  ヽ
ニ彡'゙,/″  r‐ '"´゙''-、  .r‐―ッ ./ . | .`'-..,_ `''''―''''"´   /  |    .ヽ  .ヽ           _rー''" ̄
" ./_./ 'l  /      .!  |._/./  ./     `'''-、 .‐''',゙./ /    !     .ヽ  l.        ./
./ /  ..l  |      . l  .゛./ /       ./  ゛  ./     l      ヽ  .l,       ./
. i_,   ヽ .ヽ、   . /   / . /  _..-ア   . /  .,..-'"´''┘    .l          l  l      ./
.,、  `゙'''ー!  . `゙゙''"_,, ‐´._..‐,゙ ー'" /    /   l r―┐      /     .、  .l  l.     !
 `゙''ー- ___ --ー'″  ┴'´   ,ノン'フ /.._..-'"゛ `一'"    ,i'‐ \   .|、 ヽ  !  l     l
――-----―ーニア     ._〟  .〃゛ ./ .,彡゛  __    r-、 ヽ l  ,!  (, ヽ .l  .!  .! .,, .、.|
      ._.. ‐',゙.    _イ'"  ,    / // ./._,,. .`゙''ー ., ー     ノ    ヽ .l..l  .l  ! ヽ,,〉.l
  _=ニ゙‐'ニr'" _..-'' /  .,iジ    ,i′./ l  / /   l   _  `'-.  .ヽ    .l . lll、 .l  .| iー-、 .|
.'“゙゙´ _..-'"._,, -'"゛,/゛ ., ツ゛  ./ ./  / .l゙ / l゙  │./  l  ._, `'-、 `― 、 ! `.l  .l .!.|__ゝ.!
...-'',゙.. -'"゛  ,..-'゛  _ ''ン゛  .,rリ ,i′ / l゙ / .`゙'~" l゛  .! l゛ `'i  .`''-、.  !  .!  .|  ! .} ー'、 \
'"´    ,..r'"  _//   /,i"/  / / /     ゙゙'''ー" 廴_ノ /ヽ   | !  !  .} │ !  ,ノ   `''-..___
  ._..-'"   ,/゙./   / / ,i′ / │ .|                 / l   .! .l  .|  |  l .!.i'" .! .i冖j  .r―、 ,-
.-'"    / /   ./ .,/゙./   /  | ,!    .,i   , '7  .,  `'"/¨l !│  /  /   l. l.l  .l │ l  l  !.|
   .,..‐" .,/    ./  / ./    /   ! !   .ノ.!  ./ / ノ.l  ,iL .く_ノ./ !  /  ./  ,.|  lゝ
.,/´ . /     ./  / . /    !   .| !  ./ .| ./  / ./ │./ .|   l ! /  l   |.l ヽ,  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  _/゛    ./   ./  /    . l   .! !  ./ レ"   l./   |./  ,!  / ./ /  .i′  l .l  `'ー _
/    .,/    ./  ./    !   .| ,! /  .゛   ,レ゙   |′ .!  ./ ./ ./  . l   l  l  .〔--   ̄ ̄ ̄ ̄


  力を恐れるのは何も人に限った話ではない。

  むしろ、なまじ力を持つ神々ほど、自分以外の強大な存在に恐れを抱く。

  人間も大概だが、神はそれに輪をかけて身勝手でその癖に臆病者だ。

  寛容で知られる日本の神々ですら、その存在を許さなかった程の力。

  そのくせ、徹底的に滅ぼした後、その大業物を神器として召し上げ後生大事に抱えて離さなかった程の力。

  その片鱗が、今もこうして瞬いているのだ。



9784 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2016/03/06(日) 21:57:02.80 ID:E7ZcMKNF


         ____
       /   u \
      /  /    \\     ……ふぅ
    /  し (○)  (○) \
     | ∪    (__人__)  J |    こんなもんかお
    \  u   `⌒´   /




               ./         ヽ \     `  .    \
           /     /     .   ヽ \    \    ヽ
             .'      /      .   !   ヽ         .
           ./. ./    /       i  .           ヽ    ミニ=-
         /. ./     l         |  l .l   ト、         ハ
         .,' ヽ./     /|         !   l .|  !ハ          ハ     どれ、見せてみよ
          .i  イ.    ./ .!         八 ! イ !、 ! l  イ、i   i   ハ
          .! ,'│    |  l        ./  i// ヽl  V./ // ハ Y ヽ. .'.
          .l l │   .| .八     /,,.∠.≦芹斧ミ/../ │ j }. 乂 .'、
          .l.l .│   |.メl/ヽ   ,xイ .ィチ ら.仞 》/ .\.. _ >  ミ=--'
          .ヾ /    ..r= ≧ \ ノリ. ´ .弋。り ´ / 'イ. /   \ \
          / .ィ {.rヽ .√丐ミ、レi/      ¨:.:.:.:.:. / // ./ j }_   ヽ `丶
         ./ .ハ  .!i_. ハ ゞ.ツ,           ム/|三三 ̄l!     \    \、
        ./´  ヘ. ノ iニ人¨              j|三三  .! ゛、  .\    ` ー-
              レ ./..i!三ニヽ        ノ     lL三三_!  ハ_   \
              /. L三三ニ   ` -    /     _!__ _x入  `ー
           // //  /  >    ,.イ   j  ≦/>イ    ヽ ,, <
           //  /  /  /      ` t´:::::| _/イニ> ´      ゝ゚´゙;i;i;i;i;i;i;
           { !ハ:! / イ  ,,z≠⌒  ハ::::::|  ,,イ///      ィ´゙;i;i;i;i;i;i;
          リ  .V    /イ/__ /ノ::::  ノ///      z/゙;i;i;i;i;i;i;
                     =イ/イ三三三>、ェイ/ソ      イ/゙;i;i;i;i;i;i;



9787 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2016/03/06(日) 22:12:48.93 ID:E7ZcMKNF


                       > ´  ̄ ` <
                 /         ヽ
                /      ,   !   ',
                   ,:    i   / /  /  /  !
                 / ,   |ハ/!/| ノイ/i , ,
              / / .i  i! 代iナ´ ィiナi/ /
                / /  |  .ト!     ,  ハ/!
            〃,:  i!  |ヽ  、_ _  イ!  ,
           / / /  |   ! > __,/  i i ',
              /  , / __,.ヘ ∨    { ミ:ー-| |__
          / /,<´   ヽ ヾ ∨ヽ-r メ!::::::| |:::::ヽ
            /  ,:   \  \',. ,:::i::::ハ:::}:::::::| |::::::::}
        ,   j     ヽ.  ',∨:::::::::::::::::::ヾミ .、:!
         / < ヽ     ',  ハ∨::::::::ヽ:::::::::::\\
        / _ノ ヽ \   .ソ:::::',∨::::::::::',::::::::::::::::.. ミ、
      ,    ゞ..、    =--.:::´::i::::::::',∨:::::::::i:::::::::::::::::::::', ヾ
     ./  ./:::::::::>イ j::::::::::/:!:::::::::',∨::::::::!:::、:::;;;:::r''-}  \
    /  /::';:::::::::::/  ,}ハ''  ヽ ̄ ', ', ̄ノ   、 __ ノ    \
   ./  }二ニミ、/     ヽ    ` ー} }イ      i
     く /  _{__       \    | |       ヽ !
      {,.ィ::::/  \         ',.   ! !       .,
        `ヘ/ < `ー- ⌒ヽ   rィ..,,  ル!         i,..
          ゝ. ヽ     \__/:::::/ィ、        }ソi
             ̄',     /  }`'ー、ヽ::',    i   メ.' !
            ` ー- .{ / `ト、/ヽ';::!   |  i/ .ノi!
      /         ,.:i   Vi ヽノヾミ!_ j___/ ´   ',
       /        /: : }-ィ i !      !    i    ヽ
     /        /: : : : :',〈 ! .{ ー- 、 !___ !  __,ィヽ


【 真名は公開されていません 】

属性:混沌 / 善
クラス:-
▼パラメーター
筋力:B+
耐久:B
敏捷:B
魔力:A+
幸運:A
宝具:C


▼クラス別能力
 ・対魔力:C
 ・単独行動:EX

▼保有スキル
 ・黄金率:A
 ・神性:B(A+)
 ・コレクター:EX


▼宝具
 人理鍛造剣・ヤルオ  ランク:C 種別:宝具 レンジ:- 最大捕捉:-
  人間でありながら宝具を生み出した偉大な鍛冶師、入速出やる夫の第1作。
  神秘を纏う宝具であること以外、特に何の変哲もないただの剣。
  神が作ったわけでも星が鍛えた訳でもなく、何の伝承も歴史も持ち合わせていないが、それ故に
 神秘を持つ事がありえない筈の人造宝具。
  贋作でも、アレンジでもない、全くの新作にして真作。本来人が作り得ない神の領域の武具である。

  人理とは人類を永く強く繁栄させる為の理であり、霊長の集合無意識たるアラヤとは似て非なる概念。
  ある意味では人類が今まで脈々と紡いできた歴史そのものであるが、この剣はその歴史から外れている。
  これは人類という歴史を俯瞰し、人理を司る為にはその歴史の中に入り込んではならないためであるが、
 ならば本来在ってはならない筈なのにここに存在しているという矛盾を、生成者の力で無理矢理繋ぎ止めている。
  宝具が内封している概念は天の理、地の理に並ぶ程のものだが、今はそれを扱う為の器としては不完全
 であるため、本来持つべき力はほとんど発揮されていない。



9788 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2016/03/06(日) 22:14:36.83 ID:PnKAzMeQ
ランク上がったw人理内包宝具か…

9789 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2016/03/06(日) 22:15:38.26 ID:0Z+2kviP
おぉ、EからCまでランク上がったのか

9790 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2016/03/06(日) 22:16:58.87 ID:JDOFnT1p
Cランクとか相当やな



9791 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2016/03/06(日) 22:21:45.94 ID:E7ZcMKNF



      / ̄ ̄ ̄\
    / /     \ \     前よりはマシなったはずだが、それでもこれが何だか理解は出来てはいないお
   /  (●)  (●)  \
   |    (__人__)    |    何となく、こうなりたがっているような気がする方向に鍛造してはみたが、
   \    ` ⌒´    /    正直これ以上はやる夫の理解の範疇の外へ出るお
   /              \




                          -- ― --
                    > "´            `゙ <
                    /    i´ ̄               \
                          |         ヽ
                /      |    i        ',.    ', ∨
                  /     i  |    i!   }     i     ', ∨
               ′   .i |   |  |  ハ. ∧   .|  .}   \
                i    | |  ハ  { i .} /, -}  ハ. ∧  ト __ >   うむ……うむ……
                |     | |. /- ヽ ', | j/ ,.ィ==ミ、!/ i\{  i
                  jハ  i  | |/ィffミ、\{  " .乏弐ア  } ト }  |
              / .} |  | |マ 泛ソ}   \    , , ノ   , ソ八 ,
                | .ハ i!从 , ,  j        / / /イi.__  ',
                 j/ ∧ {  \        ,   /イ  /i | |  i  ,
                / , j/ `ト-`  ー   ´   ノ ./ .|.{_{_}.  ',
                 /  i!  { 込         / /  |  i    ,
                   /  . |、  ',  ≧:.. _ .イ j/!  |  |
                     ,..| \ ヽ__ ノ} }      |  .!  |     ',
                 ′ / ,   }ーr-- 一     r_|  {           ,
                    ,   /  ./  ゝ--<     (__{  ', ` <       ,
            /  /  /  /  乂__ノ、    r< ',  :、   `ヽ.   ヽ
          /   ,  /  /    (_ ノ }'⌒'i'   ト. ヽ  \    ∨   \
         /     i/  /  |     乂__人__人__ノ ー\   \  }     \
       /     /  /    j/   /         ',    \   \ i       \
      /  〃  / イ      /    .,′   、   ,  \. \} \   ` ー--  .、   \
    /  //  / / .!    ′    .′     Y     ヽ ヽ   `''ー- _   ヽ   \
      / ./  / /   .|   _i      .i        |      ',   :、   i    ヽ   ,
    /  /  / {     |  ノ {      |        i!       ,  ',  |     ',   ',
        ,   {  i       _ゝ-ヘ     {      .′        }   }   !      }  }
      ./    i! |.   i! ゝ<´_ヽ    ',       .イ         ,   ハ  ,      ノ  ノ
          , ',   .|    ゝ-->:.. _ヽ_ .:<         /  '       / /
     {     \ \ !    /          >:.. _ ∠ ..イ    |   / /
     i      \ \    ′               __j      .i!  /   /
     |        \ \                ''"´       / /   /



9795 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2016/03/06(日) 22:30:34.37 ID:E7ZcMKNF



                       > ´  ̄ ` <
                 /         ヽ
                /      ,   !   ',
                   ,:    i   / /  /  /  !
                 / ,   |ハ/!/| ノイ/i , ,    やる夫、褒めてつかわすぞ
              / / .i  i! 代iナ´ ィiナi/ /
                / /  |  .ト!     ,  ハ/!     これこそは、我が弟とするに相応しき概念
            〃,:  i!  |ヽ  、_ _  イ!  ,
           / / /  |   ! > __,/  i i ',     よもやお前がこれ程の腕とは思わないんだ
              /  , / __,.ヘ ∨    { ミ:ー-| |__
          / /,<´   ヽ ヾ ∨ヽ-r メ!::::::| |:::::ヽ    ふふふ、これは何ぞ褒美を取らせねば釣り合わぬな
            /  ,:   \  \',. ,:::i::::ハ:::}:::::::| |::::::::}
        ,   j     ヽ.  ',∨:::::::::::::::::::ヾミ .、:!
         / < ヽ     ',  ハ∨::::::::ヽ:::::::::::\\
        / _ノ ヽ \   .ソ:::::',∨::::::::::',::::::::::::::::.. ミ、
      ,    ゞ..、    =--.:::´::i::::::::',∨:::::::::i:::::::::::::::::::::', ヾ
     ./  ./:::::::::>イ j::::::::::/:!:::::::::',∨::::::::!:::、:::;;;:::r''-}  \
    /  /::';:::::::::::/  ,}ハ''  ヽ ̄ ', ', ̄ノ   、 __ ノ    \
   ./  }二ニミ、/     ヽ    ` ー} }イ      i
     く /  _{__       \    | |       ヽ !
      {,.ィ::::/  \         ',.   ! !       .,
        `ヘ/ < `ー- ⌒ヽ   rィ..,,  ル!         i,..
          ゝ. ヽ     \__/:::::/ィ、        }ソi
             ̄',     /  }`'ー、ヽ::',    i   メ.' !
            ` ー- .{ / `ト、/ヽ';::!   |  i/ .ノi!
      /         ,.:i   Vi ヽノヾミ!_ j___/ ´   ',
       /        /: : }-ィ i !      !    i    ヽ
     /        /: : : : :',〈 ! .{ ー- 、 !___ !  __,ィヽ




       ____
     /      \
   / ─    ─ \     まぁ、気に入ってもらえれば何よりだお
  / -=・=-   -=・=- \
  |      (__人__)  U  |
  \     ` ⌒´     /


.
9800 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2016/03/06(日) 22:43:22.57 ID:E7ZcMKNF


      / ̄ ̄ ̄\
    / /     \ \     しかし……今までは何でも理屈で理解しようとし過ぎていたのかもしれないお
   /  (●)  (●)  \
   |    (__人__)    |   こいつを鍛造してみて何となく分かった気がするお
   \    ` ⌒´    /
   /              \




       / ̄ ̄ ̄ \
     /       . \    創りだしてみただけでは、その後何に育つかは分からない
    /  _ ノ   ヽ、_   \
   .|   (ー)  (ー) .  |  普通の武具と違って、宝具というのはその後の過程というのも大事なんだお
    \    (__人__) .  /
     /    `⌒´    ヽ
    ヽ、二⌒)   (⌒ニノ




                    > ´  ̄ ̄ ̄ `  ┐
                     /            |ヽ
                    /   / ,          |  ',
               ,'     ,'  /  /   i   |   ,    それが分かっただけでも大きな進歩であろう
                /    ,   /  /  / !   ,.   ',
              ,   ,: i   !  /_/  |  /   i  ,   これからも楽しみにしておるぞ
             i  ./  !  .| ./|/|/ メ ! ./ ! / .i !
             |  / r |   |/ マ弋 iメ |/|/レ'  ハ|   だが、しかし困ったな
             |   { !   {        ィ= |  /  !
             |   ハ _ト ゞヽ         ゝi !/      褒美をとらすとは言ったが、我にはこの偉業に
                  !  /   | |.      、 _  ハ       見合う報償を持ちあわせておらん
                ,  '     | | ヽ        .イトト-ゝ
             ,   __| |___ >.. __/i  |        やる夫、何か望みはあるか?
             /    |::::::::::| |:::oi  {  ̄ioi |  !
              /  __ri::=-::::! !::o|__ ー |:::!ー- | ...、
           /,,.ィ´::::::::::://::| ;:::::::{ {  ヾ::\::::::::::::::\



9801 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2016/03/06(日) 22:45:21.72 ID:dNu64Rtt
性愛はむしろギルの褒美だよな
まあ保留だろうか

9802 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2016/03/06(日) 22:46:03.51 ID:PnKAzMeQ
何を願うべきか…ww

9803 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2016/03/06(日) 22:46:07.92 ID:0Z+2kviP
お前らもっと仲良くしろよとか・・・ 無理か



9804 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2016/03/06(日) 22:48:28.52 ID:E7ZcMKNF


       ___
     /   ヽ、_ \
    /(● ) (● ) \    いや、報償とかはいいんで素直に言うことを聞いてくれれば……
  /:::⌒(__人__)⌒::::: \
  |  l^l^lnー'´       |
  \ヽ   L        /
     ゝ  ノ
   /   /




                    > ´ ̄ ̄ <
                     / !        ヽ
                    /  |         \
                    ,   |  .i    i   ',         それは無理だな
                     i  ト、ト. {ヽ!___| !  }   、
                     | i ,r=z、ヾ '´ ̄!ィ , .ハ   \    我の心は我自身にあってもままならぬ
                     | |ハ.{   '  _   ! /./ i    个ヽ
                     人{.rヾ  r', --i 从/__j i    ',     あと、誰かの命令に従うとか大嫌いだし
                     !i__\.ヽ  ′/ |   |    ',
                   ノイ  >-- ´   i  !    ',
                     / ,   __)  __ノ  ノー-.、    、
                   / r- /::ー-.:´/ /::::::::::::::',      、
               ,      / //7TTi´/ /::::::::::::::::::::::',      \
           /   ./ /:::::>== 彡::{::::::::::::::::::::::::::::::i   ト.   ',
          /  r''⌒ヾ./:::::::::::_..r-< ´  ̄ `ヽ::::::::::;:::::!   ! ヽ   i
         /   /    く:::::,r'' へソヽ         ';/::::::{   ',   }  ,
         , ,   >=- ''"7  -マ''´::::::} ヽ    /::::::::::::!   |  / /
          { /  / /     {..イ⌒´:::::::::::ゝ _ \ .イ:::::::::::::::',.   ! ./ イ
         /  .,: {    /、   ';::::::::::::::::::/ ̄´ヽ::::::::::::::::::ヽ. ,: 〃
         ,   乂 ヽ_,r≦ _ \__ヽ;;;;;::/   ノ  }:::::::r''^⌒゙ /
        ./     ` ̄   ゝ:._ ノ  ` ー ´  ⌒ 7    ,
      ,               ',                 /   i  {




       ____
     /⌒  ー、\
   /( ●)  (●)\     うん、知ってた
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |     |r┬-/ '    |
  \      `ー'´     /



9806 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2016/03/06(日) 23:03:17.64 ID:E7ZcMKNF


       ____
     /_ノ   ヽ_\
    /( ●) ( ●)\     まぁそのうち考えておくお
  / ::::::⌒(__人__)⌒::::\
  |        ̄      |
  \               /




                        -―-  .
                     /    `ヽ \
                      /   /     ', ヽ
                        / , i i   i    ',  ',     このような機会は滅多に無い
                   ,.イ i | { i ト、 } i  |   ,
                 / ! | ト、!从|ィfツi!  i  i     考えるのも我の気が変わらん内にしておくことだ
                     |  ハ泛ナ   |! 厂! ,
                     |/ヘ. ゝ  _ '  レ' ̄   ',
                      | }/ >.. __ .イ  |_ | |  ヽ
                     !     __i__ ,..ィ´::ト! !,,  \
                       ,    __}::::::::::::rくヽ::! !::::::ー-.、\
                    /  ,.ィ彡v-v iソ{人!::| |::::::::::;:::::`ヾ
                      / .r''::::::::::iイ{_/V:::::::/:::::! !:::::::/:::::::::::{ \
                     / ノ::::::::::::::::::::/:::;;:::::/::::::::! !:::::;':::::::::::::::',   ,
               / r''ひ;v''⌒゙''tィ''´ ̄  ̄ `ヾ|:::::{::::::::::::::::::',   ,
             /   };;ハ     ',      | |⌒';:::::::::::::::::::〉_ ',
            、__  イ  ,. -=ミ:::::ゝ __ ィ  ゝ __ ..:':| | / ヽ::::::::/   ヽ
             ,  /ー   ∨  i   :i       | | /  `ヾ{ ,,.. -‐''ス
           / __,≧==ミ /   |           | !'     `T''::::::::::::::}_
             / {/    {  |   !            !|         ゝ::;;::::ノ !
          ,  !   ',  !    !イ      ト、 .|!        i    ハ'´ }
           i  ハ -=--ミ   / レi j   トi  | ヽ         |   , /i_ノ
           |    ヽ    _}__/`ー-ム_,,..ィ:}   _\     i  ./∨/
           |     \__ノ   Vー- 、     厂   / ヽ    i! /  }'
            j         } 、i !}ー-、 ___/ ,..イ{: : : :\   i   /
          /イ        iハ__-y'   /´::::i::::::::::::`V   ',: : : : : ',.  i.._/



  【 黄金のサーヴァントの宝具が「人造宝具」から「人理鍛造剣」へ進化しました 】

  【 やる夫の生成熟練度、並びに鍛造熟練度が極めて大きく上昇しました 】

  【 やる夫が「即時鍛造」、「宝具焼却」の技能を取得しました 】


  ※即時鍛造は、原料さえあれば即席で武具を鍛造することが出来る技能です。即時鍛造で作られた武具は礼装以上
   宝具以下程度の性能となります。

  ※宝具焼却は、文字通り宝具を焼却し鋳潰してしまう技能です。ただし、高ランクの宝具や神造宝具等は構造的な解析
   が必要になって極めて長い時間を要したり、そもそも概念を元にした宝具など焼却できないものも多く存在します。
    実戦の中で使えるような状況は極めて限られるでしょう。



9810 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2016/03/06(日) 23:10:18.00 ID:E7ZcMKNF


             ___,,,,,___
       __,--‐'''' ̄´ 、  `''''ヘ― 、
    - '' ニ            冫 .. ゙'、
,,」冖 ぃ  !  ̄ t ``゙゙'ゝ、,,_ " ..丿 `¦ヘ、        本日はここまで
彳 .. ││ ! ! ‐ ニ、   `~~゙ T゙'、  ,,......∟
|∟ J┴‐」∟ 二 │      ヘ-′,, 丨〈ゝ 、      遂にやる夫が宝具鍛造の壁を超えました
゙ゞrぇj」」i !|}l!|にl|什廾lサ n ,,_ ヽニ 〈 ''イ」l ___
 NNNNNMMMMMMMMMノニ(⌒) /"| ゙  /   宝具焼却は基本性能で勝るサーヴァント相手に使うのは
       匚i 、_、    ..i〃 九 コl厂|||! |//     極めて危険なので、敵サーヴァントを無力化してからでないと
         M .. _ _....、、 、 'M} '|)|||||/'' /   /   基本的には使えません
         .M   ゙ ニi∩こM/  /| |  |   /
         'M   ./ ./llj!M丿  ! | | |、  |     触れれば即分解、といった便利なことをしようとすると、相手の
         M _ ィ}xニ,'〈M¦ ./___|   |     格が相当低くないとできません
         ゙M { ゙'ニ !l!M っ j'     |   |
         'M 二 ; ./Mゞ 」┤     |  /    それこそ、人間が見様見真似で作った贋作くらいでないと、
         NNNNNNェ ' _ィゝ│ | ̄ ̄\/     宝具の焼却には長い時間を要します




        _,,....、
   _ _./  --゙i゙i ̄ヽ、     ..r―- 、
  广く   / l゙    `''''i   ....rゝ、.. xト     _..、
  「ゝ ‐‐'´ o | \ l゙i  ヽ、,' ヘjェr'に ] 、  .ー- 、     それではお疲れ様でした
  ゝ㎜㎜i'、iiiii     |  | |/ ヽユヽ' / ユ   |′
       (O)  ヘヘ  |  |    '、.. `'l''  ヾ、|
      ソ iiiiiノ  `'、 '!' ̄ - / /  ヽ'‐.._ _..jF''ソ
     ソ  lr-r卜 \\  ’ 'へ--、\  \‐|  .ー-
     ヘ  !/丶/゙i  \ /´ ̄ヽ ヽ.; \\  .\\广'
    _ _``  ゙i / /=`(≡0)0)`|..\\丶 \\
   //| /:ヽ) ̄/ヘ / ̄ /`(≡0) :〕|\\\ \/
   |/ヽ)) )`_了7: \/r'r //)(≡0)li]l]il\\ \
    ∧ノノノ_ _\/r'r //''l!| /〔(@)〕二二\\
    ヽ-‐´ //| /:ヽ))ニ)  ii / |?ココi|l||コと\\
        |/ヽ)) )`(≡0)/ii  | 儿ll,'li]l]illl
         ∧ノノノ   \/ \ノll,'li]l]illl
         ヽ-‐´      \/\


9830 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2016/03/07(月) 06:03:32.69 ID:eu20clC0
質問
宝具焼却で鋳潰したスクラップは新規鍛造の素材になるんです?



9831 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2016/03/07(月) 21:20:00.23 ID:uXsagGxZ


             ___,,,,,___
       __,--‐'''' ̄´ 、  `''''ヘ― 、
    - '' ニ            冫 .. ゙'、
,,」冖 ぃ  !  ̄ t ``゙゙'ゝ、,,_ " ..丿 `¦ヘ、        本日は投下無しです
彳 .. ││ ! ! ‐ ニ、   `~~゙ T゙'、  ,,......∟
|∟ J┴‐」∟ 二 │      ヘ-′,, 丨〈ゝ 、      そういやそろそろ次スレを立てないとなぁ
゙ゞrぇj」」i !|}l!|にl|什廾lサ n ,,_ ヽニ 〈 ''イ」l ___
 NNNNNMMMMMMMMMノニ(⌒) /"| ゙  /   >>9830
       匚i 、_、    ..i〃 九 コl厂|||! |//      なりますが、焼却した時点でその宝具が持っていた様々な神秘や歴史、
         M .. _ _....、、 、 'M} '|)|||||/'' /   /   逸話もなくなりますのでただの原料にしかなりません
         .M   ゙ ニi∩こM/  /| |  |   /     また宝具サーヴァントに対しても、やる夫がその製造工程を理解できる
         'M   ./ ./llj!M丿  ! | | |、  |     宝具サーヴァントでなければ焼却は難しい上、やる夫は士郎とは違い神秘
         M _ ィ}xニ,'〈M¦ ./___|   |     を帯びた宝具の製造工程を瞬時に理解できる技能は有していません
         ゙M { ゙'ニ !l!M っ j'     |   |      人間が作ったものであれば例えどんな理不尽な形で作られても理解できますが、
         'M 二 ; ./Mゞ 」┤     |  /    それが歴史や逸話に由来していたり、神造である場合などは、交流時のように
         NNNNNNェ ' _ィゝ│ | ̄ ̄\/     工房に篭って集中しながら丹念に調べる必要があります



              /i ̄ ̄ ̄/ ̄ ̄(  ) ̄ヘ
              |//i ̄ヘi``''‐‐‐---l-/ヘ
               / /‐‐''''゙i―i------/エテヘ   ヘ       尤も、やる夫自身が神秘を理解できていない為に工程を理解できず、
               `´,,,,,/___|/l\i、\‐-| j """/l |     工程を理解できないが故に焼却に長い時間がかかってしまう
              /  `゙゙゙゙゙゙''''゙iハ ノ \-‐'''''´/   |      負のスパイラルが出来上がっているのが現状です
            /i        // ゙iヘ   〉  ゙i   //
            /レ'    ∠ニナ'/   |   |゙i / ゙i/ /        逆を言うと、工程さえ分かってしまえばそこに含まれる如何なる
         __,,,/```'''‐-,,,,,,,,,/,---‐‐‐| /ヘ ゙i   〉 /     ,/   神秘や理不尽を無視して宝具を焼却することが出来、現状やる夫自身
        ,' くく  /┐\゙i l |  __| | ゙i ゙i ゙i__/    /     が作った宝具であれば、例えどれほど規格外な宝具であっても相性や
        |┴┴/ ̄ヘヘヘベi | | /    ヘ/    \\/  /    理屈を無視して焼却することが出来ます
        ゙i ̄l |  | | | | |┤∟_l三( 0)/ ,----、  |ヘ-‐''ヘヘ
         ゙iMMMNNNNNNN//  ̄/ ̄\    ゙i  | \ ゙i ゙i/   なので神秘そのものを理解できれば、あらゆる宝具が通用しなくなる
          MMMMNNNN// ̄// ̄\\\  |  |  ゙i   /  可能性が十分ありますが、神秘の解明は人間には不可能なので、
           \  l   ,--‐‐''''/ / /\____/三( 0)゙i  ヘ/|   やる夫が完全に人間をやめてしまわない限り、この能力は実戦レベルで
            `''''''''''´´i´ヘ,,,,,,,〔 ヘ三( 0)   /\ /  ゙i     の運用には「人間が作った宝具」に限定される効果といえます
              _-‐‐‐‐‐-、/ ゙̄i゙i゙i    /ll,'li]三( 0)   \
  ∧∧ /i ̄‐‐v‐'''''l /∩\三( 0)   /|ll,'li]l]illl   / /    やる夫が神業たる所以は、その人間では理解できない筈の神秘を、
  | | └´──┐/|        | |\__// |  / /        理解できないままに作り出していることですので
  | |  |     | ┌'''' ̄ ̄ ̄ ̄| | |//\ |/ /
  \i`''''''‐‐‐‐三( 0)____|_|//  \\/
     ̄ ̄ ̄ ̄-─────''''''''''''''''´


9834 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2016/03/07(月) 21:58:53.29 ID:uXsagGxZ


【 宝具生成時 】

               ____
             /      \
           / ─    ─ \    とりあえず作ってはみたけど、ぶっちゃけよく分かんねぇお
          /   (●)  (●)  \
            |      (__人__)     |   これ本当に宝具と呼べんのかお?
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \

  自分で作っておきながら神秘が何なのか分からない為、その宝具の方向性も可能性も本人には見えていない。
  また製作者自身がそんな状態であるため、宝具の方もただ神秘が在るだけの状態であり、宝具であること自体
 は確かだが中身が伽藍堂。一部の例外を除き、それがそんな大それた存在だとは理解できない。
  RPG風に例えると、宝具を属性付与武器とすれば、武器の作成技能と属性強化技能は文句なしに一流だが、
 属性付与の方法もどの武器なら属性を付与できるかも分かっていない。なので、自分が作った武器が現時点で
 無属性である=属性武器ではないとしか認識できない。





【 宝具鍛造時 】

               ____
             /       \
           /  ⌒   ⌒  \
          /  (●) (●)  \   あ、なんかこいつの声が聞こえる気がする
            l    ⌒(__人__)⌒    l
          \     `⌒´     /
          /              \

  伽藍堂の宝具に何らかのキッカケで方向性が定まれば、後はもうその方向に伸ばしてやるだけである。
  他の宝具は既に自己の方向性が定まっているため、その方向性を理解し正しく伸ばしてやる方法を模索するが、
 自分で作った宝具であればその工程も不要となる。ただし、自分自身でお手製の宝具にその方向性を与えることが
 出来ないので、自分一人では生成から鍛造の工程へ移行することができない。
  ぶっちゃけ宝具の方向性も、実際鍛造の工程で何がどうなっているかも、トランス状態のやる夫には理屈としては
 理解できていないが、体が何となく動くので気づけば出来上がっている。




【 宝具焼却時 】

      ____
    /       \
  /   -‐´ `ー\
/     (●)  (●)\    宝具の声が聞こえるワケじゃないし、むしろ抵抗されるからな
|        (__人__)  |
\      ` ⌒´  /     鍛造の時とは違って感覚でやれる作業じゃないお
  >     ー‐  <
. /      / ̄彡ミヽ、
/    ヽ /  / ヽ  ヽ
ヽ.    Y  /   |  |
 ヽ     ノ    ヽ ノ

  宝具を作り、鍛造するようになったことに付随して可能になった技能。
  作るよりも壊すほうが簡単であるのは世の常だが、ほぼ感覚と経験だけで宝具を作って強化できるやる夫にとって、
 その感覚と経験が頼れない時点で大きく難易度が上がる。
  例えとしては不的確かもしれないが、美容院で客の好みの髪型を聞いてその通りにカットしようとする時と、いきなり
 バリカンで丸刈りにしようと試みた時、カット自体の難易度とは別にどちらが楽に目的を遂行できるか、
 というのがゴジュラス的な生成・鍛造と焼却の感覚。


.



Next  その95へ


Back  その93へ


目次へ





関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カウンター
検索フォーム
カテゴリ