FC2ブログ

9/14 すずめの小部屋更新。 11/22で5周年なのじゃー。いやぁ、気がついたら長いことやってますね

やる夫達は聖杯大戦を勝ち抜くようです その77

7719 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2016/01/31(日) 10:31:50.66 ID:YH9uVuig


        _,,....、
   _ _./  --゙i゙i ̄ヽ、     ..r―- 、
  广く   / l゙    `''''i   ....rゝ、.. xト     _..、
  「ゝ ‐‐'´ o | \ l゙i  ヽ、,' ヘjェr'に ] 、  .ー- 、     唐突ですが再開
  ゝ㎜㎜i'、iiiii     |  | |/ ヽユヽ' / ユ   |′
       (O)  ヘヘ  |  |    '、.. `'l''  ヾ、|     今回は変則的ではありますが、
      ソ iiiiiノ  `'、 '!' ̄ - / /  ヽ'‐.._ _..jF''ソ     我ちゃまのコミュやってから召喚をしたいと思います
     ソ  lr-r卜 \\  ’ 'へ--、\  \‐|  .ー-
     ヘ  !/丶/゙i  \ /´ ̄ヽ ヽ.; \\  .\\广'    多分住民の皆様は彼女が誰か分かってるでしょうけど、
    _ _``  ゙i / /=`(≡0)0)`|..\\丶 \\     敢えて真名は徹底的に伏せていくスタイルでいきます
   //| /:ヽ) ̄/ヘ / ̄ /`(≡0) :〕|\\\ \/
   |/ヽ)) )`_了7: \/r'r //)(≡0)li]l]il\\ \
    ∧ノノノ_ _\/r'r //''l!| /〔(@)〕二二\\
    ヽ-‐´ //| /:ヽ))ニ)  ii / |?ココi|l||コと\\
        |/ヽ)) )`(≡0)/ii  | 儿ll,'li]l]illl
         ∧ノノノ   \/ \ノll,'li]l]illl
         ヽ-‐´      \/\




7724 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2016/01/31(日) 10:44:31.99 ID:YH9uVuig


                 ,,..-――-..,,
             /          \
            /            ヽ
         /      ___)   ヽ- l
        /l       '´       r  .l
      / ..|. U   =≡=   =='' ',    はぁ……はあ……
     /`ヽ、__.',             ヽ   l
    ./   \ .ヽ.     (_ノ--'  ノ     失敗か
   /     /-‐| \、 ____ ,,..-<
  ./    ./   l l  \    | r-ヽ  `ヽ    今度は手応えがあったと思ったんだがなぁ
 /    l    | ヽ   .>、 r'__..>>   |
./     iヽ   .|_ヽ.イ .〈Y´ i `''1 |  |
'      l  、  < ´  .i  |  i  | |  |
\   / _,,-ヽ  ヽ  .i  .|  .i  .|.l  |
  .ヽ∠-''"ヽ    ヽ  i  .|   i  |l ..|
        〉    ヽ .l  .|   .i |`ヽ|
        /       l/  .|   ヽ|  .l



  手の中の異物を見下ろし、やる夫は大きく肩を落とす。

  魔女回路の移植以降、やる夫には新たな架空元素と呼ばれる中の一つ、無の属性が付与された。

  元々の属性であった地、前回の聖杯戦争がきっかけで適正が大きく伸びた火に続き、これで3つ目の適正となる。

  今までは、既にある物を鍛造、あるいは再構築やエンチャントによって強化するというのがやる夫の魔術のであった。

  だが新たな属性は、ありえないが存在するものを扱う。

  今まで知覚できず、存在すら認識できなかった物を扱うことができるようになる、かもしれない。

  その前に、やる夫は今まで既存品をベースにしてきた鍛造から、ゼロベースでの新規鍛造を試みていた。

  やる夫の目的とは微妙に逸れるものであったが、ものづくりとは何がきっかけでブレイクスルーが生まれるか分からないものである。

.

7725 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2016/01/31(日) 10:52:11.53 ID:YH9uVuig


            _____
          /          \
         /             \
       /   ─--    --─  \
     /   /____ `ヽ   、,,.-='、'、  \
   /     .l i;;;:::;;;i |′  l i;;;:::;;;i |    \
   |      ゛゙''''''´"ノ   ヽ`'''''"'"     |
   |   __ (     !     )       |
 /\r':| r' ̄二ユー ─'^ー 一'      /::\__
 : : : : | .| | /  ) `)         __,./:: :: :: :: :: :\__
 : : : : |.ノ. ノ /  ⌒ヽ_    /. |: : : :ヘ: :: :: : : : : : : : .ハ
 : :: :: :\         ヽ- ´   .|: :、 : : \: :: :: : .i i: :/: ::ヘ
 : :: :: : l: `ー┬-、      ト、.  /: :: :\/: : : : {. レ /: :: : ヘ
  : : ┐|: :: :: :: :\)  7 ./iii入/|: :: :: :: :\: :: :: :V /: :: :: :: :}
 : : イ .|__/ ,へ/⌒\ ./iiii〈   /! : : : : : ::/: :: :: : V: :: :,イ: : :!
 イノ : : / /: :: :\_  ̄\ii}  |: :: :: :: :/----: : .| /ノ: :: :|


   が、これがなかなかに難しい。

   そこらに転がるナマクラであろうと、稀代の逸品に生まれ変わらせるやる夫の作である。

   最初から求めるハードルが高すぎるという面はあるのだろうが、既に一本芯が入っているものを研ぎ澄ませるのと、
  原石から求めるものを削り出すのとでは、やはり勝手が大きく違う。

   こればかりは理論以上に経験がモノを言う世界。

   暫くはこの作業を振り返しやり続けるほか無いだろう。

   滝のように流れる汗を拭い、立ち上がろうとした、その時である。



7727 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2016/01/31(日) 10:55:34.93 ID:YH9uVuig


                          -- ― --
                    > "´            `゙ <
                    /    i´ ̄               \
                          |         ヽ
                /      |    i        ',.    ', ∨
                  /     i  |    i!   }     i     ', ∨
               ′   .i |   |  |  ハ. ∧   .|  .}   \
                i    | |  ハ  { i .} /, -}  ハ. ∧  ト __ >
                |     | |. /- ヽ ', | j/ ,.ィ==ミ、!/ i\{  i
                  jハ  i  | |/ィffミ、\{  " .乏弐ア  } ト }  |
              / .} |  | |マ 泛ソ}   \    , , ノ   , ソ八 ,
                | .ハ i!从 , ,  j        / / /イi.__  ',
                 j/ ∧ {  \        ,   /イ  /i | |  i  ,
                / , j/ `ト-`  ー   ´   ノ ./ .|.{_{_}.  ',
                 /  i!  { 込         / /  |  i    ,
                   /  . |、  ',  ≧:.. _ .イ j/!  |  |
                     ,..| \ ヽ__ ノ} }      |  .!  |     ',
                 ′ / ,   }ーr-- 一     r_|  {           ,
                    ,   /  ./  ゝ--<     (__{  ', ` <       ,
            /  /  /  /  乂__ノ、    r< ',  :、   `ヽ.   ヽ
          /   ,  /  /    (_ ノ }'⌒'i'   ト. ヽ  \    ∨   \
         /     i/  /  |     乂__人__人__ノ ー\   \  }     \
       /     /  /    j/   /         ',    \   \ i       \
      /  〃  / イ      /    .,′   、   ,  \. \} \   ` ー--  .、   \
    /  //  / / .!    ′    .′     Y     ヽ ヽ   `''ー- _   ヽ   \
      / ./  / /   .|   _i      .i        |      ',   :、   i    ヽ   ,
    /  /  / {     |  ノ {      |        i!       ,  ',  |     ',   ',
        ,   {  i       _ゝ-ヘ     {      .′        }   }   !      }  }
      ./    i! |.   i! ゝ<´_ヽ    ',       .イ         ,   ハ  ,      ノ  ノ


  こちらを愉しげに眺めるサーヴァントの存在に気がついた。

  一体何時からいたのだろうか。

  いくら没頭していたとはいえ、工房に誰か入ってきたことすら気づかないほど無防備ではなかった筈だが。



7729 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2016/01/31(日) 11:02:04.18 ID:YH9uVuig


             /    /
                /   /   /  /           ヽ
            /  /    /  /            |   ',
             ,' .,      /   '  /         !    ',
          , /      '   .  / /、.イ     ,    ,
           |   i    .i    i / ∠i/ヽ!    /   , i
          i   |    |    |ハ{杙沙ミ、   /i   / !   何だ
           |   |    !  i   !        !  イ=-、  .イ  ,
           |   |    |  ハ. |     -彡 ´ ゞツ !/ ,  ,    鍛冶師という割に、随分と不格好なものを
             ,:   |    |  ,  ヽ!         ´   ノ  ノ /    創るではないか
         /   i!   .!ヽ{       、      / ̄/ /
           /    .i!   .! ヾ ヽ       ´  イ ./ ´
          ,:    ハ  .!      \    .イ  , /
       /     /  ,   |     /⌒ ー ´ }/ {/
        /   /   i   !    ,  i     ',
         /    |  ',    {ヽ人  {   ,
    ./  /ノ⌒i    | i ',    ! \  ヽ.  ',ー- .、
 -‐ '' -‐ ( 〃 ./⌒i_  ! |  ,     r-、     ',.   ヽ
       (_ ノ  / ) | .|  ',   r-ヽ ヽ     ,    ,
         ゝイ  /´ |  !  .V⌒ヾ.  ヽ  }、    ', .  ',
          ゝイ   |    ',.  !、.  )-'! ヽ    、i.  i



         ____
       /      \
     /   _ノ  ヽへ\
    /   ( ―) (―) ヽ
   .l  .u   ⌒(__人__)⌒ |
    \     ` ⌒r'.二ヽ<
    /        i^Y゙ r─ ゝ、
  /   ,     ヽ._H゙ f゙ニ、|
  {   {         \`7ー┘!


  やる夫が机の上に置いた何かを手に取り、率直な意見をこぼすサーヴァント。

  それに関しては何の反論もない。

  何せやる夫が求めたものと、彼女の手元にあるそれとは、大きく異なっているからだ。

.

7730 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2016/01/31(日) 11:08:06.93 ID:YH9uVuig


                          -- ― --
                    > "´            `゙ <
                    /    i´ ̄               \
                          |         ヽ
                /      |    i        ',.    ', ∨
                  /     i  |    i!   }     i     ', ∨    だが良い
               ′   .i |   |  |  ハ. ∧   .|  .}   \
                i    | |  ハ  { i .} /, -}  ハ. ∧  ト __ >   これは我の識らぬガラクタだ
                |     | |. /- ヽ ', | j/ ,.ィ==ミ、!/ i\{  i
                  jハ  i  | |/ィffミ、\{  " .乏弐ア  } ト }  |     我を愉しませた褒美に、これを一時預かってやろう
              / .} |  | |マ 泛ソ}   \    , , ノ   , ソ八 ,
                | .ハ i!从 , ,  j        / / /イi.__  ',    お前がこの我に捧げる宝物を完成させるまで、
                 j/ ∧ {  \        ,   /イ  /i | |  i  ,   これを担保としてやろう
                / , j/ `ト-`  ー   ´   ノ ./ .|.{_{_}.  ',
                 /  i!  { 込         / /  |  i    ,
                   /  . |、  ',  ≧:.. _ .イ j/!  |  |
                     ,..| \ ヽ__ ノ} }      |  .!  |     ',
                 ′ / ,   }ーr-- 一     r_|  {           ,
                    ,   /  ./  ゝ--<     (__{  ', ` <       ,
            /  /  /  /  乂__ノ、    r< ',  :、   `ヽ.   ヽ
          /   ,  /  /    (_ ノ }'⌒'i'   ト. ヽ  \    ∨   \
         /     i/  /  |     乂__人__人__ノ ー\   \  }     \
       /     /  /    j/   /         ',    \   \ i       \
      /  〃  / イ      /    .,′   、   ,  \. \} \   ` ー--  .、   \
    /  //  / / .!    ′    .′     Y     ヽ ヽ   `''ー- _   ヽ   \
      / ./  / /   .|   _i      .i        |      ',   :、   i    ヽ   ,
    /  /  / {     |  ノ {      |        i!       ,  ',  |     ',   ',
        ,   {  i       _ゝ-ヘ     {      .′        }   }   !      }  }
      ./    i! |.   i! ゝ<´_ヽ    ',       .イ         ,   ハ  ,      ノ  ノ
          , ',   .|    ゝ-->:.. _ヽ_ .:<         /  '       / /
     {     \ \ !    /          >:.. _ ∠ ..イ    |   / /
     i      \ \    ′               __j      .i!  /   /
     |        \ \                ''"´       / /   /



       ____
     /      \
   / ─    ─ \
  / -=・=-   -=・=- \   お前、ガラクタを愛でる趣味があったのかお?
  |      (__人__)  U  |
  \     ` ⌒´     /



7732 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2016/01/31(日) 11:10:05.23 ID:/ipfdui5
オリジナルなら愛でる対象になりうるからなww

7733 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2016/01/31(日) 11:11:37.36 ID:c/iaQMPU
あぁ、今から作る宝具のもとやしな、、、



7734 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2016/01/31(日) 11:13:26.44 ID:YH9uVuig


                       ___
                   > ´        ` <
                 / _           \
                      i´      `ヽ       V
               / ,  .|       \   ∨   ∨
               , ./  | {     i  ', \ ∨
              , /   .i! .!    }   ',  ', V   ,     たわけ
              { .,!   i!     . ト、  }ヽ ! }     i
              j/ }  i  ト 、   i } ,ィ泛''ア j ハ   {     我の目は真実を見通す
                    |  | | {___\  ハ!' ゞ'  ノ / }   !
                    | i!从マ 沁` j/      彳- '   i ,     内に何も篭もらぬ駄作だろうと、
                    j/|  }ヽ¨´  j      八 } }  |: ',    そっくりそのまま模倣した贋作だろうと、
                    j/ j从\   , 、   .イ | , j  .!  ',    作とも呼べぬ正真正銘のゴミだろうと、
                    / }   }  >  __ ..イ   | / /   |  ',    我が目にはハッキリ分かるわ
                 ,    r__ ュァ }   ,: |/ /≧=ー-- .、
                   / .ィ ´ ̄ア_ノ/)-.v-v- / /ヽノ    ---}    我の審美眼は、見た目の美醜などという
                   / {    し' /  } .} / /J-’  /    i∨   些細な事に拘らぬのだ
                / i  i!   /ゝイ、_人_ノ i .!  i /     |. ∨
                  ,  }  V  /        | |  {  ,     .i! ∨
                r''  .ノ /     ノ  ,| |  | /        !  ∨
            /  ノ  / ./     /   /| |   ′       |   V
           / ./  /  ./     /    / .| |   }       !    ∨
            /   .,  .{      ′   .,  | |   } |       リ    ∨
          /  /    〈: : : : ',: : . . { . . : :/: : :| |: : ハ!      {      V
       ′  j,,..-―  ヽ : : : \: : , ヽ_:_:ノ: : : :| | ィ′|    / i      ∨
      /  /´  __     > _:_: :メ: :/:.    --| |´  .{  /    ',
     ./  /  ィ"    __{  ',    ∨       } !   ソ        }      i
     ,   ト、 {    /∨ /. ',          j/  /       /    .i  |
      i   { ハ   /   ∨  }           /   乂    -== {   i |  i
     |   i/ } r'' \   _∨ j             ∧      ',   .| !   |



       ____
     /_ノ   ヽ_\
    /( ●) ( ●)\      その割にはやたらキンキラキンな格好が好みのようだが
  / ::::::⌒(__人__)⌒::::\
  |        ̄      |
  \               /



7736 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2016/01/31(日) 11:22:56.44 ID:YH9uVuig


                          -- ― --
                    > "´            `゙ <
                    /    i´ ̄               \
                          |         ヽ
                /      |    i        ',.    ', ∨
                  /     i  |    i!   }     i     ', ∨
               ′   .i |   |  |  ハ. ∧   .|  .}   \     好きなモノを身にまとって何が悪い
                i    | |  ハ  { i .} /, -}  ハ. ∧  ト __ >
                |     | |. /- ヽ ', | j/ ,.ィ==ミ、!/ i\{  i     むしろ、我が身に付ける物を創れるというのは
                  jハ  i  | |/ィffミ、\{  " .乏弐ア  } ト }  |     至極の栄誉と心得よ
              / .} |  | |マ 泛ソ}   \    , , ノ   , ソ八 ,
                | .ハ i!从 , ,  j        / / /イi.__  ',    我が手に取る
                 j/ ∧ {  \        ,   /イ  /i | |  i  ,
                / , j/ `ト-`  ー   ´   ノ ./ .|.{_{_}.  ',   それだけで、何にも勝る価値があるのだからな
                 /  i!  { 込         / /  |  i    ,
                   /  . |、  ',  ≧:.. _ .イ j/!  |  |
                     ,..| \ ヽ__ ノ} }      |  .!  |     ',
                 ′ / ,   }ーr-- 一     r_|  {           ,
                    ,   /  ./  ゝ--<     (__{  ', ` <       ,
            /  /  /  /  乂__ノ、    r< ',  :、   `ヽ.   ヽ
          /   ,  /  /    (_ ノ }'⌒'i'   ト. ヽ  \    ∨   \
         /     i/  /  |     乂__人__人__ノ ー\   \  }     \
       /     /  /    j/   /         ',    \   \ i       \
      /  〃  / イ      /    .,′   、   ,  \. \} \   ` ー--  .、   \
    /  //  / / .!    ′    .′     Y     ヽ ヽ   `''ー- _   ヽ   \



      / ̄ ̄ ̄\
    / /     \ \
   /  (●)  (●)  \
   |    (__人__)    |
   \    ` ⌒´    /
   /              \


  つまり、彼女なりにやる夫の作に価値を見出してくれていると言うことだろう。

  素直に嬉しい半面、失敗作を褒められる座り心地の悪さもある。

.

7737 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2016/01/31(日) 11:30:10.63 ID:YH9uVuig


                 ,,..-――-..,,
             /          \
            /            ヽ
         /      ___)   ヽ- l    ところで、何時から見ていたんだお?
        /l       '´       r  .l
      / ..|. U   =≡=   =='' ',
     /`ヽ、__.',             ヽ   l
    ./   \ .ヽ.     (_ノ--'  ノ
   /     /-‐| \、 ____ ,,..-<
  ./    ./   l l  \    | r-ヽ  `ヽ
 /    l    | ヽ   .>、 r'__..>>   |
./     iヽ   .|_ヽ.イ .〈Y´ i `''1 |  |
'      l  、  < ´  .i  |  i  | |  |
\   / _,,-ヽ  ヽ  .i  .|  .i  .|.l  |
  .ヽ∠-''"ヽ    ヽ  i  .|   i  |l ..|
        〉    ヽ .l  .|   .i |`ヽ|
        /       l/  .|   ヽ|  .l
     ./         ./   l     /.\ ヽ
    l           /   .l   〉  \l
      ヽ     /__,..--'┬-イ    |
        \  ./―‐┴''"´ ̄ ̄l     |






               ./         ヽ \     `  .    \
           /     /     .   ヽ \    \    ヽ
             .'      /      .   !   ヽ         .
           ./. ./    /       i  .           ヽ    ミニ=-
         /. ./     l         |  l .l   ト、         ハ     最初からだ!
         .,' ヽ./     /|         !   l .|  !ハ          ハ
          .i  イ.    ./ .!         八 ! イ !、 ! l  イ、i   i   ハ     あの奥に仕舞われているモノで作り出す
          .! ,'│    |  l        ./  i// ヽl  V./ // ハ Y ヽ. .'.     のではとワクワクしたがな
          .l l │   .| .八     /,,.∠.≦芹斧ミ/../ │ j }. 乂 .'、
          .l.l .│   |.メl/ヽ   ,xイ .ィチ ら.仞 》/ .\.. _ >  ミ=--'   そうでなくても我は楽しめた
          .ヾ /    ..r= ≧ \ ノリ. ´ .弋。り ´ / 'イ. /   \ \
          / .ィ {.rヽ .√丐ミ、レi/      ¨:.:.:.:.:. / // ./ j }_   ヽ `丶      ひとまずは合格としてやろう!
         ./ .ハ  .!i_. ハ ゞ.ツ,           ム/|三三 ̄l!     \    \、
        ./´  ヘ. ノ iニ人¨              j|三三  .! ゛、  .\    ` ー-
              レ ./..i!三ニヽ        ノ     lL三三_!  ハ_   \
              /. L三三ニ   ` -    /     _!__ _x入  `ー
           // //  /  >    ,.イ   j  ≦/>イ    ヽ ,, <
           //  /  /  /      ` t´:::::| _/イニ> ´      ゝ゚´゙;i;i;i;i;i;i;
           { !ハ:! / イ  ,,z≠⌒  ハ::::::|  ,,イ///      ィ´゙;i;i;i;i;i;i;
          リ  .V    /イ/__ /ノ::::  ノ///      z/゙;i;i;i;i;i;i;
                     =イ/イ三三三>、ェイ/ソ      イ/゙;i;i;i;i;i;i;



7739 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2016/01/31(日) 11:36:59.18 ID:YH9uVuig


      / ̄ ̄ ̄\
    ../ _, 、_.  \
   / (● ) (● )  \    ああ、あれか……
   |    (__人__)     |
   \   ` ⌒´     /
   〆~\       /ヽ
 /:::;;;、:::::::i::ヽ`介´/::::i::::::::::ヽ
<:::::::::::<|:::::::l::::ヽ| | i::::::7;;;;;;:l::::}
. \::::::::\:::::\;;;i,,/:/:::::::::i:::::{


  神器鍛造の為に用意した最高の素材だが、今となっては前ほど苦労することなく精製できるようになっている筈だ。

  実際に作ってみないことには如何とも言い難いが、以前ほど素材自体の重要性は薄れてきている。

  この黄金のサーヴァントが実際どの程度の実力を持っているかは不明だが、このまま遊ばせておく
 ほど勿体無いことはない。

.

7740 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2016/01/31(日) 11:45:58.38 ID:YH9uVuig


          ___
        /     \
      /⌒   ⌒  \      アイツを使ってお前の獲物をこしらえてやったら、
     / (●)  ( ●)   \    その時はやる夫達と一緒に戦ってくれるかお?
      |    (__人__)      |
     \_  ` ⌒´    __/
     /´:::/ヘ;;;/∨::\::::::::`ヽ
     i:::,::>:::i/;;;;i /:::::::く:::::::,::::::ヘ
    {:::i::ヽ::i;;;;;;;/:::::/::::::::i:::::::::}




            ,.. -- ― -- ..、
           /,         \
         / /    i   .i    ヽ
         ,  /  .i  |   ハ    ',                     王に出陣せよと乞うか
        .'    |  !  / .|  /! ,: ト
        |  i   |  _レ|/_ー-| ./ |/ !                     まぁ良かろう
        |  |  r'' i  代ソ ゙ |/ィォ! .i |
        |  | .乂 |  .|     ゝ !.ハ!      ,.. -‐- 、          ただし、我が戦場で振るうに相応しい
        |  | / >、 .| r- ..、  ハ__,,.. -- ''´      \  ,.-- 、    逸物が献上されればの話だ
        |  |  `゙  } |.   ー ' / |        /⌒\  ヽ / ` ̄ i
        | _| ハ  | | /'' .-イ .!       /     ヽ/⌒ヽ.   ,′
        r''´  ヽ!   | | 乂  ヽ ',  _ ,,..イ       ヽ  ー-' イ
        i  ヽ.  ',.  ',. ',  ヽ  \´               ハヽノ /
        |    \.ヽ  ヽヽ- ' \  ヽ               ゝ.ー< )、
         ,      ',. \ ヽヽ   、 ヽ.  \            ` ̄  >-- 、
         i       ヽ. ', ',.   \ \. ヽ             /    ヽ
         |        ',  ',.}-- .. ',  ',. ',           ,          \
         |      ./.   ',  ',   ヽi  ノi |        ./           \
         i     /、    ',  i     ` /| !       /        / ⌒ヽ.  \
         , /   i  ヽ   |  |.     、/  |     /        /       ∨  \
          レ'   ,'   \ .|  |   ,/  〉   |   ,.ィ/             ′    `   ∨
        /    ,      ヽ! .!      ヽ  |./,/´           ,   、      ∨
       '    `{       |  !     ` ̄///{ i            /    ,.ヘ      ∨
        ',     ',       | ,'      .////ハ |           ./   イ  ',       ,


.
7741 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2016/01/31(日) 11:48:16.32 ID:jOMgC0GM
今の所は戦闘で手助けする気にはなってなさそうだなこれ。

7742 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2016/01/31(日) 11:50:31.67 ID:1K3v52CV
次に我様と交流した時に宝具作りかな? それならその前にネムを調べたほうが良いかも

7743 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2016/01/31(日) 11:50:46.98 ID:/ipfdui5
降りかかる火の粉は払ってくれそうだが、それ以上はする気なしか



7744 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2016/01/31(日) 11:59:09.25 ID:YH9uVuig


                     ___
             ,   ´       `  、
              /             \
            '                   ヽ
           ′_      }        _三ニ    ,    言ったな
        /   ≧ー- ヽ ゞ≠'"-。―i
         |   ヘ  ゚ ノ     乂__  .ノ      |    お前のほうから寄越せと言いたくなる物を作ってやるお
              `            ´      '
           (   {     )        ,′
           \  `¨¨   ー- '     _∠
            |≧=-  ___   __..。s≦三三|
       _ -=≦≧三三| | |三三三三三-=≦≧=- 、
     /三三三三三三| | |三三三三三三三三三三\
    /.三三三三三三三| | |三三三三三三三三三三ニ∧



  【 今後黄金のサーヴァントと交流を行うと、宝具生成が行えます 】

  【 宝具生成は今までの宝具鍛造とは異なり、ゼロから宝具を作り出すものです 】

  【 その為、最初のうちは宝具鍛造の熟練度が宝具生成には反映されず、宝具鯖との交流でも生成の熟練度は上がりません 】

  【 我ちゃまと交流し生成を行うか、特定のイベントを発生させる事で熟練度が上がります 】

  【 ただ、一定のレベルまで上がると、鍛造の熟練度がある程度反映されるようになります 】

  【 簡単にいえば、基礎習得期間中は応用など以ての外なので、ひたすら数をこなしましょうということです 】



7748 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2016/01/31(日) 12:05:41.43 ID:YH9uVuig


                    l ̄ ̄l゙i゙i㎜㎜㎜
                   lテ ̄ ̄ ̄テユ ゙i、 Ei
               / ̄  ̄ ̄/ ̄ ̄i 〉 \
              / ∧    / ___  ,'/ Ο\
             /_∨__/ ∠_/i  ,'/j_--''´コ       一旦休憩にします
          ┌/////\--________/ ヘ   |㎞゙i
        ┌‐/_ /―┐ ̄`|/-'i´.E| | |   |㎜ソ     サーヴァントの召喚は午後から
       ┌////―┐  / i ゙i  E| lⅢl_--、|
       「 |n|n| ゙i____/´゙┐┐ || E|   / /三三 ゙゙i   ぶっちゃけ宝具鍛造と生成は2つの独立したルートです
       |‐‐‐‐‐ i  i  i ┐ | |┌┐E|mm| i三三三 .|
       || | | | | |┃┃|   i |. | ‐'''NNNN' | i三三三、/   互いに非常に近く密接しているので関連があるように見えますが、
       ヽ────────‐'NN NN// ̄ l┐      実は目指す場所が違うので、両方やればそれだけ有利とは必ず
        NNNNNNNNNNNN  N //゙i゙i   ┐ ̄\   しもいきません
             NN/     N //ヘベi゙i  / /   |
            N       NN//|ヽ ヘヘ  / /      無論、両方やればその分やる夫が凄くなりますが、その分リソースも
            NNNNNNNN/ /| | ヽ ヘヘ/ /      必要なので、今後やる夫やメンバーをどうしたいかが問われるでしょう
           /'''''‐------/,/三| | 匚冂//
          /  / ̄ ̄ ̄´´   三| | /  /         それではお疲れ様でした


.



Next  その78へ


Back  その76へ


目次へ





関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カウンター
検索フォーム
カテゴリ