10/7 すずめの小部屋更新。  風邪が超悪化中(´・ω・`)

やる夫は崩壊する世界で物語を紡ぐようです その238

275 名前:ホルスタイン ◆2q7ZBh9P1k [] 投稿日:2017/06/25(日) 23:37:26.52 ID:gZJJNSBv [1/8]



                  __
             >''": : : : : : : ヽ      _ ‐===‐  __ 「⌒
           /: : : : : : : : : : : : }   x≦ニニニニニノ≧{ニニ
          /: : : : : : : : : : : : :  ィi〔‐=ニニニニニ 、丶`::八ニ
        /: : : : : : : : : : : : : /‐=ニニニニニ>''"::::::::::::::::::::\
       /: : : : : : : : : : : : : /‐=ニニニニ >'’::::::::::::::: ィi〔\:}
      .:: : : : : : : : : : : >''"_ ‐=ニニニニ/::::::::::::::::::ィi〔ニニニニ
     /: : : : : : : : : :/  / ‐=ニニニ /::::::::::::: ィ(ニニニニニニ
     /: : : : : : : : : .(   /-=ニニニ .:::::::::::::::/ニニニニニニニ      今日は投下じゃなくて
   八: : : : : : : : : : ≧s。 _ ‐=ニニニ .::::::::::::/ニニニニニニニニ
     ≧=-  _: : : : : {‐=ニニ./:::::::::::/ニニニニニニニニニ       身内のレベルアップ処理だけ終わらせるぞ
             ) : : . |‐=ニニ/::::::::/ニニニニニニニニニニ
           /: : / ‐=ニ./::::::. ニニニニニニニニニニニ       そろそろ探索行きたい!
         /: : / 八 {\.::::::/ニニニニニニニニニニニニ
       /: : /_ _ 乂:::::::《ニニニニニニニニニニニニ
       ⌒ 》: : : / {ニ}h、::r \ニニニニニニニニニニニ
        /: : : ./  |ニニニ\⌒ ニニニニニニニニニニニ
       /: : : : :./  |ニニニニ.\‐=ニニニニニニニニニニニ


 【1D10:5】 クルーゼ
 【1D10:8】 ランスロット
 【1D10:9】 インデックス


■訓練結果
1:やったね! レベル2上昇!
2:レベル1上昇!
3:レベル1上昇!
4:レベル1上昇!
5:レベル1上昇!(クルーゼ)
6:やったね! レベル2上昇!
7:やったね! レベル2上昇!
8:レベル1上昇!(ランスロット)
9:やったね! レベル2上昇!(インデックス)
10:おや? ○○の様子が……




276 名前:ホルスタイン ◆2q7ZBh9P1k [] 投稿日:2017/06/25(日) 23:39:29.24 ID:gZJJNSBv



■クロコダインは戦闘経験値を取得した!!■

■レベルが27へと上昇した!!■

■筋力が一段階上昇した!■

   乂___乂   ヽ' / },γヽ
   -======、    Y  / | 、__}==、
=': : : :γ⌒゙\\   ヽ/ /|ニ=、‘,‘,
: : : : :.人    \\  ∨/}: : :ヽ|} ‘,
: : : : : :.f \    \\. ¨/:.:./¨ヽ. ‘,
=、   |  \    \ゝ-'/、  /-─‐
  ヽ   .    \.   }.r'  { }/
ヽ ‘, 乂__rtァ__≧、_ノノ_≦彡'乂
 ‘,  ,   γ´¨ ̄ ̄¨  、⌒ヽヽ`ー─
  ヽ/ | ,  :::..  , -‐……- 、}`ー─
.   {:. / |   :::....   _  -‐…‐ 、:: ::
   `ー{::..__」  、  , r'¨       .::|:. \
::.       `ー= _/ {  、     |  , /
            L_人  ヽ    / / /
 ̄`             `  ----- ´ }、
   、   、   ヽ   __    =--‐''/|
\  \   \   _二>-,=─ ´///////
三==─── ¨ ̄ /  /////////////

■クロコダイン
■レベル27

筋力:■■■■□:B
耐久:■■□□□:D+
魔力:■■□□□:D
速度:■■□□□:D
技能:■■□□□:D+

■近接技能LV2(P)
 近接戦闘に優れる証。LV2ならば達人の域まであと一歩の範囲。
 近接戦闘系の武具を装備している際、その攻撃に大幅な有利補正。
 また、近接戦闘時の防御に関しても有利補正を得られる。

■強力防御LV1(A)
 防御時、通常よりもダメージを少なく出来る。

■ブレスLV2(A)
 竜族の特権。ブレス攻撃。
 レベル2では炎と氷と雷のブレスで攻撃可能。
 全体攻撃可能。戦闘に有利補正。

■強敵の匂いLV2(A)
 強敵(ボスエネミー)の情報を事前入手できる。
 強敵との戦闘時、有利補正。また敵のスキルを一つ事前入手。
 ただし有利補正を無効化するボスも存在する。

■生存術LV1(P)
 生存に特化した術を知っている。
 生存率UP。致命的な一撃が発生した際、有利補正が働く。
 倒れる寸前の一撃を、無効化する事がある。

■龍撃LV1(A)
 上位の龍種が放つ、物理攻撃。
 非常に強力な物理補正で相手に攻撃を加える。LVが上昇していくと……

■龍の鱗LV2(P)
 龍族の証。あるいは特権。
 魔法・対龍攻撃を除く全てのダメージ(トラップ込)に対して大きな補正を得る。
 全ての龍種は、レベル差があれど、この技能を標準取得している。LV3になると……

■龍の権威LV1(A)
 竜族の上位種である証。あるいは特権。
 戦闘中、敵全体に【恐怖】を付与する。
 レベルが上がると精度が上がり更に……

■龍の誇り(P)
 ――呪いを打ち破った証。
 食事とは、食べるだけに非ず。作れる事にも意味がある。
 東西南北の料理を食べた彼の経験は調理にも通ず。

■場所知識
 その地における情報を知っている。
 どこのダンジョンでもある程度探索に有利な補正が付く。
 ただし技能所有者が二人以上いても、効果上乗せはされない。

■特殊技能:場所知識(限定)(P)
 本人にとって因縁深い場所の情報を知っている。
 クロコダインの場合■■■■■■(未到達)。
 効果は通常の場所知識と変わらないが、多少描写が増える。



277 名前:ホルスタイン ◆2q7ZBh9P1k [] 投稿日:2017/06/25(日) 23:41:38.18 ID:gZJJNSBv


■ランスロットは現在の体に慣れて来ている■

■レベルが26へと上昇した!!■

■変化なし……■


  ::::::::::::::::/ |レ/: . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : .′: . : . : . : . : . : .:,:i:i:i:i:i:i:i:i:i:
: . :::::::::: //イ/: . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : :′: . : . : . : . : . : . : !:i:i:i:i:i:i:i:i:i
: . :::::|V  j レヘ . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : .′: . : . : . : . : . : . : . !:i:i:i:i:i:i:i:i:i
: . :..::|: . : .´|:.:.:|: . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : ′: . : . : . : . : . : . : . : .!:i:i:i:i:i:i:i:i:i
: .  /:,: . : .|:.:.:|:... : . : . : . : . : . : . : . : . :, ′: . : . : . : . : . : . : . : . :′i:i:i:i:i:i:i:i
  /ヽ: i: . : .l:.:.:l: . : . : . : . : . : . : . : . :/: . : . : . : . : . : . : . : . : . :.,′:i:i:i:i:i:i:i:i
/ヽ: . ! !: . : .l:.:.:l:... : . : . : . : . : . : . /: . : . : . : . : . : . : . : . : . : . /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i
:i:i:i:iハ. | l : . : .!:.:.:!:....: . : . : . : . : .:/: . : . : . : . : . : . : . : . : . : . :../:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i
:i:i:i:i:i:| | |: . : . l:.:.:l: . : . : . : . : ./ : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : :′:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:
:i:i:i/| | | : . : . !:.:.:! : . : . : . /: . : . : . : . : . : . : . : . : . : ./: ./ :i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/
:i:/:i:i:| | |: . : .: .’;.:.ハ: . : ./: . : . : . : . : . : . : . : . : . : . ノj/:i:i: :i:i:i:i:i:i:i:i:/.::/
:i|i:i:i:i| | |: . : . : . ’;.:.:ヽ ´_______,. --‐z,.イ/:i:i:i:i:i:i: : . : . :::::/.:
:i|i:i:i:i| | :,: . : . : . : .ゞ、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:--―'´/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i : . : :::/ .
:i|i:i:i:i| |: .:, : . : . /: . :  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´ : . : > ´ヽ :i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i : . : ./.: .
:i|i:i:i:i| | : .ゝ.:./: . : . : . : . ____;.> ´i:i:i:i:i:i:i:i:i :i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i : .  ′. :
:i:Ⅵi:i| ゝ: ./´ ̄ ̄ ̄ ̄---―z¬´:i:i:i:i:i:i:i:r‐- .,__ i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i : . !  . :
:i:i:i\|: ./´ ̄ ̄ ̄,.  -‐ ´ ̄/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i「 ̄ ̄:i  :i:i:i:i:i:i:i:i:i:i : . .i : . :
:i:i:i:i:i:i`ー―― ´:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i : .:i:i:i:i:i:i:i:i : . .i : . :


■ランスロット
■レベル26

筋力:■■□□□:D+
耐久:■■■□□:C+
魔力:■□□□□:E+
速度:■■□□□:D
技能:■■■□□:C


■近接技能LV2(A)
 近接戦闘に優れる証。LV2ならば達人の域まであと一歩の範囲。
 近接戦闘系の武具を装備している際、その攻撃に大幅な有利補正。
 また、近接戦闘時の防御に関しても有利補正を得られる。

■武器熟練LV2(P。固有技はA)
 あらゆる武器に通じる証。どんな武器でも装備出来るのならば、己が手足の如く扱える。
 戦闘中デメリット無しで【武器】を【変更】出来る。(防具は不可)。遠近に関わらず有利補正。
 ただし仲間がその場で装備している武器は不可。

 ランスロットの場合、LV2から武器毎の【固有技】を使用可能。

■強力防御LV2(A)
 防御時、通常よりも大幅にダメージを少なく出来る。
 状況によるが、最大で四分の一にまで減らすことが可能。

■生存術LV2(P)
 生存に特化した術を知っている証。
 生存率UP。自身が戦闘不能になるダメージを受けた際、一度限り耐久値ギリギリにて戦闘続行可能。
 倒れる寸前の一撃を無効化する事がある。LV2ならば40%の確率で、一度限り判定可能。

■防御術LV2(P)
 敵の攻撃を防ぐ術を知っている証。
 LV2ならば物理攻撃に対して、常にダメージを減少させる。
 また、魔法攻撃に関してもある程度ダメージを減少させる。

■応急修理(A)
 戦闘中破壊された武具を応急修理する。
 状態異常【武具破壊】【防具破壊】を治癒する。

■強敵の匂い(A)
 強敵(ボスエネミー)の情報を事前入手できる。
 強敵との戦闘時、多少の有利補正。
 ただし有利補正を無効化するボスも存在する。

■求道者(A)
 探索中発動可能。現在、一度限り発動可能。
 一定時間、ボス級以外の敵の強さを少しだけ引き上げる。
 その代り、取得経験値も上昇する。

■ロンドン料理(P)
 メシマズの証。なんでや! 本作ではイギリス関係ないやろ!!()
 煮る焼く揚げる! 出来た! まずい! なんでや!!

■特殊技能:場所知識(限定)(P)
 本人にとって因縁深い場所の情報を知っている。
 ランスロットの場合ロンドン・生の証。
 効果は通常の場所知識と変わらないが、多少描写が増える。



278 名前:ホルスタイン ◆2q7ZBh9P1k [] 投稿日:2017/06/25(日) 23:49:49.01 ID:gZJJNSBv



■クルーゼは現在の体に慣れて来ている■

■レベルが27へと上昇した!!■

■技能が一段階上昇した!!■

■鍵開けがLV2へと上昇した!!■


         ,.、-‐‐''''''''''''‐‐--、
      ,、‐''"           `゙`ヽ、
     l゙、    , '           \
    _,j ゙   ,.-‐‐-、 ' 、 、      ゙!
  ,r''"      ゙,    \ ' , ' 、     `ヽ、
 ,'゙ ,     ,.-、'、    \   `       ヽ,
 l  ' , '  ゙、 l  `ヾ、_r――‐ヽ、 ,,.rl       l
  ゙l '   ' , l .,/´| ``''‐-、,.、-'゙ .l、    ,    j
  |     /.l゙   |     |   / |  ,,.ノ  .r'゙
  / l     /ヾ''‐-、 |   ∧  ,',,.-'l/''゙_/  /
 {:  ヽ、  .|、_,,,,....,,_.`   〈 〉  ´_,,,..,,,_'//  !
  ゙'、 lrl   '、\  `ヽ   V ,.r'"  //  |
   l '、|   ヽ `i‐‐'"´   |  `'‐-i" { ', ', !
   |  :l   ,'  |       |     !  ,j、  ゙ }
   l :,' , , /!ヽ、|`''‐-、  | ,.、-‐'゙|/! | r'゙
  / l ' ゙ .{ \ `     `''┴''゙   /゙  ! .|
.  {  `ヽ, lr':、\  ゙ ̄ ̄ ̄  ,.ィ゙   ,' l
  `ヽ、  j l:::::゙ヽ,\     /::::|   l  |
     `, l |::::::::::::`::`''‐-,-‐'゙:::::::::l、  ヽ, ゙、
     l:l!:!j::::::::::::::゙ヽ:::::| l |::/:::::::::l ゙、  } ノ

■クルーゼ
■レベル27

筋力:■■■□□:C+
耐久:□□□□□:E-
魔力:■■□□□:D
速度:■■■□□:C
技能:■■■□□:C+

■二刀流LV2(P)
 武器を二本持つことが出来る。
 右手と左手を同時に別々に動かすだけの技術。それだけなのに誰も出来ない。
 戦闘時、攻撃に大きな有利補正。

■武器熟練LV1
 あらゆる武器に通じる証。
 どんな武器でも装備出来るのならば、それなり以上に使いこなせる。

■隠蔽術(A)
 己が身を隠す術。果ては本質すらも。
 探索時、敵との遭遇回避に補正あり。初手奇襲確率上昇。
 また、自身のステータスを隠す事が出来る。

■暗殺技術LV2(P)
 他者を効率良く、一撃で殺す術。奇襲成功時、即死成功率上昇。
 また技能・速度が高い程成功率が大幅上昇。ただし相手の速度・技能が高い程成功率減少。
 アンデッドなど、死者や亡霊に近い存在には効かない。あるいは効き辛い。

■葬る(A)
 クルーゼ固有。敵単体対象。即死攻撃。
 ダメージを与え、さらに確率で相手を一撃死させる。
 この技能は【暗殺技術】の効果が上乗せされる。

鍵開けLV2
 鍵を不正に開ける事の出来る技術。LV2ならば金庫なんてあらほらっさっさい。
 宝箱発見時、罠があるかどうかを判別できる。
 また、罠があった場合解除率UP。

■死の匂い(P)
 宝箱の罠・ミミックの有無を判別可能。技能所有者複数により効果が微増加。
 効果発動によって罠の解除率UP。
 ミミックとの戦闘時、100%先制攻撃&有利補正。

■宝物出現率UP(P)
 探索の際、アイテム入手できる確率がUP。
 戦闘時・宝箱捜索時を問わない。
 仲間所持時は、同行時、数字の最大値が+50される。

■料理上手(P)
 それなりにメシウマの証。趣味の領域としては十分以上。
 変な物混ぜ合わせるとか無いわー

■特殊技能:場所知識(限定)(P)
 本人にとって因縁深い場所の情報を知っている。
 クルーゼの場合■■■■■■の■■■(未到達)。
 効果は通常の場所知識と変わらないが、多少描写が増える。



279 名前:ホルスタイン ◆2q7ZBh9P1k [] 投稿日:2017/06/25(日) 23:52:01.06 ID:gZJJNSBv



■長門は戦闘経験値を取得した!!■

■レベルが26へと上昇した!!■

■速度が一段階上昇!!■


 /: .,: : : i: : : : : : : : : : : : : ,、:: : : : : : : : :.: |: : : ::::::::::::::::::|::::::::/::::::::::::::::
 : : ,|: : /: : : : ∧: : : : : . :: ::|ヽ: : : : : : . .::.| : : :::::::::::::::::::|:::: /::::::::::::::::::
  /|::/: : : ―ト-、:ヽ: :.:: : : | 斗―‐―-:::.i::::::::::::::::::::::::::|:::/:::::::::::::::::::::
    |: : :.:|::::::.::|  レ' \ :::::i  __ \ヽ、:::::|: ::::::::::::::::::: : |/::::::::::::::::::::::::
    レ::::: |: :::ヘ:i ィ=ミ、.  \| -‐≦==ミ、|: ::::::::::::::::::://::::::::::::::::::::::::::::
    |: : :::| : : :ヽ`ト':::}     イ゚'::.:::::i} 》 i:: :::::::::::::::://iヽ::::::::::::::::::::::::::
    |: :::∧: ::: :ヽ代ソ      マヽ‐ソ/ |:: :::::::::::::::/:|〉 }:::::::::::::::::/|::::
    |: :/ ヽ:::i:::::i  ,       `¨´   i::::::::::::::::/: / /::::::::::::::::/ レ
    |:/   |::|:::从 ヽ            |:::::::::::::::::::/イ::::::::::∧/
    /   i: | :::∧             |:::::::::::::::::::|::::::::::::/
         レヽ::::::ヽ  ``         /::::::::::::::/::/:::::::::/
         ヘ::::::::i\         イ /:::::::://レヽ:::/`ヽ
          ヽ:: |  ヽ _    <  レ'|::::::/|/ i ∧'/:∧
           ヽ|     /ヽ    |:::/ /   /:::::::::∧
              _ イ  .∧    i/   /::::::::::::::::::::ヽ
          ,ィ´/    / / .〉  ノ  ./:::::::::::::::::::::::::::::::\


■長門有希
■レベル26

筋力:■□□□□:E+
耐久:■■□□□:D
魔力:■■■□□:C+
速度:■■□□□:D+
技能:■■■□□:C+

■攻撃魔法LV1(A)
 初歩攻撃魔法。
 基礎的な魔法を一通り扱える。
 魔耐性の低い敵に有利補正。

■回復魔法LV2(A)
 練度の高い上級者だけが扱える領域。
 LV2ならば全体回復・単体状態異常回復を扱える。
 更にLV3に至ると【戦闘不能者】を……

■ホーリィネス(A)
 戦闘域敵全体対象。魔法攻撃。
 幽霊に対して特攻性能を持つ。また【よろめき】【恐怖】を付与することがある。

■遠距離技能(A)
 遠距離戦闘に優れる証。
 遠距離戦闘を行える際に、多少の有利補正。遠距離とは魔法も含む。

■観察術LV2(A)
 敵事前発見・アイテム発見率が大幅向上。
 また、相手の動きを見極める事が出来、戦闘にも若干役に立つ。
 ここから更にもう一段階上げると……?

■知識行動LV1(A)
 本で読んだ知識を限りなく再現・実践できる技術の証。
 頭の中のイメージ通りに体を動かす事が出来る。
 LV1ならば戦闘時、防御判定に有利補正。並びに、近接戦闘時にカウンターを行う事がある。LV2で探索時……

■テレポート
 【事前に記録した各端末地点へ】と転移できる。
 【パンデモニアムを除く】全世界で使用可能。
 生存率並びに、同行者の時間切れ時の無傷帰還に超補正。

 現在、端末地点を【三つ】登録可能。

■場所知識(P)
 その地における情報を知っている。
 どこのダンジョンでもある程度探索に有利な補正が付く。
 ただし技能所有者が二人以上いても、効果上乗せはされない。

■料理創造(真)
 無慈悲かつ強大なる呪いに打ち勝った証。
 オリジナルの料理すら作成可能な領域。もう知識だけとは言わせない。
 だが鍛錬を怠るな。呪いはまだ貴方を見つめているかもしれない……

■特殊技能:場所知識(限定)
 本人にとって因縁深い場所の情報を知っている。
 長門の場合図書院。
 効果は通常の場所知識と変わらないが、多少描写が増える。



280 名前:ホルスタイン ◆2q7ZBh9P1k [] 投稿日:2017/06/25(日) 23:53:06.00 ID:gZJJNSBv


■ルサルカは今回レベルアップしませんでした――■


             ィ ⌒丶
           〈 {_  ___
               >  ァ  `  、
           /  /   : :ヽ   \
          ′  /     :        ハ
          .   /   . :i
          i   ,′  : :|   : :i    i
          |     : :|   : :|    |
          |     : :|    .:|    |
         } {      : |    |    |
          И      |    |    |
           | {     :|    l    l
           | }     :|    |   l|
          / .ハ    |    l  . :リ
          ∠ニニ|     |     i  : :/z、
        <ニニニニ:|     |     l : :,ニニi
          i∨ニニ:|     l     | : :{ニニ}
          | マニニ:l     l     l : :|ニ/


■ルサルカ
■レベル31

筋力:■□□□□:E+
耐久:■■□□□:D
魔力:■■■■□:B
速度:■■□□□:D
技能:■■■□□:C+


■幽体(P)
 幽体。死亡している証。物理耐性がある。
 回復魔法を半減する。光攻撃に弱い。

■エイヴィヒカイト ―― 活動 ―― (P)
 ルサルカ固有。魔法系技能。
 全部で三段階あり【活動】状態ならば、物理攻撃に対して強力な耐性を得る。
 次の位階で……

■遠距離技能LV2(A・防御効果のみP)
 遠距離戦闘に優れる証。その目は、遠く離れる敵すら逃さない。
 遠距離戦闘を行える際に、大幅な有利補正。遠距離とは魔法も含む。
 また【敵の遠距離攻撃からの、防御に対しても有利補正】を得られる。

■魔法入門LV2(P)
 魔法の知識を、一通り収めている段階。凡人はここが限界点。
 魔法に関する全技能の補正をある程度上昇させる。
 また、相手の魔法攻撃の威力をある程度減少させることが出来る。

■攻撃魔法LV3(A)
 最高位攻撃魔法を扱える証。極めし領域にして頂点。
 現世に存在するほぼ全ての攻撃魔法を使用可能。
 魔耐性の低い敵に超補正。また、相手の弱点属性を自動で放つ。

■状態異常魔法LV1(A)
 相手に状態異常を付与する魔法の一端。
 敵全体に【睡眠】を付与し、相手の【魔力】に影響を与える魔法を扱える。
 直接的な攻撃力は無いが、故にこそ。間接的に相手を浸食する。

■アーククエイク(A)
 戦闘域敵全体対象。魔法攻撃。
 命中時、相手の【速度】を一時的に減少させ、低確率で【よろめき】を付与する。
 ただし【飛行している敵】には無効。

■ブリーズ(P)
 ルサルカ固有。常時発動。魔法使いの集う地にて開発された術式。
 端的に言って呼吸が不要となる。ルサルカが参加していれば仲間全員に効果アリ。

■料理上手(P)
 趣味の領域を超えている。料理店を経営するべき。
 各方面から「納得いかねぇ!」との声があるがなんでなのかわかりませーん。

■特殊技能:場所知識(限定)(P)
 本人にとって因縁深い場所の情報を知っている。
 ルサルカの場合愚者の塔。
 効果は通常の場所知識と変わらないが、多少描写が増える。



281 名前:ホルスタイン ◆2q7ZBh9P1k [] 投稿日:2017/06/25(日) 23:53:32.44 ID:gZJJNSBv



■ストラウスは今回レベルアップしませんでした――■



                    ___,......-―━━―--........._
                   /..‐-‐━・・‐-....、..........._.... -―━━==ミ、
                 /./.............ー......_..........\..........二ニ==  _
                /.....(.....................、__..........\......\      ` 、
                /...,{...\........ ̄.....ー-..、_ ̄ ̄`..........\
               /....ハ.......`''ー--―━-..、`...、 ̄`.....、.......ヽ、
                l..../......、......`''ー- ..._.................\..........\........、`''ー- 、
                ,'|../.........丶.......\   フ━‐-_、..\ト、ヽハ`\l
                l.|/...........ト、l\......ヽ /,.t‐ァ´::}ノ \ト_,ノ_,-====ァ━―--、
                 |.|'.ト.......‐l―- \...´/_ ゞ‐''´ f´守三三二二二二二二二三ニ〉
                N...'..\...lrt‐ァ::j. \..\   rく{ r、\三三三三三三三三三7_
               {ヘ...'......\、 ゞ′l \..\  !、  V/>、ヾ二二三三三三三ニ/=f
          _  _,,,ヽ.ト、..、....\  ー  `_、\.λ', V,/∧∨二二二二三三/二ミ、
          ハ二二二>≦ニ`ヽ..ト..`ュ.、_ ´ ‐ `ソ‐l ', V//∧∨二二二二二三二二\
         〃^>、寸ニ{^ヾ二二三ヾ≧、寸>ーイ_ -‐l ', ゞ‐「l―ミ二二二二○三ニ○三ニ、
          〃////,、寸!`、V二二「    厶ク´ ̄7:-‐ l,r「}  〔〕 __)三0二二二二三三三ニヽ
       〃//////>、`、 ト、ヾ二=、 l , -―/   {  / 〔〕l 〔〕  _,ノー-―━・・・━―-vァァュ、_)
      〃/////////>、 Vヘ Vニ=ヘl   ,八  _ ヽノ  〔〕{l 〔〕 ´ ノ二二二二二二二=l´ ̄
     〃////彡'´¨ ̄フ, V∧∨ニ{  ノ 厶 '  ゙〈   〔〕{l〔〕  イ三三二二二二ニニ!
    〃/////    ,〃={ Vム ∨:_ゝ''"ア´       、  ,ハ {i_{〕=≦二二二三三三二二l
    〃'///-、   f/三ヘ八 }^Y= l /       \/ハ)´={ハ二∠三三三三三二二7
   / }'/ {  弋⌒l ||二二ミニ| lに !          ,イ^V)二二二二二二ニ=ミー<ツ、


■ストラウス
■レベル32

筋力:■■■□□:C+
耐久:■■■□□:C+
魔力:■■■□□:C
速度:■■■□□:C
技能:■■■□□:C

■『三英雄:―― R o s e R e d S t r a u s s ――』(P)
 自動HP回復。戦闘不能時、暫くすると自動蘇生する。回復魔法を全無効。光攻撃を【克服】。業を【完全無効化】
 このスキルは近接技能LV3・遠距離技能LV3・自己再生LV3・攻撃魔法LV2・魔法入門LV2
 『THE RECORD OF FALLEN VAMPIR』を兼ねる。

 英雄と称えられた技量の果て。業は既に乗り越えた。

■『THE RECORD OF FALLEN VAMPIR』(P)
 戦闘開始時、相手が【強きものども】である場合に必ず発動。
 自身の全攻撃時、ダメージが【1.5倍化】する。

■近接技能LV3(A・防御効果のみP)
 近接戦闘に優れる証。いわゆる達人と言われる領域に到達した者の証。
 近接戦闘系の武具を装備している際、その攻撃に絶大な有利補正。
 また【近接戦闘時の防御】に関しても有利補正を得る。低確率でカウンターダメージを与える。

■遠距離技能LV3(A・防御効果のみP)
 遠距離戦闘に優れる証。いわゆる達人と言われる領域に到達した者の証。
 遠距離戦闘を行える際に、絶大な有利補正。遠距離とは魔法も含む。
 また【遠距離攻撃の防御】に関しても有利補正を得られる。低確率で相手の遠距離攻撃(魔法込)を無効化する

■攻撃魔法LV2(A)
 中級攻撃魔法。基礎的な魔法を一通り扱え、その技能も巧の域にある証。
 魔耐性の低い敵に有利補正。また、全体攻撃可能。
 時折、敵の弱点属性を自動で放つ。

■魔法入門LV2(P)
 魔法の知識を、一通り収めている段階。凡人はここが限界点。
 魔法に関する全技能の補正をある程度上昇させる。
 また、相手の魔法攻撃の威力をある程度減少させることが出来る。

■生存術LV1(P)
 生存に特化した術を知っている。
 生存率UP。致命的な一撃が発生した際、有利補正が働く。
 倒れる寸前の一撃を、無効化する事がある。

■特殊技能:暗視(P)
 暗闇によるデメリット効果を無効化。
 現在行ける範囲ではまだ意味が無い技能……だったが……?

■男の料理(P)
 並の腕前。調味料の類は大雑把だが、まずくはない。むしろ趣味の領域からすると、旨い。
 基本的に無謀な事はしない証。ちゃんと作れる。創るではない!

■特殊技能:場所知識(限定)(P)
 本人にとって因縁深い場所の情報を知っている。
 ストラウスの場合、夜の領・ローズレッド城。
 効果は通常の場所知識と変わらないが、多少描写が増える。



282 名前:ホルスタイン ◆2q7ZBh9P1k [] 投稿日:2017/06/25(日) 23:59:59.80 ID:gZJJNSBv


■インデックスは現在の体に慣れて来ている■

■レベルが訓練により2上昇した■

■レベルが25へと上昇した!!■

■耐久が一段階上昇した!■

■「食事の時間にしたい」を取得しました!!■

■魔法入門LV2を取得しました!!■


..  /        . :/    /⌒}   {⌒/⌒}  ヽ \
.  /          : :} {⌒/⌒}   {⌒/⌒}   {´ | /´
         : : :  .: :}{⌒/⌒}   {⌒/⌒}   {⌒/| |
 ;   . .    : : : : : :/-t――‐===ニニニニ==―-';\
  .: .:   : . : : : :./. : : : : : :{ : : : : : : : : : : : : i : : } : : . \
 . . :    : : . : : :{// :i: {: 斗 i:十┼|: : : : : : ム--、: : : : : .ヽ
. : :       : : : /:ハ:ノVヽ{ Vヽ{ヽV. :/ : : :/jル}:イ:,イ: }: : :} }
  :   . :     : : /:/Y: | ,ィチテ示ミ:、 }:イ : /イ示ミ、jノ } :} |:/jノ
. :   . :     ノイ: :!: {{ {ぅ:::::: }  ゙ 'j/ {ぅ: } //.;イjノ'
   .:/     . : :| : |: :.i 乂__.ノ         Vツ ' j/{ !
  .::/    . : : : | : |: : :.                  ハ : {
 ../   . : : : : : :|: ハ:. :|            '    / 人: :.、
: /   . : : :./ . :|/ :i:ヽ:{      、 ‐ァ     イ:|| lヽ:.ヽ
...'   :   : / . :,.': : :|: : .\         .イ:. :||| |  : : .
.      .:/ . :/. : : :| : : |: :.ヽ ` ァ‐-< |:. :.||| |  ヽ: .、
..     / . :/. : : /:!: : :ハ: : :.\_{\   |: : : :{ | |     }: .ヽ
...    /. :,.:' : : :/. : : :' : :} : : : .ヽヽ'ヽ、 人: : .ヽ、{   |: : . 、
....   ´/ . : /. : : /. : : |: : : : : :}ーァく    `ヽ: :.\   |: : : : .\
  / .: : : :/. : : : :ハ : : |: :ト、: : :| {         \: .\  |: :i: : : :}:.ヽ
/ ./. : : :´. : : : : / |.:.:|.:.:| ヽ } { }     /  |. \ : ヽ}: :}: : : :}: : :.,

■インデックス
■レベル25

筋力:■■□□□:D+
耐久:■■■□□:C
魔力:■■■□□:C
速度:■■□□□:D+
技能:■■■□□:C

■近接技能LV1(A)
 近接戦闘に優れる証。
 近接戦闘を行える際に、多少の有利補正。

■遠距離技能(A)
 遠距離戦闘に優れる証。
 遠距離戦闘を行える際に、多少の有利補正。遠距離とは魔法も含む。

■回復魔法LV1(A)
 基礎的な回復魔法。
 LV1ならば単体回復・状態異常回復魔法を扱える。
 支援の初歩。

魔法入門LV2(P)
 魔法の知識を、一通り収めている段階。凡人はここが限界点。
 魔法に関する全技能の補正をある程度上昇させる。
 また、相手の魔法攻撃の威力をある程度減少させることが出来る。

■生存術LV1(P)
 生存に特化した術を知っている。
 生存率UP。致命的な一撃が発生した際、有利補正が働く。
 倒れる寸前の一撃を、無効化する事がある。

■逃走術(A)
 逃走に特化した証。逃げるというのは、卑怯ではない。
 敵との戦闘時、逃走判定に有利補正。

■トランスファー(A)
 味方単体対象。自身の精神力(MP)を他者へ分け与える術。
 与える量よりも消費する量が多いため、あくまでも応急処置に過ぎないが
 いざという時はこの少しの量が、勝敗を分けるかもしれない。

■自己暗示LV2(ステータス未適用)(A)
 自身へ強力な暗示を掛ける事が出来る。
 LV2ならば筋力・耐久・魔力・速度を一時的に上昇させ、更に自身の体力(HP)をある程度回復させる。
 プラシーボプラシーボ。

「食事の時間にしたい」(P)
 私はお腹が空いたんだよ! 何か食べたいんだよ!!
 常時発動。インデックスが探索メンバーとして同行すると取得出来る食事アイテムが増える。
 取得する食事アイテムは量が多いほど【調理】技能の効果が増加する傾向がある。

 ついでにインデックスが満足するといいなぁ。

■特殊技能:場所知識(P)
 その地における情報を知っている。
 どこのダンジョンでもある程度探索に有利な補正が付く。
 ただし技能所有者が二人以上いても、効果上乗せはされない。

■料理上手(P)
 ちゃんと基礎を抑えた上でアレンジを加えることが出来る。メシウマの証。
 美味しい物を食べるには自分の腕を上げるのが手っ取り早いよね。

■特殊技能:場所知識(限定)(P)
 本人にとって因縁深い場所の情報を知っている。
 インデックスの場合アルテナ神殿。
 効果は通常の場所知識と変わらないが、多少描写が増える。



283 名前:ホルスタイン ◆2q7ZBh9P1k [] 投稿日:2017/06/26(月) 00:02:39.87 ID:dPpREwF4



■――沙耶の本当のステータスが表示されます――■


                           __ _
                           . ´:.:.:.:.:.:.:.:.....、
                       ′:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
                    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.丶
                       1:.:.:.l:.:ト。:.:.:\:.:.:.:.:.:.:ヾ::.:.:.\
                   .:.:l:.:.:.:|:.:l ヽ:.:.、 ><´:.:.:!:.!:.:.:.:..、
                   i:∧:.:.:l!:.{─-\{   ォゥァ.|.:リ:.ト、:.:ヽ
                   |:.:∧:.:Ⅳ=ミ   \伐ツ ,|:.|:.:.!  ⌒\
                   l:.:/∧::ャ伐ツ`     /l:.l:.:.|
                   |:.:.:/∧l:\   '   .イ:.リ:.:.{
                   |:.:广|:.:ヽ:.:.≧ュー゚ ´ ゝ{! ̄`/ 〉
                   l:/  !:.:.:∧´         ノ  l/ ∧
                       ′ |r=i ¦ ____.y ´ ̄ ̄ 〈  .
                          |:.`ト≠´  r介ュ      }
                          |:.:.:! {     |li|     '   !
                     l:.:.:l  ゚,     |li|       !   |
                      i:.:. |  }   /八      |  |
                       l:.:ノ`  |    ¦    {   \
                        /    .^     l    ∧      .
                        /   .イ/      孑     ヘ _____  `
                  / .才´:.:.:/      {      ∧    `{   \


■『闘姫:沙耶』
■原作:闘姫リリア
■レベル45(封印未適用)

筋力:■■■■■:A
耐久:■■■■□:B+
魔力:■■■□□:C+
速度:■■■■□:B+
技能:■■■■■:A

■『沙耶』(P。ただし技能『闘姫』が発動中はOFF状態)
 料理が上手。掃除が出来て。愛嬌があって。
 爆弾魔に館を壊されて泣く、ただの館の使用人。

 ――そういう人格。たのしかったね。

■自己暗示(ステータス未適用)
 自身への強力な暗示によって筋力・耐久を一時的に上昇させる。

 この技能は本来、沙耶には存在せず
 ただちょっと本気を出し「それっぽく」見せていただけである。

■サポーターLV2
 特殊技能。このキャタクターはレベルアップしない。
 また、彼女は補助役に徹する為、自主的な行動を行わない。
 やる夫の行動を補助する為、やる夫の全行動に中程度のプラス補正。

■マスターズ・トリプルスター
 天・地・海。探し通しても彼女程の腕前を持つ者は見つからぬ。
 館の料理は。生命線は彼女が護る。呪いになど負けてなるものか。
 料理への冒涜はゆるしません★(フレーバーです)



286 名前:ホルスタイン ◆2q7ZBh9P1k [] 投稿日:2017/06/26(月) 00:07:45.38 ID:dPpREwF4


■【闘姫】のステータスを表示します

              ____
           ,´: : : : : : : : : : :`
          , :’: : : : : : : : : : : : : : : :’,
          /: : : : : : : ∧ : : : : : : : : : : :ヽ
         /: : : : 7: : : :/  \ : : : : : : : : : : ハ
      /: : :/ ' : : :/__   \ : : : : : : : : : :!
       /: /: :/:l : : :!´   `   \ : : : : : :!: : ,
     ./イ lハ'/: :! : : l≠ミュ、  -十、: : : :リ: : : ヽ_
        /: : :! : : l :::::::    ィ≠ュ: :lハ/ ̄ ̄
          /: : : :! : : l     ,  :::::: /: : :!
       / : : : :ハ: : :ト、  ` --   イ : : :i
        / : : : :/:∧: :. > 、_ ,<:::!: : : l
     /: : : : :/:::::∧: :}    ト、_:::::l: : : :!
     , : : :Xx―' i : !    i \\l: : : :l
     i : : :/. . ヽヽl : l `ヽ  r'  ヽ ,: : l
     l: : : !. . .   l l!: :l         ! i: : :リ
     i: : :::!.:.:   l !:リ_____| l: : ハ
     l::::::::l.:.   ! .l/  {::::::{:}::::}  l: ∧l
     ,::::!    l '   `¨介¨   l/  !:\
      v:::l    i       / .!      ,: : : \
      ヽ!    !     /  l      i: : : : : :\



■『闘姫:沙耶』
■原作:闘姫リリア
■レベル45(封印未適用)

筋力:■■■■■:A
耐久:■■■■□:B+
魔力:■■■□□:C+
速度:■■■■□:B+
技能:■■■■■:A

筋力:■■■■■:A+
耐久:■■■■■:A
魔力:■■■■□:B
速度:■■■■■:A
技能:■■■■■:A+
━耐性━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
       100%                    100%
 炎熱:■■┃□□【通常】      対龍:■■┃□□
 冷水:■■┃□□【通常】      対鱗:■■┃□□
 風雷:■■┃□□【通常】      対人:■□┃□□【弱点】
 酸毒:■■┃□□【通常】      対屍:■■┃□□
 聖光:■■┃□□【通常】     対G.:□□┃□□【最弱】
 闇虚:■■┃□□【通常】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■『十二悪魔将:闘姫沙耶』(P)
 固有技能。その名は十二悪魔将最強の証。

 逃走術無効化LV3・咀嚼LV3・闘姫演舞・魔槍遠隔操作を兼ね、
 『闘姫』としての戦闘時、自身の【全ステータス】に一段階上昇補正を加える。
 更に通常攻撃の際、50%の確率で防御無視・攻撃力二倍の【痛恨の一撃】を発生させる。

 この効果はいかなる技能によっても阻害されない。

■『闘姫』(P。ただし技能『沙耶』が発動中はOFF状態)
 『闘姫』は過去・現在・未来を含めた世界最強の『強きもの共』である。『闘姫』は他者の心を理解できない。
 現在持っているように見える『心』はある人物に与えられた物であり、その外見もまた同様である。
 闘争本能だけに満たされた最強の魔物。好物は人肉。趣味は『お人形』遊び。悩みは『お人形』がすぐ壊れる事。

■咀嚼LV3(A)
 攻撃を行いながら自身を回復する術。単体・物理攻撃。高ダメージ。
 威力は術者の筋力。回復量は術者の技能に依存。
 LV3の場合たとえ少量の摂取であろうと、己にとって莫大な栄養として摂取できる。

■闘姫演舞(A)
 全体・物理攻撃。超高ダメージ。
 【よろめき】と【恐怖】を高確率付与。
 「あがけ あがけー」

■散華掌(A)
 必勝の掌底を叩き込む。
 単体・物理攻撃。【強力防御】無視。【??】属性アリ。極大ダメージ。
 【即死】を高確率付与。「えい、やあ、とお!」

■力をためる(A)
 次の自身の物理攻撃の威力を【二倍】にする。

■ダブル・コマンド(A)
 本来併用できない技能を、一度に使用可とする武術の極地。
 自身の【技能】の値がAならば一戦闘中【五回】まで使用可能。
 例:ダブル・コマンド→同ターンに「力をためる」&「散華掌」同時発動可能。

■近接技能LV3(A・防御効果のみP)
 近接戦闘に優れる証。いわゆる達人と言われる領域に到達した者の証。
 近接戦闘系の武具を装備している際、その攻撃に絶大な有利補正。
 また【近接戦闘時の防御】に関しても有利補正を得る。低確率でカウンターダメージを与える。

■「アレはだめです。えっ? アレって何かって……アレですよアレアレ」(P)
 【アレ】が弱点の証。
 近くに【アレ】がいた場合、一時的に行動不能に陥る。
 苦手なんですよなんです悪いんですか あっだめだめだめだめ近づけないできゃああああああry

■『闘王』の幻影(A。ただし一度発動後はP)
 【レベル30以下】【魔力C+以下】【■■■■ではない】
 全ての条件に該当する、あるいは何かしらの耐性アイテムを持たない生物を「発狂死」させる。
 条件該当者に【即死】を確定付与。弱者は挑む資格すら与えられない。

■万魔殿の番人(P)
 十二悪魔将を含み【魔物】に対して特攻性能を持つ。ある人物より与えられた役割。
 戦闘時、対象に対する全ダメージを【1.2倍】化し、対象から受ける全ダメージを【0.8倍】にする。
 この効果はスペア・ライガイ(ヒョウカ)も使用可能。館のメンバーでは効果対象としてやる夫のみが該当する。

■魔槍遠隔操作(A)
 この技能所持者は魔槍ヒョウカ・魔槍ライガイを遠隔操作出来る。
 ただし、魔槍に既に所持者がいる場合、スペアを操作となる。
 スペアの性能は以下の通り。指示必須。以下の性能は闘姫が魔力を注ぎ込んでいるステータス。

■スペア・ライガイ(ヒョウカ)
筋力:■■■■□:B
耐久:■■□□□:D+
魔力:■■□□□:D
速度:■■■□□:C+
技能:□□□□□:E-

■加護(P)
 このキャラクターはとある人物の手により、あらゆる情報が「本来ならば」完全に封鎖されている。
 情報系スキル・行動に対して超耐性を持つ。ただし完璧ではない。



■開花―― 本気を出す ――(A)
 自身のレベルを一時的に50に引き上げる。
 ステータスに変動はない。ただし……


 ■先読みLV2(A・レベル50時使用可能)
  未来予知に等しき、一部の者にのみ許された技術域。
  敵単体を対象として発動。一定時間、対象からの物理・魔法の種別問わず全ての攻撃を100%回避。
  この技能は魔力を消費して発動する。
  自身の魔力値が『最大使用回数』に比例。技能値が『効果持続時間』に比例。
  ただし『効果持続時間』は敵の技能値が高い程減少する。

 ■沙耶の唄(A・レベル50時使用可能・使用後P)
  自らの世界を作り上げる―― 以下の効果を全て同時発動。
  【万魔殿の番人】の効果対象を【魔物】から【■■■■以外】にする。
  【『闘王』の幻影】による即死範囲を【レベル40以下】【魔力B+以下】【■■■■ではない】にする。
  【咀嚼】を【死の手】へと変化させる。

 ■死の手(A)
  単体・物理攻撃。高ダメージ。高命中攻撃。
  【即死】・【恐怖】を超高確率付与。
  更に命中時、相手の体力を吸収する。



■?????
 暗い光を放つ不思議な槍。
 両手武器。槍。『聖光』・『闇虚』属性アリ。

 筋力:■■■■■ ■■■■■ ■
 耐久:■■■□□ □□□□□
 魔力:■■■■■ □□□□□

■沙耶の服
 軽鎧中最強の防御力を誇る、ただのレザーアーマー。
 軽鎧。

 耐久:■■■■■ ■■■□□



289 名前:ホルスタイン ◆2q7ZBh9P1k [] 投稿日:2017/06/26(月) 00:12:13.70 ID:dPpREwF4



                         _    >=──── ミ
                     、丶`ニニニ≧s。.: .: .: .: .: .: .: .: .: .: )
                     /ニニニニニニニ=\.: .: .: .: .: .: .: ./
                  ‐=ニニニ_____ ニ/{ニ.ヽ.: .: .: .: .: .:.
                 /ニ>''"  ̄::::::::::::::::::`':::L_=∨/.: .: /
                    'rく:::::。s≦  ̄ ̄ ̄ ̄{::/⌒` YV/.: .:ゝ─‐ ミ
                   {::/ニニニニニニニ|/ニニ‐}=}`⌒7.: .: .:ノ     ――私はこんなのに殴られていたのか。
                 八ニニニニニニニニニニニ/=7  (.: .: .:(
                  \ニニニニニニニニニ /ニ/  ノ.: .: .ノ
                    〉ニニニニニニニニ 〈 ノ  _)、丶`
                    ``~、、‐ニ_  。s≦∨/
                        「ニニニ <>ニV/
                     __7ニニ<>ニニニ 、
                    /⌒アし<>-イニニニ.{ 、\  ___
                     /i:i:i:〈i:i:i:i:i:i:)ニニニノニノ  \i:i:i:/>>
                 _、≪《i:i:i:i:i:)i:i:i:/ ̄ ̄ ̄ ̄    ⌒´ ̄



   乂___乂   ヽ' / },γヽ
   -======、    Y  / | 、__}==、
=': : : :γ⌒゙\\   ヽ/ /|ニ=、‘,‘,
: : : : :.人    \\  ∨/}: : :ヽ|} ‘,
: : : : : :.f \    \\. ¨/:.:./¨ヽ. ‘,
=、   |  \    \ゝ-'/、  /-─‐
  ヽ   .    \.   }.r'  { }/            加減されていなければ
ヽ ‘, 乂__rtァ__≧、_ノノ_≦彡'乂            今頃ミンチだな。
 ‘,  ,   γ´¨ ̄ ̄¨  、⌒ヽヽ`ー─
  ヽ/ | ,  :::..  , -‐……- 、}`ー─
.   {:. / |   :::....   _  -‐…‐ 、:: ::
   `ー{::..__」  、  , r'¨       .::|:. \
::.       `ー= _/ {  、     |  , /
            L_人  ヽ    / / /
 ̄`             `  ----- ´ }、
   、   、   ヽ   __    =--‐''/|
\  \   \   _二>-,=─ ´///////
三==─── ¨ ̄ /  /////////////



         ,.、-‐‐''''''''''''‐‐--、
      ,、‐''"           `゙`ヽ、
     l゙、    , '           \
    _,j ゙   ,.-‐‐-、 ' 、 、      ゙!
  ,r''"      ゙,    \ ' , ' 、     `ヽ、
 ,'゙ ,     ,.-、'、    \   `       ヽ,
 l  ' , '  ゙、 l  `ヾ、_r――‐ヽ、 ,,.rl       l
  ゙l '   ' , l .,/´| ``''‐-、,.、-'゙ .l、    ,    j
  |     /.l゙   |     |   / |  ,,.ノ  .r'゙
  / l     /ヾ''‐-、 |   ∧  ,',,.-'l/''゙_/  /
 {:  ヽ、  .|、_,,,,....,,_.`   〈 〉  ´_,,,..,,,_'//  !
  ゙'、 lrl   '、\  `ヽ   V ,.r'"  //  |        というかこれ武器もチートクラスなんだが……
   l '、|   ヽ `i‐‐'"´   |  `'‐-i" { ', ', !
   |  :l   ,'  |       |     !  ,j、  ゙ }
   l :,' , , /!ヽ、|`''‐-、  | ,.、-‐'゙|/! | r'゙
  / l ' ゙ .{ \ `     `''┴''゙   /゙  ! .|
.  {  `ヽ, lr':、\  ゙ ̄ ̄ ̄  ,.ィ゙   ,' l
  `ヽ、  j l:::::゙ヽ,\     /::::|   l  |
     `, l |::::::::::::`::`''‐-,-‐'゙:::::::::l、  ヽ, ゙、
     l:l!:!j::::::::::::::゙ヽ:::::| l |::/:::::::::l ゙、  } ノ



293 名前:ホルスタイン ◆2q7ZBh9P1k [] 投稿日:2017/06/26(月) 00:17:44.93 ID:dPpREwF4



        , -‐- 、
        _{(
     , . :´   ミ 、
   / : :/    : :i: \
  /: :/ : :ハ :{ハ : :ノ、:ハヘ
  |i │ l | }\ j/ /l}:ハ
  |i | 从 ○    ○ i小|         スッゲーこれ。とりあえず「殴ってれば勝てる」タイプだわ……
  |i (| ⊂⊃ 、_,、_, ⊂l:|ノ
  | i⌒ヽ. u  (_.ノ   ノ |__/⌒)
  | ヽ___ ヘ    __, イ_ |::::ヽ /
  | ヾ::::::::', ヽ∧_ハ_ノ:| |:::::::ハ
  |  lヾ_:::::リ:/ (::}\:| | >'



                  - "  ´  丶
                  / . 、       ヽ
               / ,' ;  ヽ.  丶 、ヽ.ヽ
               ,  .l .i ハ、 ', ヽ. V ', i.  、      大抵の者は「散華掌」で死ぬ。
                  i { l',!_ト、  ,-‐,.''ニ、!.l ',
             i .l i,iィ'l, -r`\ 、ゞ‐' j/l ハ l      複数いるなら「闘姫演舞」で死ぬ。
.               ! l ト 、ゞ‐'   :,丶、   イl l; } l
              , ! ` ヽ     ,  / |:lリ ハ.!:::::‐-、   強い奴なら「力をためる」→「散華掌」で死ぬ。
             __,、l'"∨` . `   イ、.j/'::::::ソ:::/ !l   一発で死なないなら「ダブル・コマンド」で死ぬ。
.             /,、ヽ`:::::}ハ />-.イ,.._,. '--、:::://  l.!
            '、{. ヽ\:::r―‐- r―Y _  .!://  l.!'//>,、
.            -―',',  \ヽ  ‐= j  K´   !'イマヽ.!l//////,ヽ
        /////ハ , ///ヾ、 ./.lーーヽ\ /、 )/ゝ////////ヽ、
.      ,イ////////!」//⌒V{_,.ィ l二,. ィ! !´、77´/////////////{_,..-、
     /////////////ゝイ///l l.∞∞.l .!::::\'/////////////////,i
.    /7777/////////////::/ ' l.l.l  l. l:::::::::`<///////////////!
.   //////////////////::::::/ ./! 二二 .l  l::::::::::::::::::::ヘ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ/l
. {'"⌒"<//////////:::::::::/ /::l  l.l.l  |   !::::::::::::::::'//,\::::::::::::::::::::::\


                       \
          /                \
        ∠ノ〉  /   /        }\〉 、
       '   〈__,_ /      _}\}\\  、
     /∧√ヘ冖 ̄         }       \ > ∧
      〈/  ' /   /  /     }  /  ,       〉
     }   /   /  /   /{ノ{ / ,   /  /   ∨ !
     }      /  /   //  / , /  ,   / /    !
     }       /__/_/ //  /_/_∠ィ7 /}
     }八   、ヘ |/// 7// / ∧ //Ⅵ!  //
  .   \\ { | ┝━━= / // /━━ァ′ //        全部死ぬではないか。
      }从\丿  b__ノ    /   b__/  ,人{
        }八    |           厶イ /
           )ヘ |      '     /  }/
          _\|\     -     ィ  /
         _/     |    ┬―< / /
    _//     |    ⊥ ノ! /ハ! ̄\
   ∧ | |      | ̄ ̄ ̄ ̄/    / ∧
  厂\| |      ∨  ̄ ̄∨    / /  \



296 名前:名無しさん管理スレその6の>>1-6をご覧ください[sage] 投稿日:2017/06/26(月) 00:19:40.20 ID:2bbZvnRZ
よく生きて帰れましたね!



300 名前:ホルスタイン ◆2q7ZBh9P1k [] 投稿日:2017/06/26(月) 00:26:34.20 ID:dPpREwF4



                -----
          ,.                 `  、
         / ,   ----------  γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
       / //   * /} * /.  | まぁ、沙耶も最初から最後まで全力全開――ではなかったからな   |
        | |*/ )  /_ノ  /⌒)  乂____________________________ノ
        | |/  /__/___*_/_,) |
        } |/ ̄: : /: : : :∧: V : ∨: : \ |
        /,ィ : : /--/-、: ,:   V|, --|: :∨: :V、    l
      '/:/: : /:/x≠ミ、/    リ }:/_:∨: |: :\
     --イ: |: :|:イ ん刈       イf斧ハミ、: j:\--   l
      | |: {:从{ Vzツ        Vじり ノ}/ ⌒\          ふーん。これが沙耶の本当の力か。
      |  イ⌒つ     ,      `¨   ,|: :|_ノ{   |
      |/ V 人_)             /:|: :|_:_∨  ∧
     /  人 `- 、  `    '      イ,/: /\ ∨ '  \
      |    \  `ヽ       イ  ,{: /\/\ \   \
      | /  /:` 、   `r-r=≦//  /|: | /\ハ   ー ' ヽ
      ∨{  {: : / }    ノ、_,ィ/  / j!::j' '   ー'∨     ∧
      VI  |: {ィ/     / ∨=/= r-、 |:/| /     }V      ∧
      }|  /イ {   /_,)=∨__乂_)/V/    / |:|    / ∧
     / ー/ /  l   :'∧  ∧ /    V   /  ハ|     / |
    '  ,イ /  ∧ /   }/ | ∨     {   ,   / |         }
    {  //  |  | ∨   ll-〈〉-〉      乂 /    |         |
 /⌒,イ l   |    }   ∧ | ∧      /^      \     \
⌒ー/   V ∧    |   /_V∧ \    {      / \       }
  ´      ∨ ∧   乂ノ     \ \  乂    イ   V\   |



              ,ィ=、_
            /〕  `ヽ
            /: : v, ≠=ミー=
          /: : : : : : .<`ー―- ミヽ
           /: : : : : : : : : : : \    }iリ
.        γ: : : : : : : : : : : : : : : :\
        / : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
      ′───────┘│ :            本当の力でぶん殴られてたら、やっぱりミンチだった?
      ,: : :───────┐│: : :∨, = 、                      γ  ̄ ̄ ̄ヽ
     ,: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :/: : : :}                         | 多分  |
ヽ    .: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :/                          乂___ノ
 ヽ    |: : : : : : : : :/: : ヽ : : : : : : : : : : : イ         ヒェッ
ヽ ヽ  ,|: : : : : : : :/: : : :: ヽ_ : : : : : : : : : : :|
 ヽ ヽ/: : : : : : : : :\ : : ::/ : : : : : : :: : : : |
  ヽ,..ア: ィ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::::: |
  く ゝ ヘ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : !



301 名前:ホルスタイン ◆2q7ZBh9P1k [] 投稿日:2017/06/26(月) 00:29:01.92 ID:dPpREwF4



              _..-──-  .
          __,.'´: : : : : : : : : : : : `ヽ.- .
       ,.'´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :`ヽ.
      /.: : : : : : : : : : : : : : : : : : :\: : : : : : : :ヘ
     ,.': : / : : : : : : ,′: : : : :{: : : : : ヽ: : : : : : :∧
.    /: :,/.: : : : : |: : : |: : : : : : ∧: : : : : !: : : : : : : : '.
   /' ´,′: : : : :」. -ァ|‐ :|: : : :|-ヘー- L_: : : :.|: : : |
     |: : : : :|: : |: / ',: :|: : : :l   \: : |: : : : : |: : : |
     |∧: : :|: : l.ィ≠ミヽ|\: :| ィ==ミ |: : : : : |: : : |        ――まぁしかしなんとか生きて……
     '  ∨.:'、: N.レ!,、}   ヽl. れイi |'イ: : : : : |: : :,′
        ∨:.|`| 辷リ       ヒ辷ソ|: : : : ,ハ: /         …………生きて? 帰ってこれた。
        |ヽl: l  ゙´ 、         |: : : : /イ:/
        |: : : ヽ、   -      ,′: :/: : ,′          そこはよしとしておこう。
         ヽ.: : : : ,>  . __ . イ /: :/,ィハ,′
.         \|`′ヽヘr‐j     |7/、V
               / '    r' '  l、
              ,.イ  /___,ノ    ,.ヘ
           /|| |----/    .//〉
.           /| || | ゙̄7   /// l
          ノ | || | ,′ ///  |



                 __
              , <´::::::::ヽ- ‐- 、
           --=´::::::::::::::::::::::::::::::::: : ヽ
          /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ
        /:: ,': : /i:::::::::::::::i:::i::::::::::::::ヽ\
.       /i::: {:: /.  '::::::::{::::ハ_|ゝ::::::::::::::',
         {: : i..,'  ̄ ':::::::i!::,'. ヾ ̄ヽ::::::',::}
        |',:: ',{====\ {`=====. i::::::::}/
          Ⅵ |;;;;;;|  `  |;;;;;;|  |::: : ,'         で。それはそれとして――次の探索地点はどうする?
.            i `¨´     `¨´  i:: : ,'
.            `i>  __  <|:: /
           l//: :ヽ=/: :\//
              ヘ`゙<ヽ/>彳/
             ヘ. ⊂只⊃ /
               } 〃 ヾ  {


     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /



302 名前:ホルスタイン ◆2q7ZBh9P1k [] 投稿日:2017/06/26(月) 00:32:18.89 ID:dPpREwF4



                  - "  ´  丶
                  / . 、       ヽ
               / ,' ;  ヽ.  丶 、ヽ.ヽ
               ,  .l .i ハ、 ', ヽ. V ', i.  、
                  i { l',!_ト、  ,-‐,.''ニ、!.l ',        ルサルカの案では――愚者の塔だったか。
             i .l i,iィ'l, -r`\ 、ゞ‐' j/l ハ l
.               ! l ト 、ゞ‐'   :,丶、   イl l; } l       ……グレン復活の為の物があるとかないとか。
              , ! ` ヽ       _  / |:lリ ハ.!:::::‐-、
             __,、l'"∨` . ´   イ、.j/'::::::ソ:::/ !l
.             /,、ヽ`:::::}ハ />-.イ,.._,. '--、:::://  l.!
            '、{. ヽ\:::r―‐- r―Y _  .!://  l.!'//>,、
.            -―',',  \ヽ  ‐= j  K´   !'イマヽ.!l//////,ヽ
        /////ハ , ///ヾ、 ./.lーーヽ\ /、 )/ゝ////////ヽ、
.      ,イ////////!」//⌒V{_,.ィ l二,. ィ! !´、77´/////////////{_,..-、
     /////////////ゝイ///l l.∞∞.l .!::::\'/////////////////,i
.    /7777/////////////::/ ' l.l.l  l. l:::::::::`<///////////////!
.   //////////////////::::::/ ./! 二二 .l  l::::::::::::::::::::ヘ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ/l
. {'"⌒"<//////////:::::::::/ /::l  l.l.l  |   !::::::::::::::::'//,\::::::::::::::::::::::\



             ィ ⌒丶
           〈 {_  ___
               >  ァ  `  、
           /  /   : :ヽ   \
          ′  /     :        ハ
          .   /   . :i
          i   ,′  : :|   : :i    i
          |     : :|   : :|    |       そうね。もしその後、時間的余裕があれば
          |     : :|    .:|    |
         } {      : |    |    |        そのまま『アトランティア』にも行ってみたいけれど……
          И      |    |    |
           | {     :|    l    l
           | }     :|    |   l|
          / .ハ    |    l  . :リ
          ∠ニニ|     |     i  : :/z、
        <ニニニニ:|     |     l : :,ニニi
          i∨ニニ:|     l     | : :{ニニ}
          | マニニ:l     l     l : :|ニ/


        ____
      /      \
     / ─    ─ \
   /   (●)  (●)  \
   |      (__人__)     |
    \    ` ⌒´    ,/
    /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
   /      ,⊆ニ_ヽ、  |
  /    / r─--⊃、  |
  | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |



303 名前:ホルスタイン ◆2q7ZBh9P1k [] 投稿日:2017/06/26(月) 00:34:38.32 ID:dPpREwF4



\    !|  / .i' /,レ' /      )  i i
 ヽ   ヾ、! 人,i|' /     /  | |
  ヽ   ヾ、 | ヽハ|      /  / ./
    !、   ヽ┤-=─-、  /   //
    ヽ    `!、<、 ̄i_! (l´ ,.r'"~
     ゙、    i:::.`─' .:::.\/        と言ってもすぐすぐである必要もないのだろう?
     )    !:::::::`l ::::::::. \
     / ,'i   /::::::::: | :::::::::::::. \      ならば元々の予定だった……
     l// / `゙-、;:::::|────-`
      /  ゝ、  `゙-:!  r'"く        『大坑道』への探索に戻ってもいいかもな。
     ヽ   ヽ,  -─┬ '  ヽ.
.ヽ、    ヽ    )   -‐'  i.   i
. メ\   /  /   ト、  i 、(
 ̄\ \ ( /ヽ、_.ノ  `゙-、,`、ヽ
ヽ、|ヽ ̄ヽ、ヽ`i、  \      ). )



                          ,‘⌒ー=.     _ ___
                       {!  .ゞ、`ヽ .〃´ ̄`ヾ= = 、`ヽ.
                       l!  ,'   ヾ〉´         ー'
                       レヘ'
            ._    ,、    .イi`ヾ:、
             `ヽ :>. イ∧ iト、":: ::|:: : :: :Ⅵ      ,╂
              ソ: : : `y∠!:::': : :: ::j: : : : : :゙,∧   〃          そうだな。そこから奥は
           ,ゞヽ\/: ://i!{: :/: : | : : :ヽ: :}// }、  〃
                 ',;;;;ヽ: //: :.トyヘ: ::!: : :ノiメ/>'|::|: :`: ヽ._          まだ我々にとって未知の領域でもある。
               ./-f≧|:L: :<ヘ:.ヾ=:=彳: :(/: :j:::!=、_:/: : : : ̄ ̄ /!.    探索の意味は大きいだろう。
             /:〉ヘ_ノ!:`ヽ.|∧ヽ:!: :/,<レ':ノ:/: : : | : : : : : : : ( : {ィ
.             /:/冫':::,|ト.::|\::::^ヾ'/:´: /:/.: : : :|: : : : : : : : ,イ/´
            .ゝ'/:::/∧:、\: \ヽ.:v:f二( )'ニニ=、.:|: : : : > ' ./.
            ./ノミヽ.::::::,ヘ\、ヽ.: ::¨^7 ̄: : : </|::レ'_   /ノ}
          '、\ニ彡' 〃ヽ. \:、(⌒)/: ,{}':/: : :}:::|_二ニ、_.ノ.==、
.          .|::\三リ ∥ \{ハ`、ゝ-:,/イ: : :/}ハ;;;; ̄ヽ/:::/}   ヾ
            /:::::::::::::/.  ∥ .{f|::ヽ':: ゙̄}ノ<、ヽ._:/'| ',;;;;;;;;;;;;;、//|ヾ  ∥
            |ト、__ノ!   † /r'\`从/ :∠: ̄ : : :,シL '、;;;;;;;;;;;;Ⅵj∥  †
          .ゝニニノリ    /\:: :/ゝ-':´(}: :  ̄: ̄: :ノヽ {ミヽ/: ;彡!ヾ


     ____
   /      \
  / ─   ─   \
 /( ●)  ( ●)    \
 |  (__人__)       |
  \ ` ⌒´       /
   /  ー‐      ヽ
  /            `



305 名前:ホルスタイン ◆2q7ZBh9P1k [] 投稿日:2017/06/26(月) 00:37:07.66 ID:dPpREwF4



:::::;;;;/ヽ_.ノ       \   }__  \
: ;/    ィ=ミヽ      \_ル'| ̄`ヽ\
Y⌒ヽ  // 仁ニ二二二二二}∴. /¨\.            / ̄ ̄`ヽ
|____丿 //   /. ̄ ̄ ̄`ヽ ∵ /、   |___.      / / ̄ヽ
|   //∴ Y_          \ 〈.   }ヽ/|\   \__{/      \
||   //∵   \ ` ー-==、 .   ) )__ノ,ィ彡'}‐-丶   \三三三三三三三
|ト、 ヾY     ヽ\    O ==' ̄ ̄`ヽ==ケ  \    \三三三三三三    ……個人的にはもう一度だけ
|| l } y'⌒==ュ` ー===イ    -‐ "¨¨¨ヽ _}  ̄ ̄ ̄}三三三三三三
|| l ./     `ヽ    /  .../    , '"¨¨ヽ ¨¨ヽ  ノ三三三三三三     図書院に行ってもいいと思っている。
||ノ /    _                 ,,/       |  ノ7/二7ヽ三三三三三三
||彡イ   ⌒ヽ ̄`.,イ㌦_ヽ     { ヾゝ   ノ .〃/    \三三三三三
|. /| |        \/ |. |∨∨「ノィy-rケヽ___,ィレ′       \三三三三
|/ .|人:::::...    廴ノ__ノ勹ィヽ,ィュ ,イレ'ヽィy′レイイ}___   ヽ 三三三
|  |  \::::::::...      ` ー─‐-Y |勹Yl`ヽハ-‐─j:三三三\    \三三
|\     \             ` ー '  ̄  __ノ:三三三三:\    ヽ三三
|\\    ` ー─-  ヽ:::..   ` ー───イ三三三三三三三三\    }三三



..  /        . :/    /⌒}   {⌒/⌒}  ヽ \
.  /          : :} {⌒/⌒}   {⌒/⌒}   {´ | /´
         : : :  .: :}{⌒/⌒}   {⌒/⌒}   {⌒/| |
 ;   . .    : : : : : :/-t――‐===ニニニニ==―-';\
  .: .:   : . : : : :./. : : : : : :{ : : : : : : : : : : : : i : : } : : . \
 . . :    : : . : : :{// :i: {: 斗 i:十┼|: : : : : : ム--、: : : : : .ヽ
. : :       : : : /:ハ:ノVヽ{ Vヽ{ヽV. :/ : : :/jル}:イ:,イ: }: : :} }
  :   . :     : : /:/Y: | ,ィチテ示ミ:、 }:イ : /イ示ミ、jノ } :} |:/jノ
. :   . :     ノイ: :!: {{ {ぅ:::::: }  ゙ 'j/ {ぅ: } //.;イjノ'
   .:/     . : :| : |: :.i 乂__.ノ         Vツ ' j/{ !        その心は?
  .::/    . : : : | : |: : :.                  ハ : {
 ../   . : : : : : :|: ハ:. :|            '    / 人: :.、
: /   . : : :./ . :|/ :i:ヽ:{      、 ‐ァ     イ:|| lヽ:.ヽ
...'   :   : / . :,.': : :|: : .\         .イ:. :||| |  : : .
.      .:/ . :/. : : :| : : |: :.ヽ ` ァ‐-< |:. :.||| |  ヽ: .、
..     / . :/. : : /:!: : :ハ: : :.\_{\   |: : : :{ | |     }: .ヽ
...    /. :,.:' : : :/. : : :' : :} : : : .ヽヽ'ヽ、 人: : .ヽ、{   |: : . 、
....   ´/ . : /. : : /. : : |: : : : : :}ーァく    `ヽ: :.\   |: : : : .\
  / .: : : :/. : : : :ハ : : |: :ト、: : :| {         \: .\  |: :i: : : :}:.ヽ
/ ./. : : :´. : : : : / |.:.:|.:.:| ヽ } { }     /  |. \ : ヽ}: :}: : : :}: : :.,



                   _
                ,.ィ////> 、          __
           ,.イ/ィ__)__)__j}ヽ、ト、   ___/ ̄(__/
          / /__)__)/(_) \}ヽ|\////\   }_
         /  {__)__/  /⌒\二厂V/////} (__/
         ,′  {__),/(_)/_)  _ -キ‐/⌒}///}  /
    ___ _j_   {__)|  〈)  {___ `゙Y ,.イ//ノ   /\
 ⌒ヽ////\⌒\乂 (⌒) )   、__,.゙斗'-‐V´   /、 {
. ⌒) \////\\\\ 「 ヽ、     /キヽ {ヘ_,イ__)トく,       図書院内の探索――もあるが
  ト、⌒) \////\`く\>、  {V{     ⌒ ヽ、V__)__)__)__,
  |  \   ー―‐ヘノ 人_ `⌒ヽ}ヾー__/,.イハ}__)__)__)__)_,      あの【アンノウン】について、だな。
  |   \____} //>=‐-`ー 、`_ー彳ノ//j__)__)__)__)__,
. 从         ノ__)h、//////人 乂乂/> '⌒ヽ__)__)__)__)_,
 /} \     /_)__)__)h、//// >く⌒>=ミ、  V_)__)__)__)_,
 /} |\ー__ '")__)__)__)__)__)hく⌒>'"´     }´  ̄ ̄\__)__)_|
 /} ∧ `、)__)__)__)__)__)__)__)__)〈        j      }―‐ヘ   ___,, __
 // ,∧  ∨__)__)__)__)__)__)__)__)>      /      /    },,.ィ"´_)/   ‐‐く\



309 名前:ホルスタイン ◆2q7ZBh9P1k [] 投稿日:2017/06/26(月) 00:39:56.54 ID:dPpREwF4



                       , .-‐======- .、
                   /,. -;ィイ/⌒^^~~"''ー 、.\、
               r‐←/i/ レ'  ̄r‐- 、' , ' , ' , `ヽ.\
                 /ー'´/ .レ´  _`‐- ´`'‐、 ' , ' , ゙li ヽ
              ,r/"⌒! レ'  /´ ̄`''‐ 、 i´゙ヽ' , ' ll  i、        手がかりがあるかは分からない。
            y'- 、' , ヾ=ー''", ', ', ' '   ヽ ヽ、_)   !!  .l
        _ , rr‐(    \' ' ' ' '  ,. ‐'   ヽ ' , ゙!!  !   !! /⌒'/`y'⌒ト、  しかし奴の出没した禁書庫を……
、/\ __("i´ l  l !`'‐、  ヽ .r ''"   |i   ノ ' , !!  !  !! ! レ' /  ノ─
"´ ̄    ゝ-┴r´ ヽ、.._`o、{ { _,,.-=キ‐´ __ ||  | .〃 ,i -─-'、イ     一度でいい。調べてみたいと思っている。
       ト 、. __!     .r'"´ ̄``ヾー-=イf''´ ̄ r'´, - 、〃 ト、 _,,.ノ!
       ,r` ‐--i r'"´ ̄ ̄`ヾ     ^ヽ.  {. {   ) /'` ー--‐'1
       /   ,r'" ̄~`'‐ 、      Nヽ_,,..===:ヽ、._ー ン /       .{
      i   { ヽ、{  ノ }ヘ_,.. '-‐ !-┘      ),∨ ./       l          あと『白龍』
     i   (ゝー---一'´`´            ノ〃 ./        l
.     i r─‐ !、._,,,..___ ,.ノ       _ ,. ‐'´,〃./ ,r──‐ 、.  l
`''‐ 、.._l l      ヽ`''‐ 、          _ /´/ /      l   !_,,. -‐'
     ! !     ヽ \ 「!''ー-====-fr´ ̄ / /         l.  {
.    | |        ヽ、 l.L三三三二ニ!i. ‐''´,. ‐'´          |   !
ヽ、._,! |           ! ┌‐-----─┐  i´               |  ヽ、.__,.



                           あと『白龍』

           ____
         /      \
        /  ─    ─\
      /    (●)  (●) \
      |     (__人__)   |
       \     ` ⌒´   ,/
      ノ      ー‐   \


        r‐ ─ -ー=-、
       / 〕}_       \
      ,: レ-=- -―-    )
     /i::::::::::::::::` 、/   リ
    /::::::{::::::::::::::::::::::| |::\  /
   / |::::::|::::::::::::::::/ .|:::::::ヘ
   {:::::":'' -‐''''  ./|.|:::::::::::}
   i::::::\    ./:::::::::U:::::リ          個人的事情バリバリでないか。
   ヘ:::::::: \ /:::::::::::::::::::::::v‐ 、
    ヽ::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::/:::::::ノ         ……まぁ深くは追及せんが。
    「´ゝ、:::::::ヽ::::::::::::/ <`
   ヽ::::ノ ` ー -`- "  -―\ - ._,.ノ
    ゙ /  |/人 \ / -― Y
    . {   lヽヽ/ / /::::::::::::,!
     \   {:::::::ヘ:::::::::::::::::::/-‐、
       r‐、 \_:::ヽ_::::〃  ヽ._」
       \ノ   ̄



312 名前:ホルスタイン ◆2q7ZBh9P1k [] 投稿日:2017/06/26(月) 00:44:45.35 ID:dPpREwF4


        ..- ―――‐ - .、
       ./: : : : : : : : : : : : : : :\
    /: : : : : : : /: : : : 、: : : : : : \
    ': : : : :./: : : :i: : : : : :i: :ヽ: : : : : ヽ
    i: : : : : i: : : : イ: : : : : ト: : : i: : : : : ハ
    |: : :i: : l:  ̄/ |: : : : ハ:iヽー!: : i: : l i
    |: : :l: : l: : /==ォ: : / j/==ォi!: :.': : :ト:ヽ       ……纏めると
    |: : :l: : l: :ハf:t::|ヽ:{   f:t::| l: /: : :.| `
   i: : fヽ: Vi. ヒン    ヒン j/: : :i: |         ルサルカ案【愚者の塔方面】
   Y^ゝ.i: : :!     ′  /|: : /l/          クルーゼ案【大坑道方面】
      \ヾ:.!、    △   _ ィ: :./            クロコダイン案【図書院】
       ヾ:{/У`j ̄iヾ丁ノ l1/
        /   キ⌒} `ヽ              ……か。
       ./\ヽ  ヾ¨! /∧
        ':::::::::\ヽ ヽ| //:::ハ
      i::::::::l::::::iヾ、jljイ:::::i:::i



 /,           |      /:: , l:: i::. }::ヽヽ::.ヽ \
.//        .:! :| :    /:::/:/::/i: /: !: }i:',ヽ:|
i,i        .::| :|: ::   !,/_ム/_ l:/::: l:: !l::! i::!
. ! l .:     : .::::| :i:.::   レ',ソ,_/`!::/i:/ i:! |
. !.:! ::.   : .:.::/´', !:::  | ! ヾ.i´:i` !/ /  !
 i:l', :::::. :. ::. ::〈 、'_゙il::::.  |.|   j_ソ ゙、_         今度は流石にあのような
 ヽヽ、:::::::::. :::.::::\ニ',::. ii::!      ノ
    ヾ、i::::l::::l::::',:|  ',::. !',!     ィ´          突発的な出来事はないだろう……
      i|ヾ:!:::i::::/ヽ  ヽ. l 丶.   /
       ノ /ii/lノ     ヽ:r‐y┬ '            どこを選んでも探索に余裕はある筈だ。
      イ'"`'‐- 、    / ヽl/ '
      /      \__{ヽ、
    /_,, -‐‐‐-- ,,_  \_,ヽ‐、



                            そういうのってフラg
           ____
         /      \
        /  ─    ─\
      /    (●)  (●) \
      |     (__人__)   |
       \     ` ⌒´   ,/
      ノ      ー‐   \



313 名前:ホルスタイン ◆2q7ZBh9P1k [] 投稿日:2017/06/26(月) 00:48:01.92 ID:dPpREwF4



              _..-──-  .
          __,.'´: : : : : : : : : : : : `ヽ.- .
       ,.'´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :`ヽ.
      /.: : : : : : : : : : : : : : : : : : :\: : : : : : : :ヘ
     ,.': : / : : : : : : ,′: : : : :{: : : : : ヽ: : : : : : :∧
.    /: :,/.: : : : : |: : : |: : : : : : ∧: : : : : !: : : : : : : : '.
   /' ´,′: : : : :」. -ァ|‐ :|: : : :|-ヘー- L_: : : :.|: : : |
     |: : : : :|: : |: / ',: :|: : : :l   \: : |: : : : : |: : : |       割と大真面目に言うが
     |∧: : :|: : l.ィ≠ミヽ|\: :| ィ==ミ |: : : : : |: : : |
     '  ∨.:'、: N.レ!,、}   ヽl. れイi |'イ: : : : : |: : :,′      あんな出来事そうそうない(真顔)
        ∨:.|`| 辷リ       ヒ辷ソ|: : : : ,ハ: /
        |ヽl: l  ゙´ 、         |: : : : /イ:/
        |: : : ヽ、   -      ,′: :/: : ,′
         ヽ.: : : : ,>  . __ . イ /: :/,ィハ,′
.         \|`′ヽヘr‐j     |7/、V
               / '    r' '  l、
              ,.イ  /___,ノ    ,.ヘ
           /|| |----/    .//〉
.           /| || | ゙̄7   /// l
          ノ | || | ,′ ///  |



         ,.、-‐‐''''''''''''‐‐--、
      ,、‐''"           `゙`ヽ、
     l゙、    , '           \
    _,j ゙   ,.-‐‐-、 ' 、 、      ゙!
  ,r''"      ゙,    \ ' , ' 、     `ヽ、
 ,'゙ ,     ,.-、'、    \   `       ヽ,
 l  ' , '  ゙、 l  `ヾ、_r――‐ヽ、 ,,.rl       l
  ゙l '   ' , l .,/´| ``''‐-、,.、-'゙ .l、    ,    j
  |     /.l゙   |     |   / |  ,,.ノ  .r'゙
  / l     /ヾ''‐-、 |   ∧  ,',,.-'l/''゙_/  /
 {:  ヽ、  .|、_,,,,....,,_.`   〈 〉  ´_,,,..,,,_'//  !        まぁあんなのが何回も起こるとはな……
  ゙'、 lrl   '、\  `ヽ   V ,.r'"  //  |
   l '、|   ヽ `i‐‐'"´   |  `'‐-i" { ', ', !        それに、恐れてばかりでは何も進まない。
   |  :l   ,'  |       |     !  ,j、  ゙ }
   l :,' , , /!ヽ、|`''‐-、  | ,.、-‐'゙|/! | r'゙         ――やる夫。
  / l ' ゙ .{ \ `     `''┴''゙  u./゙  ! .|
.  {  `ヽ, lr':、\  ゙ ̄ ̄ ̄  ,.ィ゙   ,' l
  `ヽ、  j l:::::゙ヽ,\     /::::|   l  |
     `, l |::::::::::::`::`''‐-,-‐'゙:::::::::l、  ヽ, ゙、
     l:l!:!j::::::::::::::゙ヽ:::::| l |::/:::::::::l ゙、  } ノ



314 名前:ホルスタイン ◆2q7ZBh9P1k [] 投稿日:2017/06/26(月) 00:48:35.87 ID:dPpREwF4






                       γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                       | お前はどこの探索を行うのがいいと思う? |
                        乂__________________ノ











                      ┌──────┐
                      │            │
                      │            │
                      │            │
                      └──────┘
                               ┌────┐
                               │        │
                               │        │
                               └────┘
                          ┌───┐
                          │      │
                          └───┘






316 名前:ホルスタイン ◆2q7ZBh9P1k [] 投稿日:2017/06/26(月) 00:50:37.97 ID:dPpREwF4


 *次の探索候補まで表示した所で、ここまでです。

 *予定通りなら27日の夜に出来そうです。

 *探索地点の安価をして、そのまま探索の投下に入っていきます。



318 名前:ホルスタイン ◆2q7ZBh9P1k [] 投稿日:2017/06/26(月) 00:51:22.89 ID:dPpREwF4


 *では、お付き合い頂きありがとうございました!!



323 名前:ホルスタイン ◆2q7ZBh9P1k [] 投稿日:2017/06/26(月) 00:59:22.38 ID:dPpREwF4



                         / /‐=ニニニニニニ=‐∧
                    ,   /‐=ニニ二二二二ニ=‐∧
          ィi〔\     /  /ア    ~"''<‐=ニニニニニ=‐,
         / /      /  /ニニ}         `寸‐=ニニニ=‐∧
    _  ィi〔{ ,′   マ ---ミ マ==}          ∨二二ニ=‐ミt、
    /       ハ  __  ∨ニ=‐}  }‐=二〕iト .,    __ ∨=ア    /}
   ,      /  }/ニ}  マ二ノ /‐=ニ二ニ=‐ゝア / } ゝ´    /=‐
 ィi〔      } ア‐=ニ,    ,   ノ‐=ニr‐=/   /  , } /^ヽr~~(,=‐
/ /       / ∧‐=,/    マ‐=ニアノ   ,   ′ /} ,ア   }二ニ=‐/
    /   / / ∧_/       Ⅵア /  /    /  ,′ )/}   \ニ=‐
    /   /    {      ∧ /  ,     /i  /}  ^ } }   }∧ノ
.  /   /            / マ |  i ≫ミ, { /({ /ア r,}/    マノ
  ′  /     {     ノ    ,| : { )沁ヽ/  ^ ⌒/ /    }
 /   /          ア       ,{  i {~^      ,斗劣ノ    从
./   /       从 /        八 入 ,      rミゞ 'ノ/ / /      !! 閃いたわぁん!
,    ′         {{          ∧ \ マ'' , {ヽ廴^  イ  ,
   / |        /ハ          }\(込__  <、\',ィi〔 ノ        『図書院』で『白龍』と『刻々帝』
.   ′|       , / :. ヽ      }∧ ≧=‐(  r ゞ ヽ//          纏めて倒しにいきましょうよぉ!
  /  |       /  ハ  :.     rミ 廴 辷辷}__  / `~、
.     |    / /    }   ゝ    }=\   (⌒ヽ ^ ,      ヽ       大丈夫! 貴方なら甘い言葉で
.     |     / /    }    }   ノニ=‐ハ   ',  ∨〕iト.,    {      油断を誘って背後から闇討ちできるわぁ!
  {  i|     /          } / 〕iト‐=}    /{  ∨  ゝ    ,
. 八  | ,   /     从_____ノイ     ⌒   ゝ〈  〕iト,  ∧   \―   上手く殺せればパラダイムウェッジが
  ∧  /   /      ∧  ,            `~、 } ヽ   ,     }\   一気に三つも――
. / ∧ ,'   /         ∧ {               \  f⌒',   ノニ
. /  \ ′        / ∧ {: : : : :......__           _ ヽ:  ∧ 〈ニ
     \         / }八: : : : : : : : ̄: : : : : : : : : : : : : 从  ∧  ^
       \       八 \: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.ノi   / ∧
        \        ハ  〕iト ..,: : : >ー<: : : : : / }    / ∧
        /}        {二\   ア‐=二=‐ハ: : :ア  |   / ∧
.        /⌒      乂二/   /ニ/  ⌒}ニ,}⌒ア   |i     / ∧



                        そういうの耳元で囁くのやめて?

           ____
         /     u.\
       /ー‐-:::::::::::-‐' \
      /   t  j:::::::ィ  ッ   \            【またみていすと】
.     |. u   `¨、__,、__,¨´    |
.    \      `こ´     /
      /         u .\



324 名前:名無しさん管理スレその6の>>1-6をご覧ください[sage] 投稿日:2017/06/26(月) 02:01:10.63 ID:Hf0T1vIq [3/3]

そいつは完璧な作戦っすね、不可能という事を除けばよぉー!

325 名前:名無しさん管理スレその6の>>1-6をご覧ください[sage] 投稿日:2017/06/26(月) 02:06:34.59 ID:W668Dl+Z [2/2]
闇討ちはできる
なお







Next  その239へ


Back  その237へ


目次へ





関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カウンター
検索フォーム