FC2ブログ

9/14 すずめの小部屋更新。 11/22で5周年なのじゃー。いやぁ、気がついたら長いことやってますね

やる夫達は聖杯大戦を勝ち抜くようです 小ネタ【今日のダルシム】

3420 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2015/10/20(火) 21:41:39.65 ID:q7OQUY0G


             ___,,,,,___
       __,--‐'''' ̄´ 、  `''''ヘ― 、
    - '' ニ            冫 .. ゙'、
,,」冖 ぃ  !  ̄ t ``゙゙'ゝ、,,_ " ..丿 `¦ヘ、         また今回は、対ハンニバル戦をすると
彳 .. ││ ! ! ‐ ニ、   `~~゙ T゙'、  ,,......∟        中途半端な所で暫く間が空いてしまう可能性
|∟ J┴‐」∟ 二 │      ヘ-′,, 丨〈ゝ 、       があるので、思い切って小ネタ回にしたいと思います
゙ゞrぇj」」i !|}l!|にl|什廾lサ n ,,_ ヽニ 〈 ''イ」l ___
 NNNNNMMMMMMMMMノニ(⌒) /"| ゙  /    それもこれもハンニバルが強いのが悪いんや
       匚i 、_、    ..i〃 九 コl厂|||! |//
         M .. _ _....、、 、 'M} '|)|||||/'' /   /    という訳で、何かやってほしいネタや、
         .M   ゙ ニi∩こM/  /| |  |   /     ここが分からないので解説よろ、といったことがあれば
         'M   ./ ./llj!M丿  ! | | |、  |      気軽にどうぞ
         M _ ィ}xニ,'〈M¦ ./___|   |
         ゙M { ゙'ニ !l!M っ j'     |   |
         'M 二 ; ./Mゞ 」┤     |  /
         NNNNNNェ ' _ィゝ│ | ̄ ̄\/


.

3422 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2015/10/20(火) 21:43:40.95 ID:CYWlaVcg
きょうのダルシムさん



3428 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2015/10/20(火) 21:49:54.85 ID:q7OQUY0G


  【 小ネタ 今日のダルシム 】




         __
     _ 「| _ | ||                          |i_
    lll:|l| l l | ||               _        i|   |L三i      i|_
    lll:|l| l l | ||              「iiiii|| _i|_ _i|=.  |ii|_| |     「=|Tl
    lll:|l| ___::::::::::::: __i__    ___    :|iiiiii|| :|iii|匚| |L| | :::|ii| | |     |:=|:l:|         |i_
    ' -= /iiii||   「i| L|   |iii|」 |   :|iiiiii||_:|iii||| |L|_|┌i|ii|_| |     |:=|:l:|      「「冂
       |iiiiii||   |:i| | |   |iii|T.|┌┬i|iiiiii|| :|iii||| |L| ||l|ii| | |_    |:=|:l:|: _ _     |tt|=|
       |iiiiii||   |:i| | | _|iii|T:||||lTlli|| :|iii||| |L| ||l|ii| |「ll|| __ lTTlil:l:| |ii|_|    | _|-|
       |ii〕-〔 _  .|:i| | |::| ll |ii「三冂||──il -「||三|iil |l 「i\_「「|L| |l:| |i|┐|ii|_|  ┌::| _|-|_ ┌、
       |i| __:l|=l┐|:i| | |::| ll |..|:三|i |||三三|l|=|:||三|「| ̄|-tii i|:|:|iii| ||t |i|┝|ii|_|_├l:| _|-|┐|ii||
       |i「ii 丁:l|Π--t| ll |lll「| ̄|「 ̄|三「ll|l|-|:||三||:|  |==|i |:|:|iii| || l| |i|┤冂i|三|l-l:| _|-|ii|┝||
      _|i|:ll |liTl|「l liiiiil|:| ll |lll|:|┐||:_|三|i__l|-|:||三||:| 「ニ 「| ̄| ̄|il|冂 |i|┤|=|l|三|l‐┐_|-|ii|三「|  ┌┬、
 liiヨl「T‐-「ii「l┐|三i!| ̄lTl|:| |「ニil:ニニfl 三|_≧!= 冖≦ ]Tli 「==::|iiiii|三|il||=| |i|┤|「|li||iL==_l|i|-|i「 「 |  |iiii|7|
 | 「L_|iiii||iii|E:|ii ̄T|lllll|fニニニ{!≧=¨≦二____ ≧-L! |iii||iiiii|_|il|Π_|i|||=||i||iL_」|i|-|i| l| l|  |iiii|/l|
 | |=「l|┌┐-t┬t=iiL!-=≡≧¨   i|i\二二___∠i¨l =t ≧-liiiii|三|「 ̄|三|i|Tlii| ̄|三|¨| ̄|i| l| l| 「「l|iiii| |
 | |「三||Ei|i| |ヨ|_」ロ≧¨_へ、|[[il、  i|i _/   /   / | | |Π‐┐__ _¨≧=-_ii|三|i|┌┐::|三|=|三|Π| 冂¨l三l ̄l
 l l:!:≡!!L. ≧‐¨ l、|l、l|| \\  i|i-ニニニニ─--<-! | |冂トil|L_||=`┴ ¨´ <=≧-::_|三|-|三|i冂 「| ̄|l三L_ L
  \≦¬─---- .___\\ 「「「l冖l二 ̄ ̄ ̄¨¨ 、i|Π> ¨-пΠ┐_ 冂、¬-、 ≧-_|三|i|_l| |,,-''"::::::::::::::::
i 「п\Π┐ ̄ ̄¨¨¬──----、¨¬┴--L]旦__>-¨¨ -‐Π┐冂 пli | ̄|li п¬::::::::::::¨--'''":::::::::::::::::::::::::::
L|Пп、\пп冂Пl |エエ-「l|\-「l \\ ̄¬¬->_.-´пП 「=l _|_:Eェ「「lп、,,''"::::゙゙''、≧-,,,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



ソビエト連邦アルセニエフ。
東区にある閑静な住宅街の一画。
ここに一軒のアパートがある。
プロヨーガの仕事場である。

世界でも有数のプロヨーガ。
彼らの仕事は決して世間に知らされるものではない。

我々は、プロヨーガの一日を追った。



3429 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2015/10/20(火) 21:51:03.75 ID:yXiKGB1C
ヨーガ・・・しかもプロか・・・

3430 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2015/10/20(火) 21:51:40.32 ID:CYWlaVcg
プロヨーガwwwすごく大事なことなんだなwww

3431 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2015/10/20(火) 21:52:54.05 ID:ip5q9/hZ
ヨーガッ!!



3432 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2015/10/20(火) 21:54:26.41 ID:q7OQUY0G


Q.朝、早いですね?


        ,..._
        l i
      √二フ  ,.-.,_,...--ー──::.,_
     / ̄_ヽ、┤/ ノ  ̄"''''::;;.,,_"''':;ヽ
     ト'""ヽヽノ y"'/    :;  ";:::;  ::"i
    l <ヽノ   /|i;::-、 .,.,;:: _,...,,_  :: |
    \   _,,.ノ | ,.: .,,,_  "''ヽ,,,> -/   朝の祈りは大切ですからね。
     / 〉 7  /  >ニL::;;;, ヽ-''" ζ i
     〉L_,,.../ヽ_i"i'""''iヽ ;:" ,.__ヽ;,,._)
    i'"| |  __) i ヽヽ:::'ノ\  i-二ニ)
   人 i ヽ,_ ノノノ i ヽ _ i/>ー-...┴、
  /\ \....--'"ー-/ ̄  'yー--√""''ヽi
  ./\ ヽ--〈    | ○ ○ i iニi oi_,.  < i
 /  "'-ー7     ヽ,┴ /-、 ┴ヽ L_;;;;;i
      / ヽ -    "'''''"  "'--"    |



日が登る前、人々が行動する前からダルシムは動き始める。



         __ _
       , ィ::|三三|: :,'≧-、
      /≦i.:|三三|: :,三三,i
     ,'=三i:.i三三|: :,三彡':i
     |:ヾニi: ヾニソ: : :'ー´: :i
     _|::(::''''':.、: : :,.:-'''': :{. : :{_   私なぞが今を生きているのは、生きるもの皆の支えがあるからなんです。
    i:.:i: ヾ二シ'i: :≧二彡.: .:i.::i
    ',.:',三}: : : |: : : : : {三彡i:/   だからそのことを深く感謝し、祈りを捧げるのが私の勤めなのです。
     ゝ!: : : : ::ヾ /: : : : : : ,'/
    ,'.ハ彡} :_:_:ニ.:_:_: : {ミ∧,
    ii .,∧.:´ヾ:.―-:`: :./i、_}}
    ヾ.ノ .ヘ、:_:_:__:_:_:イ.: |¨´
        }: :ヽ:::::::::::::::|: : !ヽ.._
     __/y: ::`{::::::::::/.: : ハ: : :.ヽ__
    ,'r::i ¨`Y ̄ ̄\/  ̄ ヽ: : : : : :--':.,
 /: : iriュ, ri{コ r-, _i (_ユ,、い{,''´: : : : : : :丶
/: : : :,' {ニニノ: }^,ィz¨ r´'i imziti|: {: :ヽ: : : : : : ',
-'´: : i: :: : : : : :にニ/: : :ヾにマ: : :-: : ゝ、: : : : :}


そう語るダルシムの目は何よりも真剣だ。
プロに一切の妥協はない。

ダルシムの生き様はそこにあるという。



3433 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2015/10/20(火) 21:56:39.59 ID:q7OQUY0G


Q.これからお仕事ですか?


                   l'´l
                   l- '-、
     , ィ:;:;:;:::.:.:.:.ー.、 r-、  |`ーi ム
    /:;;' ,.:;:;:''   ':.l  l /ー/, ヽ
   /:;:; ,i;/:;:;' ヽ ,,,,:.:.ヽ ヽ.〈,//‐ ヽ   いえ、違います、あ、いや、そうなのかな?
   l メ"_ ゙ヾ、_, l   /ニli  ヽ/ ,ヘ l
   l,ヽイ _,,,,、  ヽ// ヘ l ヽ  i ,:.:. ':/   もう生活の一部のようなもので(笑)
   ェケl/=‐`ー/:;:;,‐i li ,l  ヽ、 _ ヽ,/
   l / i `ー:;'',,.:;:;''ゝ /、  .l  l l lヽ
   .∨__ノ ,-''ヽ,  lヽ/'ヽl  ,イ l l ,l l
    | ziェコ    、,ィ l _ノリーl l ̄'''''´ li_
    l `T i iヽ /"" ー' l l | ト'ー--/ / l_
  , -`ー'‐i‐ヘ  i i   // l l _ / /:;: l
  l /"⌒l >‐ r''´ ̄`ヾ  ヽ_,/" ,ハ
  ,i } i___、 l ,,、 l,:;:;、,:;:;: l   ヽー―   ∧
  l/ ィ ノ‐l`',`''' Z , =、 メ    ヽ、_ / 
  .ヽ. イ: :/ ェェ,/´ ヽⅢリ        ∧




朝の四時からみっちり三時間
ダルシムはヨーガをする。

物心ついた時から、これを毎日続けている、と笑う。


.
3434 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2015/10/20(火) 21:58:18.71 ID:005TTHeD
誰が取材してるんだw

3435 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2015/10/20(火) 21:59:34.98 ID:CYWlaVcg
どこぞの秘密結社と健全度が違いすぎる。これが人徳か!



3436 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2015/10/20(火) 22:04:01.26 ID:q7OQUY0G


            }  \///ノ\:-=ミ//l l  {  lハ/////////V////ミミミミミミミ
        \-=イ==ミ ~^    ヽリ )/  l  i   V// ,ィ////}////ミミミミミミミミミミ
      >>-= ゝ _          {      トミ{  ゝイノV/ノ////レミミミミミミミミミ
      \ :::....... \\ \ ::::{ lゞ ゝム:::::Y___ト::...._    { {/////////ミミミミミミ
 、_    )      ヽゝミ=-V:八__,,. -‐'ィ⌒≧ミ:::::::::::::::::ゝ..,{//////ミミミミミミ
  \  ̄        ヾ::. -=    _/-==イ,,,,,,}===-::::::::::::::::`:::::<_/<ミミミミミミミ
==== \    -=レ  --=- _   Z:::::::::::::::::::::ゝ-ノ:::::::::::/ニフ ≧z-=,:::::i//>ミミミミ
三三--==ニニニ  < __::...  ===-<:::::::{≫:::<:::==:::::::i::::l l_] .lニニ}....)::::ノ/////ミミミミ
三三三三≦ニニミ 、  _ノ_,,. -‐''"イ_:::::::::::::::::::_,;;ャ::::::::::::ト{_」 l_}...;l:::::l/////ミミミ
三三三三≧==-≦ニ     _,r= 、-=、::::::-=ヽ,,,,,)==-::::Ll_i l_}.....}::::i////>ミミミ
三三三≧=-ミ/ Y ´ ̄ ̄ -=ミ_ -=フ:::::::::::::::ゝイ:::::::::::::レ--‐= ̄::::ノ/////ミミミミ
三三三三三三ニ八 r-==ミ 、  --=彡 Y ⌒` フ⌒ノ:::ィ--フ::ノイ//////// ミミミミミミ
三三三三三三三三ヽ三三)     イ//   /::::::::ィ   ///////////ミミミミミミミ
三三三三三三三三三 、_ ノイレ=フ    {ト-、 lV⌒/ / l///////////ミミミミミ
 フ====>三三三三三三ニニニ// _,,,,、 }///l  lノ八   l/////////ミミミミミミ
/三V三三三三三三三////>-イ////ハ}/// lV/ハ;;;;ハト////////>ミミミミミミ
三三ム=========== ///////////l//V イ{::V:::}//////////;;;;;;;;/.-=:::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::....、//////l;;;;;;( ////::::li::::V////////;;;;;;;_ /::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...、__ //};;;;;ゝ=-/::::::}{::::::\___//__....:::::::/::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..._.....::::::::::ノ ゝ _::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::....::::::::::::::::::::::::::\:::::::::::.., イ///Y////≧===- /::::::::::::::::::::::/:::
===--- ___\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>、L/////ll//////  ノ::::::::::::::::::::/
 三三三三三三三\:::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::ヽ///ll///// //:::::::::::::::::::::/


  気がつけば、彼のサーヴァントも隣でヨーガをしていた。

  この世のものとは思えない邪悪なオーラを放つサーヴァントを前にしても、ダルシムは全く動じない。



                   l'´l
                   l- '-、
     , ィ:;:;:;:::.:.:.:.ー.、 r-、  |`ーi ム
    /:;;' ,.:;:;:''   ':.l  l /ー/, ヽ
   /:;:; ,i;/:;:;' ヽ ,,,,:.:.ヽ ヽ.〈,//‐ ヽ
   l メ"_ ゙ヾ、_, l   /ニli  ヽ/ ,ヘ l
   l,ヽイ _,,,,、  ヽ// ヘ l ヽ  i ,:.:. ':/   人は見かけによりません
   ェケl/=‐`ー/:;:;,‐i li ,l  ヽ、 _ ヽ,/
   l / i `ー:;'',,.:;:;''ゝ /、  .l  l l lヽ    心を見て判断しなければ
   .∨__ノ ,-''ヽ,  lヽ/'ヽl  ,イ l l ,l l
    | ziェコ    、,ィ l _ノリーl l ̄'''''´ li_
    l `T i iヽ /"" ー' l l | ト'ー--/ / l_
  , -`ー'‐i‐ヘ  i i   // l l _ / /:;: l
  l /"⌒l >‐ r''´ ̄`ヾ  ヽ_,/" ,ハ
  ,i } i___、 l ,,、 l,:;:;、,:;:;: l   ヽー―   ∧
  l/ ィ ノ‐l`',`''' Z , =、 メ    ヽ、_ / 
  .ヽ. イ: :/ ェェ,/´ ヽⅢリ        ∧


  この気配りこそがプロならではの続ける秘訣である、とダルシムは語る。



3440 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2015/10/20(火) 22:10:51.16 ID:q7OQUY0G


         /:::::::::,' : ::::::::::::,::::::::::::::::::::, ::::::::::::::::::::::::\
.        / : ::::::::/::::::::::::::::.i::::::::::::::::::::.i、:::、::::::\:::::::::::`、
.         / : :::::: /{ ::::::::::::::::| : ::::::::::::i::::i !::::.}:::::::::}、:::::::._,::',
.        ,'::::::::::::,' {:i: :::::::::::::,i: : :::::::::::.|::::| i :::.}:::::::::}, -'´::::::i
       i : ::::::: ,' {:| ::::::::::::,イ:i::::::::::::::::|::::| i :::},:::::::} i :::::::::i
        |::::::::::::/ |::|:::::::::::::i |:| : :::::::::::.|::::|,-'|:::.}i::::::} i : ::::::|   ダルシム殿
       |:::::::::./ |;;|;;;;;;;;;;; | |;| ; ;;;;;;;;;;;;|;;;;| .};;;;i.};;;;;| ',::::::::,'
          {:: : ::,' 二二二ニ';‐-.、/   ,..-''''""~"'' !:::::/    朝食にしましょう
        冫-!/    / ./`ヘ    ´,.-        〉‐〈
        i ヘ',   / ./   /       _,,,,,,,,_  /ヘ i
.         | /´||',./ ./   , '      ''"~´ ̄``" ||//
          \ .||ヘ /   /            /||/
.           |`||∧` ̄ ̄´     、        /-||
         |:::l!:::::'.,                    /  l!
          |::::! :::::::ヽ.     ヽ   フ    /   !
          | : :::::::::::::|`丶、           /
          | ::::::::::::::::|   |`丶 、.,__,... '´|
          | ::::::::::::::::|┌‐,|____   ,__,,..!ニ=┐
          | : : :::::::::::| |       | |       |
         | ::::::::::::::::| |       | |      |,、
         |_;;::、; ‐'"`~"' - .., ___| |__,,...-''´  \,___
    _,..- '''"´   \          ,└'´       /  `".'' -....,,__
  ./\__,,.. .-‐ '''"~´        | ◯       "" '''''‐‐- ...,,_/\
  | \                     |                     /ヘ


  朝7時。

  ダルシム達のヨーガが一段落するのを見計らい、マスターとしてのパートナである坂本美緒が声をかける。

  まだ期間は短いとはいえ、互いに背中を預け合う大切な仲間だ。

  プロとはいえ、いやプロだからこそ、その生活スタイルは他とは一線を画する。

  それを受け入れてくれる異郷の人間とは、まこと得難い存在であることをダルシムは知っていた。

  だからこそ、大和撫子の心配りに、ダルシムは深く頭を下げるのである。



3442 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2015/10/20(火) 22:15:49.78 ID:q7OQUY0G


                 .  ----
               ,  ´ :::::::::::::::::::::::::: `丶
                /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
              / : :::/::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::::ヘ/`、
.            /:::::::/:// :i ::::: i :::: |::ii:i::::::i::::ハ:::::::i
            i:::::::/|::|:| :::|::::::::|i:::: |::||:|:::: |::::: i:::::::!
            |:::::/ |::|:| :::|::::::::||:::: |::||:|:::: |::::: |ヘ:::|    ダルシム殿
             | :::{ ,,|;;|;;___|::::::::||:::: |::||:|:::: |:::::::! ゞ:!
            }-、!r―‐ `'< /:::::|::||!_,.斗‐‐l ミ:::}    ところで今日は……
           { ヘ||   /:::/}    イ示}゙゙ア j!ヘ
              ヽ. ||!/:::/ ,ノ     弋;;ソ ′/|!. }
              |::゙|!'!`ー一 '"          / .lレ′
.           |:: | ヘ      '       /- '|
              |:: |::: |ゝ    (  )   . イ  |
              |:::::::: |   i 、     .<
              |:::::::: lr<l  `¨´ |i



           , < ::;:;:;:;:;:;:;:;:;.. 、
         /゙ :;:;:;:;:;:;:.:. '''':;:;:;:;:;:;:.゛ヽ、
         /     ゙゛:.:;:;:;:;:;:. ゙゙:;:;:;:;: ゙:.:',
         l     ,   ゙ ::;:;:;:.  :;:;:;: :;l
         '、 _    ;     :;:;:;: :;:;:;: :;l
         / ,、 ヽ,, / ィヽ、 :;:;:;:; :;:;:; :;:;l
           ,l/ liヽl`   、_ー;‐\:;:;:;: i ,l/ ,,/
__ / ̄>="ヘ <〈    ヾ\_ゝ='ハニ/     すいません、お静かに
  / ///// ヽ  l/l ,r、  `""" ' '゙ l .l
|  / l///   /ハ) l l ー_:;:;:;:;:;:.. /ー-、,,ィ
`l,/  l/    ヽニ'ィ l r.......`゙゙::;:' /二ニ//ヽ
 ヽ. /      /   ヽ゛゙゙::;:;:;:;:; / ム∨∧ l
 ヽ\     /     ヽヽ 、" l、 ,〉'/ `´ヽ
  ヽ \    /ヽー ヘ \ヽ、ヽ `ー' l    ヽ
  、ヘ\ ヽ`l / "´ ,,  l  \__二ナ     i


   食事後、突然パートナーの言葉を遮るダルシム。

   こちらが耳を澄ませても何も聞こえない。

   だがこのプロヨーガには、自らの領域に侵入した存在が、手に取るように分かっていた。



3445 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2015/10/20(火) 22:20:18.59 ID:q7OQUY0G


         __ _
       , ィ::|三三|: :,'≧-、
      /≦i.:|三三|: :,三三,i
     ,'=三i:.i三三|: :,三彡':i
     |:ヾニi: ヾニソ: : :'ー´: :i
     _|::(::''''':.、: : :,.:-'''': :{. : :{_     西より1人……魔術師ですね
    i:.:i: ヾ二シ'i: :≧二彡.: .:i.::i
    ',.:',三}: : : |: : : : : {三彡i:/     動きに迷いがない所を見ると、移動中でしょうか
     ゝ!: : : : ::ヾ /: : : : : : ,'/
    ,'.ハ彡} :_:_:ニ.:_:_: : {ミ∧,      どうやら西区から逃れてきたマスターというわけではなさそうです
    ii .,∧.:´ヾ:.―-:`: :./i、_}}
    ヾ.ノ .ヘ、:_:_:__:_:_:イ.: |¨´
        }: :ヽ:::::::::::::::|: : !ヽ.._
     __/y: ::`{::::::::::/.: : ハ: : :.ヽ__
    ,'r::i ¨`Y ̄ ̄\/  ̄ ヽ: : : : : :--':.,
 /: : iriュ, ri{コ r-, _i (_ユ,、い{,''´: : : : : : :丶
/: : : :,' {ニニノ: }^,ィz¨ r´'i imziti|: {: :ヽ: : : : : : ',
-'´: : i: :: : : : : :にニ/: : :ヾにマ: : :-: : ゝ、: : : : :}


  特定の相手を見るのであれば、千里眼に劣るだろう。

  だが、プロヨーガともなれば、自身の周囲に生まれた変化を読み取ることなど容易い。

  熟練の技が、光る。


.
446 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2015/10/20(火) 22:21:47.56 ID:005TTHeD
優秀だな

3447 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2015/10/20(火) 22:23:01.72 ID:wBKUHpS0
プロヨーガすげぇwww



3449 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2015/10/20(火) 22:28:15.93 ID:q7OQUY0G


.             | 三三三三三三三三三
              | 三三三三三三三三三三
            レ.. - ───── -,.. _三三
              /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ三三
.         , 'ィ:::::::::::::::::: // :::::::::::::::::::::::::::::: |:::::ヾ三三三        確認した
          / // :::::::::::::::::// !:::::::::: |:::::::::::::::::::|::::::::::\ 三三三\
        ':::/,' :::::::::::!:::::// |:::|!::::::|:::::::::::::::::::|::::::::|::::::\三三三三    あれは、ドイツ軍の軍服だね
         i:::/ |:::::/::::::|メ.l!   |:N!::::::|:::::::::ト!::::: l::::::::|::::::::::::ヽ 三三三
         i:::i レイ:::::!:::!-._,、ヽ,ll ゙.:::::,ハ ::::| l!::::: ゝ:: |::::::,.:::::::::\三/    あちらはまだ気づいていないようだよ
        レ ,イ ::::::::::V !ハ::::ハヽ |:::::| !::::! ゙ヽ,.::::ハ::l::::/::::/::::::::::V
          /:,ィ ::::::::: ! ` ‐ ′  |:::::|  V!二_j::/、 l::V::::, :::/,イ::/
        i:::ハ:::::::::ハ       ヾ::l   7r:::::j/、_ハ::::V:::://::l:|'
        l:!  |::::::::ハ      '  ヽ.  ゞニ ′イ::::::ヾ.:V:/::::イ!
         l!   !::::::::::::ゝ     r 、       /::::::::::::|!/::::/ l!
          ゞ!:::::::/ \   ´  .___ー= ' :::::::::::::: メ:::::/ l!
            ,ィ|::::::!== _、 ゝ__ ,∠´__j:1イ:::::::::::::::/:::::,.  l!
        _,ノ}  l:::::iト= _、j|_ / ´   ハリ' :::::::::::/::::::/  ノ
.         /    V'リ  {イ |!「` =====' ::::::::/:::::/  /



                          _____
                     ,. '"´     ``丶、
                  ,. ´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ.
             /:::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ
            /,::/::: / : ::::,..-‐ '':::::::::::::::::::::::::::: i     ……気づかれる前に仕留めよう
.             /'´/::::/::::, '´:::::::::;:.::;ィ::::::::/:/:::::::: |
            /::; イ': ://:; ィ'´::://:::::::/}::::: ,..┤     いずれは戦わねばならなくなる相手だ
             /'´ //|`\´ /;;;//::::/‐'''"´ :::::::/
               /'. ,.ィ|/::/ヘ..‐''"ニニニニ  }::;:::::/      ダルシム殿、お願いできますか?
                / ゙'|ゝ._,丿  ''"{o坏'>  ,'/ィ, }ゝ、
             /   ヘ   、     ゝ-'   / }__ノヘ,:::::`丶、
          __   i´ 、 、          /イ   } ) :::::::ヘ
     ,.;':"::´:::;;;;;;::: `゙''ー|  /ヽ  ´  ,..</''"|   / ':::::::::::::丿
    /'´        ``丶:| ,/  {`T二´,.-‐/ ,.へ´;;;;;;:::.-‐'"
.   /            },   ヘ_| / ,... '´ くヾ\
                 /    厂 ̄´         \ヾ\
                /       / О         /ヽ/ヘ
              /        /             ハ. /i  ',   }



   美緒の言葉にダルシムは頷いた。

   アーチャーを伴い、おもむろに庭先へ出る。

   ここからでは魔術師など見えないというのに、どうしようというのだろうか。



3451 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2015/10/20(火) 22:35:28.39 ID:q7OQUY0G


          \ .\            ヽ  ヽ     .ヽ ..l、         l l、                  |  ,!
         \ \         ヽ  ヽ     ...l  l             l !                :!  l
           \ \            ヽ  ヽ     ヽ ..l,            l !     l,             |  !
            \ \         ヽ  .ヽ     ゙'. l,         l !    ル             ,! │
              \ \        ヽ  .ヽ     '、 ヽ            l .l    |.!             l │
.ミ'、、            \ \        ヽ  ヽ    ヽ ヽ         ! .!    .l.l      .l    '! l
 `' |-、               \ ヽ          ヽ  ヽ    ヽ ヽ        ! }   .| !     .!!   .|.lタ
   `' !-,            \.ヽ,       ヽ  .ヽ.    ヽ  l        ! l    l l     !.l   .|||
     .`' !i、               \\       .ヽ  ヽ   .ヽ . l           l .!   ´.!    .|│   .″ l
\,     `'.li、            \ヽ,         ヽ  .ヽ   .ヽ l,        l l   ! l     | .!     .!
、 \,     `'.li、           ゙'、\      .ヽ,  .ヽ   ヽ ゙l、       .!.l   .! l    .! .|     !
. ゙'-、. `'-、     `!ti、              ヽ\      .ヽ  `'、   . l ヽ       !.!   | !    ! .|    ,!
   .`'-、 `'-、    `''=、             \'、.      ヽ  .ヽ   ヽ. l       l.!  .! !    .| .,!   │
.`'‐、,   ゙ゝ、 \      .`-、          ゙' \      ヽ.  ヽ   '、 .l       .l.!  l |    .| .,!    ! .l
''-、 `'-、.  `'-,,゙'-、     \             ` |'、     ヽ  ヽ.  ..ヽ.l       |.l  l.|    .! .|    ! .|
  `''-、、゙''-、  `'-.\,                `〈>,     .゙‐  ヽ  ゙Λ      リ、 ||    .! .|   .l .l゙
     `''-、.`''-、  .`''ミヽ、               ゙' !、     ヽ  ヽ  ...lヽ      リ.     l .,!   l .l l
        .`''-、,`'-、.  ゙'' !;;、               ` l、    ヽ, ヽ  ゙'|.     ll、     .!│   | ,!/
.ミー、、       .`''-、`'-、. `'!lii、              `.li、    `'、 .゙l,  "        ll    l  | .!   .l゙.! !
  `''-ミ>、、       `'-.. \   \               'x、 .゙')i、   .ヽ `、           ゙|  :ll  |│  .|i! |
     .`''ーミ>..、      .`''-ミゝ、,              `.l,,, `!ュ    .ヽ \          l  .|.!  .| |   .“│
           `''-ミ;;-、,      .`''-ミヽ、            ゙'.l、 .゙ヘ,    ヽ .ヽ       .!  |.! │!   │
               `''‐ミ;;-,,.      ゙''' |;; 、              `.l-、ヽ,   ヽ .l,       l  l|  .|.l   ││
'';;-..,、               `'''ニi;;、、     `''ニ;;、             ` !-. ヽ   ヽヽ    .i,  .|, l!  .!  .、 ! !
  .`゙''`-tiii..,,,            `゙'!!=iii_,     `'!=ii、         `〈;;、''、   ゙゙Λ   .゙h    |  ! .l、 .l !
.ー ..,,_    `゙''!≒iii_、           `~'- ,,、    `゙'-、,        `'.li、\   ゙'ミ、  ...lL  |  .′l}  !/
    `゙''''ー ..,_    `'''ー ..,_                 `''         ゙'!t、  、 ゙"   .l.l     l.! .〃
          `゙'''ー ..,,、  `'''‐    ゙'≒ii..,,、        \    、,     ″  .゙.l、    l l    l.!



   すると、アーチャーは弓を構えると、天高く掲げたではないか。

   その背中をダルシムの右手が支える。

   ダルシムが感じている周囲の世界を、アーチャーに伝えているのだ。

   矢が放たれる。

   大きな放物線を描いて飛翔する矢を見送り、ダルシムは小さく祈りを捧げた。

   彼はヨーガを通して世界を感じる。

   アーチャーの放った矢が、狙われた魔術師を絶命させたこともまた、彼には感じ取ることが出来た。



3452 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2015/10/20(火) 22:37:16.85 ID:005TTHeD
超長距離スナイパーか
強いな

3453 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2015/10/20(火) 22:40:04.88 ID:CYWlaVcg
ヨーガとアーチャーが合わさり最強に見える

3455 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2015/10/20(火) 22:41:51.08 ID:agE41yN0
一種の無敵砲台w

3457 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2015/10/20(火) 22:48:18.04 ID:5KpNW3gw
ステはしょぼいのにスキルは意外と優秀だな弓



3458 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2015/10/20(火) 22:48:42.14 ID:q7OQUY0G


         __ _
       , ィ::|三三|: :,'≧-、
      /≦i.:|三三|: :,三三,i
     ,'=三i:.i三三|: :,三彡':i
     |:ヾニi: ヾニソ: : :'ー´: :i
     _|::(::''''':.、: : :,.:-'''': :{. : :{_     終わりました
    i:.:i: ヾ二シ'i: :≧二彡.: .:i.::i
    ',.:',三}: : : |: : : : : {三彡i:/
     ゝ!: : : : ::ヾ /: : : : : : ,'/
    ,'.ハ彡} :_:_:ニ.:_:_: : {ミ∧,
    ii .,∧.:´ヾ:.―-:`: :./i、_}}
    ヾ.ノ .ヘ、:_:_:__:_:_:イ.: |¨´
        }: :ヽ:::::::::::::::|: : !ヽ.._
     __/y: ::`{::::::::::/.: : ハ: : :.ヽ__
    ,'r::i ¨`Y ̄ ̄\/  ̄ ヽ: : : : : :--':.,
 /: : iriュ, ri{コ r-, _i (_ユ,、い{,''´: : : : : : :丶
/: : : :,' {ニニノ: }^,ィz¨ r´'i imziti|: {: :ヽ: : : : : : ',
-'´: : i: :: : : : : :にニ/: : :ヾにマ: : :-: : ゝ、: : : : :}



  そう報告するダルシムに、美緒は礼を返す。

  彼女のサーヴァントの姿はない。

  遺されたサーヴァントと骸の後始末に向かったのだろう。

  ヨーガと千里眼……二人のマスターが持つ二つの異能によって、このチームの目は最強と言っても良い状態だ。

  だからこそ、西区進出の橋頭堡であり防波堤となるこの場所に陣取り、西区の戦況や東区に進入する存在を監視している。

  彼等の使命は、東区に進入する危険分子を判別し、先制攻撃により排除する事。

  それが叶わなかった場合、直ちに情報を味方に伝達し、監視する事。

  戦争において最も地味であり、同時に最も重要な斥候の役割を、彼等は黙々と果たしているのだ。



3459 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2015/10/20(火) 22:52:10.64 ID:wBKUHpS0
めっちゃ重要やんww

3460 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2015/10/20(火) 22:55:02.84 ID:Oo9HP5eB
正に職人

3461 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2015/10/20(火) 22:55:49.72 ID:CYWlaVcg
今まで出番が無かった。つまり完璧な仕事をしてたんやな

3462 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2015/10/20(火) 23:00:28.73 ID:5KpNW3gw
今まで出番が無い=援軍呼ぶ必要があるようなオオ物が他所から流れてこなかったと



3463 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2015/10/20(火) 23:00:34.40 ID:q7OQUY0G


                     __,,........,,,,,__
                     ,..''"        `丶、
               , :'" ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
              /:::::/:::::/::::/::::::::i::i:::::::',::::::ヽ,-'"~:'.,
           , -'"/:::::/:::::/:::,イ::::::::/|:|:、::::::i:::::::::i::::::::::::i
             ,イ:::::/:::::/:::/ |:::::::i |:| .i::::::i',:::::::i::::::::::::|
              !.!::::/::,'"~"''丶!:::!/_,..-‐- . i:::::::::::|      はい
                   ヽ|'´ ̄/ヽ/  .-‐     ` i:::::::::::|、
                  | ././  .|   、._______,  ',__.::::/:::、     僭越ながら、既にマスター1人を脱落させ、
                |/./ ,ノ     `""´ ./,ヘ i/::::::::`、    手持ちのサーヴァントも一体増やしております
                  /|' ̄ ´ ヽ         / .iくり !` ,:::::::丶
              /.  '、.  ┌―‐┐   !.乂_/  '.,::::::::`、
                   \ 丶 _..,ノ   ,/       ',:::::::::`、
                        \    ,..' |         .'.,:::::::::`、
                         ,.`i'''''"   .!┐        '.,:::::::::::、
              ___________,,.| ̄i / ̄ ̄´ |          ',:::!、:::`、
             /|======/\|/ _,. .-‐´~,.''‐.,,      ',::i ヽ:::',
           /  |      / O     "'==、._`ヽ、    i::i .',:::i
        / ̄` /  _,..っ../              ヽ'´`>、   |:|  |:::|
     /ヘ'三二ニZ;,.-'" <__/__            /  |    |:|  |:::|
  ,-‐ '''""~´    /     ----く             /   |   .!/  | :|
 /          |     二二う           / ./ |   /  |:/
./              |`7`丶--‐‐‐'´           ∨ /   .|     /
.\     _,..-''''''-V     !                 |.       ',
..  ~""'''''"´     \    |                 |       ',




         __ _
       , ィ::|三三|: :,'≧-、
      /≦i.:|三三|: :,三三,i
     ,'=三i:.i三三|: :,三彡':i
     |:ヾニi: ヾニソ: : :'ー´: :i
     _|::(::''''':.、: : :,.:-'''': :{. : :{_
    i:.:i: ヾ二シ'i: :≧二彡.: .:i.::i
    ',.:',三}: : : |: : : : : {三彡i:/
     ゝ!: : : : ::ヾ /: : : : : : ,'/
    ,'.ハ彡} :_:_:ニ.:_:_: : {ミ∧,
    ii .,∧.:´ヾ:.―-:`: :./i、_}}
    ヾ.ノ .ヘ、:_:_:__:_:_:イ.: |¨´
        }: :ヽ:::::::::::::::|: : !ヽ.._
     __/y: ::`{::::::::::/.: : ハ: : :.ヽ__
    ,'r::i ¨`Y ̄ ̄\/  ̄ ヽ: : : : : :--':.,
 /: : iriュ, ri{コ r-, _i (_ユ,、い{,''´: : : : : : :丶
/: : : :,' {ニニノ: }^,ィz¨ r´'i imziti|: {: :ヽ: : : : : : ',
-'´: : i: :: : : : : :にニ/: : :ヾにマ: : :-: : ゝ、: : : : :}



  互いの成果報告をし合う大東亜連盟会議。

  その場にあって、ダルシムは殆ど自らの功績を口にはしない。

  これは本人が自分の成果をひけらかすことを善しとしない事もあるが、同時に大東亜連盟という国家共同体が、
 日本とその仲間達という括りで構成され、自分はその仲間達の中に入れていない事を弁えているが故の事でもあった。

  ここで自分の功を求めるのは容易い。

  だが、大東亜連盟という大きな括りが勝利する上で、準加盟国扱いのインドが出しゃばっては良い結果を残せない。

  共に戦う戦友が、自らを認め尊重してくれている。

  公衆の名誉よりも、個人の敬意こそが大切なのだ。

  プロは決して多くを求めはしない。

  人より狭く、そして深い所を追求してこそプロの矜持なのだ。



3470 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2015/10/20(火) 23:15:17.93 ID:q7OQUY0G


                    l ̄ ̄l゙i゙i㎜㎜㎜
                   lテ ̄ ̄ ̄テユ ゙i、 Ei
               / ̄  ̄ ̄/ ̄ ̄i 〉 \
              / ∧    / ___  ,'/ Ο\       ちなみにダルシムは白兵戦でもめちゃくちゃ強い
             /_∨__/ ∠_/i  ,'/j_--''´コ
          ┌/////\--________/ ヘ   |㎞゙i     半分人外のやる夫相手でも有利がとれるくらい強い
        ┌‐/_ /―┐ ̄`|/-'i´.E| | |   |㎜ソ
       ┌////―┐  / i ゙i  E| lⅢl_--、|       やる夫みたいに人間が行けない場所には行けないけど
       「 |n|n| ゙i____/´゙┐┐ || E|   / /三三 ゙゙i
       |‐‐‐‐‐ i  i  i ┐ | |┌┐E|mm| i三三三 .|   今までろくに登場しなかった理由は、
       || | | | | |┃┃|   i |. | ‐'''NNNN' | i三三三、/    彼がプロヨーガであるからだったんだよ(便乗
       ヽ────────‐'NN NN// ̄ l┐
        NNNNNNNNNNNN  N //゙i゙i   ┐ ̄\   では今日はこの辺で
             NN/     N //ヘベi゙i  / /   |
            N       NN//|ヽ ヘヘ  / /      お疲れ様でした
            NNNNNNNN/ /| | ヽ ヘヘ/ /
           /'''''‐------/,/三| | 匚冂//
          /  / ̄ ̄ ̄´´   三| | /  /


.
3471 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2015/10/20(火) 23:16:58.26 ID:005TTHeD
乙でした
やる夫相手に優位とか流石ストリートファイター

3472 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2015/10/20(火) 23:20:17.51 ID:ip5q9/hZ
乙下ー!! 流石インド 古代から核使ってた国は違うな!!

3474 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2015/10/20(火) 23:23:28.53 ID:5KpNW3gw


じゃあ実質自陣マスター勢で最強?>ダルシム

3475 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2015/10/20(火) 23:24:27.57 ID:15moJMgc

インドは鯖どころか鱒まで強かったのか(震え声



3480 名前:ゴジュラス ◆ZX2DX6eltM [] 投稿日:2015/10/20(火) 23:35:00.47 ID:q7OQUY0G


                  ..,,-‐''''ヽ、     / /アt卅lヘ
                /へ \ /\   / / /ⅨⅧ| |
              _ 「/    \ _ヽ〈 //lll]ll廴 'サ|ヘ、\
              / ,,,--‐''''"lー    `゙l│ヘ|l゙l亡ソ'~~`゙゙ .._ 、  >>3474
              /-‐' /   l \0   ゙i   ̄〈〈    |    白兵戦だけで強さが決まるなら、最強はもっさん
            / ____/    ∥       ォ ..  ゝ、ォ‐'´/     さすがのヨーガも未来視には厳しい
            .| ̄       「 // ̄    _-- /、\       一方のやる夫の恐ろしいところは、人外のスペックで
            |レ   ∠ニナ/   | {l三( 0) _ |  ./ ̄ヽ  容赦の欠片もないエグい戦法を仕掛けてくること
            ∟_..-―゙゙’     | ヘ       |  /      絶対相手の土俵では勝負しないし、無理矢理にでも
          ┌/⌒/_    \ /\____/\\  |  | ,-‐-、   自分の土俵に持ち込むから、いざサシで戦うとどうかな、
         ┌/⌒/\\\   ,-‐i‐|    /\ \\ |  |  \   くらいですね
        ┌,'⌒/\ ヘ ヘ | /  ゙i   /\ \\ |  |
        ///   \\ヘヘ\|  | l  l ヽ\    |′ソ‐‐‐、   スペックだけならなんとでも言えるのが型月設定のいいところ
        ( ( (_/ ヘ /ソ   /  /\\ \  | 丿 _/
        \\\\/\ヘ    l /  /‐‐‐、 \i/i  /
          ヘヘヘヘヘヘ| |vvvvvv‐'厂 /\ヘ_/〈∠/ |  l /
           `´`´,,-‐''''`'‐------'´ |__ヽ ヽ/ / ヘ | |`\
.             ヘ   (-   ヘ/ヘ  ̄ ̄´|/ / ヘ |  /
             /\\l'''''''''''''i i┘/二__iニニニ レ´ニニlヽ‐--/
            〈  ゙i\|ヘ) )\\\  \皿皿皿皿゙il'‐、__
              \ \-‐'´ノ  ''''‐-\  \皿皿皿\ |
               ヘ ゝ´´    / \―\ |\\\ |
                       /  /     \___


.



Next  その36へ


Back  その34へ


目次へ





関連記事
ごめんよ、ダルシム。あんまり役に立ってないと思ってた。
影で素晴らしい戦果上げてる方だったのね、このまま頑張って欲しい。
[ 2018/06/03 11:09 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カウンター
検索フォーム
カテゴリ